• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

アンポン友樹のブログ一覧

2015年08月27日 イイね!

2015 F1GP Rd.11 ベルギーGP 決勝リザルト



トイストーリーのウッディーみたい(笑)

第22話~成長したジャン
        グロージャン(笑)~




今回、常勝メルセデスに挑戦するのは、ウィリアムズのボッタス…予選でパッとしないフェラーリの変わりに前に出てきたのがレッドブル、リカルドとロータスのグロージャン。グロージャンは、5グリッド降格があるから表彰台は、無いと思われたがまさかの活躍を見せる!

2周のフォーメーションラップでフォースインディアのヒュルケンベルグがリタイアし、トロロッソのサインツは、10番手の好ポジションからピットスタートに…



レースは、ポールシッターのハミルトンが好スタートしたのに対してロズベルグは、出遅れて5位に後退するがオー・ルージュでスタートで1ポジションダウンしたボッタスから4位を奪う。ボッタスとロズベルグの変わりに前に出たのは、なんとまさかのフォースインディアのペレス!オー・ルージュからのケメルストレートエンドでハミルトンに並びかけるが距離が足らず、オーバーテイクが失敗する。ポジションを守ったハミルトンは、ペースを上げてペレスとのマージンを作り始める。



その後からペレスは、後ろのレッドブル、リカルドとの抜きつ抜かれつの追いかけっこを始めるが、8周目にリカルドが第1スティントを速めてアンダーカットを仕掛けて行きペレスを抜いて2位に付ける。しかし、直後のケメルストレートですぐにペレスが逆転する。するとこれを機に、続々と上位勢が1回目のタイヤ交換に向かい、オーダーはハミルトン、ロズベルグ、ペレス、リカルドと続いたが、予選4番手ながらギヤボックス交換でグリッド降格を強いられたロータスのロマン・グロージャンが、徐々に前とのギャップを縮め20周目までにリカルド、ペレスを立て続けにオーバーテイクし3番手まで浮上する。



20周目に入り、序盤から良いペースだったレッドブル、リカルドがまさかのリタイアでマシンを止めることに…それによってバーチャル・セーフティカー(VSC)が導入され、この間に3番手グロージャンをはじめ数台のマシンが2度目のタイヤ交換を済ませる。これでオーダーは、ハミルトン、ロズベルグのいつも通りのトップ2に続き、上位勢の中で1回目のピットを最後に行っていたフェラーリのセバスチャン・ベッテルが3番手に浮上した。


(フェラーリのFacebookからの画像だから文字入ってるけど…まぁ、大丈夫だよね(^_^;))

ベッテルは、ここからタイヤをマネージメントしながら周回を重ね、上位勢ではただひとり1ストップ戦略でチェッカーを目指していく作戦でレースをこなすが、徐々にベッテルより7周タイヤが新しいグロージャンがジリジリと追いついてくる。なんと35周目には、2人の差が2.2秒まで接近する。



トップを走るハミルトンは、序盤から余裕の独走状態、リカルドのトラブルでのVSC明けにロズベルグに2.2秒近づくが、その後5秒の差を築きロズベルグに追い抜かれることなくチェッカーを受けていつも通りのメルセデス1-2フィニッシュに。



終盤もベッテルが頑張って追い上げるグロージャンをなんとか抑え、そのままチェッカーを受けるかに思われたが、残り2周でベッテルの右リヤタイヤがまさかのバースト! これで思わぬ3番手に浮上したグロージャンが自身とチームにとっての今季初表彰台を手にした。



ベルギーGP前にマシンを差押え寸前で守り切ったロータスのスタッフ達に送る嬉しい表彰台になった。まさにグロージャン、やったジャンである(笑)



《ベルギーGP 決勝リザルト》

1位 No.44 L.ハミルトン / Mercedes 1h23'40.387

2位 No.6 N.ロズベルグ / Mercedes +0'02.058

3位 No.8 R.グロージャン / Lotus +0'37.988

4位 No.26 D.クビアト / Red Bull Racing +0'45.692

5位 No.11 S.ペレス / Force India +0'53.997

6位 No.19 F.マッサ / Williams +0'55.283

7位 No.7 K.ライコネン / Ferrari +0'55.703

8位 No.33 M.フェルスタッペン / Toro Rosso +0'56.076

9位 No.77 V.ボッタス / Williams +1'01.040

10位 No.9 M.エリクソン / Sauber +1'31.234

11位 No.12 F.ナッセ / Sauber +1'42.311

12位 No.5 S.ベッテル / Ferrari -1Lap

13位 No.14 F.アロンソ / McLaren -1Lap

14位 No.22 J.バトン / McLaren -1Lap

15位 No.98 R.メリ / Manor -1Lap

16位 No.28 W.スティーブンス / Manor -1Lap

-位 No.55 C.サインツ ジュニア / Toro Rosso (TEXT2/リタイア)

-位 No.3 D.リカルド / Red Bull Racing (TEXT2/リタイア)

-位 No.13 P.マルドナド / Lotus (TEXT2/リタイア)

-位 No.27 N.ヒュルケンベルク / Force India (TEXT2/リタイア)


フェラーリ…ボロボロやん(^_^;)ベッテル後1周でタイヤが音を上げたし((((;゜Д゜))))バーンってさ



フェラーリは、予選のポジションからついてないから仕方ないけど。ベッテルは、結構頑張ってたよ、タイヤがバーストさえしなければグロージャンを抑えきれたはずだからね。でも、ピレリのポール・ヘンベリーは、摩耗したのが原因だってコメントしてたけど。このバーストは、摩耗だけが原因じゃないかも知れないって浜島さんが解説してたな。てか、バーストするタイヤ持って来んなって話だよね(^_^;)ブリジストン時代には、バーストするなんて滅多に無かったんだし。とにかく、ベッテルは、ノーポイントで気の毒だね。



ライコネンは…16番手から7番手でポイントは、取れたからまぁまぁかな~。ぶっちゃけ、スパで活躍して欲しかっただけにちょっとガッカリって言う感じ、分かってたけどねポジションがポジションだったからさ。多分、契約更新したから気が緩んだんだろうね。フェラーリの話は、この辺にしとこう。



スタートのペレスは、良かったよ~ハミルトン抜けそうだったし、ケメルストレートがもう少し長かったら抜けたろうな。フォースインディアは、DRS無しでもストレート速かったみたいで第1セクターは、有利だったんだな。けど第1セクターが速いってことは、第2セクターのコーナー区間が不利になるからペレス抑えたハミルトンが差を広げて行けた訳だ。



スタートが良いと言えばレッドブルのリカルドもロズベルグを抜いてペレスに食らい付いてたし、判断も速くてペレスがなかなか抜けないからさっさと8周目にピット入ってアンダーカットしてうまくペレスの前に出てたのも良かった。ただ、急にパワーなくなってリタイアだったのが残念だったけど。でも、クビアトが4位?だったから順調だったら表彰台がグロージャンじゃなかったかもね。レッドブルが速いのが意外だったなベルギーGP。



さぁ、ロータスの追い上げっぷりは、ワクワクしたね(≧∇≦)bロータスがこんなに速いのは、ライコネンが居たシーズン以来じゃかいかな。マルドナードは、置いといてね…
5グリッド降格あるからグロージャンが表彰台に来ることは、無いだろうと思ったら気が付いたらリカルド、ペレスの後ろに迫ってて、リカルドがリタイアして終盤ベッテルを追いかけてんだからね。ベッテルがバーストしてなくても抜いてしまいそうな勢いだったな。しかも、ベルギーGP前にロータスは、マシン差押え寸前だったって言うから喜び方が半端なかったもんな~見てて微笑ましいというか、和んだわ(笑)グロージャンって成長してく感があるよね。3年前のベルギーGPからしたら大分成長してるしさ。



ウィリアムズは、せっかくのボッタス3番手スタートをミスで台無しにしちゃったよね。スタートで出遅れたのは、どうにでもなるけど、ピットクルーが左リアタイヤだけをミディアムタイヤにしちゃうって珍プレーされたら、もうボッタスだってお手上げだよ(-ω-;)ドライブスルーして、タイヤ変えてでかな~りのタイムロスだし、もうポイント取れただけでも奇跡だよな。あれは、可哀想だったわ。


今回は、こんなところかな。終わります。
Posted at 2015/08/29 20:30:17 | コメント(0) | トラックバック(0) | F1 2015年シーズン | スポーツ
2015年08月22日 イイね!

F1GP 2015 Rd.11 ベルギーGP 予選リザルト



スパの仔ウシさん『ランボル』勝手に命名(笑)

第21話~いまいちなフェラーリ~



夏休みが開けて、ライコネンの来季残留が発表され始まったベルギーGP。快晴のスパ・フランコルシャンで暑いバトル?が行われる。フリー走行でメルセデス、フェラーリ、ウィリアムズと言う感じの結果。



そして迎えた予選…Q1から1-2を安定のメルセデスがハミルトン、ロズベルグの順で独占。初っ端から異次元の速さを見せる。フリー走行で好調子だったフェラーリの2台は、なかなか調子が出ずぱっとしない。走りは、いい感じだけども。



そんな中、Q2に入るとアタックラップを前にしてフェラーリのライコネンがマシントラブルで止まってしまう…ライコネンが居なくなってベッテルが健闘して3番手タイムでQ2を通過した。1-2番手は、安定のメルセデス。どさくさに紛れてレッドブルがいいタイムを出していたりしていた。



Q3では、メルセデスの2台が去年と同様のポール争いを繰り広げた。ハミルトンが比較的コーナーが続くセクター2での速さを生かし、Q3最初のアタックからコンマ4秒以上リード。続く2回目の最終アタックでもコンマ3秒ほどベストタイムを更新したハミルトンは、同じくベストタイムを塗り替えたロズベルグとの差を逆に広げ、スパでは2008年と2013年に続く自身3回目のポールを決めた。



一方、フェラーリは、ベッテルが健闘してアタックするも奮わずフェラーリとしては、3番手を死守したかったのでしょうが、痛い9番手につくことになった。



かわりにメルセデスの後ろについたのは、直線が速さに定評のあるウィリアムズのボッタスがついた。(ディフェンスに定評のある池上かよっヽ(^^))



4番手にロータスのグロージャンがついたのだが、ギアボックス交換のペナルティで5グリッド降格でポジションが下がるのが勿体ない。そして、ここのところ戻って来ているレッドブルが健闘してリカルドが6番手に入った。

今回は、予選のあらすじをちょっと簡単にまとめてみました。次行きます!



《ベルギーGP 予選リザルト》

1位 No.44 L.ハミルトン / Mercedes 1'47.197 (16Laps)

2位 No.6 N.ロズベルグ / Mercedes 1'47.655 (17Laps)

3位 No.77 V.ボッタス / Williams 1'48.537 (19Laps)

4位 No.8 R.グロージャン / Lotus 1'48.561 (17Laps)

5位 No.11 S.ペレス / Force India 1'48.599 (16Laps)

6位 No.3 D.リカルド / Red Bull Racing 1'48.639 (17Laps)

7位 No.19 F.マッサ / Williams 1'48.685 (15Laps)

8位 No.13 P.マルドナド / Lotus 1'48.754 (17Laps)

9位 No.5 S.ベッテル / Ferrari 1'48.825 (17Laps)

10位 No.55 C.サインツ ジュニア / Toro Rosso 1'49.771 (12Laps)

11位 No.27 N.ヒュルケンベルク / Force India 1'49.121 / Q2 (12Laps)

12位 No.26 D.クビアト / Red Bull Racing 1'49.228 / Q2 (11Laps)

13位 No.9 M.エリクソン / Sauber 1'49.586 / Q2(12Laps)

14位 No.7 K.ライコネン / Ferrari No time / Q2 (8Laps)

15位 No.33 M.フェルスタッペン / Toro Rosso No time / Q2 (10Laps)

16位 No.12 F.ナッセ / Sauber 1'49.952 / Q1 (6Laps)

17位 No.22 J.バトン / McLaren 1'50.978 / Q1 (6Laps)

18位 No.14 F.アロンソ / McLaren 1'51.420 / Q1 (6Laps)

19位 No.28 W.スティーブンス / Manor 1'52.948 / Q1 (6Laps)

20位 No.98 R.メリ / Manor 1'53.099 / Q1 (7Laps)




キミ…orz



メルセデスは、1-2独占が目に見えてるからな。楽しみなのは、3番手が誰になるかだけ。スパだからそりゃあ、ライコネンさんに期待しますよ~。



フリー走行だっていいタイム出して安定してたし、ロズベルグが金曜日にタイヤバーストしたりしてたけど。フェラーリは、安定してたと言うのにQ2入った途端にトラブルで止まるとかさ~Oh!Noooo~Kimi(ToT)ですよ。トラブルだから仕方ないけど。



ちょっと悲しかったわ14番手とかスタート真面目に気をつけて欲しいな、下手すると1周も出来ない場合もあり得るし。ベッテルもあんまりいいポジションじゃないからレースでメルセデスに挑めるのかな~レッドブルより後ろだしな。



フィンランド人は、スパが得意な人が多いのかウィリアムズのボッタスが3番手に来てるからスタートでメルセデスに挑めれば楽しくなるよな。マッサは、微妙だからボッタスがやりたいように戦えそうだ。



ロータスが以外と調子がよくて珍しく4番手につけれたグロージャン、ギアボックスの交換さえなければ5グリッド降格なかったから表彰台を狙えたから勿体ないな。まぁ、グリッド降格しても9番手からだからめっちゃ頑張ればなんとかなるかな(笑)



ちょっと気になるのが6番手スタートのレッドブルのリカルド、なんだろうな~ハンガリーくらいからパワーユニット良くなって来てる感じするんだよね。コーナーの回頭度がいいって解説で松田次夫選手が言ってたけど。確かにコーナリング良くてレッドブルらしさ(空力がいい?)帰ってきてるからちょっとレースでのリカルドとクビアトの活躍したらいいなと思う。

基本的には、フェラーリ、ライコネンの表彰台が見たいけど(笑)



速く終わりたい~速くしないと決勝の時間になってしまう~(;゚д゚)つか、画像のフェラーリ率が半端ないな(-ω-;)
Posted at 2015/08/23 18:57:49 | コメント(0) | トラックバック(0) | F1 2015年シーズン | スポーツ

プロフィール

「第20戦アブダビGP決勝結果発表!(*ゝω・*)ノ http://cvw.jp/b/230228/40775829/
何シテル?   12/05 19:32
こんにちは、アンポン友樹です。よろしくです!F1が好きです。生まれつき進行性キンジストロフィーディシャンヌ型っていう病気で体が不自由です。あんまり、気にしてない...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2015/8 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

2013Formula1 Belgium Grand Prix 予選レポート 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/08/25 18:38:33
DANDYな車椅子Life  
カテゴリ:おもしろそうなブログ
2006/11/01 22:37:37
 
モヒカン日記 リローデット 
カテゴリ:おもしろそうなブログ
2006/11/01 22:33:41
 

愛車一覧

トヨタ アルファード トヨタ アルファード
いつも職場や出かけるところへ、俺を運んでくれる車です。本当は、色は、青が良かったのに・・ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.