• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2021年06月21日

個性的過ぎるとダメなのか?



どうも(^^)v

今回はカタログのアップになります…

昔から唯一無二…もう見るだけで一発で分かっちゃうクルマですよね…。

ってコトで…



ミゼットⅡ前期 
カーゴ追加時です♪


チョット前に話題にしたドミンゴに乗ってた中学時代の先生のセカンドカーがコレでございました…緑のピック。

ファミリーカーがドミンゴでセカンドカーがミゼットⅡってのが何ともぶっ飛んでます(爆)

「コンパクトなクルマこそエコ」をポリシーとする先生としましては、このミゼットⅡはまさに理想的…デビュー当初から欲しかったようですが、なんとかかんとかしてやっとの思いで中古で買ってましたね…当時まだ4年オチ位。

自分が高校に入って以降にこの先生は購入し、ソコから通勤の友として使用。

帰宅方向が一緒だった妹がミゼットⅡの荷台に乗って帰宅するという、今では絶対にありえない逸話も残っております(爆)

もうさすがに持ってないでしょうけど…(^-^;

さて…そんなミゼットⅡは1996年にデビューしています♪

三輪だった旧モデルから実に四半世紀を経て、今度は四輪での復活となりました。

但し、初代のような実用的な大量生産車では無く、ダイハツの池田工場の中でも「ミゼット工房」と呼ばれるところで、プレスや塗装を除き組立は熟練工による手造りで生産されている辺りが初代と違って大量生産を狙ってない辺りが伺えます。



当初は初代同様に1人乗りでしたが、1997年にはコレまた初代同様に2人乗りが…そして移動販売車等のニーズにも最適なカーゴモデルも追加されています♪

カタログも写真のようにペットや愛玩的な感じで親しんでもらえるような演出があったりします(^O^)

なのでカスタムベースとしても人気で、V8を積んだミゼッパチなんて印象的です(笑)

今回のカタログは上記の通り2人乗り&カーゴが追加されて以降の1998年3月のモノです。



ってコトでまずはピックと呼ばれる所謂軽トラですね(^^)v

丸目2灯のヘッドライトにフロントの中央にはドカンとスペアタイヤが鎮座。

今のクルマではこんなの絶対ムリです…というより衝突安全の基準で後期ではフロントマスクが延長されると共にスペアタイヤも荷台に移されてますので…(^-^;

そういえばナースのお仕事で、元・ローラースケートなアイドルがたこ焼屋のクルマで乗ってましたね(笑)



全長は2790mmと、当時の軽自動車の規格上限から比較してかなり短くコンパクト♪

比較が人とキリンっていう(爆)



で…コチラはカーゴ。

カーゴは恐らくリアバンパー分…ピックに対し40mm長いです♪



ココでいきなりですが、重量はDタイプの1人乗りで僅か550㎏!!

一番重いRタイプ2人乗りのカーゴですら660㎏です。



カーゴも十分個性的…ケータリングサービスのクルマなんかに使いますと、少々狭いながらもインパクトはありますよね(^O^)

ちなみにテールレンズはキャリイと共用ってのは今回調べて初めて知りました!

ハイゼットでえぇやんけ~(苦笑)



インパネはとにかく当時の最小限。

メーターもスピードと燃料のみ。

他はほぼ鉄板剥き出しです…ある意味割り切りって大事。



シートは1人乗りですと、このボディながらも十分な広さがあります(^O^)

対して2人乗りは…

拷問でしょう…(爆)

あくまでコミューター的なクルマですから、コレに2人乗るってのはあくまでエマージェンシー用ですね…(^-^;

又はカップルで…

相当理解力無いと厳しいけど…(汗)


そんなミゼットⅡ前期に搭載されるエンジンは1機種のみ。



EF-CK…直列3気筒660㏄SOHC、キャブ、31馬力、5.1kg-m。

ハイゼットのエンジンをデチューンして搭載していますが、元々のスタビリティが低いのと、車重の軽さで動力性能は一般道を制限速度で走るのにはソコまで不満は無いですね(^^)v

但し、コレで高速はかな~りキツイかと…。



コレに組み合わされるミッションは、1人乗りが4速マニュアル、2人乗りが3速オートマ。

自分はマニュアルのモデルしか乗ったコト無いですが、ギヤ比が確か離れ過ぎてたんじゃないかなぁ…

足回りはフロントがストラットでリアがリーフリジッド。

ホイールベースが僅か1840mmなのと、トレッドが狭いこともあるのか、鼻先が自然と右に左にフラフラ~ッと向いて行く独特な動きをします(笑)

乗り心地はお世辞にもイイとも言えず、なんとか欲しくて買った先生ですら「通勤で使うと運転してても10分で酔う」だなんて言ってましたね…(^-^;

そしてギヤ比の関係もあって実燃費もリッター10㎞/h程度とそんなに良くはありません…(苦笑)



装備としましては、カーゴのリアサイドウインドは開閉式になってまして、もう移動販売で使ってくれと言わんばかりの内容。



カーゴルームは高さも幅も奥行もほぼほぼスクエアな感じです♪

高床にはなるものの、荷室がフラットなのも美点かと思います(^O^)



グレードはこんな感じで、まずはピックから…

・Bタイプ…最低グレードで1人乗りのみ。ミラーが唯一ブラック。

・Dタイプ…ミラーがメッキになり、ルームランプとバッテリーカバーが付きます。

・Rタイプ…各所にアイバワークスのメッキバーが付いた最上級仕様。



次いでカーゴ

・Dタイプ…ピックと違ってフロントロアスカートが付きます♪

・Rタイプ…コチラもアイバワークスのバーとロアスカートもカーゴなんで標準。



ボディカラーは標準が3色、メーカーオプション5色の計8色。

自分はピックRタイプの1人乗りで、ボディカラーはイエローがイイですね(^^)v



で…コチラはオプションカタログ。

表紙からしてペーパークラフト調でユニークです♪



コッテコテ(笑)

毎度ですが、ダイハツはとにかくオプションが多い。



すれ違いでジャンケンも出来ちゃう(爆)

スペアタイヤカバーですら遊び心があります♪



ココまでコテコテなミゼットⅡは見たコト無いですね(笑)

サイドウインドの南の島の夕陽のデカールも何気にオプションで18000円。



スカッフプレートは車格を考えると結構立派な造り!

他にもトノカバーにデカール、マッドフラップにストライプと充実♪



幌ってのもミゼットらしくてイイですね~52000円也。



周りは鉄板剝き出しなのにウッドパネルで高級感…アンバランスな気がしなくもないですが、こういう加飾パネルは不思議とグッと来るものがあります(笑)

ちなみにエアコンは全車ディーラーオプション。

物品税があった80年代ならまだしも、90年代にディーラーオプションで用意されてるってのは珍しいかと思います!

よく考えますと、1番安いピックのBタイプにエアコンとウッドステアリングを装備しちゃうと、車体の4分の1がこの2つになるという(爆)

オマケ



ミゼットⅡは元々1993年に出たコンセプトカーが発端。

コンセプトカーながらもエアコンパネルは何かしらから流用してる感じですね。



更に発売前年の95年には3人乗りのミゼットⅢがコンセプトカーで登場♪

クラシカルな外観に3人乗りというのが魅力。



右側はリアドアが無い1:2ドア。

コンセプトカーってのもあって内装はフルトリム…しかしミゼットをココまで豪華にしちゃうとな~んか違う気もしちゃいます。



コチラはあくまでコンセプトカー止まり…完成度は高いですが、幻のクルマとなりました。



そして97年には集大成?のミゼットⅣなるコンセプトカーが現れます。

ランエボみたいな進化ぶり(爆)



インパネも市販のミゼットⅡのものをそのまま流用してますし、内装も極めて実用的で市販もおかしくない状態…。

しかし…しかし…

ムーヴで事足りるやん…(汗)

ミゼットⅡが初代と大きく違ったのは周囲の環境…。

初代のように軽免許や軽三輪自動車への優遇された法規制はご存知の通り既に無く、また、趣味性を求めなければ、ピックを買わずにハイゼットトラックを買えばいいですし、移動販売車で使うならまだこの時はミラウォークスルーバンが買えちゃう…(苦笑)

可愛らしさや余程の駐車場事情が無い限り選択肢に一般的には上がり難い…(汗)

日本の税制面で軽自動車の規格より小さい車両に優遇されたクラスが無いコト、そして国民性からして実用的且つそれなりの豪華さを好むコト…更に突飛なモノを好まず、周囲に馴染み冠婚葬祭等で違和感が無いモノ。

そういう背景を考えると、おおよそこんな感じで企画したクルマは台数が中々出ませんよね…(^-^;

元々手造りですから、ダイハツも分かってやってるとは思います…クルマとしての楽しさや個性を重きに置いた立派な1台かと♪

ソレはミゼットⅡだけではなく、スズキツインやスバルR1なんてのも当てはまるかと…(^-^;

反面、ワゴンRなんてのも当時としては突飛な外観ですが、アレは軽の規格一杯の大きさに実用的に4人乗れるから受け入れられたんでしょう…RVブームが来てて、セダンからより違うものを求めていた国民のハートにヒットしたなどの複合的な理由もあるかとは思いますが…。

それでもミゼットⅡは改良を繰り返しながら5年間コンスタントに出した上、ミゼット工房はエキスパートセンターと名前を変え、今はコペンが生産されてます。

つまり…

ノウハウは今も生きている。

ミゼットⅡのDNAはコペンの血統に受け継がれているのでしょう…ミゼットⅡの存在は決してムダじゃなく、寧ろ必要な1台だと思いますね(^^)v

ちなみに他のこの時代のクルマと較べますと、比較的低走行でキレイな個体が安価で出て来る方だとは思いますね♪

敢えて選ぶ理由は今も十分あると思います!
ブログ一覧 | カタログ~ダイハツ~ | クルマ
Posted at 2021/06/21 09:41:13

イイね!0件



タグ

関連記事

ギターコレクション(ベースギター編)
hanikunさん

中古Psychederhythm ...
紺八親爺さん

マックツールズ 「PS4WA」ピッ ...
garagekさん

ウルテックスのピック
のらすけさん

ギターコレクション(ストラト編)
hanikunさん

60年で740万台以上はスゴイな〜
ウッkeyさん

この記事へのコメント

2021年6月21日 10:37
こんにちは(^。^)

ミゼットⅡこれも懐かしいですね(笑)

当時タイヤ屋に居た頃にお客さんが乗って
いましたよ(^。^)

しかもトラックとカーゴ(爆)

今で言えば大人買い?(爆)

しかも2台共、かなりのドレスアップしていて
タイヤもホイールも14インチインチアップ(笑)

まぁ〜おフランスのタイヤは撥水性が良く
雨の日でも安心と言っておりました(笑)

ちょっとは運転しましたけど。
結構目立つ車で良く街行く人に見られましたね(爆)

近所のお米屋さんも使っていましたね。
その店主が亡き先代が3輪乗っていて懐かしく思い
自分は新しいのミゼットを買ったって言ってましたね(^。^)

ダイハツは商用系は強いと思いましたね(笑)
コメントへの返答
2021年6月22日 4:28
こんばんは(^^)v

え…まさかの1人2台持ちですか…(爆)

PHVに入れて思いますが、おフランスのはウェットグリップもイイですし、コーナーの粘りやコントロールのしやすさがメッチャイイですね(笑)!

お米屋さんが先代をリスペクトして購入…意外やそういうオーナーさんも結構いらっしゃるかもしれませんね…コレは予想外でした…(汗)
2021年6月21日 14:29
コンセプトは良かったんですけどねぇ
ハイゼットと比較すると割り切り感が中途半端と言うか、安い訳でも無かったですからね。
コムスくらいのサイズで250cc二輪エンジンだったら評価も違ってたでしょうね。
コメントへの返答
2021年6月22日 4:30
確かに手造り云々ありますが、価格だけで見ると決して安くは無いんですよね…(苦笑)

結局行きつく先は今の法規で見ると超小型モビリティだったりするんですよね…結局将来的にコケそうなニオイしかしませんが…(汗)
2021年6月21日 19:18
人に聞いた話ですが
某フォーミュラマシンコンストラクターが「手造り&低コストで車を製造するノウハウ」を吸収するために、ミゼットIIの製造現場を見学に来たとか(マジかいな)

ツインとミゼットIIは、いつかは欲しいですね(*´∇`)


コメントへの返答
2021年6月22日 4:34
あぁ…ソレは分からなくも無いですね(笑)

幾ら手造りとは言え、当時から業務提携と言う名の元のトヨタの傘下でしょうから、ムリ・ムラ・ムダを省いて徹底的に生産管理や工数削減に厳しかったハズです…大阪人の商売気質も絶対にあるんでしょうけど(笑)

こういう愛玩的な趣味性の高い1台…欲しくなる気持ちは十分に分かります♪
2021年6月21日 20:44
こんばんは。
間違ってたら申し訳ないですが、奥田民生が嘗て乗ってたと聞いたことあります(・∀・)
が、後に有名になるスバルR1と違って情報が出てこない…

冒頭のCMを見ると古舘伊知郎の「しあわせ家族計画」を思い出します(´ω`)
同番組の宿題をクリアして貰える300万円分の商品にダイハツ車を希望することも。
コメントへの返答
2021年6月22日 12:23
こんにちは(^^)v

調べてみたんですが出て来ませんでした…実際どうなんでしょうね…(^-^;

しあわせ家族計画はスポンサーがダイハツでしたが、ミニバンを希望するとデルタワイドになるってところが好きでした(爆)
2021年6月21日 21:11
こんばんは🌃
何気に気付いたのですが、カラーコードがアルファベットで始まるのはダイハツですが、イエローやホワイト系はトヨタ?っぽいですね?
変な所に気付きました☺️
コメントへの返答
2021年6月22日 12:24
こんにちは(^^)v

着眼点がスゴイですね…全然気づきませんでしたよ(笑)!!

意外とトヨタと同じ塗料使ってやってたとかあるんですかね…(汗)
2021年6月21日 22:03
こんばんはー
この初代ミゼット2、近所のお茶屋さんの配達&宣伝カーとして現役ですわ😆

コミカルなCMも好きでしたねー
実用性なんか気にせず乗りたい車をたまに作るからダイハツは割と好きです
コメントへの返答
2021年6月22日 12:33
こんにちは(^^)v

見た目のインパクトもありますし、まだまだ現役で通用する1台ですね(^^)v

ダイハツはたまに突飛なアイデアで面白いクルマが出ますね…最近は実用的な車種がやや多めではありますが…(^^)v
2021年6月24日 6:53
そう言う車を長く維持出来るカタログが有ります。レストアからカスタムまでほぼ対応のキノクニパーツカタログです!
コメントへの返答
2021年6月29日 21:51
そんなのがあるんですね(^^)v

身近で持ってる人がいたら今度見せてもらおうかと思います♪
2021年6月30日 6:37
そうですね、カタログじたいが1500円くらいなので購入しても良いかも?
コメントへの返答
2021年6月30日 19:33
参考にします!

2021年7月10日 7:52
そうですね、油圧計などを取り付けるサンドイッチブロックも車種により付けられます!
コメントへの返答
2021年7月10日 19:44
そうですか

おすすめアイテム

プロフィール

「[整備] #ローレル C33ローレル ルームランプ球交換。 https://minkara.carview.co.jp/userid/232669/car/474879/6517565/note.aspx
何シテル?   08/26 04:34
愛車はC33ローレル、GX71マークⅡ 登場から既に20年を超えてしまったC33ローレルをメインとして活動しています♪ GX71は通勤用。 ロ...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2021/9 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

日産純正カセットデッキを復活させる! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/10/13 01:20:12
愛車グランプリにエントリー! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/09/29 01:15:59
クルマの履歴書 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/01/29 03:41:19
 

愛車一覧

トヨタ プリウスPHV トヨタ プリウスPHV
紆余曲折あって車歴17台目にして初の新車(笑) 前車GX71から実に30年進化しており ...
日産 ローレル 日産 ローレル
2オーナー走行6.7万キロ17年間車庫保管で新車同様のC33の2.5メダリストVを山口で ...
フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック) フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック)
ゴルフⅦの中でも1500台限定の特別仕様車となるラウンジというグレードです♪ その中で ...
日産 ウイングロード 日産 ウイングロード
普段は親が乗っていて維持はメンテ代と保険料は自分負担とゆーことで実質サードカーです。主に ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.