• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ねべさんのブログ一覧

2018年09月17日 イイね!

北関東マツダLINE登録したら。。




何かに使えそうなシックな箱を頂きました。



すっかり忘れていた(^_^;)

風呂上がりに一息つけたので開けてみたら『資生堂のThe Collagen(ザ・コラーゲン)』がみっつ入っていました♪





お風呂上がりに丁度いいじゃん♪

でも、冷やしておいて、明日の夜のお楽しみにしよう(^w^)
Posted at 2018/09/17 20:21:09 | コメント(0) | トラックバック(0)
2018年09月11日 イイね!

MAZDA8をマニュアルモードで楽しんでみた




MAZDA8で通勤を始めて2日目。

プレマシー(MAZDA5)時代には残業帰りで疲れた心を吹き飛ばすように、たまーにMTモードでアクセルを踏み込んでいました。

SKYACTIV-G2.0は6,500回転付近までグーンと吹き上がり、140から上の速度域ではエンジンのパワーにシャシーがついていけなくなり始めます。

それでも更に踏み込めば160辺りまで出せたものでした。

※個人の感想です。

対してMAZDA8の直噴MZR2.3Lエンジンは、様々な電子制御のさじ加減によって、プレマシーより250kgも重い車体を微低速域からアクセル操作に対してドライバーの感覚に遅れること無くスーッと前へと引っ張り始め、プレマシーよりも低い回転数ながらその勢いを保ちます。



ただ、これは恐らくタイヤサイズとレグノGRVⅡの性質の影響が大きいのだろうが、130辺りでふわふわし始めて、140辺りではちょっと不安感が強くなります。

※個人の感想です。

高級タイヤREGNOが勿体ないので当面予定はありませんが、いずれは225/50R18へ履き替えたいと思っています。

大きなサーキットでないと出さないようなそんな速度域で、耳心地の良いエンジンサウンドとノーマルとは思えない排気音でドライバーをその気にさせるプレマシーに対し、MAZDA8は聞こえてくるエンジン音は小さいし、排気音はほとんど聞こえない。

23Tの6速にかなり近い変速比の5速のお陰で回転数が抑えられ…

という単純な理屈で無く、プレマシーとはそもそもクルマの造りが違う。。

zoom zoomを唱ってはいても、“そういうクルマで無い”という事を実感しました。

平均燃費計が無いのでリアルタイムに燃費を把握出来ないお陰でまだ実感が湧かないのですが、実燃費はかなり落ちる筈なので、ほどほどにしようと思いました。

因みに、頑として『MPV』と言わないのは、この車名が好きでないというシンプルですが、如何ともしようの無い理由からです。

3ナンバー
両側スライドドア
3列シート

なのに、俊敏な加速と軽快なハンドリングでドライバーズカーの要素を持つプレマシー。

だから、ストローク感のある足廻りでゆったりとした挙動に終始しながらも、低重心の恩恵でふらつくことも無い。初代エスティマを思い起こさせるミニバンの王道的なMAZDA8。

華族を乗せて、
高速道路で、
単調な長時間運転で、
どちらがずっと運転できる…
運転していられるクルマなのか?

これからが楽しみです♪





Posted at 2018/09/11 22:29:58 | コメント(0) | トラックバック(0)
2018年09月09日 イイね!

こんなに便利なんだ!パワーリヤゲート




1度使うと“無くては困る”装備になります。




リヤゲートを『バダンッ!』と閉める必要も無ければ、半ドアを気にする必要もありません。

楽チン楽チン♪
Posted at 2018/09/09 20:19:32 | コメント(0) | トラックバック(0)
2018年09月09日 イイね!

素晴らしい。まるでジオンの精神が形となったようだ。

素晴らしい。まるでジオンの精神が形となったようだ。免許を取得した当時、既にバブルは弾けた跡でしたが、新車販売されていたクルマたちは皆、バブル期に開発されたものでした。

“テンロク”

そう言われた排気量1.6Lのクルマたちはとりわけ元気でした。

HONDAからは高回転域でカムが切り替わる新開発V-TECエンジンを搭載したシビック。

それに追随するMITSUBISHIミラージュのMi-VECエンジン。

TOYOTAなんて、1気筒当たり吸気側3、排気側2、計5バルブを備えた4気筒20バルブというスーパーカー的な高性能エンジンを世に送り出していました。

その4A-GEを積むのは、当時『トイチ』と言われた型式AE-101のツードアクーペのレビン/トレノから、カローラ/スプリンター、マリノ/セレス、更にはカローラワゴン/スプリンターカリブにまで及びました。

カロゴン/カリブは別として、その豪華な20バルブ4A-GEを搭載したグレード“GT”系であることは、外観でも容易に判別することが出来ました。

それは、そのクルマが高級車或いは高性能スポーツカーであることを一目で認識させてしまう“左右2本出しマフラー”。

『なんちゃってツインカム』

と揶揄された、TOYOTAのハイメカツインカム4A-FEエンジンのマリノに乗っていた私は、その2本出しマフラーを見かける度、いつも羨望の眼差しを送っていたものです。

あれから25年。

四半世紀の間に様々なクルマを乗り継いできたにも関わらず、2本出しマフラーとのご縁が無かった私が!

ついに!

初の左右2本出しマフラーのクルマを所有することと成りました!





新たな愛機は、そう!

『ノイエ・ジール』
Posted at 2018/09/09 18:26:57 | コメント(3) | トラックバック(0)
2018年09月08日 イイね!

今日からの愛機は。。

本日新たな愛機を引き取ってきましたw

そのクルマは中古車市場で、不当に安価な価格で販売されています。

新車時販売価格、自動車としての性能の高さを考慮し、このクルマを世に出す為に尽力した方々、そして何よりこのクルマを擬人化したなら…

“不当”という言葉を選んで然り。

ただ、望んでこのクルマのユーザーに成る側にとって、この価値観の相違は、不本意を感じつつも、静かに小さくガッツポーズを取るような…

自分だけにしか分からない“宝物”を見つけたような…

そんな二極相反する気持ちに揺れます。

前車プレマシーの買取り価格なんてたかが知れているのは、かつての『マツダ地獄』という言葉を知る方なら理解できよう。

そんな心許ない資金でさえ、お釣りが来た。

車検整備2年付で10枚ものお釣りが。

…まぁ、今回の売り買いに関しては、私個人が普段から頻繁に利用している某オクで長年培った売り買いの経験が活きたケースなのだと理解したい。

前置きが長くなりましたが、

愛機には実に72万を越えるオプションが装備されています。

これにはフロアマットやバイザー、ラゲッジルームマットを含めませんが、これらを含めたなら、およそ83万にもなります。

因みにプレマシーの買取り価格はこれに及びません。


如何に今回の愛機が不人気車種なのかが伺えますね(´д`|||)


ですが、愛機は外車ではありません。

それに製造販売10年以内の車体です。

整備記録から、新車購入後から定期的にディーラーでキチンと点検整備を受けており、且つ今年の5月にディーラーで定期点検を受けたばかりでありました。

ワンオーナーカーです。

前オーナーが大切にしていたのは、バリ溝のレグノGRVⅡを履いている事で十分伝わります。

4本で10万もするBRIDGESTONEの高級タイヤですから。

更に、オークションの出品票を見せて頂きましたが、修復歴が無いのは当然として、外装には“A1”が3ヶ所あるだけの評価点4点!

私には無傷にしか見えません。

内装も然り。

禁煙車だし。

購入元が知り合いで、低予算を吹っ掛けて無理言って落札させた訳ではなく、初めましての個人店。

なんならお店は群馬県なので、県外登録手数料も発生しています。

こうしてSNSに書き込みしていると、“不当”どころか“虐げられている”のでは?とさえ思えてきます。

ワタシ個人には幸いでも、愛機が不憫に思えてきます。

…ってな訳で、雨さえ降らなければ明日には愛機の写真をupしたいと思います。

何故、プレマシーからこのクルマへと買い替えたのか?

その理由も、愛機の魅力と共に少しずつ伝えたいと思います。

既にオーナーである方へ。
共感しましょうw

これからオーナーとなる方へ。
工業製品として、このクルマは突出してお買い得なのだと発信していきますので、参考になれば幸いです。


Posted at 2018/09/09 00:01:20 | コメント(2) | トラックバック(0)

プロフィール

「北関東マツダLINE登録したら。。 http://cvw.jp/b/2355961/41957455/
何シテル?   09/17 20:21
私の愛車はCWプレマシーSKYACTIV。妻はDEデミオDYNAMICROOFというMAZDA党です。 プレマシーはマツダUカーにて2013年式、走行2100k...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/9 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

リンク・クリップ

ピカピカ愛車と秋の空 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/09/22 19:18:46
パドルシフト装着への道⑤(最終回) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/04/21 21:07:37
LEDフォグバルブ交換 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/04/21 21:04:42

お友達

MAZDA車全般、お友達を広く募集中ですが、やはり同じ車種の方!
どんどん申請お待ちしてます!
45 人のお友達がいます
ヴィラなべおヴィラなべお * さっしぃさっしぃ
jun16jun16 のっぴ一のっぴ一
オミティーオミティー 下僕3号下僕3号

ファン

19 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ MPV ノイエ・ジール (マツダ MPV)
平成21年式 MAZDA8 23S ボディーカラー:ライラックシルバーメタリック ・ユー ...
マツダ プレマシー マツダ プレマシー
今年(2014年)8月末に我が家に来たプレマシー。マツダ認定Uカーにて購入。走行2100 ...
トヨタ シエンタ トヨタ シエンタ
H15年式の上級グレード“15G”純正フルエアロをH24年頃だったかな? 中古にて購入。 ...
マツダ ファミリアS-ワゴン マツダ ファミリアS-ワゴン
最初の子供が生まれてから『ファミリーカー』として新車購入しました。 この時担当していた ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.