• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2021年02月19日

細部に信念が宿る。



どうも(^^)v

今回はカタログのアップになります~

気になるんですが、コレがまだ乗れてないんですよねぇ…(^-^;

ってコトで…



ZC33Sスイフトスポーツ デビュー時です♪

今回はデビュー時とか言いながらモロに現行車な訳ですが、ホントにスズキって気になるクルマを次々に出して来ますよね(^^)v!!

思えば現行アルトが出た時位からですね(コレもそろそろフルモデルするらしい…)

初代のハスラーに、アルトワークスが出て、んでもってスイスポにジムニーに…。

そういうクルマを見ると思っちゃう。

最新のクルマは〇〇でつまらない…なんて言うのはよく出るフレーズだけど全然そんなコト無いじゃないかと(笑)

単純に慣れ親しんだモノから新たに生まれ変わるモノに対して受け入れられないだけではないのかと…。

そんな感じで多くの気になる現行車のウチの1台がこのスイスポだったりします♪

さて…そんなZC33Sスイフトスポーツは4代目スイフトスポーツとして2017年にデビューしています♪

名称通りのスイフトのスポーツ仕様な訳ですが、歴代モデルと違い、時流に則ったのか分かりませんが、ダウンサイジングターボ化されています(^O^)

他の車種とかでしたら…「モデルチェンジでNAの良さが無くなった」とか言葉も飛び交いそうな気もしますが、スイフトでは不思議とそのようなコトを聞いた記憶がありません(^O^)

デビュー時のキャッチコピーは…



細部に信念が宿る。

ソレにしてもこの冒頭のCMは当時見た時もインパクトが…なんか頭文字Dを意識してるとしか言えないような(爆)

今回は2017年9月のカタログでデビュー時のモノとなっております。



さて…このZC33Sこと4代目スイフトスポーツ。

全体的なフォルムは歴代モデルを踏襲してますし、イメージカラーにイエローを持ってくる辺りも分かりやすいと思います♪

しかしながら…最近はこういうアングリと開いたようなグリルが流行りのようですが、どうもこういうグリルのデザインは未だに好きになれません。

ウチのPHVもそうですが、なんでこのような清掃性に欠くようなデザインばかりにしたがるのか…(汗)



リア周りも基本的には先代のキープコンセプト。

全幅は1735㎜で、この型で3ナンバーサイズになってるんですね!

まぁ…ソコは時代の流れなので最近は気にならなくなりました(笑)

この写真からは分かりませんが、リアドアのアウタードアハンドルがピラーに隠れるようにブラックアウトされているのが特徴…コレも最近の流行りですねぇ。

ココをブラックアウトする必要…正直自分はウネウネとラインを入れず一直線であって欲しいと思ったり。



インパネはレッドからブラックへとグラデーションしていくガーニッシュがインパクトがありますね(^^)v

各種先進&機能装備が充実している割にはスイッチの数も少なく機能的なレイアウトなように見えます♪



シートは専用のセミバケットシート。

最近は純正のシートでもガチっとしっかりした形状のモノが増えてますね!

車種により良し悪しアレど、昔ほど極端に短時間しか乗れないようなシートは少なくなってきました。

ただ…シートに座り込んだ時の当たりの良さとか生地の質や触感とかはバブルの時代のクルマがやっぱりしっくり来るものがあります。

そんなZC33Sスイフトスポーツデビュー時に搭載されるエンジンは1機種のみ。



・K14C…直列4気筒1400㏄DOHCターボ、140馬力、23.4kg-m。

直噴ターボのこのエンジン…今や常識ですが、2500回転から3500回転の間で最大トルクを発揮するんでかなり速いかと…。

高回転型では無いものの、実用域やコーナーの立ち上がりとかの瞬発力がありそうですね(^^)v



コレに組み合わされるミッションは、6速マニュアルと6速オートマ。

CVTからオートマになっているようなのですが、確かにこの手のスポーツモデルですとオートマの方が変速フィールが自然ですし、CVTもかなり進化したものの、やはり歴史のあるオートマの方が耐久性もイイでしょう。



足回りはフロントがストラットでリアがトーションビーム。

ショックアブソーバーにはモンローが奢られています♪



ボディは各種が最適化され、なんと僅か970㎏…(汗)!!

なんとパワーウェイトレシオで7㎏切ります!!

色々先進装備に快適装備もコレがフツーに付いてこの重量ってんだから更に驚く訳です(゜o゜)

快適な上に軽量…そりゃ気にもなりますよ(笑)



装備としては、最近では付いてるクルマが大半となってきたマルチインフォメーションディスプレイ。

スポーツモデルだけありまして、モーション表示に、パワーにトルク、ブースト計も当然表示♪

一昔前の社外のマルチメーター並…いや以上か…それらの装備がもう付いてる。

弄る楽しみとかは無くなりますが、やっぱり純正で付いてるってのは有難いですよね(^^)v♪



そんでもってシートヒーターにスマートキーも当然のように付いてるんですから♪

後は今回は取り上げてませんが、エマージェンシーブレーキやら車線逸脱防止やらの先進装備は装着車と選べば一通りキチンと当たり前にあります(^O^)



グレードは基本的にモノグレード。

コレに先進装備を付けたセーフティパッケージ。

更に全方位モニターを付けたパッケージの3種類。

正直この全部付けても15万円切る位しか変わらないのです…(汗)

自分ならセーフティパッケージに全方位モニターも付けますね。

ソレでも6MTで200万円切っちゃう。

自分はスゴイと思います…ココまでやっててこの値段でこんなの来ちゃう。



ボディカラーは全部で6色。

自分でしたらココはスイフトスポーツらしくベタにチャンピオンイエロー4と行きましょうか…(笑)

いいなぁ…こういうのも見ちゃうと欲しくなる(笑)



で…コチラがオプションカタログ。

スズキも結構色々と種類が豊富ですね~♪



自分の知ってる限りでは2000年前後当たりからこの手のフューエルリッドカバーなんてのもオプションで設定されるクルマが出て来ましたね(^^)v

セリカとかはリッド単体で交換するスケルトンタイプとかでしたが、コチラはあくまでカバー。

自分はあんまり外装ゴチャゴチャさせたく無いので、取り上げるだけ取り上げて付けないタイプですが…(爆)



内装はレッドとブラックのグラデーションパネルから、このようにホワイトインテリアやブラックインテリア、写真には上手く写ってませんが、レッドインテリアのガーニッシュにも交換可能♪



シンプルにブラックは選択しやすいですが、この手のスポーツタイプにホワイトパネルはセンスが問われますね!

意外やこの手にありがちなシルバーはナゼかコンソールボックスガーニッシュしか無いのね…(汗)




スポーツマインドのステッカーは昔からありますが、現行のスイフトでもまだ健在なのは知りませんでしたよ…(^-^;



この辺りは現代のクルマっぽい設定ですね(^^)v

スマートキーのパネルとカバーの設定。

意外やお値段結構します。

ウチは蓄光タイプのシリコンカバーをネットで買って付けてます(^O^)



今の時代にゴールドエンブレムの設定があるのもチョット珍しくなってきました(笑)

今の若い子はこういうの気にする子も少ないんでしょう…恐らく…(笑)



コレも時代の流れを感じる…テンパータイヤキット。

昔は付いてるの当たり前でしたが、今やパンク修理キットが搭載される車種が当たり前のように増えました…が…

無いと困るのはつくづく実感します…(苦笑)

ウチのPHVみたいにトランクスペースが極端に狭いならば諦めますが、オプションで設定があるからには付けておきたいところです。

こんな緊急装備をケチってまで軽量化したり燃費向上させてどうすんだと。

さて…そんなスイフトスポーツですが、2020年にB型に一部改良してるんですね♪

更に先進装備が強化されたのと、オーディオ廻りの充実、ソレとボディカラーにルーフ2トーンが設定されたりと時流に伴った常套手段的な進化をしているようですね~(^^)v

今のクルマは高い…と思うクルマがある一方で、このように意外や手頃で楽しめそうなクルマもある訳ですね(^^)v

スポーツモデルの人気や売れ行きはSUVと比較して低いとは言えど、確かに見かける頻度も高いですし、やっぱりそれなりに魅力を備えてたらちゃんど売れるんだなぁという1つの例だと思いますね(^^)v

しっかし…970㎏で140馬力…ソレを6速マニュアルでキビキビ走るってのは考えただけでも楽しそうな1台ではあります♪
ブログ一覧 | カタログ~スズキ~ | クルマ
Posted at 2021/02/19 23:35:51

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

関連記事

後期型で一気にアイサイトの性能強化 ...
ウッkeyさん

新型Q3に「やっとか…」「待たせて ...
たく@独車/48・46全力応援さん

こんな無意味な車の比較はない!トヨ ...
仁政さん

3代目インプレッサの時にタンレザー ...
ウッkeyさん

COROLLA SPORTの気にな ...
myhiro15さん

クリオ/ルーテシア 30周年
ふぐ_R.S.さん

この記事へのコメント

2021年2月20日 10:17
毎モデル登場ごとにパフォーマンスを見て思います。
「よくこのプライスで出せたなぁ~」と(笑

他社なら確実に20万円前後は乗っけてくるでしょうね💦

コメントへの返答
2021年2月22日 19:02
ホントに一昔前の安さですね(笑)!

スズキのコスト管理も結構徹底してるんでしょうね(^^)
2021年2月20日 10:21
こんにちは。
この手の車が少ない中、スズキさんは頑張ってますね。しかも200万円で購入出来るって素晴らしいです。置き場所さえあれば「おもちゃ」として買っちゃいます(笑)
コメントへの返答
2021年2月22日 19:02
こんばんは(^^)v

この値段でこのスペック…ホントにオモチャ的な感じで楽しめるのがイイですね♪
2021年2月20日 20:33
こんばんは😃
私はデビュー直後に試乗しましたが、デミオのディーゼル並みの鬼のトルクがとても印象に残っています。

GRヤリスが2台買えるこの値段はバーゲンプライスです。
新型N-ONEの6MTの一番のライバルでしょうね~
コメントへの返答
2021年2月22日 19:12
こんばんは(^^)v

ターボでこの排気量の割にトルクがあるってのは意外ですね!

そしてGRヤリスの半額で来るってのがスゴイですよね(笑)
2021年2月20日 21:42
今晩は。スイフトのスペアタイヤですが、よく見たら(オプションカタログの画像)、スポーツには設定ありませんでした。
確か、マフラーのタイコの容量を稼ぐ為(高性能化の為)、スペアタイヤレスになっています。
コメントへの返答
2021年2月22日 19:18
ありゃ…意外やスポーツには設定出来ないんですね…(汗)

スペアタイヤが無いってのはつくづく困ります…(泣)
2021年2月21日 4:12
こんばんは(^。^)

スイスポ。自分も気になっている車ですよ(^。^)

やはり最近の車としてはハイブリッドの中^^;
ターボ付き6MTで200万切るとは良いですよ(笑)
おじさんでも欲しくなります(爆)

最近のスズキは心をクスグル車出しますね(^。^)
コメントへの返答
2021年2月22日 19:18
こんばんは(^^)v

ホントに手頃で内容がイイですよね♪

分かりやすい良さがあります!
2021年2月21日 9:26
おはようございます。

スイフトスポーツ、旧型スイフトRSがウチにあった身としては、デザインは「?」だけど、200万弱でここまでの内容のスポーツハッチが買えることこそ、バーゲンプライスかなと思います。

イメージカラーの黄色が良いですね。
コメントへの返答
2021年2月22日 19:19
こんばんは(^^)v

確かにデザインで好みじゃない部分もあるんですが、手頃で楽しめるのは大きいですね!

おすすめアイテム

プロフィール

「@Bikini 後期のレフィナ…排気量は分かりませんが、売れ筋のグレードでしたね」
何シテル?   06/21 20:07
愛車はC33ローレル、GX71マークⅡ 登場から既に20年を超えてしまったC33ローレルをメインとして活動しています♪ GX71は通勤用。 ロ...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2021/6 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

日産純正カセットデッキを復活させる! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/10/13 01:20:12
愛車グランプリにエントリー! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/09/29 01:15:59
クルマの履歴書 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/01/29 03:41:19
 

愛車一覧

トヨタ プリウスPHV トヨタ プリウスPHV
紆余曲折あって車歴17台目にして初の新車(笑) 前車GX71から実に30年進化しており ...
日産 ローレル 日産 ローレル
2オーナー走行6.7万キロ17年間車庫保管で新車同様のC33の2.5メダリストVを山口で ...
フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック) フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック)
ゴルフⅦの中でも1500台限定の特別仕様車となるラウンジというグレードです♪ その中で ...
日産 ウイングロード 日産 ウイングロード
普段は親が乗っていて維持はメンテ代と保険料は自分負担とゆーことで実質サードカーです。主に ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.