• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

代打オレのブログ一覧

2017年05月29日 イイね!

ディレチャレ後半

既に主人公が簡潔明瞭なブログを書かれているので遅きに失した感はありますが、昨日の続きです。

あらすじ



土曜日の朝、早起きした僕は、あさらかん随一の武闘派でノーマルの3倍速いと噂される赤いエグーゼ号を駆る素うどんさんに連れられ、仁義無き闘いの場、TSタカタサーキットへと向かった。
そこには血中オクタン価の高い猛者たちが、闘気を発しながら出番をお行儀よく待っているのだった…



…と言うわけで続きです。

練習走行で良いタイムを出せた素うどんさんによると、ディレッツァZ3はZ2☆よりグリップが上がっているとの感想でした。
あ、比較展示されていましたが、トレッドのパターンは近似です。



Z2☆の末期ロットの売れ残り品があれば、安く手に入れられるかなぁ、なーんて思っていたのですが、性能に差があるならばやっぱりZ3かなぁ。

素うどんさんのパドックのお隣は福山ナンバーのRx-8の方と静岡(!)ナンバーのインテグラの方でした。



Rx-8に乗られている方は、何だか良い人が多い気がします。
インテグラ、個人的にはシャープなこの形が好きです。
奥様(ですよね)とお二人での参戦で、要領よくテキパキとサポートされる奥様の様子が素敵でした。

さて、レースはついに本戦のセッション1がスタート。



セッション1では二番時計。
暑い気温と路面なのに60秒を僅かに切れなかったってタイムだったかな。
冬に66秒台の僕って…。
ただ、トラブルを抱えての帰還。
助手席側リアタイヤが何か擦ってる、とのこと。

タイヤを外してみると、インナーフェンダーが脱落していました。
樹脂製のインナーフェンダーはやや変形もあり、即席での修復は厳しそうでした。
新しいの買うかなぁ、なーんて空気が漂っていましたが、工具を手にしたかっつんさんが作業開始。



カッターで切れ込みを入れ、インシュロックで縫う作戦で応急措置を!
素うどん流の方たちって、すげぇなぁ。

黙々と作業するかっつんさんに対し、楽しそうな素うどんさん。



しっかし暑いなぁ。
朝イチは寒かったのに。

せっかくなのでアツいクルマを拝見します。
セッション1で一番時計だったのは最終型インテグラ。



フロントタイヤの幅は285ミリ。
イカツいタイヤです。

エンジンカバーが曜日師匠さんの緑に似てる色でした。


ホンダのS2000とトヨタ86。
走り好きな人がチョイスする車種ですが、それぞれエンジンに手が入ってました。



S2000はスーパーチャージャー。



高回転型のエンジンにスーチャーって、上まで回したときのフィーリングはどうなんでしょうね。

86はターボでした。



凄いなぁ。

セッション1で好タイムを出した素うどんさんはセッション2を免除です。

ん?
素うどんさん、何してるの?
害虫駆除??



なんでも、タイヤを冷やすために水をかけるんだとか。
観戦にいらっしゃったタヌーンさんによると、駆け出して少しの時間は明らかにグリップが違う!とのこと。

あちーなー



あーちーいー



まだ5月なのに。
蝉も鳴いてました。

さ、セッション2がスタート!
素うどんさんは体力温存です。
時間間隔最小でセッション3がスタート!
素うどんさんも発進!




フロント285のインテグラが速く、一番時計。
素うどんさんがそれに続きますが、気温と路面温度の上昇のため、皆さん60秒を切れません。



残り時間が少なくなってきて、あぁ2位かぁ…と思っていたら…
エグーゼ号がNOS発動!
どーーーん!(ウソ)



まさかの59秒台突入!
そのままゴール!
うひゃー

素うどんさん、勝ちました!
すげぇなぁ。

表彰台に立つ素うどんさん。



黒いビバンダム君、あるいは仮面ライダードライブみたいになってました。



シャンパンファイトを見届けて僕は現地を後にしました。
いやー、ええもん見せてもらいました~
馬力差を超える勝利は、小兵の力士が大柄な力士に勝つような痛快感があります。
僕ももう2~3秒くらいは縮めたいなぁ。

大きなトラブルもなく、2017年シーズンのディレチャレ初戦は無事に終わったようです。

僕は今日、激しい日焼けです~
Posted at 2017/05/29 23:34:26 | コメント(6) | トラックバック(0)
2017年05月28日 イイね!

ディレチャレ前半

素うどんさんがタカタサーキットで開催されるダンロップ ディレッツァ・チャレンジ、略してディレチャレに参戦されるとのことでお供してきました。

早朝、広島市内某所へ。
息子DJはウチの人に拉致られて、山登りとか言う身体に悪いスポーツをするため僕だけの参加です。
間もなく素うどんさんが来られましたが、素うどんさんも2名参加の予定がお一人での登場。
少し買い出しをして出発。

高速道を使うと流石に速いです。
高田インターを降りる頃、付近は霧。



SPRレーシングディの日を思い出させる天候です。

僕らがタカタサーキットに到着した時には、既に先着された激しいマシンたちがゲートオープンを待たれていました。



どのクルマもそれぞれにカスタマイズされており、武闘派の香りがプンプンします。

ゲートが開きサーキットへ。
僕はギャラリーなので別駐車場に停めました。
続々と集結する参加車両たち。
徒歩でパドックへ行くと…



霧の立ちこめる中、やり手の雰囲気を立ち上らせるクルマたちが。

ダンロップのステッカーを貼り、車検を受ける素うどんさんのエグーゼ号。



フロントアンダーパネルの張り出しについて、規定の解釈違いがあったようですが無事にパスされました。

手伝えることがなくなったのでうろうろ。



ゼッケン5番のインテグラは、フロントに285サイズのディレッツァZ3。
凄まじいサイズです。
手前のスターレット、実はターボ付き、なんてことはなく、機関はほぼノーマルとか。
車内の香りが懐かしかったのは、最初の愛車セラと年式が近いからかもしれません。



熱量の多そうな四駆の皆さん。

いよいよ練習に出走、という頃には良い天気に。



セッション1では好タイムをマークしつつも、助手席側のタイヤハウスのインナーフェンダーが脱落するトラブル。

と、ここで僕の睡魔がかなり強力になってきたのでまた明日!
Posted at 2017/05/28 21:33:05 | コメント(1) | トラックバック(0)
2017年05月21日 イイね!

社会貢献

朝、早く起きたらあさらかんかなぁ、と就寝前に思っていて、まあまあ早めの時刻に起きたのですが、なかなか気分が乗りません。
よろよろと起き出して、コーヒーなんか飲んだりしていたら息子DJが起きてきたので、朝ご飯の準備やらで結局ズボラな日曜日の朝となってしまいました。

今日はお誘いがあって献血に行く用事があります。
エリーゼを引っ張り出すべく鍵を持ち出し、エリーゼに乗り込みキーシリンダーに鍵を差し込み…

ん?
んんっ?
(嘘っぽいけど脚色なしの本当なんですよねぇ)



例の消耗品が劣化し切れていました。
別体式セキュリティの方が鍵置き場に残っていたから良かったですが、出先で切れてたらと思うとおっかないです。
前にAmazonで購入した新品ケースの方の電池がつきかけの兆候があったので、ズボラに古いやつを使っていたのですが、新しいケースの方の電池を替えて使うかなぁ。
切れた方は何か考えよっと。

気を取り直して出発。
広島中心街の中心街に停めて歩き出します。
予想外の階段に出くわした女の人を手伝ってベビーカーを運んだので良い気分。

で、献血。



早めに着いたので待ち時間はほぼゼロでした。
もっと若い頃は全く平気でしたが、ここのところは少しパワーを抜かれた気分になります。
あれこれ粗品をいただきましたが、その中のクリアファイルは…



マイカーのるまぁデー。
マイカー使用を控えようね、という啓蒙活動用のものでした。
マイカーで来ましたけど、許してね~

帰宅して軽く洗車。



そーんな日曜日の前半でした。
後半の半日は買い物やらあれこれと。
気がつくと夕方ですねぇ。
Posted at 2017/05/21 16:51:37 | コメント(2) | トラックバック(0)
2017年05月20日 イイね!

ヴァンキッシュS

エリーゼの12ヶ月点検の打ち合わせを保留にしていたので、アポなしで○オートさんをお訪ねしました。
アストンマーティン店の方です。
馴染みの営業さんがいらっしゃってラッキーでした。
僕の用事はすぐに済む内容でしたが、ショールームには今日もエキゾチックなマシンたちが佇んでいらっしゃったので拝見させていただきました。

発表されて間もないヴァンキッシュS。
Vanquish S
って、名前からして男前です。



いかにも高貴な存在感。
二段構造のフロントグリルは、不粋になりがちな気がしますが(えーと、ちょっとオチン○ンみたいになりがちな)、アストンマーティンデザインは美しくまとまり破綻していない造形でした。
流石でございます。



全幅は1900mmちょっととのことですが、天地方向にも厚みがあるせいか巨大な物体って感じはあります。
重厚感とも言えます。
営業さんによると、運転したら意外とコンパクトに感じられるとのこと。
エリーゼに比べたら、たとえコンパクトに感じても車幅に気を使うクルマでしょうね。



ボディ外皮のほとんどはカーボン素材だそうです。
このテールライトユニットはどのように固定されていて、どうやって外すんだろう、と変なとこに気になる庶民です…。
フロントバンパーサイドの小さなフィンもカーボン↓



エリーゼもですが、バンパーはぶつけるところ、という観念はゼロですね。
ガソリンスタンドでフロントガラスを拭いてもらうとき、うっかり踏まれそうで怖いなぁ、と感じた庶民です…。



新品の革財布の中に入った一円玉の気分になりました。
先に発表されたDB11はインパネが液晶ディスプレイ化されていましたが、こちらは伝統的なアナログ指針メーター。



やはりこちらの方が好きです。
特にアストンマーティンのメーターフォントは美しく、ガラス細工のような指針もうっとりするくらい精緻な魔力があります。
半時計回りの回転計は時計回りの速度計とシンメトリーの美しさ。

エントリーモデルであるバンテージSが2台買えちゃうお値段であるヴァンキッシュS。
ノーズのエンブレムの「ASTON MARTIN」の背景色は本来は緑です。
フラッグシップのヴァンキッシュSは特別モデルであることを示す黒。



通常モデルはカラー、特別モデルはモノトーンという色の使い分けがカッコいいです。

○オートさんを発ち、軽快感はアストンマーティンのマシンたちを軽く凌駕するであろうエリーゼに乗って中心街へ。



オープンにして駆けると日差しが暑いですが、季節を色濃く感じられるオープンカーの特権でもあります。
12ヶ月点検は来月に入ってからになりそう。
軽く各部をチェックしてもらう予定です。

息子DJとは今日はほぼ別行動でしたが、夜、一緒に町内パトロールへ。
彼は蓮ースのダークサイドに堕ちましたよ、トレチョコさん。



やたら僕に斬撃を放ってきます。



パトロール区域に街灯の電球切れや不審なものはありませんでしたが、不審者は約一名…。
Posted at 2017/05/20 22:23:17 | コメント(9) | トラックバック(0)
2017年05月16日 イイね!

ハイエースの燃費

お仕事で馴染み深いクルマはトヨタのハイエースです。
人生で一番長い距離を共にしているのはハイエースと思います。
昨日・今日で広島から大阪へ出張ドライブでした。
相棒はハイエースのディーゼル。
3リッターディーゼルターボ(ちなみに4気筒!)の5MT。
5年目くらいで90000キロ弱の車体です。
広島で高速に乗る前に給油満タンにして大阪で仕事を終えた今日の昼過ぎ、燃料メーターは半分を若干切ったかな、という指針。
最近のクルマらしく燃費計がついているので帰り道は燃費を気にして走ってみることにしました。
表示されていたいつからの平均か不明な平均燃費9.8km/Lをリセットし出発。
行程は一割が一般道、残りは高速道ってとこです。
荷室は空に近く、乗車は運転手の僕だけ。
ちなみに空荷のハイエースは濡れた路面で発車するとき、駆動輪のリアタイヤが空転します。
荷物が載ってる状態でトラクションがかかるセッティングなんでしょうね。
燃費を気にすると言っても、追い越し車線側の流れに乗るくらい、100km/h前後の常識的速度で駆けました。
エアコンはOFF。
暑い寒いがないのにエアコンONの人もいますが(ウチの人がこれ)、僕はパワー食われるのが嫌なので必要に迫られる場合以外は基本OFFです。
助手席側の窓を少し開けて温度調節。
良い季節ですねぇ。

で、
広島まで燃料が持っちゃう結果となりました。
広島~大阪の往復が可能な長い足です。
燃費の数値は…



12.5km/L。
ウチの便利なクルマ(シエ○タ一応の四駆ATは高速メインだと11km/Lくらいかな)より好燃費です。
エリーゼ(高速メイン15km/Lくらい)よりは悪いけど、単位金額あたりで言えばハイエースが勝つかも。
今日のハイエースはヒトもモノもかなり軽い条件ですけどね。
燃料が減るに従って燃費が伸びたので、やはり抱えた燃料の重さは影響あるんですね。
ちなみに広島到着時の燃料メーター指針はほぼEで、給油の警告灯が灯っていて、後どれだけ走れるかを示すRANGE表示は…



たったの8kmでした。
早くガソリンスタンドを探せ!の事態に見えます。

ググってみるとハイエースの燃費タンク容量は70Lらしく、滑り込んだガソリンスタンドではかなりの量が給油できるだろうと期待したのですが、57Lチョイしか入りませんでした。
13Lくらいはまだタンクに残っていた計算になります。
ということは、ここから更に150kmくらいは走れるのかなぁ。
ま、そこまでタンク空っぽ近くまで攻める事態には普通はならないと思いますけど。
やはり、かなりマージンはとって表示されるみたいですね。
日本車に宿る日本人気質なのかも。

と、これといったオチのないネタでした~
Posted at 2017/05/16 19:41:21 | コメント(1) | トラックバック(0)

プロフィール

「@Foglio-kai さん ご苦労様です!ぐうたらする僕の分まで、世界をまわしてください(笑)」
何シテル?   09/22 06:38
ロータス エリーゼ スダンダード2005年式を相棒に、久しぶりの、愛車と暮らす生活を過ごしています。 エリーゼを知ったのは10年以上前。 クルマ雑誌の誌...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/5 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

JLD2018・蓮カフェ編 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/09/07 07:29:05
ちょっと素うどんに似てるwww 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/03/02 20:52:58
どちらに転んでも大丈夫という覚悟 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/09/08 20:53:16

ファン

14 人のファンがいます

愛車一覧

ロータス エリーゼ 阿修羅号! (ロータス エリーゼ)
ウチに来てから、大きなトラブルなく早3年半! またコメント微修正。 ロータス エリーゼの ...
トヨタ セラ トヨタ セラ
初めてのマイカーでした。 平成5年式というのは、登場年である平成2年式が大多数のセラの中 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.