• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

アンポン友樹のブログ一覧

2017年06月26日 イイね!

第8戦アゼルバイジャンGP決勝レース結果発表!(*ゝω・*)ノ



ライコネンが最初からボロボロについてないし、ベッテルがハミルトンとやらかしてペナルティ受け、赤旗中断後にハミルトンは、ヘッドレストがハマって無くて無駄にピットへ行き、2人で表彰台を獲りのがして…まさかの奇跡リカルド優勝だからね。面白い具合に凄い荒れるから興奮したレースでしたね。ストロールは、初表彰台3位とれて嬉しそうでした。

下の画像が決勝レース結果です!

   ↓  ↓  ↓



画像が見えてないと嫌なんで書いとく!

1位 No.3 D.リカルド / Red Bull Racing
2h03'55.573

2位 No.77 V.ボッタス / Mercedes
+0'03.904

3位 No.18 L.ストロール / Williams
+0'04.009

4位 No.5 S.ベッテル / Ferrari
+0'05.976

5位 No.44 L.ハミルトン / Mercedes
+0'06.188

6位 No.31 E.オコン / Force India
+0'30.298

7位 No.20 K.マグヌッセン / Haas
+0'41.753

8位 No.55 C.サインツJr. / Toro Rosso
+0'49.400

9位 No.14 F.アロンソ / McLaren
+0'59.551

10位 No.94 P.ウェーレイン / Sauber
+1'29.093

11位 No.9 M.エリクソン / Sauber
+1'31.794

12位 No.2 S.バンドーン / McLaren
+1'32.160

13位 No.8 R.グロージャン / Haas
-1Lap

14位 No.7 K.ライコネン / Ferrari
リタイア(14位完走扱い)

-位 No.11 S.ペレス / Force India
リタイア

-位 No.19 F.マッサ / Williams
リタイア

-位 No.27 N.ヒュルケンベルグ / Renault
リタイア

-位 No.33 M.フェルスタッペン / Red Bull Racing
リタイア

-位 No.26 D.クビアト / Toro Rosso
リタイア

-位 No.30 J.パーマー / Renault
リタイア




現在のドライバーズポイントランキング

   ↓  ↓  ↓



これも書いとく!

1位 セバスチャン・ベッテル 153 points

2位 ルイス・ハミルトン 139 points

3位 バルテリ・ボッタス 111 points

4位 ダニエル・リカルド 92 points

5位 キミ・ライコネン 73 points

6位 マックス・フェルスタッペン 45 points

7位 セルジオ・ペレス 44 points

8位 エステバン・オコン 35 points

9位 カルロス・サインツJr. 29 points

10位 フェリペ・マッサ 20 points


現在のコンストラクターズポイントランキング

   ↓  ↓  ↓



コレも書いとく!

1位 メルセデス 250 points

2位 フェラーリ 226 points

3位 レッドブル 137 points

4位 フォース・インディア 79 points

5位 ウイリアムズ 37 points

6位 トロロッソ 33 points

7位 ハース 21 points

8位 ルノー 18 points

9位 ザウバー 5 points

10位 マクラーレン 2 points(やっと獲れた)




レース感想

まさかリカルドが優勝するとは、思わなかったな~スタートしてすぐにピットインしてソフトタイヤに換えて下がったのにセーフティカーが2回入ったりしたので気が付いたら5位にいるし、赤旗からのリスタートで一気にマッサとストロールをカッコ良く1コーナー飛び込んでオーバーテイクして3位になったら、まさかハミルトンがヘッドレスト直すためにピットインして、ベッテルもペナルティで10秒ストップでピットインしてトップ争いから脱落してリカルドがトップに返り咲いちゃうなんてラッキー過ぎるよ!フェルスタッペンがリタイアしたレースで優勝って結果を持って帰ったのは、株が上がるんじゃ無いかな!
マッサとストロールを抜いた時も凄い度胸だな~ってシビれましたよ!あの飛び込みは格好良すぎる!



ライコネンは、ついてないとしか言いようが無かったな~。ボッタスとの接触は、2コーナーの縁石で跳ねちゃってるからどうにもならないし、リアを壁に擦らなかったらそこでレース終わってたよね。1番の致命傷は、セーフティカー退場後のリスタートでオコンとペレスの接触に巻き込まれてというかデブリ踏んでリアタイヤをパンクさせたことだよね。それでフロア傷めちゃって戦列から離れなきゃならなくなったからね。それでも、あのダメージを赤旗中断中に修復してコース出したのは、フェラーリピットクルー凄ぇって思ったな。耐久レースかと思ったしwwwもちろん、上位なんて狙えないはずなのに走るからライコネンも精一杯やってるんだな!って思ったよ。だからこそ、優勝させてくれよライコネンを(ノД`)



ついてないというか、落ち着けよって思ったのは、ベッテルだね~。ハミルトンが故意に減速したと思って辞めときゃいいのに横に並んでタイヤぶつけるのはちょっとダメだよね。そんなので無駄にペナルティ受けて2位の座もしくは、1位の可能性を失うなんてバカらしいだろうに…怒るにしたって終わってからアロンソがマッサに言ったみたいに『わざとやっただろ!』って言えば面白い映像撮れて視聴者喜ぶのに( ´艸`)ああいう時こそアングリーコントロールですよ!アドレナリン出てると難しいのかな?レーシングドライバーは、主張する人種ですからって実況で松田次生さんが言ってたしね。



画像は、スタートだけどゴールの話をします。
最後の最後でストロールがボッタスにやられたけど、よく現最強マシンのメルセデスを相手にウィリアムズのマシンでファイナルラップまで2位守れたな~結果的には、ボッタスに負けたんだけど見事な3位表彰台だよね。彼は、ここから表彰台の常連になれるかな?
後、マクラーレンホンダやっとポイントゲットですね!アロンソが頑張った結果ですよ!ホンダさん、アロンソこんなポジションじゃ満足しませんからね!もっともっと速いエンジン開発してくださいよ!ポイント浮かれちゃダメですよ!(お前誰だよ!)



とまぁ、荒れに荒れたサバイバルなアレルバイジャン?違ったアゼルバイジャンGPでしたが去年よりドラマがあって面白かった気がしますね。ベッテルとハミルトンのネタもありましたしね。

では、次こそライコネンに幸運を(ノД`)では、また(*ゝω・*)ノ
Posted at 2017/06/28 20:28:34 | コメント(0) | トラックバック(0) | F1 2017年シーズン | スポーツ
2017年06月25日 イイね!

第8戦アゼルバイジャンGP予選結果発表!(*ゝω・*)ノ



ハミルトンのドライブ完璧だったわ~城壁スレスレのコーナーもスムーズに過ぎてくからね。最後の最後でベッテルがタイム凄い悪かったからライコネンがラッキーで3番手に付けれたのが良かったな~レッドブルは、微妙だったから意外だったね。

下の画像が決勝レース結果です!

   ↓  ↓  ↓



画像見えてないと嫌なんで書いとく!

1位 No.44 L.ハミルトン / Mercedes
1'40.593(20Laps)

2位 No.77 V.ボッタス / Mercedes
1'41.027(23Laps)

3位 No.7 K.ライコネン / Ferrari
1'41.693(23Laps)

4位 No.5 S.ベッテル / Ferrari
1'41.841(23Laps)

5位 No.33 M.フェルスタッペン / Red Bull Racing
1'41.879(22Laps)

6位 No.11 S.ペレス / Force India
1'42.111(21Laps)

7位 No.31 E.オコン / Force India
1'42.186(21Laps)

8位 No.18 L.ストロール / Williams
1'42.753(21Laps)

9位 No.19 F.マッサ / Williams
1'42.798(22Laps)

10位 No.3 D.リカルド / Red Bull Racing
1'43.414(20Laps)

11位 No.26 D.クビアト / Toro Rosso
1'43.186(19Laps)

12位 No.55 C.サインツJr. / Toro Rosso
1'43.347(20Laps)

13位 No.20 K.マグヌッセン / Haas
1'43.796(18Laps)

14位 No.27 N.ヒュルケンベルグ / Renault
1'44.267(12Laps)

15位 No.94 P.ウェーレイン / Sauber
1'44.603(18Laps)

16位 No.14 F.アロンソ / McLaren
1'44.334(9Laps)

17位 No.8 R.グロージャン / Haas
1'44.468(10Laps)

18位 No.9 M.エリクソン / Sauber
1'44.795(10Laps)

19位 No.2 S.バンドーン / McLaren
1'45.030(8Laps)

20位 No.30 J.パーマー / Renault
No Time(0Lap)




キミ『今回は、ベッテルがあんなタイムでラッキーだった…まぁ、どうせベッテルが前だからね┓( -_-)┏やるだけやるよ( ̄ー ̄)フッ』



感想と予想

メルセデスが圧倒だな~ハミルトン1人だけ、1分40秒台だし~ボッタスとの差は、0,5秒でチーメートも圧倒してるからね。1位と2位は、メルセデスかなって思いますね。とにかく、ハミルトンの最後のアタックラップが完璧過ぎてね、城壁スレスレのコーナーもスムーズで、最終コーナーも前の周でミスした場所も綺麗にクリアしてて見事だったよ。
ハミルトンは、後2レースポールポジション獲ったら通算ポール数がシューマッハと並んじゃうな~なんかまだ速いでしょ~



ライコネンは、またベッテルに上回られて4番手かな~って見てたけど。まさか最後のアタックのタイム悪くなるとは、思わないからラッキーだったなぁ~って思いましたよ。まぁ、レースだとフェラーリは、ベッテルを先行させるだろうから表彰台乗れないだろうな~残念ながらね(・_・;)ソフトタイヤは、うまく使えるのかな?フェラーリ

レッドブルがな~フェラーリより前に付けると思ったんだけど、リカルドなんてクラッシュしちゃうし、フェルスタッペンも微妙だったな~それが残念だな。



アンポン友樹の根拠のない予想は~

1位 ハミルトン

2位 ボッタス

3位 ベッテル

4位 ライコネン


多分、ライコネンの位置が入れ替わってベッテルが3位になってライコネンは、ずっとレッドブルを抑える流れになるんだろうな~後は、去年みたいにゴミが舞ってなければいいよな~今年は、城壁スレスレの狭いコーナーで擦るマシンとかいるからセーフティカーが出るだろうね。つまらないレースにならないといいな( -_-)

頑張れライコネン!


Posted at 2017/06/25 17:24:17 | コメント(0) | トラックバック(0) | F1 2017年シーズン | スポーツ
2017年06月13日 イイね!

第7戦カナダGP決勝レース結果発表!(*ゝω・*)ノ



まさかフェラーリが表彰台に来ないという結果に!
レースは、スタートの混乱でフェラーリがレッドブルに抜かれて順位を下げてしまい、最初から最後までハミルトンが公園内をドライブしてるだけみたいな感じでした。フェラーリを出し抜いたレッドブルは、フェルタッペンがリタイアするもリカルドが迫るフォースインディアを抑え込み3位に上がりました。

下の画像が決勝レース結果です!

   ↓  ↓  ↓



画像が見えてないと嫌なので書いときます!

1位 No.44 L.ハミルトン / Mercedes
1h33'05.154

2位 No.77 V.ボッタス / Mercedes
+0'19.783

3位 No.3 D.リカルド / Red Bull Racing
+0'35.297

4位 No.5 S.ベッテル / Ferrari
+0'35.907

5位 No.11 S.ペレス / Force India
+0'40.476

6位 No.31 E.オコン / Force India
+0'40.716

7位 No.7 K.ライコネン / Ferrari
+0'58.632

8位 No.27 N.ヒュルケンベルグ / Renault
+1'00.374

9位 No.18 L.ストロール / Williams
-1Lap

10位 No.8 R.グロージャン / Haas
-1Lap

11位 No.30 J.パーマー / Renault
-1Lap

12位 No.20 K.マグヌッセン / Haas
-1Lap

13位 No.9 M.エリクソン / Sauber
-1Lap

14位 No.2 S.バンドーン / McLaren
-1Lap

15位 No.94 P.ウェーレイン / Sauber
-2Laps

16位 No.14 F.アロンソ / McLaren
(DNF)完走扱い

-位 No.19 F.マッサ / Williams
(DNF)

-位 No.26 D.クビアト / Toro Rosso
(DNF)

-位 No.33 M.フェルスタッペン / Red Bull Racing
(DNF)

-位 No.55 C.サインツJr. / Toro Rosso
(DNF)


現在のドライバーズポイントランキング

   ↓  ↓  ↓



コレも書いときます!

1位 ベッテル 141ポイント

2位 ハミルトン 129ポイント

3位 ボッタス 93ポイント

4位 ライコネン 73ポイント

5位 リカルド 67ポイント

6位 フェルタッペン 45ポイント

7位 ペレス 44ポイント

8位 オコン 27ポイント

9位 サインツ 25ポイント

10位 マッサ 20ポイント


現在のコンストラクターズポイントランキング

   ↓  ↓  ↓



コレも書いときます!

1位 メルセデス 222ポイント

2位 フェラーリ 214ポイント

3位 レッドブル 112ポイント

4位 フォースインディア 71ポイント

5位 トロロッソ 29ポイント

6位 ウィリアムズ 22ポイント

7位 ルノー 18ポイント

8位 ハース 15ポイント

9位 ザウバー 4ポイント

10位 マクラーレン 0ポイント(ホンダPU終わってるorz)




レース感想

フェラーリは、スタートで出遅れたのが失敗だったね。出遅れただけなら良かったけど…運が悪いことにベッテルは、フェルタッペンのマシンにフロントウィング踏まれて壊れるしライコネンは、ホイールスピンでリカルドにも行かれて4コーナーのシケインかな?はみ出てバランス崩してペレスにも行かれてしまうんだもんな。1周目でサインツがグロージャンにコツンとやられて、スピンしてマッサに直撃でセーフティカー出ちゃうからハミルトンがずっとドライブしてるだけで詰まらないレースになっちゃうんだよな~マッサは、気の毒だな貰い事故だからね。



中盤からは、フェラーリがフォースインディアに引っかかって全然、抜けなくて差が広がるくらいフォースインディアのマシンが速いから驚いたんだけど。フェラーリがスーパーソフトで良いペースで走れない感じだったから2回目のピットインしてライコネンがウルトラソフトでファステスト出してフォースインディア追い抜けるけど、少し粘ってベッテルがフォースインディアにDRS圏内まで迫ってきたとこで入ってベッテルもウルトラソフトでライコネンの後ろで戻って来たから、今日は、ライコネンが表彰台か!って観てたらリアブレーキトラブル起きちゃうんだよな~。カメラが変わって次観た時は、ベッテルが前だよ。最終シケインでオーバランしたから行かれたんだね。トラブルばっかりは、仕方ないもんな~ベッテルの前に居るときに残念だ。



ライコネンを攻略したベッテルは、タイヤが垂れてきたフォースインディアを追いけて行く中、フォースインディア2台は、3位のリカルドを追い抜くためにプッシュするけどもなんとペレスのペースが上がらず、後ろのチームメイトのオコンとバトルしだして、メイストレートで迫ってきたベッテルも絡む競り合いに1コーナーでペレスが譲らないからオコンがはみ出してベッテルの後ろに下がってしまい、最終シケインでベッテルがペレスを抜いて4位に!ベッテルの猛追も虚しく終わりました。ペレスとオコンが争ってくれたおかげでリカルドは、3位を守り切ることが出来たのは、ラッキーだったと思ったな。何気に3戦連続3位だからね。



しかし、リカルドが表彰台立つとシューイを期待してしまうんだよな~インタビュアーのスタートレックの船長?X-Menのプロフェッサーの俳優さんも乗りがいいよな~シューイのシャンパン飲めんだものwww後で腹痛くなってたりしたらウケるよな。

そういう面白いとこがリカルドの良いところかも知れない。
ライコネンの後は、リカルドを応援してこうと改めて思ったカナダGPでした。

今週は、ルマン24時間耐久レースだなぁ~トヨタ今年は、優勝出来るかな?去年、惜しかったからな~佐藤琢磨がインディー500を優勝したから小林可夢偉もルマン制覇だ!

ではまた(*ゝω・*)ノ
Posted at 2017/06/14 23:09:24 | コメント(0) | トラックバック(0) | F1 2017年シーズン | スポーツ
2017年06月11日 イイね!

第7戦カナダGP予選結果発表!(*ゝω・*)ノ



やはり速いコースでは、メルセデスが強いですね。ハミルトンがコースレコードを塗り替えてポールポジション。フェラーリは、一歩及ばずベッテルがフロントローでした。ライコネンは、ボッタスに及ばずいつも通りの4番手に付けました。ハミルトンは、ポール獲得数がセナに並んだので、セナの家族からセナのヘルメットを貰ってましたね。



下の画像が決勝レース結果です!

   ↓  ↓  ↓



画像が見えてないと嫌なので書いときます!

1位 No.44 L.ハミルトン / Mercedes
1'11.459(21Laps)

2位 No.5 S.ベッテル / Ferrari
1'11.789(21Laps)

3位 No.77 V.ボッタス / Mercedes
1'12.177(20Laps)

4位 No.7 K.ライコネン / Ferrari
1'12.252(23Laps)

5位 No.33 M.フェルスタッペン / Red Bull Racing
1'12.403(26Laps)

6位 No.3 D.リカルド / Red Bull Racing
1'12.557(28Laps)

7位 No.19 F.マッサ / Williams
1'12.858(27Laps)

8位 No.11 S.ペレス / Force India
1'13.018(22Laps)

9位 No.31 E.オコン / Force India
1'13.135(22Laps)

10位 No.27 N.ヒュルケンベルグ / Renault
1'13.271(24Laps)

11位 No.26 D.クビアト / Toro Rosso
1'13.690(18Laps)

12位 No.14 F.アロンソ / McLaren
1'13.693(18Laps)

13位 No.55 C.サインツJr. / Toro Rosso
1'13.756(19Laps)

14位 No.8 R.グロージャン / Haas
1'13.839(21Laps)

15位 No.30 J.パーマー / Renault
1'14.293(20Laps)

16位 No.2 S.バンドーン / McLaren
1'14.182(11Laps)

17位 No.18 L.ストロール / Williams
1'14.209(14Laps)

18位 No.20 K.マグヌッセン / Haas
1'14.318(11Laps)

19位 No.9 M.エリクソン / Sauber
1'14.495(11Laps)

20位 No.94 P.ウェーレイン / Sauber
1'14.810(10Laps)




感想と予想

フリー走行は、フェラーリがメルセデスより少し良い感じに見えたけど。予選になってみたらやっぱりメルセデスのが少し速い感じしましたね。速いとこは、メルセデス速いからな~ハミルトンなんてコースレコード塗り替えてしまうくらいだからね。ベッテルがプッシュしても及ばない訳だ。
ライコネンは、ボッタスのタイム上回れずに4番手に居るし、やっぱりモナコのを引きずってるのかな?リアタイヤ擦ったりしてたからな~、ただ単にうまく乗れてないだけなんだろうな。なんとかベッテルを出し抜いてくれたらいいんだけどなライコネン…



アンポン友樹の根拠のない予想は~

1位 ハミルトン

2位 ベッテル

3位 ボッタス

4位 ライコネン


う~ん、ライコネンがスタートで抜かれていきそうな予感がするんだけど…最悪、ポジションをキープし続けてくれたらいいんだけどな。1位は、もうハミルトンなんじゃないかな~



録画して見るから明日仕事から帰ってくるまでネタバレしないようにTwitterもインターネットもFacebookも見ないようにしないとな~楽しみ半減するからね。

では(*ゝω・*)ノ
Posted at 2017/06/11 18:08:25 | コメント(0) | トラックバック(0) | F1 2017年シーズン | スポーツ

プロフィール

「第20戦アブダビGP決勝結果発表!(*ゝω・*)ノ http://cvw.jp/b/230228/40775829/
何シテル?   12/05 19:32
こんにちは、アンポン友樹です。よろしくです!F1が好きです。生まれつき進行性キンジストロフィーディシャンヌ型っていう病気で体が不自由です。あんまり、気にしてない...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

2013Formula1 Belgium Grand Prix 予選レポート 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/08/25 18:38:33
DANDYな車椅子Life  
カテゴリ:おもしろそうなブログ
2006/11/01 22:37:37
 
モヒカン日記 リローデット 
カテゴリ:おもしろそうなブログ
2006/11/01 22:33:41
 

愛車一覧

トヨタ アルファード トヨタ アルファード
いつも職場や出かけるところへ、俺を運んでくれる車です。本当は、色は、青が良かったのに・・ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.