• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

チョーレルのブログ一覧

2013年07月30日 イイね!

18年…長いもんです…(^_^;)



ってコトでこんばんは♪

今回は80系カローラ、スプリンターの国内CMで多分唯一であろう…AE86が使われたであろうCMをアップします♪


今日の話題はこのお題とCMで明らか(笑)




頭文字Dの連載が今週のヤンマガで終了。


多少ネタバレもしますので、気になる方はコレ以降見ないように…(苦笑)



今まで見てきた感想(見てない回も結構あります。)


マンネリし過ぎ…(汗)

多分編集側サイドの続けろコールが凄かったんでしょうね…(^_^;)

個人的には拓海が高校を卒業した時点で連載止めればよかったのに…って思います…(苦笑)

藤堂塾とかプロジェクトD編はマジで余計…(^_^;)

正直あの辺りから見てません…(苦笑)

自分としてはハチロクレビンのボルトオンターボ仕様とバトルしてた辺りが一番楽しかった(笑)

そして連載18年は明らかに長過ぎ…10年位で辞めてたら丁度良かったのに…(^_^;)

だって…

出てくる車…例えばAE86、FC、FD、S13などは当時こそ現役バリバリでしたが…

完璧にネオクラ車になってる…(爆)

この辺りはマジで時代を感じます…街で見ないもん…(涙)

なのに主人公は1歳しか歳取ってない(爆)

そういえば先週号でハチロクは遂に廃車になりましたね…30年目の廃車(爆)

カーランドに下取り出した方がよかったのでは(爆)??

ちなみにシャコタン☆ブギは連載約10年で休止(あれはまだ終了してません…休止扱い)。

シャコタン☆ブギはセルシオに乗り換えたトコで休止して正解だと思うんです(笑)

だって18年後にパンチパーマとリーゼントの18歳が10ソアラ乗ってナンパしてたら明らかに時代からは浮きますし…(苦笑)

それがイイか悪いかは置いておきます。

ちなみに個人的にはまた連載再開しては欲しくないですねぇ…。

楠みちはるの絵のタッチが変わり過ぎ…(苦笑)


湾岸ミッドナイトも最後の方は酷かった…(汗)

キャラクターが全員たらこクチビルになってるから…(爆)


まぁ…話はズレましたが、次に頭文字Dがあったことによってのメリットとデメリットを書いてみます♪


・メリット

・ハチロクの残存台数が増えた。



コレは大いにあると思います…実際に一番生存しているハチマル車はハチロクです。

もし連載をしていなかったら現在にこんな台数のハチロクが生存していたとは考えにくいですよね♪


・クルマ好きが増えた。

頭文字Dがきっかけでクルマが好きになった人も絶対にいるはずです♪

自分も小学生の頃に読み始めて、当時欲しくなったクルマはハチロクトレノでしたから(笑)

・86の誕生



コレってよく考えたらかなり凄いコト!!

このマンガの影響でハチロクブームが起きてメーカーが動いちゃってクルマ出しちゃったんですから…(汗)

自分も86デビュー当初に購入を考えましたが…辞めました…(苦笑)

ってのも3ナンバーボディでボクサーでってなると…しかもネーミングセンスが…(汗)

グレードもなんでGTにG-リミテッドにしちゃったの??って感じで。

どうせならGTアペックスやGTVにしてほしかった…(汗)

しかし、それでもこのご時世にFRの2リッタースポーツを出したコトは大いに賛成!!

デザインも結構イイですしね♪

・BRZの誕生



このハチロクをスバルと共同開発したことにより、スバル初のFR車であるBRZが誕生。

コレで喜んだスバルファンも多いのではないでしょうか??


・デメリット

・ハチロク相場の急騰

連載以前までタダでくれてやるよ的なお手軽入門スポーツだったのに…今や100万位からフルレストアに至っては400万円なんて個体も…(汗)

正直このお陰でハチロクを買いたくても手が出ない人は多いと思います。

トヨタのコンパクトFRなんて中々ないんですから…(汗)

・勘違い野郎の誕生

どうやら実際にあるらしいんですが、頭文字Dに影響されてハチロク買ったものの、マンガのように速く走らんと嘆くアホがいるようです…マジで…(汗)

他にも、「ドリフトボタンが付いてないんですけど…??」なんていうヤツまでいるらしい…嘘のようなホントの話…(^_^;)

実際のハチロク…ノーマルは正直かなり遅いですよ…(汗)

最近のファミリーカーにもマジで負けます。

まぁ…クルマ好きは増えた半面、このような輩もいるって話で。

・サンバーの終了及びスバルの軽の自社開発撤退。




コレはナゼにサンバー??ってなるんですが、その背景にBRZの生産をする為に、サンバーのラインを閉鎖してそこで生産されるコトになったからです。

まぁ…いずれはBRZが出なかったとしてもこの事態になる日は来たのかもしれませんが、BRZが引き金になったのには間違いありません。



結局なんだかんだいいながら、1つの作品を18年続けるのは並大抵の根性では出来ません!

連載は終わってしまいましたが、今後のそれぞれのキャラクターはどのように成長していくんでしょうね(^O^)??


とりあえず自分の願うトコとしましては…

アーサーガレージまた再開しません(笑)??

色々と賛否両論あるとは思うのですが、コレをもちまして、自分の所感と変えさせて頂きます(笑)

ご清聴ありがとうございました♪

※追記

そ~いえばコレ書くの忘れてた!!

頭文字Dってバトルシーンよりも普段の何気ない学校でのシーンとかの方が面白かったんですけど…(爆)

あのプロゴルファーのねぇちゃんとの結末ってどうなったの??←その時期あんまり見てない(笑)
Posted at 2013/07/30 04:44:53 | コメント(26) | トラックバック(0) | オタクな話 | クルマ
2013年07月28日 イイね!

門司港ウエストコーストフェスティバル3日目



ってコトでこんにちは…コレでこのイベントのアップも最後になります…(^_^;)



3日目も嶋田社長のブースで朝からゴロゴロ…(爆)

事前に呼びかけておいたので、会社の人達が家族連れで来てくださいまして、ミニカーまで買って頂き大変助かりました(笑)


プロレスでは選手に混じって踊ったりしまして…(笑)


で…さすがに3日間同じ場所にいると殆どの催し物も見ちゃったわけで…



殆ど車両展示のブースにいたかも…(爆)



展示車両の詳細はフォトギャラで!

その3まで。



う~ん…どうしよう…このままブログを終わるのも…(汗)


そうだ!!




ってコトで集中的に撮らせて貰いました(笑)


高速有鉛ではお馴染み…糸目姐さんの糸目三輪♪

正式名称をマツダT1500と言います♪

昭和43年式。

子供の頃にはもう三輪トラックは走ってなかったですし、この手のクルマはそんなに詳しくないので、ココに2013年現在においても使用されている糸目姐さんに根掘り葉掘り聞いてみました(笑)




商用車になりますが、ステアリングにはホーンリングが付いてたりと、高級感を感じます♪



シンプルな操作系…左から、キーシリンダー、ヘッドライトスイッチ、ワイパースイッチ。

Hiビームのスイッチはフロアにありまして、スイッチを踏んで切り替えます♪



メーターには「TOYO KOGYO」の文字♪

昭和60年にマツダ株式会社に社名変更するまでは東洋工業だったのです。

ちなみに常用最高速度は80km/hまで…100km/h巡航は出るには出るが、エンジンブロー確実だそうです。

ちなみに三輪トラック最高速はこのマツダTシリーズです♪



なんと屋根は幌!!

コレは開きそうで開きません。

理由を聞きましたら、鉄板が高かったので、コストダウンで幌になってるんだそうです♪

コレについて自分もネットなどで調べたのですが、意外や知らない人が多い模様。




エンジンは1500ccの直4…何気にハイテンションコード(笑)




姿勢は背筋がピンと張るスタイルです(爆)




窓はレバーを引いて、ピンの穴に合わせるようにして窓を固定します♪



リア周り。



変なコトねぇ…変なコト…(爆)



昔の書体のマツダです(笑)




正式に3人乗れます(爆)




ってコトで糸目姐さんありがとうございました♪




ってコトであれよあれよと夕方に…


終わり間際にしんせいさんが来られました…




これまた懐かしいスカッシュに乗って♪


いいなぁ…この時期の原付結構好きなんですよねぇ♪



で…最後にカジたかさんに撮ってもらいました…




アラサーwithローレル(爆)




ってコトで、このローレルに乗り始めて4年が経ちました…




まさかノーマルでこのまま乗ってるだなんて4年前の自分は全く思ってませんでした…(^_^;)



さて…今までもコレに乗って色々行きましたが…




今度はドコへ行きましょうかね(笑)??


で…イベント終了後は仲間内でバイキングに行って解散…


以後、しばらく日焼けでうなされます(爆)


ってコトで今回のイベントレポートは全て終了です♪





ではまた♪
Posted at 2013/07/28 12:42:42 | コメント(7) | トラックバック(0) | イベント | クルマ
2013年07月28日 イイね!

門司港ウエストコーストフェスティバル 2日目



こんばんは♪

あれから1週間…いやね…時間はあったのよ…

ブログ書くモチベーションが出なかった(爆)

ってコトで門司港ウエストコーストフェスティバルの2日目です(笑)



2日目は会場到着していきなりの飲み会開始(爆)

500のビール2本にスカイブルーを空ける(笑)


その後、近くの施設にションベン行って、そこのソファに座ってたら…

昼1時まで寝てた(爆)

完璧な酔いどれオヤジをやっとりました(笑)


で…渡部陽一さんと太田さんのトークショーへ…

なんと司会はクロスFMのDJであるTOGGYさん!!

で…トークショーの最後に質問コーナーがあったのですが…

手をあげたら見事ヒット(爆)


すると…



(写真はイメージ、会場撮影NGでしたので…)

落ち着いて…

質問されて…

宜しいですよ♪


テレビのまんまやんけ(爆)!!


そこまで…


落ち着くのは…


無理…(爆)


で…質問しました…


太田さんの方に(爆)

いや…マジで太田さんに聞きたいコトがあったんですよ…(^_^;)

作品を作る際に出てくる車はどうやって決めているのですか??…という…(笑)




すると…今回のハミングブルーバードについては、歴史のある門司港と、歴史のある車、幸せを運ぶ青い鳥、ということでブルーバードにされたそうです(^O^)


実は太田さんとは3日目にも…コレはまた次のブログで…(笑)




で…後はプロレス三昧(笑)



そんなことしてたらイベント終了です(笑)




車両展示は3日間入れ替わるので、ココは面白いトコでしたね♪


ってコトで、2日目の展示車両はフォトギャラで♪


その3まであります♪

あ…1日目も展示していた車は割愛したつもりです…ジャガー入れちゃったかも…(苦笑)





ってコトで糸目姐さんも来てました(笑)

糸目三輪については3日目の模様で詳細アップします(笑)


ってコトで続きます…


Posted at 2013/07/28 00:24:03 | コメント(5) | トラックバック(0) | イベント | クルマ
2013年07月25日 イイね!

門司港ウエストコーストフェスティバル 1日目



ってコトでお久しぶりです…チョットばたばたしてましてアップ遅れてます…(汗)

今日も手短に…そろそろ晩飯作らんといかんから。

あ…ちなみに久々仮面ノリダー見たら懐かしいですね(爆)

ってコトで早いもんで先週の金曜から日曜まで、門司港ウエストコーストフェスティバルにローレルを展示してきました♪

今回は1日目の様子です♪




さて…久々にローレルを…(爆)

実はコレに展示する為に、字光式にしました…自己万ですけどね…(^_^;)



ってコトで海沿いに展示車を並べます♪




まぁ…コイツはいつものように置いておきましょ(爆)




今回jは筑前慕情さんのシティがとても夏らしい感じだったり♪




カジたかさんもトゥディでホンダ車…


ホンダ車が一番多かったという…(珍)


今回マジで!!って思ったのは…




実はコレでした(爆)


だってねぇ…1億位するもんねぇ…(汗)


ってコトで1日目の展示車はフォトギャラで!


その2まで。


で…今回は旧車イベントではなくて、門司港のお祭りなので祭りメインで話を進めていきましょう(笑)




まずは海峡ドラマシップへ行きまして、太田隆司さんのペーパーアートと、渡部陽一さんの写真展へ…。

実は以前から太田さんの作品は雑誌等で見ていまして、凄く気になっていたのです♪

残念ながら会場の都合で、このペーパーアートの写真しか撮れませんでした…(^_^;)

今回の展覧会に合わせて作られたそうです♪



タイトル:

ハミングブルーバード


写真じゃ伝わらない程に情景が凄いんです!!

人の表情まで再現されてまして、歴史のある門司港駅をバックにこれまた歴史のある幸せを運ぶ青い鳥…ブルーバードを入れているのだそうです♪

310…510…910…と、時代が変わっていくにつれ、バックの人々も白黒からカラーになっていたり、服装も時代に合わせて変わっていたりと凄くいい作品でした♪



他に楽しみにしていたのが実はプロレス…(笑)




北九州プロレスZのKAZE選手と富豪富豪夢路選手の試合が面白かったわけで…(笑)

3日間全試合見ました(爆)





後は帆船模型が沢山あったり…



映写機なんて見たりして…


最後はバナナ博物館を…



バナナタワー(笑)

多分29年間でココまで沢山のバナナを見たのは初めてだと思う(爆)




後はこんな赤いバナナ…こんな種類があるんですねぇ♪




で…意外やこれまた初めて見たのはバナナがぶらさがっているトコ…こんなんなってるんですね!


では初日の写真最後はそのバナナは博物館で見たバナナに関する映画のポスターで締めましょう。








チョット気になる(爆)


ではまた。
Posted at 2013/07/25 20:14:16 | コメント(9) | トラックバック(0) | イベント | クルマ
2013年07月19日 イイね!

なんでガメラなんだ??




こんばんは♪

今回はリクエストされたカタログの中からなんですが、てっきり持ってないと思って10冊の中に入れてなかったんですが…

持ってたのでアップします(爆)

ちなみに10冊のリクエストからは別扱いとさせていただきます♪

ってコトで…



C130ローレル後期です♪

自分はローレルこそ乗っていますが、実のところC33以外は全然わかりません…(苦笑)

周りにも乗ってる人がいないので馴染みも無いんです…スタイルは好きだけど(笑)

そんなC130ローレルが出たのは今から41年前の1972年に2代目ローレルとしてデビューしています♪

で…今回アップするのはその中でもデビュー翌年に早くもマイナーチェンジしてしまった後期になります。

カタログの発行時期が無いので、いつのものかわかりませんが、2600が出ている時期なので、1973年10月~1975年9月の間のカタログのようです。

表紙にもあるようにローレル初の3ナンバーである2600ccが追加されています♪




まずは2ドアハードトップ…通称:ブタケツです♪

全体的な雰囲気は同時期にデビューしたケンメリにも似ていまして、アメリカンマッスルカーのような雰囲気が出ています♪



ブタケツと言われる位に個性的なリアですね!!

リアフェンダーにあるZ文字状のプレスラインとバンパーに組み込まれたテールが個人的にツボです!



独特な形のシートにそびえ立つようなインパネのデザイン…ステアリングなどは本物の木で出来ています!!!




一方コチラはセダン…通称:ガメラと言われています。

しかし…なんでガメラなんだろう…(汗)??

そんなガメラに似てるとも思えんけどなぁ…(苦笑)

ちなみにセダンの後期のみガメラで、前期のセダンはハードトップと同じデザインでした♪

個人的にはガメラより前期の顔の方が好きなんですけどね…(^_^;)



アクの強い顔付きとは異なり、意外やリアはオーソドックスです。




真っ赤なシートってのも凄いですね…(汗)

しかし今見ても味のある内装ですね♪




で…エンジンは名機L型の中でも当時は最高排気量となる2600cc。

L26を筆頭に6気筒は全てL型。

4気筒はプリンス伝統のG型エンジンが搭載されています♪

プリンスって入ってくるのが時代を感じますね(笑)

装備としては、やっぱり70年代…中々時代を感じるものがあります(笑)




まずはカセットデッキなんですが…

早送り機能付きという…(爆)

当時は8トラがまだまだ主流…カセットなんて超先進装備でそれだけでも凄いことです!

オートリバースなんて付くのはもう数年後の話です…(^_^;)



フェンダーミラーはリモートコントロール式…なんですが、モーターというより確かフェンダーの中をワイヤーが入ってる時代です(笑)




シートベルトも当時は2点式がまだ多かった時代…と、いうよりも1970年以降のクルマは装備が義務付けという緩い時代(笑)

装着なんて義務でもなんでもなかった…任意(笑)

その中で3点式でELR付きっていうんですから、コレはかなりの高級装備になるんですねぇ♪

当時は安全というより高級装備…それ位の認識だったんじゃないかと思います。



ぜいたくなAM/FMマルチラジオ(笑)

ラジオの説明にぜいたくって書いてる位なんですから、カセットがいかに凄いのかがわかる内容です(笑)

で…実はこの次の装備に自分は驚きました…(汗)




なんとオートエアコン!!!

この時代からオートエアコンなんてあったんですね…(汗)

普通のエアコンですら装備した車なんて稀な時代にオートとは…(汗)




パワーウインドウもこれまた贅沢…2リッタークラス位じゃないとまず無かったハズです。

親戚がヨンメリに乗ってましたが、GTには無くて、GT-Xでやっと標準とかいうレベルだったハズなので…。



リアの熱線もこれまた凄い…なんとオート!!

デフォッガーがオートってどうなるんでしょ!?

レクサスですら付いてません…(汗)




で…これまらC33には無い、リアのラジオスイッチ。

コレはうらやましいです…(^_^;)



で…コレは以前、ブタケツのカタログをアップした時に載せたのですが、世界初のタイヤ空気圧警報装置があります!!


今でこそ当たり前となりつつある装備ではありますが、なんと40年以上前に既にあったわけです…(汗)



で…これまた時代を感じるのがグレードバリエーションの数。

セダンと2ドア合わせたら18グレード、43タイプもあるわけです…(汗)



ちなみにシートは6種類!!

ボディカラーも10色と凄いことになってます(笑)


と…言う感じで、ローレルというクルマは個人的な考えでは、C33も一応高級車になるわけですが、このC130に関しては同じ名前の高級車として見ても、高級車として求められていたレベルがハナから違っているんだなと思います。


しかしそんなローレルも独特のデザインから、当時の暴走族のお兄さん達から格好のベースとされまして…



キャッチコピー通りに深夜の国道をパラリラ鳴らしながらゆっくり走る結末となりました(爆)


なので、意外や残存台数も少ないです…辛うじてハードトップSGXが残っているのが大半。

ガメラとなると人気も微妙だったので、タマ数が一気に減っちゃいます…(汗)

今の日産もこんなん出してくれんですかねぇ…(^_^;)

Posted at 2013/07/19 03:17:09 | コメント(14) | トラックバック(0) | カタログ~日産~ | クルマ

プロフィール

「@あぐにゃ@キャンバスおぢさん ソコは未定…なものの、近未来的に考えてなくもないです…(^_^;) とりあえずそろそろ色々考えるコトが増えそうです~(^_^;)」
何シテル?   07/03 22:08
愛車はC33ローレル、GX71マークⅡ 登場から既に20年を超えてしまったC33ローレルをメインとして活動しています♪ GX71は通勤用。 ロ...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2013/7 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

日産純正カセットデッキを復活させる! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/10/13 01:20:12
愛車グランプリにエントリー! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/09/29 01:15:59
クルマの履歴書 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/01/29 03:41:19
 

お友達

現在余程のコトが無い限りお友達の募集はしません。

誘いがあっても全く知らない方は容赦なく却下します。

理由としましては、現在登録されて頂いてるお友達のブログを徘徊するので精一杯だからです。

申し訳ありません。
403 人のお友達がいます
Y34TURBOY34TURBO * たま@横浜たま@横浜 *
闇一郎闇一郎 * P.N.「32乗り」P.N.「32乗り」 *
セリカTA45セリカTA45 * EIJI☆EIJI☆ *

ファン

2,684 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ プリウスPHV トヨタ プリウスPHV
紆余曲折あって車歴17台目にして初の新車(笑) 前車GX71から実に30年進化しており ...
日産 ローレル 日産 ローレル
2オーナー走行6.7万キロ17年間車庫保管で新車同様のC33の2.5メダリストVを山口で ...
フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック) フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック)
ゴルフⅦの中でも1500台限定の特別仕様車となるラウンジというグレードです♪ その中で ...
スズキ ワゴンR スズキ ワゴンR
2003年4月10日勢いで免許取得前に有り金15万で買ったビックリドッキリメカ。エンジン ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.