• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

アンポン友樹のブログ一覧

2013年03月25日 イイね!

2013formula1 Malaysia Grand Prix 決勝レポート



マレーシア決勝

天気晴れ 路面若干ウェットコンディション

アロンソがスタートでトップのベッテルと接触してフロントウィングを壊して、ピットインせずに2周目に突入
しかし、1コーナーでフロントウィングが脱落して巻き込みコースアウトしてまさかのリタイアしてしまう(笑)マッサも不安定な路面に苦戦し、大きくポジションを落としてしまう。

その後は、ウェーバーがトップに立つとレッドブルが1-2をキープそれに迫るメルセデス

しばらくは、ウェーバーがベッテルをなんとか凌ぎながら膠着状態が続く。

開幕から好調のフォースインディアが二台ともホイールナットがうまくハマらないトラブルが続いてリタイアしてしまう。

中盤

ハミルトンに追われるベッテルがウェーバー遅いよ退かせ発言を無線でする。

後ろのメルセデス二台も同じ状態

ウェーバー、が4回目のピットインをする。ここでバトルが起きる



ベッテルと接近、退かずにチームメイトバトルスタート…やらかす気配(というかもうベッテルがやらかしてる((笑))チームの指示は、ポジションキープのようだから。

後ろのメルセデス二台もバトルするけど、こっちは平和的(笑)

レッドブルのチームメイトバトルは、二周に渡って接近戦が繰り広げられるが、ベッテルがチームの指示を無視(半ば暴走)して、ウェーバーを抜く形で終わる。



メルセデスは、ロス・ブラウスの指示でロズベルグにハミルトン抜かないでねと無線が飛んだので3-4をキープで終わり

1位から4位までは、もう決定する。

終盤

ロータスのライコネンとフェラーリのマッサの距離が近づく、ライコネンがバックストレートの入り口でフロントウィングの翼端板を壊してマッサに抜かれる

しばらくして、マッサは、グロジャンもパスして5位浮上

ラスト3周のところでマクラーレンがバトンがリタイア

その後は、特に何もなくベッテルがポールトゥウィンを飾り、ウェーバーが2位に入り1-2フィニッシュを飾った。

そしてメルセデスのハミルトンとロズベルグが3-4と続く

表彰台のベッテルとウェーバーは、やらかしそうになったからなのか険悪なムードが漂っているような気がした(笑)



順位っていうか~決勝結果のコーナー

1位 レッドブル セバスチャン・ベッテル 1時間38分56秒681

2位 レッドブル マーク・ウェーバー +04秒298

3位 メルセデス ルイス・ハミルトン +12秒181

4位 メルセデス ニコ・ロズベルグ +12秒640

5位 フェラーリ フェリペ・マッサ +25秒648

6位 ロータス ロメイン・グロジャン +35秒564

7位 ロータス キミ・ライコネン +48秒479

8位 ザウバー ニコ・ヒュルケンベルグ +53秒044

9位 マクラーレン セルジオ・ペレス +1分12秒357

10位 トロロッソ ジャン・エリック・ベルニュ +1分27秒124

11位 ウィリアムズ バルテッリ・ボッタス +1分28秒610

12位 ザウバー エステバン・グティエレス 1Lap

13位 マルシャ ジュール・ビアンキ 1Lap

14位 ケータハム シャルル・ピック 1Lap

15位 ケータハム ギド・ヴァン・デル・ガルデ 1Lap

16位 マルシャ マックス・チルトン 2Laps

17位 マクラーレン ジェンソン・バトン 3Laps

18位 トロロッソ ダニエル・リカルド 5Laps

19位 ウィリアムズ パストール・マルドナード リタイア/11Laps

20位 フォースインディア エイドリアン・スーティル リタイア/29Laps

21位 フォースインディア ポール・ディ・レスタ リタイア/34Laps

22位 フェラーリ フェルナンド・アロンソ リタイア/55Laps



ライコネンの開幕二連勝は、無理だったか~雨に翻弄されてたとしか言えないよな~まぁ、次があるよな。てか、ポイント取れなかったアロンソよりは、マシだしね。

メルセデスの調子の良さには、驚きだよな。ハミルトンは、1回目のピットストップでメルセデスじゃなくてマクラーレンのとこに入ろうとしたの笑えたな。

レッドブルは、1-2で勝ったのにベッテルが後味悪くしちゃったよな。チームの指示無視しちゃってんだもん。
ウェーバー表彰台でベッテルと目も合わさないから相当来てたよな~観てる方は、バトル見れていいんだけどね。

そんな感じでした。
Posted at 2013/03/25 15:29:28 | コメント(0) | トラックバック(0) | F1 | クルマ
2013年03月24日 イイね!

2013formula1 Malaysia Grand Prix 予選レポート



マレーシアGP予選

Q1は、気温32度、路面温度41度、ドライコンディションでスタート

レッドブル、ロータス、好調のフォースインディア勢が出走しだしてからミディアムでワンアタックを仕掛ける展開に

フォースインディアのスーティルが1分36秒809をマークしてトップでQ2進出する。

どうしたフォースインディア!どうしたスーティル!圧倒的じゃないか!

2番手にロータスのライコネンが付けて

ハードタイヤでアタックのメルセデスのロズベルグ、フェラーリのアロンソが3番手、4番手と続く

レッドブルは、二台ともタイムが上がらず、 終盤までコース上でアタックを続け、ウエーバーが9番手、セバスチャン・ベッ テルは15番手でなんとかQ1突破する。

ノックアウトは、

トロロッソのベルニュ

ウイリアムズのボッタス

マルシャのビアンキ

ケータハムのピック

マルシャのチルトン


Q2は、気温は32度、 路面温度41度ドライコンディションでスタート

全車、ミディアムタイヤでコースに出るも、間もなく天候が急変する。

残り8分くらいから徐々に雨が強くなったので、早めのアタックが効をなす結果に

この影響を受けた好調フォース・イン ディア勢・・・

先にタイムアタックを行っていたスーティルは、Q3進出
雨中のアタックを強いられたディ・レスタは、アタックするもコースオフ、スピンとうまく行かずノックアウトになった。
ディ・レスタには、ツイてない予選だな~、それ比べてスーティルは、半端ない。


Q2トップは、

メルセデスのロズベルグ

2番手、レッドブルのウェーバー

3番手にメルセデスのハミルトン

マクラーレン、フェラーリ勢は、揃ってQ3進出する。

Q2ノックアウトは、

ロータスのグロジャン

ザウバーのヒュルケンベルグ

トロロッソのリカルド

ザウバーのグティエレス

フォースインディアのディ・レスタ

ウィリアムズのマルドナード




Q3は、ウェットコンディションでスタート

全車、インターミディでアタック

路面が回復していく難しい状況で全車、ラストアタックでタイムを更新する展開

トップタイムをマークしたのがレッドブルのベッテルで、ただひとり1分50秒台を切る1分49秒674というタイムでポールポジションを獲得



雨に助けられたフェラーリのマッサが2番手、アロンソが3番手と続く

これでマッサが2戦連続でアロンソをアウトクオリファイした形になった。

F1復帰後の初ポールも期待されたロータスのライコネンはウエット路面に苦戦し7番手に付けるもペナルティーで3グリッド降格になってしまった。

レッドブルのウェーバーもメルセデスのルイス・ハミルトンに及ばず5番手に付けた。

今週も雨が絡む予選でした。マレーシアの雨は、厄介ですよね~10番手からは、キツそうだけど今回もライコネンが勝てるかな(笑)何となくフェラーリが来そうな気がするな~。



予選結果というか~スターティンググリッドのコーナー

1番手 レッドブル ベッテル 1分49秒674

2番手 フェラーリ マッサ  1分50秒587

3番手 フェラーリ アロンソ  1分50秒727

4番手 メルセデス ハミルトン 1分51秒699

5番手 レッドブル ウェーバー 1分52秒244

6番手 メルセデス ロズベルグ 1分52秒519

7番手 マクラーレン バトン 1分53秒175

8番手 フォースインディア スーティル 1分53秒439

9番手 マクラーレン ペレス 1分54秒136

10番手 ロータス ライコネン 1分52秒970

11番手 ロータス グロジャン 1分37秒636

12番手 ザウバー ヒュルケンベルグ 1分38秒125

13番手 トロロッソ リカルド 1分38秒822

14番手 ザウバー グティエレス 1分39秒221

15番手 フォースインディア ディ・レスタ 1分44秒509

16番手 ウィリアムズ マルドナード No time

17番手 トロロッソ ベルニュ 1分38秒157

18番手 ウィリアムズ ボッタス 1分38秒207

19番手 マルシャ ビアンキ 1分38秒434

20番手 ケータハム ピック 1分39秒314

21番手 マルシャ チルトン 1分39秒672

22番手 ケータハム ヴァン・デル・ガルデ 1分39秒932



今回は、雨絡みでどうなるか分からないからな

雨ならベッテル、晴れたらライコネンかな

フェラーリはと聞かれたらマッサのおかげでアロンソが3位に入ってくる感じ?(笑)

観てのお楽しみ(笑)
Posted at 2013/03/24 13:06:13 | コメント(0) | トラックバック(0) | F1 | クルマ
2013年03月18日 イイね!

2013formula1 Australia Grand Prix 決勝レポート



オーストラリアGP決勝は、天気は、曇り空のドライコンディションでスタート

ザウバーのヒュルケンベルグがマシントラブルでピットからも出走することが出来ずグリッドにも並べずリタイア

スタートは、ポールのレッドブルのベッテルが好スタートを決める。
一方、フロントローのチームメイトのウェーバーは、スタートに失敗し、マッサ、アロンソ、ライコネンに先行を許して後退してしまう。

上位陣は、4周目くらいからタイヤ交換を済ませて持ちの悪いスーパーソフトからミディアムにシフトする。

その結果、メルセデスが見かけ上の1-2体制に、二台とも2ストップのペースで序盤の優勝争いに踏みとどまっていた。

その間、事実上トップのベッテルは、ピットストップを大幅に遅れさせているフォースインディアのスーティルに引っかかってしまい、後ろのフェラーリ二台とロータスのライコネンに近付かれてしまう。

フェラーリ、アロンソがベッテルとマッサの前に出ようとアンダーカットのギャンブルに出る、これがうまく行き一気に逆転。



しかし、中盤になると無理に勝負を仕掛けずクールなタイヤマネジメントに徹し、タイヤを温存していたライコネンが好タイムを叩き出しながら周回を重ね、2ストップ戦略に持ち込み3ストップのライバルチームを翻弄する。

同じように2ストップ戦略のメルセデスのロズベルグがマシントラブルでリタイア、善戦のハミルトンもタイヤが持たず3ストップを余儀なくされ優勝争いから後退してしまう。

終盤、敵の居なくなったライコネンは、時折降る雨とタイヤをうまくコントロールし、一時、アロンソが5秒以内に迫ったが
ライコネンに手も足も出ず…

アロンソとのギャップを冷静にコントロールしてライコネンが完璧な勝利を掴んだ。




無理なくタイヤマネジメントに徹して、スマートかつクールにレースを運んで優勝するとは、見事過ぎる!

2位はアロンソ。

戦前の予想で独走も考えられていたベッテルは3位に終わった。

4位は、光る走りを見せたフェラーリのマッサが入り、ハミルトンが5位。

ラップリーダーにも立ち、中盤ま で上位勢と互角のレースを繰り広げたスーティル は、最後に履いたスーパーソフトタイヤが機能せず に7位となったが、復帰初戦で8位フィニッシュの チームメートを結果でも上回って見せた。

不振のマクラーレンは、レースでも見せ場なく、 ジェンソン・バトン9位、セルジオ・ペレスも11位 に終わっている。



順位っていうか~決勝結果のコーナー

1位 ロータス  キミ・ライコネン 1時間30分03秒225

2位 フェラーリ フェルナンド・アロンソ 1時間30分12秒451

3位 レッドブル セバスチャン・ベッテル 1時間30分22秒346

4位 フェラーリ フェリペ・マッサ 1時間30分33秒577

5位 メルセデス ルイス・ハミルトン 1時間30分45秒561

6位 レッドブル マーク・ウェーバー 1時間30分46秒800

7位 フォースインディア エイドリアン・スーティル 1時間31分5秒068

8位 フォースインディア ポール・ディ・レスタ 1時間31分449

9位 マクラーレン ジェンソン・バトン 1時間31分21秒630

10位 ロータス ロメイン・グロジャン 1時間31分22秒759

11位 マクラーレン セルジオ・ペレス 1時間31分23秒367

12位 トロロッソ ジャン・エリック・ベルニュ 1時間31分23秒857

13位 ザウバー エステバン・グティエレス 1Laps

14位 ウィリアムズ バルテッリ・ボッタス 1Laps

15位 マルシャ ジュール・ビアンキ 1Laps

16位 ケータハム シャルル・ピック 2Laps

17位 マルシャ マックス・チルトン 2Laps

18位 ケータハム ギド・ヴァン・デル・ガルデ 2Laps

19位 トロロッソ ダニエル・リカルド リタイア/19Laps

20位 メルセデス ニコ・ロズベルグ リタイア/32Laps

21位 ウィリアムズ パストール・マルドナード リタイア/34Laps

22位 ザウバー ニコ・ヒュルケンベルグ リタイア



予想を素直にライコネンが優勝にしておけばよかったな~まさかベッテルがあんなにペース悪くなるなんて思わないもんな~ウェーバーなんかダメだったしな。今年のフェラーリは、なんか良さげなマシンみたいだな。マッサも速いしさ。
ロータスがかなり安定したタイヤの持ちで耐久性有りすぎだからライコネン良かったな~

昨夜は、ライコネンも飲みまくったに違いないだろうな~多分。アブダビじゃシャンパン飲めなかったからね!

しかし、完璧なレース運びというかマイペース戦略だったな~素晴らし過ぎるよライコネン!
Posted at 2013/03/18 16:42:27 | コメント(1) | トラックバック(0) | F1 | クルマ
2013年03月17日 イイね!

2013formula1 Australia Grand Prix 予選レポート



今年の開幕戦は、珍しく酷い雨の中、オーストラリアGP予選は、30分遅れでスタート

Q1は、本格的にウェットコンディションで雨によるトラフィックが酷く、クラッシュ、コースアウトが多発していて

ケータハムの新人のバンデルガルデがウォールに接触して、フロントウィングを引きずっているのから始まり

しばらくして、メルセデスに移籍したハミルトンがウォールにリアをヒットして

さらにしばらくして、フェラーリのマッサが塗れている路面でスピンし、ウォールに激しくヒットしてしまう。


この三台は、クラッシュするも走行に問題は、無くピットに戻れて修理出来たのでその後もアタックタイムを更新する。

その後、コースオフがあるがレースの妨げになるようなアクシデントは、Q1終盤まで起きない

終盤は、コンディションが回復し、全車インターミディにスイッチし、ノックアウトゾーンの上位勢も相 次いでベストタイムを更新していく

メルセデス、ロズベルグが1分43 秒380でトップにつける

続いて2番手フェラーリ、アロンソ

3番手にロータス、グロジャン

と続く

そして、ロータス、ライコネンは、11番手だった。残念(>_<)まだQ1だから~


Q1のノックアウトは…

チェッカー間際にクラッシュしたザウバーの新人グティエ レス

ケータハムのピック、新人のバン・デ ル・ガルデ

ウイリアムズのマルドナード

マルシャの新人のビアンキと同じく新人のチルトン

やっぱり新人には、テクニカルな雨のアルバートパークなんだろうか?ドライでも難しいと実況してたからな~




Q2・Q3は、雨が酷いため翌日に延期…かなり2010年の鈴鹿を思い出したな…雨がヤバい(笑)止まないしね。

さっき終わったQ2は、相変わらずの天気の悪さ
そして、路面は、小雨の降るウェットコンディションでスタート

やっぱり全車インターで出走です。続々とベストタイムを更新していく。
そのなか、レッ ドブルのベッテルが1分36秒台のタイムで暫定トップに浮上

それを終盤にメルセデス のロズベルグが上回る展開となった。

マクラーレン、ペレスは、タイヤをスーパーソフト変えるギャンブルが不発に終わりノックアウトとなる

Q2のノックアウトは…

ザウバー、ヒュルケンベルグ

フォースインディア、スーティル

トロ・ロッソ、ベルニュとリカルド(余談だけど僕は、リカルドと同い年、さらに余談リカルドは、1989年生まれ唯一のF1ドライバーでした(笑)どうでもいい情報でした。(^_^)>)

マクラーレン、ペレス

ウィリアムズの新人ボッタス

やっぱり新人には、難しいサーキットだな


Q3は、路面のコンディションは、回復傾向に向かい

序盤は、インターミディ

終盤は、スーパーソフトの形でのタイムアタックに

その中でもスピードを遺憾なく発揮したのが王者レッドブル
ベッテルは、最後のアタックタイムが 1分27秒407 をマーク
今季初のポールを早々と決定づけた。

フロントローは、ウェーバー

さっそく本領発揮したのは、レッドブルってとこですか!
信頼性抜群じゃないッスか!今年も強敵だな。

一方でライバル勢も最後までアタックを続け、メルセデスのハミルトンが3番手に入るも、 ベッテルとの差はコンマ6秒。フェラーリ勢もマッサが4番手、エースのア ロンソは5番手とレッドブルを脅かすことはできず

ベッテルは最後に残されたアタックを切り上げ る余裕を見せた。

2番手との差が0.6秒は、デカいな~(T_T)



予選結果っていうか~スターティンググリッドのコーナー

1番手 レッドブル ベッテル  1分27秒407

2番手 レッドブル ウェーバー 1分27秒827

3番手 メルセデス ハミルトン 1分28秒087

4番手 フェラーリ マッサ   1分28秒490

5番手 フェラーリ アロンソ  1分28秒493

6番手 メルセデス ロズベルグ 1分28秒523

7番手 ロータス  ライコネン 1分28秒738

8番手 ロータス  グロジャン 1分29秒013

9番手 フォースインディア ディ レスタ 1分29秒305

10番手 マクラーレン バトン  1分30秒357

11番手 ザウバー ヒュルケンベルグ 1分38秒067

12番手 フォースインディア スーティル 1分38秒134 

13番手 トロロッソ ベルニュ 1分38秒778

14番手 トロロッソ リカルド 1分39秒042

15番手 マクラーレン ペレス  1分39秒900

16番手 ウィリアムズ ボッタス 1分40秒290

17番手 ウィリアムズ マルドナード 1分47秒614

18番手 ザウバー   グティエレス 1分47秒776

19番手 マルシャ   ビアンキ 1分48秒147

20番手 マルシャ   チルトン 1分48秒909

21番手 ケータハム ヴァン デル ガルデ 1分49秒519

22番手 ケータハム ピック 1分50秒626

となってます!

今年のライコネンのヘルメットデザイン


決勝は、多分、優勝レッドブルのベッテルかなー

1ベッテル 2ハミルトン 3ウェーバー 

と予想します!
Posted at 2013/03/17 13:16:52 | コメント(0) | トラックバック(0) | F1 | クルマ

プロフィール

「第20戦アブダビGP決勝結果発表!(*ゝω・*)ノ http://cvw.jp/b/230228/40775829/
何シテル?   12/05 19:32
こんにちは、アンポン友樹です。よろしくです!F1が好きです。生まれつき進行性キンジストロフィーディシャンヌ型っていう病気で体が不自由です。あんまり、気にしてない...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2013/3 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

2013Formula1 Belgium Grand Prix 予選レポート 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/08/25 18:38:33
DANDYな車椅子Life  
カテゴリ:おもしろそうなブログ
2006/11/01 22:37:37
 
モヒカン日記 リローデット 
カテゴリ:おもしろそうなブログ
2006/11/01 22:33:41
 

愛車一覧

トヨタ アルファード トヨタ アルファード
いつも職場や出かけるところへ、俺を運んでくれる車です。本当は、色は、青が良かったのに・・ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.