• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+







///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M///M ///M ///M ///M///M ///M ///M ///M ///M


2019.5.19(日)


第5回 TECH‐Mサーキットエクスペリエンス

alt








///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M///M ///M ///M ///M///M ///M ///M ///M ///M 






///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M///M ///M  



ご来店・作業依頼の方は事前に電話でご連絡をお願いいたします。








せっかくご来店いただきましても作業やご予約の方がいらっしゃるとお待ちいただく、またはご予約状況によりお断りさせていただくことがございます。





ご協力よろしくお願いいたしますm(__)m









///M ///M ///M ///M ///M ///M///M ///M ///M ///M ///M ///M///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M


~定休日のお知らせ~


毎週水曜日に加えて、第1・3火曜日もお休みさせていただきます。


※上記曜日が祝日の場合は、営業いたします。

祝日の翌日がお休みとさせていただきます。



よろしくお願いいたします(^^)/




///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M///M///M ///M ///M///M ///M ///M ///M ///M

   
  


RECAROシート、各シートベルト(4点、6点)取り扱い始めました!!☆
お問い合わせください☆

alt



クレジットカード払い可能になりました



VISA、MasterCard、JCB、AMERICAN EXPRESS
Diners Club、DISCOVER

alt


☆お支払方法☆

・現金

・クレジットカード

・お振込み(先払いのみ)

※お振込みでの、後払いはお断りさせていただいております。




Facebook
https://www.facebook.com/pages/TECH-M/588730577903175

Instagramもやってます
@tech_m_power
#tech_m
イイね!
2019年04月20日

大切な大切なブレーキの話し。そして、すごいお話し♫

大切な大切なブレーキの話し。そして、すごいお話し♫ みなさんこんにちは✨

しゃっちょです✨


サーキットを変な周期で走りすぎて、ずっと筋肉痛が取れません。。

実は先週の10日に富士スピードウェイで走行会が予定されていて、やる気満々で準備していたのですが、
なんと天気がコレ。

alt



寒いのは嬉しいけど、雪は☃️さすがに困る(笑)


行くのを諦めましたが、大正解!コースクローズになっていました(笑)



いいタイム出したかったのに残念。



なので、次の週‼️ 4/17に岡山国際サーキットにトライアルの走行会に参加してきました。

もちろん目標は100秒切り‼️

alt


こちらも気合満タンで準備するも、、、、


なんと気温24度。今度は暑すぎる。


なんじゃこの気温は。朝は寒かったからモモヒキ履いてたのでもぅ灼熱でした(笑)


で、頑張って頑張って攻めたんだけどタイム伸びず。ベストは1:41.3。

alt


今回はコンピューターを5000回転から上をノーマルに戻してきたので失火はありません✨
車重1050キロで、500馬力くらいのFCには流石に負けましたが、1420キロのM2で良く頑張った方でしょう。

alt





動画つけておきます✨












さて、今日はみなさんに大切なお話があります。

とかいうと、たいそうなんですが、とっても大事な話です。




ブレーキの話し。




実はM2GTS、タイムに伸び悩んでいるんです。


自分の想像と車の動きがなかなか合わないのです。


その理由が、ブレーキなんです。


僕のM2にはとってもいいブレーキ、ENDLESSのモノブロックキャリパーキットが装着されています。

alt



TECH-Mのお客様にもたくさん装着して頂いています✨

そのブレーキに、ABSプログラムを導入し、さらにさらに、素晴らしいモノになっています。



しかし、セントラルをM2で24秒台で走るようになってから、色々なブレーキパッドを試しているのですが、ある問題が見え隠れするようになりました。


そして今は完全にその問題に直面しています。


それはブレーキローター熱膨張です。



例えばM4や、92のM3で24秒台ってのは、ぶっちゃけそう難しいことではないと思うのですが、
ストレートの遅いM2で24秒で走るには、相当ブレーキとタイヤを使わないと出ません。


相当プッシュしているという事です。


で、M2GTSのベストが23秒9。これは去年の3月のタイムです。


このタイムが出た時と、前回や前々回のレースでのロガーを見比べてみると、ブレーキングポイントがかなり手前で、しかも制動力がマックスにかけれていません。



なんで?!


何が違うの?!



ずっと頭を悩ませていました。



そして、ある一つの結論にたどり着きました。


それは


ブレーキローター

alt



これだけはまだ変えていないのです。




もちろんテストも兼ねて、どんだけ持つのかを試していたわけですが、持つも何も、ローターの本当の大切さに僕は気づいていませんでした。



みんなそうだと思います。



キャリパー変えたらよく効く。

パッド変えたらよく効く。

ダクトつけたらよく冷える。

こんなことばかり聞きます。



でも、ブレーキって、なんで止まるかっていうと、パッドとローターの間の摩擦力で止まります。つまりローターはパッドと同等に重要という事です。



そして、ローターは熱膨張します。


その熱膨張についてわかりやすく水元画伯やります(笑)


alt

もともとはこうして、パッドとローターはまっすぐにくっついていて、この摩擦力で熱エネルギーに変換して車を制動するのがブレーキです。


では、どんどん熱を加えていき、鉄の膨張をさせていきます☆



外側に膨張して直径が大きくなるのは想像つきますよね。

alt



でもそれは大して問題ではないです。



基本的に、パッドの真ん中をピストンが押しますから、ローター表面の真ん中あたりが1番熱持つので、そこが特に膨張します。


そうすると、

alt


このようにローターが膨張して、プレーキパッドの当たる部分が減り、摩擦ミューが減り、制動力が出ません。

なんとなくわかってきましたか?


僕が悩まされている部分に近づいて来ましたよ。


このようにローターが丸く膨らんでしまうと、しっかりとパッドが当たる面積が減るので制動力がグンと落ちてしまいます。


alt


黄緑色の部分は当たっていませんので、摩擦ミューが低くなり、制動距離が伸びます。


そして、ローターがこう丸くなってしまった状態で、冷えると、真っ直ぐの元のローターには戻りません。


実は、この様に大きく波打ってしまうのです。

alt



レコード盤の様にではなく、ウネウネっと波打つのです。


分かりやすく言うと、伸びに弱い、何か紐のようなモノを、無理やり伸ばすと、伸縮性がなく、離した時に完全に元に戻らず、少し伸びた状態にまでしか戻らなくなってしまう。そんな経験はありませんか?


Tシャツ洗濯したら、首元がヨレヨレになっちゃったーみたいな。

まさにその状態なのです。


これでは、ローター新品の時はいいですが、数回高温で制動さてしまえば、ローターの精度が一気に落ちてしまうのです。



コレです!!僕が悩まされていたのは。



そして前回、前々回のレースでは僕のM2はプレーキング時に初期で制動力が立ち上がらず、さらにはジャダーが発生しており、プレーキ踏むとバイブレーションが起こる状態でした。


この症状は、ローターの表面のウネウネとどう関係あるのかな??とコレまた悩んでいました。あとで解説します。



僕のM2GTSは、かなりローター使い込んだので、ローターの磨耗が原因で、熱が伝わりやすくさらに膨張しやすくなってよりパッドの摩擦面が小さくなりミューが落ちてしまうのです。

タイムが伸びない理由です。



そして、これを解決する方法は一つしかありません。




膨張を極端に抑えれるブレーキローターが作れるメーカーを探して、そこに作ってもらう。


これが唯一の答えです。




それが出来れば、いつでも最高の状態のブレーキフィールが安定して発揮できます。


すごく大切な事です。



TECH-MのYouTube 見てくださってる人、僕のレース動画見てくださってる人はわかると思います。



去年の11月のレースでは、アシストさんちのM3をブレーキでぐんぐん詰めているのは僕のM2GTSです。

しかし、先日のユーロカップでは、逆にぐんぐんブレーキで詰められています。


僕のM2のローターはボロボロ。

アシストさんちのスーチャーのプレーキは、同じENDLESSですが、今回新品に交換されたばかりでした。



ロガーで見ても僕の車は全く制動力がマックスに立ち上がっておらず、良くて8割くらいでした。


コレでは、ますます命を乗せたブレーキが踏めません。


ローターを新品に変えたら、また昔のフィーリングは戻るでしょう。でも、また使っていくうちにすぐ同じことが起こります。


こんなことは、起こってほしくないのです‼️



そのような僕の希望を叶えてくれるローターメーカーは、僕が知る限り、


1社しかありません。


Rdd

alt





もぅ15年以上前から僕が知っているメーカーです。

Rddが作るローターは、いつまでも長持ちし、フィーリングもよく、フェラーリやGTRのレーシングカー、スーパーGTなどにも供給している世界最高峰のローター製作会社です


正真正銘の、ホンモノのメーカーホンモノの職人がいる会社です。



ここに、頼るしかもぅ解決しない。



でも、TECH-Mがホンモノにならなければ、この想いも伝わらないし、相手だって本気にしてくれるわけがない。



こっちからコンタクトとって、ローター欲しいんですけどって言ったら、そりゃ供給はしてくれるでしょうけど、僕の真意に応えてくれるかわからない。



そもそも、TECH-Mはホンモノの目に止まるような、まともな店なのか。


自分の正しいと思うことを突っ走ってやってきただけの、仲良し集団なだけではないのか?


よく自問自答していました。



そう思っていたある日、僕はTECH-Mを出張で留守にしていて、戻ってみると、デスクの上に一枚の名刺が置いてありました。


それは、

Rdd 高田

と書かれた名刺でした。



Rdd。 そして高田さん。15年以上前、僕が大学生で、アートスポーツでバイトをしている時に、アートスポーツの先輩から何百回と聞いた名前でした。





Rddが来たっ!! ついに!!


すぐに名刺にあった電話番号に電話をかけました。


「Rddの高田です。」


僕 「初めまして。やっと、お会いできますね」


高田さんはその言い方にびっくりしたのか、えっ?!という感じでした(笑)



そりゃそうです、僕からしたら、昔からファンの芸能人に会うような気分です(笑)


少し世間話もしました。そして、僕の抱えている問題と、その答えであろう話しを電話越しにしました。


すると、


「うちにローターを作らせてください。どんなトラブルも解決します。すぐに、もう一度伺います」



と。


そしてアポのその日、

高田さんと、もう1人、職人顔のおじさん。2人でTECH-Mにやってこられました。



Rddの、社長でした。


TECH-Mに、ホンモノの職人集団 Rddが、向こうから来てくれました。


そこに意味があるんです。


こっちから作ってくれとアプローチするのと、

向こうから作らせてくれとアプローチ来るのでは、

モノ創りというカテゴリーでは、雲泥の差があると僕は思っています。




でも、その考え方に関しては、
Rddの社長は違いました。


ホンモノを作れば、ホンモノが欲しいって言ってきてくれる。そうお考えでした。



通りで、なかなかTECH-MとRddが出会わなかったわけです(笑)



Rddの社長と、高田さんとの話はもぅ何時間した事か。その日、6時間くらい話しました。


昔話、社長の車歴、高田さんとの出会い、もちろん僕の話も。


最高に楽しい時間でした。23時まわってましたW(`0`)W



最後にRddの社長に言われました。

「水元しゃっちょの作りたいブレーキをRddで作らせてください」


本当に嬉しかったです。


もちろん、お願いします‼️‼️と答えました。

即答です。



すぐにいろんなブレーキの測定が始まりました☆

alt




話は戻りますが、僕のブレーキのキックバックの悩みを明確にしてくれました。



ブレーキローターは膨張します。ローターは丸く膨らむし、径も膨張して外側に大きくなる。
でもそれだけではない。内側にもローターは膨張する。

alt

赤い部分です。


しかし、その内側への膨張が上手くできないと、逃げがなくなりローターは、反る(そる)しか出来ない状態になる。


alt



それがパッドを押し戻し、初期のタッチの悪化、そして、極所高熱になりジャダーやキックバックが起こると。



純正ローター使われている方で、サーキット走ってる方はみんなそれが起こっています。


純正ローターはアルミのベルを沈めたところに、鋳鉄を流し込んでいます。なので、内側への膨張することができません。


ブレーキ踏んで、ハンドルブルブルする人いませんか??それです。


alt




TECH-M とRddが、全てのBMWと、miniにおいて、TECH-MのIDIベースのブレーキパッドに合わせたローターを製作し、純正ローター互換タイプの新しいブレーキシステムを提供することになりました。






完全に純正互換です。パッドに加工も何も必要ありません✨



ベルハウジングにはTECH-Mのロゴをレーザーカットしています✨

alt



このローターに変えるだけで、どんなブレーキよりも安定して制動力が出せるそうです。


純正キャリパーは、十分な性能を持っています。


大切なのは、本当に大切なのはローターでした。


みなさん、お待たせしました。



そして、社長は本気でした。


TECH-M オリジナルのブレーキキットを特別に作ってくれることになりました。


alt



とんでもないシロモノですが、とても安く提供出来ます。


もちろん、僕のM2GTSのローターも製作。


みなさんのリペアローターもこれからは特別なRdd とTECH-Mのスペシャルローターで提供します。



なぜ、Rddのローターは他メーカーと違うのか、それはローター製作に対する職人のこだわりが凄いんです。


ローターは基本、鉄を溶かして型に流し込む鋳造になります。

ほとんどのローターは、一つの鋳造の窯から1度に200~300枚のローターを作ります。


Rddのローターは、それと同じ釜から50枚分しか作りません。


料理と同じです。300人分の焼きそばを作るのと、50人分の焼きそばを作るのとでは、圧倒的に50人分の焼きそばを作る方がおいしく味が安定します。


ローターの鋳造も同じことです。とにかくしっかりとした磨材を安定して均一に溶かして鋳造することが大切です。



Rddはそれを徹底しています。



そして、夏の暑い時期に作ったローターのみをTECH-Mには供給してもらいます。


なぜか??


それは、溶けた鉄が、冷えて固まるのですが、冬の寒い時期に作ると、鋳型や気温が低く、より鉄が早く冷えてしまい均一性が出ません。


夏の暑い時期に鋳造するのが、鋳型にも均一に鋳鉄が入っていき、ユニフォーミティーがとにかく高い製品が出来上がります!!



Rdd X TECH-M の製品は僕の理想と、Rdd社長の理想と、高田さんの思いが一つにまとまって実現するのです。



そんな精度の高いRddのローターは、サーキットでは常に高い摩擦ミューが発生し、感動的な制動力と、制動時間の短縮が期待できるだけではなく、街中のちょっとしたブレーキングで、なんとも言えないカチッとしたフィーリングと、コントロール性があります✨


alt



ローターにはRddのロゴが入ります。

かっこいいスリットです。



この写真のローターは、2010年に製作されたロッドのローターです。


alt



なんと、まだRddのロゴが残っています。

スゴイです。

今、僕は最高に期待してます(๑˃̵ᴗ˂̵)


今回のコラボレーションで、かなりの予算を使っています。中古のマンション1LDKなら買えます(笑)

でも、売れなくてもいいです。


僕が正しいと思ってやってきたTECH-Mと、世界最高峰の職人メーカーRddと一緒にモノ造りができるだけで幸せです。

売れなくても今すでに満足です(*^^*)


TECH-M x Rdd



alt



TECH-Mサーキットエクスペリエンスでお披露目いたします



お楽しみに✨





本日もたくさんのサーキットエクスペリエンスの参加表明ありがとうございます😊


みなさんまだまだ空きがありますので、興味ある方はぜひ一緒にサーキットを走ってみましょう♫

天気予報は、晴れです(笑)








ブログ一覧 | TECH-Mのこだわり | イベント・キャンペーン
Posted at 2019/04/20 20:16:33

イイね!0件



タグ

この記事へのコメント

2019/04/20 20:46:49
しゃっちょ❗️素晴らしいコラボですね❗️
僕のクルマちゃんにも次回Rddを入れる予定です😊
あそこ、凄い会社ですね❗️
その会社と凄いTECH-Mとの凄いコラボ楽しみですね😆
コメントへの返答
2019/04/22 09:38:31
パナちゃんさんおはようございます☆

お久しぶりです♪
そうなんですね!!ますます戦闘力アップですね!!
僕も楽しみです。Rddかいいってことで使うんではなく、散々やったうえで、Rddが答えだという結論ですからそれは面白いです♪

いつかまた一緒に走りましょう(*^^*)
2019/04/20 21:00:35
凄いコラボですね。おめでとうございます。
ついに本物インストールですね。
今は違いますが、前車までは、ブレンボだろうが、何だろが、
ローターだけはRDDに交換してました。レース界では常識なくらいww
妥協点なしのピカイチですよね。

重要なのは「パッドじゃなく、ローター」
あまり知られてないので、とてもいい機会ですね♪
効果の程、楽しみにしております!
おめでとうございます。
コメントへの返答
2019/04/22 09:42:48
kenboさんおはようございます☆

ローター。そういうことですね(*^^*)
僕はわかってましたけど(笑)
自分でたどり着いた答えがRddってわけですから、申し出に信頼は絶大ですよ!
しかも、Rddの中でも特別な配合のローター、そして軽量化。
こりゃまた色々とテストし甲斐がありますよ☆

ENDLESS用のTECH-Mスペシャルでこれからガンガンタイムアップしますよ♪
2019/04/20 21:18:37
僕にとって、とてもタイムリーな記事でした。
水元さんの記事でE46のエンジンオーバーホールに続いて僕にとっては2度目の感動記事です。6回半読み返しました。本当に素晴らしいです。
チームAP全員で応援してます! ありがとうございました
コメントへの返答
2019/04/22 09:45:00
ルマンぶるさんおはようございます☆

いつもありがとうございます(*^^*)6回半って(笑)半分でやめたんですね(笑)長すぎました♪

かなりタイムリーな話題で♪今とても勉強していて、ルマンブルさんの新しいパッドとローターの評価も楽しみです♪
2019/04/20 21:35:29
僕のMINIも純正互換RDD特注のローターです。
コメントへの返答
2019/04/22 09:46:32
ばんぶーさんおはようございます☆

知ってます(*^^*)羨ましいです♪
TECH-Mスペシャルは、材質まで特注ですけどね(*^▽^*)減ったら次はお手伝いさせてくださいね♪
なのでもっとmini乗ってください(笑)
2019/04/20 21:54:09
エンドレスキャリパーにも対応したローターは有るんですか⁉️

リアはノーマルローターなのですが…

コメントへの返答
2019/04/22 09:53:07
プロペラフォンさんこんにちは☆

サンビームに入庫している姿素敵です♪
もちろんあります☆というか、特注素材で作れますよ♪

今レースカーのE46M3のローターも製作中です♪

もしよければご案内させていただきます☆
2019/04/20 22:46:39
アートスポーツでバイトしてたんだね!

って、このブログにコメントするのは僕だけかな(笑)
コメントへの返答
2019/04/22 09:54:13
スミレパパさんこんにちは☆

そこ突いてこられるんですね(笑)嬉しいです(笑)

スミレパパさんの車、、、、、、


全部カーボンブレーキじゃないですかっ!!!(^-^)
2019/04/20 22:54:19
ローター交換、キャリパーオーバーホールお願いします
凄いローターが出来上がりそうですね‼️
楽しみです♪
コメントへの返答
2019/04/22 10:07:20
クロベーさんおはようございます☆
かしこまりまりマリリンモンロー♬(汗)

スゴイですよ!!

設計段階で、フロントが800g、リアが1000グラムの軽量化を実現しています!!

回転体での軽量化は車にとってはすさまじい戦闘力のアップですからね。。
これでユーロカップ常勝間違いなしですね♪

もしよければ、F80にもスペシャルローターだけ、装着してほしいですのでよろしくお願いします(*^^*)
2019/04/21 01:07:15
すごいローターなんですね!ミニにもあるのかなー

ニッケルと鉄の合金で作ればなんか熱膨張が抑えられるって聞いたことがありますが、コストがすごく高くなりそうですね笑
ローターの鉄の配合を変えてしまうと、パッドとの相性もまた出てくるような気もするのですが、そこらへんはどうなんでしょう?
コメントへの返答
2019/04/22 10:09:37
takaさんおはようございます☆

mini、作れますよ!!
ビッグローター化して、TECH-Mスペシャルパッド&ローターで戦闘力あげましょう♪

ニッケルも少し入ってますね☆さすが博士!
そのパッドに合わせてのさらに特注なRddを提供します(*^^*)
相性は、白ご飯に海苔くらいです☆
2019/04/21 06:10:11
おはようございます!
オリジナルRDDローター、私の耐久性重視の分野にすごく貢献しそうなお話ですね。
値段とか含めて期待してます。
あ~、ウチのキャデにも付けれたらなあ。(パッドも)
コメントへの返答
2019/04/22 10:13:25
ほっと8さんおはようございます☆
早速飛びついてこられましたね(*^^*)ほっと8さん向けのアイテムですね!!
残念ながら、ベンドラでのサイドの効きアップは不可能ですが、フォットブレーキのキレがよくなりますので、絶対おすすめです!
お見積もりしていますので♪

4点かっこよかったですよ♪
2019/04/21 06:37:52
しゃっちょさん、こんにちは(^^)

ブレーキといえば、確かに初めにパット&キャリパーが目に付きます(^^;

ローターの膨張までは頭にありませんでしたW(`0`)W

ローターも凄いですが、TECH-Mキャリパーもインパクトありますね〜(๑˃̵ᴗ˂̵)

先日、妹がお世話になったみたいで、ありがとうございましたm(__)m
父もM2GTSを見て、大したもんだ!って感心してましたよ(≧∇≦)
コメントへの返答
2019/04/22 10:15:29
銀ちゃんさんこんにちは☆

そうですよね、ローターって何でもいいやって感じしますもんね!

TECH-Mキャリパーすごいですよ♪

いえいえ、こちらこそ☆岡国まで来ていただけて助かりました♪

お父様にも褒めていただき光栄でした(*^^*)
2019/04/21 09:52:03
社長がいつも、ニヤニヤしながら、ひっそりと、考えてる事って、

自分の車、もっと速くならねーかなぁーって

欲しいもの突き詰めていったら売れる物になってた

それで結果だすから、

同じ物が欲しくなるんですょー笑笑


お値段以上!二トリの様なの作ってください

お店の椅子、座りやすいわー!




二○リ!? 大塚? ムサシ?笑笑

コメントへの返答
2019/04/22 10:18:22
べっきゃむさんこんにちは☆

ヒヒヒ

バレてますね(笑)

TECH-Mはね、自分の車をイジイジして、速くするために作ったガレージがスタートですからね♪今も変わってませんよ(笑)

あの椅子も欲しくなりました??(笑)

正解!!!


ニトリ(爆笑)
2019/04/21 23:32:19
こんばんは。

純正交換のローターは無いのですか⁇
コメントへの返答
2019/04/22 10:23:40
ta-oさんこんにちは☆

どんな車種でも純正交換タイプで特注磨材で製作することが可能です☆
ベルハウジングにはTECH-Mロゴが入ります☆

2019/04/22 06:47:30
世界のTECH-M×RDDローター誕生ですね😍

私もローターやばいのですが
純正◯
エンドレス◯
AP×
なんてないですよね?笑笑

はぁ92M3の24秒は余裕なのですね😭笑
M2GTSのおかげでM2ってめっちゃ速い車やとみんな思ってるのでオーナーさんたちは先入観持たれて大変ってことですね😱
コメントへの返答
2019/04/22 10:26:33
ぶえなべくんこんにちは☆

いい感じだね!!APはブレンボが作ってるから、ぶえなべくんのリペアローターはレーシングローターなんでいいらしいよ☆

もちろん作れるのでいつでも言ってください☆
ちなみにE46M3レースカーのAPのローターも作ってます☆

24秒は余裕です(*^^*)
M2はお金かけたら速くなります。M2CPは、買えば速いです(笑)
2019/04/22 11:40:55
いつも、こっそり読ませていただいています。

ブレーキも奥が深いですね。

ところで、摩擦係数って

F=μN

であらわされると思うのですが、この係数にあたり面の面積はありません。であるなら、ブレーキディスクとブレーキパットのあたり面の多さは関係ないのではないでしょうか?

というのは、タイヤも同じでグリップを出すのはあくまでもゴムと路面との摩擦力で太さは関係ない。しかし、ハイパワーカーにおいてタイヤが太いのは、ゴムのヘリを少なくしているだけと理解しています。

そう考えると、もうカーボンセラミックなどに変えてしまうしかないのではないでしょうか?

この辺、メーカーさんの見解はどうなんでしょうか?
コメントへの返答
2019/04/22 12:37:17
MIYさんこんにちは☆

いつも見ていただいてありがとうございます☆
奥が深いですね☆
F=μN なんか学生を思い出します♪
その方程式には熱やパッドのタレとかも考慮されていないし、ブレーキフルードの熱膨張もない、机上の空論みたいなところがありますね。
小さい面積に大きな面圧をかけるとダメージがでかいです。机上の空論だと、それでも制動しますが現実はもっといろんな要素があります。

ローターもパッドも面積変わるし、うねったり、反ったりします。
パッドが局部的なヒートに耐えきれず、溶けてローターに乗っかると、そこのμも変わってしまいますから、常に状況が刻々と変化しているのです。

タイヤに関しても、圧力分散ということに関しておっしゃる通りグリップは変わりませんが、タイヤの熱タレに関してみても分散されますし、タレにくくなります。
タイヤ内部の空気の量(エアボリューム)も変わってきて、タイヤのトレッド面の熱膨張や、カーカスやワイヤー、コンパウンド硬さも変化するし、路面状況だって凸凹やアスファルトの密度、日射量で温度も違います。そこは計算していると追いつきません(笑)
それが出せたら、誰でも最速タイムで走れて、レースも何も面白くなくなりますよ☆

結局は走ってみてどうなのか、1周目と5周目ではどうなのかが大切なんで、その結果僕が出した答えが、少しでもその変化を抑えることができるモノ選び、モノ造りが大事だってことです。

カーボンセラミックでも、同じ悩みにぶち当たりますよ☆

結局トータルで車を走らせることですから、ドライビングスキルが一番大切かもしれませんね☆

まだまだ考えてることあるので、皆さんにフィードバックできるよう頑張りますね☆
2019/04/22 13:57:12
くそー、真面目に書いたのに、PCとんで、また書き直し(涙)
気を取り直して・・・

純正ブレーキで鈴鹿サーキットを数回走行後、ジャダーが発生したことは覚えてますよね?主原因が何なのか、はっきりしたことはわかりませんが、取り外したローター、かなり凹凸だったし、ブログで書かれているような事象が発生していたことは否めませんね。

もうあんな経験はごめんです。でも、コストはミニマムで済ませたい。となると、純正キャリパーにTech-Mスポーツパッドとこのスペシャルローターの組み合わせが、今の私には最善の選択のような気がします。
ローターを変えることで、ブレーキ性能に対してどの程度効果があるのか私には想像できませんが、しゃっちょやKenboさんのコメント見る限り、Rddの凄さは伝わってきます。
久々、ここは素直にいっちゃいますかね(^_^)

ところで、も一つ相談。富士や鈴鹿のストレートエンドで、リアがふらつくことがあります。これは何が原因なんだろうか?ブレーキの踏み方?ABSの仕業?空力?
ABSだとしたら、それは、ABSプログラムで解消できるかな?羽根は付けたくないから、空力なら諦めよう・・・
では、土曜日、遊びに行きます。
コメントへの返答
2019/04/27 17:44:21
zegnaさんこんにちは☆

いつもありがとうございます♪
覚えていますよ!!
めちゃくちゃガタガタでしたよね☺
帰りにそのままTECH-M寄ってもらってローター換えてもらいました( ;∀;)
僕もあの時は謎でしたが、今となってはよく理解しています☆

かなりいい選択です☆
自信を持ってお勧めいたします!!

久々にロックオンしてくださいましたね(笑)

でもね、zegnaさんにはリーサルウエポン用意してますから??

お財布の紐はしっかり縛ってきてくださいね(*^^*)

楽しみにお待ちしております♪

ABSプログラムは、必須ですね(*^^*)
リアの車高なんかでも調整できますから何でも相談してください☆

 
みんカラ+ 自動車業界人の日常をチェック

プロフィール

「いよいよ明日です( *´艸`) http://cvw.jp/b/2327717/42865984/
何シテル?   05/18 13:17
みなさんはじめまして! 大阪堺にあるBMW・MINI専門店『TECH-M』です。 BMW用オリジナルパーツ『M&M MotorSports』の開発、販売...

ユーザー内検索

<< 2019/5 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

M Festa JAPAN 2019への道のり 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/03/09 14:46:27
1周回って、まさかの・・・!? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/12/16 12:48:17
止めて置いたらぶつけられた!!E92 M3!! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/10/21 02:26:49

愛車一覧

BMW M4 クーペ BMW M4 クーペ
弊社デモカーです!
BMW M2 クーペ BMW M2 クーペ
納車予定は4月末 基本的にはサーキット仕様にします。 自走でサーキットに行けて、簡 ...
BMW M3 クーペ BMW M3 クーペ
BMW Mモデルに乗っています。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.