• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

リッボーンの愛車 [トヨタ クラウンアスリート ハイブリッド]

アンプ追加編(ALPINE KTP-445UJ)

カテゴリ : オーディオビジュアル > カーオーディオ、ビジュアル > 取付・交換
目的チューニング・カスタム
作業ショップ作業
難易度★★
作業時間3時間以内
作業日 : 2015年06月12日
1
みなさんこんにちわ。
今日は以前から予定していたアンプの増設に着手しました。
作業はいつもの〇ートバックスさん。
今回はアルパインの小型アンプ、KTP-445UJをチョイスしました。
カロの同クラスのも検討しましたが、発熱の問題とゲイン調整がないのでアルパインにしました。取り付け場所はかなり迷いましたが、純正アンプの横のスキマにこそっと設置してもらいました。
ちなみに、今回はフロント、リアドアの4ch分にあてました。
カロのSW用はまた後日増設予定です。
2
ちょっとぼけてますが。。。
ゲイン調整用のツマミがついてます。
今回はできるだけ純正のアンプに負担をかけないように純正ナビでの音設定でイコライザー(といってもlo,mid,hiの3つ)をできるだけ下げて通常の音と同等をめざしました。
以前ですとボリュームは音楽用で大体「15」、映画鑑賞で「35」でした。特に映画鑑賞では1時間ほどすると急に音が小さく(それも聞き取れないほど)下がり、おそらく高熱で保護回路が作動したと思いますが、常時純正アンプはがんばってくれてたのだなぁーと。
その対策も兼ねてのアンプ増設です。
3
作業を開始しました。(ショップさんがです)
できれば純正アンプはスルーしたかったのですが、配線図(トヨタさんの)を見るとメインインパネ(ナビ)からの信号は1本のシールド線でこの純正アンプに入っているみたいで純正アンプを介してでないとアンプの増設は難しいだろうという結論でした。(もっとつきつめて解読すればもしかしたらスルーできたかもしれませんが)

したがってアルパインのアンプは純正アンプからスピーカーへの出力線に割り込ませる形となりました。
4
今回はこのクラスのアンプは必要ないかもしれませんが、一応バッ直コードを追加しました。
クラウンの場合はトランクにアンプとサブバッテリーがありますので配線しやすいのとそもそも純正アンプから電源を取り出す事が難しい状況でしたので。
幸運にもこのアルパインのアンプはリモート接続しなくてもスピーカーへの入力に対して電源が入るようになっていたみたいです。
なのでリモート配線はしなくてすみました。
5
配線中です。
それぞれのスピーカーのINとOUTを配線図に記載されている色を元にキボシ加工、接続していきます。
これが時間がかかりました。
そういう意味では配線図を入手していて良かったと本当に思います。
4chのIN,OUTですから合計8箇所のキボシ加工です。
6
配線が終わり仮組みした状態です。
この段階でゲイン調整を行い、本設置となります。
最初の状態ではイコライザーはALLフラット、アンプのゲインは最大で音を鳴らしてみました。

すると。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。





おー



爆音です。(予想していましたが)
なのでボリュームを「10」にし少しゲインを真ん中にしたところ多少は大きいですが良い感じになったのでこれで行こうと思ったんですが。


ところがですね。音楽以外の音、たとえばナビの案内音声とかしゃれにならないほどでかいんですよね。(ナビの女性の声も爆音!)
まぁーこれは設定で最小にしたらまだなんとかなるレベルだったんですが、タッチパネルの操作音は「ON」「OFF」しかなくてどうも音の調整はできないみたいです。「OFF」にすればもう少しゲインは上げれるんですが 操作音は切りたくないという全くの自己都合によりゲインの位置は真ん中より落としました。
結果、音楽のボリュームのレベルは「15」から「12」、映画鑑賞時のボリュームは「35」から「25」へと改善しました。
ただ、音の奥行きというか立体感ははっきりと変わったと感じました。
この時点でカロのSWは純正アンプの出力なんで後日アンプ増設すれば更に全体のレベルは期待できると思われます。(勝手な想像で)
7
仕上げていっているところです。
これはバッ直コードをコルゲートチューブで保護し配線したところです。
最終見えなくなる部分ではありますが、見ている方としては気持ちいいものです。
もちろんアンプまわりの配線も同様に作業されてました。
8
最終、アンプを固定したところです。
アルパインのアンプは発熱量が少ないですし、純正アンプやEVバッテリーとの干渉によるノイズも今のところ出てませんので 私的にはベストな位置と思ってます(横になにやら通風孔もありますし)

終わってみて。

音はハイパスをかけて(80Hz)ますので中高域がさらに音声レベルの上昇に伴い奥行きのあるマイルドな感じになりました。
以前はイコライザーの設定をかなり上げていたのでいわゆるドンシャリ系でしたが、イコライザーをフラット設定にする事によりマイルドな音になったと思います。
後はSWのアンプを足して(これもローパスかまして)どう音響を作るかてさぐりとなります。
基本、この時点でもかなり変わったので満足しています。

またSWのアンプ足した時にもUPします。

いつも私のヘタレな記事を見て頂いて有難うございます。
参考になれば幸いです。

イイね!0件




 

入札多数の人気商品!

 

関連整備ピックアップ

メタルツマミに交換

難易度:

巻きが悪いんで❗

難易度:

洗車記録

難易度:

ハイブリッドバッテリー交換 備忘録

難易度: ★★★

ドラレコ 取り付け

難易度:

2020/1/12 夜の洗車

難易度:

関連リンク

この記事へのコメント

2017/06/17 13:22:50
楽しく拝見いたしました。私は2.5 60thを乗ってます。最近昔購入したアンプに交換しようと情報を集めていました。リッボーンさんは 純正アンプの出力に市販アンプを接続したようですが、純正アンプ入力からは無理だったんでしょうか?教えてくれると助かります。


コメントへの返答
2017/06/17 18:44:03
ishittiさん

ご質問有難うございます。

型式やオーディオ関係が一緒でないと思われますのであくまでもAWS210用のお話をしますね。

簡単に言うと純正アンプの入力はシールド線でして、ライン入力ではなかったのです。
フロントのナビを外してみてもライン入力ではありませんでした。
このシールド線をラインに変換できる可能性がなかったので純正アンプとスピーカーの間にアンプをわりこませて、純正アンプの出力を増幅したわけです。
トヨタのライブサウンドシステムがすべて同じとは確認できてませんが、純正アンプの入力系統を確認できればライン入力が可能かどうか判断できると思います。
もし、ライン入力なら純正アンプを外してアフター用のアンプに交換できる事になります。
文章力が乏しくご理解頂けない点があるかもしれませんが、お役に立てれば光栄です。

プロフィール

「その後色々分かったこと http://cvw.jp/b/2380722/42923467/
何シテル?   06/04 18:18
リッボーンです。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

愛車一覧

トヨタ クラウン トヨタ クラウン
新、旧です。 4年で8万キロになりそうだったんでリセールバリュ考えて乗り換えました。V6 ...
トヨタ クラウンアスリート ハイブリッド トヨタ クラウンアスリート ハイブリッド
トヨタ クラウンハイブリッドアスリートS に乗っています。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.