• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2008年10月09日

カーフィルムの法律運用とは(2) ガラス・建装時報に掲載

カーフィルムの法律運用とは(2) ガラス・建装時報に掲載 JCAA 
国交省係官招き勉強会
自動車フィルム需要喚起

 日本自動車用フィルム施工店会(JCAA、青木克眞会長)は9月30日、自動車フィルムの需要喚起をテーマにした勉強会を東京都千代田区の衆議院第一議員会館で開催。全国の
各支部代表、フィルムメーカー三社が出席しフリーディスカッションの形式で行った。主テーマは、自動車フィルムの機能を高めた遮熱透明フィルムの登場によって、運転席、助手席ドアガラスの可視光線透過率70%をクリアしながら、需要家の要望にどう応えるか。来賓にJCAAの活動を支援するやまぎわ大志郎衆議院議員、国土交通省直接管轄の山田了自動車交通安全技術企画課企画係長、自動車検査を直接担当する自動車検査法人の千葉美紀業務部業務課業務課長補佐を招いた。

 今回の勉強会は、昨年8月31日の開催に続くもの。前回より研修内容を深めようと、各支部代表から活発な意見が出た。
 参加した自動車フィルムメーカーは住友スリーエム、リンテック、アイケーシー。日本ウィンドウ・フィルム工業会の植木愛明事務局長も加わった。主要議題を話し合う前に自動車フィルムについての地区状況報告、当面する課題の情報交換を行った(別号に掲載)。
 現在自動車フィルム業界が抱えているフロントガラスと運転席側、助手席側のドアガラスの可視光線透過率70%問題についての意見交換には やまぎわ議員、山田国土交通省係長、自動車検査法人の千葉課長補佐も参加した。

 京都の井上和也氏はトヨタの商業用高級車(ACR30型エスティマ)の左右のドアガラスと三角ガラスの可視光線透過率測定結果を紹介した。その測定値(2004年8月31日、京都陸運局)は、左ドアガラスが69.6%、右ドアガラスが68.6%といずれも70.0%をクリアしていなかった(ガラス単体のみで測定)。左三角ガラス72.1%、右三角ガラスは71.7%だった。2006年7月の測定は、(H15年マツダMPV)フィルム貼付状態で66.7%、はがした状態の1回目計測値が69.2%、2回目が69.4%とそれぞれ数値が異なっていた。陸運局の測定に問題があるのか、自動車ガラスそのものが最初から70%をクリアしていない現実を指摘した。
 これに対し、国土交通省と自動車検査担当官は「測定器については、指定された検査器を使うことになっているが、車検の場合、民間の修理工場で計測するケースもあり、審査によって誤差が生じる場合もある。そこで当局としては誤解を与えないよう検査方法を統一、徹底させていきたい」と語った。
 安全を第一とする透過率70%確保に対し、次の意見も注目される。フロントガラスを含めて、ドアガラス(強化ガラス)は万が一衝突事故に遭遇した場合、ガラス破片が飛び散り、目を失明する恐れがある。これを防ぐには、ドアガラスに飛散防止効果の高いフィルムを貼ること勧める。
 防犯という面から、建築用フィルムでも採用されている2百マイクロメートル以上の「厚いフィルムを勧めるべき」という意見も出た。健康面から、女性は紫外線に弱いので、ドアガラスに紫外線カット機能を持つフィルムを勧めるのも一つの方法との提案があった。

 可視光線透過率70%クリアと関連して、既にJCAAが原案を作成した「カーフィルム保安基準適合証明書」の発行は重要な提案となっている。透過率70%規制で、陸運局が計測値を出す以前に、ドアガラスにフィルムを貼付する前の可視光線透過率70%の数値と、フィルムを貼付した後の数値をJCAA会員自らが自主的に記入し、消費者の信頼を得ようというもの。
 この証明書の記載内容は①フィルムを施工した車種②フロントガラス、左右フロントドアガラスの可視光線透過率(フィルム施工前と施工後)③使用したフィルムのメーカー名、ブランド名④フィルムの可視光線透過率⑤IR(赤外線)カット率⑥測定者の氏名と技能士番号。
 使用する測定器は3年に一度、日本ウィンドウ・フィルム工業会の測定検査を受ける事を義務付ける。施工したフィルムは乾いた状態で測定する。証明書は車の持ち主、証明書発行店、JCAAがそれぞれ一部ずつ、10年間保管する。車の持ち主は証明書を携帯し、車検や交通審査などで求められた時は速やかに提示するとしている。
 最近の自動車ガラスに使用されるガラスは、ガラス自体の可視光線透過率が70%ぎりぎりというのが増えており、この種のドアガラスには色ものあるいは透明断熱フィルムははることができない(可視光線透過率70%をクリアできないため)。そのため可視光線透過率80%程度のガラスに対して、高い遮蔽性を持ちながら透明性に富んだフィルムをメーカー各社が開発するようになった。
 その第一弾は、住友スリーエムが7月に発売した自動車ガラス用透明断熱フィルム「スコッチティントオートフィルムピュアカット89」。可視光線透過率89%を満足し、赤外線を67%カットする。このフィルムだと、ガラスに少し色がついていても、70%の透過率は確保できるという。同類のフィルムは他のメーカーも開発しているので今後に期待できる。


以上、ガラス建装時報(japan grass news)2008年10月5日号より
関連情報URL : http://www.b-pacs.com
ブログ一覧 | ウィンドウフィルム | 日記
Posted at 2008/10/09 18:48:45

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

ブログ人気記事

ありがとうございました!
M'z SPEEDさん

教えてください
mαri-sukёさん

閲覧注意でっせ❗️……🤠
3kさん

新型アルピーヌA110
7&8さん

大規模時空震から一夜明けて
林道茶会首席参謀さん

GT-R R35 フェニックスパワ ...
ラッシュモータースポーツさん

この記事へのコメント

2008/10/10 13:44:51
お疲れ様です^^

本当に有意義な会議ですね^^少し前の自動車メーカーは

かっこよさと人気を得るために新車の状態でスモークを

張っていたのを思い出します。また、自分もかっこよさを

選んでテールランプをブラックフィルムに張り替えたり

していました。

安全性の観点から、ブラックフィルムをテールやウインドウ

に使う事、視認性が逆に悪くなるクリアテールの使用・・・

色んな矛盾と想いが芽生えます。。。

一昔のヤンキーはブラックでしたね(笑)

確かにいかつく、カッコが良いですがメーカーサイド・官サイドが

まともな試験も出来ない機械を使うのは論外!少しならばも論外!

ユーザーが安心して選べて、気持ちの安心・事故への安心・何より

メーカーへの安心を勝ち取ってこその時代だと思います。

マフラー等の保安基準に続き確立して欲しい。一ユーザーの戯言でした

安全が一番です^^
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

1992年、京都で創業開始した某店のCEO。 防犯設備士資格者でもある。 1級小型船舶操縦士でもあったりするが、もし航海なんかに出たら間違いなく遭難するだろ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/1 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

愛車一覧

スバル レガシィツーリングワゴン スバル レガシィツーリングワゴン
これで3台目のレガシィ。 流石にスバリストと呼ばれても、仕方ないかも… 日本車で、レガ ...
スバル レガシィツーリングワゴン スバル レガシィツーリングワゴン
2台目のレガシィ。 永らく(約7年)BG5B GT-B5MTに乗り続けてましたが、 もっ ...
スバル レガシィツーリングワゴン スバル レガシィツーリングワゴン
最初のレガシィ。 以前のVOLVO850ターボエステートから、 『自分の身の丈に合ったク ...
トヨタ MR-S トヨタ MR-S
これ程までに、手足のように動くクルマがあっただろうか…。 操縦性、燃費、加速(0~80k ...

過去のブログ

2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2008年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2007年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2006年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2005年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.