• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2019年07月31日

古い戦争映画

古い戦争映画 暑くなりましたね。

仕事中は家に帰ったら模型のあそこに手を入れて(スケベな意味ではありません)なんて妄想しているのですが、電車と徒歩で帰宅するとやっぱり暑くてげんなり。
エアコンの無い模型部屋に行く気持ちが急に萎んできてしまって 食事の後は3階の寝室に行って、エアコンかけて、快適に「カウチポテト」(どちらも無いけど)状態になります。
以前ブログにも書いたちょっと古い「レッツノート」で映画鑑賞です。
アマゾンプレミアムも良いけど今日はストックから


「633爆撃隊」、ノルウェイ ベルゲン北部にあるドイツ軍の燃料工場(重水工場ではなかったかな?)を爆撃する話。実話を元にしていると思ったが確実ではありません。作戦は成功しますが この出撃で飛行隊は全滅してしまいます。
主役はクリフ・ロバートソン 「魚雷艇PT-109」で若きケネディ大統領を演じた役者。競演はあのジョージ・チャキリスです。
撮影当時 英国で飛行可能なモスキート5機をすべてかき集めて撮影、因みに633は1から700の中で唯一英国空軍で使用されていないナンバーだそうです。

つぎの作品は


「暁の出撃」、「ザ・ダム・バスターズ」ですね、これも実話を元にしています。
英国の科学者がドイツの戦力の中心たる水力発電所のダムを爆破する必要を痛感し、ルール地方の三つのダムの破壊を提案します。その提案は特定の超低空、特定の距離、特定のスピードで、この目的の為に特に作った球形の爆弾を投下し、ピンポンの球のように水面をジャンプさせてダムのコンクリート壁に激突させるものでした。この作戦は「チャスタイズ作戦」と名付けられ、幾多の実験、昼夜を分たぬ猛訓練の末、満水期の満月の夜を期して爆撃が決行され、巨大なダムは破壊されて、工業地帯が水びたしになり作戦は成功します。
英国空軍はこの映画の為に多数のランカスター爆撃機を提供していて 映画でもその迫力は伝わってきます。
この出撃は617飛行中隊によって行われ、隊長はガイ・ギブソン中佐。
彼はこの作戦の1年後にオランダ上空で空中衝突事故で殉職しています。享年26歳でした。
2016年にRIATに行った時 最終日に「RAFミュージアム」にいって彼に授与されたビクトリアクロスを見てきました。


そして「バトル・オブ・ブリテン」


ご存知だと思いますが「英国の戦い」です。
「人類の戦闘において、かくも多数の人々が、かくも少数の人々によって、これほど多くの恩恵をうけたことはかつてない」と当時の英国の首相ウィンストン・チャーチルも語っています。
それにしても、「空軍大戦略」なんてダサイ名前、誰がつけたのでしょうか?
「暁の出撃」なんか名訳だと思うのですがね。

以上の3作品、思いがけずに英国の映画になってしまいましたが CGで無く 実機を使った作品は実に美しくて良いものです。

実機を使用と言えば


「トラ、トラ、トラ」も忘れてはいけません。
実機の存在(当時)しない日本海軍機は米国製の練習機を改造して飛ばしています。
見方によってはかなり似て見える時もあってこれはこれでありだと思います。

同じ「真珠湾攻撃」を題材にしたこれは


実機を飛ばした「零戦」の塗装色も違い、CG丸出しで見て面白いかもしれませんが所詮「絵」みたいで厚みが感じられません。

それから私が小学生の時 塾に出かける時間ぎりぎりまでTVで見ていた「頭上の敵機」


映画とTVは勿論別の作品ですが「12オクロック・ハイ」を「頭上の敵機」と訳したセンスに関心します。
映画ではクライマックスの戦闘場面が 主人公の葛藤する姿のみで表現されてすこし欲求不満になりました。

次の「メンフィス・ベル」は


CGなのが残念に感じられます。
自分はやはり実機が飛んでいる映画が好きなんだなって、思いますね。


つづいて比較的最近(?)の映画ですが

「トップ・ガン」は結構好きです。
音楽もいいですよね。
公開されたのは1986年ごろだと思いますが、この年の百里基地航空祭で「デンジャー・ゾーン」を流しながら観客の目の前でT-33を敵機と想定して、F-15が模擬空中戦の飛行展示を行い最後にT-33が煙を流して離脱する演出がありました。
我が家の奥様はこれを見て戦闘機の虜になったと仰っています。

さて、こいつはまあ、「ジョン・ウエイン」主役の大量生産戦争映画のうちの1本って感じですかね。F-6Fが沢山見ることが出来ます。


飛行機ばかりでなく船の映画も少し。

まず大好きな「眼下の敵」

元イギリス海軍中佐D・A・レイナーの実体験を元にした小説「水面下の敵」の映画化で主役はロバート・ミッチャムとクルト・ユルゲンス。米国海軍が撮影に協力していて、バックレー級護衛駆逐艦USSホワイトハーストDE-634 が使われていました。

海戦ものの2作目は「戦艦シュペー号の最後」です。

第二次世界大戦初期に通商破壊活動をしていた独国の装甲艦を英国の艦隊(G部隊)の巡洋艦四隻が補足して ウルグアイのラプラタ川沖で戦い挑む物語で、独国の装甲艦「アドミラル・グラーフ・シュペー」を米国のデモイン級巡洋艦「セーラム」CA-139が演じています。
英国側のリアンダー級軽巡洋艦「アキリーズ」ほ当時インド海軍の「デリー」だった「アキリーズ」自身が演じています。
同じくリアンダー級の「エイジャックス」はタウン級の「シェフィールド」が、重巡洋艦の「エクセダー」はフィジー級軽巡洋艦「ジャマイカ」が代役を務めています。(実物はスラバヤ沖海戦で日本海軍の重巡洋艦と駆逐艦の砲雷撃で沈められたからね)後半に登場する英重巡洋艦「カンバーランド」も自分自身の役で登場しています。
実際にその海戦に参加した艦艇が一部ですが出演している戦争映画はあまり無いと思います。

最後も海戦物、といっても地味な船団護衛を描いた映画でアクションシーンはあまりありません。


ニコラス・モンサラトの小説「The Cruel Sea」日本語名「非情の海」の映画化です。原作は40年近く前に手に入れて何度も読んでいました。
400ページを軽く超える大作で吉田健一の名翻訳、映画化されているのは知りませんでしたが たまたまyou tubedeで予告編を発見してから英国版の中古を手に入れました。
日本語の吹き替えと字幕はもちろんありませんし 物語りと登場人物が少し端折ってありますが原作が頭に入っているので気になりません。
地味なフラワー級コルベットが主役というのもいいですね。
そのコルベット「コンパスローズ」がUボートに沈められた後はリバー級フリゲートの「サルタッシュ」に主人公達は乗り換えて再び戦いに戻っていきます。

そんなこんなで映画を沢山見てちょっと疲れたら


ブルーインパルスのDVDを見て気分転換をするのですよ。

ブログ一覧 | 映画 | 日記
Posted at 2019/08/01 00:33:08

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

リメンバー・・・パールハーバー
waiqueureさん

この記事へのコメント

2019/08/01 01:30:42
こんばんは。
「トップ・ガン」私も大好きな映画、いまでもたまに見てます♪
もともと好きだったF14がさらに好きになった1本です。
当時、浜松基地の横をなり切って走るバイク良く見たような気がします(笑)
コメントへの返答
2019/08/01 10:20:29
G-1を着て静浜基地の滑走路と平行な道路を走りたいから 赤いレプリカレーサーを買っても良いか、と当時新婚だった奥様に話したところ
「それだけは止めて!」
と言われて断念した格さんです。

「トップ・ガン2」、撮影が始まったみたいですね。公開は1年延びて来年だそうです。
楽しみだなー。
2019/08/01 10:38:39
格さん

おはようございます・・♡

今度、トップガンの続編が公開されますよね・・(^.^)
楽しみです・・
DVDを観てから、ファンになりました・・(^.^)
後は・・あははは・・わかりません・・(。◠‿◠。)♡
コメントへの返答
2019/08/01 14:21:59
「トップガン2」、正式の題名は
「トップガン マーベリック」というそうですが、youtubeでマーベリックことトム・クルーズが「キャプテン」と呼ばれていたみたいなので階級は大佐、そうすると飛行隊長(中佐)の上、航空団司令のポジション(空軍ではキャプテンは大尉でまだ初級幹部です。トップガンではマーベリックはルテナントで、まさしくその大尉でした)になりますね。

現場のパイロット達とどの様に絡むのか楽しみです。
2019/08/01 13:52:12
こんにちにゃ(ΦωΦ)m

トップガンしか解りませんが・・(笑)。
スーパーサラウンドで観ると、臨場感が
半端なくってイイです。
ただし、家中では、ただのステレオなんで
車内で観ております( ̄▽ ̄)
頭上を飛んでいく感覚・・・イイです!
ブルーインパルス、貸してください(笑)。
コメントへの返答
2019/08/01 14:44:12
スーパーサラウンド、いいですね、我が家の車にはそんな素敵な機能は無かった様な?

ブルーのDVD、いつでもお貸しますよ。お渡しするのは浜松の広報館で宜しいでしょうか?
私の持っているやつはいささか古いですが あそこの売店だと最新版が入手可能ですし。(笑
2019/08/02 00:03:52
古いタイトルを除いて大体見てます。
タイトル忘れましたが、P-47Dが主役の映画があって(ヨーロッパ戦線のやつ)、実写がふんだんに使われてました。ビデオ化されてないと思いますが、また見たいです。

「パールハーバー」だけは二度と見ません。ストーリーもめちゃくちゃなら考証もデタラメ。フィクションにもほどがある。
コメントへの返答
2019/08/02 09:18:58
「パールハーバー」、日本海軍の作戦会議の場面、笑ってしまいました。
あんな屋外のプールみたいな所でやる訳が無いでしょうが。
CGにもリアリティーが全然ありませんし。

その点、昔の映画は実機が残っているっと事もあるでしょうが、ちゃちな模型でも頑張っていると思います。観客を上手に騙してくれればいいんですよね。

贔屓目かもしれませんが なんとなく英国の50~60年代の作品が好きです。
「超音速ジェット機」なんか見てみたいなあ。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「@torukky さん、 軽~くね。(笑」
何シテル?   03/16 13:48
渥美格之進です。よろしくお願いします。 宜しければ「格さん」とお呼び下さい。 地元の友人には「ご隠居」、「助さん」、「うっかり八兵衛」、「風車の弥七」もいま...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/3 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

みかさ食堂裏メニュー列伝!! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/12/07 07:03:08
まるや裏メニュー列伝!! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/12/07 07:00:38
8代目...これはもう高級車☆ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/12/07 07:00:17

愛車一覧

フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック) フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック)
13年乗ったGOLF4 GTIから2014年8月31日に乗り換えました。 GOLF7 コ ...

過去のブログ

2020年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2019年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.