• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2019年05月14日

流石にSTIのマイチェンは小変更にとどまった感じだね

流石にSTIのマイチェンは小変更にとどまった感じだね スバル WRX S4/STI 改良モデルを発表

スバルは2019年5月14日、「WRX S4/STI」改良モデルを6月27日から発売することをに発表した。

「WRX S4/STI」は、卓越した走行性能と4ドアセダンの実用性を兼ね備えたスバルのAWDスポーツパフォーマンスを象徴するモデルだ。運転支援システム「アイサイト」を搭載し、先進安全性能も両立した「WRX S4」と、よりスポーツ走行に特化した仕様で、MTのみ設定している「WRX STI」をラインアップ。今回の改良に際し、各モデルのエクステリアデザインを一部変更し、よりスポーティさを強調した。

WRX S4

WRX S4 STI Sport EyeSightのフロントグリルのデザインを変更するとともに、メッキモールを追加してウイングモチーフを強調、よりスポーティなデザインとした。またWRX S4 2.0GT-S EyeSightの18インチアルミホイールの色をダークガンメタリックからブラックに変更した。

WRX STI

WRX STI全車のフロントフォグランプカバーを新デザインに変更。またWRX STI Type Sには切削光輝の19インチアルミホイールを採用。走りの躍動感を強調したデザインとなっている。

また、WRX S4/STI全車にハイビームアシストが作動する車速を従来の40km/hから30km/hに変更。より低車速から作動を開始することで作動領域を拡大し、夜間走行時の安全性をさらに向上。またトランクの開閉方法を変更し、全てのドアがアンロックされている場合、アクセスキーを持っていなくてもトランクを開けられる仕様となった。

【主な改良内容】


安全性能
ハイビームアシストが作動する車速を変更(40km/h→30km/h)
エクステリア
ボディカラーをダークグレー・メタリックから新色マグネタイトグレー・メタリックに変更
WRX S4 STI Sport EyeSightのフロントグリルにメッキモールを追加
WRX S4 2.0GT-S EyeSightの18インチアルミホイールの色をダークガンメタリックからブラックに変更
WRX STI全車のフロントフォグランプカバーを新デザインに変更
WRX STI Type Sの19インチ切削光輝アルミホイールを採用
操作性
トランクの開閉方法を変更


スバル WRX S4/STI 改良新型を発売へ…外観をよりスポーティに

SUBARU(スバル)は、『WRX S4/STI』改良モデルを5月14日に発表、6月27日に発売する。

WRX S4/STIは、スバルのAWDスポーツパフォーマンスを象徴する4ドアセダン。運転支援システム「アイサイト」を搭載して先進安全性能も両立した『WRX S4』と、スポーツ走行に特化した仕様でMTのみの『WRX STI』をラインナップする。

今回の改良では、各モデルのエクステリアデザインを一部変更し、よりスポーティさを強調した。

WRX S4については、「WRX S4 STI Sport EyeSight」のフロントグリルデザインを変更。メッキモールを追加してウイングモチーフを強調し、よりスポーティなデザインとした。また、「WRX S4 2.0GT-S EyeSight」の18インチアルミホイールの色をダークガンメタリックからブラックに変更した。

WRX STIについては、フロントフォグランプカバーを新デザインに変更。「WRX STI Type S」には切削光輝の19インチアルミホイールを採用し、走りの躍動感を強調したデザインとした。

また、WRX S4/STI全車で、ハイビームアシストが作動開始する車速を従来の40Km/hから30km/hに変更。より低車速から作動することで作動領域を拡大し、夜間走行時の安全性をさらに向上させた。また、トランクの開閉方法を変更し、全てのドアがアンロックされている場合、アクセスキーを持っていなくてもトランクを開けられる仕様とした。そのほか、ボディカラーをダークグレー・メタリックから新色マグネタイトグレー・メタリックに変更した。

販売計画は月販500台。価格は、WRX S4が336万9600円から409万3200円。WRX STIが386万6400円から406万0800円。


スバルがWRX S4/WRX STIのエクステリアデザインを一部変更、安全性や利便性も向上

2019年5月14日、スバル(SUBARU)はスポーティセダンのWRX S4とWRX STIの改良モデルを発表した。発売は2019年6月27日を予定している。

スバル WRXの改良点はいくつかあるが、車両価格は据え置かれている
今回のWRX S4/WRX STIの改良のポイントは、
 ■安全性能向上
 ■エクステリアデザイン変更
 ■トランクの操作性向上
以上の3つとなっている。

安全性においては、全グレードにおけるハイビームアシスト作動条件を変更。従来では40Km/hからの作動だったが、これを「30km/hからの作動」に変更。作動領域を拡大することで、夜間走行時の安全性を向上させている。

エクステリアデザインにおいては、ボディカラー「ダークグレーメタリック」を廃止して、新色「マグネタイトグレーメタリック」を追加した。

さらに、よりスポーティさを強調する変更が施されている。WRX S4 STIスポーツ アイサイトのフロントグリルにメッキモールを追加し、ウイングモチーフを強調。WRX S4 2.0GT-S アイサイトの18インチアルミホイールの色をブラックに変更(従来はダークガンメタリック)した。

またWRX STI全車のフロントフォグランプカバーを新デザインに。WRX STI タイプSには切削光輝の19インチアルミホイールを採用している。

操作性においては、トランクの開閉方法を変更。すべてのドアがアンロックされている場合であれば、アクセスキーを持っていなくてもトランクを開けられる仕様とし、利便性を向上させた。

この改良モデルの発売は2019年6月27日。車両価格は下記のとおりだ。

スバル WRX S4/WRX STI 車両価格
WRX S4 2.0GT アイサイト(2L 対4 DOHC 直噴ターボ・FA20型)CVT:336万9600円
WRX S4 2.0GT-S アイサイト(2L 対4 DOHC 直噴ターボ・FA20型)CVT:373万6800円
WRX S4 STIスポーツ アイサイト(2L 対4 DOHC 直噴ターボ・FA20型)CVT:409万3200円
WRX STI(2L 対4 DOHC ツインスクロールターボ・EJ20型)6MT:386万6400円
WRX STI タイプ S(2L 対4 DOHC ツインスクロールターボ・EJ20型)6MT:406万0800円


スバルのスポーツセダンWRX STI/S4が改良!  よりスポーティなデザインと安全性を実現

 ハイビームアシストの作動域を拡大!

 SUBARUは4ドアセダンの「WRX S4/STI」にスポーティなエクステリアを引き立たせるデザインの変更や、安全性や利便性を向上した改良モデルを発表した。2019年6月27日から発売する。販売計画は月販500台。

 WRX S4は、最高出力300馬力、最大トルク400N・mを発生するFA20型の水平対向4気筒、2リッターターボエンジンを搭載するセダン。トランスミッションにはスポーツリニアトロニックと呼ばれるCVTを組み合わせ、全グレードAWDレイアウトを採用する。さらに運転支援システム「アイサイト」を搭載するなど、先進安全性能も両立したモデルである。

 一方のWRX STIは、同じく水平対向4気筒の2リッターターボながら最高出力308馬力、最大トルク422N・mを発生する名機EJ20型エンジンを搭載し、6速MT(マニュアルトランスミッション)のみを組み合わせるフラグシップスポーツだ。

 今回の改良では各モデルのエクステリアデザインを一部変更したことで、よりスポーティさを強調した。

 WRX S4では「WRX S4 STI Sport Eyesight」のフロントグリルのデザインを変更し、メッキモールを追加して、グリル中央を横断するウイングモチーフを際立たせた。また、「WRX S4 2.0GT-S Eyesight」の18インチアルミホイールの色をダークガンメタリックからブラックへと変更している。

 WRX STIでは、全車のフロントフォグランプカバーを新デザインに変更している。「WRX STI Type S」には切削光輝の19インチアルミホイールを採用し、走りの躍動感を演出するデザインとなっている。

 また、WRX S4/STI全車において、ハイビームアシストが作動する車速を従来の40km/hから30km/hに変更した。低車速から作動を開始することで、夜間走行時の安全性をより高めた形だ。

 加えてトランクの開閉方法を変更しており、すべてのドアがアンロックされている場合にはアクセスキーを持っていない場合でもトランクが開けられるように利便性が向上している。

 価格は、WRX S4が税込み336万9600円~409万3200円。WRX STIが386万6400円~406万800円。店頭でのデビューフェアは2019年6月29~30日、7月6~7日に開催する。 一部改良内容

■ 安全性能 ・ ハイビームアシストが作動する車速を変更(40km/h→30 km/h) ■ エクステリア ・ ボディカラーをダークグレー・メタリックから新色マグネタイトグレー・メタリックに変更 ・ WRX S4 STI Sport EyeSight のフロントグリルにメッキモールを追加 ・ WRX S4 2.0GT-S EyeSight の 18 インチアルミホイールの色をダークガンメタリックからブラックに変更 ・ WRX STI 全車のフロントフォグランプカバーを新デザインに変更 ・ WRX STI Type S の 19 インチ切削光輝アルミホイールを採用 ■ 操作性 ・ トランクの開閉方法を変更


改良新型スバルWRX S4/STI 6/27発売 ハイビームアシスト、作動車速変更

トランクの開閉方法も変更

スバルは、「WRX S4/STI」改良モデルを6月27日に発売すると発表した。

「WRX S4/STI」は、卓越した走行性能と4ドア・セダンの実用性を兼ね備えたスバルのAWDスポーツ・パフォーマンスを象徴するモデル。運転支援システム「アイサイト」を搭載し、先進安全性能も両立した「WRX S4」と、よりスポーツ走行に特化した仕様で、MTのみ設定している「WRX STI」をラインナップしているのが特徴だ。

今回の改良では、各モデルのエクステリア・デザインを一部変更し、よりスポーティさを強調している。

WRX S4

WRX S4 STIスポーツ・アイサイトは、フロントグリルのデザインを変更。メッキモールを追加してウイングモチーフを強調。またWRX S4 2.0 GT-Sアイサイトの18インチ・アルミホイールの色をダークガンメタリックからブラックに変更。

WRX STI

WRX STI全車のフロント・フォグランプカバーを新デザインに変更。またWRX STIタイプSには、切削光輝の19インチ・アルミホイールを採用。走りの躍動感を強調したデザインとした。

さらにWRX S4/STI全車共通で、ハイビームアシストが作動する車速を従来の40km/hから30km/hに変更。低車速から作動を開始することで作動領域を拡大し、夜間走行時の安全性をさらに向上。またトランクの開閉方法を変更し、全てのドアがアンロックされている場合、アクセスキーを持っていなくてもトランクを開けられる仕様とした。

価格とグレード展開は下記の通り。

WRX S4 2.0 GTアイサイト:336万9600
WRX S4 2.0 GT-Sアイサイト:373万6800円
WRX S4 STIスポーツ・アイサイト:409万3200円

WRX STI:386万6400円
WRX STIタイプS:406万800円


スバル、よりスポーティに進化した『WRX S4/STI』改良モデル発表。6月27日発売

 スバルは5月14日、4ドアスポーツセダン『WRX S4』『WRX STI』の改良モデルを発表した。エクステリアの一部変更などがなされた同モデルは、6月27日より発売開始となる。

 スバルWRX S4/STIは、同社のAWDスポーツパフォーマンスを象徴する優れた走行性能と日常での実用性を兼ね備えた4ドアスポーツセダンだ。

 その卓越したパフォーマンスはモータースポーツ部門でも活かされており、スバル/STIによるニュルブルクリンク24時間レースをはじめ、ピレリスーパー耐久シリーズ、国内外のラリー競技などで同モデルをベースとするレーシングカーやラリーカーが活躍している。

 そんなスバルWRX S4/STIの改良モデルは、エクステリアデザインがよりスポーティな印象を与えるものへと変更された。

 運転支援システム“アイサイト”を搭載するWRX S4では、『WRX S4 STI Sport EyeSight』のフロントグリルにメッキモールを追加することで、ウイングモチーフを強調。また、『WRX S4 2.0GT-S EyeSight』の18インチアルミホールがダークガンメタリックからブラックに変更されている。

 さらに、スポーツ走行に特化したモデルとして、マニュアルトランスミッションのみが設定されているWRX STIは、全グレードに新しいフロントフォグランプカバーが採用される。また、『WRX STI Type S』には切削光輝19インチアルミホイールが与えられるという。

 この他、WRX S4/STIの両モデルで、ハイビームアシストの作動車速が従来の40km/hから30km/hに引き下げられることになり、夜間の走行安全性が向上した。さらに、トランクの開閉方法も変更され利便性の向上が図られている。

 6月27日から発売される改良型スバルWRX S4/STI。各モデルの価格はWRX S4が336万9600~409万3200円(税込)、WRX STIは386万6400~406万800円(税込)だ。


レヴォーグのオマケでマイチェンしたって感じだね…
アイサイト絡みの変更が主になっているからSTIに関してはボディ色のグレーが変更された以外はパッとしないかな
トランクの解錠方法ってどんな風に変わったのか現車見に行こうかな~
ブログ一覧 | 富士重工 | 日記
Posted at 2019/05/14 22:36:33

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

関連記事

WRXのMT復活は無いままVAは終 ...
ウッkeyさん

STIにサンルーフって必要なのかな…
ウッkeyさん

トヨタさん車作にプライドがあるのか
仁政さん

小さな気付き
”たっけん”さん

STiにもサンルーフ晴れ
DaiDai色さん

馬力下げる訳にいかないだろうけども ...
ウッkeyさん

この記事へのコメント

2019/05/15 21:53:17
気になってカーセンサー見たけどS4の2014年10万キロ近くでも200万近くするのね…
今の車を大切に乗ろう〜
コメントへの返答
2019/05/15 21:57:09
それだったら昨年モデルとかの試乗車上がりを300万とかで買った方がまだお買い得感あるんじゃないかな~
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「V8のディーゼルターボは流石だね http://cvw.jp/b/238718/42884400/
何シテル?   05/23 21:37
初めまして。 インプレッサG4に代替を致しました~ 自分色に染めて行こうと思います 燃費を気にする割にアクセル踏んじゃうんですよ~ バトンに関し...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/5 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

ポケモンGO攻略まとめ  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/08/12 02:23:37
 
マギレコ攻略Wiki 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/08/12 02:22:57
 
Knight's & Magic 
カテゴリ:ナイツ&マジック
2018/01/03 15:06:50
 

愛車一覧

スバル インプレッサ G4 スバル インプレッサ G4
初の新車に代替をいたしました~ ターボからNAになりましたが、インプレッサはインプレッサ ...
スバル インプレッサハードトップセダン スバル インプレッサハードトップセダン
GC6を自らの事故で失った後、次の愛機を探している所コイツが浮上しました。 車重は10 ...
スバル インプレッサハードトップセダン スバル インプレッサハードトップセダン
初のマイカーです。NAという事とコズミックブルーマイカって色なのであまり回りにいない車な ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.