• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

TERU3の"ゴリラくん" [ホンダ ゴリラ]

整備手帳

作業日:2021年3月2日

マニュアル式チェーンテンショナー再考察

他の整備手帳を見る 他の整備手帳を見る

目的 修理・故障・メンテナンス
作業 DIY
難易度 ★★
作業時間 1時間以内
1
自分のゴリラは6V車なのでカムチェーンテンショナーはマニュアル式。このマニュアルテンショナーの画像や情報はネット検索すると沢山でてくるも詳細な調整についてはあまり情報がなく、微妙に違うことが書いてあったりします。サービスマニュアルを見ても詳しく書いてないし、特にエンジンを弄ったりしているとノーマルとは格段にテンショナーにかかる負荷が違うと思われるもののどの位に調整したらいいのか、今まで毎回悩んでました。
今回ジェネレーターカバーを外したついでにテンショナー取付部分を見ながら再考察してみました。
2
よく記載されている手順
①アジャスターB部の8㎜ロックナットを緩めアジャスターBを緩めるとプッシュロッドが自動的にバネの力で上に押し出されカムチェーンにテンションを掛ける。
②異音がまだ残るなど更に調整したい場合はエンジン下面のアジャスターA部シーリングボルトを外しアジャスターAを締め込み調整する。
調整を終えたら①のアジャスターBを締め込み調整終了。
3
疑問①
よく記載されている手順で疑問なのはアジャスターA,Bを調整後、最後にBを締め込みロックナットを閉める。というふうに記載されているが、この場合アジャスターBを締めこむことによりプッシュロッドが完全に動かなくなる。ということはテンショナーは動かない固定状態。しかも最初にアジャスターBを緩めることによりバネの力でプッシュロッドが突き出し、テンションを掛けられたチェーンはそこそこ張った状態になるはず。その状態でアジャスタBを締め込んだらカムチェーンは遊び無しで回転する。
→ ガイドローラーに過度な負荷がかからないだろうか?(ローラーの割れ、欠け、異常摩耗)
4
疑問②
プッシュロッドの形状は一部に平らな面を設けテーパー状にしている。その形状の意味は?
平らな面はアジャスターBの当てる面として必要、しかしテーパー形状としているのはアジャスターB締め込みによりプッシュロッドの可動範囲を大きくしたり、僅かにしたりコントロールするためなのではなかろうか?調整後ロッドを動かないよう固定するのであればプッシュロッドはテーパー形状である必要がないのではと思う。

5
純正ノーマルエンジンの場合10000回転も回すことはないので、マニュアル通り、アジャスターBを緩めプッシュロッドを現状より突き出す。またはアジャスターAにて更に締めこむ。などでよいのかもしれない。ただその場合でもプッシュロッドを固定してしまうのは疑問ですが・・・。
しかし、カム交換などにより高回転まで回す可能性のあるエンジンの場合テンショナーの弛みはバルブとピストン干渉などのトラブルの原因になるので、テンショナーにより制御する必要があることからプッシュロッドを少しの範囲で動くようにコントロールするためテーパー部分を利用するのではないかと。

実際の調整でそのようにしてみました。
調整程度はテンショナーが当たるカムチェーンが水平になるくらいまでプッシュロッドが可動するようにアジャスターBで調整する。(一杯締めた状態から約1/4位戻し)
但し、少し気になったのが高回転でアクセルオフにした時チェーンが暴れテンショナーを弾いた場合、プッシュロッドが押されアジャスターBスクリュー部に引っ掛かりロッドが上に戻らなくなる。といった現象が起きるのではないか。実際強めにプッシュロッドを下方に押した場合戻らなってしまった。ジェネレーターカバーを塞いでしまったら手で戻せないし、バネの力や振動で必ず戻る保証はないし・・・。

ん~どうしたらいいものか(-_-;)


6
今回の結論
結局はっきりコレといった答えが出ませんが、悩んだ結果アジャスターAはシーリングボルト取付面とツラ位で、アジャスターBは一旦締め込んでから約1/4回転位戻し、カムチェーンが水平より少し上までテンショナー及びプッシュロッドが可動するようにした状態で、アジャスターBロックナットを締め込みました。(作業工程5より少し上)
なお、自分のゴリラはボアアップしてから約2年プッシュロッドは固定にはしておらず上記に近い設定で乗ってました。(総走行距離は2000㎞と少ないですが・・・)
設定としてはきつめではなく少し緩めの設定かもしれません。
ちなみに私のエンジン仕様はクランクがデイトナ以外ほぼシフトアップハイレボリューションの110㏄、比較的おとなしめな仕様だと思います。

悩ましいですね!
今後も様子を見ながら、また何がベストなのか考えつつ調整していきたいと思います。

イイね!0件




関連整備ピックアップ

機械式タコメーター取り出し口交換

難易度:

マグナエンジンオーバーホール

難易度:

ハイカム取付

難易度:

25年ぶりに

難易度:

マグナエンジン組み立て

難易度: ★★

エンジン搭載

難易度:

関連リンク

この記事へのコメント

2021年3月3日 6:15
TERU3さん
おはようございます😄

解説📝凄いですね👍
自分にはちんぷんかんぷんですが(笑)
見る人が見れば最高の虎の巻なんでしょうね💪
コメントへの返答
2021年3月3日 19:13
昭和さん
こんばんは~😊

いえいえ、少々専門的内容で悩みましたので記事にしてみました。最高の虎の巻ではないと思いますが、悩んでいる人の参考になれば嬉しいですね(^^;)

プロフィール

「[整備] #ゴリラ ドラムハブダンパー塗装及び取付 https://minkara.carview.co.jp/userid/2288417/car/2777107/6300847/note.aspx
何シテル?   04/04 22:46
TERU3と申します。 メイン車エルグランドE51に乗って10年になるO8Gです。 会社では製造技術部署で生産準備~技術サポートなど担当してます。 趣...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

リンク・クリップ

素人によるタイヤ組み付け〜リア周り交換準備〜 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2021/04/09 23:12:31
[メルセデス・ベンツ Cクラス セダン]ベンツW204備忘録 自作簡易ポリッシャーの作り方 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2021/01/15 14:35:48
ゴリラ110㏄発進!! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/09/27 20:52:04

愛車一覧

日産 エルグランド 日産 エルグランド
H16年式 E51(中期) E51の堂々たるスタイル、 V6縦置きエンジン + リヤ駆動 ...
ホンダ ゴリラ ゴリラくん (ホンダ ゴリラ)
ゴリラ君 我が家にきて30年以上になる昭和59年式 6Vのゴリラ君、令和元年ゴールデン ...
日産 スカイラインGT‐R 日産 スカイラインGT‐R
恐れ多いですがGT-Rに登録させていただきました。 1/8スケールのハコスカGT-R ...
スズキ ワゴンR スズキ ワゴンR
カミさんの元愛車。 現在娘が乗り継いでいますが 2018年6月めでたく走行160000㎞ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.