• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

クロウスバンバンのブログ一覧

2016年05月30日 イイね!

クロウスバンバン野外活動報告⑬ ~カングージャンボリー2016・編~

クロウスバンバン野外活動報告⑬ ~カングージャンボリー2016・編~

こんばんは。いつもご覧頂き有難うございます。
前回の「タミヤ・オープンハウス」のブログ、沢山の方にご覧頂きまして、とても感激しております。併せまして有難うございます。

さてさて、私事では御座いますが、転勤に伴いまして、先週初めから新勤務地に通っております。不慣れな仕事内容に不慣れな新生活… よって、みんカラにお邪魔する時間が少なくなっておりますが、新生活に慣れるまで、暫しご了承頂けたら、と存じます。







今回は5月15日に、みんカラお友達の Gris Boreal さんのお誘いで、山梨県の山中湖畔で開催されました 「カングージャンボリー2016」 に行ってきた時の様子を、誠に簡単では御座いますがご覧下さいませ。


「カングージャンボリー」… 私ごときがご説明する程でもないでしょうが、「ルノー・カングー」が一同に集まる年に一度の祭典で、山中湖畔の会場を埋め尽くすカングーは1,000台以上にのぼる、らしいです。

※間違っていたらスイマセン…


≪初代のカングー≫


≪2代目で現行のカングー≫







【カングージャンボリー2016・駐車スペースの様子】






カングーのユーモラスなカタチ、そしてカラフルさ、が沢山過ぎてまさに圧巻です。


そして、カングーのご先祖様(!?)も、沢山ご来場でした。




【メイン会場付近の様子】


ステージのあるメイン会場ではバンド演奏やゲームなどの催しがされていたり


キッチンカー・ブースは美味しそうな(食べモノ屋の)お店が沢山


女性的な手作り感あふれるお店も沢山


まるでクルマクルマしていない雰囲気が良かったり


かと言ってクルマクルマしているスペースもあったりします。


【フリマ会場・Gris Boreal さんのスペース】


フリマ会場も勿論、カラフルかカングーが主役です。
積載性に優れるおしゃれな実用車として、まさに真骨頂(的)な使われ方ですね。


そして、こちらは Gris Boreal さんのフリマのお店。


ご紹介が遅れましたが、お馴染み slcinquecento さんと minicat さんもいらっしゃってました。
カングーのカタログを広げクルマ談義。とても楽しいひとときです。


「 はい、みなさん、こちらを向いてくださ~い 」

minicat さん。まるで初めて見る様な、ヴィンテージ・カメラで写真撮影会。次回お会いする時は、素敵な写真を是非見せて頂かねば(笑)


今回はカングージャンボリーを通じて、カングーがある素敵な生活を沢山拝見する事が出来てとても有意義でした。

「もしもカングーを所有したならば…」

勿論、自分色にアレンジしたカングー(コンパクトな初代がイイです)で毎年カングー・ジャンボリーに参加したいですね(笑)




Gris Boreal さん、そしてご一緒させて頂いた皆様、この度は有難うございました。


そして、みんカラの皆様、最後までご覧頂き有難うございました。



ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

【おまけ・テレビ収録の様子】


かつては奈良でも放送されていた、テレビ神奈川 「クルマでいこう!」 の番組収録。
左側の2人が同番組のパーソナリティでモータージャーナリストの岡崎五朗さんと藤島知子さんで、ルノー・ジャポンの社長さんと対談されている様子です。


Posted at 2016/05/30 22:26:26 | コメント(3) | トラックバック(0) | いろんなクルマ | クルマ
2016年05月21日 イイね!

タミヤ・オープンハウスに行ってきました

タミヤ・オープンハウスに行ってきました

こんにちは。いつもご覧頂き有難うございます。

先週、みんカラお友達の Gris Boreal さんにお誘い頂き、山中湖・湖畔で開催されました 「カングージャンボリー2016」 に妻と一緒に行って参りました。その時の様子は、改めてご報告をしようと思いますが、時系列で、その前日の5月14日、前泊を兼ねて、静岡市の田宮模型で偶然開催されてました 「タミヤ・オープンハウス」 にも行って参りましたので、今回はこちらについて書き記したく思います。



※今回はクルマネタ(間接的には一応クルマかな…笑)では御座いませんが、御興味のない方も「ふ~ん」と軽くお付き合い頂けたら幸い、と存じます。

小さい頃からクルマ好き‼、という方は多かれ少なかれ、クルマへの情熱を模型やおもちゃに注がれたのではないでしょうか? 私、クロウスバンバンも、まさにそうでして、小学生から中高生にかけて、クルマのプラモデル、もしくはラジコンカーの世界に、どっぷり浸かったクチでございます。今でこそ、実車が手元に御座いますので、当時ほどの情熱はないのですが、それでも機会あれば模型で遊びたい、という気持ちは御座いまして…そんな中、模型界の大御所 「田宮模型」 静岡本社にて会社見学会 「タミヤ・オープンハウス」 が‼




模型ファンの方は御存知かと思いますが、静岡市とその周辺は日本屈指の「ホビー(模型)のまち」と知られておりまして、田宮模型(正式には株式会社タミヤというらしいです)をはじめ、アオシマやフジミ・ハセガワ・バンダイといった模型関連企業がたくさんあります。

そんな背景から、この時期に年に1度、静岡市で「静岡ホビーショー」が開催されまして、当日がその開催日でした。全国の多くの模型ファンが静岡にやってくるこの時期に田宮模型でも同時開催だったのが、今回のオープンハウスだったんですね~。



静岡市恩田原にある田宮模型の本社社屋。

私と同年代の方なら、ひょっとしたらお分かりになられるかと思いますが、田宮模型のテレビ番組 「タミヤ・RCカーグランプリ」 タイトル通りのラジコンカーのレースの様子に加え、田宮製品の紹介など、それらの映像からは、この立派な社屋が幾度と拝めたものです。子供目線ではまさに「プラモの聖地」それが30年近くの時を経て、ようやく訪れる事が出来ました‼ 

※余談ながら近隣にありますタミヤ・サーキットはハタチの頃、1度だけ友人と訪れた事があります

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

【展示コーナー】




社屋の入り口は、いきなり階段でして、上りきった2階がロビー兼、実際にモデル化されたものを含む実車のショールームになっていました。



同社のラジコンモデル「ワーゲン・オフローダー」としてキット化されていましたフォルクスワーゲンの「バハ・バグ」。

個人的には20年近く前、バイト先の友人が、赤いバハ・バグに乗ってまして、幾度か乗せてもらった思い出があります。




そしてほど近い場所に ”現在発売されている” 模型の完成品展示コーナー。
私も例には漏れませんがオジサンばかりが夢中になって眺めています(笑)





上の写真と大して変わらないのですが、こちらは同じ2階の奥の方にございます 「タミヤ歴史館」 という大きなスペース。一部を除き、基本的はに絶版になってる製品の完成品もしくはパッケージ類が展示されています。




昭和30年代のものと思われるカーモデル。
クオリティの高さではピカイチの田宮模型ですが、この頃は何ともアバウトな感じで、少々意外。 ひょっとしたら木製かな?(詳しく確認し忘れました…)
ちなみに左側の黒いのが初代セドリックらしいです。




私はもっぱらクルマ専門でしたが、ミリタリーモデルこそ田宮模型のメインストリートかと。



「こんなモデルも作ってたんやなぁ」 と、まさに温故知新。


「これこれ‼この辺がいちばん馴染みあるわ~」

と言っても、全くキョトン顔の嫁…(苦笑)

1/24スケール ”スポーツカーシリーズ” からタミヤワールドにどっぷり浸かったクロウスバンバン。
初めて手にしたセリカXXはパッケージこそ白地で華がないものの、抜群の出来の良さにドライバー人形&50ccスクーターのおまけ付き、そして”丁寧過ぎる”組立説明図に衝撃を受けた記憶があります。



当時から欲しくても買えなかった幻の逸品① 「シティR」

難しい事は分からないですが、(プラモデルの)シティRのリリース後、シティ・ターボが登場。シティ・ターボの特徴あるフロントグリルを再現する為、シティ・Rの(プラスチックを成型する)金型に手を加えてしまった為、2度と製品化出来なくなった、と当時聞きました。

※事実と違いましたらスイマセン…


当時から欲しくても買えなかった逸品② 「サバンナRX-7(前期型)」

上のシティ・R同様、後期型の1文字型テールのモデル化がされた為、金型の問題で再販出来ない、と聞きます。自転車こいて、あちこちの模型店に通った少年時代でしたが、この前期型RX-7(のプラモデル)は私自身、実際に見た事はありません。





プラモデルと比べると高価でしたので、親に買ってもらえるまで相当頼み込んだのが組立て型ラジコンモデル。上記のテレビ番組 「タミヤ・RCカーグランプリ」 の影響もあって、ファミコン・ブームと並行してラジコン・ブームなるものも仲間うちではありました。タミヤのラジコンに関しては語りたい事が沢山ありますが、また別の機会にしようかと…(笑)



ミニ4駆のコース。私が小学校高学年の頃からありましたが、拝見してますと、マシンの進化ぶりは、もはや付いて行けない、という印象を受けました。もはや”オトナのホビー”に昇格したのかもしれません。




ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

【体験コーナー】


①スイーツデコレーション制作体験



最近は、タミヤ=男性のホビー、という訳でもなさそうで、女性向けにスイーツの模型キットもリリースしている…らしい(笑)

真相を知ろう、ともしなかったのですが、全く興味のない嫁さんも連れてきているので、(嫁さんの)退屈しのぎに、こちらへ参加させてみました。



意外、と言ったら失礼なんですが、有料の体験イベントながら、結構賑わっておりました。こちらは「いちごクレープキーホルダー」作成のブースで、訪れた際の時間帯は満員御礼。


もう一方の 「スプーンアイスのキーホルダー」 なるブースで体験させました。

本人的には、ものづくりは比較的好きなので 「楽しかった‼」 との事。
布教活動パート1はとりあえず成功です。




【体験コーナー】

②ラジコンカー操縦体験




タミヤ本社の屋上 「こんなんなんや~」 と思いながら、スイーツデコレーション作成体験で少し上機嫌になった嫁さんを、続けて ”ラジコンカー操縦体験” のブースに連れて行きます(笑) 



あっちゃこっちゃ、ぶつけてしまうのは御愛嬌。

とりあえず布教活動パート2も(何となく)好感触でした。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

【本社・その他】




部分的にですが、オフィス部も見物させて頂ける内容でした。

ただ「撮影禁止」の部分もあり、全ての画像がないのが残念ですが、とても夢のある楽しそうな職場、という印象を受けました。


販売コーナーには、多くのタミヤ製品をはじめ、特徴的なウェア類、珍しいコラボ商品など、たくさんの方が買い物を楽しんでいらっしゃいました。



何てことのない社有車なんでしょうが、星のマークがついているだけでワクワクします。


【タミヤ・サーキット】




せっかく静岡市にきたので 「本社だけでは勿体ない」 と言うことで、本社からクルマで約5分くらいの場所にある ”タミヤ・サーキット” です。

前途の通り、20年位前に当時の友人と、テレビ収録のあるラジコンレースに参加。受け狙いで、当時で既にクラシカルなマシンで臨戦したのですが、案の定、予選敗退した思い出があります。




ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

【おまけ】



◆フジミ模型株式会社 (静岡市・登呂)◆


◆㈱青島文化教材社 (静岡市・流通センター)◆


◆旧・今井科学㈱跡地 (静岡市・沓谷)◆

 ※違っていたらスイマセン…








以上、長文ご覧頂き、誠に有難うございました♪

Posted at 2016/05/21 16:08:57 | コメント(13) | トラックバック(0) | プラモデル | 日記
2016年05月12日 イイね!

クロウスバンバン野外活動報告⑫ ~福井クラシックカーMTG・編~

クロウスバンバン野外活動報告⑫ ~福井クラシックカーMTG・編~こんばんは。いつもご覧頂き有難うございます。
今回も引き続き、野外活動報告をさせて頂こうと思います。

それにしても、あれだけやってた旧車ネタ。
やり尽くした感があるゆえにブログアップ自体、不精になっておりますが、とても有難い事に

「 旧車ネタ、楽しみにしています‼ 」

と、とある方に仰って頂いたので、また改めて再起したいと思う今日この頃です(*^_^*)




さてさて今回は5月5日、福井市にて開催されました 「 福井クラシックカーミーティング 」 に、みんカラお友達 "チューケン" さんと、同じく  " 1988 sunny " さんからお誘い頂き、行って参りました。



GWは道路がどこでも混んでいる、という先入観から、朝4時に奈良を出発。
今回はオール下道で福井に挑みました。


結局、渋滞には全くハマらず8時前に到着。やや眠い目をこすりながら、続々とやって来る来場車を眺めます。


そう眺めていると、チューケンさんが颯爽と登場‼
懐かしのE型エンジンサウンド、そしてサンルーフを開けた姿が何ともニクイです。



ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

◆ 会場の雰囲気 ◆



(すでに沢山の方がブログアップされておりますが) 会場の全体的な様子。
メーカー、車種、おおまかに共通させるカタチで展示されていました。
















今の時代に、なぜこのカタチが出ないのでしょう? と本気で思える位、素敵です‼




ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

◆ 当日お会いした方々のおクルマたち ◆



● " チューケン " さん  (パルサー・ミラノX1ターボ)
● " 1988 sunny" さん   (サニー・EXサルーン)


私のブログで、もはや常連な御両人(笑)。今回のハイライトは、沢山80カーをお持ちでいらっしゃる "チューケン" さんがGX60チェイサーと引き換えに、冬眠から覚醒させた " パルサー・ミラノ " 。
なんでも、数年前に、解体工場の前に置かれていた同車を危機一髪で救出 (お買い上げ) したとの事です。ちなみに購入後初めてナンバーを取得された、との事。同日、某有名な旧車専門誌の取材に応じていらっしゃいましたので、ひょっとしたら、後日掲載されるかもしれません。



● "AT-SPEED" さん ( R31スカイライン )
● "黒い地平線" さん (R32スカイライン )

" 黒い地平線 " さんとは、昨年夏、某旧車イベントにてお声掛け頂いたのがきっかけで今回お会いするのが2回目でした。

最近めっきり見掛けなくなった4ドアのR32スカイライン、という共通点から

「 次回は2台一緒に並べましょう‼ 」
 

とお約束を…

そして " 黒い地平線 " さんのお仲間 (…に加え、上記パルサーミラノの "チューケン" さんのリアル "みんとも" さんでもある) "AT-SPEED" さんによって次回開催される " 北陸スカイラインフェスティバル "  に有難くお誘い頂きました‼


● " a97562 " さん ( クラウン ロイヤルサルーン )

同じく、みんカラお友達で、昨年イベントで2回程お会いしておりました " a97562 " さん。
あくまで個人的主観にはなりますが 「 国産車は以前の5ナンバーサイズ位が扱いやすくって丁度良かったんですけどね~」 …的なお話を(私のしょーもない)旧車ネタにて、いつもコメントで頂戴しておりました。



● " I 田 " さん ( インプレッサWRX )

 "I田" さんも、今回お会いするのが2回目で、前回お会いしたのは昨年12月。
大阪・茨木市で開催された " 茨木ヴィンテージカー・ショー " にてご一緒でした。


 せっかくですので…


またまたお蔵入りだった "茨木ヴィンテージカー・ショー" の写真です…(苦笑)

私のみんカラお友達 " セーラからの贈物 " さん (以下、セーラさん) が茨木ヴィンテージカー・ショーにシャレードを出展されまして、その際セーラさんのお友達としてギャラリーでお見えだったのが I田 さんとの馴れ初め(!?)であります。
なおセーラさん、今回は残念ながら(福井には)お見えでは御座いませんでした。

あと I 田 さんについて、もう少々。俗に言う "レア" 車がお好きという事でして、インプレッサとは別にもう1台、AE91型のスプリンターもお持ち、との事です。


なお、 I田 さんを通じて、ほんの少しでは御座いますが、同じく会場にお見えでしたKP61スターレット (残念ながら画像は御座いません、スイマセン…)  にお乗りの " K tarou "   さんともお話させて頂くことが出来ました。


皆様、この度は誠に有難うございました ‼


ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

【 おまけ 】

◆ あれれ…何やってるんですか?? ◆




閉会式が終わり、" 1988sunny " さんが、何やら奇怪な行動を始めます…

「 いったい、何をやってるんですか??」

…実は 1988sunny さん、展示用と走行用とで、タイヤの銘柄を使い分けていらっしゃるのです。
展示の際は、トレッドパターンが、クチュクチュと細かい当時モノ " ブリヂストン GTスペシャル " に (その他 "JAFのエンブレム"や "フロアマット"も展示用で別途用意されるこだわり様です) 。

展示中、よく見ている方は 「今どき、こんなタイヤないで~」 と仰ってた方がいらっしゃいましたので1988sunny さんのアレンジを加えた展示は大変意義あるものだった、と思います。





最後までご覧頂き誠に有難うございました。

そして、会場でご一緒させて頂いた方々、この度は有難うございました。
Posted at 2016/05/13 02:41:03 | コメント(9) | トラックバック(0) | いろんなクルマ | クルマ
2016年05月09日 イイね!

クロウスバンバン野外活動報告⑪ ~ワクイミュージアム・編~

クロウスバンバン野外活動報告⑪ ~ワクイミュージアム・編~

こんばんは。いつもご覧頂き有難うございます。
1か月振りのブログアップで御座います。


そして、この度は九州地方の震災で被災された皆様、謹んでお見舞い申し上げます。幾度と訪れた事のある熊本・大分…実は今年の2月にも大分に行ったばかりでした。風景が良く、人々が暖かい、ほんと何度訪れても癒される場所が大きな被害を受けられた、という事に非常に心を痛めております。ありきたりな言い回しで只々恐縮ですが、一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。








さて、久々の投稿は、先月4月24日、みんカラを通じて大変仲良くして頂いております slcinquecento さんのお声掛けで行って参りました、埼玉県加須市 ("かぞ"市と読むらしいです) の ロールスロイス&ベントレーの私設博物館 「 ワクイ・ミュージアム 」 の訪問記。
実は、昨年末から着々と温められていた壮大 (‼) なプロジェクトでありました。





(昨年末、名古屋ガレリア・ルーチェで開催された「 白洲次郎のクルマたち」 の様子)


ブログアップするタイミングを逃し、すでにお蔵入りになっていた出来事なのですが、実は、昨年末、名古屋のガレリア・ルーチェで開催されておりました展示会 「 白洲次郎のクルマたち 」 slcinquecento さんと、みんからお友達の Gris Boreal さんと展示を見に行った時でした。

在りし日の白洲次郎さんが乗り回していた、とされる、古いベントレーの展示車を拝見しておりましたところ、slcinquecento さんから

「 ワクイ・ミュージアムという素晴らしい場所があるんです。今度、是非一緒に見に行きましょう‼ 」

とお誘い頂いたのがきっかけでした。 












国産大衆車ばかり見て育った身としては、ロールスロイス&ベントレー は、只々雲の上のクルマ達。

「 クロウスバンバンよ、ロールスロイスだなんて、… 大丈夫? 」


と思われそうですが…(苦笑)。

しかし、手に入れる事は出来なくても珍しさゆえに見せれ頂ける場所があるのはクルマ好きとしてはありがたいですし、 slcinquecento さんが仰るには、ミュージアム館長 ( ロールスロイス&ベントレー専門店 "くるま道楽" ワク井商会の社長さんでもある ) の涌井さんがとても素晴らしい方、…との事です。

もう10数年も前ですが、こちらにお邪魔した際、涌井さんには大変親切にして頂きました。」



(ワクイミュージアムのパンフレットより。右側写真の左側が涌井さん。なお右側は故・小林彰太郎 氏。)



なんでも、東京・文京区の "くるま道楽" さんから、今回の埼玉・加須市のミュージアムまで、かなり貴重なクルマ (失念しました…スイマセン) で送迎してもらったり、slcinquecento さんの憧れのクルマ "ベントレー・ターボR" に 「よかったら乗っておいでよ」 と鍵を渡されたり…顧客でもない上、庶民 (slcinquecento さん、失礼スイマセン… )  の立場であっても分け隔てなく普通に接して下さる、とか。

勿論、slcinquecento さんのお人柄 (クロウスバンバン的にも博識かつ、とても紳士で尊敬できる方です) だからこそ、というのもあると思います。




◆ 4月23日(土曜日) slcinquecento さん宅 ◆





今回の旅の相棒は、slcinquecento さんのリベロ。土曜の晩から出発です。

余談ですが、現地までの道中は、slcinquecento さんが少年時代に作られたカセットテープ 「 80年代国産車CM挿入曲・集 」 。 お分かりになられる方もいらっしゃると思いますが、インパクトあるSAPHOの初代MR-2や、井上陽水のセフィーロ、FFコロナクーペなどの "あの曲" が仮眠時間を覚醒させてしまいます。



ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー



◆ワクイミュージアム "ミュージアム" ◆


ワクイミュージアムは徒歩圏内で "ミュージアム"と"ヘリテージ" そして "ファクトリー" の3拠点。
まずは玄関口とも言うべき "ミュージアム" へ。

こちらには、先程の白洲次郎さんの愛車でもある、戦前のベントレーをはじめ、まさに博物館級のロールスロイス&ベントレーが約20台ほど展示されています。なお入館料は無料。


朝10時の開館時間には、涌井館長、そしてモータージャーナリストの武田公実さんが案内人として出迎えて下さいました。





"ミュージアム" に展示されている相当大きなリムジン。知識が御座いませんのでパ、ンフレットからですが、1960年のロールスロイス・ファンタムⅤ、というらしいです。立派な6ライトウィンドウは 国産の御料車 "プリンス・ロイヤル" もしくは "センチュリー・ロイヤル" に大きな影響を与えたのでは…と勝手に想像してしまいます。


◆ワクイミュージアム "ヘリテージ" ◆


"ミュージアム" から徒歩1~2分の場所にある "ヘリテージ" 。
機械遺産、もしくは文化遺産の継承を意味する "ヘリテージ" は新たなオーナー探し、もしくは現在のオーナーが次の人に渡そうと決意した時に安心して戻せる様に、という思想のショールーム。
売り物とはいえ、"遺産" や "文化財" という言葉がしっくりくるクルマの数々でした。











こんな並びは初めて見ました。まさに "文化遺産" 次はどんな人がオーナーになるのでしょうね。


◆ワクイミュージアム "ファクトリー" ◆



「 メカニックから塗装、内装まで匠の技を持った集団を集め ~ その技を見せながら作業する工房 」 (…ワクイミュージアムHPより抜粋)
単にサービスピットという意味合いを超えた " ファクトリー " は"見せる"という点の如く多くの見物客がいらっしゃいました。




" ファクトリー " の軒先にはレストア待ちの (様な) クルマ達がたくさん。
これらも滅多とお目に掛かれない並び、とついつい写真を撮ってしまいました。



ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー




≪ おまけ ≫

◆  素敵な出来事 ◆



当日は日曜日ということもありまして、"くるま道楽"のお客様も、沢山お見えでした。

幸い、こちらのおクルマのオーナー様とお話させて頂く事が御座いまして、お話の流れで

「皆さん御一緒に、ぐるっと1周、お乗りになりませんか?」

「 … え、本当にイイのですか?」




はい、まさかまさかと、まるで夢のような御厚意にしっかり甘えてしまった3人衆 (笑)

「 あのロールスロイスに乗せてもらった ‼ 」


と、まるで 「冥途の土産」 と個人的に感じる様な、そんな出来事でした。








この度、お世話になりましたワクイミュージアムでお世話になった方々をはじめ、素敵なきっかけを作って下さった slcinquecento さん、御一緒させて頂きました Gris Boreal さん、有難うございました‼

そして、最後までご覧頂き有難うございました。


Posted at 2016/05/10 00:35:53 | コメント(2) | トラックバック(0) | いろんなクルマ | クルマ

プロフィール

「停電で被災されていらっしゃる、みんともの皆様方へ。電気が一刻も早く復旧致します様、心より御見舞い申し上げます。」
何シテル?   10/02 19:05
御覧いただきありがとうございます。クロウスバンバンです。 いつも、皆様のたくさんの「いいネ!」を頂き感激しております。 誠にありがとうございます。 ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2016/5 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

ファン

106 人のファンがいます

愛車一覧

日産 スカイライン 日産 スカイライン
平成4年スカイライン4ドア2.0GTSタイプX(5MT)です。 平成12年7月(約100 ...
日産 マーチ 日産 マーチ
平成12年マーチ・ミア4WDです。 山間部における冬の通勤の足として、そして嫁さんの練習 ...
ホンダ ビート ホンダ ビート
平成4年ビートに乗っています。 保有期間は平成9年から現在に至ります。 当時アルバイトし ...
日産 マーチ 日産 マーチ
平成7年マーチG♯1300(5MT) 初めてのマイカー(父親名義でしたが…)でした。 新 ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.