• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

チョーレルのブログ一覧

2019年11月09日 イイね!

今更ながら門司港レトロの話題を…(^-^;



どうも(^^)v

遅ればせながら今回は毎度恒例門司港レトロカーミーティングの模様です♪



さて…その前に…今回は会社が4連休だった上に、有休も入れてて結局5連休に…。

18日の金曜日にPHVを洗車しようと思ったのですが、なんと雨…(泣)

ってコトでイベント前日の19日の土曜日に洗車…。

ん!?イベント前日!?


ん!?恒例のBBQは!?



実は今回BBQを中止にしました。

ってのも大体毎回言い出しっぺの自分も中々と時間が無い&時津さんも忙しいってのもありまして…。

っつか、もう年1回だけネオクラの時だけでBBQはいいかもねぇ…と。

その代わりと言ってはなんですが、この日の夜は十名程度だけ声を掛けて山賊鍋で鍋パーティをしました(^_-)-☆

コレから秋の前夜祭は山賊鍋でいいんじゃね??って感じです。

この時期辺りから夜も冷え込んできますしね…(^-^;



で…久々にPHVを洗車。

ってかPHV購入1年後にしてやっと固形ワックス掛けました…シュアラスターで。

気付けば所々…主にエアロだけど傷が増えてますね…結構下擦るんですよね。



にしてもやっぱり比較的新しい塗装はイイですね♪

ワックスが伸びる伸びる♪

で…前述の通り山賊鍋へ。



で…話は飛んで20日のレトロの会場です(^O^)

PHVでギャラリーに行ったのでレトロ駐車場の充電スペースで充電しながら放置…。



会場にはドンガラな初代カローラが展示されておりました(^O^)

どうやらこの状態でもエンジンは現在掛かるようにしてるそうですよ(^^)v


そして…



まさかのコロナバンです(爆)

えぇ…例のドアエッジ野郎です←久しぶりに使ったこのワード



実は遡るコト6年前…このクルマの助手席で動画を撮影した1週間後に、このコロナバンは信号待ちで10t車に追突され、挙句に玉突き事故に遭いまして…。



数年の時を経て執念の復活!!

事故を遭った際に電話越しですが、「また復活して門司港に来てくれ!!」って言ってたんですが、見事復活!!

そして北九州の地を踏むことになりました(^O^)



パッションエンジンも回る訳ですが…やっぱこの男スゲェなぁ…ようやるわ…。



当時無かったエアコンまで付けてきた(爆)



イベントの後に6年ぶりに運転させて頂いたのですが、実はこの時に妹が2歳の甥っ子連れてきてましてね(笑)

このクルマに座らせたら「たのし~!!」って言ってました…。

オジさん思っちゃった…


コイツヤバいなと。

実はこの2歳になる甥っ子…イベントの後の和布刈公園でカジたかさんのビートに心底興奮し、運転席に座って終始ニッコニコ(爆)

挙句の果てにどうやらリアのHマークに食いついて離れないと来た。

もう見事なまでにH(爆)

ホントカジたかさんスイマセン…甥っ子がご迷惑をお掛けしました…(汗)


そんな(どんな??)会場に展示されてた車両の詳細はフォトギャラでどうぞ。

コレだけだけどね。


で…実は今回カミさんも連れて来てましてね。

いや…カミさんは全くクルマなんて興味無いんです。

けど所要で付いてきた。



なので会場離れてハチミツソフト食べて~




商店街へ行ってステーキ丼を食べて~(ココ、以前牛タン丼も食べたけどどっちも美味い♪)


実は本題は以下に…



似てます(爆)??

にがお絵やバードさんという、門司港レトロの一角でなされてる似顔絵屋さんに書いて頂きました♪

今のトコでは「似てる」よりも…

「もっと髪薄いだろ!!」ってコメントを頂いております。

うん…だと思う(爆)

けどスゴイですね…コピックマーカーだったかな?を使用して30分程度でこの素晴らしいクオリティ♪

2人で大満足しております(^O^)

そんな絵を描いて頂きつつ、お次は駐車場へ…




当時のCMから出てきたようなハコスカが!!



「山5のナンバーにも勿論ですが、目は行きます…しかし、それよりもサーフィンラインをカットすることも勿論無く、新車時の姿がそのままでソコにいるような気がして驚いた次第です!!」


GT-R仕様云々もそりゃカッコイイですが、自分はこういう方がツボです(笑)




そしてイベントに行けば勿論お会いするAつしさん…個人的にはネタの宝庫な方です…毎度超レアパーツやらをさりげなく装着されてる訳ですが…



うわ…超小径(爆)!!


実は撮り忘れてますが、手元にはさらに小径のハンドルがありました(爆)


ノンパワステなのに`;:゛;`(;゚;ж;゚; )ブフォォ!!


そんな駐車場編もフォトギャラで見といてください(ってか見たけりゃ勝手に見といて)

コッチのがその2まであるの


その後は、イベント終了30分前に妹が前述の甥っ子を連れてきたので、和布刈の2次会にも連行しました(爆)

肝心な写真を撮り忘れたのが心残りですが、2次会では…

「誰のクルマの運転席が2歳児のハートにヒットするか選手権」にご協力頂きましてありがとうございました…(^-^;

とりあえず、ビートに食いつきまくった様子とキャラバンの目線の高さに興奮気味だった2歳児が見れたので、今後の参考に(ぇ

しっかしまぁ…甥っ子ギザカワユス。

とりあえずもっと健全な感じに成長してくれと思いつつ、その後は3次会で毎度の王将で解散しました(^O^)


さて…次回は、充電だけでドコまで行けるか旅をやりましたのでその模様を(爆)

その前にカタログのアップもしちゃいましょう。




ではまた。
Posted at 2019/11/09 06:25:31 | コメント(9) | トラックバック(0) | イベント | クルマ
2019年11月07日 イイね!

高級車が、またひとつ深化する。



どうも(^^)v

今回からは、みん友さんの愛車紹介にアップされてる車種を取り上げます♪

今回のみん友さんはもう10年以上前に1度お会いした方ですね…お元気にされてらっしゃいますでしょうか…(^-^;

ってコトで…



C35ローレル後期です♪

ディーラーにいた時代にも結構入庫してたんで扱ってましたし、友人の弟に中古車紹介したりと…何より型式違えどローレルですから縁が多いですね(笑)

さて、そんなC35ローレルは1997年にデビューしています♪

先代のC34はハッキリ言って商業的には大コケしまして…(汗)

そんなコトもありまして、「C33よもう一度…」的な感じでC33のキープコンセプトで蘇ってきたと言ってイイでしょう(^O^)

ただ、個人的にはC33比でメカニズムや安全性で進化をしていますが、バブル後にデビューしているので質感は落ちてるという印象です…好み云々はココは抜いておいてあくまで自動車という商品として考慮した上で書いてると思ってください…(^-^;

で…1999年に今回アップする後期へとマイナーチェンジ。

クラブS系は市場での評判もソコソコだった為、ほぼそのままですが、従来オジン臭くて今一つだったメダリスト系がココで大きく変わってます♪

当時のキャッチコピーは…



高級車が、またひとつ深化する。

このCM…当時でもリアルタイムで覚えてますよ(笑)!!

特にこのCMで印象に残るのはキャッチコピーよりこのワード…

ローレルを 乗り継ぐ人が多いのは なぜだろう。

そう…自分の周りは特にそう(笑)

ソレがC33だとかC34だとか関係なくローレルを乗り継ぐ人がマジで多い。

勿論自分も…4台ですもの…(汗)

まぁ…この話題はラストにしますか(笑)

後はローレルに関するブログになるとどうも長くなります…ご了承を…(汗)

今回のカタログは2000年6月のものです。



ってコトで前期ではクラブSをメインで推してきてましたが、後期になってからはメダリスト系を推してきました…大幅にフェイスリフトしたのもありますが、CM見ても明らかなようにメダリスト推し。

ココは好みの範疇だとは思ってますが、自分なら前期はクラブS、後期はメダリスト派です(笑)

後期メダになって顔面は全面変更されてますが、特にヘッドライトインナーの形状とフロントバンパーからアンバーのレンズが無くなって透明感が強調されているのでスッキリ感とゴージャス感が相乗的にアップしたのだと思います♪

もっと言えばサイドマーカーもクリア化して欲しいですが、そうしたい人は数千円でニスモから出てました(笑)



リア回りもテールがアンバーからクリスタル化♪

透明感が出ています♪

後はメダリストではメッキ化されているリアガーニッシュがクラブSではカラード化されています(^O^)



インパネは木目がラウンドするように配置されているのが特徴ですね(^^)v

この木目パネルも1回外したコトがありますが、助手席側まで一体化した長いヤツんで、割らないかヒヤヒヤしてました…(苦笑)

後は時計が表示されなくなるトラブルがC35は多いですね…(汗)

まぁ…時計を交換するのにこの木目を外さないといけません…(苦笑)




メダリストプレミア系ですと本革シートが標準♪

C33でのクラブLやセレクションL的な内容と言えます…しかしながら、パートナーコンフォタブルシートじゃない代わりにオプションでサイドエアバッグが選択出来たりと時代の流れを感じる部分でもあります…(汗)

設計時差でいうと8年程度なのに…(苦笑)



で…コチラはスポーティイメージ系なクラブS。

確かアメトークでケンドーコバヤシが「ドコ走ってんねん!」とツッコミ入れたカットですね…確かに日本ではこんなの…無い…(苦笑)

フロント回りは自分もC35は詳しくなくて調べてみたものの、前期~後期までC35は特に違いが無いようですね…(^-^;



内装は25クラブSターボタイプXなら木目調パネルがブラックウッドに、そしてこれまた25クラブSターボタイプXですとシートが本革とスエードのコンビシートになります(^O^)


そんなC35ローレル後期に搭載されるエンジンは全部で4機種…



・RB25DET…直列6気筒2500㏄ツインカムターボ、280馬力、34.0kg-m。

中期からNEO6化されてスペック上は280馬力へ…実際のトコは当時の雑誌で言われてましたがソコまで出てないらしいですね…(^-^;

・RB25DE…直列6気筒2500㏄ツインカム、200馬力、26.0kg-m。

このエンジンは自分が言うのもなんですが、マニュアルで操る方がマッチング的にはイイですね…(^-^;

・RB20DE…直列6気筒2000㏄ツインカム、155馬力、19.0kg-m。

C35からRB系はオールツインカム化されてます…但し、NEO6化されてからナゼかIGコイルの耐久性が乏しく、よく壊れます…(^-^;

新車保証で交換したコトすらある位でして、ハズレだったら3万㎞で壊れて新車保証で交換…なんてコトもありました…(^-^;

・RD28E…直列6気筒2800ccシングルカムディーゼル、100馬力、18.2kg-m。

電子制御燃料噴射化されてますね♪

RD28はアイドルこそディーゼル特有のエンジン音ですが、走り出すと凄まじく静かです…ホント凄いんですからコレ(笑)



これらに組み合わされるミッションは4速オートマのみなんですが、クラブSターボと25クラブSの2駆はデュアルマチックM-ATxというマニュアルモード付になります♪

ステアのシフトスイッチはチョット小さくて押しにくいですね…(^-^;



足回りはフロントが2駆はストラット、4駆はマルチリンク。

リアはマルチリンクでC34のまま…もっと言えばA31の中期から形式的には同じですね。

25メダリストプレミア系にはアクティブダンパーサスが装備されまして、ほぼほぼC33のクラブLと同じような感じですね(^^)v



さらに電動スーパーハイキャスもありますが、クラブSターボタイプXにのみオプションでしか装備出来ない為、結構レアかもしれませんね…(^-^;



そして4駆モデルは日産お得意のアテーサET-Sが装備されます。

こうやって見ますと、エンジンもミッションも駆動系も80年代からそのままキャリーオーバーされてますね…(^-^;

今見ますとコレがイイのですが、当時の目線で見ますと日産の懐事情が危ない感じが垣間見えてしまいます…(汗)

ちなみにステアフィールはセドグロよりの高級車ならではのダルめのフィール。

C33はシルビア譲りのシャープなフィールなので、乗り比べた際にココで一番大きく違うなぁ…と毎度思います…(^-^;

車格やキャラクターを考慮するとC33のフィールが異質とは言えます。



装備としては個人的にC33には装備出来ないリアワイパーやリアフォグが羨ましい…というか、ついつい比べがちになってしまいますね…(^-^;



そしてコレも羨ましいファインビジョンメーター♪

当時は高級車の証でしたね(^^)v



更にマルチもあるんですが、ナビにはコンパスリンクの設定があったんですね!

オペレーターさんがワンタッチで目的地をナビに遠隔操作で入力してくれます♪

但し、通信料別途な上、当時の携帯電話料金を考慮しますとコレは結構ツライ…(汗)

ちなみにこの当時、自分のJ-フォンの通話料が1分40円でしたので、仮に通話&セットで10分掛かったら1検索で400円…(汗)

自分でセットしますね…(苦笑)

現行車ではコレが当たり前の訳ですが、車載通信機(DCM)が搭載されたのは大きいですね!

で…C35のマルチですが、今購入するならマルチ無しをオススメします…(^-^;

エアコンパネル一体なので…(汗)



後はキー連動室内照明システムはイイですね!

まぁ…鍵開けてドア開ければ同じコト…なんですが…(苦笑)



で…グレードは全部で13グレード…今見ると多いですよねぇ(笑)

まずはトップグレードの25メダリストプレミアターボ!!

C35後期では一番の人気グレード♪

中古車でもメダプレターボだったら希少なんでやや高めですね(^^)v

・25メダリストプレミア…25NAのプレミアですね。ジェントルに行くならコレか。

・メダリストプレミア…お買い得価格で本革ってので台数出てまして、ディーラー時代にもそれなりに扱いましたね(^^)v



・25メダリスト

・メダリストG

・メダリスト

・25メダリストFOUR

メダリストGとメダリストの違いは運転席バニティーミラーやパワーシートの有無、他にキーレスがキーホルダー式かキー一体型かの違いがあったりします(^O^)



・25クラブSターボタイプX

25ターボのクラブSはこのグレードしかありません…(^-^;

ちなみに前期にあったブラックレザーは廃止されてます…(泣)

どうしてもブラックレザーがイイなら前期を…又は後期に前期のシートを入れるか…。


・25クラブSタイプX

・クラブSタイプX

排気量もそうですが、大きな違いはオートライトが標準かオプションか…。

それとオートマはフツーの4速かM-ATxかの模様。



・25クラブS

・クラブS

・クラブS FOUR

25と20はオートマの違い、クラブSとクラブSFOURは当たり前ですがスポーツチューンドサスの有無位ですね…(^-^;

まぁ…一番大きいのは排気量と駆動形式位ってコトで。



ちなみにボディカラーは7色、内装の仕様違いが5種類。

自分ならレッドパールの25メダリストプレミアです(^O^)♪



で…価格表。参考までに。



それと25メダリストL FOURっていう特別仕様車もあったようですね♪

特に珍しいのはシート色位っぽいですね。



ボディカラーは3色のみだそうです(^^)v




で…コッチはオプションカタログ♪




定番のフロントスポイラーやリアスポ。

自分は好んでリアスポをオプションで選びませんが、お好きな方はどうぞ…って感じで…(^-^;



更に各種モール類♪

個人的にはサイドガードモールは入れたくなりますね(^^)v

コレだけで結構雰囲気が変わるかと(^^)v

他にもモール類がこんな感じで。

せめて25メダリストプレミアに標準装備にして差別化したらまた違った良さが出てくるかもしれませんねぇ♪




更にこれまたグレードによって標準装備にしたらよかったかと思うキッキングプレート。



で…オートリフレックスミラーまでもオプションでしかありません…(汗)

よくよく見たら25メダリストプレミアですら装備されてないヤツをなんだかんだ足していくと結構なプライスになりますね…(^-^;

ぶっちゃけグレードによって標準でもイイと思うんですけどね…(汗)

さて…そんなC35ローレル後期はこの後、生産工場が村山工場閉鎖に伴い栃木工場へ移管。

更にモデル末期にはグレードを縮小された挙句、2003年初旬には消滅…(泣)

30数年続いたブランドに幕を閉じ、後継車はセフィーロと統合されたティアナになります。

当のティアナは初代こそ、ミニバンブームやSUVが売れ筋になっていく過渡期にしては結構売れたかと思います(特に230JK、んでもって230JM)。

今やセダン受難の時代…確かにローレルは好きですが、背の低いハードトップという現代からは逆行したコンセプトが主体となっていた車種では遅かれ早かれモデル廃止となっていて当然だったのかもしれません。

で…時代は繰り返す??のか現代ではグランクーペも少しずつ人気が出ています♪

アレこそこういう4ドアハードトップの行く末だったんでしょうね(^^)v

低く、薄く見せかけて(実際それなりに薄い)けども快適に乗れるパッケージング限界の全高1400mmは確保出来てますしね♪

BMWのグランクーペシリーズやベンツのCLSなんて結構カッコイイ訳ですから日産にはティアナを保持しつつ、グランクーペ版でローレルを出してもイイと思う訳で…あくまで現代版として解釈したパッケージングでですね…(^-^;

ノートメダリストはまた別です…アレは違う…(苦笑)

けど今の日産の動向を見る限り…ブランドとして残ってるだけ感が…(汗)
Posted at 2019/11/07 07:40:59 | コメント(15) | トラックバック(0) | カタログ~日産~ | クルマ
2019年11月05日 イイね!

台風のバカぁ~(泣)!!



え~どうも。

今回は10月13日の話題…。

例年ながらこの日はロッキンクルージンだった訳です。

いやね…正直昨年から内容例年同じながら入場料が倍になったもんだから、行くの止めよう…って思ってたんです…。

そしたら…ですよ…。



横浜銀蝿が来るっていうから!!

なんと期間限定ながら再結成♪♪

コリャ生でぶっちぎりrock'n rollを聞きたい!!

ガゼール乗ってた時に良く聞いてたなぁ…(泣)

61セダン乗ってた時もTX-11からガンガン鳴らしておりました…(泣)

もうテンションアゲアゲでイベント1週間前にローソン行って苦手なロッピーで入力してチケット買ったっつの!!!

そしたらさ…

台風で来なくなっちゃった…(泣)

マジで今年の台風クソ。



前日にローレルもプラグ交換して調子良くなって、久々洗車したのになぁ…。

ってコトで会場を回る。



この激しいリビエラが今回は一番ツボでございました(^O^)



リビエラと言えば71年型のボートテールが一番好みなんですが、コレはコレでメッチャカッコイイです!




ソレにC3コルベット…個人的にはアイアンバンパーよりも最終型の5マイルバンパーの方が好みなのです。

シャコタン☆ブギ見てから欲しかったんですよぉ…(^-^;



後はポンティアックGTO…今やってるスマホのゲームに出てくるもんで、実車も観察(笑)

その他会場編はフォトギャラでどうぞ♪

今回は少なめのその2まで




駐車場気になったのはこのマスターエース…では無くてなんと輸出用のトヨタバン!!

よくぞまぁ…ココまでのマニアックな1台を輸入された方がいたもんです…スゴイあ…(^-^;

ってコトで駐車場編も少ないですがフォトギャラで。

こんだけ。

会場内で声かけて頂きましたハイラックスの方…色々お話出来てよかったです(^O^)

またよろしくお願いします♪

さて…そんなこんなで…

実は約1時間で会場を後にしまして…(爆)




次に向かったのは日産の九州工場だったり(笑)


この日は日産のお祭りがあるってコトで急遽行ってみました(笑)




会場には日本では販売されてないインフィニティQX80がありました♪



とにかくゴツイですし、個人的にはLX570よりも見た目の高級感は高いかと(^^)v



ってか…ナゼ日本で売らない??

インフィニティの専用ディーラーを作らなくても昔のQ45みたいにコレを日本で売ればソコソコ台数は出ると思うんですけどね…(^-^;

1台辺りの利益率も高そうだし…(汗)

LXの対抗馬として日本ではそれなりに行けそうだけどなぁ…。

トヨタがグランエースを売ろうとしてるのと逆を行く感じですね…ドコか消極的。

会場内で一番気になったのがコレ…



エコデンレース♪



福岡の県立及び私立高校が各自で製作したEVカーで耐久レースを行ってました(^O^)



デザインはドレも超小型の流線形。

ドラポジはチームによってそれぞれ…ってトコでしょうか(^^)v



音が無くて大変静かなレースですが、コレが熱くて結構面白い!!

電費がモノをいうレースになってくるのと、自分が行った時にはもう終盤だったんでしょうね…もう止まる寸前で必死にソロソロと走ってるマシンもありました…(汗)



中にはこういう個性的なのも走ってました(笑)

どのマシンもボディのフィニッシュが高くて見た目にも楽しいレースでしたね♪

もっとこういうレースを各地でやればいいですねぇ(^^)v


今回は久々にローレルで走り回りました♪

あぁ…そういえばリアタイヤ2本を早く買わないと…(汗)




ではまた♪
Posted at 2019/11/05 02:02:25 | コメント(5) | トラックバック(0) | イベント | クルマ
2019年11月03日 イイね!

ゴー!ゴー!コニーちゃん



どうも(^^)v

今回はカタログのアップになるのですが、60年代のカタログ特集もコレで最後になります。

さすがにこんなのはリクエストが来ないだろうと思いまして敢えてアップを…



AF7Vコニー360ライトバン中期です♪

どうやらパッと見た感じでフロントグリルの種類が3種類位あって、調べてみても特段中期という記述は無かったのですが、敢えて今回は中期とさせて頂きます(^O^)

コニー…と言われてもピンときませんし、ポンキッキーズのコニーちゃんのイメージしかありません(爆)

この「コニー」というのは愛知機械工業という、現在でも存在する企業が昔造っていた軽自動車です♪

その中でもこの「コニー360ライトバン」は旧モデルと言える、ジャイアントコニー360の後継モデルとして1962年にデビューしています♪

1963年にはデラックスが追加され、1965年に今回の中期型にマイナーチェンジしております。

ってコトで今回のカタログはハッキリとした発行日は不明ですが、恐らく1965年のモデルになります。



デザインは当時流行していたフラットデッキスタイルを採用していまして、初期型はフードのフラット感が特に強かったんですが、この中期からは若干丸みを帯びました…しかしながらソレでもまだ角ばってますけどね(笑)

で…大体こういうクルマのカタログって外人さんのモデルが出たりと洒落てるもんですが…



なんでこんな険しい顔のオッサンが(爆)

しかも座ってるの純正部品の箱の上(爆)

商品の上に堂々と座ってるカタログなんてありえんだろ(笑)



リアに関しては写真が無くてコレくらいでした…(^-^;

ちなみに最大積載量は2人乗りにして300kg、4人乗りにして200kgです。



インパネは鉄板剥き出しな上に助手席側にアシストグリップの付いた簡素な物。

インパネ下部に申し訳程度に底の浅いトレーが装備されています…(^-^;

シートはパステルグリーンとホワイトのツートンで、バンと考えるとオシャレなカラーリングですよね(^^)v



で…この時代のカタログによくある透視図は軽商用車のコニーにもあるのです♪

ってコトでイラストからも分かるようにアンダーフロアのミッドシップです!

そんなコニー360ライトバンに搭載されるエンジンは1機種のみ。



AE58…空冷水平対向2気筒360㏄、19馬力、2.8kg-m。

潤滑はオイルタンク別体式のドライサンプという非常に凝った仕様です!

360㏄だけど意外とオイル容量ありそうですよね(笑)



なんだろ…この変な感じ(爆)



最高速度は74km/hで、前述の通りアンダーフロアのミッドシップ。

シートを外して点検をします。



また前後席の間にキャブレターの点検口があったりとメンテナンス性には配慮しているようですね♪



コレに組み合わされるミッションは、3速のコラムマニュアルとサキソマットというノークラッチのミッションです。



足回りはフロントがダブルウィッシュボーン。



そしてリアはリーフリジッドという、当時のクルマでは至ってフツーな機構となっています(^^)v



装備としては、横長のメーターにウインカーのランプがついているのですが、左右共用で光る辺りに時代を感じますね…今じゃ絶対ありえない…(苦笑)



そしてヘッドライトレバーは、現在の方式とほぼ同じで非常に扱いやすそうですね(^^)v

この時代はハイビームの切替が足元のスイッチだったり、ウインカーの作動がホーンリングだったりと、車種ごとに違ってましたからねぇ…(^-^;



ボンネットの内部はミッドシップだけありまして非常にスッキリとしたもの。

洗車用具入れたり、チェーン入れたりと汚れ物をいれておくには丁度イイスペースと言えるかもしれません♪



そんなコニー360ライトバンは愛知機械工業の製造、そして愛知機械販売での提供でお送りしました(ぇ

で…このコニー、実はこのカタログが発行されている1965年にはもう日産との業務提携に入ってまして、「日産コニー販売」なんていディーラーもあったようです(^O^)

コレが後にチェリー店になるようですね(^^)v

そして1960年代も後半に入ると愛知機械工業は新型車の開発には消極的になったようでして、ホンダN360等の強力なライバルが誕生していく中、時代に取り残されたままのモデルとなり、1970年に生産終了になっています…(汗)

元々がこのコニー360ライトバンが出る前に販売していたコニーグッピーが大コケした為に、どちらにしろこのクルマが登場する頃の社内はもう存続危機が迫っていたのでしょうね…(汗)

で…日産と業務提携した愛知機械工業は最終的にこのコニー360ライトバンで自社開発を終了し、以降はサニトラやラルゴ等の日産車の生産工場となり、現在はエンジンやミッションを供給する工場として存続しております。

オマケ



このライトバンと同時期にコニー360コーチというリアエンジンのライトバンも出していたのですが、ソレのセダン版として1961年及び62年にこんなコンセプトカーが出ていたようです(^O^)



2ドアセダンなのにコーチというのが違和感ですが…まぁ…SSSクーペと同じなのか!?

この360コーチもライトバンなのにリアエンジンという、積載性に欠けるレイアウトで商業的には失敗したようです…(汗)

技術力はあるのに、市場のニーズに結びつき辛いってトコ…愛知機械工業ととい、プリンスといい、どうも日産グループはこんな感じが多かったんでしょうか??

今見るとデザイン含めシンプルな感じがイイですね(^^)v
Posted at 2019/11/03 19:51:14 | コメント(6) | トラックバック(0) | カタログ~国産その他 | クルマ
2019年11月02日 イイね!

初ミシュラン♪



どうも(^^)v

今回は10月12日の話題を…今更ですが…(爆)

この日は八幡西区のとある居酒屋へ…。

実は前から行きたかったトコだったんですが、一昨年会社で飲み会の幹事をしていたんですが、予約を入れたところ見事玉砕をしたのでした…(苦笑)

で…今年の2月にカミさんが、「自分の誕生日の4月に行けるように2ヶ月前から予約しておこう♪」って予約してくれたんですが…

「8か月後の10月12日になります♪」

マジか`;:゛;`(;゚;ж;゚; )ブフォォ!!

で…8ヶ月悶々としながら待ちましたよ2人で。

よくよく考えればこの8ヶ月の間に独身から既婚になってるし(爆)

予約は20時!!いざ参らん!!

ところが…

目の前でバスが行ってしまう。

次のバスは20分以上来ない…コラ間に合わん…タクシー乗り場に目を向けてもタクシーがこれまた運悪く1台もいないときた。

で…何気に100m先のコンビニに目を向けたところ、客を降ろしたタクシーがいたので、コンビニで買い物してる客を待ってる間に運転手さんに連絡してもらって配車してもらおう…って声をかけると…

「今降ろしたトコですのでどうぞ(^^)v♪」

やった!!




しかもJPNタクシーだ!!

実は初めて乗るんです♪



ってコトで今回乗ったJPNタクシーは八幡西区で1番に導入された個体だそう。

また通常、1台のタクシーに対してドライバーは交代制なので、基本的には1台のタクシーは走り続けることになるのですが、このJPNタクシーに関してはこのドライバーさんの為だけに割り当てられているのだそうです!!

なので、このドライバーさんが家にいる間はずっと車庫の中に仕舞われているという特別待遇ってのがスゴイ(笑)!

実際にこの運転手さんはホントに運転が丁寧でスムーズ♪

JPNタクシーの設計もイイですね…最近のクルマにしては乗り味がソフトでコンフォートの味が残ってますし、荒れた路面のゴツもキレイにいなし、フラットで快適です(^O^)

グレードは「極」という最上級グレードだったので、USB充電端子があったり、Rrシート用にサーキュレーターがあったりと実に客目線からすると最高でしたよ♪

ドライバーさんとしても快適この上ないそうで満足されてましたが、事業者側としての最大のネックは価格ですね…コンフォートの倍は高過ぎる…(汗)

LPGハイブリッドの必要性も個人的には疑問…。

で…乗ること約15分…今回のメインの居酒屋へ…




「魚虎」さん♪

なんとミシュランガイドにビブグルマンとして掲載されているのです!!

そんなお店初めてだぁ(゜o゜)!!

活気は溢れていますが、品が良く、そして清潔な店内へ入ります♪

まずはレモンチューハイを…




おぉ~♪華やかだ(゜o゜)!!

で…何を頼むか分からなかったので…

「スイマセン~オススメは(^-^;??」

「お造りと野菜サラダですね…卵が乗ってて~」


えっ…サラダ(爆)??

ココはとりあえず頼んでみよう…


待つことしばし…



【チョーレル'sセレクション】 野菜サラダ

おぉ~何だこりゃ~野菜の森にそびえ立つ堂々とした玉子の山。

ってきり温泉卵だろうという俺の固定概念の殻を見事に破って孵化してきてしまった!

っつか魚系のお店なのにサラダでこの美味さ…このお店はスゴイものとココで確信した…なにより目の前に広がるキレイに輝いた厨房にもワクワクがたまらない。


更に…



【チョーレル'sセレクション】お造り

新鮮でコリコリの刺身のオンパレード…ハズレ一切無し♪


よし!ココは乗りに乗って頼みまくろう(笑)



【チョーレル'sセレクション】 ゴマヒラス

ゴマの香りにネギの風味とシャキシャキ感、じっくりと醤油のしみ込んだ最高のヒラスにワサビを付けて召し上がれ。




【チョーレル'sセレクション】 卵焼き(ウナギ)

フワッと触感が最高のウナギを絶妙な焼き加減で巻いた卵が生み出すハーモニー。




【チョーレル'sセレクション】明太子

レモンチューハイに最高のお友達。小さく取れる一口サイズの配慮が嬉しい♪


よし…ココは刺身のリクエストだ!



【チョーレル'sセレクション】 マグロの刺身

赤身の魅力がココにある。サッパリとしてるのに口の中でとろける最高の一品。


そろそろ限界に達してきた…しかし、俺の胃袋がまだ何かを求めている…




【チョーレル'sセレクション】 酢ガキ

サッパリとしたポン酢で新鮮でクリーミィな牡蠣を…カボスで性能を最大限に引き出そう。

よし…もういいだろう…〆のデザートだ!



【チョーレル'sセレクション】 自家製杏仁豆腐

ねっとりとした食感に口の中一杯に甘さが引き立つ魅惑のデザート。




いや~食った食ったぁ~♪

こんなに美味い居酒屋は人生初だったなぁ~♪

ってコトでマジで美味かったのです…途中でどこぞの輸入雑貨商みたいな心境になってましたが(ぇ

あとビックリしたのはお店の接客が最高です…何かと気付くのが即座!

気配りがスゴイ上に終始名前で呼ばれます…(汗)

バイトの人も数人いましたが(十代位の若い子ばかり…)、ハキハキとした対応に気配り&優しさ…オジサンビックリしちゃいましたよ…(笑)

ってコトでこんな素晴らしいお店…また予約しない訳にはいきません!!!


ってコトで帰りに予約を…

「えっ!!今度は5月なの(爆)!?」


ってコトで次回は7か月後です…いや~楽しみにしときます♪

皆さんも北九州にお越しの際は騙されたと思ってゼヒお立ち寄りを♪

どのメニューを頼んでもハズレなしです!

ではまた♪
Posted at 2019/11/02 21:03:57 | コメント(5) | トラックバック(0) | グルメ | クルマ

プロフィール

「@(ひろっち) その節は…全く気付きませんでした(爆)実は紆余曲折ありまして、罪ほろぼし?で月の小遣いでカミさんをスシローに連れて行ったトコだったのです(爆)」
何シテル?   07/10 05:14
愛車はC33ローレル、GX71マークⅡ 登場から既に20年を超えてしまったC33ローレルをメインとして活動しています♪ GX71は通勤用。 ロ...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/11 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

日産純正カセットデッキを復活させる! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/10/13 01:20:12
愛車グランプリにエントリー! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/09/29 01:15:59
クルマの履歴書 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/01/29 03:41:19
 

愛車一覧

トヨタ プリウスPHV トヨタ プリウスPHV
紆余曲折あって車歴17台目にして初の新車(笑) 前車GX71から実に30年進化しており ...
日産 ローレル 日産 ローレル
2オーナー走行6.7万キロ17年間車庫保管で新車同様のC33の2.5メダリストVを山口で ...
フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック) フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック)
ゴルフⅦの中でも1500台限定の特別仕様車となるラウンジというグレードです♪ その中で ...
スズキ ワゴンR スズキ ワゴンR
2003年4月10日勢いで免許取得前に有り金15万で買ったビックリドッキリメカ。エンジン ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.