• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

アンポン友樹のブログ一覧

2010年11月15日 イイね!

第19戦アブダビGP決勝レース



2010年F1第19戦アブダビGPが11月14日(日)、ヤス・マリーナ・サーキット(1周/5.554km)で3日目を迎え、現地時間17時(日本時間22時)から決勝が行われ、セバスチャン・ベッテル(レッドブル)が優勝、自身初となるドライバーズ選手権制覇を達成した。

チャンピオンが決定する決勝。1周目にミハエル・シューマッハ(メルセデスGP)などのクラッシュが発生し、セーフティカーが出動した。その後、レース序盤にマーク・ウェバー(レッドブル)がピットイン。これを受け、ウェバーとチャンピオンを争っているフェルナンド・アロンソ(フェラーリ)も、ウェバーの前の順位を確保するためにピットインした。

アロンソはウェバーの前を確保したものの、セーフティカー出動時に中団グループでピットインしていたクルマがあり、その中の数台がアロンソの前に出てしまった。その後、アロンソの前にいた全員がピットストップを終えた段階で、トップはポールポジションからスタートしたセバスチャン・ベッテル(レッドブル)。アロンソ7番手、ウェバー8番手となった。

結局、ポールからスタートしたベッテルが今季5勝目を記録。アロンソが7位、ウェバーは8位になり、ベッテルが史上最年少チャンピオンに輝いた。レッドブルは、コンストラクターズ選手権とドライバーズ選手権の2冠を達成したことになる。

ベッテルはレース直後、泣きながら「信じられない」と無線でチームに語った後、絶叫の雄叫びをあげていた。

2位から10位までの結果は次のとおり。

2位ルイス・ハミルトン(マクラーレン)、3位ジェンソン・バトン(マクラーレン)、4位ニコ・ロズベルグ(メルセデスGP)、5位ロバート・クビサ(ルノー)、6位ビタリー・ペトロフ(ルノー)、7位フェルナンド・アロンソ(フェラーリ)、8位マーク・ウェバー(レッドブル)、9位ハイメ・アルグエルスアリ(トロ・ロッソ)、10位フェリペ・マッサ(フェラーリ)までがポイントを獲得した。

小林可夢偉(ザウバー)は14位だった。

このレースのファステストラップは、ルイス・ハミルトン(マクラーレン)が47周目に記録した1分41秒274だった。

2010年のF1もこれで全戦が終了。しかし、F1が休むことはない。16日(火)からは、ヤス・マリーナ・サーキットで若手ドライバーテストが2日間、19日(金)からは来季のF1タイヤであるピレリタイヤを使用した初の合同テストが2日間行われる。

また、2011年のF1は、3月11日(金)にバーレーンで開幕する予定になっている。



1 S.ベッテル レッドブル 1:39:36.837

2 L.ハミルトン マクラーレン +10.1

3 J.バトン マクラーレン +11.0

4 N.ロズベルグ メルセデスGP +30.7

5 R.クビサ ルノー +39.0

6 V.ペトロフ ルノー +43.5

7 F.アロンソ フェラーリ +43.7

8 M.ウェバー レッドブル +44.2

9 J.アルグエルスアリ トロ・ロッソ +50.2

10 F.マッサ フェラーリ +50.8

11 N.ハイドフェルド BMWザウバー +51.5

12 R.バリチェロ ウィリアムズ +57.6

13 A.スーティル フォース・インディア +58.3

14 小林可夢偉  BMWザウバー +59.5

15 S.ブエミ トロ・ロッソ +1'03.1

16 N.ヒュルケンベルグ ウィリアムズ +1'04.7

17 H.コバライネン ロータス +1lap

18 L.ディ・グラッシ ヴァージン +2laps

19 B.セナ HRTF1 +2laps

20 C.クリエン HRTF1 +2laps

21 J.トゥルーリ ロータス +4laps

22 T.グロック ヴァージン +12laps

23 M.シューマッハ メルセデスGP +55laps

24 V.リウッツィ フォース・インディア +55laps




予選の時点じゃもうアロンソが取ったな~Orzってガッカリしていましたが・・・・

まさか、ウェーバーでもなくアロンソでもなくベッテルがタイトルを取るとは!!

驚きの結末ですよ~!!ベッテル、レーススタートからずっと独走してたもんな~

あんな圧倒的な速さで走れるんだからな!レッドブルは、全部のタイトル取ったね!コンストラクターズとドライバーズ、しかも、ベッテルは、最年少記録も更新!やったね!

ベッテルが優勝してもタイトル取れたであろうアロンソは、チームのミスで取り逃したようなものだよね。

チームが、ウェーバーを見すぎてしまって守りに行ってしまったからダメだったんだろうな。勝つことを目指してベッテルを追いかけていればよかったのに~

しかし、レース後にアロンソ、ペトロフに抗議みたいなことしてたけど、文句言うなら自分のチームの人に言った方がいいんじゃない?ペトロフは、周回遅れじゃなかったし、アロンソのために順位譲る必要ないんだし。なんか小さいな・・・・って思ってしまった。

とりあえず!レッドブルのドライバーが勝ってよかった~!来季もこの調子でいけるといいね!

なんかあっという間にシーズンが終わってしまったな~

終わってすぐにピレリタイヤのテスト、KERSの開発とか、一週間後には、もう来シーズンに向けて動きだすんだよな

約四ヶ月後には、開幕戦だからな~意外とF1のシーズンオフは、短いから忙しくて大変だろうな~


最後に


ベッテルおめでとう!!


Posted at 2010/11/20 16:25:06 | コメント(1) | トラックバック(0) | F1 | クルマ
2010年11月14日 イイね!

第19戦アブダビGP予選セッション



2010年F1第19戦アブダビGPが11月13日(土)、ヤス・マリーナ・サーキット(1周/5.554km)で2日目を迎え、現地時間17時(日本時間22時)からQ1、Q2、Q3、3つのセッションでなる公式予選が行われ、セバスチャン・ベッテル(レッドブル)がポールポジションを獲得した。

チャンピオンが決定する明日の決勝に向け、今シーズンで最も重要になる予選。チャンピオン争いを繰り広げるドライバーがQ1からトップの座を奪い合い、白熱した戦いになった。

Q2では、今シーズン安定した速さを見せてきたロバート・クビサ(ルノー)が脱落するという波乱も。そして迎えたQ3、今シーズン最も多くのポールポジションを獲得してきたセバスチャン・ベッテル(レッドブル)が最速タイムを記録。今シーズン10回目となるポールポジション獲得を果たした。

2位から10位までの結果は次のとおり。

2位ルイス・ハミルトン(マクラーレン)、3位フェルナンド・アロンソ(フェラーリ)、4位ジェンソン・バトン(マクラーレン)、5位マーク・ウェバー(レッドブル)、6位フェリペ・マッサ(フェラーリ)、7位ルーベンス・バリチェロ(ウィリアムズ)、8位ミハエル・シューマッハ(メルセデスGP)、9位ニコ・ロズベルグ(メルセデスGP)、10位ビタリー・ペトロフ(ルノー)。

小林可夢偉(ザウバー)は12位だった。

アブダビGP決勝は明日14日(日)、現地時間17時(日本時間22時)から始まる。



1 S.ベッテル レッドブル 1'39"394

2 L.ハミルトン マクラーレン 1'39"425

3 F.アロンソ フェラーリ 1'39"792

4 J.バトン マクラーレン 1'39"823

5 M.ウェバー レッドブル 1'39"925

6 F.マッサ フェラーリ 1'40"202

7 R.バリチェロ ウィリアムズ 1'40"203

8 M.シューマッハ メルセデスGP 1'40"516

9 N.ロズベルグ メルセデスGP 1'40"589

10 V.ペトロフ ルノー 1'40"901

11 R.クビサ ルノー 1'40"780

12 小林可夢偉  BMWザウバー 1'40"783

13 A.スーティル フォース・インディア 1'40"914

14 N.ハイドフェルド BMWザウバー 1'41"113

15 N.ヒュルケンベルグ ウィリアムズ 1'41"418

16 V.リウッツィ フォース・インディア 1'41"642

17 J.アルグエルスアリ トロ・ロッソ 1'41"738

18 S.ブエミ トロ・ロッソ 1'41"824

19 J.トゥルーリ ロータス 1'43"516

20 H.コバライネン ロータス 1'43"712

21 T.グロック ヴァージン 1'44"095

22 L.ディ・グラッシ ヴァージン 1'44"510

23 B.セナ HRTF1 1'45"085

24 C.クリエン HRTF1 1'45"296




は~、もうチャンピオンは、アロンソですね・・・・てか、ウェーバーQ3ダメダメじゃん(汗)

かなり大変だなウェーバーは、だってバトン抜いて、アロンソ抜いて、ハミルトン、ベッテルまで抜かないといけないんだから。コレで優勝したら凄いけど。ベッテルのペースみたら無理だな~って思うし。

アロンソは、めちゃめちゃ余裕で走れるよな。フェラーリの終盤の追い上げは、凄すぎるわ~
コレで、アロンソでなくライコネンだったら、もう大喜びなんだけどな~

昨日の予選は、きちんと見れてないからあんまり感想がない~

今年応援しているウェーバーが5番手だったからがっかりしたくらいしかないです。

たぶん、今日の楽しみは、12番手の小林可夢偉がどこまで上がってくるかかな。

泣いても笑っても今日が今シーズン最後のレースですね!

Posted at 2010/11/14 19:30:53 | コメント(0) | トラックバック(0) | F1 | クルマ
2010年11月10日 イイね!

第18戦ブラジルGP決勝レース




2010年F1第18戦ブラジルGPが11月7日(日)、インテルラゴス・サーキット(1周/4.309km)で3日目を迎え、現地時間14時(日本時間25時)から決勝が行われ、セバスチャン・ベッテル(レッドブル)が優勝した。

レース開始時の天候は晴れ、気温24℃、路面温度は50℃。ポールポジションからスタートしたニコ・ヒュルケンベルグ(ウィリアムズ)は1周目に3番手まで後退。一方、セバスチャン・ベッテル(レッドブル)がトップ、チームメートのマーク・ウェバーが2番手でレッドブルが1-2体制を築いた。

その後、レースはこう着状態で進んだがレース終盤にビタントニオ・リウッツィ(フォース・インディア)がクラッシュしたためセーフティカー導入。しかし、レース再開直後にベッテルはウェバーとの差を一気に広げ、リードをたもったまま優勝。ウェバーが2位に入り、レッドブルの1-2となった。

また、今回はアロンソのチャンピオンが確定する可能性もあったが、結局このレースでは決定せず。最終戦となる次戦アブダビGPでF1チャンピオンが決定することになる。しかし、レッドブルがコンストラクターズ選手権制覇を確定させている。

3位から10位までの結果は次のとおり。

3位フェルナンド・アロンソ(フェラーリ)、4位ルイス・ハミルトン(マクラーレン)、5位ジェンソン・バトン(マクラーレン)、6位ニコ・ロズベルグ(メルセデスGP)、7位ミハエル・シューマッハ(メルセデスGP)、8位ニコ・ヒュルケンベルグ(ウィリアムズ)、9位ロバート・クビサ(ルノー)、10位小林可夢偉(ザウバー)。

2010年のF1も、次のアブダビGPでいよいよ最終戦となる。今シーズン最後の戦いとなるアブダビGPは、11月12日(金)現地時間13時(日本時間18時)に開幕。決勝は14日(日)現地時間17時(日本時間22時)にスタートする。


1 S.ベッテル レッドブル 33:11.8

2 M.ウェバー レッドブル 4.2

3 F.アロンソ フェラーリ 6.8

4 L.ハミルトン マクラーレン 14.6

5 J.バトン マクラーレン 15.5

6 N.ロズベルグ メルセデスGP 35.3

7 M.シューマッハ メルセデスGP 43.4

8 N.ヒュルケンベルグ ウィリアムズ +1Lap

9 R.クビサ ルノー +1Lap

10 小林可夢偉  BMWザウバー +1Lap

11 J.アルグエルスアリ トロ・ロッソ +1Lap

12 A.スーティル フォース・インディア +1Lap

13 S.ブエミ トロ・ロッソ +1Lap

14 R.バリチェロ ウィリアムズ +1Lap

15 F.マッサ フェラーリ +1Lap

16 V.ペトロフ ルノー +1Lap

17 N.ハイドフェルド BMWザウバー +1Lap

18 H.コバライネン ロータス +2Laps

19 J.トゥルーリ ロータス +2Laps

20 T.グロック ヴァージン +2Laps

21 B.セナ HRTF1 +2Laps

22 C.クリエン HRTF1 +6Laps

23 L.ディ・グラッシ ヴァージン +9Laps

24 V.リウッツィ フォース・インディア +22Laps




ヒュルケンベルグは、スタートしてすぐにベッテルとウェーバーにパスされたけど、アロンソを4周弱くらい抑えてて頑張ってたよな~、ミスってなかったらもう何周か抑えれただろうな~。しかし、ヒュルケンベルグは、1コーナーの入り方うまかった~。ブロックが良かったし。

レースは、あんまりトラブル少なくて動きなくて、スタートからレッドブル独走状態・・・・・ヒュルケンベルグ渋滞でアロンソがヒュルケンベルグを抜いたときには、レッドブルとの差が広がっちゃってもう追いつけそうにないし、アロンソは、無理にレッドブルを追う必要もないからマイペースに走ってた感じっだね。
アロンソは、ポイントリーダーである程度余裕があるから3位くらいでフィニッシュできればOKな感じですからね。もはや、流れは、フェラーリって雰囲気・・・・レッドブル今年も後一歩のところで別の人にチャンピオン取られちゃうかな。危ういよねこの状況・・・・・普通この辺まで来たらタイトル取れる確立高いウェーバーを押すのがいいと思うのに、なぜかベッテルが調子いい
なんかコンストラクターズタイトルが取れればいいのかな?って思ってしまう。(そんなことないと思うけど)まあ、次でウェーバー勝たせなかったら、馬鹿すぎるよな・・・・・タイトル取れたのに取れないとか
最終戦は、ウェーバーがトップでチェッカーを受けることを祈ります!

ここで18戦現在のタイトルを争っている4人のポイントを並べてみたいと思います!

アロンソが246ポイント

ウェーバーが238ポイント

ベッテルが231ポイント

ハミルトンが222ポイント

自分が今年応援しているのは、レッドブルのウェーバーなのでウェーバーを中心に考えます~

確かウェーバーが優勝したとすると、アロンソは、2位に入らなければいけなくなるので、ベッテルが2位フィニッシュさえしてくれればなにもかもがOK。しかし、セブがウェーバーを助けるのかが疑わしい・・・・タイトル取りたいだろうし、若いから・・・・・

もし仮にウェーバーが2位だったなら、アロンソは、5位以内でフィニッシュすればタイトルを得られることになってしまいアロンソがとっても楽にタイトルを持っていってしまいます!(これは、一番嫌なシーズンの終わり方)

なんていうんだろう、二人とも同じくらいの余裕がある感じポイント的にはね・・・・・

ぶっちゃけ、結果的にアロンソでもウェーバーでも俺は、かまわないです!ただ、タイトルを取るならアロンソは、優勝して取って欲しいです!アンパイでワールドチャンピオンは、カッコ悪いかな~って思うもので(汗)

最終戦は、本気の戦いが見れると凄い嬉しいですね!!

今週末のアブダビGPで今シーズンも終わりですね~早いですよね~去年の今頃は、ライコネンがF1続けられることを願っていたな~そういえば

結局、復帰しないのかな~

あ!小林可夢偉また10位入賞でポイント入りましたね!1年目だけど凄い活躍してくれてTVで見ていて応援しがいある走り見せてくれてますよね!最終戦でもいい結果が残せるといいですよね!

ガンバレ可夢偉!!負けるな可夢偉!!

Posted at 2010/11/10 21:18:07 | コメント(1) | トラックバック(0) | F1 | クルマ
2010年11月07日 イイね!

第18戦ブラジルGP予選セッション



2010年F1第18戦ブラジルGPが11月6日(土)、インテルラゴス・サーキット(1周/4.309km)で2日目を迎え、現地時間14時(日本時間25時)からQ1、Q2、Q3、3つのセッションでなる公式予選が行われ、ニコ・ヒュルケンベルグ(ウィリアムズ)がポールポジションを獲得した。

セッション開始時の天候は曇り、気温19℃、路面温度は24℃。Q1はセッション中に雨が予想されたため、全車が一斉にコースイン。コース上が非常に混雑する中、小林可夢偉(ザウバー)が5番手になっていた。その後のQ2では、チャンピオン争いを繰り広げているジェンソン・バトン(マクラーレン)が脱落。可夢偉らザウバー勢もここで脱落となった。

Q3では、セッション後半に各車がドライタイヤへ交換すると、セッション終了直前にトップタイムの更新が続く白熱の展開に。そんな中、トップタイムを記録したのはニコ・ヒュルケンベルグ(ウィリアムズ)。ルーキーのヒュルケンベルグが、非常に難しいコンディションの中で自身初のポールポジションを獲得した。

2位から10位までの結果は次のとおり。

2位セバスチャン・ベッテル(レッドブル)、3位マーク・ウェバー(レッドブル)、4位ルイス・ハミルトン(マクラーレン)、5位フェルナンド・アロンソ(フェラーリ)、6位ルーベンス・バリチェロ(ウィリアムズ)、7位ロバート・クビサ(ルノー)、8位ミハエル・シューマッハ(メルセデスGP)、9位フェリペ・マッサ(フェラーリ)、10位ビタリー・ペトロフ(ルノー)。

小林可夢偉(ザウバー)は12位だった。

ブラジルGP決勝は7日(日)、現地時間14時(日本時間25時)から行われる。



1 N.ヒュルケンベルグ ウィリアムズ 1'14"470

2 S.ベッテル レッドブル 1'15"519

3 M.ウェバー レッドブル 1'15"637

4 L.ハミルトン マクラーレン 1'15"747

5 F.アロンソ フェラーリ 1'15"989

6 R.バリチェロ ウィリアムズ 1'16"203

7 R.クビサ ルノー 1'16"552

8 M.シューマッハ メルセデスGP 1'16"925

9 F.マッサ フェラーリ 1'17"101

10 V.ペトロフ ルノー 1'17"656

11 J.バトン マクラーレン 1'19"288

12 小林可夢偉  BMWザウバー 1'19"385

13 N.ロズベルグ メルセデスGP 1'19"486

14 J.アルグエルスアリ トロ・ロッソ 1'19"581

15 S.ブエミ トロ・ロッソ 1'19"847

16 N.ハイドフェルド BMWザウバー 1'19"899

17 V.リウッツィ フォース・インディア 1'20"357

18 A.スーティル フォース・インディア 1'20"830

19 T.グロック ヴァージン 1'22"130

20 J.トゥルーリ ロータス 1'22"250

21 H.コバライネン ロータス 1'22"378

22 L.ディ・グラッシ ヴァージン 1'22"810

23 C.クリエン HRTF1 1'23"083

24 B.セナ HRTF1 1'23"796




昨日の予選は、面白すぎるくらいに接戦でした~!全体ベストの出しあいで、ウェバーがベストだせば、ベッテルが来て、アロンソが、そしてハミルトンが塗り替える!!Q2からほとんどそれが続いていて、その中にいつもと違うメンバーが一人!ウィリアムズのヒュルケンベルグがQ3の後半から好タイムを刻みまくっていて、レッドブルや、フェラーリが出していない1分14秒台を出してるから驚いた!!
結局、そのあと終わりまでヒュルケンベルグのタイムを超えるドライバーは、いなくてポールポジションを獲得していました!最後のタイムアタックでもヒュルケンベルグは、全体のベストを出すくらいの調子の良さ・・・・ウィリアムズがここまで頑張れるなんて!
決勝では、どうなるか分からないけど。
面白い展開が期待できそうで楽しみで仕方がないですね!タイトル争いも激化するはずだし、ウェーバーや、ベッテルには、絶対に負けられないレースのはずだから!アロンソが5位だし、ウェーバーは、スタートでベッテルより前に出れればタイトル獲得が近くなるはず!ウェーバーは、このレースが正念場だよ~!!


Posted at 2010/11/07 22:00:05 | コメント(0) | トラックバック(0) | F1 | クルマ

プロフィール

「第20戦アブダビGP決勝結果発表!(*ゝω・*)ノ http://cvw.jp/b/230228/40775829/
何シテル?   12/05 19:32
こんにちは、アンポン友樹です。よろしくです!F1が好きです。生まれつき進行性キンジストロフィーディシャンヌ型っていう病気で体が不自由です。あんまり、気にしてない...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2010/11 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    

リンク・クリップ

2013Formula1 Belgium Grand Prix 予選レポート 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/08/25 18:38:33
DANDYな車椅子Life  
カテゴリ:おもしろそうなブログ
2006/11/01 22:37:37
 
モヒカン日記 リローデット 
カテゴリ:おもしろそうなブログ
2006/11/01 22:33:41
 

愛車一覧

トヨタ アルファード トヨタ アルファード
いつも職場や出かけるところへ、俺を運んでくれる車です。本当は、色は、青が良かったのに・・ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.