• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+


8月のお知らせ


8/3(土)~ 8/5(月) 9時間耐久の為お休みします


8/6(火)・8/7(水) は営業いたします


8/11(土)~ 8/15(木) 夏季休暇の為お休みします






///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M///M ///M ///M ///M///M ///M ///M ///M ///M








///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M///M ///M ///M ///M///M ///M ///M ///M ///M


予告 

2019.11.23(土)


第6回 TECH‐Mサーキットエクスペリエンス



alt







///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M///M ///M ///M ///M///M ///M ///M ///M ///M 






///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M///M ///M  



ご来店・作業依頼の方は事前に電話でご連絡をお願いいたします。








せっかくご来店いただきましても作業やご予約の方がいらっしゃるとお待ちいただく、またはご予約状況によりお断りさせていただくことがございます。





ご協力よろしくお願いいたしますm(__)m









///M ///M ///M ///M ///M ///M///M ///M ///M ///M ///M ///M///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M


~定休日のお知らせ~


毎週水曜日に加えて、第1・3火曜日もお休みさせていただきます。


※上記曜日が祝日の場合は、営業いたします。

祝日の翌日がお休みとさせていただきます。



よろしくお願いいたします(^^)/




///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M///M///M ///M ///M///M ///M ///M ///M ///M

   
  


RECAROシート、各シートベルト(4点、6点)取り扱い始めました!!☆
お問い合わせください☆

alt



クレジットカード払い可能になりました



VISA、MasterCard、JCB、AMERICAN EXPRESS
Diners Club、DISCOVER

alt


☆お支払方法☆

・現金

・クレジットカード

・お振込み(先払いのみ)

※お振込みでの、後払いはお断りさせていただいております。




Facebook
https://www.facebook.com/pages/TECH-M/588730577903175

Instagramもやってます
@tech_m_power
#tech_m

TECH-Mのブログ一覧

2019年07月19日 イイね!

TECH-M オリジナル車高調 !!って、なぁに??

TECH-M オリジナル車高調 !!って、なぁに??


みなさんこんばんは☆

しゃっちょです♪

まだまだジメジメしたあっつい毎日が続きますね。

この梅雨が開けましたら、もっと暑い日々が待っていると思うと・・・・

ゾッとします。


さて、そんな毎日もTECH-Mはお客様にたくさんご来店いただき、たくさんの作業をご依頼いただき、頑張らせていただいております☆




そんな今日は、TECH-Mオリジナル車高調について書きたいと思います☆


alt




というのも、ありがたいことにTECH-Mオリジナル車高調のバックオーダーが10台に達しました(笑)


しかもその大半が遠方のお客様で、鹿児島県や、山形県、千葉県、神奈川県、新潟県のお客様もご依頼いただいております!!


なんと最近のTECH-Mは、大阪府とは思えないジャパングローバルになっとります。





で、やはり皆さんいい脚には乗りたいんですよね。そりゃそうですよね。



僕の理想とする脚は、



街乗り乗り心地良くて、フラットライド。 
高速はビシッと安定していて、ワインディングは水を得た魚のように走る。
そして、サーキットも行けて、タイムも出るし、レースもできる。
それでいて、異音がしなくて、耐久性もある。
そして、安い。

ね。


みんな同じでしょ。


そんなパーフェクトな脚、ねーよって(笑)




だから、どの部分を強調して、どの部分を妥協するか

ってのが選択肢の中で重要になってきます。



そこで根本的に理解しておかないといけないのが、ダンバー構造。


乗り心地とか、剛性とか、いう部分です。


TECH-Mで扱う車高調で、代表的なのが、ビルシュタインと、KW(カーヴェー)があります。

この2社をよく使うんですけど、なんでかっていうと、便利なんです。


極端に性質が違うから。




まずはビルシュタイン

alt


ビルシュタインは 倒立ショック、単筒式、高圧ガスダンパー です。

特性は、 高剛性、ショートストローク、ダイレクト、固い、ロール少ない、車高下がらない です。 約3センチダウンまででセッティング

オーバーホール可能 日本でできる 約2週間

alt


*ネット引用




続いてKW 

alt



KWは、正立ショック、複筒式、低圧ガスダンパー です。

特性は、 軽量、ロングストローク、乗り心地いい、ロール多い、車高下がりすぎる です。4センチ以上下がる

オーバーホール可能 ほぼカートリッジ交換 本国発注 1か月・・・


どうです??


全く相対的なショックアブソーバーだということになります。




続いて重要なファクター。それは、重さです。


倒立式ダンパーは、正立式ダンパーを反対に向けて、もう一つケースを付けますから、重たくなります。



バネ下重量の軽減ができればそれはそれで軽くなるのはいいことで、しなやかかつ軽快なサスペンションが得られます。



簡単に言うと、

走りと実用性のビルシュタイン

乗り心地とローダウンの両立のKW

ってな感じですね。




これらをまず比較してください。どちらがお好みでしょうか??


ここまでだと、世間的に、KWに軍配がありそうですね☆




ここからはもう少し、専門的にいきますよ!!



BMWや、BMWminiののフロントの足回りは、基本的に、 ストラット という形式で、ショックアブソーバーが直接ナックルに装着されていて、ショックアブソーバー本体がタイヤとボディーをつないでいているんです。


すなわち、ショックアブソーバーに、剛性が求められるお車なんです。


ということは、高剛性であることも大切になってまいります。 


倒立ショックは、正立ショックを反対に向けて、もう一つのケースをつけることで剛性がアップいたします。

alt



その分重くなるのがデメリットです。



後の乗り味は好みですが、ロールに関しましては、ビルよりKWのほうが大きいです。


ですが車高を下げることでロールセンターは下がり、モーメントが変わるので、そこまでロールを感じないかもしれません。


そしてなおかつ、TECH-Mの独特の組み方、ストレッチがありますから、そこで相当な引き出しがあるので、どんな足でもいいとこで組めちゃうんですですけど。。




まぁまぁそのことは置いておいて・・・


これを基本にしていただきますと、理想の足が構想できますよね。



高剛性かつ軽量、ダイレクトなフィーリング、

ショートストロークかつ乗り心地いい、

ロール少ない、

車高は自由自在、

さらに仕様変更やオーバーホールに素早く対応できる脚


ということになりますね。


先ほど言っていたそんなんムリムリな理想の脚が、なんとなく構想出来てきました。



そこで、これらをカバーできる脚周りを探すわけです。

そして行き着いたのが、アラゴスタです。


alt



アラゴしたの基本特性として、精度がいい。オランダのメーカーですが、トップラインという代理店?メーカー?が非常にしっかりしていて、いろんなパーツを作っていますし、非常にレース経験もストリート経験も豊富。


オーバーホールや仕様変更にも即対応できるだけの在庫と、スタッフがいてます。ここはかなり大きいポイントです。


いい脚はメーカーが決めるモノでも、ショップが決めるモノでもありません。


オーナー様それぞれがそれぞれに決めるモノですから、仕様変更には素早く柔軟に対応できなくてはいけません。



そしてその経験は、どれだけたくさんのショックを作り、装着し、走り、オーナー様からのフィードバックを得て、解決したか

がキモになると思っています。



いろんなショップでのオリジナル車高調ってのを、みることや乗ることがありますが、僕はいいなと思ったことがありません。


なんでかというと、ショップオリジナルは、ショップがいいと思うセッティングだから、お客様に合うかはまた別だと思います。



実は、TECH-Mオリジナル車高調は、お客様それぞれの好みやライフスタイルに合わせて、仕様がすべて違います。


街乗り重視や、サーキット重視で、大体みんなバネレート変えてるだけです。

そんなのじゃ全然いけていません。



僕は、今までのすべてのショックをお客様に合わせるように作ってきた経験から、その人の乗り方に合ったバルブ特性、シム構成を変えてもらってます。


バルブも、特殊なバルブに、さらに加工を施し、直径0.5mm単位のバイパス穴を開けたりしながら、減衰特性をコントロールしています。


作った足をさらに改良していく意味でも、毎回違うセットにあえてしています。

ご了解を得て、僕自身もしっかりセッティングさせていただきます。

alt


alt


alt


減衰調整なんて、最後の最後ですが、しっかり煮詰めます。





そして、バネレートもこだわりますが、一番こだわるのはバネのメーカーです。


アラゴスタの場合、吊るしではranaというスプリングです。これは、今、とても良くなって来ました☆

今までは良くなかったですが(笑)


alt



ハイパコや、


alt



スイフト、


alt



アイバッハなど、


alt



たくさんのメーカーがありますが、同じレートでも全然特性が違います。





例えば、10kg/mm のバネがあるとします。


これは、1mm縮めるのに10Kg 必要、言い換えると、10㎏の重りを乗せたら1mm縮む

ということです。



バネレート 10kg/mmであれば、これはどんなバネも同じです。


しかしグラフに換えますと、極端なパターンですが、1mm縮めるまでの特性が



alt



バネAと バネBで、こんな風に変わると、全然違った性能になります。



これは、オーナー様のブレーキングからハンドル、ハンドルを切り出すスピード、それらの癖はなかなか変えれませんから、その人のに合った立ち上がり方のスプリングをこちらから指定してあげるのです。


そして、そのスプリングを最適に伸ばしたり縮めたりするのに合った特性も、ショックに持たせないといけません。

そこはどうするのかというと、ガス圧で調整しています。

もちろんすべて、企業秘密ですが、相談に来てくださればお教えします。



これは昔からできたわけではありません。たくさんのお客様が僕を信じてオリジナル車高調を作らせていただけたからこそ、毎回、日々、よくなって来ています。



1年前より、遥かにいい物ができます。 先月より、いい物ができます。




そして、アラゴスタから独立されたショック屋さんにすべて組んでもらっています。その人の技術力、素晴らしいです。

alt


有名人(笑)




ショック送ったら1週間もしないうちにオーバーホール終わらせてくれ、仕様変更まで終わってます。ダメならまた送ります。すぐ、次の引き出しを開けてくれます。


そのショック屋さんといつも話すのは、


「TECH-Mオリジナルは、毎回違う、毎回違う人が乗る。だから毎回フィードバックも違う。キリがないけど、作れば作るほど、やり直せばやり直すほど、僕たちのスキル、経験値が上がってきますよね!!」って。


こうなると、もうモノではなく、ヒト。

お金ではなく気持ち。

そんなモノ造りが出来てきます☆



なので、ぜひ、オリジナル作らせて下さい! もう付いてる方は、オーバーホールさせてください☆その時に、仕様変更もさせてください☆


これがTECH-Mオリジナル車高調なのです。





ありゃ??


思った方、正解です。



そうです

TECH-Mオリジナルではないのです(笑)



オーナー様オリジナルのTECH-Mサポート車高調 なんですよ。



僕がオーナー様の為に作った足です。


つけて下さっているお客さま。ぜひ、どこの足??って聞かれたら、

自分オリジナルの足をTECH-Mで作ったと言ってください☆


あらあら、アラゴスタじゃなくてもいいくらいのブログになってきた(笑)





軌道修正・・・


アラゴスタの車高調は大きく分けて

typeE   typeS   typeSS

と3種類のラインナップを持ちます。

すべてが車高は自在です☆低くも高くもできます。


車高が自在というのは、全長調整式というシステムで、

alt

*ネット引用


ストローク量はそのままでショックの長さ自体をケースで変えることで車高を調整できるシステムです☆




普通のねじ式車高調は


alt

*ネット引用


このようにおいしいストロークポイントが決まってしまいますので、自在には車高は変えることができません。




そんなわがままを追究するサスペンションの旅。


なかなか面白いです(笑)


作ってみたくなったでしょ??オリジナルの脚♪


さ、明日から注文殺到するな♪(笑)



長くなってすみませんm(_ _)m







追伸


たくさんのお客様のご依頼に対応すべく、新しい代車を2台追加しました♪


Nbox カスタム


新型

alt



旧型です☆

alt




代車の軽は、3台体制♪



alt


皆さんに結構喜ばれるんで買いましたけど、・・・

240万ってどうなのよ・・・

ま、

こちらもよろしくお願いします☆









Posted at 2019/07/19 22:20:26 | コメント(8) | トラックバック(0) | TECH-Mのこだわり | イベント・キャンペーン
2019年07月14日 イイね!

Euro cup 夏の9時間耐久レース参戦‼️

Euro cup 夏の9時間耐久レース参戦‼️



皆さんこんばんは✨

しゃっちょです!

梅雨前線がなかなかしぶとくずっとドヨンとした天気ですねm(._.)m



ってもぅ7月も中盤ですね!




8月1週目の日曜は、TECH-Mの夏の一大イベント‼️

ユーロカップ

夏の9時間耐久祭り

が、開催されますo(^o^)o


alt




思い起こせば去年、318isを練習用にみんなで買って、月一回はセントラルで練習やって、普段乗りの車のドライビングスキルをアップしよう⤴️⤴️

との意気込みで始めた318is




気がつけば10人以上のお客様が318isを買ってくださり、

気がつけば

TECH-M is CUP

とかいうレギュレーション付きのTECH-Mルールでやるレースまで作っちゃいまして、


alt



年がら年中お客様とサーキットを明け暮れていました♪( ´▽`)


合言葉は、早く is 買おう(笑)

言われた人、たくさんいるんじゃないですか?!(笑)

そんな楽しい318isで、夏の灼熱セントラルを、9時間走り続けます♫




毎年毎年、なにか新しいことを考えて、トライしてるのですが、今年はなんと、
初の、

2台体制で‼️参加します‼️


1号機 TECH-M レースカー みんなで耐久号

alt


と、

2号機 TECH-M 目指せ入賞 耐久号

alt



この2台をエントリーして万全の態勢で臨みます✨



1年間、雨の日も雪の日も、

alt


isで頑張って練習してきた成果を存分に発揮したいですね♫



ちなみに、僕も今年は走りますよ( ̄∇ ̄)

2号機で、ドライバーとして参加します‼️


1号機は、僕の手でエンジンまでフルオーバーホールやって、ポート研磨、ピストンバランス取りまで完璧に仕上げたので、エンジンがめちゃくちゃいいです✨

alt




2号機はほぼオリジナルパーツで仕上げたis CUP専用車です✨


alt




どちらも9時間無事に走り続けれるようしっかりメンテナンス頑張ります(*´ー`*)


タイヤもたくさん買いました(笑)


alt

去年まではネオバでしたが、今年からダンロップZ3です☆


今日の練習会前の準備も大変でした。。

alt





耐久レース 日程は、



8月4日 日曜日 セントラルサーキットです✨



興味ある方、お暇な方、ぜひ遊びにお越しください♫

応援、よろしくお願いします




TECH-M Tシャツも、今年バージョン作りますので、そちらはまたご案内します✨

alt





Posted at 2019/07/14 19:41:24 | コメント(4) | トラックバック(0) | イベント・フェア | イベント・キャンペーン
2019年06月30日 イイね!

E46M3 TECH-Mコンプリートカー製作‼️

E46M3 TECH-Mコンプリートカー製作‼️みなさんこんばんは✨

しゃっちょです♫


お久しぶりです(笑)


お客様から、最近ブログどうしたんですか??とよく言われます。楽しみにしてくださってる方がいらっしゃるのは嬉しいことです♫


書きたいこといっぱいなのですが、ありすぎてそれを忘れるという(=´∀`)


みんな元気にしてますのでご安心ください✨




さて、今日は何の話ししようかなって感じなんですが、みなさんTECH-Mのホームページの平家ちゃんブログは見ていただいてますよね( ͡° ͜ʖ ͡°)

僕も見てます(笑)


毎日たくさんのご来店本当にありがとうございます😊







ここ最近、すごくすごく依頼が多いのが、


E46 M3のTECH-Mコンプリートカーの製作依頼です✨


alt



E46M3といえば、僕が最も愛している車であり、自分でも5台所有していて、さらにS54エンジンも2機持っているくらい好きなんですが、何がいいのかな?って聞かれると、一言で、官能的って言葉をよく使うんです。



昔からよく、胸高鳴る官能的なサウンド‼️とか聞いていたので、お客様にも官能的ですよね〜♫とよく言ってます。


特に、鋳鉄エンジンブロックから奏でられるメカニカルなサウンドは、独特で脳みそをくすぐります。




特に僕はS54エンジンを数機オーバーホールして、さらに素晴らしいサウンドを知っていますから、それを聞いた時にはもぅ身の毛もよだつ思いでしたよ



でですね、官能的って、一体どういう意味なのかな?って思って、ググってみましたところ••••




えっ??




alt




性的感覚をそそるさま。肉感的。





バリバリのエロチックな言葉やないですか。

関連イラストで出てくる画像なんかは、みんカラではちょっと出せないほどエロいものばかり。



ってことは今まで僕はお客様にも、S54には性的に興奮しております的な事言ってたわけですね(笑)

恥ずかしい〜(*≧∀≦*)

でも、まぁ正解かな。



もはや性欲ですよね。今年に入って46M3も3台買ってるし。





そんな僕の目的は、程度のいいE46M3を世の中に増やす事。



いろんなところで46M3を見ますが、やはり2001年デビューのかれこれ20年近く経ってるモデルですから、ヤレヤレな車が多いです。



足廻りはガタガタ、エンジンもなんかパンチがない。エロチック、いや、官能的なサウンドなんて、全然鳴らない。

やはりメンテナンスの大切さが身にしみてわかります。



僕の持ってる46M3達はみんなそこそこ距離走ってますけど、みなさんびっくりされるくらいパリッとしてるでしょ。

alt



そりゃお金かかってます。時間もかかってます。




でもそれ以上に愛情かかってます✨



なので、みなさんも愛情をしっかり注いでやってください。



です。



愛があるから、官能的なんです。(笑)多分。





そんなTECH-Mには、月に2、3人の方から、E46M3のTECH-Mコンプリートカーに乗ってみたい!


とお問い合わせがあります。



すでにE46M3のオーナーさんや、これから買いたい人、色んな人から問い合わせがあります。


その理由は、TECH-Mコンプリートカーの第1号車、

p1


メイサちゃんのブログ


をみなさん読んでくれているんですね✨嬉しいです😊



TECH-Mコンプリートとは、

僕が14年、自分のE46M3をいじり続けてきて、色んなパーツ、組み方、セッティングを勉強し、さらにはレースに出て結果も出し、まだまだ、まだまだ!と色々勉強してきて、オススメのパーツをオススメの組み方で組み、さらには車自体をパリッとさせて、新車同様かそれ以上のパフォーマンスをだせる車を作る。

という事です。


メイサちゃんは、もともと完全にノーマルから作らせていただきましたが、


基本的には

エンジンヘッドの点検
フィリスターボルト交換
VANOSオーバーホール
足廻りブッシュ類交換、ピロに変更も数カ所
エンジン、ミッション、デフマウント類交換
オリジナルサスペンション
オリジナルパッド
デフ調整
パワープーリー
油脂類推奨交換
内装コンソール交換


距離に応じて

クラッチ交換
SMGならポンプリペアキット




等々、

いかに新車を超えるE46M3を作るか、いかに故障の少ないE46M3を作るか。


これを心がけてやっています✨



おかげさまで少しづつですが、本当にパリッとしたE46M3が増えてきています。


どんな車でもパリッと出来ます。エンジンもオーバーホール出来るんですから当たり前です。


でも、どうしようもない事があります。


それは、サビです。錆び。


alt



このサビだけは、直せません。進行を止めることは可能かもしれませんが、サビがあるとネジが緩まないだけでなく、ボディ、シャシー剛性が著しく低下し、安定しない車になります。


リアアクスルもヨレヨレになり、ボディーにクラックが入ったりしてしまいます。



やはり、車を買う前はしっかり下回りを確認して買って欲しいのと、もぅ持ってる方は、冬の塩カルが巻かれている道路や、海の近くを走ったりしたなら、帰りにどこかの洗車場でスチーム洗浄するとか、ちょっと大変ですけど愛を持って手間をかけてあげてください✨


それだけですごく長持ちしますから(〃ω〃)




あれからたくさんのコンプリートカーを作らせてもらっているので、それはブログにしたいのですが今回は一台ピックアップ✨


東京からお越し下さったお客様のラグナセカブルーのM3です(´∀`*)

alt

写真は完成してる状態です(*'▽')


この色、とてもいい色ですよね。


サーキットを走りたいから、TECH-Mコンプリートカーを作って欲しいってわざわざ遠方よりご依頼くださいました♫


フィリスターボルトの交換とエンジン内部点検調整


alt



VANOSのオーバーホール&機能点検

alt





通常のコンプリートの作業以外に、

リアアクスルの割れやすい部分を補強するために、補強プレートを溶接し、

alt



内側からもしっかり溶接し

見えないように塗装


alt



弱く割れやすいところを全てバッチリ補強しました(*゚▽゚*)



さらにはリアアクスルのブッシュを抜き、アルミリジット化。

alt




通常アクスルをリジットにするとかなり乗り心地悪くなり、ロードノイズもうるさいのですが46M3はボディーがしっかりしているので案外大丈夫です。





TECH-Mオリジナルサスペンションに、特別なセッティングを施し、

さらにはスタビやアーム類フルピロ化でリジット感をアップ⤴️


alt



これでサーキットもバッチリですよ!!







ということで納車する。  これが普通のお店。








僕は、お客様に了解を得てですが、


サーキット用の車はサーキットに持ち込んでセッティングします。


alt



もちろんオプティマスが活躍します♪


alt






というか、サーキット仕様でセッティング完了‼️


とか書いてあるブログよく見ますが、そんなこと書くところに限って、誰も走れる人がいない店。


思ったことありませんか??




走れる人がいないのに、どうやってサーキット仕様って決めれるんですか?!



バネレート硬いからサーキット仕様??

ピロに変えてるからサーキット仕様??

ウイング付けたらサーキット仕様??



そんな単純なものではないですよ笑笑




走れる人が走って、そしてタイム出して、ちゃんとセッティングしてナンボです。
それか、それ同等の経験値がある人がやっていることが条件だと思います。




ちなみに、ラグナセカブルーのM3は、僕が乗ってセントラルで1:28,9で走行できました。
筑波サーキットに、換算すると1分3秒台。速いと思います。


ウイングなし、デフなし、ミシュランカップタイヤでこのタイムでこの時期に走れるんですから、これでこそ初めて、サーキット仕様って言えますよね。




もちろん街乗りもTECH-Mオリジナル車高調は乗りやすいですが。

alt




お客様は、ホームコースを筑波サーキットに設定されました。それを見越してのセッティングを僕なりにやってみましたが、あとはお客様に走ってもらって、ここからさらにセッティング詰めたいと思います✨



近くなら良いんですけどね、遠方ですから、いかに煮詰めておけるか、そして、いかにその車を理解できているかで、今後のプロセスも大きく変わります。



そして、整備する側も、いかにサーキット走行が車に負担をかけるのか、よくわかっていないといけません。



負担をかける走りをして、なおかつしっかりタイムが出せる人でないと、それはわかりません。

本読んでもわかりません。
人に聞いてもわかりません。


300キロ出さないと、300キロでエアロ外れないかどうかわかりません。そして、出した人でないと、外れないエアロは作れません。


だからこそ、僕は自分たちで整備をして、自分で走ります。

スタッフにもよく教えています。


自分のを乗せれる車を命がけで作ります。


人間ミスはありますが、チェック体制を強化して、最小限にとどめます。




このラグナセカブルーM3は、もぅ僕の体の一部のように動くようになりました。


あとは、少しでも短い時間でオーナーさんの一部になって欲しいです✨





なんだか、最初はコンプリートカー製作のブログを書こうと思いましたが、

途中から、パーツをつけるのが凄いのか?と疑問になり、


どんな思いで僕たちTECH-Mがお客様のカーライフをお手伝いしているのかが大切なことだと思い、


少し話が変わってきました。





数年前に書いた
メイサちゃんのブログは、パーツを変えて、作り上げたってブログでした。



でも、本当に大切なのは、命を乗せれるか。

オーナーも、作り手も。




6月最後のブログです(笑)


ありがとうございました(*^^*)







Posted at 2019/06/30 23:08:32 | コメント(5) | トラックバック(0) | イベント・キャンペーン
2019年06月02日 イイね!

G20 TECH-M デモカー オリジナルキャリパーキット‼️✨

G20 TECH-M デモカー オリジナルキャリパーキット‼️✨みなさんこんにちは✨


しゃっちょです✨


昨日のブログを読んでいただいて、本日もローターの問い合わせ来まくりです(´∀`)


お客様も装着にわざわざ愛媛県よりお越しいただきました(´∀`*)

alt




スペシャルローター装着後、高速道路を一緒に試運転させていただきましたが、そりゃもぅとてもとても喜んで頂きました(*゚▽゚*)


alt




なんて、軽く車が動くんだ!!と感動、さらにブレーキ、効く‼️コントロール性も、まだあたり付いていないのにめっちゃいい👍

素晴らしい性能です。

期待してもらっていましたが、それ以上だと思います(´∀`*)



これからTECH-Mローターが日本中を駆け巡ることになると思います✨

alt







さて、そんなブレーキブログの続きですが、

TECH-M デモカー G20 しろくまちゃん✨


alt



覚えてます??(笑)


お客様から、しろくまちゃんのいじりは終わりですか??なんてよく聞かれてましたが•••



まぁまだまだこれからですよね(笑)




先日、ブログにあげました4WESTのツーリング、レインボーラインを、1人爆走で攻めてみたのですが、G20はとてもいいシャシーを持っていて、コーナリング中の内側のタイヤの接地がとても良く、思い切ってステア操作できます。



そして、TECH-MスペシャルDMEチューンを施し、310馬力を手に入れたエンジンは、ぐんぐん加速‼️


フロントミッドにレイアウトされた4気筒エンジンは、軽量かつコンパクトでハンドリングにもたらす影響は絶大で、クイックに曲がります。


これは、TECH-Mストレッチやジオメトリーによるセッティングの影響もあります。



そんなG20の泣き所。

それは、ブレーキ‼️

マジ止まらん‼️



1600キロを超える車重、さらには310馬力というパワーの持ち主が、こんな貧弱なブレーキで止まれるわけがない(>人<;)


TECH-M オリジナルのノンダスト D300i改


alt



を持ってしても、峠の下りはフェードしてしまい全然効かない‼️




こりゃブレーキ終わったなと思って、おりてみてみると、

alt


めちゃめちゃいい色(笑)



これは、オリジナルパッドに、メタル素材を混ぜ込んで製作しているため、メタル皮膜がしっかり出来ているからこんな美しい色になるのです✨


この状態をRdd社長がみたら、めっちゃイイね!!これは効くね‼️

って言うでしょう。

でも、全く無理!(笑)


やはり、このパワーと車重であれば、ブレーキのスワップは必須であることがわかりました。







あ、もちろん、元からわかってましたよ✨


そして、Rddとコラボしたスペシャルは前々から進行していました。




ですが、やはりG20のノーマルの限界を知ってからでないと、交換したメリットは完璧には得られないため、ちょうどいいツーリングの空き時間で、峠を攻め倒してきたわけです(笑)



僕らしいでしょ笑




では、ここからはTECH-Mオリジナル スペシャルキャリパーキット

BMW G20 用


の商品紹介♫



G20 320iで、TECH-Mサーキットエクスペリエンスや、峠や、高速道路をかなり走り込んだ結果わかったことは、ブレーキの絶対的制動力はもとより、よりハンドリングをシャープにしていくため、出来るだけ軽量化を実現する事をテーマにスタートしました。



フロントキャリパーは、6podに変更するのが一般的ですが、キャリパー時代の重さは4podの方がはるかに軽いのと、コンパクトに出来るので、ハンドルを切る、スイング動作に対してシャープさが出るだろうと言う事で、4podで良いキャリパーを探しました。



ブレンボ A175キャリパーが有力でしたが、ピストン系が小さいので、制動力に欠けるのと、大きくて重いのがネックでした。



その時に、Rddの高田さんから提案受けたのが、アルファロメオのハイグレードモデルについているフロント用4podキャリパーでした。


手に入りますか??と聞くと、なんとかします!と。

すぐに手配してくれて、写真がきました。

alt



このように アルファロメオのロゴが入っています(笑)


この4podキャリパーは非常に軽量コンパクトで、ピストン系が大きく、とても安定した制動力が出せるキャリパーでありますので、これでいくことになりました✨


こういったアンテナ張ってくれてるのも、マジで嬉しいですし、経験もすごいんでしょう。

そのキャリパーに、我がTECH-Mロゴを彫り込み♪


alt



フロントローター径は、フロント 370mm

リア 355mm

でバランスを取ることにしました。


18インチホイールが逃げるように設計されております。



リアに関しましては、サイドブレーキがキャリパーセットになっている電動のタイプなので、キャリパー交換ができません。

alt



そこで、オリジナルでビッグローターに対応させるオフセットアダプターを製作。

alt




それをリアブレーキキャリパーステーに装着することで、20mmオーバーサイズが入るようになります。


alt




リアブレーキローターは、かなりパッド摺動幅が小さいため、Rddのブラケットではかなりスキスキになります。

alt



この部分が錆びちゃうとカッコ悪いので、今回TECH-Mローターでは初の、メッキ加工による錆止め処置を行いました(*´Д`*)


これで錆びることもなく安心です✨


設計がバッチリだと、装着もなんの不具合もなくバチっと装着できます♫




この辺り、初めての車で、あくまでサンプル製作段階ですが、キメてくるところは流石のRdd‼️



テストも終わったことですし、装着します✨


alt



alt




フロントブレーキローター。


alt



全然大きさ違う(笑)

これは重量測るまでもないやと思い、付け替えようとした時、


えっ?!

って思いました。


なんか、軽い。Rdd。


まさか??


いや、確実に軽い。

ちょっと重さ測ってみよう。


ノーマル 8.46キロ。

alt




スペシャル 370mmローター 


マジ?! 8.34キロ‼️

alt



軽いやんこっちの方が(笑)


すごい!すごすぎるぞRdd‼️




もしかしてリアも??


並べたらこの差。

alt



測ってみた!


純正 5.84キロ

alt



スペシャルローター 

なんと、


 4.16キロ‼️

alt




ほんまに、どないなってんだろ(笑)




ここまでこだわって重量落としてくれてるなんて、聞いてないし‼️(笑)



フロントキャリパーは、純正が鉄で、アルファキャリパーがアルミ軽量なんで、めちゃ軽くなってるので、バネ下の軽量化はすさまじい。



そりゃ軽量化もテーマにしていたけど、これだけ大径ローターいれててなお軽いってのは、本当に素敵だ。



みなさんにこのワクワク伝わりますかね??



どんなG20に仕上がるのか、考えただけでワクワクですよ‼️




フロント装着しました。

alt



かっこエェーーー‼️


リアはこんな感じでビッグローター‼️


alt



錆止めメッキ加工を削るため少し試運転しましたが、めっちゃ効きが良く、カックンなるので調整が難しい笑


ある程度走ってTECH-Mに戻ってくると、


alt



ちょうど俊くんが暇そうにしてたので(笑)乗ってみてーって。

そしたら、遊びに来てたtakaさんと、ジョー君が同乗でドライブに行ってくれました✨



帰ってきてみんなの笑顔見て一発でわかりましたよ♫

どぉ??


俊くん 『最高ですぅ‼️こんなに効くブレーキ始めて乗りました!これは、僕の車もローターいっとかないとW(`0`)W』


と、俊くんが珍しく大絶賛(笑)

俊くんが絶賛したのって、DME以来かな??(*´ー`*)


パフォーマンスブレーキ用ローター売れました♪


ありがとうございます😊





まだ皮膜付いてないので、これからもっと効くようになります!たぶん、まだ50%も効いてないと思う(笑)


alt



タッチも良くなり、軽量化された足廻りと、高性能ブレーキ、そしてスペシャルDMEチューンで、330はもちろん、340iまでも凌駕するのではないか‼️





という性能を纏いましたTECH-M G20 シロくまちゃん♫

alt




みなさん、乗りに来てください✨


G20 TECH-M オリジナルスペシャルブレーキキット

alt



金額ですが、パッド込み

70万円 (税別)


今なら注文いただければ工賃無料、Rddスペシャルブレーキフルード交換サービスやっちゃいます✨


こちらも受注生産になりますので、気になる方はお問い合わせください✨







あと、ドリルドやスリット、マルチスリッドの、メリットやデメリットを聞かれることが多くなりました。



なんで、しゃっちょは、逆スリット使うの??


alt



カッコいいからですっ‼️‼️

要は好みです(笑)




僕は昔から高性能ローターは逆スリットのイメージが強くありました。そのイメージは大切にしたいんです(笑)



Rddの社長に、なんでボビンの上にロックナットをかけるのか聞いたときに、

alt



かっこいいでしょ!って



初めて間近で見たレーシングカーのローターがこうだったんですって✨かっこいいなぁって思ったらしい。

それが大事なんですよ。


それを忘れず今も使い続けているこのロックナットはなんとマグネシウム製。



こだわりハンパない(*´Д`*)






一応はドリルドやスリットについて勉強しました笑


zegnaさん読んでね(笑)



でも、結局わかったのは、ドリルドは、穴が開いている部分は冷えやすいため、ローターに熱いところと冷たいところが出来てしまい、メタルパッドを使うと熱ムラによるヒートスポットが出来てジャダーの原因になることと、ドリルドの穴の周りは特に冷えるので、クラックが発生しやすいことが、デメリットとして上げられます。

alt



メリットとしては、軽い。ということですが、結局純正だと重いだけです。






直線スリットか、マルチスリット、どっちが良いの?!



とも聞かれますが、ブレーキを踏んでパッドが発動した際に、パッドとローターの間でガスが発生します。

このガスをいかに効率よく逃すかがテーマになります。


そこで、スリットの溝がガスが逃げる道となり、パッドとローターの間での摩擦力を高く保ちます。





マルチ

alt



のようにスリットが多いと、ガス抜けはよく、発動しやすいとのことですが、パッドに当たるスリットが多いだけなので、パッドがよく減ります。


直線スリットは、効果としてガス抜きは同じです。







では、回転方向スリットと、逆スリット、どっちがとうなの??って話し


alt





正回転スリットにすると回転方向に対して外へ外へダストが向かいます。



ローターの外側と内側では、性能に影響するのは外側です。


スリットにダストが外側にたまると、ブレーキフィーリングの悪化につながります。





なので、逆スリットにする事で、内側にダストを逃がし、ブレーキフィーリングの悪化を防いでいます。

alt





エンドレスなんかは、正スリットを外まで切っています。そうすると、ダストが外側へ飛んでいくので1番いいのですが、外までスリットを切ってしまうと、その部分が薄くなり、強度低下、そして、温度差により割れが発生する可能性があります





なので、TECH-M ✖️ Rddスペシャルローターは、逆スリットで提供しているわけです✨


さらには、軽量化も含めて、4㎜厚の太スリットです☆



alt



わかっていただけましたでしょうか??✨




僕は、僕がかっこいいと思うものを、TECH-Mで提供していきます(〃ω〃)





どんどんホンモノを皆さんの為にリリースしていきますよ!!



alt




TECH-Mロゴでもいいよって方は、宣伝広告費 差し上げます



最後に、

今日お越しいただきました愛媛県のお客様より、とてもおいしそうなパイナップルをいただきました♪


それがまさかの、結翔の服装と同じカラーリング!!

これはtakaさん喜びそう(笑)


alt








せっかくなので、


パイナッポーペーン♪


alt




古っ!!(笑)








Posted at 2019/06/02 21:25:20 | コメント(9) | トラックバック(0) | デモカー | イベント・キャンペーン
2019年06月01日 イイね!

TECH-M ✖️ Rdd の本気の物作り♫

TECH-M ✖️ Rdd の本気の物作り♫みなさんこんにちは

しゃっちょです✨

サーキットエクスペリエンスのみなさんの写真をホームページ上で展開させていただいております✨


alt



とてもきれいな写真なのでぜひ皆さんご覧ください(^^)


ブログ等ご自由に使っていただいて構いません♫





さて

本日のテーマはまたまたブレーキに関してです♫


気合い入れて読んでくださいよ〜



なななんと!!

前まで対応できていなかったMパフォーマンスブレーキやノーマルでの対向4ポットキャリパー等のブレーキローターが、ついにTECH-M ✖︎Rddオリジナルスペシャルローターで展開することが可能になりました✨✨

alt



これでMパフォーマンスブレーキの方にもローターの素晴らしい性能を体感いただくことができるのでとても嬉しく思います


かなり問い合わせも多かった商品なので相当気合を入れて作りたいと思います‼️



純正ローターはどんどん減っていきますが、Rddローターは、とても密度がしっかりしていて、純正と比べるとライフは雲泥の差。




そんなスペシャルローターですが前回のテックエムサーキットエクスペリエンスで素晴らしい性能を発揮しておりました✨

alt




Rddの社長も、高田さんもお越しいただいていたのですが、

alt


皆さんが走行後のブレーキを見てローターの色を見るなり、



「これはよく効くね最高だね✨」

とか、

「まだ温度が上がりきってないから被膜が甘いね!」


とか、いろんな方のブレーキをかけるチェックされていたのが印象的でした(//∇//)


広島から来られて、TECH-Mサーキットエクスペリエンス前日にローター交換させていただいたK様は、

alt



ローター交換だけで、すごく性能のいい大きなキャリパーに変えたようなフィーリングで、めちゃめちゃ効く!!コントロール性も最高!と感動されていました♪( ´▽`)

脚廻りもTECH-Mオリジナル車高調へ交換させていただいておりますので、そりゃもう車変わっちゃってますけどね(笑)

alt



ほんと良かったです✨


さらには、M2コンペティションや、F10 M5、F13 M6などにも対応しています!!


ドリルドでご依頼をいただきましたので、早速製作させていただきましたが、とても素晴らしい仕上がりです!!

alt



純正ローターは非常に大きく重く、13.87キロもあります。


TECH-M ✖️Rddスペシャルローターは軽量化もしっかり抜かりなく施し、

alt



なんと、11.66キロ‼️純正比較で2.21キロも軽量化出来ています。


バネ下重量の軽減は、運動性能に凄まじい影響を与えますが、それが回転体となると、さらに大きなエネルギーを持ちます。

その回転体の実質質量を落とすことは、車の動きそのものを変えていきます。

そして、中低速域では必ず良い方向に作用します✨


高速域では、軽い分ピックアップが良く、ピクピクしたり、バタついたりしますので、いざ速度が乗ると、重たい回転体である方が慣性質量でマイルドに安定して走ります。



なので僕は、サーキットでは軽量化されたホイール

遠出のツーリングではある程度質量のあるホイール


に履き替えています✨


前に嫁のなみとM4で旅行に行くとき、

TECH-M出て、1つ目の信号で、やっぱりコレじゃねーな。ってことで戻ってホイール履き替えて出発しました(笑)

なみに、「余計疲れるやろ」

と言われましたが、そこは

「そんなことないんだよ‼️」と
汗だくで言い返しました(笑)


ホイールは靴と一緒で、気が向いたらすぐ変えれますよね。


重たい靴は疲れますよね。軽い靴なら疲れ知らず。車も同じですね!

でも、ブレーキローターはそうもいきません。だいたい重いものです。

なので、人間に例えると、

足の骨を軽量化した!

みたいなもんでしょ✨わかりやすいっ!!♪(v^_^)v




今日もM2のお客様に、TECH-M ✖️ Rdd スペシャルローターを装着させていただきました✨

もちろん、50万円キャンペーン!!+Rddスペシャルブレーキフルードサービスです♪


alt



さらには、TECH-Mオリジナルノンダストパッドも装着です♪

一緒だとよりお得です!!


横でずっと作業をご覧になっていましたが、

何度も、何度も、

『俺、鈍感やからわからへんわ〜』

っておっしゃってました(笑)


で、純正ローター外して、持ち比べしてもらったら

alt



『こんなちゃうんか!!!これで分からんかったらどうしよう〜』


とワクワクドキドキしてらっしゃいましたが、僕は100%驚かれると自信満々ですから、余裕で組んでいました♫


そして、同乗走行テスト行きますか??とお誘いしたところ、帰りに1人でいろいろ試してみるって事でお帰りになられました。

そして数時間後••••



電話。。。

M2のお客様でした✨



しゃっちょ‼️このブレーキは凄いわ!! わかるかなって心配してたけど、こんなに軽く車が動いて、脚も良くなって、ブレーキめっちゃ効くし、コントロール性がすごくいい! ほんまびっくりした‼️ めっちゃ効くのに、純正みたいな嫌なカックンもない。 ホンマにこのローターは凄い‼️』


って、電話をいただきました。


長くお付き合いさせていただいてるお客様ですので、よく知っていますが、こんな、感動して電話して下さることは初めてでした✨(#^.^#)

とても嬉しかったです。


本物は、ホンモノの感動を生みます🥺

素晴らしい(๑>◡<๑)


そして、みなさんお気付きか?と思うのですが、

TECH-M ✖️ Rdd

は、ローターだけではありません。


スペシャルなキャリパーキットをシークレットで製作いたしておりました。

alt



M3、M4用として、TECH-Mキャリパーを限定でリリース致しました。


このキャリパーキットは、幻の、レクサス LFAに使用されていたキャリパーを使用したブレーキキットであり、非常に高性能で、素晴らしいブレーキキットです。


TECH-Mのために、Rddの社長が準備してくださいました。


3セットだけ、社長が隠し持っていた幻のキャリパーをTECH-Mのために提供していただきました。


そして、TECH-Mロゴを、彫り文字で入れました。

alt



これは本当に凄いことで、やはりRddの高田さんから、TECH-Mに出向いていただけた事により、こんな無茶な凄いことが実現したと思います。






このキャリパーキットは売れなくていいと思ってました。

飾りにするだけでも十分価値があると。







そして、届いた当日。箱を開けてキャッキャ喜んでた僕。


alt





ちょうど遊びにきてくださってた、


zegnaさんM4


alt



TECH-M cupメンバーのOさんM3


alt



のお二方が、即答で購入を決めていただき、装着していただく事になりました(*´Д`*)

感激しました。TECH-Mでいいんですか??って聞きました。逆にいいの??と聞かれました(笑)



喜んでっ!!!




最後の1セットは売れません(笑)僕の宝物です✨

alt



これを飾るために、Snap-onのキャディーも買いました(笑)


alt




ホントにホントに

こんな光栄なことはありません。




かっこいい車見たら、まずどこ見ます??ブレーキでしょ??


alt




ブレーキ変わってたら、おぉーって思うでしょう。


ブレンボかな??エンドレスかな??色々ありますが、


そこに、TECH-M と入ってる訳です。

alt



これほどの宣伝ありますか??


最高です。



そして、性能は素晴らしいらしく、zegnaさんはすぐに富士スピードウェイでサーキット走行に持ち込んでくださり、ブレーキングの性能を、ストレートエンドの最高速ダントツトップで見せつけてくれました✨






Oさまも、TECH-Mサーキットエクスペリエンス上級クラスでガンガン攻め立ててくださり、まだまだブレーキの余力を感じたとおっしゃってます(*´Д`*)




これからブレーキ選びが変わりますよ。






TECH-Mキャリパーはもぅ出せないかもわかりませんが、もし、TECH-Mロゴ入れてもいいよ‼️って方は、おっしゃってください(*´ー`*)


alt




宣伝広告費、お支払いします!(爆)



長くなっちゃいましたが、

明日は、弟分のご紹介しちゃおっかな〜

alt



いきなりTECH-Mロゴキャリパー‼️(爆)



G20乗りの方こうご期待♪







Posted at 2019/06/01 21:48:02 | コメント(9) | トラックバック(0) | TECH-Mのこだわり | イベント・キャンペーン
みんカラ+ 自動車業界人の日常をチェック

プロフィール

「いよいよ明日です( *´艸`) http://cvw.jp/b/2327717/42865984/
何シテル?   05/18 13:17
みなさんはじめまして! 大阪堺にあるBMW・MINI専門店『TECH-M』です。 BMW用オリジナルパーツ『M&M MotorSports』の開発、販売...

ユーザー内検索

<< 2019/7 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

M Festa JAPAN 2019への道のり 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/03/09 14:46:27
1周回って、まさかの・・・!? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/12/16 12:48:17
止めて置いたらぶつけられた!!E92 M3!! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/10/21 02:26:49

愛車一覧

BMW M4 クーペ BMW M4 クーペ
弊社デモカーです!
BMW M2 クーペ BMW M2 クーペ
納車予定は4月末 基本的にはサーキット仕様にします。 自走でサーキットに行けて、簡 ...
BMW M3 クーペ BMW M3 クーペ
BMW Mモデルに乗っています。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.