• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

アンポン友樹のブログ一覧

2011年10月20日 イイね!

Rd.16 韓国GP

予選


2011年F1第16戦韓国GP予選が、10月15日(土)現地時間14時(時差なし)から韓国インターナショナル・サーキット(1周/5.615km)で行われ、ルイス・ハミルトン(マクラーレン)がポールポジション。小林可夢偉(ザウバー)は14番手になった。

フリー走行では、マクラーレン勢が速さを見せた状態で迎えた予選、やはりマクラーレン勢が速かった。3セッションに分かれた予選の序盤2セッションでルイス・ハミルトン(マクラーレン)がトップタイムを記録すると、最終セッションでもハミルトンがトップタイムを記録してポールポジションを獲得。今季初めてレッドブル勢がポールジションを逃す結果となった。

2番手から10番手までの結果は次のとおり。

2番手セバスチャン・ベッテル(レッドブル)、3番手ジェンソン・バトン(マクラーレン)、4番手マーク・ウェバー(レッドブル)、5番手フェリペ・マッサ(フェラーリ)、6番手フェルナンド・アロンソ(フェラーリ)、7番手ニコ・ロズベルグ(メルセデスGP)、8番手ビタリー・ペトロフ(ロータス・ルノーGP)、9番手ポール・ディ・レスタ(フォース・インディア)、10番手エイドリアン・スーティル(フォース・インディア)。

小林可夢偉(ザウバー)は、チームメートを上回る14番手になった。






1 L.ハミルトン マクラーレン 1:35.820

2 S.ベッテル レッドブル 1:36.042

3 J.バトン マクラーレン 1:36.126

4 M.ウェバー レッドブル 1:36.468

5 F.マッサ フェラーリ 1:36.831

6 F.アロンソ フェラーリ 1:36.980

7 N.ロズベルグ メルセデスGP 1:37.754

8 V.ペトロフ ロータス・ルノーGP 1:38.124

9 P.ディ・レスタ フォース・インディア 0:00.000

10 A.スーティル フォース・インディア 0:00.000

11 J.アルグエルスアリ トロ・ロッソ 1:38.315

12 M.シューマッハ メルセデスGP 1:38.354

13 S.ブエミ トロ・ロッソ 1:38.508

14 小林可夢偉 ザウバー 1:38.775

15 B.セナ ロータス・ルノーGP 1:38.791

16 P.マルドナード ウィリアムズ 1:39.189

17 S.ペレス ザウバー 1:39.443

18 R.バリチェロ ウィリアムズ 1:39.538

19 H.コバライネン チーム・ロータス 1:40.522

20 J.トゥルーリ チーム・ロータス 1:41.101

21 T.グロック ヴァージン 1:42.091

22 J.ダンブロシオ ヴァージン 1:43.483

23 V.リウッツィ HRT 1:43.758

24 D.リチャルド HRT 0:00.000






韓国のポールは、マクラーレンのハミルトン!マクラーレンにとって今期初ポール獲得になる訳です。
惜しくも、マクラーレンのフロントロー独占までは、いかなったけど。バトンが三番手になってるだけ。

今期、初めてレッドブルじゃないチームがポール取ったんだな。そういえば。
そういう訳でレッドブルの連続ポール獲得記録は、途切れたわけです。それが途切れても最年少連続チャンピオンいるからね。



アロンソは、5番手でマッサは、6番手で、なんつーか、妥当なポジションなんだろうな。アロンソには、厳しいよな。



ミハエルは、13番手でよかったのは、タイヤを温できたことみたいで、いいポジションにはつけてない。ロズベルグが7位なのにな・・・・何が違うというのか。やっぱ若さなの?



カムイは、14番手でチームメイトのペレスより3グリット上につけた。




決勝



2011年F1第16戦韓国GP決勝が、10月16日(日)現地時間15時(時差なし)から韓国インターナショナル・サーキット(1周/5.615km)で行われ、セバスチャン・ベッテル(レッドブル)が今季10勝目を記録。レッドブルの2年連続チームランキング1位が確定した。小林可夢偉(ザウバー)は15位だった。

2番手スタートのセバスチャン・ベッテル(レッドブル)が、ポールポジションからスタートしたルイス・ハミルトン(マクラーレン)を1周目に抜いてトップに浮上した。2番手を争って白熱のバトルを展開するルイス・ハミルトン(マクラーレン)やマーク・ウェバー(レッドブル)を尻目に、ベッテルが最終周にファステストラップを更新する圧巻の走りで逃げ切って今季10勝目を記録。これにより、レッドブルの2年連続チームランキング1位が確定した。

小林可夢偉(ザウバー)はレース中盤、ルーベンス・バリチェロ(ウィリアムズ)やブルーノ・セナ(ロータス・ルノーGP)と3台横並びの状態になり、左右をふさがれてセナと接触。これでフロントウイングを壊し、ウイング交換を強いられた。結局、可夢偉は15位でレースを終えた。

このレースのファステストラップは、セバスチャン・ベッテル(レッドブル)が55周目に記録した1分39秒605だった。






1 S.ベッテル レッドブル 1:38:01.994

2 L.ハミルトン マクラーレン +12.0

3 M.ウェバー レッドブル +12.4

4 J.バトン マクラーレン +14.6

5 F.アロンソ フェラーリ +15.6

6 F.マッサ フェラーリ +25.1

7 J.アルグエルスアリ トロ・ロッソ +49.5

8 N.ロズベルグ メルセデスGP +54.0

9 S.ブエミ トロ・ロッソ +1:02.7

10 P.ディ・レスタ フォース・インディア +1:08.6

11 A.スーティル フォース・インディア +1:11.2

12 R.バリチェロ ウィリアムズ +1:33.0

13 B.セナ ロータス・ルノーGP 1lap

14 H.コバライネン チーム・ロータス 1lap

15 小林可夢偉 ザウバー 1lap

16 S.ペレス ザウバー 1lap

17 J.トゥルーリ チーム・ロータス 1lap

18 T.グロック ヴァージン 1lap

19 D.リチャルド HRT 1lap

20 J.ダンブロシオ ヴァージン 1lap

21 V.リウッツィ HRT 3lap(s)

22 P.マルドナード ウィリアムズ 25lap(s)

23 V.ペトロフ ロータス・ルノーGP 39lap(s)

24 M.シューマッハ メルセデスGP 40lap(s)




ここのサーキットでポールポジションは、ちょっと不利だよな。ハミルトンもあっさりベッテルに1位取られちゃうし。バトンもなかなか前出れないし結構、バトンへのブロックハンパなかったよな。
すぐにいつもみたくセバスチャンのペースだし、ミハエルとペトロフのクラッシュで出たセーフティーカーもあんまり、差が縮まらなくて効果ないし。てか、あのクラッシュを避けれたアロンソすげぇよ。そっから中盤は、動きなくて何だコレって感じだったけど。



終盤から2位争いが過熱だよ。2位のハミルトンがタイヤがたれ出して、ウェーバーに追い掛け回されて、その後ろのバトンも近づいて来てて。
ハミルトンなんか1回ウェーバーに抜かれたけど、抜き返したり。なんつーか、激しい攻防だよね。結局、ハミルトンが逃げ切って2位でウェーバー3位で変わらなかったんだけど。バトンは、ちょっと離されちゃったから4位で終えてたね。





これで、レッドブルは、コンストラクターズタイトルも獲得で、今シーズンを完全勝利したわけだね。羽根・牛強すぎだよ。そろそろ跳ね馬も勝たないとね。アロンソがついてなさ過ぎてかわいそうだ。





そういえば、ミハエルとペトロフのクラッシュは、ミハエルついてなかったよ。
ペトロフのライン変だったのってタイヤがロックしてだからお咎めなしだったのかな?




カムイは、ひさびさにペレスより前で終えれたからよかったな。結構、タイヤが厳しそうで大変そうだったな。最後の方なんか特に。なかなかいい結果出てないけど。インドGPでいい結果出せるといいかな。


Posted at 2011/10/20 17:35:37 | コメント(0) | トラックバック(0) | F1 | クルマ
2011年10月01日 イイね!

Rd.15 日本GP 

予選


2011年F1第15戦日本GP予選が、10月8日(土)の14時から鈴鹿サーキット(1周/5.807km)で行われ、セバスチャン・ベッテル(レッドブル)がポールポジション。小林可夢偉(ザウバー)は10番手になった。

セバスチャン・ベッテル(レッドブル)が10位以上に入賞、もしくはジェンソン・バトン(マクラーレン)が優勝できなければベッテルの2年連続タイトルが決まる日本GP。ここまでのフリー走行では3回すべてでバトンがトップタイムを記録した。しかし、予選では1000分の9秒というきん差でベッテルがポールポジションを獲得。タイトル確定に向け、大きな一歩を踏み出した。

2番手から10番手までの結果は次のとおり。

2番手ジェンソン・バトン(マクラーレン)、3番手ルイス・ハミルトン(マクラーレン)、4番手フェリペ・マッサ(フェラーリ)、5番手フェルナンド・アロンソ(フェラーリ)、6番手マーク・ウェバー(レッドブル)、7番手ミハエル・シューマッハ(メルセデスGP)、8番手ブルーノ・セナ(ロータス・ルノーGP)、9番手ビタリー・ペトロフ(ロータス・ルノーGP)、10番手小林可夢偉(ザウバー)。

小林可夢偉(ザウバー)は、昨年の日本GP決勝で追い抜きを連発して鈴鹿を沸かせたが、今年は予選から魅せた。第1セッションの予選Q1でトップタイムを記録すると、第2セッションの予選Q2ではセッション終了直前にタイムを更新し、トップ10で戦われる最終セッションに進出。最終的には10番手になり、グランドスタンドから歓声を受けた。




1 S.ベッテル レッドブル 1:30.466

2 J.バトン マクラーレン 1:30.475

3 L.ハミルトン マクラーレン 1:30.617

4 F.マッサ フェラーリ 1:30.804

5 F.アロンソ フェラーリ 1:30.886

6 M.ウェバー レッドブル 1:31.156

7 M.シューマッハ メルセデスGP 0:00.000

8 B.セナ ロータス・ルノーGP 0:00.000

9 V.ペトロフ ロータス・ルノーGP 0:00.000

10 小林可夢偉 ザウバー 0:00.000

11 A.スーティル フォース・インディア 1:32.463

12 P.ディ・レスタ フォース・インディア 1:32.746

13 R.バリチェロ ウィリアムズ 1:33.079

14 P.マルドナード ウィリアムズ 1:33.224

15 S.ブエミ トロ・ロッソ 1:33.227

16 J.アルグエルスアリ トロ・ロッソ 1:33.427

17 S.ペレス ザウバー 0:00.000

18 H.コバライネン チーム・ロータス 1:35.454

19 J.トゥルーリ チーム・ロータス 1:35.514

20 J.ダンブロシオ ヴァージン 1:36.439

21 T.グロック ヴァージン 1:36.507

22 D.リチャルド HRT 1:37.846

23 N.ロズベルグ メルセデスGP 0:00.000

24 V.リウッツィ HRT 0:00.000





今年も東京から鈴鹿まで行って来ました!やっぱり生の観戦のがテンション上がるっていうかワクワクするよ。エンジン音が最高だったよ。とかいいつつ、P3とか見ながらzzzってなってましたよ。行きの車でずっと起きてたから(笑)



予選は、ベッテルがポールで、バトンがフロントロー。今年も予選のベッテルは、速かったー。バトンも負けてないけど。その差は、0.01秒!決勝は、ベッテルは、一筋縄には行かないぞって思って、だってウェバーが6番手でサポートする気なさげだし。バトンの後ろハミルトンだし。



それから、カムイが大活躍して、Q1をトップタイムで通過したりで調子よくQ3進出してくれて、10番手になったりで、また去年みたいな走り期待でるかな?って感じでした。



あと、ミハエルも得意の鈴鹿だからなのか、いつもより速くて7番手だったから期待してた。ニコは、なんかトラブルで予選出てないなかった。

車に戻る途中でレッドブルのTシャツ着ながらマクラーレンを応援してる自分どうなんだ?って思って、バトンのタオルとマクラーレンTシャツ買っていきました。

そんな感じで、土曜日は、宿に帰りました。





決勝


 

2011年F1第15戦日本GP決勝が、10月9日(日)の15時から鈴鹿サーキット(1周/5.807km)で行われ、ジェンソン・バトン(マクラーレン)が素早いピットストップを成功させて優勝。小林可夢偉(ザウバー)は13位だった。また、セバスチャン・ベッテル(レッドブル)が最年少でのF1連覇を確定させた。

セバスチャン・ベッテル(レッドブル)が1ポイントでも獲得すればタイトル確定という状態で迎えた日本GP。ポールポジションからスタートしたベッテルだったが、ピットストップでジェンソン・バトン(マクラーレン)らに抜かれ3番手に後退してしまう。これでトップに立ったバトンが優勝。しかし、ベッテルは3位でレースを終え、史上最年少でのF1連覇を確定させた。

2位から10位までの結果は次のとおり。

2位フェルナンド・アロンソ(フェラーリ)、3位セバスチャン・ベッテル(レッドブル)、4位マーク・ウェバー(レッドブル)、5位ルイス・ハミルトン(マクラーレン)、6位ミハエル・シューマッハ(メルセデスGP)、7位フェリペ・マッサ(フェラーリ)、8位セルジオ・ペレス(ザウバー)、9位ビタリー・ペトロフ(ロータス・ルノーGP)、10位ニコ・ロズベルグ(メルセデスGP)までがポイントを獲得した。

小林可夢偉(ザウバー)は、スタートに失敗して順位を落としたものの、レース中盤までにじわじわと順位を上げる。そして、セーフティカーが導入されたことを利用してハード側のタイヤに交換。これで最後まで走りきる作戦に出たが、レース終盤にはペースが落ちてしまう。結局、可夢偉は13位でレースを終えた。

このレースのファステストラップは、ジェンソン・バトン(マクラーレン)が52周目に記録した1分36秒568だった。




1 J.バトン マクラーレン 1:30:53.427

2 F.アロンソ フェラーリ +1.1

3 S.ベッテル レッドブル +2.0

4 M.ウェバー レッドブル +8.0

5 L.ハミルトン マクラーレン +24.2

6 M.シューマッハ メルセデスGP +27.1

7 F.マッサ フェラーリ +28.2

8 S.ペレス ザウバー +39.3

9 V.ペトロフ ロータス・ルノーGP +42.6

10 N.ロズベルグ メルセデスGP +44.3

11 A.スーティル フォース・インディア +54.4

12 P.ディ・レスタ フォース・インディア +1:02.3

13 小林可夢偉 ザウバー +1:03.7

14 P.マルドナード ウィリアムズ +1:04.1

15 J.アルグエルスアリ トロ・ロッソ +1:06.6

16 B.セナ ロータス・ルノーGP +1:12.6

17 R.バリチェロ ウィリアムズ +1:14.1

18 H.コバライネン チーム・ロータス +1:27.8

19 J.トゥルーリ チーム・ロータス +1:36.1

20 T.グロック ヴァージン 2lap(s)

21 J.ダンブロシオ ヴァージン 2lap(s)

22 D.リチャルド HRT 2lap(s)

23 V.リウッツィ HRT 3lap(s)

24 S.ブエミ トロ・ロッソ 42lap(s)






決勝は、スタートでベッテルがバトンに寄せて来て、ベッテルのけん制。バトンは、ハミルトンに抜かれ3位になるものの7周目あたりからハミルトンのペースが落ちて、2位になる。ハミルトンは、抜かれた周でピットインしてソフト側のタイヤに交換、その次の周には、ベッテルもピットインして、ソフト側に交換、その次の周にバトン、アロンソがピットへ、二人ともソフト側でピットアウト。
上位陣が一回目のピットを終えた時点では、ベッテル1位、2位バトン、3位アロンソ


カムイも上位陣と同じタイミングでピットイン13周を終えた時点で15位につけていた。16周目でカムイは、去年のようにヘアピンでトロ・ロッソのアグエルスアリを抜き、そのさらに前にいたマルドナードも抜き12位に!





19周目終了時に、ペースが落ちてきたベッテルが2回目のピットストップ、ここでもベッテルは、ソフト側のタイヤを選択、このピットは、バトンにとっていいことだからレース動くなと思っていたら、案の定、バトンは、ペース上げて次の周にピットイン、ここでピットをスムーズに済ませて、バトンは、ベッテルの前の4番手でコースに出れて見事にベッテルを抜いていった。

23周目までに上位勢は全車が2回目のピットストップを終了。トップはバトン、2番手ベッテル、3番手はアロンソとなっている。また、ピットストップのタイミングをずらしているクルマがいる関係で、可夢偉が入賞圏内の10番手まで順位を上げた。

24周目、セーフティカーが出動。数周前にマッサとハミルトンがシケイン手前で接触しており、その際にパーツがコース上に落ちていた。ハミルトンは、マッサがアウト側にいるにもかかわらず、クルマをアウト側へ寄せていってマッサと接触していた。また、7コーナーのダンロップにも破片が落ちており、そのためのセーフティカー導入だった。これの前にベッテル抜いててホントよかったー。ちなみに、これを利用して中団グループが多くのピットイン。可夢偉もピットへ入り、ハード側のタイヤに交換し、13番手になっている。


28周目からレースが再開されると、バトンがいいリスタートで、一気にベッテルとの差を広げる。バトンはファステストラップを更新しながらベッテルを引き離していき、30周が終了した段階で両者の差は2.2秒になった。





33周目終了時にはベッテルがピットへ入り、ハード側のタイヤを装着してコースへ復帰。バトンは36周目に3回目のピットストップ。バトンもハード側のタイヤを装着し、ベッテルの前でコースへ戻った。37周目終了時にはアロンソがピットインし、アロンソもベッテルの前へでることに成功。3回目のタイヤ交換を行っていないシューマッハがトップだが、その後ろはバトン、アロンソ、ベッテルという順になった。ミハエルが前に居るからまさか表彰台?と期待したけど。結局、タイヤが持たなくてピットしていった。





ベッテルは1コーナーでアロンソに仕掛けるが、なかなか抜くことができず。また、44周目が終了した段階で可夢偉は9番手にまで浮上している。45周目、ペースの落ちた可夢偉をエイドリアン・スーティル(フォース・インディア)が抜く。47周目にはビタリー・ペトロフ(ロータス・ルノーGP)も可夢偉を抜いていった。これで可夢偉は11番手になっている。

レース終盤は、アロンソがベッテルの猛追を抑えつつバトンを追いかける。残り数周になるとベッテルがペースを押さえ始めた。そこからは、アロンソは、バトンと同じペースで追いかけるも、バトンが逃げ切り優勝で望みどおりの結果になってよかった。



カムイは、タイヤが持たなくて13位でレースを終えてしまった。やっぱスタートでストールしたのが痛かったよな(悲)それでも去年のようなオーバーテイクしてくれたから盛り上がれたし!楽しめた。 なんていうか、ワールドチャンピオンが決まる瞬間見れたし、ベッテルおめでとう!!






おまけ


今年の鈴鹿では、レース始まる前に、なんとCSのF1解説でおなじみの小倉さんに会って握手しちゃったよ。時間なさそうだったから写真撮ったり、サインとかもらわなかったんだけど、周りの車椅子の人たちもらってたからもらえばよかった。

次の日、東京に帰る途中の東名の日本坂SAでF1観戦帰りのいとうまい子さんに会って写真撮ってもらった。テレビで見るより小さい感じだったな。すげーいい人だったな。
Posted at 2011/10/15 19:38:17 | コメント(0) | トラックバック(0) | F1 | クルマ

プロフィール

「第20戦アブダビGP決勝結果発表!(*ゝω・*)ノ http://cvw.jp/b/230228/40775829/
何シテル?   12/05 19:32
こんにちは、アンポン友樹です。よろしくです!F1が好きです。生まれつき進行性キンジストロフィーディシャンヌ型っていう病気で体が不自由です。あんまり、気にしてない...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2011/10 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

2013Formula1 Belgium Grand Prix 予選レポート 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/08/25 18:38:33
DANDYな車椅子Life  
カテゴリ:おもしろそうなブログ
2006/11/01 22:37:37
 
モヒカン日記 リローデット 
カテゴリ:おもしろそうなブログ
2006/11/01 22:33:41
 

愛車一覧

トヨタ アルファード トヨタ アルファード
いつも職場や出かけるところへ、俺を運んでくれる車です。本当は、色は、青が良かったのに・・ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.