• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+


9月のお知らせ

しゃっちょは、ダイエットを頑張ります✌





///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M///M ///M ///M ///M///M ///M ///M ///M ///M








///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M///M ///M ///M ///M///M ///M ///M ///M ///M


予告 

2019.11.23(土)


第6回 TECH‐Mサーキットエクスペリエンス



alt







///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M///M ///M ///M ///M///M ///M ///M ///M ///M 






///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M///M ///M  



ご来店・作業依頼の方は事前に電話でご連絡をお願いいたします。








せっかくご来店いただきましても作業やご予約の方がいらっしゃるとお待ちいただく、またはご予約状況によりお断りさせていただくことがございます。





ご協力よろしくお願いいたしますm(__)m









///M ///M ///M ///M ///M ///M///M ///M ///M ///M ///M ///M///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M


~定休日のお知らせ~


毎週水曜日に加えて、第1・3火曜日もお休みさせていただきます。


※上記曜日が祝日の場合は、営業いたします。

祝日の翌日がお休みとさせていただきます。



よろしくお願いいたします(^^)/




///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M ///M///M///M ///M ///M///M ///M ///M ///M ///M

   
  


RECAROシート、各シートベルト(4点、6点)取り扱い始めました!!☆
お問い合わせください☆

alt



クレジットカード払い可能になりました



VISA、MasterCard、JCB、AMERICAN EXPRESS
Diners Club、DISCOVER

alt


☆お支払方法☆

・現金

・クレジットカード

・お振込み(先払いのみ)

※お振込みでの、後払いはお断りさせていただいております。




Facebook
https://www.facebook.com/pages/TECH-M/588730577903175

Instagramもやってます
@tech_m_power
#tech_m

TECH-Mのブログ一覧

2019年09月08日 イイね!

TECH-Mオリジナルブレーキシステムを発売します✨

TECH-Mオリジナルブレーキシステムを発売します✨皆さんこんにちは

しゃっちょです✨


昨日のブログでも書きましたが、
今日は、TECH-Mが満を時してリリースする、スペシャルなブレーキシステムのご案内です‼️‼️‼️



とても長くなるので、先に商品説明行きます。




商品名

TECH-M アンダーオフセットビッグローターシステム✨

alt



Rdd スペシャルローター

フロント 395mm

リア 370mm
(写真にはフロントのみですが、リアもセットです。)



フロントのブレーキローターを純正の380mmから395mmに大径化し、さらにキャリパーを通常位置より下にオフセットさせて、絶対的なブレーキの効きと、ハンドリングの向上に、とてつもなく貢献します。

alt




リアは今まで通りの純正置き換えローターで、370mmのままです✨

alt



前後ブレーキローター、ステンメッシュホース、ブラケット、全て込み1台分で、

75万円 ((税別))

の、スペシャルなキットになります。


※装着にあたり、条件は、19インチ以上装着車に限ります。







エンドレスやブレンボは届かない、でも、もっと効くブレーキシステムにバージョンアップしたい‼️

そんなお客様への、ローター交換以上、レーシングキャリパー交換未満の新たな提案となります✨










では、ここから、このブレーキを開発するにあたり、色々あった経緯を説明していきたいと思います。



これは、かなり長くなりますので、興味ある人はぜひ読んでください。


ちなみに、今までで一番気合い入れて書きます。






TECH-Mの今までを振り返り、やはり思う事は、たくさんの本物の技術屋たちが僕たちの手伝いをしてくれていることです。



昔は、何かしたいな‼️と思ったときに、どうやったらできるかをネットで調べたりいろんないろんな人に聞いてもらったりしながら、あーでもないこーでもないと自分1人で考えていたのですが、

今はプロフェッショナルな方々が『よかったら手伝わせてよっ』って言ってきてくれるようになりました。



これも、TECH-Mにたくさんのお客様が来てくださったおかげなんですけれども、やはりこういうたくさんのプロフェッショナルと知り合って仕事ができるとなると、TECH-Mにしかないオリジナルで最強のものを作りたいというふうに僕は思いました。


もしかしたら、誰もが思うのかもしれません。



みんなで楽しくモータースポーツをしているテックエムですが、その目的は安全に速く‼️なので、安全にという部分に力を入れていきたいと常日頃から思っております。



そんなことがあって、今年に入ってから、Rddという本物の技術屋と出会い、ずっとブレーキに力を入れてやってきたわけです


が、正直、Rddは、あちこちのお店が使っていますし、どこもある程度似た商品になってきているのは間違いないです。




今以上に、テックエムのオリジナリティーを存分に出したいと、最後に考えておりました。



もぅ出してるじゃん!って感じなんですが、実は、今はまだまだ序の口なんです(^◇^)



TECH-MオリジナルキャリパーやTECH-Mのロゴが入ったキャリパーをRddとコラボしてスペシャルキットを作っていますが、僕のやりたい事は、

alt




誰もやってないことで、より効率よくそして安価で結果を出す‼️


そういうブレーキシステムを作れないかと日々考えておりました。



お金出したら良いもの買えて当たり前ですから。





いろんな車に乗って、今まで気にしなかったブレーキのちょっとしたフィーリングの違いにも気を配るようになりました。



ポルシェやフェラーリのようなスーパースポーツカーに乗る機会も増えて、高速コーナーのハンドリングを体感していると、

alt




なんかちょっとキレ方が違うな??みたいな、ノーズの入り方というよりかは、ステアリングの操作に対してコーナリングフォースの出方が違って感じる車が1台ありました。



フェラーリ360チャレンジストラダーレです。


alt



360モデナと比べても430を比べても、高速コーナーでの初期のハンドリングから車が切れていく、全然違うフィーリングがありました。




そのフィーリングって一体なんだろうか??とずっと考えていました。




アームでどうこうとかジオメトリーでどうこうとか言うキレ方の違いではなくて明らかに本質が違うようなステアリングの切れ方をする車だなと感じていました。




何気なしに写真を見ていて、欲しいなぁ〜と思っていたときに、気付いた事があります。


alt




それは、ブレーキキャリパーの位置でした。



通常ならブレーキキャリパーはローターに対して前後ありますが、大体センターから中心のところについていることが多いです。




しかしチャレンジストラダーレはセンターからかなり下のほうに、アンダーオフセットされているのが分かります。


alt



なんでこんな低いところにあるのかな?と考えました。



低重心。間違いなく狙っています。

そして、さらに調べていくと、タイロッドエンド(ハンドルを切る力点)からキャリパーまでの距離が、

alt


真横の位置に比べてアンダーオフセットすることで、短くなります。


alt




つまりてこの原理で棒の先ちょにある重たいものが手前のほうに来る事になるので、同じ重さのものでも軽い力で動かせることになります。



さらに重たいものを下にすることで、振り子の原理が出てハンドルを切る動作に対して、小さな力でスムーズにホイールが切れていく、そんな動作が行えるんじゃないか??


と言うふうに思いました✨



そこで他のレーシングカーはどうなっているのかをいろいろ検証しました。

すると1番びっくりしたのがフォーミュラーカーです。

alt



今日本で走ってるフォーミュラーカーは、非常に低い位置にブレーキキャリパーが装着されていました‼️


驚くことになんとローターの真下‼️についていました。




少しでも低重心化し、さらにステアリング操作に対する回転モーメントをゼロに近づけるためにその位置にキャリパーを装着しているということがわかりました。

空力的要素も見つかりましたが、それは置いておきましょう。





さて、


このテクニックを、BMWに生かすことはできないか?!

もし出来たとしたら、純正キャリパーで、想像以上のパフォーマンスが出せるのではないか?!


と思い、Rddの社長に相談しました。



社長は「それは非常に面白い‼️」とめちゃくちゃ乗り気で話してくれました♫


しかもM2やM4は、リアに関しては少し下の方にアンダーオフセットされています。


alt



フロントは、真横真後ろです。




Rddは、実は他の国産車で実績があって、アンダーオフセットすることで、

高速コーナーでのステアリングフィールが非常に向上しタイヤの負担も少なくそしてブレーキングも安定した


という事でした✨




TECH-MのM2GTSはナックルをM4GTS用のナックルに変えておりますので、ノーマルのM4用ナックルが1つ余っていることになります✨

alt



そのナックルと外したキャリパーを使って、


純正キャリパーを使用したビックローター。

そして純正キャリパーを極限までアンダーオフセットし、低重心化‼️

タイロッドエンドに少しでも近づけて回転モーメントを減らす‼️




そういったスペシャルなブレーキキットを制作することはできないか??


ということで、そのナックルと純正ブレーキをRddに送り、CADでブラケットの図面を引いて、そのブレーキキット製作することが可能かどうかを長く検証していました。



ただ単にアンダーオフセットを考えるだけではいけません。


フロントはタイヤが右左切れますからアームとのクリアランスも考えないといけないし、ブレーキホースの取り回し等も伸ばす必要があります。



BMWは基本的にフロントのキャリパーはアクスルに対して後ろ側に付いてます。


それは前後重量バランスを合わせるために少しでも真ん中に重いものをと言う考えから、そうなっていると思います。


トレーリングとか、リーディングとかあって、アクスルの前側にあるのがトレーリング、アクスルの内側にあるのがリーディングと言われています。


これはどういう意図があってどういうのかはまだ勉強中ですが、


トレーリングで、アンダーオフセットした場合のコーナリング中のフロントタイヤの安定感と言うのは、驚くほど効果的だ‼️


alt




ということが実証されていますので、何とかそれを可能にしたいと。


ということで長らく検討しておりました✨




そしてついに!!!

プロトタイプが完成いたしました✨✨



alt




TECH-Mデモカーであるみずき君のストリートM2に、そのTECH-Mスペシャルキャリパーシステムを装着。




TECH-Mに飾ってあった、

コレ。

alt



気になってた方多いんじゃないですか??✨



元の位置と比較すると、

alt




このブラケットを装着することによって、


alt



すっごくアンダーオフセットしていますよね!!

alt



この違いは本当に大きいのです。


続きまして、ローターですが、


純正キャリパーをアンダーをセットするにあたりそのままの(ローター外形で)アンダーオフセットするのは、物理的に不可能でした。



やはりどうしても真下に下げるのではなく、斜め下に下げるしかありませんでした。

つまり、ローター径を大きくする必要があったと言うことです✨


そして極限までアンダーをセットさせ、極限まで小さいローターでしようとしましたが最終的に395mmが限界だということが計算より判明しました。

純正ローターが380mmです。


15mmビッグローターにすることでの制動力は圧倒的であり、恐ろしくしっかり効くブレーキになります。

alt




ただ、純正キャリパーは、とても大きく、残念ながら18インチでこの395mmのローターに、純正キャリパーを装着して逃げるホイールは存在しませんでした(涙)


TECH-Mでサーキット走行される方に大人気なRAYSの18インチホイールは、エンドレスブレーキで400mmが逃げる設計になっていますが、そのRAYSをもってしても、このキャリパーを干渉なしで入れることはできず、19インチ以上のホイールが必要になります。

alt


このように19インチなら社外品ホイールでも余裕です☆



RAYSの18インチ!!入れてみましたが、名刺一枚分しか空きませんでした(笑)

alt

ギリギリス(笑)



でも、僕が思うに、問題ないです☆

全国的にみて、M2やM3.M4でスポーツ走行をエンジョイされている方において、純正の19インチホイールで走行されている方が多いということです。


現在は19インチでも、ハイグリップラジアルのラインナップが充実し、様々なシュチュエーションで使用できるタイヤの選択幅がとても広がっています。


なので、純正19インチでハイグリップを履いたり、そのままノーマルタイヤでも、サーキット走行が楽しめ、安全に速く走ることが可能になってきました。



そこで、このTECH-Mオリジナル、オフセットブレーキシステムは、19インチホイール以上を履き、純正キャリパーを使用してレーシングキャリパー以上のポテンシャルを発揮できる最強のブレーキシステムとしてリリースさせていただくことに決定しました。


alt




RDDローターの他に類を見ない鉄の密度が産む、カチッとしたフィーリングは、TECH-Mオリジナルローターキットを装着されているお客様からは絶大な高評価を頂いているもので、そのローターをさらに大型化し、より大きなストッピングパワーを得た、ワンランク上のブレーキシステムとなります。



そして、このブレーキキットに合わせるパッドも、こちらから指定させていただきます。


実は、TECH-Mオリジナルのサーキットコンパウンドでは、少し足りませんでした。

熱が入る前に高速でブレーキをそっとかけると、初期があり過ぎるのでブレーキがブルブルする、キックバックが起こっていました。



純正置き換えローターであれば、全く問題なかったパッド磨材が、ビッグローターにすると問題が発生しました。



なぜか??


ローターを大きくすれば、ブレーキは効くようになると、誰もが思いがちですが、大きくすればするほど、パッドにかかるエネルギーは大きくなります。


そのエネルギーを、摩擦熱エネルギーに変換してブレーキはかけられるので、ローターが、大きくなればなるほど、パッドにかかる負担が大きくなります。つまり、パッドにかかる熱エネルギーが大きくなり、そのエネルギーに耐えうるパッドでないと、パッド表面が溶けて流れてしまい、それがローターにベチャッとへばりついてしまい、ジャダーやキックバックの原因になります。


見た目こんなになります。

alt



そこで、TECH-Mオリジナルを数多く制作してくださっていたIDIとも協議を重ねた結果、もっと強いレジンパッドを製作していただこうということになりました。


しかしそれには時間がかかります。そこで、他に変わるパッドを探していましたが、やはり、一つのメーカーにたどり着きました。


PFC。

alt



世界のレース界を席巻し引率する一流メーカーです。アメリカが本社になります。



もちろん僕は15年以上前から知っているメーカーです。このメーカーに問い合わせすることになりました。


電話したところ、僕はラッキーです。
PFCジャパンの社長が電話口に出てくださいました。


パッドをくださいではなく、今回の僕の電話するにあたった経緯を端的に説明し、ここまでやってきて、頭打ちになった。この先がPFCで開けるかを聞きました。



PFCの社長は、その電話で約1時間、僕と熱い話をしてくれました。




Rddの社長にしてもPFCの社長にしても、ブレーキ屋さんはなんでこんな話が長いんだ(笑)



積み重ねてきた努力と経験がケタ違いで、それを伝えたいと思うと、簡単に要約できないんですよ。

僕のブログが長くなるのと同じですよ。



TECH-Mに相談で電話してくれた方ならわかるでしょ?
僕、話長いでしょ??笑




プロ中のプロとこうして長い時間話ができるのは、本当に光栄なことです。早速PFCのパッドに交換し、M2でテストをしました。


もちろん、まずは街乗り。

alt



RDDの社長と、高田さんもしっかりテストに付き合ってくれました♪




そして、セントラルサーキットへ持ち込み、

alt



フィーリングやハンドリングをチェックしましたが、もう目からうろこすぎます!!!


alt



凄い性能アップです!!

感動しました。


alt



初期フィール、切り返し、すべての動作がスムーズでムダがなく気持ちいいです。



PFCはサーキット用で製作されたバッドで、いろんな部分が割りきられています。
初期は弱く、踏んだら踏んだ分だけ効く、リリースしたらした分だけリリース出来る、完全動力コントロールパッドですが、どんな温度域においても裏切られることはないことがわかりました。


コンパウンドは2種類。

8番か、11番です。

alt



そんなパッドをセットにして販売してまいります。




純正キャリパーは、皆さんが思ってるほど、悪くないです。

alt



むしろ、2ピースの合わせのアルミキャリパーで、合わせは鉄のボルトで閉めてあるので、剛性がワンピースキャリパーなんかよりはるかに強く安心なキャリパーなんです。



ローターが頼りないだけで、性能が低く見られますが、そんなことないです☆

宝の持ち腐れを、本物の宝物にしましょう♪


alt




試乗はいつでも受け付けていますので、ご連絡ください☆


基本的に、試乗ご希望の方はご予約をお願いいたします☆






このブログを書くのにかかった期間







6カ月!!(爆)





Posted at 2019/09/08 19:15:14 | コメント(7) | トラックバック(0) | BMW M3 M4 パーツ情報 | イベント・キャンペーン
2019年09月07日 イイね!

セントラル練習会♫

セントラル練習会♫みなさんこんばんは✨

しゃっちょです!

めちゃ暑いですね🥵




涼しくなったと思ったらぶり返すし、突然のゲリラ豪雨は当たり前のようにあるし、なんか、地球がおかしいなと思いますねm(._.)m


一昨日のTECH-Mも、外は冠水しそうでした・・・

alt



連日たくさんのご来店とお問い合わせありがとうございます😊


僕宛のお電話が1日に20件ほどあるのですが、今TECH-Mは僕もマックスで作業&接客で全く電話ができず、申し訳ございません(涙)




昨日もそんな感じでしたが、夜になってから西脇ロイヤルホテルに移動し、前泊して、今日は朝からお客様たちとセントラルサーキットにテストに行ってきました‼️


alt




なんと関東からケンボーさんが遊びに来てくれたのと、ねずみ男さんがセントラルライセンスデビューの記念すべき日になり、気がつくと



M4がクロベーさん、ケンボーさん、K山さん、ぬずみさん
M3が、絶丸さん、GPさん
M2 のりのり関西人さん
M2 GTS僕

の計8台。

alt



全車 エンドレス‼️‼️

alt



すごい暑く楽しい走行会でした(笑)


今回はケンボーさんのセッティングを僕なりにスペシャルで施し、RDDのスペシャルローターをインストールさせて頂いたので、そのテストを兼ねてでしたが、かなりのいいセットが出ていたようでタイムもダントツでした(^_^)

alt



よかったよかった^o^



次回 11/23のTECH-Mサーキットエクスペリエンスは、ケンボーさんも来てくれるので、僕たちも気合い入れて迎え撃ちましょう笑


このままなら、僕のM2GTSも食われちゃいます(笑)


絶丸さんの進化も楽しみですね♫

そして、8台中7台がウイング付き。

alt




これにはねずみさんがソワソワしてましたね(笑)

alt



ウイングお買い上げありがとうございます😊(笑)




alt



クロベーさんは、本気で終わったタイヤで攻め立ててました(笑)それであのタイムはすごい‼️

alt




K山さんはダウンパイプでめちゃ速くなってるけど、GP号はそれ以上?!

理由はなんだろ??


のりのりさんも異音が消えて超ご機嫌でした♪


alt



セントラル、路面の改修工事してくれてたけど、全然グリップしませんm(_ _)m
みんなもっと走りに行ってください(笑)






みなさん本当楽しそうやし、走って帰って来られる姿と、笑顔を見るのが僕の1番の幸せです( ^ω^ )


えっ?!

なんで、みんなの笑顔が見れたって??


僕のGTSは、テストだけ♫


alt




安定の昼ごはん

和食瀬戸ではta-oさんも合流してなんだかんだのツーリングになりました✨



帰ってきたらまたずっと接客でした(^^)

電話やはり出来ずすみませんでしたm(._.)m


さ明日こそは、


ニューパーツのお知らせ〜を‼️‼️









Posted at 2019/09/07 21:20:40 | コメント(6) | トラックバック(0) | イベント・OFF会 | イベント・キャンペーン
2019年09月04日 イイね!

マル秘 TECH-M DMEチューンの真髄。

マル秘 TECH-M DMEチューンの真髄。
みなさんこんにちは😃


しゃっちょです♫


本日は定休日 ゆっくりスタバでお茶🍵を飲んでます。
コーヒーちゃいます。お茶🍵

普段2連休はほとんど横浜のDMEの神のところに行っていたので、こうしてゆっくりする休みは珍しいです。

神のところ現車セッティング希望のお客様の車を持ち込んでいますが、毎回必ず何かに感動や関心をしています。

どんな車でもパワーアップさせてしまう神のデータをこれから遡ってブログアップしたいと思いますので、現車合わせされた方はご自身の車がアップされるかもしれませんので、よろしくお願いします🥺✨


その前に、今日のブログはTECH-M スペシャル DMEチューンって、なにが違うの??
神はなにがすごいの??

それを簡単にお答えしたいと思います。

真面目なブログですから、時間あるときにしっかり読んでほしいです✨


では、始まり始まり♫





TECH-MのDMEチューンは、


なぜ、みなさんからすごいと言われるのか、

なぜ速いのか、

そしてなぜ、人に言いたくなるのか、


これは全て、僕のイメージする最高のチューニングと、神の技量がマッチし、さらに上をいくことが出来ているからだと思います。


毎日のように、全国各地からDMEのお問い合わせをいただき、TECH-MのDMEは何が違うのかを聞かれます。



ここで、TECH-M DMEチューニングのマル秘テクニックをちょっとお伝えします✨



初めて神に会って、チューニングをお願いした時、関西ではこれ以上パワーを出せるDMEチューナーがいないと言われていて、セッティングを詰めすぎでリタード補正までかかっているE90M3を、リタード補正が入らず、さらに30馬力近くのパワーアップを実現しました。


これには、どういったカラクリがあるのか、本当に不思議でした。


なんでこんなことが出来るの??何か違うところがあるの??


そう聞くと、神はこう答えました。



『そうですね、アプローチの仕方が違うんです。』


と。



要は、他の通常のDMEと、詰めていく方法が違うんです。



これも内緒の話でしたが、


例えば世界に1000人のDMEチューナーがいるとします。
でも、その人たちは、DMEを読み出して、書き換えるソフトと、コードが必要で、誰かからそれを手に入れる必要があります。


つまり、ある所から『買う』わけです。



ピラミッドと同じで、必ず頂点に立つ人間が居ます。


何が言いたいかというと、その1000人のチューナーのうち、900人〜950人は、同じ親が上に君臨して、その下でチューニングを行なっている


と言うことです。



つまりその親のDMEチューニングを真似してある程度やるので、アプローチの仕方はほぼ同じに固定されます。

サブコンでもそうです。

たくさんのサブコンはありますが、結局最終的には2社の大きな会社に絞られます。

さらにいうと、その2社の社長同士は仲良しです笑



で、


あとは、限界値をどこで決めてしまうか。

高くすると速くなるが壊れやすい

遅くすると売れない

みたいなセオリーがあります。




昔は、横浜の神も、そのファミリーの中でやっていたそうです。



でも、これではその親以上のことは出来ないと思い、残りの50人の方に目を向けて、自分でいろんなところにアプローチして、今のネットワークを作り出したそうです。


壮大なネットワークをお持ちです。



世の中なんでもそうですが、必ず上に立っている人間がいると言うことです。




そう考えると、自分は本当にちっぽけな存在なんだと感じますが、そんな僕にもたくさんのお客様が信じてついてきてくださっているので、負けてられません!!頑張ります‼️




で、DMEのアプローチの話に戻りますと、



通常の行程は


ターボならブースト

NAなら点火時期

を詰めてよりパワーを出すイメージです。かなり端折ってますが。


そして、合わせて燃料を、濃くしてあげる。

これで終了です。



しかも、ほとんどがその親の作ったデータをもとにしています。

もちろん、間違いではないです。




では、神はどうするか。

あまり詳しく書けないのですが、もっとも重要視する1つに、


バルブのオーバーラップがあります。



エンジン内部の燃焼室内では、

空気を吸うときに開くバルブと、空気を吐き出す時に開くバルブがあります。

インテークバルブと、エキゾーストバルブです。



空気を吸う行程でインテークバルブが開いて吸う。

インテークバルブを閉じてから、圧縮して点火して爆発


爆発した排気を吐き出す行程でエキゾーストバルブが開いて、排気を排出。



次にまた空気を吸うためにインテークバルブが開くが、その時はエキゾーストバルブは閉じていなければなりません。



部屋空気を風上から風下に向けて換気するイメージです。


部屋の換気で説明すると、


風上から風下へ風が吹いている部屋で、風上の窓を開けます

すると、一瞬は風は入りますが、すぐに止まります。それ以上空気が部屋に入らないからです。
そこで風下の窓を開けると、一気に風が吹き込み、部屋の空気が一新します。



換気が終わったら、どちらかの窓を閉めれば空気の流れは止まります。



風上の窓を開けた瞬間に少し風が入ると書きました。これは風の風圧



つまりラムエアです。


風圧がかかったことにより、部屋の空気の量が少し増えたことになります。気圧差ですが難しくなるので置いておきます。



風上と風下の窓を閉める前に、風下の窓を閉めた瞬間に風上の窓を閉めると、より流速がある状態で部屋の中に空気が入るので、部屋の中の空気は少し圧縮されて多く入っているイメージは掴めるでしょうか??




風上の窓がインテークバルブ、風下の窓がエキゾーストバルブです。



オーバーラップというのは、インテークバルブもエキゾーストバルブも、どちらも一緒に空いている状態のことを言います。



排気を排出するためにエキゾーストバルブが開き、閉じきる前に、インテークバルブが開き出します。

速く流れる空気には流速が発生します。


排気に流れるその流速を使って、インテークから一気に空気を引き込む力を持たせることが出来るのです。


そして、早い流速が発生した時にエキゾーストを閉じて、インテークも閉じると、燃焼室内にたくさんの空気が入ったことになります。


これが大切なんです。



エンジンをより効率よく回そうと思うと、いかにたくさんの空気を燃焼室の中に入れることができるかがキモになってきます。


たくさんの空気が入るということは、たくさんの燃料を吹けるということで、よりパワーとトルクが出せます。


ターボは、まさにこれで、ターボにより圧縮した空気を燃焼室の中に入れてやることで、より多くの燃料を吹いて燃焼できるので、パワーが出ます。


ブースト1.5キロとかよく聞く思いますが、


大気圧は1キロなので、大気圧プラス半分の0.5キロ分を多く圧縮して燃焼室の中に入れてるよ‼️


って事です。



ブースト2キロなら、大気圧1キロ、プラス同じ量1キロ分の空気、つまり倍の量の空気を入れたよってことになります。




ピンときた人いますか??



同じブースト圧でも、バルブのオーバーラップを使って、より速い流速で燃焼室の中に空気を導くことが出来ると、そこにラム圧が発生して、もうちょっと、もうちょっとだけ多くの空気を導くことができるんです。



神は、それを狙っています。



つまり、ブーストはターボのためにあるのではなく、

自然吸気エンジンのNAでも、バルブのオーバーラップを工夫してやることで、大気圧以上の圧力をかけて多くの空気を燃焼室の中に入れてあげることが出来るんです‼️‼️


すごいでしょ?!


ワクワクしません??


書きながらワクワクしてます。



このテクニックは、ターボはもちろん、NA、そしてディーゼルでも通用するレシプロエンジンのスーパーテクニックなのです。



それが、僕が最も感動した神の領域です。



その空気の量に合わせて、燃料の量、点火時期をドンピシャで合わせていきます。




もう一つ大切なのは、ガソリンの質です。

日本のガソリン、アメリカのガソリン、オーストラリアのガソリン、ヨーロッパのガソリン。


全てオクタン価はバラバラです。つまり燃焼効率もバラバラです。



日本で日本のガソリンに合わせてチューニングしないと、なんの意味もありません。


ワールドタイムアタックとかでは、一番苦労するのはガソリンです!



ガソリンを日本から持って行って、足りなくなったら現地調達するのですが、オクタン価を間違えてしまうと、ほぼみんなエンジンブローしています。

それだけ、DMEをいじる上で大切なの事なんです。



この部分を工夫して神はDMEをセッティングしています。

みなさんがやろうとしてるDMEは、元出がどこの国なんでしょうか??笑笑




ここから先は僕の出番。


そのセッティングプラス、現車を運転して、その車に学習されたプログラムに合わせた味付けを行います。


DMEの神は、シャシダイの上でエンジンのパワー、トルクの曲線を作るのがお仕事です。


その車をうまくオーナーの気持ちになってはしらせるのが、僕の仕事です。



昨今のBMWは、オーナーに合わせた学習機能があり、それぞれ違うようになっています。


例えば、丘の上にご自宅があるオーナーさんのBMWは、変速は通常より引っ張っていく傾向があります。

これは、そのオーナーの学習ということになります。


トルクがぐわっと出るところで、ちょうどこの変速タイミングが、重なったりすると、ギクシャクして、乗りにくくなりますし、ミッションにも悪影響を及ぼしかねません。


そこで、僕がそれを判断し、また味付けを変えるのです。


そしていかに乗りやすく自然でかつ、パワフルなセッティングが完成するのです。




TECH-MスペシャルDMEチューンを施工させていただいた皆さんは必ず、圧倒的なパワーはもちろん、街乗りが非常に楽になったとおっしゃいます。

それが自然なトルクです。


そして、慣れるとその増大したトルクでいち早く速度を上げれるので、アクセルを抜くのが早くなります。

結果的に燃費が上がるんです。


そんなスペシャルなTECH-M DEMチューニング


あなたも体感してみませんか??


これから、少しづつ施工させていただいた皆さんのデータと感想をブログにアップしていこうと思います(^_^)



今日は定休日なので、ゆっくりマル秘情報を書きました✨


今 昼の2時♫


充実してるぅぅ〜♫

Posted at 2019/09/04 14:05:06 | コメント(5) | トラックバック(0) | TECH-Mのこだわり | イベント・キャンペーン
2019年09月02日 イイね!

TECH-Mレーシング 2019 始動‼️

TECH-Mレーシング 2019 始動‼️みなさんこんばんは♫

しゃっちょです✨


今日は後藤さんを見にたくさんのご来店ありがとうございました(笑)

alt


まったくもって普通じゃ無いです笑笑



TECH-Mのスタッフもみんな乗ってもらいましたが、いい感想を言ってました✨





さて、今日は9月2日♫


9月になったとたん過ごしやすくなりました(^ ^)





僕はね暑いの大嫌いなので、8月は耐久以外何もやる気が起こらないのですが、

こうして涼しくなったら、今シーズンのサーキット走行を解禁♫





と言うことで、



TECH-Mレーシング 2019 シーズンスタート


最近ご無沙汰でしたM2GTS も、すっごいバージョンアップを果たしております♪

alt



これは、また長いブログになりますからまたで(*^^*)





お客様皆さんの準備に取り掛かります♪

といっても、まずはタイヤですよ。


今年はなんか変な年でした。


タイヤの金額が上がったり下がったり。


特にレーシング部門で評価の高いヨコハマが、ドエリャー価格アップしてくれましたんで、上がる前にと駆け込みでタイヤを買いました。


で、高くなってからはやっぱり売れなくなっちゃったのか、また安くしてきました(笑)



そしたら、タイヤ界が全体的にまた価格アップするとか言い出して、


また買わないといけなくなっちゃいましたよ。。。。


TECH-Mレーシングのお客様にお声掛けしたところ、やはり皆さん凄いですね。

即答で、頼んどいて〜って笑

ありがとうございます😊


全部届きました(笑)


alt



積み上げるだけでキツイ。。

これ全部売れてるから、全部変えないといけない・・・

ということは、これと同じだけ廃タイヤが出るのか??


もちろん、新品ホイールも売れまくってて、結構届きだしました☆


alt



すべて10.5J すべて 295 




カラーは

ホワイトにゴールドにガンメタにシルバーと多種多様ですが、

alt




ほとんど、アノ人のやつ(笑)スゲー!!







早速半分くらい組んでおきます♫

alt



今日はみずきくん、タイヤ交換よく頑張りました(笑)




9月最初の練習会は7日でセントラルサーキットです♫

TECH-Mは空いていますが、僕はいないのでよろしくお願いいたします☆



僕はVIP会員なったので、みなさんも少し安く走れますよ



alt




Posted at 2019/09/02 20:34:27 | コメント(9) | トラックバック(0) | TECH-Mのこだわり | イベント・キャンペーン
2019年09月01日 イイね!

後藤さん。。。

後藤さん。。。皆さんこんばんは♫

しゃっちょです(^^)


珍しく連投♫


最近、タピオカばかり飲んでます。タピる?

がマイブーム♫


どこがオススメかというと、お客様のYMくんが差し入れしてくれるのがイチバン‼️

さすがタピオカ評論家です。


名言も残しています。


『敵は、JKとOL』

(笑)




そんないろんなことに興味のある僕ですが、最近の興味といえば、RRの車に乗ること。

alt



というのも、FRに慣れまくっているので、RRに僕が乗ると、かなり危ういというか、手に汗握るという表現がとてもしっくりくるんです。


全然普通にブレーキングしてコーナーにアプローチしたつもりでも、突っ込みすぎたか?!
って思うような挙動を示す、このミカンちゃん


めちゃくちゃ難しくて、厄介です。



サーキットなんかでは広いし能力を十分発揮できるのでしょうが、ストリートとなるとまぁ危険。


湾岸なんかで流すと、真夏でもヒヤヒヤしまっせ。



で、なかなか乗りこなせないのです。。



なので、夜走にみんなと遊びに行くときは、ミカンちゃんで行ったりします。


前回もミカンちゃんで行きました♫

alt




この子は997型 GT3RS 3.6

本当にソリッドで、軽くて面白いクルマです。



そんなミカンちゃんで、湾岸でヒヤヒヤを通り越して、


あか〜んかもぉ!!!


って場面があったのですが、その時初めて気づきました。

この車のポテンシャルを。


こっちが、もぅダメか?と思った時に、車が、

『それでえぇねんっ!!』

って教えてくれた気がしました。

その領域で、BMWではあり得ない動きを体感できました。

鳥肌たちました。

すごい車。



で、みんなを突き放したであろうとミラーを見たら、

800馬力のGTRにぶっちぎられました(笑)


あれほどコーナーで稼いでも、パワーで負けるのは悔しい。



ふと思ったのが、997でこの性能なら、現行の991.2型はどうなんだろう??って。

991.1型のGT3は持ってましたんで、その性能はわかってるんですが、2型がとにかくいいらしい。



ポルシェというメーカーは、モデルチェンジよりも、前期後期の仕様変更の方が大きくなされるメーカーであり、後期はとにかくすごいんですって。




だから、横浜にDME出張の時に、時間作ってポルシェセンターに遊びに行きました。


いきなり大阪から来たガキが、GT3見たいねん。って言って行ったら、全然相手されんだろうと思いながら行きましたら、


なかなかいい接客。


色々話していると、担当営業が気に入ってくれて、GT3に乗せてもらえることになりました。


alt



横浜のポルシェセンターには、たくさんの在庫車があり、色々見れるのですごいです。




で、念願の2型のGT3のマニュアルを乗りました。

4リッターで500馬力のエンジン。9000回転まできっちり回ります。


マニュアルは6速でギアレシオが長いので走ってて楽しく、エンジンがすごくいいです。

アクセル全開でシフトアップができる機構にも感心しました。



次にPDKのGT3に乗りました。

すごい進化してます。

エンジンも、シャシーも、そしてPDKも、あまりに前期と違ってびっくりしました。


これは欲しいなぁ。いくら??


「2700万円です。」


うーん。高いわ。


PDKは??

「2400万です。」

安いやん。


みたいな。

よくわからん。



で、後期のGT3RSあるの??と聞くと、乗れますと。


これ。

alt


買うなら絶対この色と決めているマイアミブルー。



前期はGT3とGT3RSはほとんど変わらなかった。というか、GT3の方がエンジンが9000回転まで回るから、楽しかったので、あまり期待していなかった。


で、乗り出した瞬間••••えっ?


ポルシェセンターから出る瞬間の段差で感じるボディーとシャシーのしなりの違い。



コレ、まるで違う車やん。



オーバーフェンダーに、タイヤも太く、剛性も全然別もん。


で、エンジン。

ハンパない。 レーシングカーのようなソリッドなフィーリング。


シフト、PDK。電光石火。

シフトダウンの時はリアフェンダーのダクトからエアを吸い込む音がすごい。

GT3では、

『ブォン』

とシフトダウンしていたのが、

RSは、

『ガボォォーン』


ってゆう。



ブレーキ、バチっと効く。

ターンイン、カクーン、



アクセル、ドカーン


シフトアップ、パンパンパン‼️


シフトダウン、

ガボォォーン ガボォォーン ガボォォーン‼️




こんな車、


反則やわ。



なんぼなん??これ?? ASKなっとるけど。



『3280万円です。』


この性能で、3300万は、


安すぎるわ!!


僕のM2でも、もぅかれこれ改造で3000万ほどかかってる。

車体入れたら3800??



このポルシェっちゅー車は、どんだけ安いんだと錯覚させてしまうポテンシャル。



ホネヌキにされました。。。

alt

※画像拝借






で、いつものパターン。


気がついたら、、、、















alt



ね。









ローンが通りました・・・

僕はローン会社からの信用はとてもι(´Д`υ)アツィーらしい。。。。



で、オプティマスで取りに行きました♫

alt


上にはこーちゃんのCSL( ゚Д゚)

チョーかっこいいCSL。欲しい(笑)



嫁のなみも、最初はかなり不機嫌でしたが、このマイアミブルーっちゅー色がかなり気に入ったようで、このGT3にも、ミカンちゃんみたいに名前つけてあげよう‼️って事になったのですが、、、、


なかなか決まらない。


ミカンちゃんやオレンジくんはすぐ決まるけど、この色、ドラえもんとかしか出てこない。


そんなキャラではないこのオーラ。

alt




青龍とか、

alt



朝青龍とか似合いそうなフォルム(笑)

alt





マイアミブルーだから、それにちなんだ名前も考えだけど出てこない。。


もぅ名前要らないか〜くらいの時に、


なみがボソっと



サイドのステッカーの

GT3


を、ごとうさん


alt



と読みました。


イヤイヤイヤ!!それは無いわー(笑)




なんて言っていたのですが、なんか後からじわじわきて、後藤さんオモロイなって。


アベンタドール乗ってる人はアベさんとかいうし、

ミウラ乗ってる人はミウラさんとか言う。



んじゃGT3もゴトウさんっちゅのもアリやわなぁ〜って笑笑



で、

『よっしゃ! ええわ! ゴトウさんにしよ‼️』

ってなり、決定しました。

僕の勉強材料 ごとうさんです。

alt


よろしくお願いします🥺(笑)




ちなみに、本名


ゴトウ(GT) リサ(RS)

alt




女の子(*^^*)(爆)





でも、GT-Rには、ちぎられました(残念)

alt









Posted at 2019/09/01 22:09:08 | コメント(9) | トラックバック(0) | 新着ブログ・・最近のTECH-Mはコチラ | イベント・キャンペーン
みんカラ+ 自動車業界人の日常をチェック

プロフィール

「@さとP@F87M2 さん
返信出来ておらず失礼いたしました。本日発送いたしました★宜しくお願いします🤲毎年ありがとうございます!!」
何シテル?   08/22 22:13
みなさんはじめまして! 大阪堺にあるBMW・MINI専門店『TECH-M』です。 BMW用オリジナルパーツ『M&M MotorSports』の開発、販売...

ユーザー内検索

<< 2019/9 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

リンク・クリップ

ユーロ夏の9時間耐久レース頑張ってきます! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/08/05 19:27:46
M Festa JAPAN 2019への道のり 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/03/09 14:46:27
1周回って、まさかの・・・!? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/12/16 12:48:17

愛車一覧

BMW M4 クーペ BMW M4 クーペ
弊社デモカーです!
BMW M2 クーペ BMW M2 クーペ
納車予定は4月末 基本的にはサーキット仕様にします。 自走でサーキットに行けて、簡 ...
BMW M3 クーペ BMW M3 クーペ
BMW Mモデルに乗っています。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.