• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
.

☆GE90仝のブログ一覧

2019年09月20日 イイね!

HⅡBロケット8号機火災の原因判明



去る9月11日に「こうのとり」を打ち上げる予定だった、HⅡBロケット8号機が発射台から火災を起こして打ち上げ延期となっていましたが原因が判明しました。

三菱重工のHPより

いや~一時はどうなるかと思っていましたが、「推進薬充填作業中にエンジンの排出口から滴下している液体酸素が、開口部の耐熱材に吹きかかり続けることで、発生した静電気が発火源となり延焼した可能性が高いことを確認しました。」という事です。

エッ?液体でも静電気が発生するのと疑問を抱く人が居るかと思いますが現実は発生します。実際にそれが原因で火災または火災寸前まで事例が発生した事があります。

でも、ロケット自体に延焼しなかった事、原因が早期に判明したことは何よりです。これでISSに補給物資が輸送される事により、ISS内に居る宇宙飛行士には朗報だと思います。

いや~本当に原因が解明して、今度の打ち上げは9月24日の午前1時30分を予定しております。

頑張れ、三菱重工、JAXAに日本、ロケット技術の底力を世界に見せつけてやれ。
Posted at 2019/09/20 21:11:07 | コメント(0) | トラックバック(0) | 宇宙 | ニュース
2019年09月11日 イイね!

HⅡBロケットの台車火災



産経新聞の記事

HⅡ型ロケットは仕様変更により台車が違います。つまり「A」型と「B」型は補助ロケット数が違うので当たり前ですが。

その台車が火災とは・・・ちょっと訳が分からないのが正直な話ですね。まあ、正式には移動発射台(ML)が正解ですが、なんでしょうね。

HⅡB型ロケットからの液体水素漏れ?いや、それは考えにくいです。もし、それだったら「爆発」ですよ。動画で見る限りでは引火点が高い物質が燃えているような感じではありますし、ロケット自体から燃料漏れは確認されていないと言う事から、移動発射台自体の何かが燃えていると言う事になりますね。

ただ、移動発射台は引火するモノが無いのですが、あるとすれば、LE-7Bロケットエンジン点火用スパークくらいしか思い浮かびません。そのほかは移動発射台を自走するエンジンの燃料くらいとは思いますが、ロケットの炎にも耐えうるように設計されているので、それもちょっとどうかと思います。

あとは考えたくないが「妨害工作」ですね。誰かが意図的に実施したと勘ぐりたくなりますが、勿論、射場は立ち入り禁止です。

この移動発射台は三菱重工製なので事故原因を追及してほしいですね。
Posted at 2019/09/11 19:15:13 | コメント(1) | トラックバック(0) | 宇宙 | ニュース
2019年06月20日 イイね!

銀河系の衝突



時事ニュースの記事

なんと、152億光年先の銀河系同士が衝突しているのを観測出来たのは凄い事ですね。それも鮮明な画像です。

観測場所はチリと言う事ですから「ラスカンパナス天文台」の一つかと思います。この天文台は世界中の天文学者が集まる事で有名で、実際は米国カーネギー財団が設立した天文台でもありますが、誰でも観測出来るとは言えません。それだけハードルが高い天文台でもあります。

しかし、152億光年ですよ。つまり今見てるのは、152億年前の状態を見ているという訳です。なんだか不思議ですね。

見聞では今の銀河団は遠くに離れているように見えますが、互いに引かれあい、銀河団は一つになるかもしれないと言う事です。とは、言っても何兆年先の話だと思いますが。

一体、宇宙の大きさはどれくらいでしょうね?その先はどうなっているんでしょうね?夢のような話ですが、実際に我々人類は地球で人間という生き物で生きている。では、何故地球が生まれ人類が生まれたのでしょうね。

そう考えると人間の一生は宇宙に比べれば、ほんの一瞬ではありますが、人として生きるのであれば、答えは一つでしょう。そういう事も考えるのもいいかと思いますよ。
Posted at 2019/06/20 19:49:46 | コメント(0) | トラックバック(0) | 宇宙 | 趣味
2019年06月14日 イイね!

コンステレーション計画



コミック「宇宙兄弟」で出てくる有人ロケット、「アレス1」と「アレス5」は実際にNASAの「コンステレーション計画」として計画された有人ロケットでもあります。



中でも「アレス1」はISS(国際宇宙ステーション)への人員輸送にも使われる見通しでしたが、「コンステレーション計画」中止に伴い、「アレス1」と「アレス5」ロケットもキャンセルとなりました。因みに「アレス5」は貨物専用ロケットとなります。

今のNASAでは有人ロケットはありません。つまり、ISSへの宇宙飛行士を送るにはロシア・ソユーズロケットしかないのが現状です。ですが、あのNASAがスペースシャトル以降、宇宙へ人を送る事が出来ないというのは、なんだか寂しい話でもありますね。



コンステレーション計画とは、NASAが進めていた有人宇宙機計画で、アレスI・アレスV打ち上げ機と、オリオン宇宙船・アルタイル着陸機から構成され、これらの宇宙機は多様なミッションに適合し、国際宇宙ステーションの輸送や月着陸に供される予定でした。

だが、2010年に計画の遅れと予算の都合上、キャンセルとなった訳です。つまり、コミック「宇宙兄弟」の舞台は「コンステレーション計画」で実施しているところと考えた方が早いかと思います。

因みにケネディ宇宙センターとケープカナベラルは違います。ケネディ宇宙センターはNASAが統括、ケープカナベラルは米空軍ケープカナベラル空軍基地ロケット発射場と言うのが正解。ですが、お隣同士なんですけどね。

NASAも早く有人ロケットの再実用化に向けて頑張っていただきたいと思います。
Posted at 2019/06/14 19:59:11 | コメント(0) | トラックバック(0) | 宇宙 | 趣味
2019年04月11日 イイね!

ブラックホールの撮影に成功



産経新聞の記事

これはかなりの驚きですね。ブラックホール自体を撮影するのは、まず不可能と言われていましたから。つまり、凄い重力により光でさえ吸収するのがブラックホール、だから暗い天体と言われる由縁です。

記事にもありますが「スーパーノヴァ」と言われる「超新星爆発」によりブラックホールが形成されます。つまり、星が寿命を迎え大爆発したあとに強い重力が生まれのがブラックホールと言われています。

いままで謎の天体と言われ細部もまだまだ解明出来ない事柄が多く、それを探る事により宇宙誕生のきっかけになるかもしれないですからね。

我が地球がある「銀河系」にもブラックホールがあると言われ、実際に天体観測機「カイパー」で捉えられましたからね。

だが、想像する事は出来ても撮影には成功していないのが本音。そこで国立天文台が撮影に成功したと言う事は、かなりの偉業かと思います。いや~ロマンがありますね。
Posted at 2019/04/11 19:32:44 | コメント(0) | トラックバック(0) | 宇宙 | 趣味

プロフィール

「職場の雰囲気が良いですね。やりがいを感じます。」
何シテル?   10/16 19:49
20年以上前にパワーハラスメントによるストレスで自律神経機能不全、今度は心臓の狭心症により、病院通いとなる。 特に自律神経機能不全による精神的、肉体的苦痛...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/10 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

愛車一覧

スバル レガシィツーリングワゴン スバル レガシィツーリングワゴン
2台目レガシィのCBA-BP5Dです。 やはりレガシィは良いですね。乗っていてクルマと ...
日産 ノート eパワー 日産 ノート eパワー
ノートe-POWERの加速を舐めてもらっちゃ困るぜ。
スバル レガシィツーリングワゴン スバル レガシィツーリングワゴン
4WDターボにハマッています。レガシィは最高・・・と言いたいところですが色々とマイナート ...
マツダ デミオ マツダ デミオ
初代レガシィ君が引退したのでメイン車となりました。新古車でしたが良い価格でした。装備もD ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.