• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

アンポン友樹のブログ一覧

2012年03月29日 イイね!

2012年F1GP 第2戦マレーシアGP 決勝リザルト



2012年F1第2戦マレーシアGPが3月25日(日)、セパン・インターナショナル・サーキット(1周/5.543km)で3日目を迎え、現地時間16時(日本時間17時)から行われた決勝で、フェルナンド・アロンソ(フェラーリ)が優勝。セルジオ・ペレス(ザウバー)が、F1で初の表彰台を獲得する活躍を見せた。

熱帯で行われるマレーシアGP。レース前から雨の影響が懸念されていたが、スタート前から降っていた雨がスタート直後から強まり、7周目にはセーフティカー導入、9周目には大雨のため赤旗中断となった。レース中断前、早いタイミングでタイヤ交換をしていたセルジオ・ペレス(ザウバー)が3番手に浮上した。一方、各車が一斉にピットインしたタイミングでフェルナンド・アロンソ(フェラーリ)がトップに立ち、ペレスは2番手となった。

レース中盤から、ペレスはファステストラップを連発しながら、トップを走るアロンソと一進一退の攻防を繰り広げる。その後、路面が乾いてドライタイヤに交換してからも、ペレスはアロンソを追い立て、一時はアロンソの背後にぴったりとつける状態に。しかし、50周目にコースオフしたことで両者の差が約5秒にまで広がった。その後再びペレスはアロンソの差を2.2秒にまで縮めたものの、アロンソが逃げ切って優勝。2位に入ったペレスにとってはF1で初の表彰台となった。

3位から10位までの結果は次のとおり。

3位ルイス・ハミルトン(マクラーレン)、4位マーク・ウェバー(レッドブル)、5位キミ・ライコネン(ロータス)、6位ブルーノ・セナ(ウィリアムズ)、7位ポール・ディ・レスタ(フォース・インディア)、8位ジャン・エリック・ベルニュ(トロ・ロッソ)、9位ニコ・ヒュルケンベルグ(フォース・インディア)、10位ミハエル・シューマッハ(メルセデスAMG)までがポイントを獲得した。

このレースのファステストラップは、キミ・ライコネン(ロータス)が53周目に記録した1分40秒722だった。

小林可夢偉(ザウバー)は、スタート直後に9番手まで浮上したものの、レース中盤は中団グループでの戦いになり、最終的にはリタイアに終わった。





~マレーシアGP  決 勝 順 位~



1 F.アロンソ フェラーリ 2:44:51.812

2 S.ペレス ザウバー +2.2

3 L.ハミルトン マクラーレン +14.5

4 M.ウェバー レッドブル +17.6

5 K.ライコネン ロータス +29.4

6 B.セナ ウィリアムズ +37.6

7 P.ディ・レスタ フォース・インディア +44.4

8 J-E.ベルニュ トロ・ロッソ +46.9

9 N.ヒュルケンベルグ フォース・インディア +47.8

10 M.シューマッハ メルセデスAMG +49.9

11 S.ベッテル レッドブル +1:15.5

12 D.リチャルド トロ・ロッソ +1:16.8

13 N.ロズベルグ メルセデスAMG +1:18.5

14 J.バトン マクラーレン +1:19.7

15 F.マッサ フェラーリ +1:37.3

16 V.ペトロフ ケーターハム +1Lap

17 T.グロック マルシャ +1Lap

18 H.コバライネン ケーターハム +1Lap

19 P.マルドナード ウィリアムズ +2Laps

20 C.ピック マルシャ +2Laps

21 N.カーティケヤン HRT +2Laps

22 P.デ・ラ・ロサ HRT +2Laps

23 小林可夢偉 ザウバー +10Laps

24 R.グロジャン ロータス +53Laps





雨が降ったからかなり面白い結果になってくれました。

なんとザウバーのペレスが2位表彰台、アロンソが優勝したことよりもこっちの方が驚きの結果!レース序盤で、タイヤ交換したタイヤを長く温存していたのが功を奏したんだな。でも、なんでコレが可夢偉じゃないんだよーってね。ザウバーにこれだけのマシンがあるなら可夢偉にもチャンスがあるさ。

ライコネンは、オーストラリアよりも2つ上のポジションでフィニッシュしていましたが、ウェバー抜いて欲しかったな。でも、この調子なら表彰台いつ乗ってもおかしくないと思うな。

ミハエルに関しては、一周目でグロージャンにスピンさせられたからドンマイって感じ・・・・次からグロージャンに気をつけてーミハエル。

今回は、マクラーレンがあまり目立たなかったな。ハミルトン3位だけどね。
微妙なのは、レッドブルかな。

マレーシアの俺の予想は、大ハズレでしたね。
 



~勝手にスターティンググリッド~


1 ベッテル  2 バトン 3 ハミルトン 4 ライコネン


1週間、空くからレッドブルも本調子になるんじゃないだろうかと思うのでポールと予想します。

フロントローと三番手は、開幕2連戦の安定感からバトンとハミルトンが来るんじゃないだろうかと予想。

4番手は、ライコネンと予想。もっと上のポジション行って欲しいけど。このくらいが現実か?

さあ、スターティンググリッド当たるかな~
Posted at 2012/03/29 19:02:27 | コメント(0) | トラックバック(0) | F1 | クルマ
2012年03月25日 イイね!

2012年F1GP 第2戦マレーシアGP 予選リザルト




2012年F1第2戦マレーシアGPが3月24日(土)、セパン・インターナショナル・サーキット(1周/5.543km)で2日目を迎え、現地時間16時(日本時間17時)から行われた予選で、ルイス・ハミルトン(マクラーレン)が2戦連続となるポールポジション獲得を果たした。

マクラーレン勢が速さを見せた開幕戦オーストラリアGPに続き、マレーシアGPの予選でもマクラーレンの速さが目立った。初日に行われた2回のフリー走行でトップタイムを記録していたルイス・ハミルトン(マクラーレン)がポールポジションを獲得。また、チームメートのジェンソン・バトンが2番手に入り、開幕戦に続いてマクラーレン勢が1列目を独占する結果となった。

3番手から5番手までの結果は次のとおり。

3番手ミハエル・シューマッハ(メルセデスAMG)、4番手マーク・ウェバー(レッドブル)、5番手キミ・ライコネン(ロータス)、6番手セバスチャン・ベッテル(レッドブル)、7番手ロメ・グロジャン(ロータス)、8番手ニコ・ロズベルグ(メルセデスAMG)、9番手フェルナンド・アロンソ(フェラーリ)、10番手セルジオ・ペレス(ザウバー)。

小林可夢偉(ザウバー)は、第2セッションのQ2へ進んだものの、最終セッションのQ3には進出できず、17番手となった。





~スターティンググリッド~


1 L.ハミルトン マクラーレン 1:36.219

2 J.バトン マクラーレン 1:36.368

3 M.シューマッハ メルセデスAMG 1:36.391

4 M.ウェバー レッドブル 1:36.461

5 K.ライコネン ロータス 1:36.461

6 S.ベッテル レッドブル 1:36.634

7 R.グロジャン ロータス 1:36.658

8 N.ロズベルグ メルセデスAMG 1:36.664

9 F.アロンソ フェラーリ 1:37.566

10 S.ペレス ザウバー 1:37.698

11 P.マルドナード ウィリアムズ 1:37.589

12 F.マッサ フェラーリ 1:37.731

13 B.セナ ウィリアムズ 1:37.841

14 P.ディ・レスタ フォース・インディア 1:37.877

15 D.リチャルド トロ・ロッソ 1:37.883

16 N.ヒュルケンベルグ フォース・インディア 1:37.890

17 小林可夢偉 ザウバー 1:38.069

18 J-E.ベルニュ トロ・ロッソ 1:39.077

19 H.コバライネン ケーターハム 1:39.306

20 V.ペトロフ ケーターハム 1:39.567

21 T.グロック マルシャ 1:40.903

22 C.ピック マルシャ 1:41.250

23 P.デ・ラ・ロサ HRT 1:42.914

24 N.カーティケヤン HRT 1:43.655






マクラーレン、2戦目もポールとフロントロー独占しました!バトンしか予想当たらなかったし、ベッテルは、ポールどころか6番手・・・・ライコネンがギアボックス交換で5番手から5グリッド降格だからベッテルは、5番手なんだな。結局、いつもとあまりかわらなそう、レッドブルは・・・・

てか、それよりもミハエルが3番手スタートなのがスゲー。クラッシュとかトラブルが起きないことを祈るよー

ライコネンは、Q2をトップ通過して、Q3もうまくいけばポール狙えるくらいなんだけど・・・・さっき、書いたとおり5グリッド降格で10番手らへんだから、かなり忙しいことになるかなマッサとかに当てられたりしそうだし、心配だ。あれだけタイムが出てればいけるはず!




~とりあえず表彰台予想~


1位 ハミルトン  2位 バトン 3位 ベッテル 4位 ライコネン



1-2は、なにかイレギュラーなことでも起きないと変わらない気がする。

ベッテルは、ウェーバーを抜きたいはずだし、チームもベッテル優先だし、3位にきそうな気がする。

ライコネンは、予選Q2での速さでいけたらそのくらい、行けそう。行けたらもっと上に行って欲しいな。



さぁー、今回は、当たるのか!!
Posted at 2012/03/25 14:22:49 | コメント(0) | トラックバック(0) | F1 | クルマ
2012年03月20日 イイね!

2012年F1GP 開幕戦オーストラリアGP 決勝リザルト




2012年F1開幕戦オーストラリアGPが3月18日(日)、アルバート・パーク・サーキット(1周/5.303km)で3日目を迎え、現地時間17時(日本時間15時)から決勝が行われ、ジェンソン・バトン(マクラーレン)が優勝した。

ついに開幕した2012年F1。開幕戦は、予選で速さを見せたマクラーレンがリードする展開となった。ポールポジションのルイス・ハミルトン(マクラーレン)がスタートでやや出遅れたすきに、2番手スタートのジェンソン・バトン(マクラーレン)が1コーナーでトップに浮上。その後、バトンがトップのままレースは進行した。

レース終盤にはセーフティカーが導入され、このタイミングでセバスチャン・ベッテル(レッドブル)が2番手に。しかし、バトンはレース再開直後、一気にベッテルとの差を広げて勝利を確実なものにした。

2位から5位までの結果は次のとおり。

2位セバスチャン・ベッテル(レッドブル)、3位ルイス・ハミルトン(マクラーレン)、4位マーク・ウェバー(レッドブル)、5位フェルナンド・アロンソ(フェラーリ)、6位小林可夢偉(ザウバー)、7位キミ・ライコネン(ロータス)、8位セルジオ・ペレス(ザウバー)、9位ダニエル・リチャルド(トロ・ロッソ)、10位ポール・ディ・レスタ(フォース・インディア)までがポイントを獲得した。

このレースのファステストラップは、ジェンソン・バトン(マクラーレン)が56周目に記録した1分29秒187だった。

小林可夢偉(ザウバー)はスタートで順位を上げると、そのまま中団グループの中で走行。リアウイングを損傷しながらの走行だったが、セーフティカー導入からのレース再開時には、レース序盤に抜かれていたキミ・ライコネン(ロータス)を抜き返した。最終周に中団グループで混乱がありここで可夢偉はうまく順位を上げて6位でゴール。8位に入ったチームメートのセルジオ・ペレスとともに、開幕戦からポイント獲得を果たした。



~オーストラリアGP 決 勝 順 位~


1  J.バトン マクラーレン 1:34:09.565

2  S.ベッテル レッドブル +2.1

3  L.ハミルトン マクラーレン +4.0

4  M.ウェバー レッドブル +4.5

5  F.アロンソ フェラーリ +21.5

6  小林可夢偉 ザウバー +36.7

7  K.ライコネン ロータス +38.0

8  S.ペレス ザウバー +39.4

9  D.リチャルド トロ・ロッソ +39.5

10 P.ディ・レスタ フォース・インディア +39.7

11 J-E.ベルニュ トロ・ロッソ +39.8

12 N.ロズベルグ メルセデスAMG +57.6

13 P.マルドナード ウィリアムズ 1Lap

14 T.グロック マルシャ 1Lap

15 C.ピック マルシャ 5Laps

16 B.セナ ウィリアムズ 6Laps

17 F.マッサ フェラーリ 12Laps

18 H.コバライネン ケーターハム 20Laps

19 V.ペトロフ ケーターハム 24Laps

20 M.シューマッハ メルセデスAMG 48Laps

21 R.グロジャン ロータス 57Laps

22 N.ヒュルケンベルグ フォース・インディア 58Laps



 まさかハミルトンとバトンの順位がスタートで入れ替わるとはね。バトン優勝の予想は当てられたよ。中盤でペトロフがメインストレートで止まってなかったら表彰台の三人が予想どうりになったんだどな。
やっぱりベッテルは、無難に表彰台の順位に来れるんだな。今年もマクラーレンとレッドブルの争いは、激しそうだな。

今年のオーストラリアの開幕戦は、初っ端からいろいろあって、ライコネンのいる辺りの奴らが接触したりして、巻き込まれないかハラハラだった。可夢偉なんかスタートのゴチャゴチャでフロンとリアのウイング壊れてたし。
その後、ロータスのグロージャがステアリング壊してリタイア
しばらく、落ち着いててミハエルとベッテルの3位争いが始まったと思ったら、ギアのトラブルでリタイア、予選4番手だから期待してただけに残念だった。あの速さがあればメルセデスが表彰台に上がるのも期待できそうだな。
その後、だいたいのチームがピットするなかロータスのライコネンとザウバーのペレスは、なかなか入らないで走行続けてライコネンは、しばらくしてからピットへ行きタイヤ交換した。

ライコネンは、25Lap目に可夢偉を、その2Lap後にマッサを抜いて8位まで順位を上げるなど 大活躍。

その後、36Lap目終了時、トップのバトンがピットへ。また、バトンとハミルトンの間に10秒以上の差があることを利用し、ハミルトンも同時にピットイン。マクラーレンは後から入ったハミルトンを待たせることなく連続ピットストップを成功させた。
ところが、ホームストレート上にビタリー・ペトロフ(ケーターハム)がクルマを止めたことからセーフティカー導入。
ベッテルを含め、最後のピットストップを残していた多くのクルマがここでピットインした。

隊列が落ち着くと、バトンがトップ、2番手ベッテル、3番手ハミルトン、4番手マーク・ウェバー(レッドブル)となった。可夢偉はライコネンの後ろ、10番手につけている。

42Lap目からレースが再開すると、上位陣で順位の変動はなかったが、可夢偉がライコネンを抜いて9番手に浮上した。また、バトンがすぐにペースを上げるが、ベッテルはこれについていけず、43周終了時で両者の差は3.4秒に広がった。その後、ベッテルもペースを上げてきたが、バトンはファステストラップを連発しながらこれに応戦。両者の差はなかなか縮まらない。

53Lap目、可夢偉が8番手を狙ってニコ・ロズベルグ(メルセデスAMG)のインに飛び込む。しかし、ロズベルグが順位を守り
逆に可夢偉が10番手のライコネンから攻められる状態となった。トップでは、トップ4がほぼ同タイムで走行し、こう着状態になっている。

結局、終始レースをリードしたバトンがそのまま優勝。ベッテルが2位、ハミルトン3位、ウェバーが4位、フェルナンド・アロンソ(フェラーリ)が5位に入った。

最終周にはロズベルグがトラブルのためスローダウン。また、6番手を走行していたパストール・マルドナード(ウィリアムズ)がクラッシュ。これが影響したのか、中団グループで混乱があり、その中で可夢偉がうまく順位を上げたようで、可夢偉は6位でゴール。ペレスも8位でゴールし、ザウバーは開幕戦から2台そろってのポイント獲得を果たした。ライコネンは7位でレースを終えている。


ライコネンは、やっぱりレースで魅せてくれるよな。2年乗ってなくて7位だし、予選のミスなければもっといい順位で終えられたかもしれないな。マレーシアではいい結果がみれるといいな。

バトンのコメントどおり、ロータスとザウバーの速さには、驚いたな。この2チーム、速さ同じくらいだし、毎回バトルしてくれそうだな。


~勝手にスターティンググリッド~

1 ベッテル 2 バトン   3 ハミルトン   4 ミハエル


セパンは、レッドブル向きのサーキットであることを考えて、ポールは・・・ベッテルかな・・・と。

フロントローは、バトン・・・・ハミルトンということもありえるから2-3は、入れ替わりありで

4のミハエルは、経験値あるから的な・・・・もう一回頑張って欲しいな。という願いをこめて。

あ、ちなみに我らがライコネンは、5番手グリッドあたりを予想してます。

今週もF1のために頑張るぞ~!

Posted at 2012/03/20 18:10:20 | コメント(0) | トラックバック(0) | F1 | クルマ
2012年03月17日 イイね!

  2012年F1GP 開幕戦オーストラリアGP 予選リザルト



2012年F1開幕戦オーストラリアGPが3月17日(土)、アルバート・パーク・サーキット(1周/5.303km)で2日目を迎え、現地時間17時(日本時間15時)から公式予選が行われ、ルイス・ハミルトン(マクラーレン)がポールポジションを獲得した。

開幕前のテストから、大混戦が予想される今季F1初の予選。第1セッションのQ1からキミ・ライコネン(ロータス)が脱落するという波乱の幕開けに。このセッションでは、ソフト側タイヤを投入した小林可夢偉(ザウバー)がトップタイムを記録していた。続くQ2では、フェルナンド・アロンソ(フェラーリ)がブレーキングでスピンし、砂利が敷き詰められたグラベルにはまってそのまま予選終了。チームメートのフェリペ・マッサもQ2脱落となった。

Q3では、マクラーレン勢がライバルを圧倒するタイムで1列目独占。ルイス・ハミルトンが開幕戦のポールポジションを獲得し、チームメートのジェンソン・バトンが2位となった。

3位から10位までの結果は次のとおり。

 3位ロメ・グロジャン(ロータス)、4位ミハエル・シューマッハ(メルセデスAMG)、5位マーク・ウェバー(レッドブル)、6位セバスチャン・ベッテル(レッドブル)、7位ニコ・ロズベルグ(メルセデスAMG)、8位パストール・マルドナード(ウィリアムズ)、9位ニコ・ヒュルケンベルグ(フォース・インディア)、10位ダニエル・リチャルド(トロ・ロッソ)。

小林可夢偉(ザウバー)はQ2で脱落し13位になっている。

オーストラリアGP決勝は明日18日(日)、現地時間17時(日本時間15時)から始まる。

 

~スターティンググリッド~

1 L.ハミルトン   マクラーレン   1:24.922

2 J.バトン    マクラーレン   1:25.074

3 R.グロジャン    ロータス    1:25.302

4 M.シューマッハ      メルセデスAMG    1:25.336

5  M.ウェバー    レッドブル  1:25.651

6  S.ベッテル     レッドブル      1:25.668

7  N.ロズベルグ     メルセデスAMG      1:25.686

8  P.マルドナード    ウィリアムズ      1:25.908

9  N.ヒュルケンベルグ  フォース・インディア   1:26.451

10 D.リチャルド  トロ・ロッソ     0:00.000

11 J-E.ベルニュ  トロ・ロッソ     1:26.429

12 F.アロンソ  フェラーリ      1:26.494

13 小林可夢偉  ザウバー  1:26.590

14 B.セナ    ウィリアムズ      1:26.663

15 P.ディ・レスタ     フォース・インディア 1:27.086

16 F.マッサ     フェラーリ  1:27.497

17 S.ペレス     ザウバー     0:00.000

18 K.ライコネン   ロータス      1:27.758

19 H.コバライネン   ケーターハム      1:28.679

20 V.ペトロフ  ケーターハム   1:29.018

21 T.グロック  マルシャ 1:30.923

22 C.ピック     マルシャ      1:31.670

23 P.デ・ラ・ロサ      HRT    1:33.495

24 N.カーティケヤン  HRT   1:33.643


※デ・ラ・ロサとカーティケヤンは107パーセントルールをクリアしていない 。


今年もシーズンが始まりました。今季からライコネンが復帰ということもありとても楽しみにしていました。
ロータスは、テストの間もまあまあなポジションでトップタイム出していたし、途中のシャシーの問題もなんとかしてオーストラリアに行き着いてよかった。しかし、ライコネンは、相変わらずクールだな。
開幕戦は、そんなライコネンに注目してみる人もいるはず・・・・
しかし、まさかライコネンがQ1で落ちるなんて、2年のブランクあるし・・・ミハエルもそうだったし、復帰してすぐいい結果でる訳ないよな・・・ステアリングの感覚が微妙に気に入らないらしいけど。そのせいか、相方のグロージャンが凄いジャンなポジション3番手、これだけやれるマシンのロータスならライコネンが18番グリッドから巻き返す可能性もなくはない。ライコネンが魅せてくれることに期待しています。


予選を見て驚いたのは、メルセデスの速さだったな、ミハエルとニコのタイムが去年とは、段違いで普通にマクラーレンと戦える戦闘力で今年は、トップ争える強さがありそう。

そして唯一フロントノーズに段差をつけていないマクラーレンは、久しぶりにレッドブルからポールとフロントロー奪いました!後は、決勝でストップザレッドブルしてくれるといいな。やっぱりフロントノーズは、なだらかな方が速いのかな。今年のMP-4-27は、カッコいい。

レッドブルが静か過ぎるけど。5.6番手に二台ともいるからいつもどおりに近いからなんともいえない。

フェラーリは、不味すぎだあれは・・・・・アロンソが焦ってるのが分かるぞ。Q2でグラベルはまって降りたとき、マーシャルにキレてたし。あれだと今年もダメかも・・・・


~とりあえず表彰台予想~

1位バトン    2位ハミルトン    3位ベッテル    4位ミハエル

とりあえず、ハミルトンは、プッシュしてタイヤ悪くするだろうから、その後ろにいるバトンと入れ替わって、1-2かな。ベッテルは、無難に上がってきそうだし。

願い的には、ライコネン、バトン、ミハエル、ベッテルかな



予選見た感じだと明日、レース荒れそうだな。メルセデス勢とルノー勢のバトルがね
Posted at 2012/03/17 22:02:24 | コメント(0) | トラックバック(0) | F1 | クルマ

プロフィール

「第20戦アブダビGP決勝結果発表!(*ゝω・*)ノ http://cvw.jp/b/230228/40775829/
何シテル?   12/05 19:32
こんにちは、アンポン友樹です。よろしくです!F1が好きです。生まれつき進行性キンジストロフィーディシャンヌ型っていう病気で体が不自由です。あんまり、気にしてない...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2012/3 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

リンク・クリップ

2013Formula1 Belgium Grand Prix 予選レポート 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/08/25 18:38:33
DANDYな車椅子Life  
カテゴリ:おもしろそうなブログ
2006/11/01 22:37:37
 
モヒカン日記 リローデット 
カテゴリ:おもしろそうなブログ
2006/11/01 22:33:41
 

愛車一覧

トヨタ アルファード トヨタ アルファード
いつも職場や出かけるところへ、俺を運んでくれる車です。本当は、色は、青が良かったのに・・ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.