• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

アンポン友樹のブログ一覧

2013年05月28日 イイね!

2013Formula1 Monaco Grand Prix 決勝レポート



モナコGP決勝

天気:晴れ 気温:18度 

路面温度:41度 ドライコンディション

レースは3番グリッドにつけたベッテルが好スタートを見せたものの、最前列のメルセデス2台がうまくラインを塞ぎ、ロズベルグ&ハミルトンの順でボー・リバージュを駆け上がっていく。

後続のマシンもほぼグリッド通りに無難なスタートを切り、序盤は静かな立ち上がりになった。去年は、スタートが大混乱だったし、クラッシュが無くて良かった。

先頭を走るメルセデスは、スタート直後の周数こそハミルトンが後続のベッテルにプレッシャーを受 けるが、その後は安定したペースを取り戻して、1-2態勢を維持する。

あまりに動きがないので少し眠気がしたりしなかったり(-_-)zzz



ベッテル以下のウエーバー、 ライコネンもほぼ2秒間隔で続き、ロータスからやや遅れをとっていたフェラーリのアロンソも20周過ぎから徐々にペースをアップしてきた。

26周目、上位陣の先頭を切って4番手のウエー バーがピットイン、スーパーソフトからソフトタイヤにスイッチすると、翌周にライコネン、29周目にアロンソがタイヤ交換を終える。



しかし30周目、 マッサが1コーナーでFP3と同じ様なハードクラッシュをして、セーフティカーが出動する。ここでトップを争うメルセデスとレッドブルもピットス トップを迎えるが、ベッテルの翌周31周目にダブルピットストップを行ったメルセデスは先行するロズベルグが首位を守ったものの、後に続いたハミルトンはウエーバーに交わされ4番手に後退してしまう。

実況で森脇さんが「メルセデスは、しなくてもいいダブルストップしてしまいましたね」みたいなことをレース後に言ってたよな~1-2行けたのに勿体無い・・・タイム差に余裕のあったニコだけなら平気だったしね。

37周目に再開されたレースは終盤を迎えた46周目に今度は、ウィリアムズのマルドナードとマルシャのチルトンが絡みクラッシュ。この影響で崩れたウォールがコースの半分以上を塞いだため、レースは赤旗が掲示され、一時中断となってしまう。



これのおかげでタイヤ変えれたからライコネンが楽になったと安心した僕(^_^;)こんな感じの心境

タイヤは、なぜかソフト・・・

でもまだ、その時は、あんなことが起きるとは、まったく思わなかった・・・

タイヤ交換が許されるこの赤旗中断で、 先頭のロズベルグは一気に優位な立場に。ライバルと同じくスーパーソフトを履いたロズベルグは、予想通りレース終盤もペースを落とすことなく周回。64周目にグロージャンがリカルドに追突したことで2度目のセーフティカーが出動した。

ここから、ライコネンの悲劇が始まった・・・しかも、若干タイヤヤバい可能性もあったからさ(゚Д゚;)



その悲劇は、レース終盤69周目で起きた。

セーフティカーが抜けた後、ずっとオーバーテイクの機会を狙っていた後続のペレスがトンネル出口のヌーベルシケインのブレーキングでライコネンのインサイドに思い切って無理やり飛び込んでくれて。
ライコネンのロータスは、すでにエイペックスに向けてアプローチをしてたから、行き場を失くしたペレスがガードレールとライコネンのマシンに挟まれるかたちで接触したんですよ(T_T)。

アロンソにも同じような抜き方したし、バトンにはぶつけそうになるし、危なすぎチェコは…!狭いんだぞモナコは!(*`Д´*)わかってんの?そりゃ、ライコネンも怒りますよ!リタイアしてまたクルーザーに行きかねないよ…(それは、ない)

この接触でライコネンは左リヤタイヤのパンクに見舞われ、翌周終わりにピットストップを余儀なくされて5位を失ってポイント圏外まで下がって、一方のペレスは、フロントウイン グにダメージを負い、さらにブレーキのオーバー ヒートを起こしてチェッカー目前にリタイアに追い込まれた。



まったく、あんな抜き方するからそうなるんだペレス( -_-)って感じでしたね。見てる最中は…怒り心頭ですよ(大袈裟(笑))

最終的にライコネンがミラクル起こして、15番手から5台抜きして10位フィニッシュでポイント圏内に入ってきたから良かった。1ポイントでも貴重だし!モナコで5台抜きは、すごいことだし。

そしてレースは、 難なくリスタートを決めたロズベルグが最後も後続のベッテルに約4秒の差をつけ、今季初優勝を達成した。



通算2勝目となるモナコ初制覇は30年前の1983年にここモンテカルロを制した父ケケ・ロズベルグと並ぶ親子2代による記念すべき勝利となった。

2位はベッテル、3位にはウェーバーが入った。ロズベルグのチームメイト、ハミルトンは4位。
5位にスーティルが入り、マクラーレンのバトンが6位を獲得した。
フェラーリのアロンソは、終盤に順位をスタートから1つ落として7位に終わっている。



決勝結果っていうか~順位のコーナー

1位 メルセデス ニコ・ロズベルグ 2時間17分52秒056

2位 レッドブル セバスチャン・ベッテル +3秒888

3位 レッドブル マーク・ウェーバー +6秒314

4位 メルセデス ルイス・ハミルトン +13秒894

5位 フォースインディア エイドリアン・スーティル +21秒477

6位 マクラーレン ジェンソン・バトン +23秒103

7位 フェラーリ フェルナンド・アロンソ +26秒734

8位 トロロッソ ジャン・エリック・ベルニュ +27秒223

9位 フォースインディア ポール・ディ・レスタ +27秒608

10位 ロータス キミ・ライコネン +36秒582

11位 ザウバー ニコ・ヒュルケンベルグ +42秒572

12位 ウィリアムズ バルテッリ・ボッタス +42秒691

13位 ザウバー エステバン・グティエレス +43秒212

14位 マルシャ マックス・チルトン +49秒885

15位 ケータハム ギド・ヴァン・デル・ガルデ +1分02秒590

16位 マクラーレン セルジオ・ペレス リタイア/-6Laps

17位 ロータス ロメイン・グロージャン リタイア/-15Laps

18位 トロロッソ ダニエル・リカルド リタイア/-17Laps

19位 マルシャ ジュール・ビアンキ リタイア/-20Laps

20位 ウィリアムズ パストール・マルドナード リタイア/-34Laps

21位 フェラーリ フェリペ・マッサ リタイア/-50Laps

22位 ケータハム シャルル・ピック リタイア/-71Laps



ロズベルグが優勝するのだけ当たりました!ハミルトンも行けるかな~と思ったけど。作戦っていうか~チームのとっさの判断が鈍ったって感じだったな。惜しい惜しい。
なんとなく、モナコで安定してたのは、レッドブルかなと思いました。
スーティルもよく頑張ったよ~ねっ?鳩さん(笑)



しかし、ライコネンってやっぱり半端ないわ~

次回、『フォックス君、バービー(ビーバー)ちゃんのチキンレース!カナダGP!』乞うご期待!

誰か観てくれるかな…文章長いからな…(^_^;)

それでは、見てくれている方!ありがとうございます!
Posted at 2013/05/28 17:24:15 | コメント(0) | トラックバック(0) | F1 | クルマ
2013年05月26日 イイね!

2013Formula1 Monaco Grand Prix 予選レポート




モナコGP予選

天気やや雨 気温17度 路面温度23度 弱めのウェットコンディション

Q1は、各車インターミディタイヤでアタックを開始。

開始直後にビアンキが壁にヒットしてカジノコーナー手前で白煙を出してマシンを止めてしまう。すぐに片付き、アウトラップを終えてアタック開始。

セッション残り15分でレッドブル、ウェーバーが1分36秒529でトップタイムをマーク。

その後にフェラーリ、アロンソがタイムを塗り替えるもトロロッソのベルニュが上回りトップタイムを更新する。

セッション残り8分でモナコで早いんじゃないかと噂されたメルセデスのロズベルグがウェーバーに次ぐ2番手に付ける。

その後に、レッドブルのベッテルが1分25秒352でトップタイムに!

セッション残り4分というところでFP3でクラッシュし、マシンを壊したロータス、グロージャンが修理を終えてピットアウト、一発で良いタイムを出して最終的に4番手でQ1通過。

セッション残り3分というタイミングで、メルセデスのハミルトンが1分23秒台を記録して、トップに立つと、最終盤に向けさらにタイムが更新されていく。
トップが次々と変わっていくなか、 最終的には1分23秒452を記録したウィリアムズのマルドナードがトップに立った。

フェラーリのマッサは、FP3のクラッシュの修理が間に合わず、ノックアウト。ギアボックスも交換のため5グリッド降格で最後尾スタート。

Q1ノックアウトは、

フォース・インディアのディ・レスタ

ケータハムのピック

ザウバーのグティエレス

マルシャのチルトン

マルシャのビアンキ

フェラーリのマッサ



Q2もウェットコンディションが収まらず、インターミディでのアタックになった。

雨も降り出し各車、早めにコースインをする。

まずタイムを出したのがメルセデスのロズベルグ、1分34秒439
そのタイムをレッドブル、ウェーバーが上回りトップに。
ロズベルグが2周目の計測で1分27秒7で再びトップに、チームメイト、ハミルトンが2番手で続く。

その後、ザウバーのヒュルケンベルグがトップタイムを塗り替え、マクラーレンのペレスが2番手にでる。そして、チームメイト、バトンは、1分23秒014でトップに。

セッション残り5分を過ぎると各車続々とスーパーソフトに履き替える。

そして、残り2分を切るとスーパーソフトを装着したウエーバーが1分19秒台を記録してトップに。 しかしその後も18秒台、17秒台とタイムが更新されて、チェッカー間際にアタックへ入ったベッテルが1分15秒988を記録してこのセッションのトップとなった。2番手タイムは、ロータスのライコネン。

Q1終盤にクラッシュの修復を終え、Q2進出を果たしたグロージャンはここで敗退。トロロッソ勢は、リカルドは12番手にとどまったものの、ベルニュがQ3進出を果たした。 ウイリアムズの2台はともに敗退し、バ ン・デル・ガルデとヒュルケンベルグもQ3進出はならなかった。

Q2ノックアウトは、

ザウバーのヒュルケンベルグ

トロロッソのリカルド

ロータスのグロージャン

ウィリアムズのボッタス

ケータハムのヴァン・デル・ガルデ

ウィリアムズのマルドナード



Q3は、レッドブル、メルセデス、マクラーレンの2台と、アロンソ、ライコネン、スーティル、ベルニュの10台が進出した。

路面が完全にドライになって、Q2に続きスーパーソフトでのアタックになった。

序盤からレッドブルとメルセデスの争いになった。

チェッカー直前のアタックでロズベルグが1分13秒876を出してポールポジションを獲得。その直前に1分13秒967を記録して一旦トップに立ったハミルトンは、フロントローを獲得してメルセデスがポール、フロントロー独占した。

後ろには、ベッテル、ウェーバーとレッドブルがセカンドローに続く。

Q3を最初にコースに出たライコネンがなんとかアロンソより前の5番手に付けた。

アロンソが近くにいるのは、大変かもな、なんとか表彰台に乗れるといいけどなライコネンは…




予選結果っていうか~スターティンググリッドのコーナー


1番手 メルセデス ロズベルグ 1分13秒876

2番手 メルセデス ハミルトン 1分13秒967

3番手 レッドブル ベッテル 1分13秒980

4番手 レッドブル ウェーバー 1分14秒181

5番手 ロータス ライコネン 1分14秒822

6番手 フェラーリ アロンソ 1分14秒824

7番手 マクラーレン ペレス 1分15秒138

8番手 フォースインディア スーティル 1分15秒383

9番手 マクラーレン バトン 1分15秒647

10番手 トロロッソ ベルニュ 1分15秒703

11番手 ザウバー ヒュルケンベルグ 1分18秒331

12番手 トロロッソ リカルド 1分18秒344

13番手 ロータス グロージャン 1分18秒603

14番手 ウィリアムズ ボッタス 1分19秒077

15番手 ケータハム ヴァン・デル・ガルデ 1分19秒408

16番手 ウィリアムズ マルドナード 1分21秒688

17番手 フォースインディア デイ・レスタ 1分26秒322

18番手 ケータハム ピック 1分26秒633

19番手 ザウバー グティエレス 1分26秒917

20番手 マルシャ チルトン 1分27秒303

21番手 マルシャ ビアンキ No time

22番手 フェラーリ マッサ No time




今年のモナコもライコネンは、ジェームズ・ハントに関係してるヘルメットですね。去年のレプリカのメットのがカッコいいかな?

あんまりエクレストンに気に入れてないらしい・・・なんでも、9月にやるRushって、ジェームズ・ハントとニキ・ラウダの映画の不当広告になるとかなんとか。

ライコネンにその意図ないんだからいいじゃんて思うけどね。

一応、表彰台の予想載せときます!

1位 ロズベルグ 2位 ハミルトン 3位 ライコネン

です!

当たると良いな~

Posted at 2013/05/26 13:22:44 | コメント(0) | トラックバック(0) | F1 | クルマ
2013年05月17日 イイね!

2013Formula1 Spain Grand Prix 決勝レポート



スペインGP決勝

天気晴れ 気温20度 路面温度35度 ドライコンディション

レースはスタート直後の1コーナーでベッテルが2番手に浮上し、同じく好スタートを決めたアロンソが2コーナーでライコネンとハミルトンをアウトから一気にパス、3 番手に浮上する。
その結果、オープニングは、ロズベルグ、 ベッテル、アロンソ、ハミルトン、ライコネン、そしてフマッサがトップ6を形成するが、す ぐにメルセデス2台のペースに陰りが見え始め、序盤から防戦一方の走りを強いらた。予選がいつもいいだけに見ていて可哀想なメルセデスです。



10周目前後に各車1回目のピットストップを終えると、アロンソがベッテルの前でコースに復帰、2番手に浮上すると、13周目の1コーナーで早くもトップに浮上する。
ベッテルの後ろ3番手にはハミルトンを攻略したマッサ、ライコネンが続いたが、 フェラーリ2台は20周を終えたところで立て続けに2回目のピットストップを実施した。
4ストップ戦略を本格にスタートさせクイックラップを重ねていくフェラーリに対しレッドブルのベッテルは24周目、ロータスのライコネンは26周目、メルセデスのロズベルグが27周目と3ストップのスケジュールを守ったが、ロズベルグは、上位争いに留まることができず徐々に遅れをとっていった。

中盤は、アロンソとマッサの跳ね馬2台がクリー ンな視界を活かしてレースを快調にリード。33周目にベッテルを交わしたライコネンが3番手で続く。
その後アロンソはライコネンに対し1ストップ分となる20秒のギャップを一旦築くが、これにライコネンも反応。約17秒まで縮めたアイスマンは、36周目にダブルピットストップを敢行したアロンソの前に出るが、 フレッシュタイヤのアロンソはすぐにライコネンからトップの座を取り戻す。



アロンソとライコネンによる行き詰まる優勝争いは、45周目にライコネンが最後のピットストップを 行うが、それまでに9秒のギャップを築いていたアロンソが50周目に27秒のリードを持って4回目と なるピットストップを行った。
このピットストップを無事にこなしたアロンソは、ライコネンの7秒前でコースに復帰、これがトドメと言わんばかりに最終スティントもライバルとの差をコントロールし続け、最後は母国ファンの大歓声を受けてトップチェッカー!

ライコネンとのバトルを見事に制した。



今回は、フェラーリの方が一枚上手だったな。ロータスも負けてないし、いい勝負だったと思いますね!アロンソもライコネンも魅せてくれるぜ!

ライコネンファンとしては、勝って欲しかったけど。ベッテルとのランキングの差が4ポイントに縮まったからとりあえず、良かった。



そういえば、フェラーリ久々のダブル表彰台ですね!息子さんの前で乗れて良かったな~マッサ(>_<)
マッサの子供も映ったけど可愛かったな~



決勝結果っていうか~順位のコーナー

1位 フェラーリ フェルナンド・アロンソ 1時間39分16秒596

2位 ロータス キミ・ライコネン +09秒338

3位 フェラーリ フェリペ・マッサ +26秒049

4位 レッドブル セバスチャン・ベッテル +38秒273

5位 レッドブル マーク・ウェーバー +47秒963

6位 メルセデス ニコ・ロズベルグ +1分18秒020

7位 フォース・インディア ポール・ディ・レスタ +1分18秒988

8位 マクラーレン ジェンソン・バトン +1分29秒506

9位 マクラーレン セルジオ・ペレス +1分31秒738

10位 トロロッソ ダニエル・リカルド -1Laps

11位 ザウバー エステバン・グティエレス -1Laps

12位 メルセデス ルイス・ハミルトン -1Laps

13位 フォース・インディア エイドリアン・スーティル -1Laps

14位 ウィリアムズ パストール・マルドナード -1Laps

15位 ザウバー ニコ・ヒュルケンベルグ -1Laps

16位 ウィリアムズ バルテッリ・ボッタス -1Laps

17位 ケータハム シャルル・ピック -1Laps

18位 マルシャ ジュール・ビアンキ -2Laps

19位 マルシャ マックス・チルトン -2Laps

20位 トロロッソ ジャン・エリック・ベルニュ リタイア/14Laps

21位 ケータハム ギド・ヴァン・デル・ガルデ リタイア/45Laps

22位 ロータス ロメイン・グロージャン リタイア/58Laps

こんな結果でした!


そういえば、昨日?ですかね。

ホンダが2015年からF1に帰ってくるって会見しましたね!

なんでもマクラーレンにエンジン供給するからマクラーレン・ホンダ復活らしいじゃないですか。

これは、日本のF1ファンには、嬉しいニュースですね。
今から2015年待ち遠しくなっちゃうな。

やっぱりマシンのカラーリングは、セナの頃と同じになるんですかね(笑)
そうなるといいな( ̄∇ ̄)


さぁ~て、次は、伝統のモナコですね!やっぱりここは、レッドブルかな~以外とメルセデスかな~前に出れたやつが優勝だろうし

それでは!(^_^)/



Posted at 2013/05/17 16:18:12 | コメント(0) | トラックバック(0) | F1 | クルマ
2013年05月12日 イイね!

2013Formula1 Spain Grand Prix 予選レポート



スペインGP予選

天気晴れ 気温20度 路面温度36度 風強めのドライコンディション

Q1で、はじめに動いた上位チームは、ロータス。

開始10分を前にハードタイヤでタイム計測を行うと、まずはライコネンがトップ、そしてグロージャンも2番手につける。

さらにフェラーリもハードタイヤで続き、アロンソがトップ、マッサが2番手と並びタイムを塗り替える。

開始5分を切ると、メルセデスとレッドブルがミディアムタイヤでのアタックへ。ロズベルグ、ベッテルとトップタイムをマークしていく。
続いたハミルトンは、1分21秒728を記録して首位に躍り出る。

その後、このタイムを上回るマシンは現れず、ハミルトンがこの セッションのトップ通過。2番手にはロズベルグ、3番手にはベッテルが続く。

Q1ノックアウトは、

ウィリアムズのボッタス

ウィリアムズのマルドナード

ケータハムのヴァン・デル・ガルデ

マルシャのビアンキ

マルシャのチルトン

ケータハムのピック

ウィリアムズは昨シーズン、このサーキットでマルドナードが初勝利を獲得しているだけに、改めて今季の苦戦ぶりがあらわになる形となった。



Q2は、各車ミディアムタイヤを装着して臨んだこのセッションでは、フェラーリのアロンソ やロータスのライコネンが早々に1分21秒台と安全圏のタイムを記録した。

一方、メルセデスや レッドブルは、セッション前半にタイムを伸ばすことが出来ず、終盤に再アタックを行うことに。

そして、セッション終了間際にまずはベッテルがチェッカー前にトップに立ったが、終了直前にタイム計測へと入ったハミルトンが最後の最後で1分21秒001を記録。



2番手ベッテルのタイムをコン マ6秒も上回る圧倒的なタイムで、Q1に続きこの セッションでもトップに立った。
3番手には前半に計測を行ったアロンソがつけた。

マクラーレンは、ペレスが7番手に入るが、バトンは14番手と明暗が分かれた。
フォース・インディアも、 ディ・レスタのみがQ3進出となっている。

Q2ノックアウトは、

トロロッソのリカルド

トロロッソのベルニュ

フォースインディアのスーティル

マクラーレンのバトン

ザウバーのヒュルケンベルグ

ザウバーのグティエレス



Q3は、予選に入りスピードを上げてきたメルセデスを軸に展開。

最初のタイム計測で1分20秒台に入れたロズベルグは、終盤のラストアタックでもタイムを更新。
1分20秒718をマークし、2戦連続、通算3回目のポールポジションを獲得した。
メルセデスはチームメイトのハミルトンも2番手で続き、フロントロウを独占。3番手はレッドブルのベッテルとなり、ロータスのライコネンが2列目4番手を獲得した。



FP3までは、好調な仕上がりを見せていたフェラーリは、アロンソが5番手、マッサは6番手に・・・上位グリッド獲得はならなかった。



一発の速さは、レッドブルとフェラーリ、メルセデスは、速いけどレースペースで走った時に強いのは、ロータスだと思う。結局、タイヤとの戦いだから持久力的に4番手のライコネンに分があると感じます!ただスタートで、アロンソとかベッテルにブロックされるだろうからこの2人の前にいかにでるかだよな。アンダーカットで抜きにでるかな…(^_^)



予選結果っていうか~スターティンググリッドのコーナー

1番手 メルセデス ロズベルグ 1分20秒718

2番手 メルセデス ハミルトン 1分20秒972

3番手 レッドブル ベッテル 1分21秒054

4番手 ロータス ライコネン 1分21秒177

5番手 フェラーリ アロンソ 1分21秒218

6番手 フェラーリ マッサ 1分21秒219

7番手 ロータス グロージャン 1分21秒308

8番手 レッドブル ウェーバー 1分21秒570

9番手 マクラーレン ペレス 1分22秒069

10番手 フォースインディア ディ・レスタ 1分22秒233

11番手 トロロッソ リカルド 1分22秒127

12番手 トロロッソ ベルニュ 1分22秒166

13番手 フォースインディア スーティル 1分22秒346

14番手 マクラーレン バトン 1分22秒355

15番手 ザウバー ヒュルケンベルグ 1分22秒389

16番手 ザウバー グティエレス 1分22秒793

17番手 ウィリアムズ ボッタス 1分23秒260

18番手 ウィリアムズ マルドナード 1分23秒318

19番手 ケータハム ヴァン・デル・ガルデ 1分24秒661

20番手 マルシャ ビアンキ 1分24秒713

21番手 マルシャ チルトン 1分24秒996

22番手 ケータハム ピック 1分25秒070


とりあえず、表彰台の予想は・・・


ライコネン

ハミルトン

アロンソ

と予想します!それでは!(^^)/
Posted at 2013/05/12 11:21:10 | コメント(0) | トラックバック(0) | F1 | クルマ
2013年05月11日 イイね!

男3人で祝う誕生日

今日は、Lvが24に上がると言うことで!

俺のリスペクトしている作業所のもうすぐ三回目の成人式な友人のGさんとヘルパーのWさんと映画を観て来ました。

見た作品は、「探偵はbarにいる2~ススキノ大交差点~」

今日から公開の大泉洋主演の作品です。

今回は、前回を上回るエロありアクションあり、笑いあり涙ありのコミカルでムーディかつダンディーなエンターテインメントだったな~(>_<)楽しすぎてあっと言う間に感じたよ。

これは、観るべきだな!うん!

それは、そうと友人のGさんを紹介しなくては!

彼は、俺にとっては、偉大なジェダイマスターのマスター・ヨーダに等しい人です!

なぜ?って、脳性麻痺で俺より手とかちゃんと聞き取れるけど会話とか不自由なのにヘルパーさんを上手く使って1人暮らししているし、きちんと自活してるスゴい人だからだ。

そして、心の広い優しいおじさんだからだ。もはや、第2の親父だね!

仲がいい理由は、鋼の錬金術師が好きで話し出したのがきっかけで、銀魂好きだったりCityHunter好きだったりで結構と言うかかなりアニメの趣味があって意気投合したんです。
歴史(世界史)とかいろいろ物知りで博学なのも理由の一つ。

高校で好きだった女の子に振られて、元気を無くしていた作業所入り立ての俺には、趣味の合う仲間の存在が立ち直るきっかけにもなったキーマンかもな。

そうな歳のかなり離れた親友と自分の誕生日を楽しく過ごしたかった訳だ。実は、女の子に祝われたいがあいにくそんな女の子は、自分にはいない。ならどうするの?友人でしょっ!

映画の後は、自分への誕生日プレゼントとしてPerfumeのライブのチケットを入手したかったのにそれに失敗したので代わりにthe HIATUSのアルバムとSUM41のアルバムを買うのに付き合っていただき、夕食にハンバーグを食べて解散した。

最初は、寿司を予定していたけど結局、行きつけの洋食屋に変更した。

とりあえず、そこで誕生日プレゼントの中身をちょっと見せてもらい、なんと犬のメガネ置きをいただいた。

是非とも大事に使わせていただきます!

そんな24歳の誕生日でした。では、明日!予選ブログで

今日は、疲れたな、え!もう3時だし、もうだめ~お休み

Posted at 2013/05/12 02:03:59 | コメント(0) | トラックバック(0) | 誕生日 | 日記

プロフィール

「第20戦アブダビGP決勝結果発表!(*ゝω・*)ノ http://cvw.jp/b/230228/40775829/
何シテル?   12/05 19:32
こんにちは、アンポン友樹です。よろしくです!F1が好きです。生まれつき進行性キンジストロフィーディシャンヌ型っていう病気で体が不自由です。あんまり、気にしてない...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2013/5 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

2013Formula1 Belgium Grand Prix 予選レポート 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/08/25 18:38:33
DANDYな車椅子Life  
カテゴリ:おもしろそうなブログ
2006/11/01 22:37:37
 
モヒカン日記 リローデット 
カテゴリ:おもしろそうなブログ
2006/11/01 22:33:41
 

愛車一覧

トヨタ アルファード トヨタ アルファード
いつも職場や出かけるところへ、俺を運んでくれる車です。本当は、色は、青が良かったのに・・ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.