• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

さばみそのブログ一覧

2018年05月13日 イイね!

ポケバイでモンキーレプリカ

を作ることは結構みなさん思い付くと思います。
それを自分もやってみました。かねてから考えてはいたのですがなかなか踏ん切りがつかす二の足を踏んでいて。

でも大切なのはやってみることです。
頭だけでなくて、トライ。



おー。でも、うーん。
ヘッドライトが重さで下がってきます。

電動のポケバイがベースです。それに社外のモンキータンクセットやシートをつけただけ。
それだけでなんとなくそれっぽくなってしまうのはしまうのはさすがデザインも練りに練り上げられた人気車種ですね。
針金での固定だけですが、現状だけでもまあ走れないことはないです。

過去にモンキーもゴリラもやりましたが、走りの面で不満を覚え手放してしまいました。
ただ、これが電動ポケバイとなれば話は別です。ナンバーこそとれないものの、小さな車でも容易に持ち出せ、室内保管も可能です。

加工はほとんどくくりつけだけですが、ポケバイ特有の短すぎるハンドルだけはどうしようもないので、延長するために今回家庭用の溶接機を買いました。
見た目は悪いですが、力を加えても壊れないのでホビー目的ならくっついてます。
ハンドルを延長したので、ブレーキは自転車のワイヤーを加工して付けています。
何気にこういうところに今までの加工経験が生きています。作った、というか、作れるようにさせられていた感があります。今回の製作もいずれやる運命だったんですかね。

タイヤは6.5インチで前後ノーサスです。そのためモンキーより少し小さいです。
良くも悪くもエンジンがないのでそこだけオリジナルのアンダーカウルで隠しています。バッテリーが丸見えなので目隠しはアルミテープかな。
課題山積みです。




あとは各種パーツのフレーム固定や、ヘッドライト本付けとウインカーのために溶接の腕を磨きたいと思います。
Posted at 2018/05/13 18:41:08 | コメント(0) | トラックバック(0)
2018年05月04日 イイね!

こんなディフューザーパイプでいいんですか

ベンリイの始動が安定しません。
コンデンサとポイントが原因であることは突き止めましたが、新品の入手困難につき、コンデンサはcb(年代、排気量不明)
の中古品で対応、ポイントは磨きだけで対応しました。
特にポイントは、接点も磨耗気味ですし、ヒールがかなり擦れているので何とかして新品を手にいれたいところです。
毎度のことだけど、ベンリイCB125K専用の部品てなんでこんなに入手困難なのか。

そんなこんなでなんとか起こしてみましたが、エンストしないレベルはやたらとアイドリングも高めで、しかもうるさいです。
音量の件は以前から気になっていたんですが、ディフューザーパイプが外れなかったのと、とりあえず芯抜きがなされているわけでもないし、年代的にも音量はこんなものかな?と思い放置してきました。
ただ、繰返し様子を見ていくなかで、始動するだけでも近所迷惑になりかねないので、この際取り外して見ることにしました。
ディフューザーパイプは、マニュアルではネジ一本外せば取り外して磨けるようなことを描いていたのに、この個体では完全に固着してびくともしません。
掴む部分も折れてしまい、取り外しは困難を極めましたが、叩いたりこじったり、浸透潤滑スプレーを多用してなんとかハンドツールにてばらし成功。

そして取り外したのが下の写真です。


(一番上のシルバーのパイプは比較用に抜いたc100用社外品です)
下の黒い二本のパイプが今回取り外したものです。

明らかに小さいです。

マニュアルやパーツリストでは、このc100用社外品みたいな絵がついているのですが、今回取り外したものはその3分の1しかありません。
長さも二本とも同じで、折れたり切断したものでは無さそうなので、どういう経路でついたものなのかは不明です。


c100用がつけば最高なのですが、先端の太さ的に厳しく、マニュアルにある断面図(が描いてあることもすごい)でも入らなそうなので、適当なものを探すことにします

そういうわけで、ポイントとディフューザーパイプを現在捜索中。
走り出すにはまだまだかかりますね。
Posted at 2018/05/04 20:47:03 | コメント(0) | トラックバック(0)
2018年04月09日 イイね!

結局ノーマルが一番ってことよね。

C100改の調子が悪いです。

アイドリングも調子良さそうに見えて、公道を走り出すとガタガタ。
いくらホンダ純正とはいえC100吸排気と70エンジンは相性が悪いみたいです。
くしゃみしてエンストばかりしてます。

エンジンスワップをするなら吸排気もあわせて全入れ替えするのが結局いいみたいですね。

とすれば、フレームへの追加工が必要です。
マフラーをのせるためにはスタンドも干渉部分をカットしなければ。

元には戻せない加工なので、なかなか勇気がいることですが、もはやOHV50へ未練はありません。
パワー的にも、コスト面からも、加工する方が私の好みに合っています。

マフラーは、今は暫定的に社外マフラーをつけていますが、音量が大きいので、こちらもできるだけ純正を探します。

思えばカブのマフラーはかなり静かですよね。
夜中でも気兼ねなく走り出せるバイクが私の理想です。


そう考えると、ベンリイのほうもできるのなら全体をアップデートしたい気持ちがあります。
始動性も悪いですし。
後年式のエンジンや、12VのCD125あたり使えるんじゃないのかな?
古さゆえの独自さはいいのですが、あまり専用部品が合いすぎるのも考え物です。


C100もベンリイも見た目がすごくいいので、何とかしてきちんと路上で走れるレベルにしたいものです。
こんなにしびれたモデルはそうそうありません。

楽しみ方としては邪道かもしれませんが、私にとってはこれが本道です。
どちらも、完全フルオリジナルなら、乗り続けないと思います。
電装12V化などのモディファイもできるにはできるのですが、ポイント、コンデンサを今後も使い続けるのか、これから意味もなく高騰し続ける部品を探し続けていくか、などと考えていくと、そのあたりはメンテナンスフリーのほうがいいと私は思います。


何も気にせずに新車を替える人は健全だと思います。業界にとっても一番良いお客さんですしね。

私の様な不良中年には、実用目的向上のためのエンジンスワップが一番です。
Posted at 2018/04/09 23:52:52 | コメント(0) | トラックバック(0) | C100 | 日記
2018年04月08日 イイね!

c100とベンリイが始動しました

c100とベンリイが始動しましたc100もベンリイも無事エンジン始動しました。二台ともエンジンを開けた後だったので、とりあえず安心しました。

c100はエンジンスワップに伴い、各所をc70用に入れ換えています。オリジナルはフレームとハンドル回り、ウインカーぐらいです。
フロントタイヤはメーターギアの交換をしたかったので、ドラムハブとアクスルごと換えています。c70メーターケーブルもc100メーターに問題なく接続できました。
一方、リアですが、c100はドリブンスプロケットが大きすぎるのでこちらもc70用に入れ換えました。
仕様としては70cc乗りにはもっともポピュラーな「前だけ1個上げ」です。

これでなんとか走れるようにはなったのですが、まだまともに走りません。
キャブセッティングが必要なようです。
確かにc70純正に比べ、c100用吸気だとエアクリーナーボックスはともかく、インテークパイプがかなり長くなってますし、マフラーも排音とパイプ径がかなり大きいです。中速域から全く力がでないので、ニードルが怪しいですが、詳しくはまた煮詰めてみます。



ベンリイはエンジンを開けて閉じただけですが、バルブステムシールを変えたお陰か、白煙がほとんどありません。シールにはカブやモンキーなどの6v横型のものが使えました。今後仮にまたヘッドを開けても直せそうです。この型はエンジンを下ろさないとヘッドが空かないのと、カムチェーンをいちいち外さないとシリンダーまでアクセスできないので、もう一回やろうという気にもなりませんが。

例のスチールボールもきちんと使えました。クラッチは相変わらず良く切れます。ヘッド回りやクラッチカバーのオイル漏れもないので、ずいぶん自信がつきました。
この型の特徴として、シフトチェンジがつまりやすいですね。アクセル煽らないと入りにくいタイプでしょう。横型カブ系よりも頻ぱんに詰まる印象。
70年代後半ごろ以降の縦型50系はシフトがきちんと入りました。思えばR&PやCB50でシフトチェンジミスをした記憶がありません。5速なのに。ニュートラルもほとんど出しやすかった。



平行して、探していたエンブレムも着けました。上が元々ついていたもの。下がオークション品。割れもあったのですが、それでもかなりきれいです。
125クラスでこんな凝ったエンブレムがあるなんて豪華ですね。バイクへの熱意や当時の雰囲気が見えるような気がします。
Posted at 2018/04/08 14:38:07 | コメント(0) | トラックバック(0)
2018年04月03日 イイね!

c100のエンジンスワップ計画

最近はc100を乗り回しながら、いただいた不動の87年式12vカブ70を修理していました。
動く状態に仕上げたカブ70の走りには感動を覚えました。回転がスルスル上っていく爽快感は72cならではだと思います。
年式で言うと当然なんでしょうが、正直にいってc100よりも完成度は遥かに高いと思います。

見た目のレトロ感や各所の独特の作り、ohvのエンジンは特筆すべきことではありますが、私が求めるバイクは72ccのカブと思いました。
両方乗り比べて思うのが、c100はスロットルや縦キャブの使い勝手があまりに悪い。。そして、メーターギアは気を付けて組まないと確実に故障します。ホイールにかける爪が非常に折れやすい。よくある失敗らしいのですが、これは初見殺しです。購入時点ですでに傷が入っていましたしね。

愛らしいが扱いに難しさがあるc100と、作りは素晴らしいが、状態が悪く、登録にも疑問が残るカブ70。
ベンリイと合わせて三台をしっかり乗れるのか?としっかり考えた上で、思いきってエンジンスワップをやってみることにしました。
人によってはもったいないこと極まりないかもですが、私の場合はこうすることが最適だと思いました。
ohvの希少さやフィーリングよりも、比較新しく設計も進んでおり、部品も遥かに安い70を元気に乗り回すことの方が私の選ぶ道だと考えたわけです。

やはりバイクは乗ってなんぼ。
余ったエンジンや部品はいつものごとく、必要な人に譲ったり、他の利用法を探そうと思います。

基本的には共通部分が多い二台。
エンジン載せかえは、フレームだけサンダーで少し削る必要がありましたが、基本的にはポン付け。
ハーネスやスイッチ類はそのまま付きます。スイッチとスロットルをかえるただけでも激変します。旧式のカブ特有のスロットルと縦キャブはややハードルが高いですね。

12vの右サイドカバー回りのバッテリーボックスは、信じられないことにまんま移植できます。少し穴を広げる必要や、閉まらないサイドカバーをとうするかなとちょっとした課題は残りますが。
マフラーも位置的には問題なく使えますしね。
エアクリーナーのボックスはフレームに干渉して使えないので、ダクトはどうにかしないと行けませんが、そのくらいです。


電気系統は間違いなく良くなります。
こなの車体でウインカーがバチバチつくのは感動ものです。
ただしストップランプがないので配線等は追加しないと行けません。

問題のメーターギア回りもフロントホイールハブごと交換したらいけました。
メーターはそのままでも、ケーブルだけ替えられました。

カブ70用にすると、前後両輪が2.5になるので、小回りするときのタッチは変わります。クイックさだけは損なわれるかも。ただ、安定性なんかは上がりそうですね。前後同サイズなら在庫も持ちやすいですしね。

エンジンをかけたらかかったので、移植自体は成功。
あとはc100にないウインカーのインジケーターなどの処理など細かいところてす。
完成しだいまた上げます。
Posted at 2018/04/03 01:03:06 | コメント(0) | トラックバック(0)

プロフィール

「エイプ50シートとクラッチケーブルつけました。」
何シテル?   05/10 14:29
25にしてクルマに目覚め、30を前に遅まきながらバイクデビュー。 小遣いを切り詰めてガタピシ原付をいじる九州の原付おじさん改め、原付父さんです。 小排気量を...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/6 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

【なぜ古い車は排除されなければならないのか??】 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/01/09 15:11:47

お友達

ファン

5 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ C100 ホンダ C100
大都会からやってきた通算8台目のバイク。おそらく62年式。初めてバイク屋で買ったバイク。 ...
ホンダ ベンリィ CB125K ホンダ ベンリィ CB125K
7代目の不動車。1967年型ベンリイCB125K。初めてのセル付き・初めてのツイン。エン ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.