• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

法政大学体育会自動車部のブログ一覧

2017年06月28日 イイね!

全関東学生ダートトライアル選手権大会

ちは!1年の仲田です。
今回は6月25日(日)に丸和オートランドで行われた全関東学生ダートトライアル選手権大会について書いていきたいと思います。

・試合車...EG6


個人的にはこのカラーリングが気に入っています。
今回は男子、女子共にこのEG6で戦いました。誰かがクラッシュしてしまうと男子と女子の両方が走行不能で失格になる可能性があったわけですから、選手達にはそういう意味でもプレッシャーがあったのではないでしょうか。

・当日のコース図





・走行結果
男子第1走者...樫谷 達郎選手(3年)

午前:2分01秒17
午後:1分55秒92
全体順位:9位


女子第1走者...平野 七実選手(3年)

午前:2分10秒42
午後:2分04秒47
全体順位:3位


男子第2走者...荒川 昂平選手(4年)

午前:2分00秒07
午後:1分55秒12
全体順位:7位


女子第2走者...久保田 凜選手(3年)

午前:2分21秒92
午後:2分01秒80
全体順位:2位


男子第3走者...平松 瑞基選手(3年)

午前:1分59秒94
午後:1分56秒18
全体順位:12位


全員が2本目にきっちりタイムを上げてきました。ダートでは特に1本目にタイムを残し、2本目で勝負に出るという走り方が一般的であるため、理想的なタイムの出し方だったと言えると思います。

また、この日は前日夜から朝まで降った雨の影響で、午前はややウェット路面、午後はほぼドライ路面であったことも午後の大幅なタイム向上の要因になっていたかと思います。

・大会結果






男子は団体準優勝、女子は団体優勝という結果でした!





加えて個人では久保田選手が2位、平野選手が3位で表彰されました!

男子は6位までが入賞ですから、荒川選手の7位は物凄く惜しかったです。が、逆に考えれば入賞する選手がいなくても団体では表彰台に上がれるという、チーム力のあるチームだと言うことが出来るのではないでしょうか。

・最後に



まずは、選手の皆さんお疲れ様でした!
前回の全関東ジムカーナに続き、今回のダートでも表彰台に上がることができ、法政大学自動車部が確実に力を付けてきているなと感じました。
この調子で全日本のダートやジムカーナでも好成績を残したいですね!

ここまで稚拙な文章に長々とお付き合い頂きありがとうございました。以上で大会報告を終わらせていただきます。
Posted at 2017/06/28 13:07:25 | コメント(0) | トラックバック(0) | 大会報告
2017年05月19日 イイね!

全関東学生ジムカーナ選手権大会 ②

全関東学生ジムカーナ選手権大会 ②チハ!
4年荒川です。(またお前か)

今回も、引き続き全関Gのレポートをさせて頂きます!


それでは男子第二走者から振り返ってみましょう。




男子第二走者・・・荒川昂平選手(4年)

はい、ワタシです。今年で3年目、そしてラストの全関Gでした。
さて、そんなイロイロと気合の入ってしまった自分の1本目。タイムは【1'01"97】

これは完全に自分のミスでした。2本目に向けて集中集中。
そして叩き出したタイムは・・・【58"62】

なんとか平松と同等のタイムをマークすることに成功しました!
(パドックに戻る最中、エモくなりました)
反省点と、学ぶことはまだまだあると実感した大会になりました!



お次は女子第二走者!


女子第二走者・・・久保田凜選手(3年)

さぁ、ラスカル・地層・ラーメンの三拍子「くぼりん」の登場です。(意味不明)
新人戦やフィギュアで大活躍の久保田。今回もやってくれました!

まず1本目・・・【1'08"13】 この時点で二位を約1秒引き離すトップタイムを叩き出します。

「お゛お゛お゛ めっちゃ緊張するぅ~」と半ば発狂気味に挑んだ2本目は・・・【1'06"15】
全体的にまとまった、ツボを押さえた走りで二位以下を大きく引き離し、優勝


昨年から選手として大会に参加した久保田。その経験が生きたようで、緊張する場面でも
練習通りの走りを披露してくれました。見にきてくれたご両親にイイところを見せらましたね!お疲れさま!!



さぁ、お待ちかねの男子第三走者です!



男子第三走者・・・樫谷達朗選手(3年)

法政の最終走者は樫谷選手。
DC2のゼッケン番号が86だったことに感動していた模様です!

男子二人の失敗を踏まえ挑んだ1本目。タイムは・・・【59"61】
さすがにソツなくタイムを残していきますね。

「・・・。」どのようなコメントを残したのかは不明ですが、タイムアップを試みた2本目は【58"30】
法政のトップタイムを記録してくれました!

樫谷選手も初めてのジムカーナ公式戦。しかも、第三走者という最も重圧のかかり続ける役割できっちりと結果を残してくれました!お疲れさま!!


それでは、最終結果のご報告です。

男子団体の部・・・3位/19校中

男子個人順位

13位 平松
12位 荒川
11位 樫谷  (57人中)


女子団体の部・・・1位/4校中

女子個人順位

3位 稲垣
1位 久保田  (11人中)






ついに!法政男子が表彰台に登壇することが出来ました!
そして女子、個人&団体優勝おめでとう!






この結果は、車両製作から練習でのタイム計測など、日々の活動に携わってくれた
部員みんなのおかげです!本当にありがとう!!


そして、応援してくださった皆様、
遠路はるばる大会に駆けつけ様々なアドバイスを下さった監督及びOBの先輩方、
日頃から我が部の活動を支えてくださっている関係者の皆様に
この場をお借りして改めて御礼申し上げます。


次はダートシーズンがやってきます。
今後もさらに気を引き締めて活動に臨んでいきます。


長文と駄文となってしまい、失礼しました。。
以上で大会報告を終わりにしたいと思います。

Posted at 2017/05/19 16:22:26 | コメント(0) | トラックバック(0) | 大会報告 | 日記
2017年05月19日 イイね!

全関東学生ジムカーナ選手権大会 ①

全関東学生ジムカーナ選手権大会 ①チハ!
4年荒川です。久しぶりにブログを書かせて頂きます。(何年ぶりだろう)


今回は、先日5月14日に富士スピードウェイにて行われた
全関東学生ジムカーナ選手権大会(以下、全関G)の模様をお届けしたいと思います!



さて、今年度も我が部は参戦しました全関G。
まずは、試合車両の紹介からして参りましょう。

男子試合車両・・・HUACインテグラ

いやぁ、かっこいい。
4年吉野氏が制作したデザインは、3年目の今年も輝きを放っていました!!
マシン自体は足回りを一新。全体的に動きが「しなやか」になったような気がします。
(あと、リアスポイラーを付けたのは自分です・・)


女子試合車両・・・HUAC「えこぴょん」シビック

これはもう、完全にエイチユーエーシーワークスですね。(デザインはやはり吉野氏)
最近は、女子部員お手製の「ラスカル」・「淫獣えこぴょん」のステッカーが追加された模様です。
個人的には、社外のリアバンパーがたまらなく好きです。


そんな2台体制で大会に挑みました。




それでは!走行順に各選手の走りを振り返ってみましょう。


男子第一走者・・・平松瑞基選手(3年)

ジムカーナ公式戦では初出場となった平松選手。
しかし、第一走者という重圧もなんのその。見事にタイムを残してくれました。【1'01"97】
ところが、本人は1本目の走りに満足出来なかった模様。


「1本目から3秒縮めてきます」そう宣言した彼が残した2本目のタイムは・・・【58"65】
見事に宣言通り、きっちりタイムアップしチームに貢献しました!

第一走者として、路面状況やマシン状況など、他の選手が知りたい情報をきっちり共有してくれたことも、大きく評価出来る点でした。お疲れ様!


続きましては、女子第一走者です。


女子第一走者・・・稲垣優菜選手(3年)

彼女、実はMT車を持っていません。普段はATのプリメーラに乗っています。
そんな稲垣ですが、ライン取りと踏みっぷりに関しては非常に良いものがあり、女子選手として出場しました。
そして、期待の1本目は!【1'09"35】

なんと、午前の時点で2番手のタイムを叩き出しました!(正直、ここまで早いとはおm・・・)

「がんばります」そんなふわふわしたコメントを言い残し、挑んだ2本目。
タイムは、【1'08"13】   女子個人で3番手のタイムを残したのです!!(表彰台に登りたかったね・・・)

様々な重圧を跳ね除け、結果を出した彼女。他の女子部員にも、良い刺激になったのではないでしょうか?お疲れ様!



このまま続けると恐ろしく長文になってしまうため、続きはまた後ほど。。。
長々とごめんなさい!お楽しみに!!
Posted at 2017/05/19 02:53:35 | コメント(0) | トラックバック(0) | 大会報告 | 日記
2016年08月17日 イイね!

平成28年度全日本学生ダートトライアル選手権大会

ちは、2年の稲垣です!


我々法政大学体育会自動車部は、この夏全日本学生ダートトライアル選手権大会に復帰参戦して参りました!
今回はその戦いの様子をお届けします。




8月5日、午前10時過ぎに市ヶ谷を出発した我々ですが、開催地広島に到着したのは午後11時半ごろでした。
車に揺られること約13時間。移動距離はなんと約805km。
鈴鹿サーキットがとても近く感じました…。



翌日6日は前日練習でした。
会場は広島県のテクニックステージタカタです。
今までダートをしてきた丸和オートランド那須とはまた違った雰囲気が漂っていました。

コースオープンの時間になり、選手が慣熟歩行を始めます。
しかし、なんとコース図にない道が存在し、法政は痛恨のミスコース!
いきなり広島の洗礼を浴びます。





なんとか正しいコースを慣熟し、いざ走行開始!
と思ったのですが、さすがは全日本戦だけあって台数がとても多く、なかなかたくさん走ることができませんでした。
選手たちは1人1本だけ走って翌日の大会を迎えることになりました。



そして7日、大会当日。
早朝は濃霧に包まれていましたが、日が出るにつれてどんどん暑くなっていきました。



学生の走行前にお手本を見せてくださるデモランナーがクラッシュするという
ハプニングがありながらも競技が開始されました。


1人目は男子第1走者、3年・荒川昂平選手。



緊張の面持ちでスタートラインへと並んでいきましたが、全体の4番目という早い走行順だったこともあってかまさかのミスコース。
テクニックステージタカタは丸和よりも分岐路が多い複雑なサーキットだったのです。


2人目は女子第1走者、4年・梯玲子選手。



途中までは良い走りだったのですが、最後のコーナーで荒川選手と同じところをミスコース。
ジムカーナでもミスコースはしないイメージが強かっただけに、
そんなに難しいのか…とチームに緊張が走ります。


3人目は男子第2走者、4年・長谷川亮太選手。



無事ミスコースすることなく帰ってきた長谷川選手、前の二人の走りを踏まえた走行のタイムは2'21"046。
さらなるタイムアップが期待されます。


4人目は女子第2走者、2年・久保田凜選手。



2年生ながら選手に抜擢され、初めての全日本戦ということもあり
緊張しながらの1本目でしたが、タイムは2'35"864。
しっかりと結果を残してくれました!


5人目は男子第3走者、4年の桑原平選手。



主将らしい安定した走りでタイムは2'19"995。午後の2本目に期待がかかります。



昼休憩を挟み、午後の走行が開始されます。


「1本目よりも必ず速く走ってこい」と鼓舞され出ていった男子第1走者、荒川選手。



2本目はミスコースすることなく、法政のトップタイムとなる2'12"301を記録しました!


続く女子第1走者の梯選手も2本目は落ち着いた走りを見せ、タイムは2'22"24。



全体的に上手くまとまった良い走りでした。


1本目は着実にタイムを残した男子第2走者の長谷川選手。



午後の走行になりタイヤが食わなくなってしまったせいもあり2本目のタイムは2'17"796。
もっと速く走れる実力を持っているだけに少し残念な結果でした。


続いて女子第2走者、久保田選手。



いつも2本目は1本目よりも大幅なタイムアップをしてくれる久保田選手の2本目のタイムは2'25"754。
今回も約10秒のタイムアップを達成してくれました!


そして最終走者、桑原選手の2本目。



スタート直前には全員で校歌斉唱を行い(恥ずかしかった…)、出走を見届けました。
「あれのおかげで緊張がほぐれた」という桑原選手のタイムは2'13"945。有終の美を飾りました。



それでは最終結果をご報告いたします。

【男子の部】
団体順位 15/20位
個人順位 30/63位 3年 荒川昂平選手
       38/63位 4年 桑原平選手
       48/63位 4年 長谷川亮太選手

【女子の部】
団体順位 3/7位
個人順位 5/16位 4年 梯玲子選手
       10/16位 2年 久保田凜選手



部員全員が初めて経験する広島遠征で大変なこともたくさんありましたが、
こうして女子団体が3位入賞できたことで、出場したことに大きな意味を残せたと思います。








今回久々の全日ダート出場ということで支えてくださったOB・OGの皆様、
広島まで部員とともにお越し下さった友岡監督、
そして応援してくださった関係者の皆様に厚く御礼申し上げます。本当にありがとうございました。
今回の経験を活かし、来年の丸和、再来年の広島での全日ダートは優勝できるようさらに力を付けていきたいと思います。


以上でご報告とさせていただきます。
失礼します。
Posted at 2016/08/17 03:12:38 | コメント(0) | トラックバック(0) | 大会報告 | 日記
2016年07月01日 イイね!

全関ダートin丸和

こんにちは!1年の軽部です
今回は6月27日に行われた全関ダートの結構を報告いたします!
見てください!今年の丸和も快晴です!


そして、、


出ました!我らが法政の試合車EG6!かっこいいカラーリングです!司会の方からも注目され、お褒めの言葉をいただきました。ほれぼれしますね

そして試合の方はというと他大学の多くが横転したりトラブルに見舞われたり(法政大学も)と波乱な内容となりました。
自分は今回、オフィシャル写真撮影の係でしたのでパドック内にほとんどいることができませんでしたが、皆一丸となって戦えたのではないかと思います。

それでは結果の報告に移りたいと思います。
〈男子団体の部〉
11位/14校中
〈男子個人の部〉
桑原 平選手 26位
長谷川 亮太選手 18位
荒川 昴平選手 32位/40人中

〈女子団体の部〉
2位/4校中
〈女子個人の部〉
梯 玲子選手 3位
久保田 凛選手 6位/9人中

という結果になりました。
梯先輩入賞おめでとうございます!!


OBの方々お忙しい中お越しいただきありがとうございました。


これで、1年輕部の大会報告を終わります。
Posted at 2016/07/01 03:10:18 | コメント(0) | トラックバック(0) | 大会報告 | 日記

プロフィール

「自己紹介 http://cvw.jp/b/2341983/39573653/
何シテル?   04/07 10:09
こんにちは! 法政大学体育会自動車部です! 法政大学の体育会の部活として活動しており、 2010年で創部80周年を迎えた、伝統のある部活です。 ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/11 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

5/13 全関東学生ジムカーナ選手権大会 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/05/20 17:09:20
自己紹介16 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/03/31 12:06:52
頭文字D聖地巡礼2017(定峰峠) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/04/10 23:44:49

ファン

21 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ インテグラタイプR ホンダ インテグラタイプR
下記URLの公式HPに詳細なスペックを掲載していますのでそちらをご覧ください! htt ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.