• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

twinguistesのブログ一覧

2018年10月04日 イイね!

こんな楽しみ方が出来ればいいなぁ、という願望を綴ってみる。

たまたまオークションを見たから、というのもあったんですが。


なんだか、こういう安価なクルマを買って
友達、友人、知人、近隣のクルマ好きな方たちで
ジムカーナやサーキットの耐久や、オートテストで走らせたら
面白いだろうな、なんて思う時があります。

まぁもっとも、この場合はオークションですから
実際オークションが始まったらこんな値段では落札出来ないでしょうし、
ナンバーとるだのなんだかんだ手続きをしてしまうと
最終的にはそれなりに金額がかかってしまいますし
誰が搬送車で運ぶんだとか搬送貸してくれるのかとかそういうのも諸々ありますが、
安価でモータースポーツを楽しめるという切っ掛けは掴みやすいのでは、と思います。

安く楽しめるツールとして、
(出来れば取り敢えず動く安いクルマ。意外と官公庁オークションはアリでしょう)
ワヤワヤ騒ぎながらパーツつけたり外したり走ったりして、
まぁ転がったら転がったで安く買ったからと諦めもつくでしょうし
(怪我は出来るだけ避けたいですが)
走り込みが終わったら、みんなで焼肉しながら
課題を出しあったり反省会という名目の打ち上げ、なんてのも
楽しいかも知れません。


ちょっとこれを書いていたら、耐久で使った
紅色のE型ヴィヴィオM300typeSや
ワタシが買い物で使っていたHA12Sアルトエポ4WDの事を思い出してしまいました。

ヴィヴィオは、元々友人同士で共同所有していたらしく、車検も近いし
どうしよう耐久かなんかで使うかー、なんて話していたそうで
そのクルマを見せてくれた途端、結構状態が良いのに驚いた記憶があります。
耐久やるならこのクルマ出すよと仰ってくれて、たまたま5人集まったから
倉庫でやんややんやとクルマ弄って、シェイクダウンかけては
夜な夜なファミレスで、あーでもないこーでもないと談義しては
セッティング直したり、オイル交換したり、あれこそ
安く楽しめたクルマだったなーなんて思います。

マフラー替えて(柿本のじゃなかったかな、激しく煩かったし)、
廃車になったプレオRS用の足回りをゴッソリ移植したり、
友人が事故で廃車にしたRX-Rからコンバート出来る部分をコンバートして。

最終的には十勝で横転してしまい、廃車にしてしまいましたが
(くどいようだがワタシが転がした訳ではない)
トータルコストを頭数5人で割っても、そんなに高額じゃなかった記憶があります。
廃車になったクルマから移植したので、安く済んだというのも大きいです。


もう1台は、ワタシが過去にセカンドカーで使っていたアルト。
こちらも車検寸前で、車検通さずに廃車にする意向でいたので
最後に十勝で散らしてもいい、という覚悟で
此方は余りお金を投資せずに、兎に角軽量化しましょうということで
バッパラバッパラ内装剥がして、パワーウィンドーやエアコンも撤去しちゃって、
最終的にはドンガラになってしまいましたが
安価で走れたという意味では、こちらもバンバンザイでした。



なんか、こういうの、またしてみたいです。。。
仲間内で出来ないのって言われそうですが、(※ワタシ以外の)みなさん全員結婚して子どももいますから~~~

あぁあぁ、あたしゃとうとう行けませんでしたよーだ。

Posted at 2018/10/04 22:20:12 | コメント(2) | トラックバック(0) | Moteur competition | クルマ
2018年09月25日 イイね!

北海道モータースポーツフェスティバル。の、後編。

午後から、色々空いていたのですが
オートテストも同乗体験もまだまだ空きがあるようですので
思い切ってオートテストにリターンマッチ。


午後からの初参加者が矢鱈少ない&知った顔大多数?ということもあり、
ジムカーナの名人が喋るルールと説明が妙に雑だったのは御愛嬌(^o^)
MCの方も(マネキンの首の人)、【あ~…こっち側の人たちはみんな(なんかかんかモタスポかじってる)経験者だからな~こっちはいいや】という空気感が。おーい。アナタも説明手抜き~~~

質問ありますかーと言われたので、
【はーい、(まだ路面ウェットなので)サイド引くのはオッケーですか?】と尋ねると


忖 度 で す


うぉ、マジか。
ならば使わんようにするか。。。


しかし、午前中はベストタイム制だったのに、
午後は積算タイム制。何で急にルール変わったのかは不明。


ということで、午後からの1ヒート目と2ヒート目を走ってみました。
しかし、どうにもタイムが大幅に変化が出てこない。
ウーン、ミラだとこれ以上は厳しいのかなぁ。。。


ということで、走行後…どうみても関係者な方を捕獲して、書類を頂きました。
B級ライセンス申請用紙です。
種類に必要事項を記入後、最寄りのJAFに提出という形です。
折角JAFに入っているんで上級審判員やA級取得も考えているため、持ってても損はないかと。


ちょっと気になったことが。

これ↓

琢磨号のWRXについていたステッカーです。
あ、これ、スバコミサポーターのアレではないですかー。
こんなクマちゃんだったっけ。


こちらも↓

どうしても、フィルインというと、音楽をかじるワタシとしては
音楽記号や、エレクトーンのリズムセクションにある、フィルインスイッチを連想してしまいました(←バカだろ。



そうそう、シンシアさんのこのアルミ、可愛い!素敵~。

桜ピンクという限定カラーだったそうですが、いいなぁコレ。
ワタシもこんなアルミ欲しい。

ミラ子のアルミをスプレーで塗ったくるか(何
とかなんとか言ってますが、実は本気で考えてます。

このBRZのぬしーである女性の整備士、なっちさんともお話出来て、
ちょっとウカレポンチなワタシなのでありました。
女性の整備士って、かっこいい。
女性の整備士は近年増えているようですが、
ワタシもいつかこういう女性スタッフにガッチリクルマ弄って頂きたいものです。


夢ほざくだけタダだから言うけど、
いつかホントに女性だけのチームを組んで、耐久に出たいです。
男性のみとか男女混合のチームはいますが、女性だけって北海道ではメジャーじゃないので。


そんななか、EK9の若いおにーちゃんが登場。
どうも、ワタシと同じ地元ナンバー。へぇ、こういう方いるんだ。

もしかして、ディライトさん(全日本ジムカーナチャンピオンだった田口玲さんのショップ)へクルマ預けてるんですか?と聞くと、そうなんですーとのこと。
うーん、ディライトさん、うちの近く(半径2km圏内)なので行ってみたいんだけど
何となくハードル高そうな印象が…と話すと、シンシアの社長さんが



【うん、はいりにくいとこだよー(笑)】。ええっ!!!



というのは冗談だけど、折角近いんだったら
是非一回行ってみてくださいな、とフォローがありました(^o^)ヨカッタ

シンシアのしゃちょーさんとは、田口さん世代にS2000でジムカーナを走って活躍していた方の話も出たり。
S2000でジムカーナに出ていた方は、ワタシのかつてのバイト先だったお店のオーナーだったんです。
で、この方のオヨメサンってのが、マイ母の看学時代の友人の娘さんという事実。
世間は実に狭いのであります。


ジムカーナで時々リアル遠征されているロードスターの方。

走行をみましたが、めちゃめちゃうまいです。無駄がない。


ミラといえば、ワタシが乗っているモデルにはピンクが設定されていたので
ドアミラーとバンパーをピンクにコンバートしてもいいかなとも考えていたりします。
余り大きくガシガシ弄らない予定ではいますが、ワタシのだってわかる目印が欲しい。





終盤に差し掛かった頃、
【仕事で千歳に来ているんですよー】という方から、まさかの連絡が。

仕事が終わったからそっちいきまーすという話だったので
わざわざ会場までいらしてくれました。
最後の最後で合流、ということで
時間的に店仕舞い的な雰囲気でしたため、近場のレラへ移動しましょうと。


レラでコーヒー飲みながら、あんな話こんな話をお喋りを。
って、今、レラの閉店時間って早いのよねー。
節電の影響なのか、不景気だからなのか。。。
昔、もっと遅くまでやってた記憶があったんですけど。
気付けばとっぷり夜になり、あれれと思ったら…


24日は、十五夜でした。
曇っていたので見えませんでしたが。




たまーに、こういうイベント、いいですね。

千歳は、クルマイベントが盛んな街になってきているかも。
ドレコン、クラシックカーフェス、フレンチブルーピクニック、
そしてモタスポフェス。

やっぱしモタスポ好きなんだなと実感した今日この頃ついさっき。

若い頃から、音楽とクルマとバイクとお洒落の趣味は両親から猛反対されていて
ケンカも度々していましたが、
なんでしょうね、ワタシから運転する事と弾く事吹く事取っちゃったら
ツラさ満タンのストレスMAXになるんです。ホントに。


関係者の皆さま、朝もはよから夜遅くまで大変お疲れさまでした。
構っていただいた皆さま、有り難う御座いました。





オフィシャルしたい方、
モタスポ興味ある方、
走ってみたい方、
来年は行ってみましょう(^o^)


Posted at 2018/09/25 23:02:03 | コメント(1) | トラックバック(0) | Moteur competition | クルマ
2018年09月25日 イイね!

北海道モータースポーツフェスティバル。の、前編。

がんばろう北海道、というより
頑張っています北海道かな。

色々悩みつつも行ってきました、北海道モータースポーツフェスティバル。

モタスポの裾野をもっと広げましょうという趣旨のイベントでしたが
第一回目ということもありまして、まだまだこれからーというイベントのようです。
これ、年一回でも二回でも是非定着してくれれば…と願います。

受付ブースには、リアルボスと、ラリーでお世話になっているリーダー、
事務局のおにーさん(この方は基本ジャパンでしかお会い出来ないので随分御無沙汰でした)と御挨拶。どもども。
ジムカーナの名人にも御挨拶。どもども。
最近どこかで見ている顔的なオフィシャル陣にも御挨拶。どもども。


こんなブースが展開されていました。

●受付(information)←ここにボスとリーダーと事務局のおにーさんがいました
●モタスポよろず相談コーナー(過払い金の相談とか…いやソレ違う)
●ショップ展示(シンシアさんとこのプジョーチャリ、可愛かった)
●JAFのメガクルーザー展示、衝撃な体験ができるコーナー
●ラリーカーの展示
●飲食店コーナー
●ダートラ(グラベル)同乗体験
●オートテスト会場&ジムカーナ(ターマック)同乗体験
●ボランティアオフィシャルセミナー
●500円でカートチャレンジ♪
●ファミリーラリー(コマ図を見ながらラリーが出来るというアレ)←朝イチですぐいなくなっちゃった


ワタシはミラ子でオートテストに挑戦。

というより、ライセンス取得を視野に入れての手段だったんですがー。

体調もイマイチだったので、タイム云々より
先ずは無事に終わらせて書類を頂くのが最優先。。。


北海道でたぶん一番有名であろう?くまモンちゃんスイスポに乗っている御夫婦と、御挨拶。
どーも、おひさしぶりでーす。
スイスポに貼られているくまモンちゃん、可愛いので、
そこらへんにいる人間はサザエさんの家かダイソンの掃除機並みに吸いこまれていきますぞよ(  ̄▽ ̄)

ルーテシア2 R.S.に乗っている、仏車繋がりで仲良くさせていただいている方(FBPでミニカーを販売していた方です)と合流。おはよーございまーす。
一番下のお子ちゃまをつれてきていましたので、オートテストは同乗させたようです(^o^)楽しんでくれたかな?

一瞬、あートゥインゴ出せば良かったかなーとも思いましたが
フツーのノーマルミラ子でどこまで追い付けるのかも気になっていたので
取り敢えず受付を。
※トゥインゴもノーマルです。本気でノーマルです。






って、ワタシの名前がなーい(ナンだって!






どうしてええええええ







でも、受付の方が(この方もラリーのオフィシャルなので一週間ぶりだった)
【いいよいいよー、人数少ないからいけるよー】とのこと。
エントリー数みてビックリ、少なすぎ。
なので、お言葉に甘えてエントリー(おかしいな、事前エントリーしてたはずなんだけども)。
ありがとうございまーす。感謝、感謝。




というわけで、ジムカーナの名人による案内やルールの説明、慣熟歩行を。
MCは、かつてドリンピックでマネキンの首をつけて走らせたあの方。
(後にも先にもあれだけインパクト強かったのはいません)
今はジムカーナの大会に出たり、ラリーに出たりして、本格的に活動されています。

でも雨がスゴくて。大雨降っていまして。
ウェットやだなー、ダイジョブかなーという感じでした。
ホントは怪しすぎるネタを付けたかったのですが、雨で剥がれそうだったので無理でした。。。

みなさんソレなりのクルマだったり仕様だったりするのですが
ごくごくフツーの非力なクルマはワタシくらい。

コペンローブ(これが結構弄ってあって驚愕)乗りの若いおにーちゃんや、
GRヴィッツのおにーさんともお話させていただいたり、
ルーテシアの方とも【輸入車乗りが全然いないよね、うちもトゥインゴ出せば良かったかねー】なんてお話したり。

ドキドキしながらスタート。しかし、トルクバンドがイマイチ合わない。
ウェットなのでグリップもしない。微妙に横に流れているのがわかる。
2速ホールドでいくか、1速も使うか…
おやおや、リアデフからメリメリメリという音が。
先週デフオイル換えたばっかりなのに。

1ヒート目ゴールした!?と思った瞬間、ゴールラインをはみ出してしまい
ミスコース扱い(ガーン)。
※規定のラインをはみ出すとNGなのです


1ヒート目を反省しながら、2ヒート目へ。
1速、2速…速度域が低いので2速ホールドでいい。
ラインは、小回りの良さを生かして
パイロンタッチしない程度にビタビタにしてもよさげ。
でも、やっぱりタイムが出ず。うーん。やっぱしワタシの走り方なんだろうな。
諸々反省。

終わったらルーテシアの親子は帰ってしまったので、ここからはおいら一人。
寂しいのう、寂しいのう。



んでま、同乗走行枠が結構いっぱいだったため
走りを見ていると、中で何かをやっている様子。
でも、どうみてもオフィシャル関係者(それもリーダー格の方ばかり)。

じーっと見ていると、【いらっしゃいませー】。…はい?
雨宿りがてら、オフィシャルの映像を観ていたワタシたち。
そう、ワタシ山の方の経験がないので、外でのスタート地点やタイムコントロールの映像は非常に勉強になります。

ただ、セミナーの場所自体が課題かも…
コントロールタワーの方って、入口ゾーンから遠いので
せめて入口から近いところにあれば、なんだなんだ?って入りそうな感じもしますネ(^o^)




お昼に中央付近をうろついていると、GR garageのスタッフに遭遇。
ワタシの顔をみて、どうみても見覚えある的な顔なんだがという表情をされていたので
【こんにちはー】と声かけると、【どうもお久しぶりですー】。
ワタシの顔、見覚えありますかね?とも申してみたら【おぼえてますよー、遠路遥々可愛いクルマでいらしていましたから】とのこと。
そうかやっぱりトゥインゴはインパクト強いのか…やはり走るGPSだ。

なんて、最近のうちの娘はどうですかいという話になり、色々お話を。
伺った当時は車検が終わって間もない時期でしたが、あれから色々投資してるんですよと。



というわけで、後編へ続く(あるんかい)。

Posted at 2018/09/25 20:45:38 | コメント(1) | トラックバック(0) | Moteur competition | クルマ
2018年09月19日 イイね!

ラリー北海道、久々のオフィシャル。~日曜日編~

夜明け前にチェックアウトし、

ネーサマを拾って、HQへ。


HQ入口は、こんな感じです。



雰囲気だけで勘弁してください(なぬ!



ワタシはSS13/17の、足寄ロングを担当。
ホントに最後の最後でチャーラーンと(備忘録的に)撮影してみました。

コマンドセンターにもオフィシャルがいますので、正直言って
撮影出来るか!?ってな状態でしたが、今後のためにも
絶対に勉強しといたほうがいいと思い、敢えて撮影してきました(((^_^;)
ダレか完璧にわかる方がいれば、来年のジャパンや全日本戦でも必ず役に立つと思いますので
この手の講習があれば、是非参加したいんですがねー。

ワタシも正直、曖昧なままで終わってしまったのが悔やまれます。

mashiterくんは経験者なので見たら解ると思いますけど、
もう、システムが全っ然違うんです。
用紙もRadioごとに書くのではなく、スタートとストップに時間を入れるだけなのね。
足寄クラスならRadio中継3か4くらいあってもおかしくないゆえに
スタートとフィニッシュの通過時刻だけを入れるってのが、まだ違和感あり。

中継経由しないから、Rally Safeからの情報だけが頼りといいますか。
リタイア車両は、右の長い欄にリタイア理由を書く程度。
やり方のコツが解れば楽チンだしお手洗いも行けるんでしょうけど、
途中で競技車両が消えたと思ったら復活していたり、
やれSOSマークが点いたと思ったら消えて走り出したり、
やれハザード点灯されたと思ったら急に突如復活して走り出したなど、
非常に悩むシステムでした。

一年後、忘れていそうで怖い((( ;゚Д゚)))
やれば思い出すんでしょうけど。
というか、そのうちトラッキングって無くなるンじゃないだろーかと勝手に危惧してたりもします。
(無くなったらどうするかって?うーんそれは考え中。ワタシのことだからそんときは潔く別の部署へ行くと思う。今回TCも少し把握出来たし)


因みに、Rally SafeはiPhone/Androidからでもインストール出来ますので
おおよそどんなものかってのがわかります。
但し、中身は我々がやってたのとは違う筈ですが。
(おんなじだったら、それこそいらなくなっちゃう)


ただ、最後の最後で事件勃発。


表彰式の手伝いがあるという話で、先のSSが終わったネーサマとせんせーが
自分達のSS終わったら北愛国へ飛んでっちゃったので






お い ら ひ と り だ け (ToT)







やですよー、この【一人だけ】って。心細さ満タン。
どこまで撤収していいのかも怪しかったし、
そもそも元がどんな風になってたかもわかんない訳ですから
モウは牛だろモウモウモウ ったく世話が焼けるぜモーウ
…って、KinKiのやる気まんまんソングが脳裏を過る展開でござい。
まぁせんせーが地元界隈の方でしたので、最後の最後は僕がHQへ行くかららいいよって仰ってくれてたンですが。
(ネーサマも日曜のうちに自宅へ帰るって話だったし)
なので、ある程度はせんせーに一任しちゃって、片付けられるとこだけは片付けて
ワタシも北愛国へ。
万が一何かあった時に即時対応出来るよう、ワタシもサービスパークへ追っ掛けてったんです。


というわけで、HQ組(コマンドセンター、リザルト、事務局、メディアセンター)へ挨拶を済ませ、再び↓





薄暗かったですけど、人はそこそこいました。



これ、昼間みないとワケわかりません(特に老眼もちは)。



公式リザルトもでてまーす。




競技車両もお帰りのスタンバイ。



おぉどっかでみたぞ、このクルマ。
ってコレ、タクマさんのではあーりませんか。

実は昨年のラリー北海道で、スバコミサポーターとして参加した際に
最後に同乗走行させて頂いたクルマでした♪
タクマさん号、お疲れさまでした。


ノートを搬送車へ入れる作業を見たのですが、凄い早業!

ゆっくりじゃなくて、ガーッと加速して入れていったのよ。
まさに【神】。


このクラスが増えてきたからか、昔ほどラリーカーも爆音しないんです。
昔はもっと煩かったけど、今はホントに【これ競技車?】って位、静かです。



流石にランエボやインプはソレナリの音がしましたが(^o^)



レプリカ隊も、一通り展示が終わって駐車場へ集結したようです。

出た!サトリア・ネオ(ライトポッド付いてるクルマ)。
リアル痛車じゃなかったっけ、確か。
(オレスイスポん時、この人にバンパーやらLEDやらなんだーかんだーパンダーガンダーと譲った事あったわ。むこーは覚えちゃいないだろうけど)



エボワゴンっすかー。ヌタハラさん仕様!?



やる気満々の仕様ですのう。
(ワタシもやってみたいけどねぇ)



おー!くまモンちゃんスイスポ。(※持ち主は女性です)
たぶん北海道で一番有名なスイスポかも?



この子ね↓



インプもまだまだ現役~。
おいらもGDBまでのインプは好きだった。。。(今のWRX STiも好きですが)



GC8も健在ー。って、ちょっと待って!

この555のレプリカな方、わざわざスポーツブルーに全塗装しちゃってる!?
(クーペのブルーは、ソニックブルーしか設定がないので塗ったんでしょう)


おいらも555、好きでした。

たぶんこの555の主、記憶違いじゃなければ水の有名なとこ在住の方かな?
もっといっちゃえば、遥か昔、どこぞのツーリングの時に鯉のぼりつけて走ってた方では?
(でもワタシ自身、直接この方とお喋りしたことはないんだよね)


暗くなる前に、帰らなくちゃ。
リーダーとせんせーに挨拶して、ワタシも帰路へ。

ミラ子の後ろに、カングー1がいました。


カングー1、どうやらph2のようです。

まさか帰りに仏車に巡り会えるとはね。


帰宅途中、ちょうど70000kmに。
うちに来てから既に、1500kmくらい走ってます。




そういえば、帰り、新得過ぎたあたりで鹿に遭遇!どへー。
前にいたマーチが有り得ない動きをしたので嫌な予感がしたんだけど
鹿避け笛が効いたのか、はたまたワタシに怯えたのか、
詳細はわかりませんが、取り敢えず逃げてくれました。良かったー。



高々3日間で色々な事がありましたが、
やっぱり行って良かった!これに尽きます。
ただ、あのトラッキングシステムは色々課題があるというか、
変な話、Rally Safeの電源が落ちたらおしまいだろーとか、
GPSだなんだかんだとデジタル的なとこが発展してきても
最終的にはやっぱり中継と繋いでアナログの方がいいよなぁとか、
改めて考えてしまったのでした。
まぁ中継班も大変ですからね。


とはいえ、関係者の皆さん、本当に有り難う御座いました。
久々に充実した3日間となりました。
昨年はスバコミサポーター、今年はオフィシャル。
観戦されている方とはちょっと違う目線で見てしまっていますが、
こういう裏の楽しみもあるので、やっぱりやめられません(^o^)




来年のラリージャパン、一応視野に入れております。
ただ、French Blue Meeting(FBM)や、さいたまイタフラミーティング(SIFM)などがバッティングされていれば
そっちと合わせてトゥインゴで自走したい、ってのもあったり。
(その前に辿り着けるのか!?という問題もあるでしょうが…)
FBMやSIFMは、ホントにラリージャパンと被せて行きたいです(^o^)



というわけで、来年は遠征するぞー☆

っつーわけで、おしまいっ。




※たいして中身のないネタをここまで読んでいただき、有り難う御座いました



Posted at 2018/09/19 20:00:03 | コメント(2) | トラックバック(0) | Moteur competition | クルマ
2018年09月18日 イイね!

ラリー北海道、久々のオフィシャル。~土曜日編~

そんなこんなで、2日目の土曜日。
5:15迄に、北愛国交流広場=サービスパークへ。


ネーサマとは別の宿だったので、ネーサマをピックアップしてって
真っ直ぐ北愛国のサービスパークへ。
リザルト担当のおにーさんから指示を仰ぎ、TC in/outのお手伝いを。

そうそう、フィールドのお手伝いってホント久し振り。
大昔のジャパンの時に、リザルト担当だった事があって
その時に少しだけフィールドリザルトのお手伝い(暫定結果の速報配布など)をした時以来で。
(基本、ずっとHQ引きこもりなのです。元々、最初のジャパンで事務局だったというのもあったんで)


人員不足のため、1シーズンだけリザルトへ入った年があったんですが、
この年(2006年かな)は、ホントにややこしい案件が続出しまして
封鎖された筈のコース内に一般車両が入ってくる、
(しかもコレ後日談で知ったのですが、そのうちの1台のレプリカな黒いプジョー307が後に知人となる方だったというオチ。どうやらスペクテーターマーシャルが競技車と間違って入れたンだろーな)
初日のスーパーSSは遅延しまくりで終わったのが22時過ぎ(しかもHQでスーパーSS担当したのがもう一人の女の子とワタシ~)、
タイムカード回収したものの合ってないのがあって全部チェックし直し、
もーもー、ワヤでした(涙)。
今思い出しても、号泣もんです。
しかもリザルト部隊って、最終日の撤収作業までいる方が多く
夜も終わるのが遅いので撤収するまでいられたらいいんですけど、
日曜日のうちに自宅へ帰らなくてはならないという事を考慮すると少々厳しい、というのがあって、
事務局の方へ事情を話して、翌年から
トラッキングへシフトチェンジさせていただいた、という経緯があったんです。

うちから十勝までって、クルマで3時間半ちょい掛かるし
日曜ったって、18時に終わるのと、22時に終わるのは全然違いますから…。
(この4時間差は大きい。)


明け方の、パルクフェルメ。


今回のラリー北海道は、アジアパシフィックラリー選手権(以下、アジパシ)と
全日本選手権(以下、全日本)の同時開催なのです。
というわけで、やることもそれなりに。



明け方最初の仕事は、アジパシ車両の助手席上のガラス部分に
【2min】というステッカーを貼ること。
アジパシ車両は2分間隔でスタートするため、ステッカーを貼って分別をします。
全日本車両は1分間隔でスタートするんですけどね。


設営してスタンバイしていたら、一人の女性が声をかけてきました。
【もー!ちょっとひさしぶりー、元気ー!?】
ちょ、ちょっとちょっと、ダレ、ダレ?


以前、トラッキングで一緒にオフィシャルをやっていた方でした(^o^)
近年はコドライバーとして参加されているそうで、
元気でカッコいい、リアルおかーさんです(^o^)
(ダレだよって?アーレスティのコドラしてた方でーす)
お子さんもすっかり大きくなって、もう二十歳なんだとか
(えええー、昔ジャパンの時に息子ちゃんたち連れて来てた時はまだ小学校低学年だったのにー)
近況を色々報告しあいつつ、
【おうちにかえるまでがラリーなので、ふぁいとですっ♪】って送り出しました。
※この辺は流石!なんですが、ペナルティも無くバッチリ完走してくれました(^o^)

こういうところで知ってる方に会うと、なんだか嬉しくなっちゃいます。
特に一緒にオフィシャルやってた方だけあって、自動的に喜びマシマシです♪
ワタシもこういうコドライバーやドライバーに憧れますが、
なかなかねぇ…


ここでクルマが来るのを、待っております。




アジパシのクルマの後に、全日本のクルマが来るのですが
全日本車両が来るまで、インターバルがあります。




ノートや初代スイスポもいます(^o^)
懐かしい、ワタシも初代スイスポに乗っていたので
ついつい、応援したくなっちゃいました。
(なんとこのスイスポ、最後まで完走したんですよ!)




みんな最後まで頑張ってねー。
マジで、おうちに帰るまでがラリーだからさ。



ちょっと時間がありましたので、リザルトのリーダーとお話したり、
学生ちゃんとお話したりと楽しんでいました。


まぁ本音言っちゃうと、時々こうやって競技車両見て
刺激を受けるっていうのも自分にとっては必要な事でして。

うちの地元はモタスポもあまり盛んじゃないし、
(そりゃ隣町にカマタスポーツはありますけど)
うちのマイカーもユルリンなトゥインゴたんとミラ子だから、
どうしてもそういう刺激からは遠ざかりやすくて。
特に今年は、トゥインゴは消耗品リフレッシュイヤーなのもあり、
ゆるゆるなトゥインゴ生活中心となっていたのもありまして。

なーんて話していたら、
【それ、全然ゆるゆるじゃないですからっ、めっちゃお金かかってるじゃないですか(笑)】
とツッコミをされてしまいました(にょほほほ~)。
でも、トゥインゴは比較的お金かからないほうだから、気持ちも楽チンなのです。



TCは、指定用紙に通過時間を書き込みます。
※指定用紙はコドライバーが持っていますので書いたらコドライバーへ渡します



そういえば、みなさんでどうぞ、と
心優しい方がお菓子を差し入れてくれました(^o^)
送り主は、なんと0カーの大井こずゑさん(←めっちゃかわいいー☆)
ありがとうございまーす、ごちそーさまでーす♪


その後、新井敏弘さんが【おぉそれどっかでみたことあるお菓子だぞ】と登場。
大井さんからなんですよーとみんなで話していたら、新井さんが
【いやーいや、オレこれもう飽きた(笑)】とか言い出しまして。
そうだった、新井さんも大井さんもグンマーな方ですからねぇ。
でも世界のToshI新井さんでも、そんなこといわないでーっ(笑)

※ガトーフェスタハラダのラスクは群馬銘菓です


TCも、色々な選手とお話出来る楽しみがありますので
(みなさん、そこらへんのおにーちゃんおねーちゃん並みにフレンドリーです)
フィールドに行きたがる方の気持ちがわかりました(^o^)
お手伝い出来て良かったー。


この時間、ちょうどアジパシと全日本のインターバルかな。



TCのお手伝いが終わったあとは、HQへ戻り本来の業務へ。
ワタシはSS2/5/7の陸別担当。
せんせーは先にSS2の陸別をやっててくれて、
ネーサマがSS3/6のヤムワッカ担当、
せんせーはSS4/8のクンネイワ担当。
(ロング区間を二人にさせてしまって申し訳無い…)


案の定、色々ありましたが
想像してたよりドタバタジタバタせずに済みました。
ちなみにお昼はケータリング出前(わたしは中華丼をオーダー)、
夜は味噌ラーメン。




でも、夜、パスタ食べに行っちゃいましたー☆(ナンだって!
【ビストロ ポワル】というとこへ行ってみましたです♪
(だって1日目の昼にピリ辛ラーメン食べたし、こういう時じゃないと帯広でご飯食べる機会もないしさ)


んで、翌日は5:00にHQ入り。
なので、食べて早く帰るというのが先決だったんですねー。


オフィシャルも部署によっては
もっと早い時間に始まる部署もあるんですが、
(山の方たちはそれこそ朝2:30出発とかあったと記憶している)
ワタシらのとこは特別早くもなく遅くもなく、という感じです。



まだつづく。

Posted at 2018/09/18 22:03:50 | コメント(3) | トラックバック(0) | Moteur competition | クルマ

プロフィール

「林道ツーリングに参加させて頂きました。 http://cvw.jp/b/2281575/42084689/
何シテル?   10/20 23:54
みなさんこんにちは。 北海道でヒッソリと初代トゥインゴに乗っております、twinguistesと申します。 (由来はGeneration Twingo.fr...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/10 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

HALF WAY EDP-01 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/10/17 00:31:57
こうまちゃんさんのダイハツ ミラ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/10/14 12:02:59
誰か欲しい人いますか? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/10/14 11:56:22

お友達

物凄く人見知り、相当面倒臭いヤツの為
基本的に実際にお逢いした方、コメントのやり取りがある方など接触のある方でお願いしております。

但し、常識を逸脱している方や利己的主義、独善的思考、底意地悪い方、攻撃的な方は容赦なく対処させて頂きます。
(解除された方はどれかに該当していると考えて下さい)
26 人のお友達がいます
キャニオンゴールドキャニオンゴールド * ひゅくひゅく *
フルちゃんフルちゃん * 《》 ひで 《》《》 ひで 《》 *
ROUSSILLONROUSSILLON * reno【レノ】reno【レノ】 *

ファン

36 人のファンがいます

愛車一覧

ルノー トゥインゴ カメと呼ばれたり、ピクルスと呼ばれたり。 (ルノー トゥインゴ)
初代の(シカモ日本導入前の並行輸入)ルノートゥインゴに乗っています。 たぶん、恐らく、北 ...
ダイハツ ミラ 激辛雑品プリンセス号 (ダイハツ ミラ)
懲りもせず、ガラクタ買い足してしまいました。 どうすんだよこんな雑品カー買って…と思う方 ...
プジョー その他 主幹(ヴィクトルくん) (プジョー その他)
元々しもべ(?)だったのですが、いつの間にか主幹になっていた プジョーライオンのヴィクト ...
輸入車その他 その他 しもべ(ピーターラビット) (輸入車その他 その他)
しもべ(?)の、ピーターラビットです。 イギリス生まれなのに、日本のアパレルブランドであ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.