• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+


8月のお知らせ


8/3(土)~ 8/5(月) 9時間耐久の為お休みします


8/6(火)・8/7(水) は営業いたします


8/11(土)~ 8/15(木) 夏季休暇の為お休みします






///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M///M ///M ///M ///M///M ///M ///M ///M ///M








///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M///M ///M ///M ///M///M ///M ///M ///M ///M


予告 

2019.11.23(土)


第6回 TECH‐Mサーキットエクスペリエンス



alt







///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M///M ///M ///M ///M///M ///M ///M ///M ///M 






///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M///M ///M  



ご来店・作業依頼の方は事前に電話でご連絡をお願いいたします。








せっかくご来店いただきましても作業やご予約の方がいらっしゃるとお待ちいただく、またはご予約状況によりお断りさせていただくことがございます。





ご協力よろしくお願いいたしますm(__)m









///M ///M ///M ///M ///M ///M///M ///M ///M ///M ///M ///M///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M


~定休日のお知らせ~


毎週水曜日に加えて、第1・3火曜日もお休みさせていただきます。


※上記曜日が祝日の場合は、営業いたします。

祝日の翌日がお休みとさせていただきます。



よろしくお願いいたします(^^)/




///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M///M///M ///M ///M///M ///M ///M ///M ///M

   
  


RECAROシート、各シートベルト(4点、6点)取り扱い始めました!!☆
お問い合わせください☆

alt



クレジットカード払い可能になりました



VISA、MasterCard、JCB、AMERICAN EXPRESS
Diners Club、DISCOVER

alt


☆お支払方法☆

・現金

・クレジットカード

・お振込み(先払いのみ)

※お振込みでの、後払いはお断りさせていただいております。




Facebook
https://www.facebook.com/pages/TECH-M/588730577903175

Instagramもやってます
@tech_m_power
#tech_m

TECH-Mのブログ一覧

2018年04月28日 イイね!

GWのお知らせ✨

こんにちは☆

もう早い方はGW突入されていますね★

GW初日の本日もたくさんのご来店ありがとうございました(^^♪


alt


カラフル✨


インスタ映え📷しまくり(笑)


明日はGW前最後の営業です。


TECH-MのGWは



4/30(月)~5/4(金)



となっております(*^▽^*)


以前より、ブログのトップページにには記載をしておりましたが、お問い合わせが多いので改めてお知らせさせていただきます_(_^_)_


また、明日・GW明けとご予約たくさんいただいております。

作業内容にもよりますが少々空きのお時間もごさいますので、お問い合わせご予約お待ちしております♪




また、第③回サーキットエクスペリエンスの受け付けもまだまだお待ちしております(^^♪


alt


初めてのご参加の方も今回も多いですので、お気軽にご参加いただければと思います☆


詳しくはこちらのブログをご覧くださいませ(..)


https://minkara.carview.co.jp/userid/2327717/blog/41300729/



MINIクラス出来るかな♡


alt


MINI乗りの方のご参加もお待ちしておりまーす✨



では久しぶりの投稿でした(笑)




最後はお決まりの~

alt



alt





alt





alt



お誕生日ケーキありがとうございました❤



alt




では楽しいGWをお過ごしください♪




by NaMi



Posted at 2018/04/28 18:32:22 | コメント(3) | トラックバック(0) | お知らせ | イベント・キャンペーン
2018年04月27日 イイね!

KMP レーシングステアリング‼️入荷続々‼️

KMP レーシングステアリング‼️入荷続々‼️

みなさんこんばんは(^^)

しゃっちょです✨

早くも4月が終わろうとしていますね!
TECH-Mも、4/30からゴールデンウィークでお休みをいただき、5/5から通常営業となります✨

よろしくお願いいたします


しかし最近はブログ書く時間が全く取れません(T_T)
平家ちゃんブログ見てみなさんいろんな妄想してくださいね笑

そして、僕のブログへのコメントも返せずすみません!




さて、そんなGWを前に、KMPステアリングが続々と入荷して来ました‼️‼️


alt



といっても全てお客様バックオーダー分ですが(^^)



TECH-M M2 GTSに装着し、いろんなお客様に乗って触っていただき、めちゃめちゃ反響よく注文も頂いております✨


alt





このKMPステアリングには、カーボンレーシングパドルシフトと4つのボタンが装着されています。



alt



そのボタンの一つ、青色ははホーン。

そして、緑はDTCって書いてますが、BMWではDSCの事ですね✨

シフトノブの周りにあるスイッチも手元に移動させる事でステアリングから手を離さずDSCがカットできます✨

M2ステアリングには、この2つだけ決められていて、後の2つ、赤と黄色はフリーです。

だから僕の車は、

はエンジンスタートボタン

黄色はスポーツモードの切り替えボタン

にしちゃいました!

これがまた評判が良くて良くて(^^)

でもね!簡単じゃないんですよ!!



最初はスタートストップボタンから配線すりゃかかるじゃんって配線したんですが、うんともすんとも言わず。。


alt


なんで?!って事で平家ちゃんかバラして基盤から解析。



盗難防止のためにいろんな回路と抵抗を介してエンジンがかかるようにされていました。



映画とかで良くある、配線パチパチしてエンジンかからないように工夫してあるんですね(^^)

すごいですね♫

しかしそれをあっさりクリアしてしまう平家ちゃん、やるなぁ✨✨



スポーツモードにおいても、抵抗が必要で、その抵抗をドンピシャ出すのに手持ちの抵抗で、直列と並列を駆使して合計抵抗を出し、バッチリ仕上げました✨👌



動画にしましたので、よければご覧あれ✨








さて、明日からバックオーダー分の取り付けを開始します♫



しかし、M4用のステアリングには、

M1. M2のスイッチが元から付いていて、ハンドルの字が彫りで消せないんです😂


alt





どうせなら赤をスタートボタンにしたいなぁ。。

あ、シールだから張り替えたらいいか😂



そして、パドルシフトのカーボンもまたイカす‼️‼️


alt





カチッ、カチッとした接点はもぅまさにレーシングカー!!



乗り降りするときは無駄にステアリング外したい衝動にかられますね(^^)


alt



っても僕のシートだと外さないと降りれませんが😂

もう一本のステアリングは、

パドルを右がプラス、左がマイナスでなく、片側でどちらでもプラスマイナスができるよう改造して早速の取り付けです✨

いやぁこうして本来の使い方プラスアルファの使い方ができるのも、平家ちゃんの知識と技術のおかげっすわ(T_T)

すごい‼️


TECH-M M2 GTSは、ついにエアバック全撤去が完了し、SOSシステムも撤去、


alt




モニターまでなくなっちゃいましたが、、、、

alt






エアバックランプも全て消去

SOSシステム キャンセル

ハイビームアシスタント追加

RPAタイヤ空気圧モニタリング機能キャンセル



等々の、世界的にも誰もできてないようなシステム変更まで出来ちゃいました(^^)


alt






もぅビックリ‼️


ね、エンジンかかってるのに何も出てないでしょ??(^^)



低ーい空気圧で走り出すサーキットやレースでも、RPAの無効化をしておけばエラーが出てコンフォートモードに落ちる心配もなし‼️(^^)



最高に無茶苦茶できるM2になってます(^^)


ささ、保証切れて無茶苦茶やりたいBMW乗りの皆さん‼️

タカタのエアバックは外して、エアバックランプも消去消去(^^)

気持ちよーく遊びましょ笑笑




TECH-Mサーキットエクスペリエンスも、続々とエントリー頂いており、現在60台近くの参加台数になっております!!


枠が少なくなってきていますので、お早めにエントリーお願いいたします☆


そして、MINI乗りさん期待のMINI枠!!


今 MINIのエントリーが11台


あと10台程エントリー頂けましたら、MINI枠を作れます!!


ご協力お願いいたします!!


早く走る必要はありません、思い出作りに、ストレス発散に、腕試しに、色んな参加の仕方がある走行会となっております☆


お待ちしております♪








Posted at 2018/04/27 19:50:52 | コメント(3) | トラックバック(1) | BMW M3 M4 パーツ情報 | イベント・キャンペーン
2018年04月20日 イイね!

TECH-M M2 GTS 奮闘記♫

TECH-M M2 GTS 奮闘記♫

みなさんこんばんは✨

しゃっちょです✨



かなり暖かくなってまいりましたね!今週末は度を超す気温になるところがあるらしいですね・・・


皆さんも熱中症や日射病にはくれぐれもお気をつけくださいね☆



そんなこんなな今週末の22日はセントラルサーキットで練習会でもしようかなって思ってます☆


セントラルで熱中症になってしまいそうですが頑張ります(笑)




ではいきますよ!!気合い入れてくださいね!!メチャメチャ長いっす!!!




さて




今日はTECH-M デモカーのM2GTSのお話し★



何で今って!?



そんなもん、コンペティションが出て悔しいからに決まってるでしょ!!!(笑)




そうなんですよ、本当に発表になっちゃいましたねコンペティション。。。


M4 と同じS55エンジン積んじゃってますね。


もうこれだけで全て違う。




M2乗ってる人ならわかると思うんですが、直線遅いんですよホンマに・・・


えッ?!遅くない?? M4と比べてるからなんじゃない?!って思う人もいると思いますが、先代のE46M3に直線で離されます。


じわじわですが、NAの伸びについていけないんですよ。。。


うちのM2はコンピューターチューンしてるんで、速くなってますが、今度はコンピューターチューンしたE46M3に離されるんです(笑)


そんなM2を、どうやったら速くなるのか、直線だけでなくトータルで。サーキットでしっかりタイムの出るM2にしたくて、ずっと奮闘してきました。


そんな僕の奮闘記をここに書き残したいと思います。



今までレースカーとして頑張ってくれていたE46M3からバトンタッチ


alt



M2に初めて乗った時の感想は正直残念だとしか思いませんでした。


alt



普段乗りの車がM4オレンジ君ですから、ストレートスピードの遅さは言わずもがな。


車両の大きさでアドバンテージがあると感じていたのに走り出すと重心の高さといい、頭の重さといい、高速乗ってても、なんで??って動きしかしない。


峠行ったらエンジンは良く吹けてトルクもあるけど、ロールオーバーでドリフトしかしない。


トラクション掛からない。


とっても残念なスタートでした(笑)




まず手を入れたのが、軽量化。


alt




まぁわざわざドイツから直輸入でMT仕入れたのも、軽いからですし、サーキットでそのポテンシャルを発揮するために買ったM2でしたから、内装外して軽量にするって事には抵抗無しでした。


リアシートや内装トリム、よくわかんないユニットなど取り外しただけで、車高が2センチほど上がったので、かなり軽くなりました☆


alt


そして、やはり見た目!! GTウイングは付けたい!!って事でM4に付けてたウイングをM2に移植。


ずっと気になっていたフロントバンパーの牙を、どんなデザインで隠すかを悩み、


alt





alt





結局一番無難そうな隠し方にして、


alt





ライトウエイトのリップ付けてバネで車高下げて、


alt




ブレーキにENDLESS MONO6を装着し、


alt


alt







第一形態完成



alt






早速セントラルへ持ち込み、ノーマルタイヤで走ってみます。



最初に出たベスト参考タイムは1分30秒6



フロントのタワーバー入れて、 1分29秒8 


簡単に30秒は切れました。


ですが、アンダーステアが強く、タイヤも外側ばかり減ってしまう。


ロール量が大きいのと、重心が高いのが原因。




そして次にトライしだしたのが、脚廻りの強化。


強化といっても、サスペンションジオメトリーを完全に変更するかなり大がかりなチューンにトライ。


alt





それが、あのM4GTS用のフロントナックル + TECH-Mオリジナル車高調 アラゴスタ3WAY 

のスーパーコンボ!!


alt





フロントナックルを交換することで、重心低下に伴うアーム角度とロールセンターを最適化し、さらにはサーキットを走るうえでちょうどいいキャスター、キャンパースラスト、を最適化してしまうこのパーツは、このM2GTSを語るうえで最も特質すべきポイント。


alt





とりあえず組んで、ジオメトリーでセッティング出してサーキットに持ち込むも


alt




1分27秒7 と、約1秒ちょっとしかアップせず。3秒は縮まるはずだった。。。



更なる課題に直面。 フロントの回頭性に対してリアの追従性があまりにヘボく、ターンイン直後の大オーバーに悩まされる日々。



やはりフロントとリアのバランスってとても大切なんだと実感し、いかにしてリアを出さないかという課題に奮闘しました。



結局一番効果があったのが重量バランス。つまり車高です。そして次にリアのトー。


やはり車は物理なんだなとつくづく思う。



リアタイヤの動き、ねじれが掴めるようになってき出した時に、立ち上がりのアクセルオンで、車がスライドして横に逃げず、前に進むようになってきたのもこのあたり。



これならレースでも戦っていけそうだと自身もつき出したので、目立つようにステッカーチューン。



alt




ドイツカラーをピンポイントでまとわせて、とっても女性ウケがいいM2になってモテ、まくり(笑)


alt




で、レース出たらライトウエイト リップが外れる。。。。真ん中をタイラップで引っ張ってる(笑)




こりゃダメだと、リップを交換。こんどはコーレンストッフ。 こいつがなかなか空力がよくて、フロントのノーズの入りがとっても良くなる。


alt




➡ またリアの課題が出てくる(笑) 



このあたりで、セントラル 1分27秒前半が出るようになる。



でも26秒がなかなか遠い。



やはりサーキットに行くと2コーナーとか、逆バンクとかで膨らむのが気になる。


これは確実に重心を下げてやれば解決する。間違いない。



そしてここでカーボンボンネット交換に着手


alt





フロントのボンネット純正18.4㌔の重たいところが、なんと6キロに!! 12キロも軽量化!!



もう動きが激変!!


BMWは軽くしようとしてもリアばかり軽くなるので、どんどんバランスがくずれていくけど、このカーボンボンネットによるフロント上部の軽量化はマジで想像を絶した。


本気でおススメなカーボンボンネット。⇐ こちら在庫あり☆



またまたフロントのターンインが鋭くなったのですが、危惧してイタリアの追従性は全く問題なく、逆にイイ感じになった。


フロントの運動エネルギーが減ってくれたおかげで逆にバランスが良くなったとしか思えない。

やはり物理だ。



そして、禁断の軽量化を施す。


そう。カーボンルーフ。


alt





純正ルーフ 10㌔あったのが、このドライカーボンルーフは3㌔。


alt





このルーフに換えた途端、すべてが変わった。



レーシングカー。が、出来た。



alt


alt


alt








このタイミングで、神のDMEチューンをエンジンに施し、435馬力 トルク60キロを実現。


alt





しかし、アクセル全開でフルブースト時は吸入空気温度が上がり過ぎてミスファイアが起こってしまうため、パワーを落とさざるを得なくなり、420馬力 トルク56㌔が限界。




更なる軽量化と、さらなるコーナリングスピードのアップを狙い、TE37SAGA 10.5Jを前後にインストール。 タイヤサイズは前後295。


alt





セントラルサーキットでテスト!!



あまりの激変さに戸惑いながらも、1分25秒9 !! いきなり25秒台に突入!!


まだまだいけるぞ!!


しかし何度も何度もアタックしたが、ネオバがどんどん食わなくなってくる。


噂どおり、ネオバは山が減ってくるとグリップもどんどんダウンしてくる。


歯がゆい・・・



そのタイヤで鈴鹿も行ってみた!


alt




タイムは2分23秒 仮想ベストは2分21秒。これはGOOD!!






でも、ラジアルで目標にしていたセントラル1分26秒切りを達成できたので、Sタイヤにスワップすることを決意。


しかし、ネオバでは入っていた295も、Sタイヤになるとさらに太くなっててフェンダーに干渉し走れず・・・


悲しいかな、前後265通しで走ることに。


そして、セントラルテスト


alt




1分24秒968


alt


確かにいいタイム。しかし、乗ってるフィーリングはダメダメ。



ラジアルでセッティングしてかなりいいところ行ってたのに、全然動きがダメだった。


Sタイヤ独特の縦方向のグリップが、全く使えない。


ブレーキでしっかりタイヤをつぶしたいのに、柔らかいバネが潰れるばかりでSタイヤの意味がないということに気付いた



何でこう、やればやるほど課題が出てくるんだ・・・・



今度はSタイヤを使えるセッティングを探す旅に出る。


まずはバネレート。


今までのレートより50%アップさせた。⇐ダメだった。 街乗り硬い。


さらに10%ダウンさせた。


そして、伸びるスピードが速くなった分、減衰力をピンポイントで調整し、街中、峠、高速でピッチングが出ないちょうどいいポイントを見つけて、セントラルテスト。



それが先日のTECH-M CUP(笑)

alt



残念ながらフルウエットだったが、なんと出たタイムは


1分29秒8 


これにはビックリ!! いつもなら雨で6秒落ちくらいだけど、それ考えたら23秒台に入るんじゃない??ってくらいのタイム。


車も本当に仕上がっていて、まさに水を得た魚な感じで走れていました。



雨の中こんなに安心して攻めれるなんて自分でもびっくり。



これなら国産チューンドとも戦えるんではないか??



ちょうど、そんなころ、トライアルの走行会が岡山国際サーキットで開催されることを知り、恐る恐るエントリ。


高速サーキットなのでさらに空力によるダウンフォースが欲しくてまたまたリップ交換(笑)


alt


alt






GTSのようにアンダーリップが前後に稼働する。そのアンダーリップをオレンジに(^^♪


カナードも付けた☆


alt





これでまさしくM2 GTSになったぞ(笑)


更にキャスターを調整できるプルストラットのピロボールに変更し、GTSジオメトリーのさらに上を狙ってセッティング。

alt


alt






国産チューンドが溢れかえっているチューナーの走行会にM2 GTSを持ち込み、自分が作り上げてきたM2がどこまで通用するのか、試しに行ってきました。


92M3のワルナベ君も一緒に☆


alt




他のエントリー車両は、凄まじい車が多い。


やはり、35GTRが速い。みんな800馬力とか。1000馬力のGTRもいた。


alt




35GTRは7、8台。

500馬力のランエボや、S15シルビア、、、




参加台数が多くクラスわけがない走行枠でしたので、やはりいいポイントで遅い車に絡んじゃう。。。


それでもTECH-M M2 GTSは奮闘しました!!


直線はモンスターマシンたちにブンブン抜かれるが、コーナリングとなるともう最高!!



アンダーもオーバーも出ない終始安定した走りをしてくれて、テクニックなんていらないぞ!!

くらいのキビキビした動きをしていました。


遅い車を最低限の減速でパスしながら出たタイムが、 


1分43秒0


とても気温、路面温度共に高い昼の走行枠で出たので、まぁ良いタイムなんじゃないの??って思ってたら、なんと、全体の3番手のタイムで、バトルグリッドは3位から!!


alt



これには僕もビックリでしたが、同じピットの方やいろんな方がビックリしてくれて、自分の試行錯誤して作って来たM2が、ちゃんと結果出して評価してもらえるようになったのは本当に嬉しい事。


alt






パナさんにもお会い出来てたくさんお話しできました(^^♪


alt



写真も頂きました(笑)



バトルでは、ストレートエンドでしっかりモンスターたちにパスされ、さらにはクラッシュも目撃し、ここで目を三角にする必要もないと思い無理はしませんでしたが、最後にはタイムで表彰してくださりました☆



alt




Qstarsでの仮想ベストは1分41秒でした。 まだまだ伸び代はあると思います。


岡山 1分40秒切りを目指せるところまで来ていると思います。





どうです??



こうしてどんどん少しづつ時間をかけて進化してきたM2 GTS。 速い車を作るって、本当に大変な事でした。


そして、やっとこうして速いと認められたTECH-M M2 GTS。



やっとここまで来た TECH-M M2 GTS。。。



なのに、なのに、







なんで出るかなコンペティション・・・・



alt




乗り換えるか、まだこのままでいくか。





そうだな、誰かコンペティション買って、僕と勝負してもらえませんか??


負けたら考えます_(_^_)_真剣。




メチャ長くなった!


ゴメンナサイ(笑)



最後まで読んでくださった方、ありがとうございます!!




御礼に、M2GTS 今のところいくらかかったか教えます。


車両820万 改造費1300万   

Ω\ζ°)チーン



でも最後に言わせてください!!!







alt




爆笑!!



終わり。



Posted at 2018/04/20 21:26:20 | コメント(13) | トラックバック(0) | デモカー | イベント・キャンペーン
2018年04月14日 イイね!

Mフェスタ動画ついに完成‼️‼️

Mフェスタ動画ついに完成‼️‼️



みなさんこんばんは(^^)

しゃっちょです(^^♪



さあ、明日はTECH-Mツーリングです(^^♪


みんなでBBQ、買い出し、走り!!  楽しみましょうね♪


雨予報でしたので、台数は少ないですが、何か、天気回復しそうです☆さすがっ


参加されます方は、よろしくお願いいたします☆




さて!!!



皆様お待ちかね!!!


M フェスタ JAPAN 2018の 動画が遂に完成いたしました!!



僕がプロフェッショナルに依頼しましたので、スーパーTECH-M目線ですが、皆さんの思い出の一部になればと思い、作っていただきました(#^.^#)



113台のMの祭り、最高でした!!



それでは、どうぞご覧あれ☆










そしてそして、最後には


第③回 TECH-M サーキットエクスペリエンス 告知動画が入っています☆


すべてグラフィックで製作していただきました!!

とてつもなく完成度の高い、手間と時間と、そしてお金のかかったCGCMでございます(^^)/


最後、BOSSがこのままトップでチェッカーかと思いきや、鼻差で僕のM4が勝つ!!

こんな粋な計らいまでしていただけてうれぴー(^^♪



こちらだけの動画もご用意しましたので、ご覧あれ(^^♪







世界に発信するための動画です!!

どんどん拡散お願いいたします


ご参加いただきました皆様、ご協力いただきました皆様、ありがとうございました☆



では、よろしくお願いいたします☆




Posted at 2018/04/14 21:53:00 | コメント(9) | トラックバック(1) | 雑誌掲載等 | イベント・キャンペーン
2018年04月11日 イイね!

ゾクゾクするパーツが続々と♫

ゾクゾクするパーツが続々と♫皆さんこんにちは😃

しゃっちょです✨

最近は暖かくなって、力仕事では汗ばむようになりましたが、かなり過ごしやすくいい感じです✨

今週末のBBQツーリングは、明日で人数決定となりますが、行けそうだけど行ってみたいな??って方はいらっしゃれば遠慮なく連絡ください♫




さて、そんな今日は、足廻りのお話しでーす✨


長くなりましたので、おヒマな時にゆっくり読んでください✨




BMWは昔から変わらずシャシーセッティングがとても良くできた車です。

E36前後の時代なんかは、ボディー剛性を上げるためにコストをたっぷりかけていました。

材質にこだわったシャシーやボディーでした。

ボディー剛性を重視して、質の良い鉄を使うことで永く生き続けるボディーを作る。

ドイツのバイエルンの土の中で一年間寝かした鉄を使ってボディーを作ってたんですよ。

そういったこだわりが好きです。

しかしどんなボディーでも、走行するとダメージが入力され、それが蓄積していきます。

そこで大事なのが逃がしです。

入ってくる入力を逃さないことにはどんどん疲労が蓄積してどこかで破断してしまいます。

その逃がしの部分が、ボディーの底の、プロペラシャフトやマフラーが入っているトンネルの部分です。

うまくそこがねじれて吸収してくれる、逃がしの大切な所です。


alt

そこを補強するパーツが沢山出ていますが、まぁ良し悪しってことです😂



そのボディーへの入力の逃がしのテクニックは、未だBMWは健在ですが、昨今のBMWにはそのボディーの剛性を感じることが少なくなってきました。

というのも、ボディーはあくまでシャシーの上に乗っかってるだけ。
みたいな印象が持たれるくらい、シャシーの仕上がりが素晴らしくなってきています。


昔の車はボディー剛性。


フェンダーアーチもすごく分厚かったでしょ??ツライチ出すにはツメ折りしたり、フェンダー切ったり。

でも今のBMWはフェンダー元から薄い薄い。


ボディーに剛性を持たせる必要がないくらいシャシーが良いんでしょうね。


シャシー剛性って言葉が当てはまると思います。


そして、F系のMシリーズは特に。
棒みたいなチャランポランな脚を入れても、なぜかしっかり走ってしまう。これはすごい進化ですね。

だからこそ、ちゃんと脚を作ってあげたら、もっともっと良い車になる。でも、少しでも間違ってしまうとバランスが崩れる場所が出てきます。

サーキットなんか持って行ったら一目瞭然ですね。


僕がBMWのディーラーでメカニックをしていた時代によく行ったトレーニングでBMWマイスターの講師の方がよく仰っていて、本当にその通りだなといつも感じながら走っていました。


まぁそんなことをちゃんとできてるBMWの脚を触って行くということは、はやり生半可な知識や技術では到底無理だって事ですね。

って言ってても進まないし、やはり見た目の車高も大事だし、ノーマルをそのままサーキットに持って行くとプッシュアンダー、ロールオーバーと言ったおっそろしい挙動が出るわ出るわ。


そんな挙動が出ないように走ると、かなり挙動が大きいのでインフォメーションが伝わりにくく、今車が路面に対してどんな状態なのかよく分かんなくなる時がありますし、やはりタイムは出ないんですよね。


出ないように走るってのは、
しっかりブレーキングして減速、ペダルリリースに合わせて大きめにステア切ってターンイン、リアがダイブしながらクリップに向けて吸い込まれるようにラインをトレースして、向きが変わったところでアクセルに少し足を置きトラクションをかけてやる準備をしながらひたすら我慢。ステアを戻せるようになってから足を置いていたアクセルペダルに少しづつ荷をかけていくイメージで走る。

って走り方。


だから、攻めようとしてしまうとついアクセルを早めに踏んでしまって、ずっとドリフトしてしまうから、全然速くない。

BMWの宣伝もずっとドリフトしてるし、やっぱりグリップ少ないんじゃないかな??


でもって、ニュルのタイムはE46M3CSLより遅い。

E46M3CSL 7:50

F82M4 7:52

はっはーん、やっぱり遅いよ。


僕はどっちも持ってるからよくわかる。


M3CSLは、そういった挙動が明らかに少ないから、直線が遅くてもコーナーが速い。


そんなノーマルに車高調入れてストローク量を少なくしてあげて、重心下げて。

それだけでメチャメチャ動きがシャープになって、メカニカルグリップが向上する。

空力もすっごく需要なファクター


やっぱり地球上で走るってことは、そういう事なんだ。

常に重力、遠心力、空力と言った物理的要素になる。

という事はやはりうまく走ろうと思うと、運転を練習するより物理を勉強した方がいいと思います。


そうすると、運転技術がうまくなる前に、運転するという事、車を動かすという事が理解でき、説明できるようになる。
そうすると、速く車を走らせる事も、また理解できる。

だから僕はいつもお客様を納得させるために、物理のお話をするんです。

みなさんもそうやって運転を捉えてみてください。
そしたら、練習できる場所は、サーキット ではなく、

街中のゆっくり走っている時や、カフェでコーヒー飲みながらマッタリしている時、寝る前の布団の中が、練習場所になりますよきっと♫



そんな僕が一番感動したのが、M4GTS。

alt

この車、たしかにパワーは出てるし、軽い。でも少しだけ軽いって程度だし、パワーだってそこまでではない。
足廻りはKWのクラブスポーツが元からインストールされているくらい。

そのM4GTSがニュルで叩き出したタイムが

7:28

ノーマルM4と24秒も差が出てる。

一周1分くらいのサーキットがあったとしたら、3秒も違う。
セントラルだったら4秒。

M4にKW クラブスポーツでサーキット走らせたこともあるからよく分かってたけど、それだけでもそんな差は出ない。

よっぽどなんかやってるなって思ってた。



そしてついに、TECH-Mのお客様にM4GTSが納車され、あの、M4GTS 2色2台の展示会を開催させてもらいました。

alt



その速さの秘訣を盗ませていただけるチャンス‼️‼️

ドキドキの試運転は本当に驚きました。

転がした瞬間に、ハンドル軽い?って感じました。

タイヤはミシュラン CUP2 超ハイグリップですから、絶対重いはず。
なのにすっとハンドルが切れた。

そして走行。

直線で少しづつスピードを上げて行くにつれ、ステアリングが、どんどんカチッとしてくる。

速度が上がれば上がるほど、ステアリングがセンターで安定し、どこにも行かないぞ!くらいの根性が見える。

そしていざステアリングを切ると、重かったように感じられたノーズが嘘みたいにカコーンと入って行く。そして安定したリアの挙動。これにもまたびっくり‼️

M4GTSに乗れたことに感動しながら、それは何をやってるのか、何が違うんだろうと考えました。
そして僕の出した答えが、フロントのアーム。

変わってる。絶対。

ロールセンターが低くなって、今の車高にあってるからハンドルを切るのに抵抗がなくスッと切れる。

そしてキャスター。
ノーマルM4よりキャスターが付いている。
だから直進性に速度が上がるにつれ重さが出る。

よし、このアームを買ったらM4GTSになるな‼️

そういえばM3CSLもリアのロアアームや、ステアリングギアボックスなんかも変わってたし、やっぱりBMWスゲーな‼️

って考えながら、ピットに戻りました。


そしてリフトアップして答え合わせ。


alt


パッと見た感じアームは同じ。


あれ??おかしいぞ。



そして、ライトをナックル側に移した瞬間のあの衝撃‼️


alt


ライトが反射して太陽拳を食らったかのように目を背けました。


こんなナックルが装着されていたんです。

alt


削り出しのアップライト。

調べたらジュラルミンではなかったですが、6000番台の超高高度アルミを鍛造し6軸マニシング加工で成型されたピッカピカのナックル。

本当に感動しました。

宝箱を見つけた時の麦わらのルフィーのキラキラ目の感覚✨


alt

このナックル一つで、ロールセンターの最適化、キャスター、キャンバースラストの最適化を一発ではかり、全ての入力が集中するこの部分を高剛性化。


alt


それがM4GTSの速さの秘訣だと一瞬で理解しました。

速攻でドイツからこのナックルを、取り寄せ、M2に装着。いろんな部分が違い加工は必要でしたが、なんとか装着でき、M2が凄まじく進化しました。


alt

そんなGTSナックルも、今や片側で60万円します。左右で120万
絶対売れると思ったのに、誰も買ってくれません😂

そりゃそうですよねこんな金額。

でも、ここまで読んでもらっていたら、分かってもらえるかな?と思うのですが、

純正ナックルの剛性はどうしようもないとして、アームを変更して、GTSと同じ状態、つまり同じロールセンター、キャスター、キャンバースラストが実現できれば、フィーリングを近づける事は可能なんです。

こちらはこれからTECH-Mが推していくニューパーツ。


アメリカのSPL社から発売されたアーム達です。


alt


輸入元はドライブさんちです。


前からありましたが強度テストや実績が足りずなかなか手が出せませんでしたが、強度もオーケーが出たので、早速仕入れました、


alt



しかし、フロントのプルストラットを変えずに、ロアコントロールアームとタイロッドエンドを交換して伸ばしたので、キャスターが勝手に付いていきます。アンダーでキャスター調整するので、GTSナックルとは違い、

フロントタイヤがホイールハウスの中で少し前側に移動して見えます。

車高も変化します。

でも、フィーリングもとても良くなります✨

M4GTSと比較すると、やはりプルストラットの方でキャスター調整を戻す側で行い、出来るだけホイールハウスのセンターにタイヤを持ってきて、

ショックのアッパーでキャスターコントロールする方が自然です。

と言うことで、


偏心式のプルストラッドのピロボールを発注し、そこはクロベーさんのM4に装着するのではなく、


alt

僕のM2GTSに装着。



alt


alt

アンダーでのキャスター調整がどれほどフィーリングに変化をもたらすか調べてみました。


そうすると、コーナリングがとても安定して感じました。

ストロークに対してはキャスターが付いた分動きが抑制され、硬い印象になったのですが、車全体で見てピッチングが減ったようななんともいえないしっとりな感じになりました。コーナリング中はステアリングの重さと復元力があいまりなかなか修正も少なくいい感じです。

アンダーでキャスター調整したことにより、ホイールベースが物理的に広かった事になりこのフィーリングが出たのだと思います。

ピロによる異音等はまだ特にありません。


alt

思ったより良かったので、しばらくこのままで、セントラルへ持ち込んでサーキットでのフィーリングも確認してきます✨


クロベーさんのはアームを伸ばした事でプルストラッドが引っ張られた結果キャスターがつきましたが、そのフィーリングが今回のM2GTSともよく似ていて、もともとホイールベースが長いM4でも、十分に交換して調整する意味はある‼️

と感じました。


alt


まだご納車していませんので、もう少し色々調整して、もっとカクンとノーズが入るように、小さい舵角で曲がれるようにセッティングできれば、また先の面白みが出てきそうです✨


とまぁダラダラ書きましたが、


パーツの交換ってのは、

良いですよ、よくなりますよ!とか、しっかりしますよ!とか、
分かりやすいですけど曖昧な表現しかされず、本当にそのパーツを使ってどこまでセッティングできて、どんな幅をもたせれるのか、どこを狙ってアプローチしていくのか、全然ハッキリしません。

そこをはっきりさせることが大切です。


新しいパーツってのは、その分沢山の課題が山積みです。


作る側も、 組み付ける側も。


そして、それを感じるオーナー様が最後は一番重要です。

オーナー様よくないと感じたら、また出直しです。
でも、最後までしっかりお手伝いさせてもらいます。
ま、それだけ来てもらわないといけませんが😂


結局、

良いパーツでましたよって話でした笑笑







Posted at 2018/04/11 16:19:32 | コメント(10) | トラックバック(0) | BMW M3 M4 パーツ情報 | イベント・キャンペーン
みんカラ+ 自動車業界人の日常をチェック

プロフィール

「いよいよ明日です( *´艸`) http://cvw.jp/b/2327717/42865984/
何シテル?   05/18 13:17
みなさんはじめまして! 大阪堺にあるBMW・MINI専門店『TECH-M』です。 BMW用オリジナルパーツ『M&M MotorSports』の開発、販売...

ユーザー内検索

<< 2018/4 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

リンク・クリップ

M Festa JAPAN 2019への道のり 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/03/09 14:46:27
1周回って、まさかの・・・!? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/12/16 12:48:17
止めて置いたらぶつけられた!!E92 M3!! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/10/21 02:26:49

愛車一覧

BMW M4 クーペ BMW M4 クーペ
弊社デモカーです!
BMW M2 クーペ BMW M2 クーペ
納車予定は4月末 基本的にはサーキット仕様にします。 自走でサーキットに行けて、簡 ...
BMW M3 クーペ BMW M3 クーペ
BMW Mモデルに乗っています。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.