• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

弘昌の愛車 [アルファロメオ 147]

後ろからの異音対策

カテゴリ : カーケア > その他 > その他
目的修理・故障・メンテナンス
作業DIY
難易度
作業時間30分以内
作業日 : 2016年01月09日
1
走行中に後ろからキチキチ…キチキチ…ずぅ〜っと言ってて気になるので音の発生源を突きとめようと探ったところ、原因はこの部品。
正式名称は知らないので「クッションスプリング」とでも言っておきましょう。
バックドアを閉めた時のオーバーストロークを規制するクッション機能とオープナーで開操作した時にポンと指が入る程度の隙間を空けるための機能と二役をしています。
2
当然ですが左側にも同じものが…
でも異音は右側のクッションスプリングからのみでした。
この部品…後期型から設定された物のようで前期型はスプリングが内蔵されていない普通のゴム部品らしいのです。
後期型からの若干の利便性向上と言うことなんでしょうが新品を買うとそれなりにしそうです。
3
最初は開口部周りのウエザーストリップとバックドアパネルが走行振動で擦れて異音が出てるのかも…とウエザーストリップにシリコン塗ってみましたが結果的には原因ぢゃないし異音は止まらず。
4
取り外し単品状態です。
根元の部分には螺旋状の溝が切ってあるので普通に右に回せば締まって行きます。
…でこの根元部分の中にバネが仕込まれています。
この写真では影になって見えないんですが根元部分の天辺には小さな穴がありますのでそこからシリコングリスをシューっと。
何度かヒコヒコしてグリスを馴染ませてから組み付けます。
5
コレはかなり極端ですが、もともと根元までしっかり締め込まれていたクッションスプリングをそこまでねじ込まずに一山余裕を持たせてみます。
過去の開閉の繰り返しで内部のバネにヘタりがある場合、そうする事でテンション維持してくれるかと…
6
上記の状態でテスト走行したところキチキチ音は解消😁✌️
でも今度は別のパタパタ音が…😩
原因はトノカバーでした。クッションスプリングを少し浮かして組み付けた事で微妙〜にバックドアとトノカバークッションに隙間が出来たようで抑えが甘くなって遊んでしまったようです。
クッションスプリングを根元までねじ込んでみたところトノカバーからのパタパタ音も消えました😅
この状態でもキチキチ音は出なくなったのでヨシにします。
ホント微妙な建て付けで音が出たりすると言う事が分かりました。
次はトノカバーのクッションが当たるバックドアトリム側にゴムシートでも貼ってみようかと…

コーティング

イイね!0件




 

入札多数の人気商品!

 

関連整備ピックアップ

DIYで磨き&キーパー軽研磨・ピュアキーパー

難易度:

パワーフロ―取り付け

難易度:

ついにエアコン水漏れ位置特定!

難易度:

シートヒーターの修理ができるかな!?

難易度:

続々続!樫伊のマジック洗車!イツオワル?

難易度:

FRサスペンション部品交換

難易度: ★★

関連リンク

この記事へのコメント

2016/01/10 17:33:15
とても分かります。自分も片方だけギシギシ言っていて、隙間から多量のシリコンスプレーを吹いて消しました。柔らかウレタンゴムで良いですよねココ
コメントへの返答
2016/01/10 19:51:12
コメントありがとうございます😊
いろいろと手がかかる車ですがそこが可愛かったりします。
今後ともよろしくお願いします😄

プロフィール

アルファロメオ147セレスピードが愛車です。 DIYで出来る事はコツコツと楽しみたいと思っています。 普段は通勤のみの車利用ですが、たまに無計画で長距離ドライブ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

リンク・クリップ

フェーズバリエーターソレノイド 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/09/28 10:45:06
フェーズバリエーター バルブ交換 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/09/28 10:44:09
フェーズバリエータ・ソレノイドのOリング交換 その2 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/09/28 10:34:07

愛車一覧

アルファロメオ 147 アルファロメオ 147
黒くなっちゃったけどまだまだ元気に行きましょう!
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.