• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2018年03月30日

何種類の8シリーズが登場するのか

何種類の8シリーズが登場するのか BMW M8 新たなスクープ写真 クーペ/コンバーチブルの違い、明らかに

もくじ
ー 3つのボディ・バリエーション エンジン出力は609ps
ー 開発は並行して 8シリーズの遺伝子+強化されたDNA
ー 四輪駆動のラグジュアリー・スポーツクーペ ル・マンにも参戦

3つのボディ・バリエーション エンジン出力は609ps

BMWでは発売間近のパフォーマンスモデルであるM8を、3つのボディ・バリエーションで開発している。最初に発売されるふたつのボディタイプを初めて同時に捉えることに成功した。

ニュルブルクリンクでテスト走行を行っている写真から、M8クーペとコンバーチブルのデザイン上の違いが明らかだ。ルーフタイプの違い以外にも、このふたつのモデルでは、異なるシルエットを描く、それぞれ独自のトランクリッドが備わっている。


最近ジュネーブ・モーターショーで、M8 グランクーペ・コンセプトとして公開された、4ドアのグランクーペ・バージョンも後から登場する予定である。量産モデルのスタイリングは、コンセプトモデルからトーンダウンさせることで、2ドアのM8と非常によく似たものになると予想されるが、ヘッドルームを確保するために、そのルーフラインは高く描かれることになるだろう。

11月発売予定の新型8シリーズをベースに、M8には今年初めのデイトナ24時間を戦ったレーシングM8が搭載していた、BMW製ツインターボ4.4ℓV8エンジンが与えられるはずだ。

レースのレギュレーションを気にする必要がないことから、M8の量産モデルには、最新M5の600psと、メルセデス-AMG S63クーペの585psを上回る、609psを発揮するエンジンが搭載される見込みである。

開発は並行して 8シリーズの遺伝子+強化されたDNA

MディビジョンCEOのフランク・ファン・ミールは、M8の開発はスタンダードの8シリーズと同時にスタートしており、このふたつの開発プログラムが並行して進められたことを明らかにしている。彼はM8が「8シリーズの遺伝子に、サーキットでの能力と、鋭さを増したダイナミック性能、さらには正確さと敏捷性のDNAを強化したモデル」だと話す。

ファン・ミールはさらに「全てはBMW Mに相応しく、お客様からの高い要求をも満足させるドライビング・エクスピリエンスのためなのです」ともいう。


彼は、Mディビジョンが「M8を妥当なステップアップだと感じてもらいたかった」ために、BMWのエンジニアたちは「スタンダードの8シリーズがお客様にとってスポーティ過ぎないように」注意したと話す。

「全ての8シリーズを購入されるお客様がMモデルを欲しているからではないからです」とファン・ミールは続ける。

内部情報筋によれば、7シリーズと5シリーズ同様、8シリーズとM8は同じプラットフォームを使用するとともに、MモデルはM5と四輪駆動ドライブトレインの多くを共有する可能性があるという。

四輪駆動のラグジュアリー・スポーツクーペ ル・マンにも参戦

「現時点では何も申し上げる事はできません」とこの予測についてファン・ミールは話す。「われわれはラグジュアリーなスポーツクーペのマーケットを注視してきましたが、既にこの分野には多くの四輪駆動モデルが登場しています。そして、M xDrive四輪駆動システムが新型M5の純粋なハンドリングに何ら悪影響を及ぼしていないことも確認済みですから、四輪駆動を恐れる理由など何もないとは言えるでしょう」

「もちろん、このモデルについて明らかにしたいと考えています。われわれのラインナップの頂点に君臨するモデルです。いまのところ、われわれにはこのクルマを越える量産モデルの計画はありませんから、そのポジションに相応しい仕様が必要になることは理解しています」


M8にはスタンダードの8シリーズに対して多くのプレミアムが与えられるだろう。つまり、その価格は電動スーパーカーのi8さえも上回ることになるということだ。一方で、S63クーペの価格は13万1000ポンド(1989万円)であり、M8はこのシュトゥットガルトのライバルに対する競争力を維持する必要もある。

BMWでは、今年のル・マン24時間耐久レースに、M8のレーシング・バージョンであるM8 GTEで参戦予定であり、これはBMWにとって6年ぶりのワークス参戦になる。



BMW M8 グランクーペ が担う役割

BMWのスーパーサルーンとなる「M8グランクーペ」のコンセプトカーが、ジュネーブモーターショー2018に登場しました。BMWM7の上に位置するフラッグシップMとしてM8に課せられた役割は『人々を惹きつけること』。今回は、このM8グランクーペをみていきます。

20年ぶりの復活となる8シリーズ

2019年後半に登場予定の最上級モデル、BMW8シリーズグランクーペ。2ドアのクーペ、コンバーチブルとともに、新しい8シリーズを形成するモデルです。そのなかでもフラッグシップに位置するM8グランクーペがジュネーブモーターショー2018で発表されました。
BMWは、この新しい8シリーズで、ポルシェパナメーラ、メルセデスAMGの新型4ドアGTクーペなどと競合する、ラグジュアリーマーケットに参戦します。ジュネーブモーターショーで公開されたのは、そのプレビュー版のコンセプトでした。
ちなみに初代8シリーズは、BMWの最上級クーペとして1989年にフランクフルトモーターショーで発表、1990年に発売開始しされたフラッグシップモデル。リトラクタブルヘッドライトに、流麗なボディデザイン、そしてV型12気筒もしくはV型8気筒エンジンを搭載し、圧倒的なパフォーマンスを誇る1台でしたが、1999年に生産終了しました。
およそ20年ぶりに復活する8シリーズ、おおいに気になるところです。


いかにもラグジュアリーな8シリーズのエクステリア

8シリーズの2ドア版は、すでにヴィラデステコンコルソデレガンツァでコンセプト8シリーズクーペが発表されています。そのクーペからデザインエッセンスは共通として、4ドアとなったグランクーペは、圧巻のデザインとなっています。
まずフロントデザインは、新しいパターンのキドニーグリル(新型BMWX2とも同じテイスト)を採用し、7シリーズよりもやや小型化されたヘッドライトには、LEDのアイライン入り。フロントサイドから見ると、切れ長のヘッドライトが、より迫力あるフロントフェイスを作り上げています。

サイドからみると、低いノーズ、長いボンネットと、クーペを彷彿とさせるデザインをしており、そこに大径タイヤが前後に配置され、いかにもラグジュアリーなスポーツカーのオーラを醸し出しています。
さらに前輪の背後に穿たれたエアブリーザー、ドアへの深いプレスライン、リアタイヤに向かって張り出していくリアのフェンダーなどが、迫力あるデザインとなっています。
そのルーフラインは、トランク後端の跳ね上げラインまで、滑らかにつながり、エアロダイナミクスを考慮したメカニズムも相当含まれていると考えられます。

リアは、迫力を感じさせてくれる造形です。なだらかな傾斜のCピラーからリアエンドへとつながったラインは、リアトランクへとつながっています。
テールランプはLEDによるラインで構成、迫力のあるリアバンパー、4本出しマフラー、リアのアンダーディフューザーなど、Mらしいデザインが装備されています。歴代Mの中でも、相当攻撃的なデザインだと感じます。
量産版8シリーズはガソリンエンジンを搭載する予定。Mには4.4ℓV8ターボ、さらにM760iに採用されている、6.6ℓV12ツインターボを積むことになります。

贅を尽くした内外装でラグジュアリーを表現するだけでなく、BMWらしい圧倒的なパフォーマンスを合わせて提案されるこのクルマ。実際に目の前を走れば、クルマに詳しくない方も目を奪われるではないでしょうか。
M8グランクーペを購入する層は限られるとは思いますが、メーカーイメージを向上させ、デザインエッセンスを他のモデルへも転写することで、BMW全体の販売台数を増やす戦略が推測できます。その役目を果たすには、十分すぎるラグジュアリーカーだと考えます。




BMW M8 は全4バージョンを用意! 第2弾の2ドアクーペは今秋公開へ

BMWはジュネーブモーターショー2018で4ドアの『M8グランクーペ』を初公開したばかりだが、現在開発が最終段階となっている2ドア版の『M8クーペ』最新プロトタイプをスクープした。

未だ重いカモフラージュに包まれているが、スポーティなLEDデイタイムランニングライトやハニカムメッシュのエアインテーク、クワッドエキゾーストパイプは「グランクーペ」と同じデザインであることがわかる。またテールライトには、OLED(有機LED)の採用も噂されている。

『8シリーズ』の頂点に君臨するM8は、現在「FIA WEC」に参戦するレーシングカーの『M8 GTE』、及びジュネーブモーターショー公開された4ドアのグランクーペが存在しているが、2018年秋にはM8クーペ、2019年にM8カブリオレの公開を予定しており、全4バージョンのラインアップとなる。

今回捉えた最新開発車両は、ミシュランの265/40 R19タイヤを履いており、カーボンセラミックブレーキを装備していた。パワートレインは、『M5』に搭載されている4.4リットルV型8気筒エンジンをブーストアップし、最高出力は625psへ高められると予想される。また頂点には「xDrive」を搭載する6.6リットルV12型スーパーチャージドエンジンも噂されている。



M8のクーペ、M8コンバーチブル、M8グランクーペ、M8 GTEの4種類って事で良いのかな?
GT3とかは車格的に出ないのかな?
ブログ一覧 | BMW | 日記
Posted at 2018/03/30 22:45:37

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

関連記事

グランクーペの8シリーズ良いんじゃ ...
ウッkeyさん

レクサスの4drクーペLSがかなり ...
仁政さん

M8 に4ドア「グランクーペ」
シロナガスさん

普通の8だけじゃなくてグランクーペ ...
ウッkeyさん

レクサスのLSが中途半端なクーペス ...
仁政さん

外装も含めてどこまでが共通なのか
ウッkeyさん

この記事へのコメント

コメントはありません。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「ネットだとキモオタブルーって揶揄されるのですが… http://cvw.jp/b/238718/43064271/
何シテル?   07/16 23:15
初めまして。 インプレッサG4に代替を致しました~ 自分色に染めて行こうと思います 燃費を気にする割にアクセル踏んじゃうんですよ~ バトンに関し...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/7 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

ポケモンGO攻略まとめ  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/08/12 02:23:37
 
マギレコ攻略Wiki 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/08/12 02:22:57
 
Knight's & Magic 
カテゴリ:ナイツ&マジック
2018/01/03 15:06:50
 

愛車一覧

スバル インプレッサ G4 スバル インプレッサ G4
初の新車に代替をいたしました~ ターボからNAになりましたが、インプレッサはインプレッサ ...
スバル インプレッサハードトップセダン スバル インプレッサハードトップセダン
GC6を自らの事故で失った後、次の愛機を探している所コイツが浮上しました。 車重は10 ...
スバル インプレッサハードトップセダン スバル インプレッサハードトップセダン
初のマイカーです。NAという事とコズミックブルーマイカって色なのであまり回りにいない車な ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.