• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2019年05月07日

S4は1億越え、037は予想価格を大きく上回る金額に

S4は1億越え、037は予想価格を大きく上回る金額に ランチア・デルタS4ストラダーレ、1億円超えで落札 RMサザビーズ・オークション

グループBカーとは

FIAは複雑になりすぎた車両のクラス分けを整理するため、それまでのグループ1~9からグループA~Nに再区分して1982年から施行する。ラリーカーではそれまで義務生産台数が400台だったグループ4から、義務生産台数が連続する12カ月間で200台のグループBに移行し、専用のマシンの開発を容易にさせる規定へ再編された。

このグループBに真っ先に対応したのがランチアで、アバルトが開発した鋼管スペースフレームにミドシップというレーシングマシンそのものの構造を持つ後輪駆動の037ラリーを送り出し、1983年のマニュファクチャラーズ・チャンピオンを勝ち取る。

しかしグラベルや氷雪路では4輪駆動車が優位であることが明白となり、ランチアもミドシップ4WDのデルタS4を投入する。このデルタS4の開発もアバルトが担当し、ミドに積まれるDOHC直列4気筒1759ccエンジンはスーパーチャージャーとターボチャージャーの2段掛けとし、ストラダーレで250hp、ワークスマシンでは最終的に600hp超まで高められ、テストでは1000hpを越えていたという。

こうしてトップレベルの戦闘力を手に入れたランチアは、デビュー戦となったWRC1985年最終戦のRACラリーでデビューウインを飾り、翌1986年シーズン開幕戦のモンテカルロ・ラリーも制し王者は確実かと思われた。

しかし第5戦のツールド・コルスでエースドライバーのヘンリ・トイボネンがコントロールを失いコースアウト、炎上して亡くなるというアクシデントが発生してしまう。

シャシーナンバー155 デルタS4ストラダーレとは

トイボネンの事故の前からもハイパワーゆえの事故が続いていたこともあり、FIAはグループBによるラリーは1986年をもって終了し、1987年からは量産モデルをベースとしたグループA規定で行われることになり、究極のマシンによる闘いは幕を閉じることになってしまった。

今回RMサザビーズ・エッセン・オークションに出品されたシャシーナンバー155のデルタS4ストラダーレは、新車でイタリアのオーナーにデリバリーされ、後年フランス、ドイツに移るが、再びイタリアに戻るというヒストリーを持つ。

注目したいのは2200kmという走行距離で、30余年のドキュメントが付帯し、2018年には重整備が行われているという完璧なコンディションにあることから、最終的に新記録となる104万ユーロ/1億3208万円で決着がついた。

もともとの生産台数が限られ、当初からコレクターズカーとしてガレージに収まっているものがほとんどで、なかなか売り物件が出ないモデルの代表格といえる。それだけに、以前のオークションで6000万円程度まで上がっていたが、今回は驚きの額で終えたことは愛好家の間で語り継がれるに違いない。


ランチア037ラリー、1億円に迫る新記録 ノンレストア車がオークションに

037ラリー・ストラダーレ シャシーナンバー022とは

既報の1.3億円で落札されたデルタS4ストラダーレとともに、RMサザビーズ・エッセン・オークションには「ランチア037ラリー・ストラダーレ」も出品された。

アバルトが開発し、シャシーはダラーラ、スタイリングはピニンファリーナと、イタリアの匠たちが作り上げた037ラリーは、愛好家の間で最も美しく由緒正しいラリーカーと高く評価されている。

最終的にコンペティツィオーネも含めて217台が製作され、日本にも当時の代理店だったガレーヂ伊太利屋の手により10台余りが正規輸入された。ちなみに当時の定価は980万円で、奇しくもWRCでのライバルだったアウディ・クワトロと同額だった。

ドイツで開催されたエッセン・オークションに出品された037ラリー・ストラダーレは、シャシーナンバー022の個体。新車でシチリア島のパレルモに住むラリー好きのオーナーにデリバリーされたが、競技に使われることは無くロードカーとして楽しんでいた。2005年にボローニャ在住のオーナーがコレクション用に譲り受けたが、登録をすることなくそのまま倉庫に収められていた。

それが2015年に放出されてドイツのコレクターに渡り、今回出品されることになったのである。

037ラリー落札額の新記録

ここ数年で何台かの037ラリーがコレクターズ・オークションに出品されてきたが、これまでの最高落札額は約6000万円だった。このシャシーナンバー022は、低走行でオリジナル度が高く、さらには同時に後継モデルとなるデルタS4が出品されたことから、ことさら世界中から注目を集めることになったのである。
これだけのコンディションを保つ037ラリーは今後出ないだろう、ということから入札がヒートアップし、最終的に新記録となる77万ユーロ/9779万円で決着がついた。

闘うために作られたラリーカーのロードバージョンというヒストリーは、他のスーパースポーツや名ばかりの限定モデルと一線を画すだけに、ここでは正しく評価されたといえよう。

なお同時に出品されたランチア・ストラトス・ストラダーレも走行1万1800kmでオリジナル度が高いことから人気を集め、これまた新記録となる54.5万ユーロ/6922万円で落札されている。


037やストラトスが安いって訳じゃないんですよ?
ここまでのコンディションの車両が今後出てくる可能性なんてほとんどないでしょうから


やっぱS4はストラダーレでも高いなぁ~
ブログ一覧 | 自動車業界あれこれ | 日記
Posted at 2019/05/07 23:03:59

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

やっぱS4はストラダーレでも高いな ...
ウッkeyさん

155でアバルトって言ったら155 ...
ウッkeyさん

The Last Unicorn
Mustacheさん

( • ̀ω•́ )✧ CM's ...
RUN丸さん

ある意味新車以上の新車に仕上がった ...
ウッkeyさん

元々台数が少なくて尚且つ競技未使用 ...
ウッkeyさん

この記事へのコメント

コメントはありません。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「V8のディーゼルターボは流石だね http://cvw.jp/b/238718/42884400/
何シテル?   05/23 21:37
初めまして。 インプレッサG4に代替を致しました~ 自分色に染めて行こうと思います 燃費を気にする割にアクセル踏んじゃうんですよ~ バトンに関し...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/5 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

ポケモンGO攻略まとめ  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/08/12 02:23:37
 
マギレコ攻略Wiki 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/08/12 02:22:57
 
Knight's & Magic 
カテゴリ:ナイツ&マジック
2018/01/03 15:06:50
 

愛車一覧

スバル インプレッサ G4 スバル インプレッサ G4
初の新車に代替をいたしました~ ターボからNAになりましたが、インプレッサはインプレッサ ...
スバル インプレッサハードトップセダン スバル インプレッサハードトップセダン
GC6を自らの事故で失った後、次の愛機を探している所コイツが浮上しました。 車重は10 ...
スバル インプレッサハードトップセダン スバル インプレッサハードトップセダン
初のマイカーです。NAという事とコズミックブルーマイカって色なのであまり回りにいない車な ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.