• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

チョーレルのブログ一覧

2010年02月26日 イイね!

これからも売れない兆しですが…(汗)

さて…もう登場から数ヶ月経ちますがそれでもこのクルマは全く見たことありません…(汗)

新車効果という言葉もあるのですが、ここまで売れないと多分最後までダメでしょう。

今回は珍しく登場したばかりのニューモデル…




スズキキザシです♪

それにしてもやれコンパクトだエコだいう時代にまさかスズキが3ナンバーセダンを出してくるとは意外でした…(汗)

まぁ…明らかに日本市場はターゲットにしてなくて、完璧に目線は海外を向いてます…。

市販で需要があるのはスズキの重役くらいですよ…(苦笑)


まぁ…スズキってそれまで社長のクルマが

エリオセダンでしたから…←マジで


それにしてもコンパクトで売ってきたスズキがこれを世界戦略で出したところで食いつきが微妙そうなんですが…(汗)

せいぜい昔からマルチスズキとしてのシェアが大きかったインド市場くらいでしょう。



それにしても初の3ナンバーセダンとしてはインパクトの欲しいとこですが…

なんとも無個性、平凡的。


探偵が尾行に使うのに打ってつけ(爆)


どこかで見たことのあるようなデザインだと思ったらなんともゴルフやパサートっぽいイメージですが…(汗)


スズキ・サンタナ←言い過ぎ(爆)


よく壊れるとこまで似たりして…(苦笑)




リアスタイルもシトロエンぽかったりマフラーエンドがマークXぽかったり…

大失敗した福笑い←オーナーさんゴメンナサイ


なんでこうも無個性?スズキにはスズキのオリジナリティや過去の伝統を生かせばいいのに…。




エンジンは2.4リッターでエスクードからの流用なんだそうな…。

スペックは188馬力とシステム出力上では直接的なライバルはトヨタSAIを意識したところでしょうか…。

そのうちハイブリッドを出すらしいですが、普通ならSAI買いますね。

当然SAIの方がリセールバリューも高いでしょうし…。

天下のトヨタの方が過去のノウハウで耐久性やコストパフォーマンスで上回るハズです。




インテリアはまぁこのクラスにありがちなデザイン、そして質感。

実際に写真ではわからないインテリアの質感がプラスチッキーでは無いことを祈りたいです。

スズキのクルマの悪いトコは全体的にプラスチックとわかってしまうなんともコスト掛けてない内装なんですよ…(汗)

ダイハツ車に乗ってしまうとあまりのスズキの軽のあまりの内装の質感の無さに愕然としてしまうアレですね…。

全体的にスズキのクルマは鉄板や全てにおいて薄く重厚感に欠けます。

最近のスイフトやSX4はその辺りが改善されているらしいので…(軽は相変わらず)

キザシも良くはなっていると思われます。




個人的に思ったのはクルーズコントロールスイッチが写真で見る限りとても使い辛そうで…(汗)

トヨタ辺りが好むレバー式の方が目で見なくてもわかるので大変使いやすいんですけどねぇ。

あと思うのが照明がスポーティな感じを意識したのか赤だということ。

公式プロモーションビデオによるとターゲットは50代位のユーザーのようですが…


赤の照明って夜間非常に見辛くないですか??


50代になると老眼の方もいらっしゃいますのでこれはどうかと…(汗)

多分マイチェンで「コレは間違いでした」といわんばかりに白のLEDになっちゃってこれまた無難に落ち着きさらに無個性と悪循環。




室内は快適そうですね♪

個人的にはレザーシートと言えばギャザー付きの方が好みなのですが、最近は通気性の観点も含め、このデザインが主流。

ちなみにもう一つ残念なのがシートヒーターあれど空調シートが無いこと。

あれは夏場にホントにあると無いとじゃお尻の蒸れが大違い♪

最近のクルマはいいなぁ…と思う装備の一つですね♪

あれ考えた人最高(笑)




エアバッグってこんなにいるのでしょうか??

これがあるから重量増やコスト高になるわけで、オプション設定にするといいと自分は思うわけです。

まぁ…オプション化したらマスゴミがウルサイのですが…(汗)

多分オプション化したら付ける人は少数派でしょう…(苦笑)



これはパッと見普通のオートライトシステムなのですが、新開発のようで橋げたや短いトンネルなどではヘッドライトが点灯しない仕組みなのだそうです♪

最近のクルマを欲しいとは思いませんが、このように技術が進歩して実用性が向上する点は自分は多いに認めます♪

ローレルに乗ってて思うわけですが、橋げた通る度にオートライトが反応しちゃってうっとうしいたらありゃしない…(苦笑)


このように昔からあった技術の実用性や快適性が向上するところを見ると新型車もいいなぁ…とは思うのですが、その分失うことの方が大きい(デザインが統一化されたり、明らかな激しいコストダウンがあったり、カタログ値から大きく離れて昔のクルマより燃費が悪くなってたり…)のが欲しくならない理由なんでしょうね。




そんなキザシの価格設定を見ると、意外とリーズナブルで一昔前のこのクラスの値段です♪

ただ…

これ買うんならゼロクラの程度のいい2.5の中古が買えるのでそちらを薦めます(笑)

そちらの方が遥かに安く、下取りも有利です(笑)

見栄も張れれば中も快適、そして室内も広々で文句無しで一家大満足でめでたしめでたし♪

中古さえ気にしなければ…ですが。


ちなみにこのキザシ…


受注生産なんだそうな…(苦笑)



スズキ売る気ねージャン(爆)



マイナー車になる「兆し」←もうなってる
Posted at 2010/02/26 01:19:52 | コメント(33) | トラックバック(0) | カタログ~スズキ~ | クルマ
2010年02月24日 イイね!

今でこそ6速MTは当たり前ですが…



CMに関谷さんを使用したりとなかなかトヨタとしては味のあるCMですね♪

今でもGTカーといえばZやGT-Rなんてのもありますが、どうもこのクルマの時代のように心をくすぐるような感じはありませんね…(汗)

個人的な偏見とは思いますが、このように直6を搭載してグラマラスなボディを与えてこそGTカーと思ってしまいます…。

この時代は比較的堅物なクルマが多いトヨタ車の中では珍しい遊び心に振った1台です。




今回は80スープラです♪

写真は上から時計周りにデビュー直後の93年5月のもの、エンジンが可変バルタイ化された97年8月のもの、そして販売中止直前の02年3月ものです♪

このスープラが出た時、自分はまだ小学3年でしたが、かなり驚いた記憶があります(笑)

今でこそスポーツモデルでは当たり前ですが、日本初の6速マニュアル搭載車はインパクト抜群でした!!

それにこのグラマラスな曲線で構成されたスタイルは当時の日本車では異様でしたね!!

そんな80スープラは1993年5月にデビューしました♪

先程書いた通り、日本初の6速マニュアルトランスミッション、3リッターツインターボ280馬力に43.5kg-mというとてつもなく太いトルク、そして当時としては異様なまでに曲線で構成されたスタイルにこれまた当時純正では絶対に考えられなかった超大型のリアウイング(笑)


当時のスポーツカーが好きな人々のツボにはまったのは言うまでもありません…。




コチラは初期型の最上級グレードであるGZです♪

スープラと言えばRZじゃないの??

と、思われますが、当時の最上級グレードはこのGZだったのです!!

ただ、高級装備が多く、ラグジュアリーに振ったキャラクターで、スポーツグレードがRZといった具合です。

案の定、RZが売れ筋となって、このGZは1年少々でカタログ落ちしてしまいます…(汗)

あと個人的な好みでは、実はリアスポ無しの方が好みだったりします(笑)

初期型の特徴としてはアルミホイールが当時はまだ17インチの認可が下りなくて、16インチであること。

そしてこのアルミホイールのカラーがシルバーのモデルはNAで、ガンメタの場合はツインターボという違いがありました♪




97年のマイナーチェンジ以降で、ウインカーレンズがクリアになったり、フロントとリアにサイドマーカーの追加、フロントバンパーの形状変更などしています♪

そして中期から印象の濃いガンメタのカラーが追加されます♪

このガンメタがまたなかなかいい色なんです♪



中期モデルまでは70スープラからの伝統でエアロトップも設定されていました♪

初期型はツインターボにも設定があったのですが、中期でNAのみになり、後期ではとうとう消えてしまいました…(苦笑)

個人的にはこのエアロトップもなかなか好みなんですよねぇ♪




後に連れて盛り上がっていくデザインもなかなかですね!!

それにしてもこのリアのエアインテークってただの飾りなんでしょうか??

ブレーキ冷却用位しかメリットが無さそう…(爆)

GTOなんてタダのフタだったし…(汗)





運転席まで回り込んだインパネは独特且つ走りを感じさせる最高のデザインです!!

このインパネを一目見るだけで「スープラ」とわかります♪♪

GT-Rのインパネが悪いとは思いませんが、より走りを感じさせるインパネと言うのなら自分はスープラだと思います♪



エンジンもデザインに決して負けていません♪♪

3リッターツインターボの2JZ-GTEは280馬力で後期になると可変バルブタイミングが採用され、トルクは当時としては異例の46.0kg-mも出ています!!

しかもこれって電子制御スロットルのE-TCSなんですね…(汗)

JZX100系の1Jからだと思ってたんですが実は2Jの方が先だったんですね(笑)

個人的にはただのワイヤー式の方が好きなんですけどねぇ…(苦笑)




ミッションは先述の通り、日本初の6速マニュアルで、この3ヵ月後に三菱GTOが6速化しています。

ミッションは世界的にも有名なゲトラグ社との共同開発で、フライホイールダンパーにもドイツのLUK社のものが採用されています♪



ATに関しては、コチラも今でこそ当たり前ですが、ステアマチックを中期型から採用されています♪

ただ、個人的にはこれって特にレッドまで引っ張れる訳でも無いので、ただコスト高になるだけで必要無いかと…(苦笑)




足回りは中期型からですが、REASという機構が採用されています♪

仕組みとしては、左右のショックアブソーバー内のオイルを配管で繋ぐことにより、相互連携することによって、ロールを抑制させるという利点があるそうです♪


ただ、車高調に換えるとなったら面倒な気が…(汗)

発想は面白いですね♪




フロントスポイラーは当時流行??した可変式で90km/hから作動して70km/で格納するアクティブスポイラーのようですが…

速度設定が高過ぎ…(苦笑)


日本の道路交通法を守って走る限り、必要性は低いですね…。





ブレーキに関しては、当時のトヨタお得意のスポーツABSで、横Gセンサーの働きでABSの作動を管理するようですが、当時の記事を見る限り評判は今ひとつでした…(苦笑)





レアと言えばこのイエローのボディカラーはかなりレアだと思います!!


ちなみにスーパーブライトイエローという名称なんだそうです♪


ところで、この80スープラは開発初期段階に950回に渡る軽量化ミーティングをしたようで…(汗)


ボルト頭部を削っての重量削減やカーペットのイト1本にまで及ぶ中空化までしたようです…(汗)

開発時は間違いなくバブルなので実に手の込んだ開発です…(汗)


ただ…

それでもRZで1510kgと全くもって重い(爆)


ライバルのR33GT-Rなんてアテーサなのに1540kgなのを考えると実に重い…(苦笑)


どうせどこぞの芸者を呼んでのオイシイミーティングだったのでしょう…(爆)
Posted at 2010/02/25 00:36:08 | コメント(28) | トラックバック(0) | カタログ~トヨタ~ | クルマ
2010年02月23日 イイね!

グランデな男とは??



それにしてもなんと大げさで意味のわからんキャッチコピーなんでしょ(笑)??


今、グランデな男達へ…

スタバに行くと大して喉も渇いてないのに無駄に「グランデ」を頼みます←グランデな男

それにしても長嶋茂雄もなかなか嬉しかったCMなのではないでしょうか??


立ってるだけでギャラが発生するなんて(爆)

あ…前置きが長くてスンマセン…(汗)つ~ことで久々のカタログネタなんですが、今回乗り換えておいてこれを紹介しないのもどうかと思いまして…




GX61マークⅡ後期です♪

さて…どんなクルマなのかは日々のブログを見ていただくとよくお分かりの通りです(笑)

そのGX61マークⅡは兄弟車クレスタに遅れること約半年後の1980年10月にモデルチェンジしています。

って…基本は今から30年前のクルマなんですね…(笑)

新開発の1Gエンジン搭載や当時の他メーカーの白よりさらに白い「スーパーホワイト」のボディカラーを設定してその後、国民的大ブームとなる「白いハイソカーブーム」の先駆者となったクルマです♪

今回はそのGX61マークⅡでも1982年にマイナーチェンジした後期型です。


そしてイメージキャラは…



ご存知長嶋茂雄(爆)

若干ツッパリボーイ気取った髪型がいいですねぇ♪

ちなみに初期型のイメージキャラは「アタックチャンス」でお馴染みの児玉清さんです(笑)


どちらも濃い(笑)



コチラがトップモデルのハードトップ・グランデ・ツインカム24です♪

ボディカラーはハードトップ・グランデ系で特別塗装色のエグゼクティブ・トーニングなのですが、これがまた実にカッコイイんですよ!!

知らない人は「純正なんですか??」と聞いて来る位にインパクトのあるカラーです♪

後期ハードトップは押し出し感のあるフードとグリルから通称「イーグルマスク」「Vマスク」なんて呼ばれたりします♪



コチラも特別塗装色のジュエルパールマイカです♪

ジュエルパールマイカはパールの中でも初期のもので、調合が難しかったのかは定かではないですが、前後バンパーのみ色がベージュ系のメタリックになります♪



コチラはもうブログでお馴染みのセダン・グランデですね♪

セダンの方はハードトップのイーグルマスクの愛称からの影響で「イーグルセダン」とも呼ばれたりもします♪

ボディカラーは当時一斉を風靡した「スーパーホワイト」です♪



コチラはターボグレードのセダン・グランデ・ターボです(まんまやんけ…)


この色は希少な気がします…見た記憶がありません…(汗)



GX61マークⅡはターボよりツインカム24の方がパワーがあり、トピックになっているのがチョット変わっています(笑)

普通ならターボの方がトピックになるんですけどねぇ…(苦笑)

スペックはツインカムの1G-GEは160馬力。ターボのM型は145馬力。(どちらもグロス値)



これが1ページめくるとカムとタイベルが見えるというなかなか凝った作りになっています♪

ちなみにこのツインカムエンジンである1G-GEは日本初の白金プラグを採用しています♪




他のエンジンもなかなか良いエンジンでシングルカムの1G-Eエンジンも含め1Gシリーズは昭和57年度の日本機械学会賞(技術賞)を受賞しています♪

これがなかなか良く出来たエンジンで本当になかなかスペックの割りにパワフルなエンジンです♪

燃費もリッター9kmとこれまた申し分ありません♪

ディーゼルに関してもこれまた世界初の電子制御ターボディーゼルである2Lエンジンで、ピストン頭部をスペースシャトルの素材で使われるセラミックファイバー合金を世界初採用するなど、なかなかコストの掛かった内容になっています♪





コチラはセダン・グランデのインパネです♪

セダンとハードトップでインパネの作りが違うのも今では考えられません…(汗)




コチラはハードトップ・グランデ・ツインカム24のインパネですが、ツインカムになるとセダン、ハードトップ共にデジパネが標準装備となります♪

それにしてもこのメーターですら、セダンとハードトップでこれまた形状が全く違うんですよ…(笑)

ここまで専用設計にするとは…(汗)




さらにオプションで当時流行のクルーズコンピューターの設定もありますが…ほぼ計算機ですね…(苦笑)




コチラはセダン・グランデの室内ですが…

まんま毎日見るのと同じです…(爆)

このシートはホールド性という言葉を全く知りませんが、座り心地はとにかく抜群です!!

終始フワフワで日帰りで別府辺りに温泉旅行に行きたくなるようなシートです(笑)

ツインカム系になりますとこれとは別で「7ウェイ・バケットシート」という専用のシートが奢られます♪

室内に関してはハードトップよりセダンの方がピラーが立ってるのでローレルよりも実際に広々としています♪

61ハードトップの方はピラーが寝ている分、頭上に多少の圧迫感はあり、新調175cm以上の方ですと若干狭いようです。

まぁ…オイラは168cmですので全然余裕ですが…(苦笑)



当ブログでも以前話題にしましたが、この自動防眩ミラーは世界初採用です!!


そりゃあんなにうるさかったら世界初採用ですが…(爆)


ちなみに反射率??が悪いせいか、夜間の視認性が暗く使い勝手はイマイチです…(苦笑)




パワーウインドウは日本初のドアキー作動パワーウインドウなのですが…


なぜかウチのは動きません…(ぇ

これもそのうち動くようにしないといけませんね…(汗)

その前に窓が開くようにするのが先ですが(爆)??

それにしても日本初採用が61マークⅡだったんですね(笑)

未だに続く息の長い装備です♪




純正オーディオはとにかく豪華で社外品のようにも見えます!!


これも日本初採用でワイヤレスリモコン付きなんです!!


ただ…ウチのは社外デッキです(爆)




そして最下級のスタンダードはホントに何も無い…(笑)


ラジオも無ければ時計はおろか…

リアの熱線すらオプション(爆)

パワステ・パワーウインドウの設定すらありません…(苦笑)


その上のデラックスですと、AMラジオと時計と熱線とトランクオープナーが標準で付いて、オプションでチルトステアリングが選べるようになります…。



ってか…スタンダードは必要なの(苦笑)??




ワゴンの設定もLEの1グレードのみですがあります♪

オートアンテナが付いたりと当時としては高級ワゴンだったのではないでしょうか??

ちなみにセダンとハードトップのアンテナはガラスアンテナなのでアンテナを折る心配が無いのが嬉しいですね♪

感度も良くて、未だにラジオもクリアに聞けます♪




これは主要諸元一覧なのですが…


「輝かしい数字こそ、マイ・ステータス」


絶対今ではこんな表現しません…(苦笑)


ってかスタンダードは輝かしく無いですが…(爆)


そして…


GX61マークⅡのカタログは最後の最後が本当のトドメになります…






WELCOME,

THE DYNAMIC ELITE.


絶対この人こんな英語言わないって…(爆)


だって…


「夢のドリーム」なんて言っちゃった人だよ…(爆)


本当にツッコミどころ満載な元祖ハイソカーです(笑)


それでは…


GX61で夢のドリームを…(爆)

(追記)



「はっはー!」の人へ(笑)

コチラがGRですね♪

ちなみにボデーカラーはコテージグリーンメタリックです♪
Posted at 2010/02/24 00:58:36 | コメント(26) | トラックバック(1) | クルマ
2010年02月21日 イイね!

安物買いの銭失いとはこのようなことを言うのです。



壊れそうな(壊れてる?)モノばかり集めてしまう25歳です(爆)


こにゃにゃちは♪




さて…先日…

・動作チェック無し

・長期在庫保管

・保証無し

の内容で購入した…

1万円リビルドオルタ


交換してさぁ安心♪


その2日後…

夜勤帰りに寄ったコンビニを出た直後に事件は起きた…


やたらメーターの照明が暗い…(苦笑)


メーターの照明を暗くしてたっけ??(照度コントロール付き)


いや…一番明るい(爆)

そ~いえばヘッドライトも暗い…(汗)



路肩に停車…














またかよ…Orz




あのなぁ~(怒)














おまえはバスか!?




とりあえずなんとか帰宅。


時間が深夜3時だったこともあり翌日午前中に原因を探ることに…。



そして翌日の午前中…


エンジンかけるとナゼか復活…(苦笑)


とりあえず現象を出したかったので暖気が済むまで町内1周…


すると純正の電圧計のメーターがみるみる下がり…

ヘッドライトを点けると警告灯が点灯…(汗)


ガレージに持って行きボンネットを開けると…




本体から煙が…Orz


この写真じゃわかりにくいかもしれないのでもう1枚…




写真では上手く撮れませんでしたが実際は辺りに焦げ臭いニオイ…

あと少しで危うく車両炎上でした…(汗)



2日100kmで1万円が灰に…(汗)


これはいくらなんでも条件が条件とはいえあんまりです…。


さすがにクレームの電話を入れました…。


結果は返金等は一切致しません…と。


まぁ…向こう側の応対は悪く無くとても丁寧でしたし、ここは勉強代だと思って諦めました。


安物買いの銭失いとはこのようなことをいいます。


正直これはかなり落ち込みました…。




けどそれ以上にこのクルマを修理してもっといろいろなところに行ってみたい!!


じゃないと俺はこのクルマとは修理の思い出しか出来ない(爆)



つ~ことで修理します←立ち直りは早い


大体これ位は故障のウチに入りません。

単なる定期交換部品です。



そして今度はヤフオクで…

・動作確認済み

・3ヶ月保証付き


を購入し…




復活!!



それでも若干充電電圧が気持ち低かったのでバッテリーも交換♪




もうこれで大丈夫です!!



充電電圧も気持ちいいくらいに正常(笑)

エンジンの掛かりもより良くなりました♪


仕上げに洗車に室内清掃!!





見事に輝く59年式スーパーホワイト!!






リアバンパーは次の給料と見合わせです…(汗)

早いトコ修理したいものです…。



そんなコト言ってたら…




ローレルのエアコンが効かなくなりました…(泣)




コンプレッサー見事ガス漏れ…Orz




しかしコンプレッサーは動くので…

夏前にガス補充をして…

ヤフオクに出てる漏れ止め剤(1万円くらいのヤツ)試してみようと思いますが、使ったかたの意見を聞いてみたいものです…。


それにしても…


古い車は大変ですね


とか

お金かかりますね…


とかよく言われますが、


新車買ってボーナス月までローン地獄になるより遥かにリーズナブルです♪♪



実は新車もいいなと思い…


新車のクラウンコンフォートにカラーフィルム貼って18インチエアサスなんていいなぁ♪♪


とも思いましたが…

絶対それ乗るより安上がりです(笑)


故障はいろいろと多くそれなりに大変なこともありますが…





修理が上手く出来た時の嬉しさとこの時代のクルマに囲まれた生活にはまた格別な楽しさもありますよ♪♪



なんだかんだで生活は苦しいですが、本心では結構楽しんでます(笑)
Posted at 2010/02/21 23:37:41 | コメント(32) | トラックバック(0) | GX61マークⅡ(終) | クルマ
2010年02月20日 イイね!

この悲しみをどうすりゃいいの??



もう今日はこの曲です…トホホ…

さて…先日のオルタさようなら事件…

オフに行く直前でまさかの故障…(汗)






とりあえず外して電装屋へ…


電装屋さんでの答えは…


修理なら3万3千円…


しかも部品は2月下旬入荷…(汗)

リビルドは3万7千円…


いやいや…そんな余裕ねぇし…(苦笑)




つ~ことで解体屋で流用できそうな車種を探す…



このGX61を借りようと思った理由の1つに2008年まで生産していた1Gエンジンなので補記類その他も流用が聞くと思ったのも理由なんですよ…(笑)




で、コチラの壊れたオルタを外して見比べる為に近所の解体屋へ…


そこにあったのは90系と100系の1G搭載車なんですが…





こしゃくにも裏の端子形状が違うんですね…これが…(苦笑)




で…解体屋は諦めてヤフオクで検索…


GX61用で検索したのですが…


ナゼか裏の端子が違うんですよ…これが…(汗)

で…よくよく調べるとGX61は前期と後期で端子が全く違うんですよ…(苦笑)



で、解体屋でならまだまだ手に入りそうなGX81系のオルタを見ると…(安く中古で済ませたかった)


何と端子が同じ(笑)!!



けどコア形状が違う…(爆)


で…調べていくと…



GX71用と全く同じでした(笑)

どうやらこのGX61は最終型なのでGX71用のものを使用しているらしいのです…(苦笑)



しかしGX71はマニアにも絶大な人気なのでパーツが比較的豊富ばハズ…

と思い探してたった一つだけ出てきました(笑)


なんとヤフオクでリビルドを送料入れて1万円でゲットです(笑)



ただし…


・どこまでオーバーホールしているか不明です。


・動作未確認の長期在庫です。



少々不安ながら評価を見ますと9900回程の取引のウチ悪いがたった1つ…。



まぁ…大丈夫だろうと思い落札しました♪



で…広島オフに行く前までにこれがあって…



帰ってきた翌日に到着しやがんの(爆)



早速夜勤明けに取り付けるんですが…



なぜかアジャストステーの建て付けを調整しないと付きませんでした…(苦笑)


見た目は全く同じなのになんでポン付けじゃないの??


今までオルタ変えてきてこんなこと無かったんですけどね…(苦笑)


安いだけあって精度もイマイチそうですが…







なんとか復活です♪♪




しかしその翌日の会社帰宅時に家の駐車場で…





左リアバンパーをやりました…Orz


ウチの駐車場はかなり狭いのと、マークⅡのリアバンパーがかなり出ているので気をつけてはいたのですが…(汗)


まさかこんなことになるとは…


で、どこにぶつけたかって??



オヤジのハイゼット(爆)



スライドドアに見事直撃です…(苦笑)


それにしても角と平面がぶつかったので直接比較は出来ませんが、マークⅡは再塗装部分だけあって塗装が割れ、形状は全く変形していないのですが…





ハイゼットボッコボコ(爆)



やっぱり80年代の伝説のウレタンバンパーは最強です…(苦笑)



オヤジにとっちゃ「大迷惑」です…(爆)


まぁ…オヤジも板金出せとも言わないのでハイゼットは自家板金です…(苦笑)

あ…マークⅡは勿論板金行きです…(汗)


ここで自分に問いかける…



Q.この悲しみをどうすりゃいいの?



A.自業自得です。



Q.誰がボクを救ってくれるの?


A.金さえ払えば板金屋が救います。



しかもこの後さらなる悲劇が襲います…(泣)



2度と出られぬアリ地獄(爆)
Posted at 2010/02/20 14:35:38 | コメント(27) | トラックバック(0) | GX61マークⅡ(終) | クルマ

プロフィール

「@あぐにゃ@キャンバスおぢさん ソコは未定…なものの、近未来的に考えてなくもないです…(^_^;) とりあえずそろそろ色々考えるコトが増えそうです~(^_^;)」
何シテル?   07/03 22:08
愛車はC33ローレル、GX71マークⅡ 登場から既に20年を超えてしまったC33ローレルをメインとして活動しています♪ GX71は通勤用。 ロ...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2010/2 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28      

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

日産純正カセットデッキを復活させる! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/10/13 01:20:12
愛車グランプリにエントリー! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/09/29 01:15:59
クルマの履歴書 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/01/29 03:41:19
 

お友達

現在余程のコトが無い限りお友達の募集はしません。

誘いがあっても全く知らない方は容赦なく却下します。

理由としましては、現在登録されて頂いてるお友達のブログを徘徊するので精一杯だからです。

申し訳ありません。
403 人のお友達がいます
たま@横浜たま@横浜 * セリカTA45セリカTA45 *
EIJI☆EIJI☆ * JZT143JZT143 *
cimasahirocimasahiro * わっくん.わっくん. *

ファン

2,684 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ プリウスPHV トヨタ プリウスPHV
紆余曲折あって車歴17台目にして初の新車(笑) 前車GX71から実に30年進化しており ...
日産 ローレル 日産 ローレル
2オーナー走行6.7万キロ17年間車庫保管で新車同様のC33の2.5メダリストVを山口で ...
フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック) フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック)
ゴルフⅦの中でも1500台限定の特別仕様車となるラウンジというグレードです♪ その中で ...
スズキ ワゴンR スズキ ワゴンR
2003年4月10日勢いで免許取得前に有り金15万で買ったビックリドッキリメカ。エンジン ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.