• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

アンポン友樹のブログ一覧

2009年03月29日 イイね!

開幕戦オーストラリアGP決勝結果!!





前日の予選で、トヨタのリアウイングが極端にしなるとして、グリッド降格処分を発表。ティモ・グロックが19番手、ヤルノ・トゥルーリが20番グリッドに下がり、結局トヨタの2台はピットレーンからスタートする。また、予選Q2を走行しなかったルイス・ハミルトン(マクラーレン)は予定外のギアボックスを交換したため、グリッド降格。ハミルトンは18番グリッドからスタートする。

決勝の天候は晴れ、気温32度、路面温度21度のドライコンディション。

ソフト側(スーパーソフト)のタイヤを選択したのは、フェラーリの2台、BMWザウバーのロバート・クビサとハミルトン。その他のドライバーはハード側(ミディアム)のタイヤを履いている。

シグナルが消え決勝がスタートしたが、2番手のバリチェロがスタートを失敗し、大きく順位を落とす。バトンは問題なくスタートをして1コーナーをトップで通過した。また、中団、後方で接触が相次ぎ、ニック・ハイドフェルド(BMWザウバー)やマーク・ウェバー(レッドブル)、エイドリアン・スーティル(フォース・インディア)、ヘイキ・コバライネン(マクラーレン)がピットに向かいノーズ交換やタイヤ交換を行う。コバライネンは損傷が激しいようで、無念のリタイアとなっている。

10周すぎに、デグラデーションが激しく、思うようにタイムがあがらないスーパーソフトを選択したライコネンとハミルトンがピットに向かい、続いてマッサ、クビサとタイヤ交換を行う。

16周を終えて、3番手を走行していたニコ・ロズベルグ(ウィリアムズ)がピットへ向かうが、左フロントタイヤの交換時にてこずってしまい、大きく時間をロスした。

18周目、中嶋一貴(ウィリアムズ)が単独でクラッシュ。フロント部分からウォールに接触し大破。コース上にパーツが散らばり、イエローフラッグが振られ、結局20周目にセーフティカーが入ることとなった。セーフティカーが入る前に、トップのバトンはピットに入り、タイヤ交換と給油をしている。

25周目に再スタート。1コーナーで、ネルソン・ピケJr.(ルノー)が前のロズベルグを抜こうとしてミスしてしまい、グラベルでマシンを止め、リタイアとなる。

再スタート後、約5周後くらいにほとんどのドライバーが自己ベストを更新する。そんな中、3番手のクビサがファステスト・タイムを連発し、2番手のベッテルを追いかける。トップのバトンは、磐石の走りを続ける。

43周目、4番手のライコネンがスピンを喫し、ピットに向かい、さらに、マッサが48周目にスローダウン。自力でピットまで戻ったものの、すぐにマシンを降りてしまった。

ロズベルグが、ソフト側のタイヤで48周目にファステストを出したものの、その後タイヤがもたないようだ。バリチェロ、トゥルーリ、ハミルトン、フェルナンド・アロンソ(ルノー)に抜かれ、ポイント圏外に脱落してしまう。

56周目、2番手を走行のベッテルに3番手のクビサが追い抜きにかかり、サイド・バイ・サイドになるものの接触。2台のマシンはパーツを落としてしまうが、クビサはなんとか走行を続ける。しかし、スピンを喫してウォールに激突。ここでセーフティカーが入った。

結局、レースはそのまま終了となり、優勝はバトン。2006年ハンガリーGP以来、自身2度目。ポール・トゥ・ウィンは初めてのことだ。

2位以下は次の通り。
2位ルーベンス・バリチェロ(ブラウンGP)、3位ヤルノ・トゥルーリ(トヨタ)、4位ルイス・ハミルトン(マクラーレン)、5位ティモ・グロック(トヨタ)、6位フェルナンド・アロンソ(ルノー)、7位ニコ・ロズベルグ(ウィリアムズ)、8位(セバスチャン・ブエミ)までがポイント獲得。

オーストラリアGPのファステストは、48周に1分27秒706を出したロズベルグだった。




ブラウンGPが1-2フィニッシュ!

Hondaが手放したら優勝か~

Hondaのチームのマシンとしてこの結果見たかったな~

手放してなかったら「君が代」が流れたのに~

でも、マシンは、日本の技術力を証明しているぞ!

TOYOTAのトゥルーリは、3位!

日本勢の時代が来たのでしょうかね。

まさに今年の開幕戦は、新時代の幕開けって感じ!

なんせ、フェラーリや、マクラーレンが苦戦強いられているからさ!

勢力図が変わってまた一段と面白くなる気がしました!

オーバーテイクも頻繁でKERSがある車とない車のメリットとデメリットも見れて面白かった。

来週のマレーシアGPでもブラウンGPが強いんだろうか!


中嶋一貴は、おしかったね~

落ち着いていたら完走できたはず・・・

マシンは、悪くなさそうだから自分を信じて日本の人たちを喜ばしてほしいです!

一番勿体無いのは、BMWのクビサとレッドブルのベッテルさ・・・残り3周で接触勿体無いにもほどがあるよ。まだシーズン始まったばかりだから問題ないけど。

KERSを使用していたフェラーリ、マクラーレンは、少し調子が悪いみたいでKERSを使用していないチームの方が強い気がしました!

来週のマレーシアでこの強豪2チームがどう巻き返してくるのだろうか。

チャンピオンシップの中盤くらいには、全車KERS搭載するのでしょうかね。



決勝結果リザルト
1位 No.22
 
ブラウン・メルセデス

J・バトン  

タイム:1:34'15.784 平均速度:195.775Km/h


2位 No.23

ブラウン・メルセデス

R・バリチェロ 

タイム:1:34'16.591 平均速度:195.747Km/h


3位 No.9

トヨタ

J・トゥルーリ

タイム:1:34'17.388 平均速度:195.720Km/h


4位 No.1

マクラーレン・メルセデス

L・ハミルトン

タイム:1:34'18.698 平均速度:195.675Km/h


5位 No.10

トヨタ

T・グロック

タイム:1:34'20.219 平均速度:195.622Km/h


6位 No.7

ルノー

F・アロンソ

タイム:1:34'20.663 平均速度:195.607Km/h


7位 No.16

ウィリアムズ・トヨタ

N・ロズベルグ

タイム:1:34'21.506 平均速度:195.578Km/h


8位 No.12

STRフェラーリ

S・ブエミ

タイム:1:34'21.788 平均速度:195.568Km/h


9位 No.11

STRフェラーリ

S・ブルデー

タイム:1:34'22.082 平均速度:195.558Km/h


10位 No.20

フォース・インディア・メルセデス

A・スーティル

タイム:1:34'22.119 平均速度:195.556Km/h


11位 No.6

BMWザウバー

N・ハイドフェルド

タイム:1:34'22.869 平均速度:195.530Km/h


12位 No.21

フォース・インディア・メルセデス

G・フィジケラ

タイム:1:34'23.158 平均速度:195.521Km/h


13位 No.14

RBRルノー

M・ウェーバー

タイム:1:34'16.197 平均速度:192.386Km/h


14位 No.15

RBRルノー

S・ベッテル

タイム:1:29'54.225 平均速度:198.190Km/h


15位 No.5

BMWザウバー

R・クビサ

タイム:1:27'13.838 平均速度:200.616Km/h


16位 No.4

フェラーリ

K・ライコネン

タイム:1:28'59.301 平均速度:196.653Km/h


リタイア

No.3

フェラーリ

F・マッサ

タイム:DNF 平均速度:196.807Km/h


リタイア

No.8

ルノー

N・ピケJr.

タイム:DNF 平均速度:187.595Km/h


リタイア

No.17

ウィリアムズ・トヨタ

中嶋 一貴

タイム:DNF 平均速度:207.910Km/h


リタイア

No.2

H・コバライネン

タイム:DNF 平均速度:0Km/h




意外だ~中嶋一貴が平均速度が一番速いし~

そうとう攻めていたようだわ。(^-^)b

なにわともあれ、今シーズン開幕ですね!

来週から自分CSでF1見れるし~!昨日、加入したそうだ~フジテレビのCSに~

リアルタイムでCM無しでレース見れる~(^0^)V
Posted at 2009/03/29 19:17:24 | コメント(1) | トラックバック(0) | F1 | クルマ
2009年03月28日 イイね!

開幕戦オーストラリアGP予選結果




予選開始時の天候は晴れ、気温24度、路面温度32度のドライコンディション。

20分で行われる予選Q1で姿を消すのは16位から20位の5台。このセッションも好調のロズベルグがトップタイムを出し、中嶋がそれを上回り、ウィリアムズの1-2体制。しかし、キミ・ライコネン(フェラーリ)、フェルナンド・アロンソ(ルノー)、ルーベンス・バリチェロ(ブラウンGP)がトップタイムを塗り替える。2番手にはジェンソン・バトン(ブラウンGP)が続く。

Q1の終盤、ソフト側(スーパーソフト)のタイヤでフェラーリのフェリペ・マッサとライコネンがタイムアタックするも2番手と4番手。残り1分を切ったところでマーク・ウェバー(レッドブル)がトップタイムをマークしたが、ブラウンGPの2台が結局上回った。

Q1で予選を終えた16位から20位は以下の通り。
セバスチャン・ブエミ(トロ・ロッソ)、ネルソン・ピケJr.(ルノー)、ジャンカルロ・フィジケラ(フォース・インディア)、エイドリアン・スーティル(フォース・インディア)、セバスチャン・ブルデー(トロ・ロッソ)。

予選Q1のトップ5は、ルーベンス・バリチェロ(ブランGP)、ジェンソン・バトン(ブラウンGP)、マーク・ウェバー(レッドブル)、ティモ・グロック(トヨタ)、ニック・ハイドフェルド(BMWザウバー)。

15分間で行われる予選Q2では、11位から15位までが脱落する。最初にコースへと向かったのはソフト側のタイヤを履くライコネン。ウェバー、バトン、ベッテルでトップが入れ替わる。終盤ソフト側のタイヤを履く、BMWザウバーのロバート・クビサが3番手に入る。残り2分のところで14台のマシンがコース上で走行し、Q3進出をかけてし烈な戦いを繰り広げる。このセッションはブラウンGPの2台が1分24秒台という驚異的なタイムを出した。

11位ニック・ハイドフェルド(BMWザウバー)、12位フェルナンド・アロンソ(ルノー)、13位中嶋一貴(ウィリアムズ)、14位ヘイキ・コバライネン(マクラーレン)、15位ルイス・ハミルトン。

予選Q2のトップ5は、ルーベンス・バリチェロ(ブラウンGP)、ジェンソン・バトン(ブラウンGP)、セバスチャン・ベッテル(レッドブル)、ニコ・ロズベルグ(ウィリアムズ)、ロバート・クビサ(BMWザウバー)だった。

何かトラブルを抱えた様子のハミルトンは、Q2に一度も走行せずマシンから降りた。Q2がノータイムとなったハミルトンは15位で終えた。

10分間で行われる予選Q3ではポールポジションから10位が決定する。セッションが始まると早々にバトンがコースへと向かう。1回目のタイムが出たところでは、バトン、バリチェロ、ウェバー、ベッテル、クビサ、ロズベルグ、グロック、トゥルーリ、ライコネン、マッサの順番だった。

残り2分を切ったところで、最後のアタックが始まる。ブラウンGPの2台でポールポジションを争う形で進んでいく。結局ポールポジションを獲得したのは、バトンだった。フロントローにはチームメートのバリチェロが並ぶ。フリー走行でトップだったロズベルグは、結局5位に落ち着いた。

Q3の結果は、ポールポジションを獲得したのは、ジェンソン・バトン(ブラウンGP)。2位がルーベンス・バリチェロ(ブラウンGP)、3位にセバスチャン・ベッテル(レッドブル)、4位にロバート・クビサ(BMWザウバー)、5位にニコ・ロズベルグ(ウィリアムズ)、6位にティモ・グロック(トヨタ)、7位にフェリペ・マッサ(フェラーリ)、8位にヤルノ・トゥルーリ(トヨタ)、9位にキミ・ライコネン(フェラーリ)、10位にマーク・ウェバー(レッドブル)だった。



ブラウンGPが凄すぎる!

Hondaがどれだけ開発していたのかが分かるくらい!

マシンが凄いまとまっているみたいで予選のほとんどをポール・フロントロー独占!

フェラーリや、マクラーレンが追いつけないなんて!

今年は、予想つかないぞ~!!

予選が入れ替わり多くて、めっちゃ面白かったし!

決勝は、オーバーテイクが激しいと思うな~

決勝が楽しみです!



予選結果
PP 
ブラウン・メルセデス

No.22 J・バトン

FR
ブラウン・メルセデス

No.23 R・バリチェロ

3 
 RBRルノー
 
No.15 S・ベッテル


 BMWザウバー

No. 5 R・クビサ

5 
 ウィリアムズ・トヨタ

No.16 N・ロズベルグ


 トヨタ

No.10 T・グロック


 フェラーリ
 
No. 3 F・マッサ


 トヨタ
 
No. 9 J・トゥルーリ


 フェラーリ

No. 4 K・ライコネン

10
 RBRルノー

No.14 M・ウェーバー

11
 BMWザウバー

No. 6 N・ハイドフェルド

12
 ルノー

No. 7 F・アロンソ

13
 ウィリアムズ・トヨタ

No.17 中嶋一貴

14
 マクラーレン・メルセデス

No. 2 H・コヴァライネン

15
 マクラーレン・メルセデス

No. 1 L・ハミルトン

16
 STRフェラーリ
 
No.12 S・ブエミ

17
 ルノー

No. 8 N・ピケJr.

18
 フォース・インディア・メルセデス

No.21 G・フィジケラ

19
 フォース・インディア・メルセデス

No.20 A・スーティル

20
 STRフェラーリ

No.11 S・ブルデー


決勝の放送時間は、午後の4時からです!

夕方か~

多分、ガンダム00の最終回は、見れませんね~

F1の方が面白いからこっち優先だ!

決勝が楽しみだぜ~!!
Posted at 2009/03/28 17:36:27 | コメント(0) | トラックバック(0) | F1 | クルマ
2009年03月27日 イイね!

祝!F1開幕!!オーストラリアGP!!

いや~、長いシーズンオフでした~!

シーズンオフ中にいろいろありましたね~

Hondaの撤退・・・・・

バトンとバリチェロの行く先

琢磨のシートが残念だったこと


Hondaのチームも名前を変えることになりましたが、なんとか出走できるようになってよかったです!

僕、自身もいろいろありました!

好きな人に想いを伝えて・・・・

学校を好きな人に振られて卒業しました。

F1を見れるようになればそんなこともあっという間に忘れると思うので

明日の予選、明後日の決勝レースが楽しみで仕方がありません!

フリー走行の結果を見ると

ウィリアムズとかがフェラーリとかより順位が上だったりしているみたいです。

ここまでフリーの結果がいつもと違うと、予想がつきませんよね~

マシンのシステム、空力の軽減、スリックタイヤの使用

変わったことがたくさんあるので、どのようなレース展開になるのかが見物です!

さぁ~、今年のオーストラリアの勝利は、誰にか輝くのか!!
Posted at 2009/03/28 00:03:08 | コメント(0) | トラックバック(0) | F1 | クルマ

プロフィール

「第20戦アブダビGP決勝結果発表!(*ゝω・*)ノ http://cvw.jp/b/230228/40775829/
何シテル?   12/05 19:32
こんにちは、アンポン友樹です。よろしくです!F1が好きです。生まれつき進行性キンジストロフィーディシャンヌ型っていう病気で体が不自由です。あんまり、気にしてない...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2009/3 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

2013Formula1 Belgium Grand Prix 予選レポート 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/08/25 18:38:33
DANDYな車椅子Life  
カテゴリ:おもしろそうなブログ
2006/11/01 22:37:37
 
モヒカン日記 リローデット 
カテゴリ:おもしろそうなブログ
2006/11/01 22:33:41
 

愛車一覧

トヨタ アルファード トヨタ アルファード
いつも職場や出かけるところへ、俺を運んでくれる車です。本当は、色は、青が良かったのに・・ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.