• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

チョーレルのブログ一覧

2019年07月05日 イイね!

大好きを、探しに行こう。



どうも(*^^)v

連続でスイマセンが、今回もカタログのアップになります。

今回は北海道のみん友さんの愛車紹介にあったクルマですね(*^^)v

1度だけですが、お会いしたコトがあります(*^^)v

ってコトで…



JA11ジムニー3型です♪

今まで乗ったコトあるのってコイルサスだけだったか…多分リーフは無いよなぁ。

あ…そういえば1回タービン交換したコトありますね(*^^)v

さて…そんなジムニー…歴史は長くてこのモデルは1981年に登場した2代目になる訳ですが、その中でも第2期の660ccになったJA11というモデル。

さらにその中でも小変更をされた3型というヤツでして、もう把握出来ない位にバリエーションがあります…(^_^;)

このJA11の3型というヤツは1992年7月にデビューしておりまして、オートマチックや一部のグレードにパワステの標準装備等を行って、快適化された内容になっているようですね(*^^)v

当時のキャッチコピーは…



大好きを、探しに行こう。

まぁ…なんとな~く…言わんとせんコトは分かるような…分からんような…(汗)

今回のカタログは1992年10月のヤツです。



ってコトで、この3型ってヤツからドアミラーからフェンダータイプのミラーになったのと、助手席側にアンダーミラーが追加になったようですね(*^^)v

そういえば子供の頃にまさにこのまんまのヤツが近所にいました♪

このサイドストライプが独特な感じで印象に残ってますね(笑)



更にCCという幌のモデルもありました(^O^)

この後の3代目では無くなったのが惜しいトコ…確かもっと前のモデルではフロントガラスも倒れてましたよね♪

フツーのジムニーでも十分に楽しいのですが、こういうモデルって更にレジャー感が増して楽しそうですねぇ(^O^)



2代目は特に17年とモデルライフが長かったコトもありまして、初期物なんて鉄板剥き出しのインパネでしたが、ドンドンと乗用車的なモノになって行きました。

ソレでも十分に機能的且つスパルタンなのです(*^^)v

メーターは視認性抜群な大きさで、空調スイッチは感覚で分かるレバー式。

そして手を自然と伸ばした位置に灰皿がある訳で。

こういうクルマはオーディオはオマケ程度…下にチョコんとアレば十分な訳です♪



シートはバケットタイプでヘッドレストはシースルータイプ。

車格の割にはサイズもタップリ…ソレでいて機能的。

そしてリアシートはオマケですね…小物置き程度で…(^_^;)



さらに廉価モデルではこのように割り切ったハイバックタイプもあります(*^^)v

ホントにクロカンするならバケットシートに交換するでしょうから、コレで十分な訳で(笑)

そんなJA11ジムニー3型に搭載されるエンジンは1機種のみ…



F6A…直列3気筒660ccSOHC、58馬力、8.8kg-m。

全車にEPIのインタークーラーターボモデルを搭載。

車両のキャラクターを考慮し、最大トルクは3500回転と、当時としては低回転。

ギヤ比の高さも相まって、結構フケ上がりはイイのですが、いかんせん重い為、メチャ速くて素早いレスポンス…って訳ではないです…。

寧ろ、低回転で粘るのとスロットル開度に対し素直に反応する特性じゃないとマズイですね…(^_^;)



コレらに組み合わされるミッションは5速マニュアルと、この3型から追加された3速のオートマ。

当時としてはこのような車種にもオートマが追加されたのは異例だったのかもしれませんね…今じゃ当たり前ですが…(^_^;)



そして4駆はパートタイム式の本格的なヤツですね(*^^)v

更にフリーホイールハブも装備♪

4駆モードに切り替えるとタイトターンブレーキング現象を味わうコトが出来ます(笑)



そして足回りは4輪リーフリジッド。

コレは後のJA12からはコイルになるんですが、「アシが延びる」ってコトで、この手の趣味人では断然リーフ派になります(*^^)v

オンロードの乗り心地とか乗用車感覚で言えばコイルなのでしょうが、こういうのは本気でクロカンする人も多いのでリーフのままでもよかったのはないのか?

とも思います。



そしてこの年代のカタログではよくある透視図♪

毎度ながら見かけると気になるのでついつい載せてしまいます(笑)



装備としては、AMラジオが0.5DINサイズ。

たま~にありますよね…特にダイハツの商用車シリーズ。

結構雑音だらけ&ショッボイスピーカーでもう何言ってるか聞こえないっていう…(苦笑)

経年劣化していくと尚更…(笑)

以前仕事で使ってたクルマですが、最終的に「ピーッ!!」という音しか出なくなったハイエーストラックを思い出します…(苦笑)

途中まではKBCラジオ入ってたんだけどなぁ…(汗)



そして幌モデルはパーキングブレーキロックを装備。

確かにイタズラとかで倒されたらたまったもんじゃありません…が…

毎度ロックする人いるの(笑)??



更にパノラミックルーフという、ハイルーフ且つルーフ後部端がガラスになったモデルがあります。

中古で探すとタマも比較的あって、しかも安いんです。

コレ…元ジムニー乗りの人に聞いたら、クロカンしてて横転するのが日常茶飯事のジムニーでは、このガラスがもれなく割れる訳でジャマなんだそうです(爆)

つまりクロカンする方々に歓迎されないから安いと…(苦笑)

なるほど…ハイルーフで重心が高くなるわ、ガラスは割れちゃうわで確かにデメリットの方が大きい…(汗)

ジムニーならではの需要と言いますか…フツーならこういうギミック装備は加点要素になるのに、まるっきり逆なんですね…(笑)



で…グレードは全部で4種類。

快適豪華系のHC。

ソレにパノラミックルーフになったEC。

幌モデルのCC。

廉価モデルのHA。

自分ならCCのディープブルーパールがイイですねぇ(*^^)v



で…ディーラーオプションでアナログクロックなんてありました…。

ミスマッチ感スゲェ`;:゛;`(;゚;ж;゚; )ブフォォ!!

けどネタにはなる(笑)


さて…そんなジムニーですが、その後の第4期ではコイルサスにフルトリムとかになってドンドンと乗用車感が増していき、次の3代目にバトンタッチして行きます。

そして現行ジムニーの爆発的ヒットは記憶に新しいかと思います(*^^)v

ってか現在継続中ですね(笑)

いや…アレ見た時にコレは絶対売れるなって思いましたね(^O^)

素直に機能美でカッコイイと言えるクルマなんて現代では中々に珍しいです!

現行のヒットもあってか?このJB11はまだまだこの年代のクルマの中では比較的リーズナブルで買えちゃうクルマかと(^O^)

今のウチに手に入れてトコトン楽しむのもありですよね…いいなぁ…こういうの見ると欲しくなっちゃうんだよ…(苦笑)
Posted at 2019/07/06 01:11:22 | コメント(3) | トラックバック(0) | カタログ~スズキ~ | クルマ

プロフィール

「@(ひろっち) その節は…全く気付きませんでした(爆)実は紆余曲折ありまして、罪ほろぼし?で月の小遣いでカミさんをスシローに連れて行ったトコだったのです(爆)」
何シテル?   07/10 05:14
愛車はC33ローレル、GX71マークⅡ 登場から既に20年を超えてしまったC33ローレルをメインとして活動しています♪ GX71は通勤用。 ロ...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/7 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

日産純正カセットデッキを復活させる! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/10/13 01:20:12
愛車グランプリにエントリー! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/09/29 01:15:59
クルマの履歴書 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/01/29 03:41:19
 

愛車一覧

トヨタ プリウスPHV トヨタ プリウスPHV
紆余曲折あって車歴17台目にして初の新車(笑) 前車GX71から実に30年進化しており ...
日産 ローレル 日産 ローレル
2オーナー走行6.7万キロ17年間車庫保管で新車同様のC33の2.5メダリストVを山口で ...
フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック) フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック)
ゴルフⅦの中でも1500台限定の特別仕様車となるラウンジというグレードです♪ その中で ...
スズキ ワゴンR スズキ ワゴンR
2003年4月10日勢いで免許取得前に有り金15万で買ったビックリドッキリメカ。エンジン ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.