• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

アンポン友樹のブログ一覧

2015年03月29日 イイね!

F1GP 2015 Rd.2 マレーシアGP 決勝リザルト




第4話 ~最強メルセデス
       VS
       跳ね馬フェラーリ~


ハミルトンがポール、ベッテルがフロントロー、ロズベルグが3番手に付けてメルセデス2台の間にフェラーリが入り込む形でベッテルがメルセデスに挑戦できるチャンス得た!
ドライコンディションの中迎えた決勝レース、最強メルセデス相手にフェラーリは、どこまでやれたのか!11番手スタートのフェラーリ、ライコネンがどこまで上がって来られたのかも気になるところ。

という訳で!カウントダウン(≧∀≦)σ(カウン○ダウン○V風だな)



《マレーシアGP 決勝リザルト》

1位 No.5 S.ベッテル / Ferrari 1h41'05.793

2位 No.44 L.ハミルトン / Mercedes +0'08.569

3位 No.6 N.ロズベルグ / Mercedes +0'12.31

4位 No.7 K.ライコネン / Ferrari +0'53.822

5位 No.77 V.ボッタス / Williams +1'00.409

6位 No.19 F.マッサ / Williams +1'13.586

7位 No.33 M.フェルスタッペン / Toro Rosso +1'37.762

8位 No.55 C.サインツ ジュニア / Toro Rosso -1Lap

9位 No.26 D.クビアト / Red Bull Racing -1Lap

10位 No.3 D.リカルド / Red Bull Racing -1Lap

11位 No.8 R.グロージャン / Lotus -1Lap

12位 No.12 F.ナスル / Sauber -1Lap

13位 No.11 S.ペレス / Force India -1Lap

14位 No.27 N.ヒュルケンベルク / Force India -1Lap

15位 No.98 R.メリ / Manor -3Laps

16位 No.13 P.マルドナド / Lotus TEXT1(リタイア)

-位 No.22 J.バトン / McLaren (リタイア)

-位 No.14 F.アロンソ / McLaren (リタイア)

-位 No.9 M.エリクソン / Sauber (リタイア)


なんとフェラーリがコース上でメルセデスを追い詰めて、ハミルトンをベッテルがオーバーテイクして優勝!ライコネンは、ロズベルグに追いつけないけども4位まで上がってこれました。スタートの接触がなければ3位も狙えた健闘を見せてくれました。軍配は、フェラーリに上がった訳です。

それでは、感想いってみよ~(ゝω∂)



いや~、フェラーリがやってくれましたよ!フェラーリ、スタートから勢い良くてメルセデス、ハミルトンをベッテルがコース上で追い詰めてオーバーテイクしてくれちゃったよ。おまけに抜いてからのペースも速くてメルセデス並みのタイム差を築いて見事に優勝だからね。今回、フェラーリは、ピットのタイミングとかタイヤの保ち具合も良かったからな~。



ライコネンも4位でスタートでの接触でタイヤパンクしてなかったら1-2フィニッシュも狙えただろうから残念だった。でも、11番手からのスタートで接触のせいでパンクして、最後尾に下がっても4位まで上がって来られるパフォーマンスを見せれたし、フェラーリ復活って言っていい気がする。ファステストタイムもバンバン出してたからね。最後尾にライコネンが下がった時は、このレース終わったって思ったけど。良かった×2。



メルセデスは、勢い良すぎるフェラーリに焦ったのか入らなくていいピットインするミスをしてしまったりして、終盤ハミルトンが機嫌悪くなってたな。ロズベルグには、抜かれなかったけどね。メルセデス、フェラーリにガレージに招待するよとか言っちゃうから~(o゜▽゜)o(笑)



予選のブログで言った通り、5、6位、7、8、9、10位争いが激しかったな。5,6位は、ウィリアムズ同士の追いかけっこでマッサを追いかけるボッタスがなかなかマッサを抜けずにいて、DRSで近づいて最終コーナーで並びにかけるけどマッサのライン取りがいいからダメなんだよね~。まだまだマッサのアニキは、やれますな~(笑)最終的には、ボッタスに軍配が上がった訳なんですが。でも、ウィリアムズの予選の位置からしたら二人とも挽回出来たと思う。



7、8、9、10位争いは、レッドブル対トロロッソの闘いで、レース中、何回も抜いたり抜かれたり(なんかエロいな、まぁ、いいや(笑)してたな。レッドブルは、リカルドかな?なんかブレーキを左右付け間違えたとかで、コーナー大回りになるからそこをつかれてトロロッソのサインツやフェルスタッペンに抜かれてブレーキのたびに黒い煙出てて、とても乗りにくそうだったな。結局、クビアトもなかなか攻めてもトロロッソのがパフォーマンス良くて本家が子会社に負ける感じになってしまって攻めすぎたルノーとレッドブルの厳しい現実が見えたかな。これでトロロッソのがパワーユニット、パフォーマンス低いヤツだっていうからね。後、ピットクルー、ブレーキ左右付け間違えちゃダメじゃん(^_^;)てか、そんな事あるんだね。



マクラーレン・ホンダ、マレーシアGPは、2台完走出来なかったな~レースペースは、なかなか良かったんだけど、フォースインディアとの争いが多かったから目先の敵は、フォースインディアって感じかな。厳しいことには、変わりないけど。まだ始まったばかりだから頑張れホンダ!

マレーシアGPは、なかなか楽しいレースでした。ひさびさにイタリア国歌聞けたしね(笑)

それでは(≧∇≦)b
Posted at 2015/04/01 05:48:57 | コメント(0) | トラックバック(0) | F1 2015年シーズン | スポーツ
2015年03月28日 イイね!

F1GP 2015 Rd.2 マレーシアGP 予選リザルト




~第3話 アロンソ、カムバック! 厳しい現実 ~

アロンソが復帰したのは、いいもののマクラーレン・ホンダのマシンの戦闘力は、低く厳しい現実がアロンソとバトンを待ち受けていた。

そんな中で始まったマレーシアGP予選…ドライコンディションからのスコールで雷と雨に翻弄される展開に(ライコネンが特に)。テクニックが重視されるウェット路面でのポールポジション獲得は、誰だ!

という事で予選リザルト!どうぞ(´▽`)ノ



《マレーシアGP 予選リザルト》

1位 No.44 L.ハミルトン / Mercedes 1'49.834 (13Laps)

2位 No.5 S.ベッテル / Ferrari 1'49.908 (13Laps)

3位 No.6 N.ロズベルグ / Mercedes 1'50.299 (13Laps)

4位 No.3 D.リカルド / Red Bull Racing 1'51.541 (16Laps)

5位 No.26 D.クビアト / Red Bull Racing 1'51.951 (16Laps)

6位 No.33 M.フェルスタッペン / Toro Rosso 1'51.981 (16Laps)

7位 No.19 F.マッサ / Williams 1'52.473 (17Laps)

8位 No.8 R.グロージャン / Lotus 1'52.981 (18Laps)

9位 No.77 V.ボッタス / Williams 1'53.179 (14Laps)

10位 No.9 M.エリクソン / Sauber 1'53.261 (18Laps)

11位 No.7 K.ライコネン / Ferrari 1'42.173/Q2 (6Laps)

12位 No.13 P.マルドナド / Lotus 1'42.197/Q2 (11Laps)

13位 No.27 N.ヒュルケンベルク / Force India 1'43.022/Q2 (9Laps)

14位 No.11 S.ペレス / Force India No Time/Q2 (11Laps)

15位 No.55 C.サインツ ジュニア / Toro Rosso No Time/Q2 (9Laps)

16位 No.12 F.ナスル / Sauber 1'41.308/Q1 (7Laps)

17位 No.22 J.バトン / McLaren 1'41.635/Q1 (5Laps)

18位 No.14 F.アロンソ / McLaren 1'41.745/Q1 (8Laps)

19位 No.98 R.メリ / Manor 1'46.677/Q1 (7Laps)

20位 No.28 W.スティーブンス / Manor No Time/Q1




相変わらずポールポジションは、ハミルトンですよ。今回違うのは、フロントローがロズベルグじゃないこと。なんとフェラーリのベッテルがフロントローなんですよ!雨のおかげだけども、ドライでもいいタイム出るからマシンも調子いいんでしょう。フェラーリ戻って来たね~ベッテル、メルセデス来るしめれるかな(笑)多分、苦しむとしたらロズベルグだろうなぁ(^_^;)
それでは、もう書き始めてるけど、感想です(^_^)ゞ



しっかし、始まりからサーキットの周りに黒い雲がいて雷とか見えたからこれは、スコール来るな~って見てたら案の定、Q2開始してワンアタックしたくらいでドシャ降り来ましたよ。
しかも、ライコネンが11番手タイムしか出せなかったんだ…エリクソンが進路妨害したから~(T_T)リプレイ映像出たからペナるかな?ウ~ン(~。~;)?ないな。



フリー走行とか速かったから期待してたのになライコネンには、だってベッテルが2番手行けたんだから、エリクソンより前についてれば良かったんだよ。まぁ、ザウバーも今年いい感じだからエリクソンが頑張りたくなるのもわからなくはないけど。とにかく、ライコネンには、スタートをうまく切り抜けて上に上がって来て欲しいな。開幕戦は、リタイアでノーポイントだったからね。ピットクルー、ミスんないで(ゝω∂)

ウィリアムズがあんまり目立たなかったな~熱いところが苦手なマシンなんだな。マッサ7番手、ボッタス9番手でなかなか微妙な位置だよね。メルセデスに挑戦できなそうだな。



逆にレッドブル4、5番手についたからどうなんだろうか?ドライだと厳しいかな~ルノーのパワーユニット次第だよな。4位5位争い熾烈かもな~ロータスとかグロージャンいい感じだったし。



マクラーレン・ホンダは、やっぱり厳しい状況だよな~アロンソならQ2進出出来るかな?って思ったけど、ダメだったしバトンのが速かったし。2戦目の人のが初戦の人より上手いのは、当たり前か。でも、ワールドチャンピオンが2人いるのに2台完走する事が目標なのは、なんだか歯痒いよな~。これじゃあ、全然戦えないもんな。なんとか2台共に走りきって欲しい。

明日、ドライだといいな…

Posted at 2015/03/29 05:32:14 | コメント(0) | トラックバック(0) | F1 2015年シーズン | スポーツ
2015年03月21日 イイね!

うちのアルファード


今週の水曜日の出来事・・・・・

この日は、ついてなくて仕事(作業所)に出かけるまでで、網戸開かなくなったり、隣の家の方が車のタイヤ交換始めちゃったりでこれは、あと一回なにかあるぞ・・・と思っていた。

なんとかうちのアルファードのアルちゃん(笑)に乗って家を出ました。

しばらく、走って運転している母が気がついた「あれ、こんなランプいつもついてたっけ?」と

普段、気にしてないからよく分からず走ってて、変な音もしないからとりあえず、作業所に送ってもらってその後に近くのトヨペットで見てもらうということに。

んで、仕事してたら母からLINEが来て「車を預けるから歩きで帰らなきゃならない(T-T)」と

竹ノ塚らヘンから家って結構、距離あるから母は、大変な目にあったわけです。あ、ちなみに俺は、帰りは、福祉バスの送迎で家の前で降りれるから問題なし(笑)

最終的にアルファードは、排気の温度のセンサーがおかしくなってたみたいでした。昨日で直ったけど。

もう10年乗ってるからどこかおかしくなってもおかしくないよな。

って話でした。

トヨタの福祉車両のスロープが無くなるみたいですね。あれ乗りやすくてよかったのにな。

では、気まぐれ日記でした。
Posted at 2015/03/21 20:58:08 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2015年03月21日 イイね!

2014-2015 Rd.5 Formula E Miami USA Grand Prix




FIAフォーミュラEチャンピオンシップ。第5戦がアメリカ・マイアミで開催され、e.ダムス ルノーのニコラス・プロストが優勝。2位には地元アメリカのスコット・スピード(アンドレッティ・フォーミュラE)、3位にはダニエル・アプト(アウディ スポーツ ABT)が入った。

第4戦から約2か月のブランクがあり、迎えた第5戦。各マシン市街地特有のバンピーな路面に苦しめられる中、予選で速さを見せたのはジャン-エリック・ベルニュ(アンドレッティ・フォーミュラE)。第3戦から参戦したベルニュは、ここマイアミで唯一の1分5秒台を叩き出し、自身2度目ポールポジションを獲得した。

迎えた決勝、フォーミュラE独特のパワーアップシステム「ファン・ブースト」は、ベルニュ、ブルーノ・セナ(マヒンドラ・レーシング)、サルバドール・デュラン(アムリン・アグリ)の3名が獲得した。



スタート後はポールのベルニュを先頭に、大きな混乱もなく各車順調に周回を重ねる。後方では、日本でも馴染みのあるヴィタントニオ・リウッツィ(トゥルーリ)とロイック・デュバル(ドラゴン・レーシング)が激しいバトルを繰り広げる。2人はここマイアミから参戦を果たし、今回が初レースとなる。



レースが動いたのは19周目。2位を走るサム・バード(ヴァージン・レーシング)がベルニュをオーバーテイク。トップに立つ。その後、各マシンが続々とピットイン。フォーミュラEは電池が1レース保たないため、多くのドライバーがここでマシンをスイッチする中、バードはそのままレースを続行。しかし、残量不足のためかバードはスローダウンを余儀なくされトップの座を明け渡す。

各車ピットストップを終えトップ集団に踊り出たのはダニエル・アプト、2位プロスト、3位ルーカス・ディグラッシ(アウディ スポーツABT)。



残り2周、2位プロストが1位のダニエル・アプトを捉えトップに立つ。アプトは、3位まで順位を上げてきたスコット・スピードにも交わされ3位まで順位を落とす。

迎えたチェッカー。プロストがスコット・スピードの猛追を振り切りトップでゴール。レジェンドである父アラン・プロストの前で嬉しい初優勝を飾った。ニコラス・プロストは優勝で25ポイントを獲得。ランキングでもトップに躍り出た。



■フォーミュラEマイアミ 決勝リザルト

POS / NO / DRIVER / TEAM / LAPS / TIME / GAP

01 8 ニコラス・プロスト e.dams-Renault 39 46:12.349

02 28 スコット・スピード Andretti 39 46:12.782 +0.433s

03 66 ダニエル・アプト Audi Sport ABT 39 46:17.867 +5.518s

04 7 ジェローム・ダンブロシオ Dragon Racing 39 46:18.290 +5.941s

05 99 ネルソン・ピケJr. (FL) China Racing 39 46:18.775 +6.426s

06 55 アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ Amlin Aguri 39 46:21.103 +8.754s

07 6 ロイック・デュバル Dragon Racing 39 46:21.847 +9.498s

08 2 サム・バード Virgin Racing 39 46:32.166 +19.817s

09 11 ルーカス・ディ・グラッシ Audi Sport ABT 39 46:32.980 +20.631s

10 77 サルバドール・デュラン Amlin Aguri 39 46:36.936 +24.587s

11 3 ハイメ・アルグエルスアリ Virgin Racing 39 46:56.232 +43.883s

12 23 ニック・ハイドフェルド Venturi 39 47:00.227 +47.878s

13 9 セバスチャン・ブエミ e.dams-Renault 39 47:16.936 +1:04.587s

14 5 カルン・チャンドック Mahindra Racing 39 47:35.888 +1:23.539s

15 10 ヤルノ・テゥルーリ Trulli 38 46:34.907 +1 lap

16 18 ビタントニオ・リウィッツィ Trulli 38 46:43.800 +1 lap

17 88 シャルル・ピック China Racing 38 46:59.851 +1 lap

18 27 ジャン・エリック・ベルニュ (P) Andretti 37 43:59.249 +2 laps

19 30 ステファン・サラザン Venturi 31 38:19.360 +8 laps

20 21 ブルーノ・セナ Mahindra Racing 25 30:16.047 +14 laps


(P) = Started race on pole/(FL) = Fastest lap of the race

*=Penalty of the race




クラッシュもなく、セーフティーカーも出ないクリーンなレースだった。今回、スポット参戦のドライバーも何人かいました。デュバルとかリ・ウィッツィにスコット・スピード(大活躍)とかね

スタートからピットストップの乗り換えまでは、ポールポジションのベルニュをバードが追いかける接近戦で、コーナーが狭いのもあって横に並ぶまではいいけど・・・なかなかオーバーテイク出来ずにいて歯痒い感じで、バードが19周目にやっとベルニュを追い抜いたのはすごい良かった。

抜かれたベルニュは、ピットストップしに行ったけど、バードは自分の車のエネルギー残量に気が付かなったのか、残り3%なのにもう1周行っちゃったの勿体なかったよ。オーバーテイクせずにベルニュと一緒にピットインするべきだったよな~本当勿体ない。

その後は、アウディのアプトをプロストが追いかけてる間に今回スポット参戦の元F1ドライバーのスコット・スピードがF1時代では、考えられないような追い上げを見せてあっと言う間に3位につけて、プロストにプレッシャーかけつつ迫っていくの格好良かったな~、残り2周でペースダウンした1位のアプトをプロストとスピードが同時に抜いてからも凄い!!

プロストがエネルギー残量が8%で対するスピードは、13%で明らかにスピードがプロストを抜けそうで、これでスピードが抜いたらすごいことだって期待して見てたけど、やっぱり抜きにくさがあるのか逃げ切られてしまってちょっと残念だった。でも、ニックの時のようには、ならなくて良かった。
アメリカでアンドレッティ・レーシングのアメリカ人ドライバーが表彰台に立つのは、現地の人は盛り上がっただろうな。あの追い上げは、見事過ぎるし、スピード。初参戦でこんなことやってくれるんだからね。

マイアミGPは、面白かったです(^-^)b次は4月4日にロングビーチですね。またアメリカです。コースレイアウトは、インディーと同じなのかな?
Posted at 2015/03/21 20:11:41 | コメント(0) | トラックバック(0) | Formula E | スポーツ
2015年03月16日 イイね!

F1GP 2015 Rd.1 オーストラリアGP決勝リザルト




第2話 ~厳しいマクラーレン・ホンダ 復活?フェラーリ?~

予選で6位だったウィリアムズのボッタスが腰痛で欠場することになり、グリッドに着くまでにマクラーレンのマグヌッセンがマシンから火が出てレースすることなく終わり、その後にレッドブルのクビアトもマシントラブルで止まってしまい、スタートするまでで3台いなくなる幕開けのレース・・・スタート後もサバイバルな展開が・・・最後まで生き残ったのは誰か!!(なんかエスコンみたいだな)

ってな訳で決勝リザルト行ってみよう!



《オーストラリアGP決勝リザルト》

1位 No.1 L.ハミルトン / Mercedes 1h31'54.067

2位 No.2 N.ロズベルグ / Mercedes +0'01.36

3位 No.7 S.ベッテル / Ferrari +0'34.523

4位 No.6 F.マッサ / Williams +0'38.196

5位 No.18 F.ナスル / Sauber +1'35.149

6位 No.3 D.リカルド / Red Bull Racing -1Lap

7位 No.11 N.ヒュルケンベルク / Force India -1Lap

8位 No.17 M.エリクソン / Sauber -1Lap

9位 No.13 C.サインツ ジュニア / Toro Rosso -1Lap

10位 No.12 S.ペレス / Force India -1Lap

11位 No.10 J.バトン / McLaren -2Laps

-位 No.8 K.ライコネン / Ferrari (DNF)

-位 No.14 M.フェルスタッペン / Toro Rosso (DNF)

-位 No.15 R.グロージャン / Lotus (DNF)

-位 No.16 P.マルドナド / Lotus (DNF)

-位 No.4 D.クビアト / Red Bull Racing (DNS)

-位 No.9 K.マグヌッセン / McLaren (DNS)




決勝レースは、スタート前でいきなり3台いなくなってスタートしてすぐにロータスのマルドナードがクラッシュしてリタイア、オープニングラップを終えて相方のグロージャンもピットインからのガレージでレースを終えてロータスの開幕戦が終わってしまって残念な結果。もっといい結果期待してたんだけどな。トロロッソも期待の新人のフェルスタッペンがリタイア、ライコネンもピットミスでリタイアする展開だった。レースは、ほぼメルセデスがリードで、3位争いとかばかり映してた印象。そして、やたら左リアタイヤのミスが何チームか流行ってるみたいだった、ピットクルー、マジ一旦、落ち着こう(笑)

上位勢では、メルセデスが余裕のスタートで3位のウィリアムズのマッサを引き離して1-2体制でレースをずっとリードしていて今年もメルセデスが激速ビュンビュン丸って感じですね(笑)



フェラーリは、スタートが上手く行けたかと思いきや、1コーナーでライコネンがベッテルに微妙に外出されそうになって堪えたらザウバーのサインツJr.の車と接触、タイヤがパンクしてピットを余儀なくされて順位を落とすことに・・・タイヤ交換後は、ファステストを出したり、リカルドを追い抜いたりして安定した速さを見せてたけど、3回目のピットインでのミスでライコネンの左リアタイヤ外れてリタイアするし、せっかくスタートの接触をチャラにしたのに勿体ない終わり方だった(ペナルティだし・・・(^‐^;)でも、ライコネンらしいオーバーテイク見れたからOKかな。
対して、スタートを上手く切り抜けた相棒?ベッテルは、マッサを追いかける形で去年とは比べものにならない速さを見せピットストップでマッサをアンダーカットして3位でレースを終えることができた。ベッテルだけでも表彰台に乗れて良かった。



ライコネンのリタイアを抜きにして、ベッテル、ライコネンのパフォーマンスを見る限り、今年のフェラーリは期待出来る!!と思った。表彰台に復活したと思いたいな。

レッドブルは、トラブル続きでなかなか順位上がらなかったな、本家よりもトロロッソのが好調なのが不思議。ザウバーもナスルとエリクソンが意外と速くてミスもしないから「えっ、ザウバーどうした!」って感じで意外な速さを見せたチームもあった。

スイマセン・・・・ちょっと記憶が薄れたまだ25なのにぃ~(T-T)簡単にマクラーレン・ホンダのこと載せようOrz



マグヌッセンが悲しいことにスタート出来ずにアピールチャンス(アロンソの代役)を生かせなかったことが厳しいし、走れたバトンにしてもフォースインディアを苦しめただけで結局、勝負にならなくてどうにもならない感じがうかがえた・・・バトンだから完走できたと思う、いやー、それにしても勝負にならなすぎるよコレ・・・アロンソ移籍失敗じゃないか。これから改善出来ればいいけどな~。今シーズンは、厳しい戦いになりそうですね。

最後に

今年の新人ドライバーは、上手い、速い、ミスらない

以上!


Posted at 2015/03/17 21:54:04 | コメント(0) | トラックバック(0) | F1 2015年シーズン | スポーツ

プロフィール

「第20戦アブダビGP決勝結果発表!(*ゝω・*)ノ http://cvw.jp/b/230228/40775829/
何シテル?   12/05 19:32
こんにちは、アンポン友樹です。よろしくです!F1が好きです。生まれつき進行性キンジストロフィーディシャンヌ型っていう病気で体が不自由です。あんまり、気にしてない...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2015/3 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

2013Formula1 Belgium Grand Prix 予選レポート 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/08/25 18:38:33
DANDYな車椅子Life  
カテゴリ:おもしろそうなブログ
2006/11/01 22:37:37
 
モヒカン日記 リローデット 
カテゴリ:おもしろそうなブログ
2006/11/01 22:33:41
 

愛車一覧

トヨタ アルファード トヨタ アルファード
いつも職場や出かけるところへ、俺を運んでくれる車です。本当は、色は、青が良かったのに・・ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.