• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2018年10月04日

STIコンプリートカー

STIコンプリートカー

WRX STI Type RA-Rが限定500台にも関わらず、即日完売となってしまったことは記憶に新しいです。

今年の夏は、スバル関連の書籍を読み漁り、じっくりとスバル車の奔流を整理してみました。
LEVORG STI Sport はスバルとSTIのコラボレーションであり、カタログ車という立ち位置なのですが、
再び、STIを冠したクルマに乗れることになったことでそのような気が起きたように思います。

スバル デザイン―スバルデザイナーが貫く哲学 継承とさらなる進化 三樹書房 著 御堀直嗣
スバル―「独創の技術」で世界に展開した100年 三樹書房 著 当摩節夫
STIコンプリートカー―スバルモータースポーツ活動の技術を結集したモデル 三樹書房 著 廣本泉

全部、「三樹書房」やー (笑

その中で、3冊目の「STIコンプリートカー」の書籍から、STIの限定車両に対する基本的な考え方を知ることができて面白かったので紹介します。


STIの限定車両というと、「IMPREZA WRX STI」、「WRX STI」等のWRX系が主流で販売されてきたため、
始まりも、そうではなかったのか と思い込んでしまう方が多いと思います。(私もそうでした。)

STI(Subaru Tecnica International)は1988年創業。初代社長はこのブログでも紹介した、久世隆一郎 氏
皆さんご存知の通り、国内外のモータースポーツに参戦、活躍することで、スバル車のブランド向上に貢献している企業です。
そこで得た、クルマの知見をスバル車にフィードバックすることで、さまざまな限定車、パーツも販売しています。


実は、記念すべきSTIブランドの第1号車両は、 1989年 「LEGACY RS Type RA」 レガシィなんですね。
(よーく考えてみれば、この頃は未だインプレッサは無かったので、当たり前と言えば当たり前なのだ 笑)
特徴は下記のとおり。
・鍛造ピストン、吸排気ポートの研磨、クランクシャフト/フライホールのバランス取り(手作業)
・バリアブルギアレシオ(ステアリング操作)直進時のギア比が15、最大転舵時でギア比が13(安定性とクイックな操作性の両立)
・ラリーに対応するために、ヘッドランプの強化、アンダーガードの装着
・当初は100台限定モデル。のちに月産20台の販売モデルに変更
など

「RA」という言葉がモデルに使われているのにも注目。RA(Record Attempt)「記録への挑戦」 という意味です。
つまり、このクルマは、そのまま競技に持ち込んでも、勝てる性能を持ったマシンという位置づけなのです。
※確か息子にトミカリミテッドビンテージのミニカーでレガシィRSを買ってあげたような。。(欲しいと言われた)

このモデルは、年改にも対応し、B型、C型、D型と変遷していきます。


そして、第2号車両は、1992年に発売。これまた、レガシィ~ LEGACY Touring Wagon STI
特徴は下記のとおり。
・ベースモデルはワゴンのAT、200台限定
・広く一般のファンが楽しめる、ロードゴーイングカー
・専用ECU(カスタマイズTCUも)で、ノーマルモデルよりも20psパワーアップ
・専用フロントリップスポイラー、ビルシュタイン製ダンパー、BBS鍛造ホイール、ストラットタワーバーなどの専用装備

ストリートユースのコンプリートカーという位置づけ。


これより、競技用車両は、RA、spec C、ストリートユースはtS(tuned by STI)、
プレミアム路線のWRX STI、LEGACYのSシリーズ(R205もあった!)
という、棲み分けが出来上がって来たのですね。


STI Sportというブランドが今後どのような展開になっていくのか、ファンとしては興味津々でありますが、
台数限定のプレミアムカーではなく、望めば購入できるSTIのクルマとしての特徴を生かして発展して欲しいです。


上で紹介した書籍は値段が高いのですが、スバル、STIを語る上での貴重なクロニクルとして読んでも面白いので、
ファンの方にはお勧めしたいと思います。

最後に、
後は、STIにはもう少しモータースポーツを頑張ってほしい。
WRCにも復帰してほしいし、コストはかかるけど、新たなファンを獲得、販売を拡大するためには必要な投資だと思います。
この先、EVやAIによる自動運転など、対応しなければならない課題は沢山あります。
次の100年もユーザー(subarist)がスバル車を楽しめるように頑張ってください。

※新たな不正のニュースもありましたが、しっかりと対応して立て直してほしい。

ブログ一覧 | レヴォーグ | クルマ
Posted at 2018/10/04 21:47:05

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

関連記事

よいしょよいしょに誤記があるのはご ...
ウッkeyさん

EJ20のファイナルはインプレッサ ...
ウッkeyさん

流石にターボなんだよね…あえてのV ...
ウッkeyさん

さらば、EJ20エンジン。
ばっしぃ。さん

どうしても、このデザインが好きにな ...
仁政さん

【富士重からSUBARUへ】
ディーゼルオート店さん

この記事へのコメント

2018/10/06 05:47:51
コンプリートカー、一度は所有してみたいです。
虎視眈々と狙ってますが、タイミング&資金には問題が出そうですw

スバルのモータースポーツイメージで憧れ、興味のキッカケって、私はGC型でWRC参戦してた時です。
市販車でも毎年のように、ランエボとしのぎ削ってましたね♪
コメントへの返答
2018/10/06 06:46:29
おはようございます。
コメントありがとうございます。
もちろん、1994年に発売された、インプレッサWRX STIとして記述されています。99年までバージョンⅥまであったことは、記憶にあります。ランエボかインプレッサか、乗る方もこだわりを持って乗っていましたね。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「レヴォーグプロトタイプで思ったこと http://cvw.jp/b/233315/43452473/
何シテル?   11/12 17:32
気持ちは若いつもりですが、体は正直です。 すっかりおじさんになってしまいました。 でも、新しいモノや技術には貪欲でありたいです。 人見知りではないです...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/4 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

リンク・クリップ

エアスクープ取り外し 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/05/15 13:18:23
リベンジ(?) バンパーカナードの効果とは? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/10/19 12:08:13
AXIS-PARTS Fuel Cap Cover / フューエルキャップカバー 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/10/02 21:00:55

愛車一覧

スバル レヴォーグ Type VMG-E akSpecial (スバル レヴォーグ)
レヴォーグを「おかわり」してしまった。 VMG-E STI Sport 2018年8月2 ...
スバル レガシィB4 スバル レガシィB4
最初は、BMW、レクサスなどを購入するつもりで検討していました。 雑誌でtuned by ...
スバル インプレッサ WRX STI スバル インプレッサ WRX STI
息子が1歳の時に乗り換えた車。 どうしても、スバル最強のクルマに乗りたくて、わがままで購 ...
スバル レヴォーグ TypeVMG-A ak Special (スバル レヴォーグ)
2014年1月4日に仮契約。1月11日に契約。 待ち焦がれ続けて、7ヵ月、7月6日に納車 ...

過去のブログ

2019年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.