• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2019年05月14日

当時のスバルには400万円は高級車でしたよ…

当時のスバルには400万円は高級車でしたよ… 【偉大な生産終了車】 スバル渾身のアルシオーネSVXはなぜ時代の徒花となったのか?

 毎年、さまざまな新車が華々しくデビューを飾るかげで、ひっそりと姿を消す車もある。

 時代の先を行き過ぎた車、当初は好調だったものの市場の変化でユーザーの支持を失った車など、消えゆく車の事情はさまざま。しかし、こうした生産終了車の果敢なチャレンジのうえに、現在の成功したモデルの数々があるといっても過言ではありません。

 訳あって生産終了したモデルの数々を振り返る本企画、今回はスバル アルシオーネSVX(1991-1997)を振り返ります。

文:伊達軍曹/写真:SUBARU、ベストカー編集部

■美しい外観と上質なボクサー6を兼ね備えたスバル究極の1台

 ほぼ同世代にあたる3代目トヨタ ソアラや4代目日産フェアレディZのみならず、初代BMW 8シリーズすら競合として視野に入る存在感と走行性能を誇ったスペシャリティクーペ。それが、1991年から1997年まで販売されたスバル アルシオーネSVXです。

 最大の特徴は、なんといっても巨匠ジョルジェット・ジウジアーロのオリジナルコンセプトに基づく斬新なデザインでしょう。

ジウジアーロ率いるイタルデザインの手によるデザインは「流麗」の一言。サイドウィンドウのラインに入ったラインは一際特徴的だ


 水平対向エンジンならではの低いノーズと、ルーフ以外の360°全面をガラスで覆った、まるで航空機のキャノピー(操縦席を覆う天蓋)のようなキャビン。そのサイドウインドウには、ルーフ部分まで回り込む複雑な三次元曲面ガラスが採用されています。

 この「グラスキャノピー」を実現させるため、ピラー(柱)はすべてガラスの内側に存在しているのがデザイン上の大きな特徴です。

 徹底したフラッシュサーフェス化(ボディ表面の段差を極力なくすこと)により、空力抵抗係数も0.29という抜群の数字をマークしました。

 そしてもちろんアルシオーネSVXは「デザインだけの車」ではありません。

 エンジンは新開発の3.3L水平対向6気筒「EG33」。これは北米向けレガシィの2.2L水平対向4気筒SOHCに2気筒を加え、さらにはDOHC24バルブ化したもの。

 低回転域から高回転域までひたすら豊かなトルクが発生し、なおかつきわめて静かでもあるという「最高の6発」でした。

 そして6気筒ゆえノーズは重いのですが、これまたきわめてスムーズに気持ちよく曲がってくれる車でもあったのです。

 駆動方式は(スバルですから)当然4WDで、通常時フロント35%/リア65%というトルク配分を走行状況に応じて電子制御で変化させるVTD-AWD(不等&可変トルク配分電子制御AWD)を採用していました。

■なぜ消滅? 今なお愛される名車が直面した2つの悲運

 以上の通り、かなり素敵なスバル アルシオーネSVXなのですが、なぜ1代限りで生産終了となってしまったのでしょうか?

 理由のひとつはバブル景気の終焉です。

 後に「バブル」と呼ばれた異常な好景気は、1990年3月に大蔵省(当時)が通達した「総量規制」を発端に崩壊へと向かいました。しかし1990年頃の世の中は、実はまだまだ浮かれていました。本格的に暗転したのは1991年秋頃のことです。

 そしてなんとも間の悪いことに、そんな景気後退側面の超直前である1991年9月に、スバル アルシオーネSVXという「高級パーソナルクーペ」はデビューしてしまったのです。……普通に考えて売れる可能性ゼロなタイミングでした。

「SVX」は「Subaru Vehicle X」の略。「大人の豊かなパードナルライフを演出する、本格グランドツアラー」というコンセプトを象徴した呼び名だという。スバルの気合の入れようがわかる

 でも、仮にアルシオーネSVXが1989年頃のバブル真っ最中に発売されたとしても、あまり数は売れなかったでしょう。

 理由はスバルの「ブランドイメージ」です。

 1991年当時のスバル(富士重工)には「高級車を作って売る会社」というイメージは皆無でした。そしてユーザーも高級うんぬんではなく「真面目に作られた頑丈な(でもお手頃価格な)車」を求めていました。

 そこにいきなり「ジウジアーロがデザインした高級クーペですよ!」と持ってきても、反応する人はいなかったのです。いや「いたけど、その数は少なかった」ということです。

 そして富士重工という会社自体も、当時は高級車を売るためのノウハウをまるで持っていませんでした。

 その結果、アルシオーネSVXという名車は一度も本格的なマイナーチェンジを受けることなく、だましだましの特別限定車をリリースしながら、その短い現役生活を終えました。

 でも、当時のスバルがこの車に付けた「500miles a day」というキャッチコピー、つまり「1日に800kmは余裕で走れます」というのは正真正銘の事実です。

 その証拠にアルシオーネSVXの中古車は今もけっこうな高値で取引されており、なかには「SVXから別のSVXに」と乗り継いでいるユーザーさえいるのです。

販売終了から20年近くが経過しているが、今なおSVXを愛し、乗り継ぎ続けるオーナーは数多く存在する

■スバル アルシオーネSVX主要諸元
・全長×全幅×全高:4625mm×1770mm×1300mm
・ホイールベース:2610mm
・車重:1620kg
・エンジン:水平対向6気筒DOHC、3318cc
・最高出力:240ps/6000rpm
・最大トルク:31.5kgm/4800rpm
・燃費:7.0km/L(10・15モード)
・価格:399万5000円(1991年式バージョンL)



アルシオーネあってのアルシオーネSVXだと思うんだけど、↑の書き方だと一代限りで消滅って感じに聞こえるのだが

にしてもカタログ燃費も悪いなwww

アマデウスが発売されていたとしても…変わらなかっただろうね~ってか状況は悪化したか?
乗ると気持ちいいクルマでした
ブログ一覧 | 富士重工 | 日記
Posted at 2019/05/14 21:16:23

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

関連記事

レガシィベースで復活とかしても…ダ ...
ウッkeyさん

昔の近未来感は今の近未来とは違うよ ...
ウッkeyさん

SUBARU SVX アルシオー ...
藍澤 勝男さん

スバル・トートバッグを買いました。
ELTENさん

いくらアメリカでスバル車が売れてい ...
ウッkeyさん

CX系アルシオーネSVXのカタログ
石狩港302さん

この記事へのコメント

2019/05/15 20:26:42
モーターショーで初めて見た時これ出たら買おうと思った。

2年後アマデウスを見てこれしかない‼️と心に誓った。

そして当時のショーカタログには5ドアのモデルがチラ見せ。

発売になったSVXは何か違う、ブリフェンは控えめにリアスポは非一体式。
そして同時期にBG型レガシィワゴンが出てこれがアマデウスを5ドアにしたVerに似てる。

購入したのはGTツーリングワゴンの革、タンデムサンルーフ、DSP等々エアバック以外は全部メーカーOP付けたてんこ盛りでした。
色だけはSVX専用色が展開したクリムソンマイカで少しレアで発売後2ヶ月ほどで納車されてほとんど見かけない車でした。

某SUBARUディーラーの前で信号待ちしていたらフェアで外にいたセールス氏達が全員見てたのに発信直前に気付いて恥ずかしかった。

あ、SVXは栃木某所のコースで北米仕様の車に乗ってバンクを疾走しました。
あの6気筒ホントに名機だと思います。
コメントへの返答
2019/05/15 21:48:07
今でも特徴的なクルマですからね

コンセプト通りに出ないのは今も昔もスバルはそうですからね(他のメーカーもそうですけどネ)

クリムゾンは確かに珍しい色でしたヨ

あぁ~気持ちいいでしょうね~
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「もうこんな時間か http://cvw.jp/b/238718/42876868/
何シテル?   05/20 23:55
初めまして。 インプレッサG4に代替を致しました~ 自分色に染めて行こうと思います 燃費を気にする割にアクセル踏んじゃうんですよ~ バトンに関し...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/5 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

ポケモンGO攻略まとめ  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/08/12 02:23:37
 
マギレコ攻略Wiki 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/08/12 02:22:57
 
Knight's & Magic 
カテゴリ:ナイツ&マジック
2018/01/03 15:06:50
 

愛車一覧

スバル インプレッサ G4 スバル インプレッサ G4
初の新車に代替をいたしました~ ターボからNAになりましたが、インプレッサはインプレッサ ...
スバル インプレッサハードトップセダン スバル インプレッサハードトップセダン
GC6を自らの事故で失った後、次の愛機を探している所コイツが浮上しました。 車重は10 ...
スバル インプレッサハードトップセダン スバル インプレッサハードトップセダン
初のマイカーです。NAという事とコズミックブルーマイカって色なのであまり回りにいない車な ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.