• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2016年10月20日

まさかこんな形で三菱がメルセデスと合流する事になるとはね

まさかこんな形で三菱がメルセデスと合流する事になるとはね 日産 ゴーン社長「3社の独立性がアドバンテージ」…三菱自との提携

日産自動車のカルロス・ゴーン社長は10月20日、三菱自動車工業への34%の出資完了を受けて都内で記者会見し、仏ルノーを含む新たなアライアンスは「大部分の同業他社に対し優位に立てる」と表明した。

ゴーン社長は、新アライアンスの2016年度のグローバル販売が1000万台に達し「世界トップ3の自動車グループになる」と指摘。規模の面での「ハンディキャップはなくなる」と述べた。

また、三菱自を加えたアライアンスの強みは「ブランドの違う3つの企業が、それぞれ独立性をもっていること。アドバンテージになる」と語った。

三菱自との提携シナジーについては共同購買のほかプラットフォームや生産拠点の共用化などを列挙し、日産側だけで「17年度に237億円、18年度以降は年593億円まで拡大できる」との見通しを示した。そのうえで、三菱自との提携は「日産に長期的な投資収益を持たらす」と強調した。



ルノー・日産アライアンスに三菱自が加わり1000万台規模へ!! 業界はどう変わる?

当初の予定どおり、ルノー・日産連合の傘下に入った三菱自動車。10月20日、新たな役員人事が発表されました。三菱自動車の取締役会長 (代表取締役)は、日産自動車取締役会長兼社長 (代表取締役)で最高経営責任者であるカルロス ゴーン。取締役社長(代表取締役)は益子 修氏に。

取締役(代表取締役)として、日産からは三菱自動車の開発担当副社長に就任している山下光彦氏が内定。ほかに白地浩三氏、池谷光司氏が取締役(代表取締役)に内定しています。

益子修は、「当社の新しい筆頭株主となる日産の積極的な、戦略上、業務上および経営上のサポートを心より歓迎します。日産は、当社の取締役会と経営陣の一員として、より深化したアライアンスを通じて、お客さまの当社への信頼を再構築し、将来のシナジーを最大化させる手助けをしてくれることを期待しています」と述べています。

ルノー・日産と三菱新連合は、軽自動車における5年間の連携を礎に、シナジー創出のための多岐にわたるプログラムを開始する予定としています。具体的には下記のとおり。

・共同購買コストの削減・グローバルでの現地化の推進・工場の共用・共通の車両プラットフォーム・技術の共有・発展途上市場および新興市場における両社のプレゼンスの拡大・豪州などの市場における三菱自動車のお客さま向けに日産の販売金融会社を活用

今回のパートナーシップにより三菱自動車は、継続的に大きなシナジーが創出されることを見込んでいると期待をよせています。

2017年度には、営業利益率が1%、2018年度は2%、2019年度には2%以上の向上を期待しているそうで、またシナジーにより、一株当たりの収益も、2017年度には12円、2018年度には20円増加することを見込んでいます。

さらに、ゴーン氏は「三菱自動車との提携により、日産の享受するシナジーが2017年度に240億円を創出し、2018年度以降は年間600億円まで拡大すると予測」。

また人事でも動きがありました。日産は、三菱自動車の要請に基づき、役員体制の強化を目的として、日産のチーフパフォーマンスオフィサー(CPO)であるトレバー マンが新しいアライアンスパートナーである三菱自動車の最高執行責任者(COO)に就任する予定と発表。

マンの後任として、ホセ ムニョスが現在担当する日産自動車の北米事業に加え、チーフパフォーマンスオフィサー(CPO)に就任します。

カルロス ゴーン氏は、「拡大したアライアンスは、2016年度の年間販売台数が1000万台となる世界最大規模の自動車グループとなります。三菱自動車を迎えたことにより、17年前に創設したルノーと日産のアライアンスを特徴づける企業家精神やマネジメントの協力体制はさらに強固なものとなるでしょう。ひいてはこれが、すべてのステークホルダーに恩恵をもたらすものと確信しています」と今回の新たなアライアンスについて語っています。

今回の日産傘下入りによって三菱自動車は、ブランドの信頼回復を期すとともに、電動化車両、東南アジアを中心とした新興国市場でのさらなるシェア拡大、そして軽自動車やSUVなどの車種整理やテコ入れなども実施されるはずで、ゴーン流改革がどこまでできるか注目が集まります。

(塚田勝弘)


日産 ゴーン社長、益子氏留任は「株主の最大利益のため」…三菱自が新経営体制

日産自動車のカルロス・ゴーン社長と三菱自動車工業の益子修会長兼社長は10月20日、都内で記者会見し、三菱自の新経営体制を発表した。

ゴーン氏が会長に就き、益子氏は社長として留まる。日産からは4人の取締役のほか、COO(最高執行責任者)も派遣する。12月の臨時株主総会後の取締役会で就任する。日産と三菱自は、三菱自による軽自動車の燃費改ざんが表面化した後の5月に資本提携で合意していた。

日産は20日に三菱自への34%出資を完了、ゴーン氏は「三菱自動車はルノー日産アライアンスの正式メンバーとなった」と強調した。ゴーン氏は日産の会長兼社長および仏ルノーの会長との兼務となる。会見でゴーン氏は益子氏に経営を委ねることについて「株主の最大の利益のため益子さんは残るべきだと判断し、お願いした。ビジネスに合致した判断だ」と語った。

また、12月に経営から退く考えを表明していた益子氏は「なかなか気持ちの整理ができなかったが、17年度からの次期中期計画の道筋をつけるのも、経営責任の在り方と考えた」と述べた。


日産、三菱自への出資完了…単独筆頭株主に

三菱自動車は10月20日、日産自動車による三菱自動車への2370億円の出資完了を受け、日産が三菱自動車の発行済み株式の34%を保有する単独筆頭株主となった、と発表した。

これにより、三菱自動車は日産の戦略的な出資の一環として、日産とルノーの17年間にわたる力強いグローバルアライアンスの正式な一員に。また、利益率および一株当たりの収益を増加させるためのシナジー創出への道が開かれることになる。

日産と三菱自動車は、軽自動車における5年間の連携を礎に、シナジー創出のための多岐に亘るプログラムを開始する予定。

具体的には、共同購買コストの削減、グローバルでの現地化の推進、工場の共用、共通の車両プラットフォーム、技術の共有、発展途上市場および新興市場における両社のプレゼンスの拡大、豪州などの市場における三菱自動車の顧客向けに日産の販売金融会社を活用、など、多くの有益なシナジーが創出されることを見込む。

三菱自動車の益子修 会長兼社長は、「当社の新しい筆頭株主となる日産の積極的な、戦略上、業務上および経営上のサポートを、心より歓迎する」と述べている。



三菱自株の34%を日産が取得、カルロス・ゴーン氏は取締役会長、益子社長は続投と緊急会見

三菱自動車は同社株式の34%を日産自動車が取得したとして緊急記者会見を開きました。

既報の通り、三菱自動車の取締役会長に日産自動車の取締役会長兼社長のカルロス・ゴーン氏が就任、三菱自動車の社長の益子氏はそのまま続投します。

株式取得には、三菱重工、三菱商事、三菱東京UFJ銀行にも同意書に署名いただき、正式に日産・ルノーアライアンスの一員となった。これにより、様々なシナジー効果が生まれるはずだとスピーチ。

さらに、ゴーン氏は全員を代表して、三菱自動車、益子社長を全面的にサポートする。日本のクルマ作りの力を信じている。もっと濃く、日本の自動車産業の支援をできる、と強調しました。

益子社長は、4月22日にゴーンさんを訪ね、支援協力要請し、5/12に資本提携の記者会見を開き、その後、無事に株式取得の払い込み完了で安堵しています。この6ヶ月間、燃費不正問題で信用失う中、ゴーンさんは必ず克服できる、支援協力を惜しまない、と励ましてくれた。そして、三菱自動車の将来のあるべき姿などについてアドバイスをいただいた、と語りました。

また、アライアンスによるシナジー効果については、購買コストの低減、水島工場で日産自動車からデフの生産受託、開発では自動運転技術、環境、安全への対応やプラットフォームの共用、三菱自動車のプラグインハイブリッドについてアライアンスグループでの共用で原価低減、オーストラリア等の日産販売金融会社との提携などが挙げられるそうです。

また、ゴーン氏は「益子さんは辞めたいとおっしゃったんです。私が留任を強く要望しました。信頼レベルで個人的感情を犠牲にしても三菱自動車の最大の利益のため残ってください。」と益子氏の留任はゴーン氏の要望であったと明言しました。

(clicccar編集長 小林 和久)


三菱自の会長に日産のゴーン社長…記者会見で発表へ

日産自動車のカルロス・ゴーン社長と三菱自動車工業の益子修会長兼社長は10月20日、都内で午後4時15分から記者会見し、三菱自の新経営体制を発表する。ゴーン社長が会長に就き、益子氏は社長として留まる。

12月の臨時株主総会後の取締役会で正式就任する。日産と三菱自は、三菱自による軽自動車の燃費改ざんが表面化した後の5月、資本提携で合意していた。日産は今月中に三菱自へ34%出資し、持分法適用会社として傘下に収める。

三菱自は19日に、2017年3月期の連結業績予想を下方修正し、最終損益は従来予想より950億円拡大の2400億円(前期は725億円の黒字)となる見通しを発表している。燃費改ざんに伴う顧客への賠償費用などの損失処理を急ぎ、日産と一体になった経営再建を加速させる構えだ。




【新聞ウォッチ】日産のゴーン社長” シナリオどおり”三菱自動車会長を兼務へ

気になるニュース・気になる内幕---今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップし、その内幕を分析するマスコミパトロール。

2016年10月20日付

●三菱自会長にゴーン氏、日産・ルノーと3社トップ兼務(読売・2面)

●三菱自、赤字予想2400億円、3月期連結リコール費・円高影響(読売・8面)

●自動運転バスに注力、独ダイムラーバス部門副社長(朝日・8面)

●「銀河鉄道999」復活西武鉄道(産経・25面)

●笹子トンネル事故訴訟、2審も遺族側の請求棄却(産経・28面)

●認可2年工事は加速、リニア住民理解置き去り(東京・3面)

●三菱自、再生へ体制固め、日産との融合急ぐ、再編の波高く(日経・3面)

●インテル「車の頭脳」開発へ、自動運転にCPU(日経・13面)

●ホンダジェット増産、18年にも3倍、米工場にIoT(日経・13面)

ひとくちコメント

日産自動車のカルロス・ゴーン会長兼社長が、傘下に収める三菱自動車の会長に就任するという。12月に予定している三菱自の臨時株主総会後に開く取締役会で正式に決めるそうだ。

19日の日経夕刊が1面で「三菱自会長にゴーン氏、日産、益子氏の社長留任要請」と報じたほか、きょうの各紙も追随した記事を取り上げている。

ゴーン氏の三菱自動車会長就任は、早くからささやかれていたシナリオどおりのトップ人事と言えるだろう。なぜなら、今年5月に日産と三菱自の資本提携が決まった直後、まず問題の技術開発部門を立て直すためにゴーン社長は日産から山下光彦氏を副社長のポストに送り込んだ。

山下氏は日産でも副社長を務めていたが、山下氏が三菱自で副社長のポストのまま改革を推進した場合、その上の会長ポストは、常識的には山下氏と同クラス以上のキャリアを経験した人物になる。それに当てはまる人材は志賀俊之、西川廣人の両副会長か、ゴーン社長に絞られるからだった。

ただ、今回のトップ人事でもう一つの注目は、燃費データ問題が発覚後、暫定的に社長を兼務している益子修社長の処遇。各紙とも「20日に両氏が会談して最終調整する」と取り上げているが、きょうの朝日によれば、「あなたが辞めれば『景色』が変わってしまう。考え直してください」と、益子氏にゴーン氏が「翻意を促していた」と伝えている。

その朝日は「益子氏は社長留任」との見出しで「20日に、三菱自への34%の出資を終え、午後にもゴーン、益子両氏が会見して発表する」と報じている。

いずれにしても、きょうの紙面でも気が早いメディア(産経)が5月に資本提携を発表した時にゴーン、益子両氏ががっちり握手を交わした写真を掲載しているように。崖っぷちの日産をV回復させたゴーン流改革を三菱自でも試そうとして、ゴーン、益子というツートップで陣頭指揮を執ることになる。

だが、それこそ17年前の業界を取り巻く「景色」も、巨大財閥を抱える三菱自との社風も違うだけに、「コストカッター」の手腕がどこまで通用するのか、興味津々である。



日産ゴーン社長が三菱自動車の会長を兼任、益子氏は社長留任で何が起きる?

燃費不正問題の再発防止に向け、組織改正を図った三菱自動車(以降、三菱自)。

性能実験部が提出するデータを検証する立場にある「認証部」を開発本部から独立させ、山下光彦副社長による直轄体制としました。(10月15日~)

そして同社は10月19日、「業績予想の修正及び特別損失の計上」として、6月22日に発表した平成29年3月期の連結業績予想を下方修正。

その背景として同社があげたのが、新興国市場における市況回復の遅れ、想定を超える円高の進行、市場措置費用追加、水島製作所の減損など。

これにより、連結最終損益(純利益)は当初予想の1,450億円の赤字がさらに950億円拡大、前年度の725億円の黒字から一転して2,400億円の大幅な赤字となるようで、三菱自は月内に日産から34%の出資を受け入れる方向で準備を進めています。

そうしたなか、新聞報道によると、ルノー、日産のトップを兼任するカルロス・ゴーン社長が現会長の益子氏に代わり、会長に就く人事を固めたそうで、12月に開く株主総会後の取締役会で正式に決定する模様。

今後はゴーン会長が経営に関与し、山下光彦副社長とのコンビで三菱自の企業風土改革や日産との協業を進めることになるようです。

日産側は益子氏に三菱自の社長職に留まるよう、要請しているようですが、先に引責退任した相川前社長の後任として山下光彦副社長が日産から事実上の社長として現職に就いていることを考えると、三菱自の組織改革が軌道に乗り次第、益子氏は退任するものと予想されます。

このように日産は業績が悪化している三菱自の再建に向けたプランを着々と実行に移しており、今後は日産色への塗り替えがさらに加速しそうな状況になってきました。

(Avanti Yasunori)



カルロス・ゴーン氏が三菱自動車の会長就任の報道! 気になる三菱の行方と

両メーカーともスクープに対し肯定はしないが否定もしない

日経新聞はカルロス・ゴーン氏が三菱自動車の会長になるというスクープを流した。これを受け、すでにTVを含めたメディアは一斉に紹介。もはや確定事項というイメージになっている。ちなみに日産と三菱自動車はこの報道を「当社は何の発表もしていない」と微妙な対応(否定をしていない)。果たしていかに?

日経新聞だって根も葉もない話を作り上げることなどしない。これくらい派手なスクープになると、多少売り上げ伸びたり話題になったりすることより、ガセネタだったときのリスクのほうが大きいからだ。おそらく相当信頼性の高い筋からの情報だと考えていい。加えて十分ありうる話だと思う。立て直しはゴーンさんのライフワークである。

流れている情報をまとめよう。まず12月に開かれる三菱自動車の株主総会後に、ゴーン氏が日産の社長兼任で三菱自動車会長に就任。つまりゴーンさんが直接三菱自動車再建の指揮を取る。そして三菱自動車の益子会長兼社長には、留任を要請しているというもの。この情報で三菱自動車の株価がイッキに10%近く上がった。

驚く声も多いけれど、先行して三菱自動車に行っている、山下副社長(元日産副社長)から情報を聞き「抜本的に取り組まないと難しい」と判断したのだろう。三菱自動車を立て直すにはゴーン氏が直接指揮を取るしかないと思う。日産の経営危機も外国人であるゴーン氏だから救えた。トヨタの元副社長が采配振るっても無理だったろう。

この報道が本当なら三菱自動車の復興は確実

このニュースの反応を見ると、もっとも多かったのは「益子社長が今の三菱自動車の状況を招いた。残したらダメだろう!」という内容。確かに今の三菱自動車の役人的な「無事是名馬」状況や隠蔽体質(風とおしの悪い社風といったほうがトゲがない?)を作り出したのは益子社長である。なぜ残すのか、常識的に考えたらまったくわからない。

とはいえ心配しなくてもいいと思う。ゴーン氏が役人体質を容認するなど、とうてい考えられない。そもそも日産は三菱自動車と同じような役人体質だったため、このあたりの攻略法は十分承知だろう。益子さんがゴーン氏の期待に応えられなければ、即刻外せばいいだけのこと。こう書くと「先日まで日本国内販売戦略は騙されていたでしょ」。

確かに縮小均衡でシェアを落とし続けた日本国内の苦境は、ゴーンさんをもってしても気づくまで時間掛かった(もしかしたらデザイン戦略も騙されているかもしれない)。ただ三菱自動車の改革という「新しい課題」が目の前に出てくれば、ゴーンパワーは再びMAXになる。個人的には三菱自動車の復興が確実になったと考えます。

(文:国沢光宏)




三菱自、通期予想下方修正で営業赤字280億円…為替や市場措置費用が影響

三菱自動車は、2017年3月期連結業績予想を下方修正、営業損益が280億円の赤字になる見込みであると発表した。

三菱自動車は6月22日、通期業績予想で営業利益を250億円と発表。新興市場を中心とした市況回復の遅れに伴う台数・車種構成等影響(100億円)や販売費の増加(50億円)を資材費等コスト削減で挽回したものの、為替影響(340億円)や、燃費不正問題に伴う市場措置費用の追加(380億円)の影響が大きく、280億円の営業赤字となる見込みだ。

これに加え、水島製作所の減損見直しにより155億円の特別損失を計上。海外子会社の設備減損や海外投資の再評価などの影響もあり、最終赤字は前回予想の950億円から2400億円に膨らんだ。



日産・ルノー連合に三菱が合流するって事は今後そうなるよね~
さぁ~「三菱自動車」は消滅かな?
ブログ一覧 | 自動車業界あれこれ | 日記
Posted at 2016/10/20 21:58:51

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

関連記事

三菱自動車 ルノー ・ 日産 アラ ...
アクア ASX Ralliartさん

日産自動車 と 三菱自動車 戦略的 ...
アクア ASX Ralliartさん

今後どのような道を進むのか・・・
ライチュウ@滋賀さん

三菱の捨て身の反撃~日産・三菱提携~
無粋者@tankさん

思惑通り
silverstoneさん

(´・ω・`m9(`・ω・´)
ウッkeyさん

この記事へのコメント

コメントはありません。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「レーシングバージョンが出てきたらエンジンレイアウト変更の効果がより際立つのかな? http://cvw.jp/b/238718/41534431/
何シテル?   05/27 23:04
初めまして。 インプレッサG4に代替を致しました~ 自分色に染めて行こうと思います 燃費を気にする割にアクセル踏んじゃうんですよ~ バトンに関し...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/5 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

Knight's & Magic 
カテゴリ:ナイツ&マジック
2018/01/03 15:06:50
 
ナイツ&マジック 
カテゴリ:ナイツ&マジック
2018/01/03 15:06:23
 
ダミーセキュリティーの作り方 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/12/29 08:47:38
 

お友達

PV稼ぎの方や私とのやりとりを好ましく思わない方はご遠慮下さい。
基本的にはウェルカムですけどね(笑)
186 人のお友達がいます
たがちゃん@漢/湖岸MN/Raveupたがちゃん@漢/湖岸MN/Raveup * maru///maru/// *
ソニックプラスセンター新潟 たかぷソニックプラスセンター新潟 たかぷ *みんカラ公認 IIcx@赤GF8IIcx@赤GF8 *
イチロンロンイチロンロン * youji721005youji721005 *

ファン

100 人のファンがいます

愛車一覧

スバル インプレッサ G4 スバル インプレッサ G4
初の新車に代替をいたしました~ ターボからNAになりましたが、インプレッサはインプレッサ ...
スバル インプレッサハードトップセダン スバル インプレッサハードトップセダン
GC6を自らの事故で失った後、次の愛機を探している所コイツが浮上しました。 車重は10 ...
スバル インプレッサハードトップセダン スバル インプレッサハードトップセダン
初のマイカーです。NAという事とコズミックブルーマイカって色なのであまり回りにいない車な ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.