• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2018年08月11日

立山黒部アルペンルート(2)

立山黒部アルペンルート(2) 長くなったので分割の後編。
トロリーバスで大観峰駅に着きました。



天井のレールはトロリーバスの電源。
薄暗くてひんやりした駅構内から出ると



こんな景色が待ってますヽ(´▽`)/
真ん中は黒部ダムが黒部川を堰き止めて出来上がった人造の黒部湖。奥只見ダムでも似たような感動がありましたわ。これを、人の手が造ったのかと。

集合までの約15分を見晴台で堪能。



山の名前がわからないから、
参考のためにまとめて撮影w
自分も2300m地点にいるので3000m級の山々に囲まれてる感覚が薄れてきてます。



ロープウェイ乗り場に移動しました。
この乗り物、移動先の黒部平駅までは…支柱がありません…。黒部峡谷は雪崩がよく起きるために完全に宙吊りで作られてます。

黒部峡谷の雪崩は『高熱隧道』に詳しいです。こんなの勝てねぇよ…ってスケールで自然が襲ってくる。ヒトの立ち入りを強固な意思を持って拒んでるようにしか見えない。そんな場所が今や観光地なの。



黒部湖が近づいてきました。



黒部平駅の屋上展望台から
大観峰駅を振り返って見ましょう。
あんな高いところから宙吊りです…w



反対側。参考資料添付。
標高は500m下がってますね。



黒部平駅からはケーブルカーで降ります。



黒部湖駅に着きました。
雪対策で地下に作られ、最大勾配31度!

駅の出口で添乗員氏から説明があり、
1時間後に扇沢駅行きのチケット売り場で集合ということで、ひとまず解散です。



黒部ダムのダム湖側。



観光放水してました



(やめればいいのに)覗き込む。
ここの水を使って発電する黒部川第四発電所は10キロ下流の地下にあるそうです。水もふわっと出すことで地盤への影響を少なくしてるとのこと。



殉職者慰霊碑。
お名前を刻んだプレートの前に
新しいお花が供えてありました。
難工事で黒部ダム竣工までに171名が犠牲になっています。黒部川第四発電所が発電と送電を開始したことで西日本の電力事情が大幅に改善、電力の心配がなくなったことで重工業化が進み、今の恩恵があるのです。電気は当たり前に存在するものではない、ということ。



資料展示コーナー。



下の展望台から。
ダムの両端もコンクリートでがっちり固めてあるのがわかりますね。

上の展望台は体力切れで辿り着けずw
売店の近くで破砕帯の湧き水をペットボトルに詰めて、室堂の天然水とブレンド。慣れてる人は空のボトルを何本も持ってきてますね。

黒部湖駅から扇沢駅までは
トロリーバスで大町トンネルを通ります。
黒部ダム建設資材を運ぶのに掘ったトンネルですね。今は観光客を運んでいます。乗り継ぎはこれでラスト!

途中で貫通点の表示がありました。
立山側からも掘ったということですか…。
道も確立されてない時代に恐ろしい。

さらに進むと「黒部の太陽」で有名な破砕帯の表示も。青い照明で演出してあるのでわかりやすいです。



さよならトロリーバス。
ナンバープレートは付いてません。



トロリーバスのお尻側。
パンタグラフはこうやって接続しています。引退が決まっているので、今年11月30日までの光景ですね。

ダムカードは扇沢駅の売店でトロリーバス乗車券を見せるとゲットできます( *´艸`) トイレ休憩を装って配布所まで走って来たw

朝の旅館で荷物を載せたバスが扇沢駅で待機していて、そこに乗り込んで帰途につきました。途中休憩は3箇所。オトナ参加者はぐったりしていて、コドモ参加者は解散場所が近づくほど元気になっていきましたw テンション高くていいなぁ君たちはww

※オトナな下僕はポケモンGO

集合場所と同じ某駅ロータリーにて降ろしてもらい、あとは自力で家まで。

暑さと湿気が堪えます_:(´ཀ`」 ∠):


あっという間の2日間でした。
肝心の黒部ダムに到着する頃は情けないことに疲労(笑)してたけど、あまり下調べせずに出かけたからか、各所での感動が大きかった。北アルプスの険しさも、それに挑んだ黒部ダムも然り。だから疲れたのか…w

おまけ。
大狸に2日で顔を忘れられました(´ω`)
あの…10年は下僕してるんですけど…。


ここまで3つに渡り長々とお疲れ様&ありがとうございました。

ブログ一覧 | おでかけ
Posted at 2018/08/11 16:15:33

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

家族旅行2日目_扇沢~室堂往路
せっきぃ(555さん

黒部・立山の紅葉🍁
srkb_QUEENさん

木崎湖を経てトロリーバスで黒部ダムへ
HNU12/naganoさん

2017ダム巡りの旅
ルドルフ ブデルさん

信州&越後ドライブ 立山黒部へ
tomorimoさん

家族旅行2日目_室堂~扇沢 復路
せっきぃ(555さん

この記事へのコメント

2018/08/11 18:04:37
おぉー黒部ダムはやっぱり良いですねー
家族でダム好きとか羨ましいです(;・∀・)
うちはダムに興味あまりないみたいで・・・


てか、ロープウェイめっちゃ怖そうなんですけどw
支柱ないとか恐ろしすぎます(;・∀・)



コメントへの返答
2018/08/11 19:29:49
こんばんはー。
遠かったけど行って良かったです。天端が500mありますから見栄えしますね( *´艸`) 観光船に乗ったり、登山者ルートで下流側に降って堤体を見上げるのもマニアックで楽しそうです。うちも母以外は「コンクリの塊」くらいにしか思ってないですよw

立山ロープウェイは支柱なしで1.7キロでしたかねぇ( ˘ω˘ ) わたしも高所は得意ではないので…なるべく遠くを見て耐えました…w
2018/08/11 21:34:12
下僕さん、こんばんは〜( ^ω^ )

下僕さんの レポを拝読させて頂いてから、只今「北アルプスドローン大縦走」の録画を追いかけて見てました♪
ジイがやたら 煩いの何のってw
みくりが池って こうなってるのかーとか、室堂平、弥陀ヶ原とか。
素晴らしい所ですね〜(*´艸`*)

ダムも お陰様で 勉強になりました♪ 多分 下僕さんの レポは、下僕さんが どうお考えになったかが あって読み応えがあるんですね(*´꒳`*)
さすがな レポでした‼︎

そしてお母上様の御快癒旅行、無事ご帰還何よりでした☆
4匹の猫さん達も お留守番、お疲れ様でしたね( ^ω^ )/
(べりばあは 大狸ちゃんと 気が合うかもw)
お疲れ出ませんように(^人^)

あ、雷鳥は 見つけられませんでした(ノД`) スイマセン。寄り目にしてもダメでした笑

コメントへの返答
2018/08/11 22:35:32
べりばあさんこんばんはー(*´꒳`*)

…北アルプスドローン大縦走。
なんて素敵な名前の番組なんでしょうか。しかも今日が第2弾の放送日ー/(^o^)\ 再放送あるかな…w あの辺りは国定公園で歩いて行ける範囲が決まってるんで、ドローンで上から眺められたら楽しいに決まってますよね。こちらこそ極上の情報ありがとうございました!

そしてこちらまでお目通しありがとうございます!
ダムには山奥に造った人の力ってすごいな…と、ゾワっとする感覚がありまして。まさに執念、ですよね。いつも通りの何気ない生活も誰かの仕事の上に成立していると、気付かせてくれる存在でもあると思います。その気付きを表に出すのに写真と文章を使えるブログがちょうど良いなぁと。…何かしら勉強して帰ろうっていうところが我ながら真面目かもしれませんw

母は翌日に筋肉痛になってましたー😂
無意識に脚をかばいながら歩き過ぎちゃいましたかね。でも念願の黒部ダム、楽しめたようです。帰宅後に大狸氏は漆黒斎へと変貌しましたよー(´ω`)とほほ。

ライチョウは雪の上に点が3つあるのがそれで、目視でもゴマが動いてるようにしか見えなかったので、あとで正解(?)も載せますね。

たぶん「これかよ( ´皿`)」ってガッカリする…w
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「@べりばあ こちらこそ、お声掛けありがとうございます! デート楽しんできてくださいw さすが吉祥寺、なんでもあるある。チャイハネのおかかグッズはいくつか持ってますが、ゆるすぎていい感じに力が抜けます( *´艸`)」
何シテル?   11/15 09:57
猫4匹の下僕 AT限定解除したい
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/11 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

立山黒部アルペンルート(2) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/08/11 17:12:55
【告知】DEMIO MEETING @ TWIN RING MOTEGI 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/04/13 14:10:56
マツダ・ベリーサ:8400円の薬缶から生まれた車 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/03/18 22:09:38

お友達


ぬるいマツダ乗りです。
ほぼ日常ブログですがよろしければ。
16 人のお友達がいます
オミティーオミティー * みんカラスマホアプリ開発チームみんカラスマホアプリ開発チーム *
みんカラスタッフチームみんカラスタッフチームみんカラ公認 べりばあべりばあ
Nuk-P@RailStarNuk-P@RailStar 風は みんカラ風は みんカラ

ファン

8 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ デミオ デミオ君 (マツダ デミオ)
14年8月。六本木にプロトタイプ・デミオを見に行ってしまったのが運の尽き。グレードは軽く ...
マツダ ベリーサ ベリさん (マツダ ベリーサ)
約10年間お付き合いしたDYデミオからの乗り換えです。販売開始された時から意中の存在で ...
マツダ デミオ マツダ デミオ
通学(+遊び)で小回りの利くクルマが必要になり、迎え入れたのがこのDYデミオです。 ...
マツダ アテンザ マツダ アテンザ
元々は他メーカー車のミニバン枠。 ベリーサの他にもマツダ車があったら楽しいだろうなぁと思 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.