• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

doranosukeのブログ一覧

2015年05月30日 イイね!

時間制限付きなんだけど!

このところ、みょーに走るの大好き銀ちゃんだったりします。

で、この時間、何をしてるかっていうと・・・・・。

地図とにらめっこなんですね。


 今日は公用?が2つありまして、14時には戻りませんと、奥方にお尻ペンペンされてしまいます。

なので・・・・・。

お友達のページを見ながら、行先の妄想をムクムクと広げます・・・・・。

何故か、高い所に上がって風景を眺めたいのは、綺麗な瀬戸内の海を見たから?なんでしょうか。

伊吹山・・・・・。いずれは行きたい所ですが・・・・。


それとも、長浜のB級グルメである、茶しんのイタリアン焼きそばか・・・・・。


まずは、寝ましょzzz!
2015年05月28日 イイね!

いきなり密会!

このところヌシのお付き合いで、高速が多い銀ちゃんだったりします。X-DAYの打ち合わせの為、高速を使って20分の時間を買ってます。まぁ、なんとか落ち着いているので、ヤレヤレなのですが・・・・・。

 最近の出来事はというと、ディーラーでの見積! 例のお尻の穴(マフラーのこと)ですが、この際、メーカー純正にしようかと思ってます。17年越えの銀ちゃんですが、まだ走れることを高速で証明済みなので、この際、車検時に交換してやろうかと思ってます。今や”お馬価格”<”部品代”になってますが、長い目で見て、交換決定です。また、清水寺から飛ぶことは目に見えてますね。あと何回、飛ばされるのか?


 さてさて、そんな状態なので、銀ちゃんの汚れ方が半端ではなく、虫でフロントガラスはブツブツ、汚いことこの上なし。なので・・・・・。

=>洗馬!

 綺麗になると、ヒヒーンと鳴く奴・・・・・。
     ▼
 それに誘われ、ふらふらと目指したのは海津大崎。
で、ゆっくり走っていたら・・・・・通り過ぎる、見覚えのある白馬(車)!

 お尻がマーク2化してる特徴ある箱型のお馬さんなんて、記憶の限りでは、リア友A氏しかありません。銀ちゃんを急停止させると、A氏も気付いた! いきなりミニオフ開催です。



 銀ちゃんが、隠し通してるエンジンルームなど、全部、白日の元に暴露させられました。A氏曰く、”金のかかった・・・・・”と言いますが、A氏は人のことを言っちゃいけませんね・・・・・。貴方の悪事(笑)はヌシと銀が眼に刻みつけておりまする!


 まぁ、それはさておき、A氏にも会いたかったことも事実! この辺、類は友を呼ぶ?なんでしょうか? 夏の悪だくみの概略、確かにお聞きしましたぞ!  




 リア友が去ってからの琵琶湖は少し黄昏チック。
さぁ、厩に変えることにしましょう。

2015年05月19日 イイね!

「Kalafina」(カラフィナ)の歌声に誘われて・・・・・。

「Kalafina」(カラフィナ)の歌声に誘われて・・・・・。消費税改定前に購入したゴリラくん。残念ながらその足はヤワでした! 粘着吸盤の出来が悪くて、ドーナツ状のそれが剥がれてしまいました。しかも、美しく剥がれました。両面テープなどを駆使したものの、やっぱり不具合続出!

 どうかしてるぞパナソニック! これで台座5000円は、ぼったくり! 少々ムクレながら、SLを見に行くことにしました。


 まずは・・・・・。出し惜しみ(ウソっ!) 北陸線に入ってくる青い電気機関車は、希少価値です。なぜなら、ここには以前であれば、交流直流機でなければこられませんでしたのでねぇ。(詳しくは、デットセクションなんかの語句で、ググってね)

 青い客車には、やっぱり赤い電気機関車でないとなんだかね。違和感バリバリの私です。(歳がばれますね。)




 みなさんのお目当てはC56-160です。小型ながら、煙の匂いとドラフト音は一人前です。あと、汽笛もね!



 
 木之本の町は、こんなカフェやら、酒蔵やら、サラダパンのお店が主体です。
他には、木之本地蔵なんですか・・・・・。






 車なので、ぜーんぶパスしました。ここは車を止める場所がないんです。
原則、駅前の駐車場(無料)に置くしかねぇ。もっとも、地もぴ(地元ピープル:地元民)である銀ちゃんは、無敵なんですけどね。
 しばらく惰眠を貪った後、やっと発見した kalafina のCDを銀ちゃんに装備して、サウンドに酔いしれに行くことに・・・・・。

 ちなみに kalafina  は カラフィナ と読むようです。NHKの歴史秘話ヒストリアで、オープニングやエンディングに流れてきます。澄んだ高い声で歌っている曲が大好きなヌシは、いつかCDを探そうと思っていたんです。


 ふらふらと来ちゃったのは、またも敦賀。今日は、海を上から眺めたくて、北国グランドホテルのあたりから、眼下の敦賀市内をぼんやりと眺めます。敦賀湾越し、先日いったばかりのCPはあのあたり・・・・・。



 ちょっと右に振ってみると、北国グランドホテルがちょっと入ってきます。はるか昔、連絡船がついたのは、あのあたりかと想像しながら風景を眺めて・・・・・。




 滋賀に戻ります。kalafinaの曲はやっぱり高い声がイイね!と感じながら、小浜道の下を潜ります。ここを作っていたときは、なんと高いものを作るんだと思いましたが、北陸自動車道とつなぐためには仕方がないんですね。




 のんびり走っていたら、ハイドラアイコンを出しながら元気に走る車を発見しました。追分の手前でした。名古屋ナンバーでここを走る=検証の始まりです。その車は国道8号を長浜方面へ向かっていましたので、こちらは柳ヶ瀬越えで挑戦します。



 それにしても、相手はかなり飛ばしています。経路を追うと、どうやら賤ヶ岳は旧国道を使ったようです。(それで現国道の渋滞をパスしたようです。)
こちらはトンネルの待ち時間で5分ほど待機しましたが、それがなければ、木之本あたりで“逆襲のヘッドオン”でした。

 -おわり-


2015年05月18日 イイね!

糸の切れたタコは海へ(4)

糸の切れたタコは海へ(4)
 さて、今回のお話は、敦賀から。ちょうど、タイトル画像では青い矢印のあたりからです。

 命のビザ発給者-杉原 千畝氏により、難民たちがたどり着いた敦賀。

 その中で重要な移動手段となった鉄道の歴史を続いては学びます。公園には、敦賀港駅を再現した資料館があります。


 ここは撮影不可なので、またも目に焼き付けます。少々、鉄分のある私ですが、へぇっと感心することが展示されていました。入口左側の部屋でエンドレス再生されている映像ですが、驚きの連続です。また、現在のアルプラザ平和堂の角から気比神社のあたりが道が広くなっているのは、戦災で焼け野原になったからではなく、もともとの北陸線の敦賀駅があったからだとは知りませんでした。

 さて、復元された駅舎ですが、国際ターミナルの性格を持っていたはずでしたが、意外に小さな駅舎でした。旧長浜駅舎の方が大きい~あちらは琵琶湖をつないでいただけなのに~ので、余計にそう感じます。

 ちなみに再現されている駅舎の方が、より駅舎っぽいんです。末期の敦賀港駅は、平屋だったんですよ。もっとも、乗降の出来る駅ではなかったので、設備的には十分だったと思います。(これについてはwiki等でみてね。)

 この日は天気がよく、芝生の上では凧上げしてる人もいるなど、絶好の外遊び気分です。ヌシと銀ちゃんお勉強タイムもそろそろ終わりにして、もうちょっと走ってみることにします。
 先ほど、ちょっと触れた旧国鉄の山中越ルートを走ります。鉄分の多い方から、葉原の築堤でピンとくるでしょうが、その手前から国道は今庄側へトンネルで抜けていきます。抜けたところで、すぐ国道365側へ戻れば滋賀なんですが、今回はちょっと下ってから、今庄356スキー場へ向かいます。




 このシーズンはゲートボール場と化してます。なだらかな芝生は、お昼寝するにはもってこいかもれません。ちなみに、左の道は・・・・・。
(行くなよー、行くなよー by マジ銀ちゃん)



 このゲレンデの中の道を登ると・・・・・。
”言奈地蔵”の近くを通って、余呉高原スキー場の脇か、山中トンネル出口付近に出られます。でも、銀ちゃんで通るような所ではございません!(きっぱり)

 ちなみに、ゲレンデのど真中を普通車で降りてゆくと、注目度max!であったりします(もうごめんだぜ・・・・・。BY 経験者 銀ちゃん)

 余談ですが、余呉高原スキー場とここは距離も近いのですが、性格が反対なゲレンデです。私はどっちかというと今庄365の方が好きですね。余呉はボーダーの聖地?に対して、基本的にボーダーを締め出しているのは、今庄365スキー場です。スキーヤー同士ならゲレンデ上の動きも同じなので、安全面からも楽なんですね。ボーダーが転倒して座り込んで動かないのは、邪魔でしかない・・・・。せめて端に行けんかな? だって、道路の真ん中で転倒したら、即、起きるでしょうが! エッジの怖さを知らんでしょ?(閑話休題)



 そうそう、併設されてる温泉施設からは、こんな感じで山並みが見えます。
1速でも加速してしまう、過酷な坂です。



 結局、今回、お風呂には行かず、走ってばっかり(汗)
これも悪いのは銀ちゃんのせいです。

 なんとかかんとか言いながら、福井県にバイバイします。画像の奥にある橋の手前、そこに実は現在の関所があって、冬場はコンクリートブロックで通行止めにされます。まぁでもね、厳寒期にここを通る理由等あるわけなくて、通行止めでも困りませんけどね(爆)


 滋賀県側に入ると、道の脇にあるのが淀川の源流の碑です。そう、ここは分水嶺なんですね。降った雨が日本海に行くか、淀川を下り、大阪湾を経由して太平洋に行くのかは、ここで決まります。分水嶺マニアではないですが、これを見ると、旅心を誘われます。

 県境からは、原則として延々下りとなります。椿坂峠のスノーシェッドを潜ったのも過去の話、今は1キロほどのトンネルでほとんど真っすぐです。柳ヶ瀬の集落の手前で、またも旧北陸線後に合流します。実際、この国道と北陸自動車道が廃線跡をトレースする形になっています。




 ちょっと時間があったので、余呉湖へ向かってみました。新緑の余呉湖畔にある羽衣の松(松じゃないけど)を見て、新緑の余呉湖を眺めて、今回のお出かけコースもほぼ終わりです。後は、美味しいご飯を求めて、おうちへgo! だったりします。

 -おわり- 

2015年05月17日 イイね!

糸の切れたタコは海へ(3)

糸の切れたタコは海へ(3)さてさて、糸の切れたタコになっている、銀ちゃんとヌシです。

ちなみに、タイトル画像は“水島”です。
存在は知っていましたが、初めて目撃しました。
コンパクトデジカメやスマートフォンではほんとの美しさは切り取れませんので、ご紹介まで!

さてさて、ブログアップまでに色々と挟んでしまいましたので、少し、おさらいです。

【スタート】
 北陸自動車道 木之本インター
      ▼
 マキノ(メタセコイア)並木
      ▼
 スキー場&CPポイント
      ▼
 朽木(道の駅)
      ▼
 三方五湖(CPポイント)
      ▼
 水晶浜(ダイヤ浜)

 ダイヤ浜にはちょっとはやいけど、水遊びしている方々がおられました。ヌシが小さな時は、福井県敦賀市の松原で、GWは泳いでいたようです。子供の時の思い出、それがやっぱり、ヌシを海に誘うんでしょうか?

 ここ、水晶浜の奥に見えるのは原発。この原発のおかげで、立地している市町村はインフラの整備が進み、実は敦賀半島をぶち抜くトンネルが出来ています。ですので、水晶浜からの帰りが楽に・・・・・。(閑話休題)


 
 さて、(3)は青い矢印からスタートす。
半島をぶち抜けるので、簡単に敦賀湾側へ移動です。高速の上からとか、わりに敦賀半島を眺めることは多いのですが、今日は反対からです。

 敦賀湾側へ来た目的は、メシ → CPを取るためです。銀ちゃんと来たことはないので、おそらく20年ぶりでしょうか、原発を越えて半島の先っちょを目指します。


 道に防波堤という名の包丁を下したように、唐突に道は終わります。その先はです!(あたりまえ・・・・。BY 銀ちゃん)

 灯台までは500mと、防波堤の端の青い看板に書いてあります。それと、嬉しくないことも ⇒ 熊、出没の警告です。今回、クマよけ鈴なんぞもっていませんし、携帯ラジオもないですし・・・・・。500m、一人でしゃべり続ける”オッサン”程、不気味なものはないでしょうし。ということで、パスします。
(単に腹が減っていただけでしょ by 銀ちゃん)

 その行き帰り、見つけましたよ! 水島です。敦賀市の観光ガイドで見たことがあり、どこにあるのか知りませんでした。まさかここだったとは。



 もうちょっと高いところから、解像度のいいモノで取れば、夏の気分先取り!なんですが、そっち系のハードルの高さには着いていくつもりはありません(というか、破産するだろ、銀ちゃん by ヌシ)ので、しっかりと、目に焼き付けます。

 湾越し、山の高い所に高速道路が走ってます。昔の北陸線、山中越はあそこを走っていたんです。だから、北陸トンネルを掘ることになるんです。こうやって見ると、昔の人は大変な工事をしてたのが実感できます。山の右端、帯状の1センチほどのラインがPAだもんね。

 水島に目を転じると・・・・・。

 ヌシには見えるぞ、綺麗なおねーさんがビーチに寝そべっている! プライベートコーストがここにある・・・・・。なんていう妄想は、ちょっと置いといて、少々観光的にネタを。金額は不明ですが、民宿等で水島には渡してもらえるようです~あっちこっちに看板出てましたし。夏なんぞに行ったら、エライことになりそーな、よ・か・ん・! 
 敦賀市内に戻って、ヌシも栄養補給をしないと、ぶっ倒れてしまいます。敦賀といえば頭を過るのが・・・・。

 ヨーロッパ軒 => ソースかつ丼
 塩荘 => 駅弁(小鯛のささ漬)
 小牧 => かまぼこ
 一力 => ラーメン

 しかし、今回のセレクトはそれを全部外します。セレクトしたのは、北陸が発祥の地である”8番らーめん”でした。ここは福井、から揚げ大好きな土地柄ですので、から揚げ+餃子セットをチョイスです。(餃子は、写ってません・・・・)



 秘密の県民ショーでこのラーメンが紹介されたとき、妙に食べたくなったんだなぁ。福井県民のから揚げ好き(というか、鳥好き?)というのは知らなかったんですけどね。
 お腹を満たして、やっと人間に戻ったヌシです。
(あのぅ、人間だったんですか・・・・ボク、知りませんでした by 銀ちゃん)

 お茶目すぎる銀ちゃんには、罰として、重たいヌシを乗っけて、ミニミニべた踏み橋を越えてもらいます。



 敦賀の港(小船があるところ)にかかっている橋なんですね。現在はフェリーターミナルが敦賀新港へ移動してしまったので閑散としてますが、以前はここへいっぱい、車が来てました。フェリーを乗り降りしたことがある人には、懐かしいのではないでしょうか。

 橋を渡ると、敦賀の観光名所である赤レンガ倉庫に到着です。
準じもぴ(準じもとぴぃぷる→準地元民)ではありますが、このあたりの再開発ぶりには驚きです。だって、一昔前は港の前のドラッグレースでも出来そうな、閑散とした所だったんですよ!



 今は公園になっており(実は撮影者の後ろが港に港に面した公園になっている)、敦賀ゆかりの杉原千畝氏と鉄道の記念施設があります。



 杉原 千畝(すぎはら ちうね)氏を記念する施設がこれです。第二次世界大戦中、リトアニアのカウナス領事館に赴任していた杉原氏は、ナチス・ドイツの迫害によりポーランド等欧州各地から逃れてきた難民たちに対して、大量のビザ(通過査証)を発給し、およそ6,000人にのぼる避難民を救いました。

 しっかりとは映らなかったんですが、敦賀が国際港であり、シベリア横断鉄道の東の端であることが書かれてます。今じゃ、日本海の地方都市ですが、ちょっとトキメキドキドキ・・・・・。



続く・・・・。

プロフィール

「昔、親父に連れていってもらった常神。」
何シテル?   06/01 13:27
 平成10年8月、お盆過ぎに我が厩に来たE-EA1A、ハミルトンシルバーのVR-Gです。2400が出るのを知っていながら、1800にこだわった・・・・・です。 ...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2015/5 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

高温注意! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/07/16 08:32:23
信州里山へ鳥撮り遠征 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/06/16 21:05:19
AutoGauge PKシリーズ 時計 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/05/25 19:09:08

愛車一覧

三菱 ギャラン 銀ちゃん (三菱 ギャラン)
平成10年8月納車の EA1A、ハミルトンシルバーのVR-Gです。 カーオブザイヤーを取 ...
スズキ エブリイ 隠密クロちゃん (スズキ エブリイ)
銀ちゃんの黒子、ミニブタ号同様、街中に溶け込む隠密行動号です。だって銀ちゃん、目立ちすぎ ...
三菱 パジェロミニ ポチくん (三菱 パジェロミニ)
いろいろあって、迷子のパジェロミニを保護しました。 なので、愛称は、迷い犬ポチくん ...
ホンダ マグナ50 ホンダ マグナ50
 特訓する間もなく、旧オーナーの手によって、ドナドナされていきました。実質の所有期間は ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.