• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2018年01月07日

奄美大島へ行ってきました🐠

奄美大島へ行ってきました🐠 [色文字はリンクとなっています。]

少し前になりますが、11月に奄美大島へ行ってきました。
行くきっかけは、成田空港から直行便が出ているからです。LCCで荷物や予約変更等が不可の最安値だと、季節や予約するタイミングにもよりますが、片道6千円台で行けてしまいます。
路線が路線だけに、廃止されない内に…、ということで実行しました。

奄美大島なので、車ネタは、ありません。

成田空港へは普段はご近所専門のノート号で出発、LCCが離発着する第三ターミナルまで歩いて行ける駐車場に止めたかったのですが、予約一杯、他の民間駐車場に停め、送迎バスに乗り、空港内バスに乗り継ぎ第三ターミナルへ着きました。
成田は13時半の出発、3時間のフライトで奄美大島へ到着です。予想に反し、飛行機はほぼ満席でした。LCC で、需要が喚起されたのかもしれません✨。
地元のレンタカー屋さんから、現行のマーチを借り、出発です。

最初に向かったのは、地元の大きなスーパー、ビッグ2です。LCCで我が家は往復最安値コース、帰りもお土産は一緒に持ち帰る訳にはいきません。
ここだと、5千円以上の買い物だと、送料無料にしてくれます。どうせ買うお土産なら、先にここで買い送っておくと、帰宅した頃にお土産も着いている、送料はタダ、LCCの重量制限にも引っ掛からないという算段です。

ホテルは、半島の先端にありますが、夜、街灯もない細い道でスリリングな道のりでした。

翌朝、ホテルの近辺を散歩です。
田中一村の画材(絵は下の方にあります)となったアガンの実と海。
alt

11月とはいえ、南国の海の色です。
alt
ホテルです。
alt
ホテルの玄関からのビューです。
alt

さて、二日目は島の南部を目指します。

非業の画匠、田中一村の奄美の居宅を見て、
alt
島の名物、鶏飯(けいはん)を名瀬市でランチで食べました。「鳥しん」という店です。
鶏の出しがよく出ているのが分かりました。
alt
もう一つ、奄美フーズとして、山羊汁を頼みました。
alt
マトン🐑に似ています。私は好きですが、連れ合い様は、消極的な評価でした🙅。
南に行くのは、マングローブ見学のためです。「黒潮の森」というところへ行きます。
干潟への上陸を狙って干潮時に行きましたが、これが後で仇となりました。
マングローブは、ガイドさんに引率されてカヌーを漕いで行きます。
始まる前に、我々のようなカヌー初体験者レベルの簡単に説明があった後、すぐに出発です。

行きは、潮の引くに合わせ、スイスイと進みます。
干潟へ上陸。

alt
蟹は出てこない…。
alt
もう少し暖かいと、辺り一面うじゃうじゃといるとか。
alt
帰りは、引き潮に逆らって進むことになりますが、これが難行苦行でした。
水面は穏やかですが、水路が微妙に狭くても、カヌーを漕ぐ上では、引き潮が急流となり、我々は自力では出発地へ戻れませんでした。結局、ガイドさんに引っ張って貰い、カヌーツアーを終えることが出来ました。想定外のハードな運動でした。

この後、更に南へ。加呂計島を見下ろす高知山展望台へ向かいます。奄美大島をドライブして思うのは、道路がよく手入れされていることにです。道路のうねりとか皆無で、ドライブは実に快適でした。雇用対策からも道路予算は潤沢なんでしょうか。

高知山展望台からは加呂計島を挟む海峡を一望出来、瀬戸内に引けを取らない風景を堪能出来ました。
alt
夕暮れです。
alt

名瀬市を通り、ホテルへ戻ります。
ホテルの食事はコスパ、味両面で我々にはイマイチだったのと、ご当地の方の日常食を食べてみたいというで、地元スーパーで夕ご飯を調達しました。

魚は南国風です。
alt
これも。
alt
豚肉需要は高いようで…、豚の面の皮?
alt

最終日は、博物館回り。
名瀬市にある奄美博物館へ行き、奄美の歴史を遅まきながらお勉強です。
NHK大河ドラマで西郷隆盛が始まりますが、財政危機に瀕していた薩摩藩が幕末には維新のリーダー格になぜなれたのか、奄美大島からどういう仕掛けで収奪が行われたのか、イメージ出来ました。
また、高校の倫社でヤポネシアという言葉を聞いたような…、そのオリジネーターの島尾敏雄の展示もありました。もっとも、当の島尾敏雄夫妻の壮絶な生き様も知りました。昭和40年代の文科系インテリの無節操さは、びっくりモノですね!。

この後、田中一村記念美術館へ行きます。
alt

田中一村の奄美在住の時の作品です。色鮮やかな日本画は、今もなお斬新です。日本のゴーギャンと言われる所以です。
alt

alt

才能に恵まれたが、運にはとことん見放された田中一村は、新しい作風を求め、千葉から奄美大島へ移住、大島紬の泥染めで働きつつ、再起を模索していましたが、最大の支援者で且つ理解者であるお姉さんの死もあり、筆折れ、この地で無念の生涯を終えました。
彼が認められるのは、死んでからです。彼の生涯、時々の作品が展示されていますが、彼の才能を最後まで信じ続け、独身を通したお姉さんの他界のところは、思わずホロリとしてしまいました。
今は、彼の実力にふさわしい立派な美術館も立っているのが、罪滅ぼしでしょうか。そんな気持ちになりました。

美術館に置いていた一村の生涯です。


美術館のロビーです。全てが、洗練されています。
alt

この後は、近隣の海岸とかを見て、お洒落な海辺の喫茶店、ばしゃ山村へも行き、夕暮れを背に帰京しました。
alt

alt



この碧さは、本州では見られない…と改めて思います。

それでは、さよなら、奄美大島!!
本当は車🚘で来たいが、東京からのフェリー🚢航路は既になく、あってもとんでもない料金だったと記憶しています。
alt

奄美大島は、沖縄ほど俗化されてなく、素朴な南国の海を味わうにはいいと思います。
回るに際しては、島の歴史島を最初に知ってからの方がお薦めです。






















ブログ一覧 | 日記
Posted at 2018/01/07 20:21:48

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

バニラで奄美
katsu10さん

奄美大島旅行
atsuhlyさん

奄美大島で鹿児島道の駅コンプ~!( ...
モリゾー!さん

計画を考えるのは楽しい♪
なお+さん

奄美大島駆け足旅(^^;)
96くろさん

備忘録2018鉛筆【5】
南国vivioさん

この記事へのコメント

コメントはありません。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「[パーツ] #ノート OIL SYSTEM DEEP CLEAR / ディープクリア http://minkara.carview.co.jp/userid/2383791/car/1891057/8966062/parts.aspx
何シテル?   01/23 00:10
グランディスを買ってから10年経ってから加入ですが、よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/4 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

リンク・クリップ

久し振りに洗車、タイヤも前後交換しました! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/01/07 09:46:57
九州へフェリー往復、別府♨️で湯治しました-その三 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/12/31 18:27:29
佐倉草ぶえの丘 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/04/24 13:25:50

お友達

ファン

7 人のファンがいます

愛車一覧

三菱 グランディス Graちゃん (三菱 グランディス)
グランディスに乗り始めてから、気づいたら10年以上経っていました。 特に手を入れたところ ...
日産 ノート ノート号 (日産 ノート)
家族の通勤、子供達の通学用です。 2年落ちの車を中古で買いました。 低燃費のグランディス ...
三菱 エテルナ 三菱 エテルナ
初めての三菱車です。 バブルの頃、このクラスのセダンは人気がありましたが、V型6気筒のせ ...
マツダ ファミリア マツダ ファミリア
人生で初めて乗った車です。昭和53年製、1300CC、4MTで白の3ドア、エアコンではな ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.