• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

アンポン友樹のブログ一覧

2016年03月21日 イイね!

F1GP 2016 Rd.1 オーストラリアGP決勝リザルト




まず最初にお知らせがあります!

昨日、新しい予選ルールで予選をやりましたが…その予選ルール…

次戦から廃止になります!(≧Д≦)

なんかドライバー、チームからクレームの嵐だったらしくて言い出したバーニー・エクレストンもあまり良くないな~って感じるくらい良くなかったみたいで、観てる人も賛否両論だったからな~
あの『時限ノックアウト方式』ね。

だから次戦のバーレーンGPから去年の
『ノックアウト方式』
の予選に変更になるようです(^_^)ゞ

お知らせは、以上です(^_^)ゞんじゃ、本題行ってみよ~(o゜▽゜)o



結果

2016年のF1開幕戦は、メルセデスのニコ・ロズベルグが優勝。予選ではチームメイトのルイス・ハミルトンに敗れて2位、決勝スタートではフェラーリ勢の先行を許して3番手に落ちたが、赤旗で仕切り直しの機会もあり、逆転優勝を飾った。



ポールポジションからレースに臨んだルイス・ハミルトンは、スタートを大失敗。フェラーリのセバスチャン・ベッテルがトップを奪い、キミ・ライコネンが2番手とワンツー体勢に。1周目はフェラーリ2台にロズベルグ、マックス・フェルスタッペン、フェリペ・マッサと続き、ハミルトンは6番手まで後退してしまった。ハミルトンはマッサを攻略したものの、なかなかフェルスタッペンを抜くことができず、最初のピットストップでミディアムタイヤへ交換。スタート失敗から挽回するため、ここで戦略を変更してきた。



18周目、ハースのエステバン・グティエレスとマクラーレンのフェルナンド・アロンソが接触。後方を走っていたアロンソのマシンは宙を舞い、横転して激しくクラッシュした。しかし幸いアロンソは自力でクルマを降り、グティエレスと無事を確かめあうと、スタンドの観客に手を振って「OK」とアピールする。

この事故によって一時セーフティカーが出勤したものの、すぐに赤旗が出され、レースは19周の時点で中断となった。

結果的に、中断前トップに立っていたベッテルに、この赤旗は不利に働いた。ベッテルはスーパーソフトタイヤで再スタートを決断。上位勢ではロズベルグとハミルトンがミディアムタイヤを選び、ベッテルはタイヤ交換のためのマージンをコース上で稼ぎ出さなければならない状況となった。



フェラーリは22周目にキミ・ライコネンが緊急ピットイン。エアボックスから出火して、リタイアとなってしまう。ベッテルは必死にプッシュして、36周目にピットイン。ソフトタイヤに交換したが、やや左フロントに手間取り、なんとか4番手でコースに復帰した。

この時点でトップはロズベルグ、2番手にレッドブルのダニエル・リカルド、3番手にハミルトン。地元リカルドはハミルトンにオーバーテイクを許したあと、ピットに入ってスーパーソフトタイヤに交換。その後はファステストラップを更新しながら、表彰台を狙ったが届かず。4位フィニッシュで大きな歓声を浴びた。



終盤2番手のハミルトンにミスがあり、ベッテルとの差が1秒以内に接近する場面もあったが、その後ベッテルもオーバーランしてしまい、逆転はならず。ロズベルグが開幕戦を制し、ハミルトンが2位でメルセデスのワンツー。3位はベッテルと見慣れた光景になったものの、その内容は大きな変化を感じさせるものだった。

まったくの新チームとして、デビュー戦を迎えたハースはロマン・グロージャンが6位入賞。予選19位からの快挙に、チェッカーを受けたグロージャンは無線で歓喜の声を上げた。



表彰式ではオーストラリア出身の元F1ドライバー、マーク・ウェーバーがインタビュアーとして登場。初日の雨、新予選方式による混乱に揺れたメルボルンは、たくさんのドラマとともに“ハッピー・エンディング”で幕を閉じた。



クソゥorzベッテルに頭からシャンパンかけられるウェーバー先輩の画像がない…インタビューアーがマーク・ウェーバーって聞いた瞬間にベッテルがなにかやるなコレって思ったらハミルトンにインタビュー中に後ろにゆっくり近づいてシャンパンをチョロチョロチョロ~って頭からかけたからね。ウェーバーさん内心イラッてしたろうな~



リザルト

1位 No.6
N.ロズベルグ / Mercedes
1h48'15.565

2位 No.44
L.ハミルトン / Mercedes
+0'08.060

3位 No.5
S.ベッテル / Ferrari
+0'09.643

4位 No.3
D.リカルド / Red Bull Racing
+0'24.330

5位 No.19
F.マッサ / Williams
+0'58.979

6位 No.8
R.グロージャン / Haas
+1'12.081

7位 No.27
N.ヒュルケンベルグ / Force India
+1'14.199

8位 No.77
V.ボッタス / Williams
+1'15.153

9位 No.55
C.サインツJr. / Toro Rosso
+1'15.680

10位 No.33
M.フェルスタッペン / Toro Rosso
+1'16.833

11位 No.30
J.パーマー / Renault
+1'23.399

12位 No.20
K.マグヌッセン / Renault
+1'25.606

13位 No.11
S.ペレス / Force India
+1'31.699

14位 No.22
J.バトン / McLaren
-1Lap

15位 No.12
F.ナッセ / Sauber
-1Lap

16位 No.94
P.ウェーレイン / Manor
-1Lap

-位 No.9
M.エリクソン / Sauber
(DNF)

-位 No.7
K.ライコネン / Ferrari
(DNF)

-位 No.88
R.ハリアント / Manor
(DNF)

-位 No.21
E.グティエレス / Haas
(DNF)

-位 No.14
F.アロンソ / McLaren
(DNF)

-位 No.26
D.クビアト / Red Bull Racing
(DNF)




感想

フェラーリのスタート、完璧だったわ~ヾ(≧∇≦)ベッテルがロズベルグに寄せてハミルトンと間空けてライコネンの通り道作って1コーナーでフェラーリ2台が1-2体制!!もうね~アレですよ。アリバベーネさん並みに興奮しましたよ(≧Д≦)/テレビ観ながら『うぉぉぉー!(≧Д≦)/ライコネン2位来た~!』ってなりましたから、そこベッテルじゃないんだねっていうwwwいや~、ホントあのスタートは、素晴らしかったですよ!
ただね、アロンソの大クラッシュ(後でまた書くけど)で赤旗出てからね、ピットレーン待機だったからかレース再開してすぐにライコネンがエンジンブローかなんかでリタイアしてね。もうマシン止めたら頭上のダクトから炎上がってて中が火事…思った通りキミの場合は、何があるか分からないよ。



そこからは、フェラーリの作戦が狂い始めてしまって、クラッシュが起きる前にフェラーリ2台ともスーパーソフトに変えてしまっていてメルセデスは、スタートで抜かれたのもあってミディアムタイヤでスティント長くする作戦で来てたからそこから逆転撃ですよ。だって、タイヤ交換必要無いんだよ~ベッテルが踏ん張っても、もう1回換えなきゃなんないんだからさ。なんで3ストップにしたんだ(-ω-;)

それでも終盤は、ハミルトンがミスした時に差がかなり縮んだんだけど~周回数が足りなかったし、ベッテルが最終コーナーオーバーランしたりでハミルトンを抜くことが出来なかった。けど、開幕戦で早速、3位表彰台はいいシーズンのスタートになるんじゃないかな~って思います!スタートあれだけ見事にやれるならメルセデスと戦えるフェラーリが観れそうだと今シーズンの展望が楽しみになってくるな~。



アロンソのクラッシュは、正直ゾッとしましたよね~最初は、グティエレスがグラベルにいるな~って思って観てたら上の方になんか物体があるって観てて2秒くらいして…もしかしてあれマシンか…って思ってあんなになってたらヤバいじゃん、えっ?あれアロンソなん?大丈夫?生きてるの?って一人で騒いで観てたらアロンソが這い出てきて『えっ!スゴくね!F1のセーフティセル』って安堵と驚愕が一緒にやって来ましたね。良く上の画像みたいな状態でほぼ無傷で済むよね!ホント死んだかと思ったしめっちゃビビった。にしてもグティエレス、ブレーキかけるの速いってばよ(^_^;)


(脱出後のアロンソさん/何コレ、グシャグシャやん…)



最後に…

ロズベルグ、ハミルトンのスタートの出遅れとフェラーリのタイヤチョイスのミスで助けられた逆転勝利で開幕から優勝とかやりましたねぇ~、オーストラリアで勝ったドライバーがチャンピオンになるなんてジンクスもあるけど、今年はロズベルグの年になるのかな?まだロズベルグびいきになるには、後2連か、3連続優勝くらいしないとキツいかなって思うけども。今年は、チームメイトのハミルトンだけじゃなくフェラーリ(主にベッテル)にも気を配らないとならないから相当な精神力いるだろうな~。

結局、今年も内容が長くなってしまうのでした(T-T)
開幕戦は、ボリュームあったからね(^_^;)
下手なりに工夫して行きますね。
マイペースにね(´・ω・`)


Posted at 2016/03/23 08:35:48 | コメント(0) | トラックバック(0) | F1 2016シーズン | スポーツ
2016年03月20日 イイね!

F1GP 2016 Rd.1 オーストラリアGP予選リザルト




いや~、今年は、F1がテレビで観れないかもと騒がれていて開幕大丈夫なの?って心配でしたが、なんの問題もなくテレビ観戦出来てよかった。本題入りましょうね。



まず、今年から予選形式がちょっと変わるようで…ざっくり紹介しちゃおうと思います!

新しいノックアウトシステムは、各セクションの開始から一定時間の経過後から90秒間隔で最下位のドライバーが順次脱落していく形になります。

予選中に赤旗が出されるとそこで時計は止まるが、再開時にも90秒のカウントは、リセットされないので再開からその90秒間が終わるまでにアウトラップと計測ラップを走り切ることは時間的に不可能で、赤旗が出た時点で最下位のドライバーは自動的に脱落が決まってしまいます。



ちょっと理不尽な印象でした。分かりやすいのは分かりやすいけど。

まぁ、そんな感じです。

コース紹介

アルバートパーク

メルボルンのアルバートパークの道をサーキットにしちゃいましたーなコースですね!
毎年カモちゃんがいっぱいですね。ジル・ビルヌーブサーキットと並んで自分が好きなサーキットです(^_^)ゞ



結果

開幕戦オーストラリアGPの予選ではルイス・ハミルトンがポールポジションを獲得。1分23秒837というアタックラップは、昨年ハミルトン自身が記録したポールタイムより約2.5秒も速い、驚異的なものだった。

しかし、今回の予選に初めて導入された「時限ノックアウト方式」と言うべき新フォーマットによって、ハミルトンの偉業は、やや霞んでしまった。

この方式によって「波乱」が生まれることは確かで、ノックアウトされないようにセッション開始と同時に多くのドライバーがアタックに出ていくという利点はあった。また、ノックアウトゾーンにいるドライバーがタイミング良くコースに出ていくことができれば、ぎりぎりでタイムを更新して危機を脱するというドラマが見られる。いろいろな意見も出て来てるようで今後、創意工夫していく必要がある。



リザルト

1位 No.44
L.ハミルトン / Mercedes
1'23.837(14Laps)

2位 No.6
N.ロズベルグ / Mercedes
1'24.197(13Laps)

3位 No.5
S.ベッテル / Ferrari
1'24.675(14Laps)

4位 No.7
K.ライコネン / Ferrari
1'25.033(13Laps)

5位 No.33
M.フェルスタッペン / Toro Rosso
1'25.434(12Laps)

6位 No.19
F.マッサ / Williams
1'25.458(12Laps)

7位 No.55
C.サインツJr. / Toro Rosso
1'25.582(14Laps)

8位 No.3
D.リカルド / Red Bull Racing
1'25.589(15Laps)

9位 No.11
S.ペレス / Force India
1'25.753(12Laps)

10位 No.27
N.ヒュルケンベルグ / Force India
1'25.865(14Laps)

11位 No.77
V.ボッタス / Williams
1'25.961(9Laps)

12位 No.14
F.アロンソ / McLaren
1'26.125(9Laps)

13位 No.22
J.バトン / McLaren
1'26.304(9Laps)

14位 No.30
J.パーマー / Renault
1'27.601(12Laps)

15位 No.20
K.マグヌッセン / Renault
1'27.742(11Laps)

16位 No.9
M.エリクソン / Sauber
1'27.435(9Laps)

17位 No.12
F.ナッセ / Sauber
1'27.958(7Laps)

18位 No.26
D.クビアト / Red Bull Racing
1'28.006(5Laps)

19位 No.8
R.グロージャン / Haas
1'28.322(6Laps)

20位 No.21
E.グティエレス / Haas
1'29.606(6Laps)

21位 No.88
R.ハリアント / Manor
1'29.627(3Laps)

22位 No.94
P.ウェーレイン / Manor
1'29.642(3Laps)




感想

フェラーリの速さがやっと元に戻ったって感じる走りで3、4番手の位置を独占出来て安心できた。これで決勝なんとかメルセデスにくらいつけるはず…予選もルールが少し変わってより1発のベストラップが重要になってくるからフェラーリの油断プレイが出たりしないか心配だったんですよね。
ベッテルは、フリー走行とかライコネンよりタイム遅かったからキミのが乗りこなせてるのか?って思ったらそんなことなくて予選は、ベッテルさんライコネンを上回るタイム結構出てたね。タイヤの関係で最後まで走り切れなくて3番手だったのは、悔しいだろな。



でも、ライコネン4番手惜しかったな~、かなり乗りこなせてる感を感じるドライビングだったからタイヤに余裕があったら意外とポールとフロントローがフェラーリとかあり得たからな~ともあれ、ライコネンが争える位置につけれるマシンになってるみたいで良かったな。新予選ルールも乗り切れたし(o゜▽゜)o決勝もこの調子で走り切れるといいのだけど。なにがあるか分からないからね。キミの場合…



まぁ、たった2,3ヶ月でメルセデスが遅れをとるはずがない訳で…性懲りもなくハミルトンは、素晴らしく速いタイムを刻んでしまうんですよね~ポールポジション決まったというのにね。ミスしないんだもんなそりゃ最強のメルセデス乗ってたらポールポジション取れるよ。フェラーリちょっと頑張ってハミルトン抜いてほしいわ。



ロズベルグは、やっぱりハミルトン意識しすぎて焦ってる感じがあり過ぎてコースアウト目立ったね。さらに新予選ルールが精神的に追いつめて来てるし。意地でフロトロー守った感じだねこれ。今年もロズベルグには、悩ましいシーズンになるかも知れない。なんかハミルトンとピットクルーを入れ替えたらしいですよ~公平を保つためみたいですが。
決勝がどうなるか楽しみですね!

こんな感じで2016年シーズンもやっていきます!

簡潔にしたいのに長くなるのは、何でだろう…

ではでは…(^_^)/
Posted at 2016/03/20 02:55:15 | コメント(0) | トラックバック(0) | F1 2016シーズン | スポーツ

プロフィール

「第20戦アブダビGP決勝結果発表!(*ゝω・*)ノ http://cvw.jp/b/230228/40775829/
何シテル?   12/05 19:32
こんにちは、アンポン友樹です。よろしくです!F1が好きです。生まれつき進行性キンジストロフィーディシャンヌ型っていう病気で体が不自由です。あんまり、気にしてない...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2016/3 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

2013Formula1 Belgium Grand Prix 予選レポート 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/08/25 18:38:33
DANDYな車椅子Life  
カテゴリ:おもしろそうなブログ
2006/11/01 22:37:37
 
モヒカン日記 リローデット 
カテゴリ:おもしろそうなブログ
2006/11/01 22:33:41
 

愛車一覧

トヨタ アルファード トヨタ アルファード
いつも職場や出かけるところへ、俺を運んでくれる車です。本当は、色は、青が良かったのに・・ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.