• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

omingのブログ一覧

2009年12月30日 イイね!

故障してました

故障してました写真は、彼女が買ってくれたデジカメです。
デジタル一眼初心者らしいのにしました。
来年はこれでたくさん思い出を残したいと思います。
ありがとう。大切にします。






で、表題。
車が故障したのではありません。
omingが故障して動けなくなっていました。
28日の仕事中に、胃が痛くなって動けなくなりました。
急性胃炎だそうです。
胃が痛いのは仕方ないんですが、よくわかりませんが、発熱しました。
39度まで出たので、インフルエンザも疑いましたが、それらしき症状もなく。
こんなに熱が出たのは、記憶にある限り初めてだったので、どうなることかと思いました。
動けず、食べられず・・・
熱が下がり、やっと食べられるようになりました。胃は痛みますが。
何とか、年を越せそうです。


みんカラを中心に広がった人の和。
2009年も、いろんな方と出会えて、うれしかったです。
皆さんの2010年が幸せに満ち溢れていますように。

oming
Posted at 2009/12/31 00:00:10 | コメント(14) | トラックバック(0) | 147GTA | 日記
2009年12月08日 イイね!

2009 浦和レッズを振り返る

2009 浦和レッズを振り返る超長文で目がチカチカすると思います。
個人的なメモのようなものなので、読み飛ばしてください。
2010シーズンが終わったら自分で読み返してみるつもり。


12/5、目の前で鹿島アントラーズの3連覇を決められて、今年の浦和レッズは全日程を終了しました。
リーグ6位でした。
来年の開幕まで長いオフです。

《鹿島戦に関して》
ポンテ、高原はベンチで直輝、原口がスタメン。来年の布陣に近い形なのでしょう。
前半からきっちりとしたプレスで、結構惜しい場面があったけど、やっぱり決めきれない。
後半運動量が落ちてきたところで、鹿島の速攻から興梠に押し込まれ、失点。
鹿島のほうが、悔しいけどいいサッカーをしていましたね。90分をうまく使った。
1試合だけでみれば、得点できて鹿島の3連覇は阻止できたのかもしれない。
シーズンを通じてみれば、鹿島の完成度は高かったですね。
4連覇を阻止することが、浦和を含めてほかのチームの課題でしょう。
試合終了のホイッスルと同時に、遠くのビジターエリアから割れんばかりの歓声が聞こえ、結構つらかったですが、昨年の最終節みたいな怒りはなかったです。
鹿島アントラーズの皆さん、3連覇おめでとうございます。

《oming的2009まとめ 個人的雑感》
永井、相馬の離脱、たいした補強なし、そしてチームの土台作りをしたいという新監督。
パスサッカーというか、ボールオリエンテッドなサッカースタイルを目指し、かつ、若手の育成もしたいというフィンケ監督の考えには賛同する部分も、疑問の部分もありましたが、少なくとも前年の何をやりたいのかわからない、個人プレーの寄せ集めのサッカーよりはよくなるだろうと思ってました。
今年1年は我慢の年と思っていましたが、序盤戦負けることが少なく4月、5月は首位争いをしていたので、ちょっと期待しちゃいました。
よく動く若手たちと、ベテランがうまく融合しているように見えました。今までの浦和のスタイルとまったく違うので、相手もうまく対応できなかった部分もあると思います。
夏場で運動量が落ちたのと、けが人が出たり、相手にも研究されてきたためか、パスサッカーがうまくいかなくなり、ついにはリーグ戦7連敗をしました。
7連敗というのはとんでもないことなんだが、今年の浦和はムラがありすぎた。よくない試合のときは圧倒的によくない試合でした。
アウェーで川崎に辛抱強く勝ったと思えば、翌週ホームで横浜にころっと負けちゃったり。
まだまだチームが出来上がっていないのでしょう。これ、というはっきりとした原因があるわけではないとおもうのですが。

結果6位。
しぶとく勝ち点をもぎ取った試合もいくつかありました。
逆に落とさなくてもいいような試合がいくつかありました。
大きな補強もなく、もともといた選手たちで1年を戦いました。
今だからいえますが、シーズン開始前はもう少し下の順位を覚悟していました。
シーズン終了直前まで、うまくいけばACLも、なんていっていられたのは、ある意味、運がよかったのかもしれません。

《フィンケ監督と闘莉王移籍について》
シーズン開幕前、本格派の監督がやってきた!、今年1年は辛抱だ!といっていた方が多かったのですが、7連敗をしてタイトルが1つも取れないとわかると、監督更迭だ!、闘莉王残してフィンケ切れ!と態度が変わってしまうようです。
僕はフィンケ監督擁護派ではないとおもうのですが、来シーズンもフィンケ監督が続投することには賛成です。もう1年は我慢します。
今年はうまくいかないことが多かったですが、やはりボールオリエンテッドなサッカーを目指すべきだと思います。
このためには課題が大きいですね。ミスのないきっちりしたパス回し、90分間のうちここぞというときにしっかり動けるフィジカル、チームとして全員が共通した認識・・・
ゴールデンエイジと呼ばれる高松宮杯を制したユース上がりの選手たちは荒削りながらいいプレーを見せます。もう数年で彼らが成長すると、いいチームになるかもしれません。
うまくいかないから監督を変えるのでは、選手も出て行くし、チームとしてのスタイルがいつまでたっても出来上がらない。
鹿島を3連覇させたオリベイラ監督は名将だと思うけど、それまでのブラジル監督ラインで、ある程度確立された鹿島スタイルを成熟させたから3連覇ができたのであって、仮に来年から浦和の指揮を取ったとしても優勝ができるわけではないだろうし。

チームの方向性にフィットする選手を獲得することは否定しませんし、フィットしない選手が出て行くことは仕方がないとおもっています。
ずっといた大好きな選手が出て行くのは寂しいですが(永井が出て行ったときは本当に寂しかった)、チームがうまくいかないのは困る。
闘莉王の移籍はいろいろと騒がれていますが、仮にここで監督が変わって闘莉王が残ったとしても、来年うまくいくとは思えません。
ただ、勝ちゃあいい、というものでもないと思うのです。
あまりにひどい采配だったら別だろうけど、少なくとも来年、フィンケ監督の考えるチーム作りを続け、フィットする選手を獲得し、目指すサッカーを続けること。
選手を外から引っ張ってくるんだったら、育成してないといわれそうですが、これが、監督の言う「育成」につながるのだと勝手に解釈しています。
下部組織からの選手を育てるためには、トップチームが目指すプレースタイルを実践し続けることが重要だと思います。
ガンバが育成に定評があるといわれているのは、西野監督流のスタイルを続けてきたことで、それにフィットするように努力した若手が使われるようになっているためで、これは鹿島も同じ。浦和だけじゃなくこの2チームもよそから結構強奪してきている。
育成というのは下部組織からの生え抜きばかりでサッカーをやるわけでなく、チームにフィットする選手を作り上げる過程だと思うのです。
だから、いまは監督>選手で仕方ない。
フィンケ監督は、そこまでひどい監督ではないと思うので、もう1年我慢というのはそういうわけ。
闘莉王の退団は悲しいけど、進むべき方向へ進むべき。

広島から柏木が移籍決定的と騒がれていますが(広島サポには、あれでしょうけど)、よく動くいい選手だと思いますし、監督の目指す方向性にあっているのならば賛成です。
あれもほしい、これもほしいと闇雲に出したオファーでないことを願います。
今年、制度が変わったので、(長いオフだし)Jリーグ全体としてストーブリーグが活気づくことを願ってます。

《参戦記録》
公式戦全43試合中、31試合はスタジアムで観戦。
観戦試合は16勝3分け12敗 (2009浦和の公式戦は21勝5分け17敗)
見た中で、ベストゲームというベストゲームがない、勝っても2点目取れないし。
強いてあげれば15節神戸戦かな。エジと高原の2ゴール。
あと、天皇杯初戦での山雅の敗戦がショック大きすぎ。

リーグ戦 12勝3分け10敗 (2009浦和 16勝4分け14敗)
第1節 3/7 (土) 鹿島アントラーズ 県立カシマサッカースタジアム ○ 2-0
第2節 3/14 (土) FC東京 埼玉スタジアム2002 ● 3-1
第4節 4/4 (土)  大分トリニータ 埼玉スタジアム2002 ● 1-0
第5節 4/12 (日) 名古屋グランパス 豊田スタジアム ● 0-1
第6節 4/18 (土) 京都サンガF.C. 埼玉スタジアム2002 ● 1-0
第7節 4/25 (土)  ジェフ千葉 フクダ電子アリーナ ● 0-1
第8節 4/29 (水・祝) 清水エスパルス エコパスタジアム △ 2-2
第9節 5/2 (土)  アルビレックス新潟 埼玉スタジアム2002 ● 1-0
第10節 5/5 (火・祝) 柏レイソル 国立競技場 ● 2-3
第11節 5/10 (日)  川崎フロンターレ 埼玉スタジアム2002 ○ 2-3
第12節 5/16 (土)  ガンバ大阪 埼玉スタジアム2002 △ 0-0
第13節 5/24 (日)  大宮アルディージャ 埼玉スタジアム2002 △ 1-1
第14節 6/21 (日) 横浜F・マリノス 日産スタジアム ○ 2-0
第15節 6/27 (土) ヴィッセル神戸 さいたま市浦和駒場スタジアム ● 2-0
第17節 7/11 (土)  サンフレッチェ広島 埼玉スタジアム2002 ● 2-1
第19節 7/25 (土) 名古屋グランパス 埼玉スタジアム2002 ○ 0-3
第20節 8/2 (日)  清水エスパルス 埼玉スタジアム2002 ○ 0-1
第21節 8/15 (土) ガンバ大阪 万博記念競技場 ○ 1-0
第22節 8/19 (水) 柏レイソル 埼玉スタジアム2002 ○ 1-4
第23節 8/22 (土) サンフレッチェ広島 広島ビッグアーチ ○ 2-1
第25節 9/13 (日) モンテディオ山形 埼玉スタジアム2002 ● 4-1
第27節 9/27 (日) 横浜F・マリノス 埼玉スタジアム2002 ○ 1-2
第28節 10/3 (土) ジェフ千葉 埼玉スタジアム2002 ● 3-1
第32節 11/21 (土)  ジュビロ磐田 埼玉スタジアム2002 ● 3-2
第34節 12/5 (土)  鹿島アントラーズ 埼玉スタジアム2002 ○ 0-1

ナビスコカップ
予選第4戦 5/30 (土)  アルビレックス新潟 埼玉スタジアム2002 ● 2-0
予選第5戦 6/3 (水) ジュビロ磐田 さいたま市浦和駒場スタジアム ● 1-0
予選第7戦 6/13 (土) 大宮アルディージャ 埼玉スタジアム2002 ● 6-2
準々第1戦 7/15 (水) 清水エスパルス 埼玉スタジアム2002 ● 2-1
準々第2戦 7/29 (水) 清水エスパルス アウトソーシングスタジアム日本平 ○ 3-0

天皇杯
2回戦 10/11 (日)  松本山雅FC 松本平広域公園総合球技場アルウィン ○ 2-0


2010浦和レッズのシーズンがいいシーズンになりますように。
Posted at 2009/12/08 20:50:48 | コメント(2) | トラックバック(0) | We are REDS!! | 日記
2009年12月01日 イイね!

イングロリアス バスターズ

イングロリアス バスターズ(別ブログからの移植)

12月1日、映画の日。

クエンティン・タランティーノ監督作品、イングロリアス バスターズ。

別に彼の大ファンっていうわけでもない。

パルプ・フィクションは最高にCoolだと思うけど、キルビル観てないし。

興味があったのはむしろストーリーというか時代背景というか、それと主演のブラッド・ピット。

ピットはおっさんになってますますかっちょよくなってきた。

ストーリーに触れるのはやめておくけど、よく人が死ぬ。

戦争映画では殺戮の描き方がさまざまだけど、これはあくまでタランティーノ流。

とにかく残忍。苦手な人にはお勧めしません。

個人的にはまあまあ楽しめました。

この間まで「面白さタランかったら全額返金しバスターズ」キャンペーンをやっていた。

上映開始後1時間以内につまらないと退席した場合、鑑賞料金を返却してくれるキャンペーンだったようだ。

1時間じゃわからんがな。
Posted at 2012/05/26 11:30:45 | コメント(0) | トラックバック(0) | キネマトグラフtill2011 | 日記

プロフィール

「長安福特 中国のフォード http://cvw.jp/b/229617/42065366/
何シテル?   10/15 01:19
松本で暮らしています。 2006/10/13 147GTAのオーナーになりました。 2010/9/25 1.2TSIコンフォートラインの黄色いポロが仲間...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2009/12 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

お友達

松本のomingと申します。
多少の繋がりのある方を中心にお友達登録させていただきます。

こちらからお誘いする場合もあるかと思いますし、コメントのやりとりができる方とお友達になりたいです。
98 人のお友達がいます
くらパンくらパン * ☆Dai☆☆Dai☆ *
ロッソ147tiロッソ147ti * もかとちびもかとちび *
299299 ξ;゚ o ゚)ξ tatsukiξ;゚ o ゚)ξ tatsuki

ファン

8 人のファンがいます

愛車一覧

アルファロメオ 147 GTA (アルファロメオ 147)
2006/10/13納車。 間違いなく人生が変わった一台。 みなさま、宜しくお願いし ...
フォード クーガ 白いクーガ (フォード クーガ)
2016年9月18日納車の奥様の新しい愛車です。 黄色いポロとの最初で最後の2ショット( ...
フォルクスワーゲン ポロ 黄色いポロ (フォルクスワーゲン ポロ)
2010年9月25日に納車になった奥様の新車です。 1.2TSIコンフォートラインのサバ ...
ホンダ ロゴ ホンダ ロゴ
奥様の元愛車のロゴです。 彼女の上司(僕の先輩)の奥さんが乗っていた車を格安で譲ってもら ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.