• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

アンポン友樹のブログ一覧

2010年06月27日 イイね!

第9戦ヨーロッパGP予選セッション




2010年F1第9戦ヨーロッパGPが6月26日(土)、バレンシア市街地サーキット(1周/5.419km、6月27日決勝57周/308.883km)で2日目を迎え、現地時間14時(日本時間21時)からQ1、Q2、Q3の3つのセッションでなる公式予選が行われた。

現地時間11時から行われたフリー走行では、セバスチャン・ベッテル(レッドブル)がトップタイムを記録。また、2番手には市街地コースを得意にするロバート・クビサ(ルノー)が入っていた。

セッション開始時の天候は晴れ、気温25℃、路面温度は44℃。予選Q1では、今週末に好調な走りを見せているクビサがトップに。また、小林可夢偉(ザウバー)はQ1で脱落してしまった。Q1で苦戦していたメルセデスGP勢は、2台そろってQ2で敗退。ウィリアムズ勢とルノー勢が2台そろってQ3進出を果たした。

Q3では、まずマーク・ウェバー(レッドブル)がトップに。その後、セッション終盤にベッテルがトップタイムを更新すると、誰もベッテルのタイムを更新できず、ベッテルがポールポジションを獲得した。また、2番手にウェバーが入り、レッドブルがフロントローを独占している。




1 S.ベッテル レッドブル 1'37"587

2 M.ウェバー レッドブル 1'37"662

3 L.ハミルトン マクラーレン 1'37"969

4 F.アロンソ フェラーリ 1'38"075

5 F.マッサ フェラーリ 1'38"127

6 R.クビサ ルノー 1'38"137

7 J.バトン マクラーレン 1'38"210

8 N.ヒュルケンベルグ ウィリアムズ 1'38"428

9 R.バリチェロ ウィリアムズ 1'38"428

10 V.ペトロフ ルノー 1'38"523

11 S.ブエミ トロ・ロッソ 1'38"586

12 N.ロズベルグ メルセデスGP 1'38"627

13 A.スーティル フォース・インディア 1'38"851

14 V.リウッツィ フォース・インディア 1'38"884

15 M.シューマッハ メルセデスGP 1'39"234

16 P.デ・ラ・ロサ BMWザウバー 1'39"264

17 J.アルグエルスアリ トロ・ロッソ 1'39"458

18 小林可夢偉  BMWザウバー 1'39"343

19 J.トゥルーリ ロータス 1'40"658

20 H.コバライネン ロータス 1'40"882

21 L.ディ・グラッシ ヴァージン 1'42"086

22 T.グロック ヴァージン 1'42"140

23 K.チャンドック HRTF1 1'42"600

24 B.セナ HRTF1 1'42"851





レッドブルやっぱ速い・・・・1-2独占だ!この分だとすぐポイントリーダー変るはず。

マクラーレンは、3番グリッドにハミルトン、6番グリッドにバトン、クビサの後ろだからバトンは、なかなか前に出れなそうかも。

フェラーリもなんだか今回は、活躍しそうな気配が・・・・・どうせならハミルトンの前にアロンソだったら良かったのに。なんにせよ、スタートが肝心!

メルセデスGPは、厳しいレースになりそうですね。初めてじゃないでしょうか、Q3にいけないのって。
ミハエルは、バレンシアの市街地コース初めてだから、ダメでも分かるけど、ニコもいけないくらいだからアップデートがうまく行かなかったのだろうか。

今回は、アロンソを応援します!!最近、またフェラーリ愛が復活してきているから(爆)



あ!決勝レースのブログは、明日から検査入院で更新遅れます~(><)>
イギリスGPが始まるまでには、更新できると思います~

では!
Posted at 2010/06/27 18:23:07 | コメント(1) | トラックバック(0) | F1 | クルマ
2010年06月20日 イイね!

第8戦カナダGP予選セッションと決勝レース

ここのところ、体調が落ち着かなかったから更新が遅れてしまいました~(汗)

というわけで今回は、予選と決勝まとめて書きます!!




2010年F1第8戦カナダGPが6月12日(土)、ジル・ビルヌーブ・サーキット(1周/4.361km、6月13日決勝70周/305.270km)で2日目を迎え、現地時間13時(日本時間13日2時)から、Q1、Q2、Q3の3つのセッションでなる公式予選が行われた。

現地時間10時から行われたフリー走行では、ルイス・ハミルトン(マクラーレン)がトップになった。今シーズンは全戦でレッドブルがポールポジションを獲得しているが、カナダGPはマクラーレンが有利なコース特性になっており、マクラーレンが今季初のポールを獲得する可能性も高いとされている。

セッション開始時の天候は晴れ、気温23℃、路面温度は31℃。タイヤが温まりにくいため、予選ではどのドライバーも数周続けて走行していた。Q1では、トップチームの中ではレッドブルのみがソフト側のタイヤで走行。また、小林可夢偉(ザウバー)がQ1で脱落してしまった。Q2ではミハエル・シューマッハ(メルセデスGP)が脱落している。

タイヤの選択に注目が集まったQ3。レッドブル勢がハード側のタイヤでタイム計測を行った。まずはハミルトンがトップに立ったが、その後マーク・ウェバー(レッドブル)がトップに立つ。しかし、最後の最後にハミルトンがタイムを更新し、ポール獲得。今シーズン初めてレッドブル以外のドライバーがポールを獲得した。



1 L.ハミルトン マクラーレン 1'15"105

2 M.ウェバー レッドブル 1'15"373

3 S.ベッテル レッドブル 1'15"420

4 F.アロンソ フェラーリ 1'15"435

5 J.バトン マクラーレン 1'15"520

6 V.リウッツィ フォース・インディア 1'15"648

7 F.マッサ フェラーリ 1'15"688

8 R.クビサ ルノー 1'15"715

9 A.スーティル フォース・インディア 1'15"881

10 N.ロズベルグ メルセデスGP 1'16"071

11 R.バリチェロ ウィリアムズ 1'16"434

12 N.ヒュルケンベルグ ウィリアムズ 1'16"438

13 M.シューマッハ メルセデスGP 1'16"492

14 V.ペトロフ ルノー 1'16"844

15 S.ブエミ トロ・ロッソ 1'16"928

16 J.アルグエルスアリ トロ・ロッソ 1'17"029

17 P.デ・ラ・ロサ BMWザウバー 1'17"384

18 小林可夢偉  BMWザウバー 1'18"019

19 H.コバライネン ロータス 1'18"237

20 J.トゥルーリ ロータス 1'18"698

21 T.グロック ヴァージン 1'18"941

22 B.セナ HRTF1 1'19"484

23 L.ディ・グラッシ ヴァージン 1'19"675

24 K.チャンドック HRTF1 1'27"757




ストレートがあるからマクラーレンのが有利だろうなと思っていました。やっぱりFダクトが最先端なのがマクラーレンですからね。コースだってマクラーレン向きです。
そんなあれでも、レッドブルは、2番手とか3番手にいることが出来てるから強いことに変わりないかな。
アロンソが4番手にこれてるとは、嬉しいね~、マッサならもっと嬉しかったけど・・・・とりあえず、フェラーリがちょっといいポジションに来てるのは、良かったかな。




それじゃ、次に決勝レースに行きます!!



2010年F1第8戦カナダGPが6月13日(日)、ジル・ビルヌーブ・サーキット(1周/4.361km、6月13日決勝70周/305.270km)で3日目を迎え、現地時間12時(日本時間14日1時)から決勝が行われた。

前日の予選でポールポジションを獲得したのはルイス・ハミルトン(マクラーレン)。今シーズン初めてレッドブル以外のドライバーがポールポジションを獲得した。また、2番手になっていたマーク・ウェバー(レッドブル)は予選後にギアボックスを交換したため、5グリッド降格して7番グリッドからのスタートになっている。

セッション開始時の天候は晴れ、気温25℃、路面温度は38℃。レース前から予想されていた通り、ソフト側のタイヤでスタートしたドライバーがすぐにタイヤ交換を行い、7周目にはレッドブルの1-2体制になった。その後、ハード側のタイヤでスタートしたドライバーがピットインすると、ハミルトンがトップに戻った。

各車が2度目のピットストップを行う中、トップに立ったウェバーはコースにとどまって2番手以下との差を広げていった。しかし、その後ウェバーのペースが落ちてしまい、ハミルトンがウェバーの背後に迫り、50周目にハミルトンがウェバーを抜いてトップに。

そのままハミルトンがトップでチェッカーを受ける。チームメートのジェンソン・バトン(マクラーレン)が2位に入ったことで、マクラーレンは2戦連続の1-2フィニッシュを達成した。



1 L.ハミルトン マクラーレン 1'33:53:456

2 J.バトン マクラーレン +2.2

3 F.アロンソ フェラーリ +9.2

4 S.ベッテル レッドブル +37.8

5 M.ウェバー レッドブル +39.2

6 N.ロズベルグ メルセデスGP +56.0

7 R.クビサ ルノー +57.3

8 S.ブエミ トロ・ロッソ +1lap

9 V.リウッツィ フォース・インディア +1lap

10 A.スーティル フォース・インディア +1lap

11 M.シューマッハ メルセデスGP +1lap

12 J.アルグエルスアリ トロ・ロッソ +1lap

13 N.ヒュルケンベルグ ウィリアムズ +1lap

14 R.バリチェロ ウィリアムズ +1lap

15 F.マッサ フェラーリ +1lap

16 H.コバライネン ロータス +2laps

17 V.ペトロフ ルノー +2laps

18 K.チャンドック HRTF1 +4laps

19 L.ディ・グラッシ ヴァージン +5laps

20 T.グロック ヴァージン +20laps

21 J.トゥルーリ ロータス +28laps

22 P.デ・ラ・ロサ BMWザウバー +40laps

23 B.セナ HRTF1 +57laps

24 小林可夢偉  BMWザウバー +69laps




やっぱり、ここのコースは、マクラーレン向きだ~って結果になったんですよね~
アロンソは、優勝できたかもしれないレースだったけど、バックマーカーに引っかかったりで、ハミルトン、バトンに抜かれてしまって、3位表彰台に乗れたけど、あまり嬉しそうでは、なかったですね。

レッドブルは、タイヤ選びとか、作戦も結構ミスってる感じで、最後のほうなんかタイヤがうまく機能しなくて4位にベッテル、5位にウェーバーで終えました。レース終わって月曜日とかYahoo!!のニュースで見たら「そんなにパニックになる必要はない」ってコメントしたって書いてあった。

でも、これからマクラーレン勢が優勢になってくるんじゃないかと思います。
レースは、まだまだあるから、後半からポイント争い激化の予感しますね。

今後の展開が楽しみですね!



最後に

なんか2011年にルノーでライコネンが戻ってくる?かもと噂がありますね。
実際、どうなんだろうな~。レッドブルからは、もうないし、ウェーバーが契約したし。
結構ラリーが楽しいみたいだからな~。まあ、戻ってきてくれたらメッチャ嬉しいけど。
様子を見るしかない!なんせ噂だからね!

では、また!次は、ヨーロッパGP!バレンシアですね!アロンソは、今期2回目の母国GPっスね!

頑張れ!アロンソ!
Posted at 2010/06/20 23:59:45 | コメント(1) | トラックバック(0) | F1 | クルマ

プロフィール

「第20戦アブダビGP決勝結果発表!(*ゝω・*)ノ http://cvw.jp/b/230228/40775829/
何シテル?   12/05 19:32
こんにちは、アンポン友樹です。よろしくです!F1が好きです。生まれつき進行性キンジストロフィーディシャンヌ型っていう病気で体が不自由です。あんまり、気にしてない...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2010/6 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   

リンク・クリップ

2013Formula1 Belgium Grand Prix 予選レポート 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/08/25 18:38:33
DANDYな車椅子Life  
カテゴリ:おもしろそうなブログ
2006/11/01 22:37:37
 
モヒカン日記 リローデット 
カテゴリ:おもしろそうなブログ
2006/11/01 22:33:41
 

愛車一覧

トヨタ アルファード トヨタ アルファード
いつも職場や出かけるところへ、俺を運んでくれる車です。本当は、色は、青が良かったのに・・ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.