• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

アンポン友樹のブログ一覧

2011年06月30日 イイね!

Rd.8 ヨーロッパGP決勝結果



2011年F1第8戦ヨーロッパGP決勝が、6月26日(日)の現地時間14時(日本時間21時)からバレンシア市街地サーキット(1周/5.419km)で行われ、セバスチャン・ベッテル(レッドブル)が他を寄せ付けない圧倒的な強さで優勝。小林可夢偉(ザウバー)は16位になり、連続入賞が途切れてしまった。

前戦カナダGPでは、ポールポジションからスタートし、終始レースをリードしたものの、攻めるべきときに攻めなかったことで最終周に抜かれて勝利を逃したベッテル。今回もポールポジションからスタートしたが、要所要所でペースアップして後続との差を広げ、2番手以降のドライバーを寄せ付けない圧倒的な強さで優勝。今季6勝目を記録した。

可夢偉は、スタート直後に1つ順位を上げたものの、その後は中団グループから抜け出すことができず。最終的には16位でゴールし、第2戦マレーシアGPから続いた連続入賞がここで途切れることとなった。

2位から10位までの結果は次のとおり。

2位フェルナンド・アロンソ(フェラーリ)、3位マーク・ウェバー(レッドブル)、4位ルイス・ハミルトン(マクラーレン)、5位フェリペ・マッサ(フェラーリ)、6位ジェンソン・バトン(マクラーレン)、7位ニコ・ロズベルグ(メルセデスGP)、8位ハイメ・アルグエルスアリ(トロ・ロッソ)、9位エイドリアン・スーティル(フォース・インディア)、10ニック・ハイドフェルド(ロータス・ルノーGP)までが入賞してポイントを獲得した。

このレースのファステストラップは、セバスチャン・ベッテル(レッドブル)が53周目に記録した1分41秒852だった。

ヨーロッパに戦いの場を移したF1は、次戦の舞台イギリスへ移動する。2011年F1第9戦イギリスGPは、7月8日(金)現地時間9時(日本時間17時)に開幕。決勝は7月10日(日)現地時間13時(日本時間21時)にスタートする。




1 S.ベッテル レッドブル 1:39:36.169

2 F.アロンソ フェラーリ +10.8

3 M.ウェバー レッドブル +27.2

4 L.ハミルトン マクラーレン +46.1

5 F.マッサ フェラーリ +51.7

6 J.バトン マクラーレン +1:00.0

7 N.ロズベルグ メルセデスGP +1:38.0

8 J.アルグエルスアリ トロ・ロッソ 1lap

9 A.スーティル フォース・インディア 1lap

10 N.ハイドフェルド ロータス・ルノーGP 1lap

11 S.ペレス ザウバー 1lap

12 R.バリチェロ ウィリアムズ 1lap

13 S.ブエミ トロ・ロッソ 1lap

14 P.ディ・レスタ フォース・インディア 1lap

15 V.ペトロフ ロータス・ルノーGP 1lap

16 小林可夢偉 ザウバー 1lap

17 M.シューマッハ メルセデスGP 1lap

18 P.マルドナード ウィリアムズ 1lap

19 H.コバライネン チーム・ロータス 2lap(s)

20 J.トゥルーリ チーム・ロータス 2lap(s)

21 T.グロック ヴァージン 2lap(s)

22 J.ダンブロシオ ヴァージン 2lap(s)

23 V.リウッツィ HRT 3lap(s)

24 N.カーティケヤン HRT 3lap(s)



ヨーロッパGPは、カナダみたいな大きい動きのあるレースじゃなかったのが残念。最初から最後までベッテルが独走状態だし、そんな中でレッドブルの1-2フィニッシュを防いだアロンソは、よく頑張っていたなって思った。母国GPだからなおさらだよな。



なんか、マクラーレンは、あんまり活躍できてなかったな~、カナダで速かったバトンも調子出てないし、頑張ってハミルトンが4位でしょ。フェラーリが速いとこだとマクラーレンが遅いってこと多い気がする。



可夢偉は、連続入賞記録が止まっちゃったよ・・・・マシンのセッティングもうまくいかなかったみたいだし、チームも作戦をミスったみたい・・・・ここのところの活躍は、凄かっただけに残念。
次のレースで雪辱晴らしてくれることを願います!がんばれ可夢偉!!



シルバーストンからルール変わるみたいだけど、それがあってもレッドブルは、速そうだなって感じだな~

本当あの速さは、なんなんだろう・・・・セブは、2代目シューマッハになっちゃうのかな~


Posted at 2011/06/30 19:17:24 | コメント(1) | トラックバック(0) | F1 | クルマ
2011年06月26日 イイね!

Rd.8 ヨーロッパGP予選結果



2011年F1第8戦ヨーロッパGP予選が、6月25日(土)の現地時間14時(日本時間21時)からバレンシア市街地サーキット(1周/5.419km)で行われ、2番手に大差をつけてセバスチャン・ベッテル(レッドブル)がポールポジションを獲得。小林可夢偉(ザウバー)は、14番手になった。

今回のレースから、予選と決勝の間にエンジンの設定を変更することが禁止になり、これが今季全レースでポールポジションを獲得してきたレッドブルに大きな影響を与えるのではないかと注目されていた。しかし、予選が始まってみるとセバスチャン・ベッテル(レッドブル)が相変わらず圧倒的な速さを披露。2番手にコンマ4秒もの大差をつけたベッテルが、今季7度目のポールポジションを獲得した。

2番手から10番手までの結果は次のとおり。

2番手マーク・ウェバー(レッドブル)、3番手ルイス・ハミルトン(マクラーレン)、4番手フェルナンド・アロンソ(フェラーリ)、5番手フェリペ・マッサ(フェラーリ)、6番手ジェンソン・バトン(マクラーレン)、7番手ニコ・ロズベルグ(メルセデスGP)、8番手ミハエル・シューマッハ(メルセデスGP)、9番手ニック・ハイドフェルド(ロータス・ルノーGP)、10番手エイドリアン・スーティル(フォース・インディア)。

小林可夢偉(ザウバー)は14番手になった。

ヨーロッパGP決勝は明日26日(日)、現地時間14時(日本時間21時)から行われる。



1 S.ベッテル レッドブル 1:36.975

2 M.ウェバー レッドブル 1:37.163

3 L.ハミルトン マクラーレン 1:37.380

4 F.アロンソ フェラーリ 1:37.454

5 F.マッサ フェラーリ 1:37.535

6 J.バトン マクラーレン 1:37.645

7 N.ロズベルグ メルセデスGP 1:38.231

8 M.シューマッハ メルセデスGP 1:38.240

9 N.ハイドフェルド ロータス・ルノーGP 0:00.000

10 A.スーティル フォース・インディア 0:00.000

11 V.ペトロフ ロータス・ルノーGP 1:39.068

12 P.ディ・レスタ フォース・インディア 1:39.422

13 R.バリチェロ ウィリアムズ 1:39.489

14 小林可夢偉 ザウバー 1:39.525

15 P.マルドナード ウィリアムズ 1:39.645

16 S.ペレス ザウバー 1:39.657

17 S.ブエミ トロ・ロッソ 1:39.711

18 J.アルグエルスアリ トロ・ロッソ 1:40.232

19 H.コバライネン チーム・ロータス 1:41.664

20 J.トゥルーリ チーム・ロータス 1:42.234

21 T.グロック ヴァージン 1:42.553

22 V.リウッツィ HRT 1:43.584

23 J.ダンブロシオ ヴァージン 1:43.735

24 N.カーティケヤン HRT 1:44.363




レッドブルがフロントロー独占してて、後ろにハミルトンか~。アロンソとマッサがそこに続いてて、バトン。

スタートで誰が前に来るかが気になるね。意外な人が前に出てきたりしてね。

可夢偉は、マシンの調子あまり良くないみたいだけど、ロックアップしてるところ多かったし。
でも、いつもそういう時でも入賞してくれるはずだから頑張って欲しいところです。

もうすぐ、CSでレース始まっちゃうので終わります。

Posted at 2011/06/26 20:56:25 | コメント(0) | トラックバック(0) | F1 | クルマ
2011年06月14日 イイね!

Rd.7カナダGP決勝結果



2011年F1第7戦カナダGP決勝が、6月12日(日)の現地時間13時(日本時間26時)から、ジル・ビルヌーブ・サーキット(1周/4.361km)で行われ、ジェンソン・バトン(マクラーレン)が最終ラップで逆転という劇的な優勝を果たした。小林可夢偉(ザウバー)は、13番手から一時は2番手まで追い上げ、最終的には7位入賞を達成した。

豪雨による約2時間のレース中断や、後続でのクラッシュ、そして度重なるセーフティカー導入など、混乱したレース展開になったものの、ポールポジションからスタートしたセバスチャン・ベッテル(レッドブル)は終始落ち着いた走りを見せた。しかし、レース終盤に圧倒的な速さでジェンソン・バトン(マクラーレン)が追い上げると、最終ラップにベッテルがスピン。これでバトンがベッテルを抜き、バトンが土壇場での逆転優勝を果たした。

小林可夢偉(ザウバー)は、13番手からスタートしたものの、序盤の混乱をうまく切り抜けて2番手まで浮上。レース中盤にはフェラーリなどの猛追をかわしていたものの、レース終盤に順位を落としてしまう。最終的にはフェリペ・マッサ(フェラーリ)と横並びの状態でゴールしたが、DRS(空気抵抗低減システム/可変リアウイング)を使ったマッサにわずかな差で抜かれ、結局は7位に。しかし、第2戦マレーシアGP以来、6戦連続となる入賞を果たし、ポイントを獲得した。

なお、バトンはレース中に接触をしており、レース後、審判役のスチュワードがバトンの関連した接触事故を審議することになっている。

2位から10位までの結果は次のとおり。

2位セバスチャン・ベッテル(レッドブル)、3位マーク・ウェバー(レッドブル)、4位ミハエル・シューマッハ(メルセデスGP)、5位ビタリー・ペトロフ(ロータス・ルノーGP)、6位フェリペ・マッサ(フェラーリ)、7位小林可夢偉(ザウバー)、8位ハイメ・アルグエルスアリ(トロ・ロッソ)、9位ルーベンス・バリチェロ(ウィリアムズ)、10位セバスチャン・ブエミ(トロ・ロッソ)。

このレースのファステストラップは、ジェンソン・バトン(マクラーレン)が69周目に記録した1分16秒956だった。





1 J.バトン マクラーレン 4:04:39.537

2 S.ベッテル レッドブル +2.7

3 M.ウェバー レッドブル +13.8

4 M.シューマッハ メルセデスGP +14.2

5 V.ペトロフ ロータス・ルノーGP +20.3

6 F.マッサ フェラーリ +33.2

7 小林可夢偉 ザウバー +33.2

8 J.アルグエルスアリ トロ・ロッソ +35.9

9 R.バリチェロ ウィリアムズ +45.1

10 S.ブエミ トロ・ロッソ +47.0

11 N.ロズベルグ メルセデスGP +50.4

12 P.デ・ラ・ロサ ザウバー +1:03.6

13 V.リウッツィ HRT 1lap

14 J.ダンブロシオ ヴァージン 1lap

15 T.グロック ヴァージン 1lap

16 J.トゥルーリ チーム・ロータス 1lap

17 N.カーティケヤン HRT 1lap

18 P.ディ・レスタ フォース・インディア 3lap(s)

19 P.マルドナード ウィリアムズ 9lap(s)

20 N.ハイドフェルド ロータス・ルノーGP 15lap(s)

21 A.スーティル フォース・インディア 21lap(s)

22 F.アロンソ フェラーリ 34lap(s)

23 H.コバライネン チーム・ロータス 42lap(s)

24 L.ハミルトン マクラーレン 63lap(s)



<注>14位でゴールしたN.カーティケヤン(ヒスパニア・レーシング)はレース後、コーナーをショートカットしてアドバンテージを得ていたとして、20秒加算のペナルティーを課された。



今年のカナダは、雨が降ったから凄い大荒れ!!
凄いのは、小林可夢偉がアロンソやハミルトンより前、マッサを抑えて、ベッテルの後ろを走っていたこと。最終的には、7位入賞なのが残念・・・・リスタートの後、ずっと小雨でウェットコンディションのままだったら可夢偉2位もしくは、日本人初優勝もありえたかもなって思う。ザウバーのマシンでマッサを抑えるのなんて、これマジで青いとこ行けるんじゃないか?



さらには、久々にミハエルが攻めて走ってた。可夢偉とマッサをうまく抜いて、2位に躍り出たりとか、終盤のウェーバーとの2位争いが激しかったー。ミハエルは、うまく抑えてたけど、レッドブルはKERSとDRSの効果が強いから、どうしてもメルセデスは、負けちゃうんだよな。路面が乾いちゃうと勝ち目がないからやっぱり。可夢偉もそうだよな。結果的に4位だけどミハエル、優勝期待できる追い上げだったな。惜しい・・・



一番すごいのは、マシン接触したり、パンクしたり、ドライブスルーくらったりしているというのに、優勝しちったバトンだよな。一時、最下位だったのに気が付いたら4位にいて、ミハエルとウェーバーをパスして、ベッテル追いかけてたらファイナルラップでベッテル、スピンするって奇跡起きちゃってさ。ああ、もう無理ー、またベッテル優勝かー詰まんないのっ思ってたらこんな感じの結果だなんて、どんでん返しが半端ないよ。



カナダは、雨のおかげで、本当のドライバーズレースになって久しぶりに大荒れでワクワクするレースだった。やっぱDRSゾーン二箇所だったのも良かったんだよな。
フジテレビは、生放送してたけど、可夢偉が活躍するの見越してたのかな?


そういえば、民放だと途中で終わったけど・・・・・CSじゃ朝の6時までやってたんだよね。

1時50分からだったから、5時間!!半端ねぇなコレ。



Posted at 2011/06/14 20:16:54 | コメント(1) | トラックバック(0) | F1 | クルマ
2011年06月12日 イイね!

Rd.7カナダGP予選結果



2011年F1第7戦カナダGP予選が、6月11日(土)の現地時間13時(日本時間26時)から、ジル・ビルヌーブ・サーキット(1周/4.361km)で行われ、セバスチャン・ベッテル(レッドブル)がポールポジションを獲得。小林可夢偉(ザウバー)は、13番手だった。

雨の心配もあった予選。これまでのフリー走行に比べると空が暗くなっていたものの、予選中に雨が落ちることはなかった。小林可夢偉(ザウバー)がトップ10で戦われる予選Q3への進出を逃す中、今回の予選でもセバスチャン・ベッテル(レッドブル)が別格の速さを見せ付けた。

ベッテルは、2番手に約コンマ4秒の差をつけてポールポジション獲得。ベッテルにとっては、今シーズン6回目のポール獲得となった。

2番手から10番手までの結果は次のとおり。

2番手フェルナンド・アロンソ(フェラーリ)、3番手フェリペ・マッサ(フェラーリ)、4番手マーク・ウェバー(レッドブル)、5番手ルイス・ハミルトン(マクラーレン)、6番手ニコ・ロズベルグ(メルセデスGP)、7番手ジェンソン・バトン(マクラーレン)、8番手ミハエル・シューマッハ(メルセデスGP)、9番手ニック・ハイドフェルド(ロータス・ルノーGP)、10番手ビタリー・ペトロフ(ロータス・ルノーGP)。

小林可夢偉(ザウバー)は13番手だった。







1 S.ベッテル レッドブル 1:13.014

2 F.アロンソ フェラーリ 1:13.199

3 F.マッサ フェラーリ 1:13.217

4 M.ウェバー レッドブル 1:13.429

5 L.ハミルトン マクラーレン 1:13.565

6 N.ロズベルグ メルセデスGP 1:13.814

7 J.バトン マクラーレン 1:13.838

8 M.シューマッハ メルセデスGP 1:13.864

9 N.ハイドフェルド ロータス・ルノーGP 1:14.062

10 V.ペトロフ ロータス・ルノーGP 1:14.085

11 P.ディ・レスタ フォース・インディア 1:14.752

12 P.マルドナード ウィリアムズ 1:15.043

13 小林可夢偉 ザウバー 1:15.285

14 A.スーティル フォース・インディア 1:15.287

15 S.ブエミ トロ・ロッソ 1:15.334

16 R.バリチェロ ウィリアムズ 1:15.361

17 P.デ・ラ・ロサ ザウバー 1:15.587

18 J.アルグエルスアリ トロ・ロッソ 1:16.294

19 J.トゥルーリ チーム・ロータス 1:16.745

20 H.コバライネン チーム・ロータス 1:16.786

21 V.リウッツィ HRT 1:18.424

22 T.グロック ヴァージン 1:18.537

23 N.カーティケヤン HRT 1:18.574

24 J.ダンブロシオ ヴァージン 1:19.414





相変わらず、ベッテルは、速いね~またポールポジション。こんなに速いと日本GPやる前にチャンピオン決まっちゃいそう(汗)



しかし、マッサが上位に来るなんて、最近じゃ珍しい。ここのところ、アロンソは、表立って活躍してるけど。マッサ活躍できてないから頑張って欲しいな。



おかしいのは、マクラーレンだよな・・・ハミルトン5番手でバトン7番手
ハミルトンは、そんなに悪くないけど。バトンは、ニコの後ろだからスタートですぐ前に出れないと辛いかもな。
でも、いつもどうりレッドブル、マクラーレン、フェラーリの戦いだよな。ベッテルは、失うものがあるけど、アロンソ達はには、失うものないから思う存分に攻めまくって欲しいわー。



ザウバーは、マシンのセッティング゛うまくいってないみたいだったな。シケイン出口で滑ったり、チャンピオンズ・ウォールにぶつかりそうになってたし。可夢偉も代役のデ・ラ・ロサもQ2までしかいけなかったし。なんとか、ポイント獲得して欲しいな。

せっかく、生放送だと言うのに時間遅すぎるからリアルタイムで見れないからな・・・・残念だ。
また、勝つのベッテルなんだろうなー。

Posted at 2011/06/12 20:55:49 | コメント(1) | トラックバック(0) | F1 | クルマ

プロフィール

「第20戦アブダビGP決勝結果発表!(*ゝω・*)ノ http://cvw.jp/b/230228/40775829/
何シテル?   12/05 19:32
こんにちは、アンポン友樹です。よろしくです!F1が好きです。生まれつき進行性キンジストロフィーディシャンヌ型っていう病気で体が不自由です。あんまり、気にしてない...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2011/6 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

リンク・クリップ

2013Formula1 Belgium Grand Prix 予選レポート 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/08/25 18:38:33
DANDYな車椅子Life  
カテゴリ:おもしろそうなブログ
2006/11/01 22:37:37
 
モヒカン日記 リローデット 
カテゴリ:おもしろそうなブログ
2006/11/01 22:33:41
 

愛車一覧

トヨタ アルファード トヨタ アルファード
いつも職場や出かけるところへ、俺を運んでくれる車です。本当は、色は、青が良かったのに・・ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.