• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2017年05月21日

第9回門司港ネオクラシックカーフェスティバル 追補版(その1)

第9回門司港ネオクラシックカーフェスティバル 追補版(その1) 門司港ネオクラシックカーフェスティバルに参加して来ましたが,毎度写真の編集作業だけで力尽きてしまうので,当方の独断と偏見により厳選した?参加車両をピックアップさせていただきます。



トップバッターは,紅いボントラ(ボンゴトラック)のダブルキャブ

ボンゴと言えば1966年にデビューし,昨年50周年を迎えた,マツダの中ではキャロルやファミリアに次いで古い名前になりますが,キャロルもファミリア(バン)も既にOEM車に成り下がっていますので,マツダ内製モデルとしては最長寿モデルですね。

初代ボンゴは,小型ワンボックスカーとして当時のベストセラーを誇り,ワンボックスカーの代名詞と言っても過言ではなかったので,所謂「ワンボックスカー」という名称が一般的に定着する以前は,「ボンゴ型車」や「ボンゴ車」と呼ばれていたことも有ります。

免許取得のために自動車学校に通っていた時に,年配の教官が「軽ボンゴ」と言った時は,30分笑いを堪えていたことがあります。



さて,こちらは一部では有名な糸目姉さんこと,自称「糸目今日子」さんの新しい愛車です。



元々福山地区消防の消防車だったと言うこの2代目ボンゴトラックは,1981年にマイナーチェンジした後期型で,エンジンはグランドファミリア等と共通のNA型1600ccガソリンエンジンを搭載。

ミッションはコラムシフトで,パワステやエアコン等の快適装備はついていません。



糸目姉さんのもう一台の愛車は,マツダの三輪トラック(T1500)なので,これでも超現代車なのかも。



ちなみに,糸目姉さんと談笑している時に,このボントラ要りませんか?と聞かれたんですが,僕が答えるより先に,相方さまに要りません!と答えられてしまいました(笑)

うちの相方さまは,商用車と高級車に興味を示されないので仕方ないですね。

もし,僕が手に入れたら惜しげもなく元色のバケツブルーに全塗装すると思いますが・・・。



どうせ残すなら,前期型がイイかなぁ(笑)



北海道から参加の,スカイライン(ジャパン)2000GT-E・S



イエローのジャパンなんてただでさえ珍しいのに,この個体は4ドアです。

オーナーさんのお話によると,スカイラインがマイナーチェンジで角目2灯なると聞き,前期モデルの在庫車の中からこのクルマを選んだとか。

もう1台の在庫車はワインレッドの2ドアHTのオートマチックだったようですが,こちらもレアですね。



ちなみに,僕は(年代的に)全く知らなかったんですが,刑事ドラマの「特捜最前線」で活躍していた,覆面パトカー(通称 特命車)は,全くの同色同グレードだったとか。



ワンオーナー車の証である「札56」ナンバーもイイですね。



でた!ラングレー!


このクルマを見た時に,実際に発してしまった言葉です。(笑)

N13型パルサーをベースに,当時の日産プリンス(スカイライン販売会社)系列の販売会社用に仕立てたクルマがこのラングレーです。

他の姉妹車にも,バイオレットリベルタの後継車?のリベルタビラと言う,更にマイナーなクルマが存在します。

パルサーとともに日産初の第7回の日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞しているので,それなりに評価されたクルマなのですが,オースターやスタンザのように,この頃の日産の派生車はどれもパッとしなかった時代ですね。(個人の意見です)



セダンのリアデザインはR31スカイラインに酷似した丸型のテールランプになっていて,スカイラインのイメージを強調していました。



「Skyline's MINI」って強調した割には,パルサーやスカイラインの影に隠れてマイナーな存在だったラングレーですが, 「東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件」の犯人が乗っていたと言うことで,一躍有名になり,当時の中古車価格も暴落したと言う悲劇のクルマになってしまいます。

この後日産の車種統合で,リベルタビラ共々パルサーに統合されてしまい消滅してしまいましたが,上記の不幸な歴史を考えると,このクルマが現存していること自体が「奇跡」と言っても間違いないような気がします。



ちなみに,ラングレーには1.6LのDOHCと1.5LのSOHCの他に1.7Lのディーゼルもありましたが,このラングレーはディーゼルでした。

つづく。
ブログ一覧 | イベント関連(旧車) | クルマ
Posted at 2017/05/28 11:30:59

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

関連記事

珍車PART716
元Gureさん

30年前、サニーと並ぶ日産車と言え ...
ユタ.さん

あやかりたいのは、ケンとメリー
くまとっどさん

保存版・ 珍車PART494
元Gureさん

日産、 ラ ン グ レ ー
利根川の天然水さん

コンパクトセダンでも、安っぽい感じ ...
高山の(秋)山さんさん

この記事へのコメント

2017/05/28 12:00:42
こんにちは。

先週の門司港ネオクラシックカーフェスティバル、お疲れ様でした。イエローの前期型ジャパンスカイライン、ワンオーナー車で当時ナンバー付きというのが素晴らしかったですね。そして、赤いボンゴトラック、良い味出していましたね。
コメントへの返答
2017/06/06 01:14:32
こんばんは。

ギャラリーお疲れさまでした。

イエローのスカイラインジャパンは,文句なしのグランプリでしたね。
2017/05/28 14:59:03
こんにちは!

T1500は、昔、祖母の家の近くにおそらく不動車が止まっていて、その3輪機構に興味津々で、通るたびに眺めていた覚えがあります。
懐かしいなー(*´ω`*)
コメントへの返答
2017/06/06 01:16:34
こんばんは。

僕が子供の頃,初めてマツダ三輪トラックを見た時は,既に珍しかったことも有って,「なんじゃこりゃー?」って感じでした。

身近に結構残っているので,今の方が珍しくなかったりして(笑)
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「Koji,家付きの車庫を買う(その2) http://cvw.jp/b/236785/42096912/
何シテル?   10/23 01:07
子供の頃からのマツダ車好きが高じて,「zoom-zoom」なマツダ車と,東洋工業時代の古いマツダ車を所有しています。 プロフィールの写真は,「赤いファミリ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/10 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

伝説の名車現る!! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/10/19 12:10:45
FCに乗るなら、お金と忍耐と時間と知恵が必要w 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/04/06 21:44:20
ハチマルヒーロー 2016年9月号 vol.37(BD1051 ファミリアXG) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/08/07 00:50:51

ファン

527 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ ロードスター ロードスター RS R-Package (マツダ ロードスター)
2010年式 ロードスター RS Rパッケージ(6MT) 2000年式のNB8Cロー ...
マツダ デミオ デミオ XD Touring (マツダ デミオ)
2014年式 デミオ XD Touring(6MT) デミオSPORT(DBA-DY5 ...
マツダ サバンナ サバンナ GSⅡ (マツダ サバンナ)
1971年式 サバンナGSⅡ(4MT) 2003年の夏、出張先に向う途中の車中から偶然 ...
マツダ ファミリア ファミリア XG (マツダ ファミリア)
1982年式 ファミリアXG(5MT) 1982年(昭和57年)7月に千葉県で新車登録 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.