• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2019年05月07日

レガシィが先にフルモデルチェンジをするんだろうからレヴォーグのマイナーチェンジはコレで最後かな?

レガシィが先にフルモデルチェンジをするんだろうからレヴォーグのマイナーチェンジはコレで最後かな? スバル レヴォーグの改良モデルを発表。特別仕様車も2車種を設定

2019年5月7日、スバルはレヴォーグの改良モデルを発表。6月27日から発売する。

特別仕様車「ブラックセレクション」と「アドバンテージライン」を設定
レヴォーグは2014年4月に発表され、アイサイトをはじめとする最先端の安全性能と、スバルが培ってきたツーリング性能を高い次元で両立したスポーツワゴンだ。

今回の主な改良内容は、以下の2点
(1)ハイビームアシストが作動する車速を40km/hから30km/hに変更したことで夜間走行時の安全性をさらに向上させた。
(2)ボディカラーに新色のマグネタイトグレー・メタリックを採用。

特別仕様車は、以下の2モデルが追加された。

1.6/2.0STIスポーツ ブラックセレクション
1.6/2.0STIスポーツをベースに、ドライバーのスポーツマインドが高ぶるアイテムを採用。エクステリアは、18インチブラック塗装&切削光輝ホイールやブラック塗装のドアミラーカバーを装備。インテリアではブラックトリムとレッドステッチを組み合わせ、さらにレヴォーグ初となるレカロ製フロントシートを採用した。

1.6GT-S アイサイト アドバンテージライン
1.6GT-S アイサイトをベースに、大人のためのスポーティモデルを感じさせる専用アイテムを採用。エクステリアは、18インチブラック塗装ホイールやブラック塗装のドアミラーカバー&ドアハンドルを装備し精悍さを演出。またボディカラーは専用色としてクールグレーカーキを設定。インテリアでは落ち着いた色合いのブルーをアクセントとしたウルトラスエード/本革シートにより、上質感と機能性を高めた。

車両価格(税込み)は、1.6GT アイサイトの286万2000円~2.0STIスポーツ アイサイトの405万円。特別仕様車は、1.6GT-S アイサイト アドバンテージラインの334万8000円~2.0STIスポーツ ブラックセレクションの405万円。なお、1.6GT-S アイサイト アドバンテージラインは8月29日発売となる。


改良新型スバル・レヴォーグ レカロ採用/クールグレーカーキ、特別仕様車2モデル

ハイビームアシスト 30km/hから作動

スバルは、レヴォーグの改良モデルを6月27日に発売すると発表した。また、特別仕様車として2モデルを追加した。

レヴォーグ全体の主な改良内容としては、安全性能面ではハイビームアシストが作動する車速が40km/hから30km/hへ変更された。また外装色に、新色マグネタイトグレー・メタリックを採用している。

今回追加された特別仕様車の1台目は、1.6/2.0 STIスポーツ・ブラック・セレクションだ。

1.6/2.0 STIスポーツをベースにドライバーのスポーツマインドが高ぶるアイテムを採用。エクステリアは、18インチ・ブラック塗装&切削光輝ホイールやブラック塗装のドアミラーカバーを装備した。

インテリアではブラックトリムとレッドステッチを組み合わせ、さらにレヴォーグ初となるレカロ(RECARO)フロントシートを採用している。

2台目は、1.6GT-Sアイサイト・アドバンテージ・ラインだ。

こちらは1.6GT-Sアイサイトをベースに大人のためのスポーティモデルを感じさせる専用アイテムを採用。エクステリアは、18インチ・ブラック塗装ホイールやブラック塗装のドアミラーカバー・ドアハンドルを装備し精悍さを演出。またボディカラーは専用色としてクールグレーカーキを設定した。

インテリアでは落ち着いた色合いのブルーをアクセントとしたウルトラスエード/本革シートにより、上質感と機能性を高めた。

さらに、ハイビームアシストが作動する車速を従来の40Km/hから30km/hに変更。より低車速から作動を開始するようにすることで作動領域を拡大し、夜間走行時の安全性をさらに向上させている。

改良新型レヴォーグの価格は、286万2000円~405万円。

特別仕様車の価格は下記の通りとなっている。

1.6 STI Sport EyeSight Black Selection:356万4000円
2.0 STI Sport EyeSight Black Selection:405万円
1.6 GT-S EyeSight Advantage Line:334万8000円



スバル レヴォーグ 改良新型を発売へ…2つの特別仕様車を追加

SUBARU(スバル)は、『レヴォーグ』改良モデルを5月7日に発表、6月27日より発売する。

レヴォーグは、「革新スポーツツアラー」をコンセプトに、2014年6月に発売されたスポーツワゴン。今回の改良内容は、RECAROフロントシートを採用した特別仕様車「1.6/2.0 STI Sport Black Selection」の追加、ボディカラーに専用色クールグレーカーキを採用した特別仕様車「1.6GT-S EyeSight Advantage Line」の追加、ハイビームアシストが作動し始める車速を40km/hから30km/hに変更したことなど。

1.6/2.0 STI Sport Black Selectionは、1.6/2.0 STI Sportをベースに、18インチブラック塗装&切削光輝ホイールやブラック塗装のドアミラーカバーを装備し、インテリアではブラックトリムとレッドステッチを組み合わせ、さらにメーカーオプションでレヴォーグ初のRECAROフロントシートを設定したモデル。

1.6GT-S EyeSight Advantage Lineは、1.6GT-S EyeSightをベースに、18インチブラック塗装ホイールやブラック塗装のドアミラーカバー、ドアハンドルを装備して精悍さを演出したほか、ボディカラーに専用色としてクールグレーカーキを設定したモデル。インテリアでは落ち着いた色合いのブルーをアクセントとしたウルトラスエードと本革のコンビシートで上質感と機能性を高めた。

そのほか、今回からハイビームアシストが作動し始める車速を従来の40km/hから30km/hに変更。より低車速から作動することで作動領域を拡大し、夜間走行時の安全性をさらに向上させた。また、ボディカラーには新色マグネタイトグレー・メタリックを採用した。

販売計画は月販1200台。全車AWDで、価格は通常モデルが286万2000円から405万円。特別仕様車1.6/2.0 STI Sport EyeSight Black Selectionが356万4000円/405万円、特別仕様車1.6GT-S EyeSight Advantage Lineが334万8000円。


1.6の方は売れるんだろうな~クールグレーも特別感出るし
STIスポーツの赤内装が嫌いで買えなかった人には良いのかな?


スバル・レヴォーグが年次改良とともにふたつの特別仕様車を用意〈1.6/2.0 STI Sport Black Selection & 1.6GT-S EyeSight Advantage Line〉

スバルの屋台骨を支えるDセグメント・ステーションワゴン「レヴォーグ」が年次改良を受けた。主な変更点は、ハイビームアシストが作動する車速を変更(40km/h→30km/h)し、夜間走行時の安全性能をさらに向上させたことと、ボディカラーに新色のマグネタイトグレー・メタリックが加わったこと。同時に、2台の特別仕様車も発表された。

1.6/2.0 STI Sport Black Selection

 1.6/2.0 STI Sport をベースにドライバーのスポーツマインドが高ぶるアイテムを採用。エクステリアは、18 インチブラック塗装&切削光輝ホイールやブラック塗装のドアミラーカバーを装備。 インテリアではブラックトリムとレッドステッチを組み合わせ、さらにレヴォーグ初となる RECARO製フロントシートを採用している。


【1.6/2.0 STI Sport Black Selection の特別装備】

■ エクステリア
・ 225/45R18 タイヤ&18 インチアルミホイール(ブラック塗装+切削光輝)
・ ブラックカラードドアミラー&カラードドアハンドル

■ インテリア
・ ウルトラスエード/本革シート(ブラック、レッドステッチ)(アクセスキー対応運転席シートポジションメモリー機能付)
・ スライド機構付コンソールリッド(ブラック+レッドステッチ)
・ ドアトリム/ドアアームレスト(ブラック+レッドステッチ)
・ フロントコンソール(ブラック)(レザー調素材巻+レッドステッチ)
・ RECARO フロントシート+運転席 8 ウェイパワーシート(メーカー装着オプション)

1.6GT-S EyeSight Advantage Line

 1.6GT-S EyeSight をベースに大人のためのスポーティモデルを感じさせる専用アイテムを採用。エクステリアは、18 インチブラック塗装ホイールやブラック塗装のドアミラーカバー・ドアハンドルを装備し精悍さを演出。またボディカラ ーは専用色としてクールグレーカーキを設定。インテリアでは落ち着いた色合いのブルーをアクセントとしたウルトラスエード/本革シートにより、上質感と機能性を高めている。

【1.6GT-S EyeSight Advantage Line の特別装備】
■ 安全性能
・ アイサイトセイフティプラス(運転支援)[スバルリヤビークルディテクション(後側方警戒支援システム)/ハイビームアシスト(自動防眩ルームミラー付)]
・ アイサイトセイフティプラス(視界拡張)[フロント&サイドビューモニター/スマートリヤビューミラー]
■ エクステリア
・ 18 インチアルミホイール(ブラック塗装)&225/45R18 タイヤ
・ ブラックカラードドアミラー(フットランプ付)
・ ブラックカラードドアハンドル
・ LEVORG リヤオーナメント(ラスターブラック)
・ シンメトリカル AWD リヤオーナメント(ラスターブラック)
■ インテリア
・ インパネ加飾パネル:ブルードレープ調+クロームメッキ
・ ウルトラスエード/本革シート(ブルーアクセント、ブルーステッチ)

 なお、店頭デビューフェアは2019年6月29-30日、7月6-7日の開催が予定されている。



スバル「レヴォーグ」に特別仕様車追加 初のレカロシート装着モデルも登場

■改良モデルとともに特別仕様車も発売

 スバル「レヴォーグ」の改良モデルが2019年6月27日より発売されます。

 2014年4月に登場したレヴォーグは、「革新スポーツツアラー」をコンセプトとし、アイサイトをはじめとする最先端の安全性能とツーリング性能を両立したスポーツワゴンです。

 今回の改良では、ハイビームアシストが作動する車速を従来の40km/hから30km/hに変更。より低車速から作動を開始するようにすることで作動領域を拡大し、夜間走行時の安全性がさらに向上しています。

 また、ボディカラーに新色となるマグネタイトグレー・メタリックが採用されました。

 さらに、特別仕様車として「STI Sport ブラックセレクション」と「1.6GT-S EyeSight アドバンテージライン」が追加されました。

「STI Sport ブラックセレクション」はSTI Sport(1.6リッター/2リッター)をベースとし、外観では、18インチブラック塗装&切削光輝ホイールやブラック塗装のドアミラーカバーを装備しました。

 内装では、ブラックトリムとレッドステッチを組み合わせるとともに、フロントシートにレヴォーグ初となるレカロシートを採用するなど、ドライバーのスポーツマインドを刺激するようなアイテムを取り入れています。

 「1.6GT-S EyeSight アドバンテージライン」は1.6GT-S EyeSightをベースに、大人のためのスポーティモデルを感じさせる専用アイテムが採用されました。

 外観は、18インチブラック塗装ホイールやブラック塗装のドアミラーカバーやドアハンドルを装備して精悍なイメージとし、またボディカラーには専用色のクールグレーカーキが設定されています。

 内装では、落ち着いた色合いのブルーをアクセントとしたウルトラスエードと本革シートとすることで、上質感と機能性を高めました。

 価格(消費税込)は、「STI Sport ブラックセレクション」が356万4000円から356万4000円、「1.6GT-S EyeSight アドバンテージライン」が334万8000円となります。


スバル レヴォーグを改良

スバルは2019年5月7日、「レヴォーグ」の改良モデルを発表し、6月27日から発売する。また改良と同時に、特別仕様車「1.6/2.0 STIスポーツ Black Selection」、「1.6GT-S アイサイト Advantage Line」を追加した。

レカロも装着可能に

レヴォーグの改良点は、ハイビームアシストが作動する車速を40km/hから30km/hに変更したことと、ボディカラーに新色の「マグネタイトグレー・メタリック」の追加を行なった。

特別仕様車の「1.6/2.0 STIスポーツ Black Selection」は、人気グレードの1.6/2.0 STIスポーツをベースに、よりスポーティな装備を採用。エクステリアは18インチブラック塗装&切削光輝ホイール、ブラック塗装のドアミラーカバーを採用した。

インテリアはブラックトリムとレッドステッチを組み合わせ、さらにレヴォーグ初となるレカロ・フロントシート(メーカー装着オプション)を設定している。

「1.6GT-S アイサイト Advantage Line」は、1.6GT-S アイサイトをベースに、18インチブラック塗装ホイールやブラック塗装のドアミラーカバー/ドアハンドルを装備。

またボディカラーは専用色としてクールグレーカーキを設定。インテリアは落ち着いた色合いのブルーをアクセントにしたウルトラスエード/本革シートを装備し、質感を高めている。



スバル、レヴォーグを小改良 特別仕様車の設定も

スバルは5月7日、スポーツワゴン「レヴォーグ」 に改良を施すとともに、特別仕様車2モデルを発表した。

ミニバンやSUVに押され気味で希少種になってしまったステーションワゴン。そうしたなか、数少ないステーションワゴンとして気を吐いているのが2014年に販売が開始されたレヴォーグ。このたびモデルイヤー5年目のタイミングで施された改良の内容は、ハイビームアシストの作動下限レンジ拡大(40km/h→30km/h)のほか、ボディカラーへの新色マグネタイトグレー・メタリックの追加という小幅なもの。とはいえ、じっくりと熟成を進めているのはスバルらしいところといえるかもしれない。

新鮮さという面では、今回新たに設定される2つの特別仕様車に注目したい。うち1つは、1.6/2.0 STI SportをベースにRECARO製フロントシートや18インチブラック塗装&切削光輝ホイールなど装備した「ブラックセレクション」。

もう1つは、1.6GT-S EyeSightをベースに専用色クールグレーカーキを設定し、ウルトラスエードと本革のコンビシートや18インチブラック塗装ホイールを装備した「アドバンテージライン」だ。それぞれスポーツマインドと上質感というレヴォークの個性を引き立てたモデルといえる。特別仕様車の価格(税込)は以下のとおり。

なお改良モデル及び特別仕様車の販売開始は、6月27日が予定されている。

・1.6 STI Sport EyeSight ブラックセレクション:356万4000円
・2.0 STI Sport EyeSight ブラックセレクション:405万円
・1.6 GT-S EyeSight アドバンテージライン:334万8000円
(※クリスタルホワイト・パールのボディカラーは3万2400円アップ)



スバル・レヴォーグが年次改良!ついに大阪オートメッセで展示したコンセプトモデルを市販化

最上級グレード追加や安全装備の改良を施す

 スバルは5月7日にレヴォーグを改良し、6月27日から発売を開始すると発表した。登場から5年目を迎えるレヴォーグは5回目の年次改良が施され、ますます魅力的な仕上がりとなった。

 レヴォーグシリーズの最上級グレードとなるSTI Sportは1.6リッターと2リッターモデルのそれぞれに「STIスポーツブラックセレクション」、1.6リッターGT-Sには「1.6 GT-S アイサイト アドバンテージライン」の2モデルも追加した。

 今回の改良では、単眼カメラが前方の光を検知し、自動的にハイビームへの切り替えをおこなう「ハイビームアシスト」の作動する車速を40km/hから30km/hに変更。積極的にハイビームを作動させることで夜間走行時の安全性能が向上している。エクステリアではレガシィアウトバックやBRZにも設定されている新色マグネタイトグレー・メタリックがボディカラーに追加された。

スポーティな印象の2タイプの特別仕様車

 特別仕様車「STIスポーツブラックセレクション」も登場。1.6/2.0STIスポーツをベースに、スポーティなアイテムを纏っている。エクステリアはブラック塗装のドアミラーカバーやボディ同色のカラードドアハンドル、18インチブラック塗装&切削光輝ホイールといった特別装備を採用。

 インテリアでは、レヴォーグ初となるレカロフロントシートをメーカーオプションとして設定し、ブラック基調のフロントコンソールやドアトリムにレッドステッチをあしらい、上質な室内空間を演出する。

 もう一台の特別仕様車「1.6GT-S アイサイト アドバンテージライン」は、東京オートサロン2019や大阪オートメッセ2019でも展示された「レヴォーグ STI Performance」の市販バージョンともいえる仕上がり。

 1.6GT-S アイサイトをベースに、エクステリアには18インチブラック塗装ホイールやブラック塗装ドアミラーカバー・ドアハンドルを装備。加えてボディカラーに専用色クールグレーカーキを新設定。ラスターブラックのオーナメントと併せて精悍でスポーティな印象だ。

 インテリアでは、1.6リッターモデルでは初となるブラック基調のウルトラスエード&本革シートにブルーのアクセントをあしらった専用シートを搭載するほか、ブルードレープ調+クロームメッキの加飾パネルも専用装備する。安全装備では、アイサイトセイフティプラス(運転支援)、スバルリヤビークルディテクション(後側方警戒支援システム)/ハイビームアシスト(自動防眩ルームミラー付)、アイサイトセイフティプラス(フロント&サイドビューモニター/スマートリヤビューミラー)を装備する。

 価格はレヴォーグが286万2000円(税込)~、レヴォーグ特別仕様車 1.6/2.0 STI Sport EyeSight Black Selectionが365万4000円~、レヴォーグ特別仕様車 1.6GT-S EyeSight Advantage Lineが334万8000円となっている。


スバル・レヴォーグが夜間の安全性を向上! レカロシートを採用した特別仕様車も追加

 ボディカラーには新色を追加!

 SUBARUはスポーツワゴン「レヴォーグ」に安全性能の向上とボディカラーの追加を含む一部改良を施し、6月27日に発売する。今回の改良では特別仕様車2モデルも新たに設定した。販売計画は月販1200台。

 今回の改良では、ハイビームアシストが作動する車速を40km/hから30km/hに変更。低車速から作動を開始できるようにしたことで夜間走行時の安全性を高めている。

 また、ボディカラーには新色のマグネタイトグレー・メタリックを採用した。

 これに合わせ、特別仕様車も設定。レヴォーグで初となるRECAROフロントシートを採用した「1.6/2.0 STI Sport Black Selection」を追加した。それぞれ1.6/2.0 STI Sportをベースに、エクステリアには18インチのブラック塗装と切削光輝を施したホイールやブラック塗装のドアミラーカバーを装備した。インテリアにはブラックトリムとレッドステッチを組み合わせている。

 さらに8月29日に発売する特別仕様車「1.6GT-S EyeSight Advantage Line」は、1.6GT-S EyeSightをベースとし、ボディカラーに専用色のクールグレーカーキを選択できるようにした。STIスポーツアイサイトブラックセレクションと同様に、エクステリアには18インチのブラック塗装ホイールやブラック塗装のドアミラーカバー、ドアハンドルを装備して精悍さを演出している。インテリアには落ち着いた色合いの青系をアクセントとしたウルトラスエード/本革シートで上質感と機能性をさらに高めた。

 価格は通常モデルが税込み286万2千円~405万円、特別仕様車STIスポーツアイサイトブラックセレクションの1.6リッターモデルが356万4千円、2.0リッターモデルが405万円。1.6GT-Sアイサイトアドバンテージラインが334万8千円。

 店頭でのデビューフェアは6月29~30日、7月6~7日に開催する。
ブログ一覧 | 富士重工 | 日記
Posted at 2019/05/07 19:34:00

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

関連記事

WRXのMT復活は無いままVAは終 ...
ウッkeyさん

フォレスターよりも先にXVでも良か ...
ウッkeyさん

STIスポーツで今度出すのかな?
ウッkeyさん

WRブルーパールが選べる位の利点か ...
ウッkeyさん

60周年のアニバーサリーっていう割 ...
ウッkeyさん

E型で最終になるのかな?
ウッkeyさん

この記事へのコメント

コメントはありません。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「もうこんな時間か http://cvw.jp/b/238718/42876868/
何シテル?   05/20 23:55
初めまして。 インプレッサG4に代替を致しました~ 自分色に染めて行こうと思います 燃費を気にする割にアクセル踏んじゃうんですよ~ バトンに関し...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/5 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

ポケモンGO攻略まとめ  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/08/12 02:23:37
 
マギレコ攻略Wiki 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/08/12 02:22:57
 
Knight's & Magic 
カテゴリ:ナイツ&マジック
2018/01/03 15:06:50
 

愛車一覧

スバル インプレッサ G4 スバル インプレッサ G4
初の新車に代替をいたしました~ ターボからNAになりましたが、インプレッサはインプレッサ ...
スバル インプレッサハードトップセダン スバル インプレッサハードトップセダン
GC6を自らの事故で失った後、次の愛機を探している所コイツが浮上しました。 車重は10 ...
スバル インプレッサハードトップセダン スバル インプレッサハードトップセダン
初のマイカーです。NAという事とコズミックブルーマイカって色なのであまり回りにいない車な ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.