• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2019年11月24日

グランツーリスモ2くらいのCGのクオリティかな?って思うレベルに見えたのですがw

グランツーリスモ2くらいのCGのクオリティかな?って思うレベルに見えたのですがw テスラ サイバートラックは「アリ」か「ナシ」か?…ゼロヨン10秒で防弾ボディに航続距離800km

テスラが21日、電動ピックアップトラック『サイバートラック』のアンベールを行った。これまでにない斬新なデザインのピックアップトラック。賛否がはっきり分かれるパターンの車であることは間違いないが、公式のライブストリーミングでは、配信終了後、すぐに「ORDER」ボタンが表示された。国内でも速攻でポチった人もいるようだ。

日本国内メーカーや自動車ジャーナリストの間ではテスラやEVは、いまだにイロモノ扱いのようだ。その視点でいけば、今回のサイバートラックもまさに「やっちまった」感が大きい。率直に真横からのシルエットはお世辞にも洗練されたとはいえない。直線的すぎる外観は、マニアにとってはデザイン放棄としか見えないだろう。

アンベールの冒頭でイーロン・マスク氏は「いままでのピックアップトラックはどれも同じような形だ」と述べ、サイバートラックのコンセプトはまさに「これまでにない全く新しいピックアップトラック」ということだ。

「これまでにない」「斬新」というのは、むしろ「万人にはうけない。とくに既存ユーザーには」ということなので、この点では、デザイン・スペックともに成功しているといっていいだろう。

現状公開されている北米仕様のスペックを整理してみよう。

0-60マイル/h:2.9秒(0-100km/hで3秒ほど)

航続距離:500マイル以上(800km以上)

ドライブトレイン:シングルモーターFR、デュアルモーターAWD、トリプルモーターAWDの3種類を設定

荷台幅:6.5フィート(約1.9メートル)

荷室容量:100立方フィート(約2831リットル)

積載量:1万4000ポンド以上(約6350kg以上)

乗車定員:6名(1席は補助いすタイプ)

全長:231.7インチ(約5.9m)

全幅:79.8インチ(約2.0m)

全高:75.0インチ(約1.9m)

地上高(クリアランス):16インチ(約40cm)

アプローチアングル:35度

デパーチャーアングル:28度

価格:3万9900ドル~6万9900ドル

その他、アダプティブサスペンションは車高調整が可能で荷台を下げたりできる。ACアウトレット(100-220V)と、電動バイク用の充電ポートも持っている。アンベールの最後には、サイバートラックに荷台にぴったり収まる4輪電動バギーが登場した。詳細は不明だが、オプションで販売されるのではないだろうか。イメージ画像では、すでにけん引型のキャンピング用トレーラーキャビン、荷台にビルトインするバーベキューコンロのキットなどが確認できる。

オートパイロットも当然搭載される。コックピットはモデル3同様にタブレット型のディスプレイがコックピット中央にあるのみだ。

ボディは高硬度の冷間圧延ステンレスで塗装なし。マットブラックモデルの販売もあるとの情報もあるが、未確認だ。ステンレスの素材むき出しというと、往年のデロリアンを彷彿とさせるが、外観デザインについて、いくつかのメディアは、イーロン・マスク氏が所有するロータス・エスプリをイメージしたのではないかと報じている(マスク氏は部分的な影響があった、とツイート)。Cybertruck design influenced partly by The Spy Who Loved Me https://t.co/HKBzxFNfzm— Elon Musk (@elonmusk) November 21, 2019

なおこのボディは防弾仕様になっており、9mmフルメタルジャケットの弾丸の防弾能力があるという。ガラスも強化防弾仕様とのことだが、アンベールのデモでは、鉄球でひびが入ってしまった。一般紙はさっそくこのアクシデントを取り上げ、テスラの株価が下がったと報じている。しかし、防弾ガラスというのは、銃弾をはじく能力より、貫通させない性能で評価されるものだ。ガラスは割れたが、鉄球ははじき返されている。

また、イーロン・マスク氏は、翌日、「製品版はもっと改善する」というコメントともに、事前テストで割れずに鉄球をはじき返している動画をツイッターにアップしている。

アンベールでは、スレッジハンマーによるボディ強度のデモも行われた。こちらのデモは成功し、2度ほどハンマーのフルスイングでもサイバートラックのドアにへこみがつくことはなかった。

防弾性能が市販車に必要かどうかは微妙だが、南アフリカでは防弾仕様の乗用車が売られているし、近年治安が悪化しているヨーロッパ、ロンドンなどではむしろニーズがあるかもしれない。Franz throws steel ball at Cybertruck window right before launch. Guess we have some improvements to make before production haha. pic.twitter.com/eB0o4tlPoz— Elon Musk (@elonmusk) November 23, 2019

気になるのは、ボディやガラスの強度は、対歩行者、乗員保護を考えると、頑丈であればいいというわけではない。エッジシェイプなボディやフェンダーと強靭な外板は、大型獣との衝突にはほしい性能かもしれないが、街中では対歩行者への攻撃性が増してしまう。また、割れないフロントガラス、サイドガラスは乗員保護の面でマイナスだ。エアバッグやその他の乗員保護装置が気になるところだ。

アンベールのデモ動画では、フォード『F150』との「綱引き」とポルシェ『911』との加速対決も紹介された。デモ動画なので、どちらもサイバートラックが勝利する。綱引きは、フォードトラックは、スキール音とともにいとも簡単に引きずられてしまった。瞬間的にピークトルクが出せるEVは、先に相手のタイヤをスリップさせられるので、当然といえば当然だ。これは、できれば「トップギア」あたりがウニモグと勝負してみてほしい。

最高速ではなく加速勝負もEVの得意分野だ。0-60マイル/h(0-96km/h)が3秒以下。0-1/4マイル(400m)加速で10秒というから、並みのスポーツカーでは勝つのは難しい。

サイバートラックについて、現時点での情報などをまとめてみた。メーカー、専門家、自動車ジャーナリストは、ガラス強度デモの詰めの甘さ、やりすぎで突き抜けてしまったデザイン、いろいろ「安心」できるポイントは多かったかもしれない。「ピックアップトラックは日本市場には関係ないし、テスラもEVもしょせんまだイロモノ」と。

しかし、よくもわるくも、あのデザインにGOをだせて市場投入を決断できる自動車メーカーはおそらくない。EVのピックアップトラックは、すでにRIVIANというメーカーが『R1T』というトラックを販売している。こちらは、フロントのアイコン以外はオーソドックスなピックアップトラックのデザインを踏襲している。テスラとしては、R1Tも超えるデザインが必要だったのだろう。それも中途半端に妥協するより、トラックや乗用車の既存デザインを否定するくらいのインパクトを優先させた。

ただし、ピックアップトラックの本質であるヘビーデューティーさと荷台(BED)だけは残す。それが防弾仕様でありハンマーでもへこまないボディ。デザインからは想像できない実用的な荷台となった。

おそらくテスラは、伝統的なピックアップトラックユーザーは見ていない。陳腐な表現で恐縮だが、ユーザーがサイバートラックを選択するとき、サイバートラックもまたユーザーを選択しているのだ。


テスラ初の電動ピックアップトラック、『サイバートラック』発表…0-96km/h加速2.9秒

テスラ(Tesla)は11月21日、同社初の電動ピックアップトラック、『サイバートラック』(Tesla Cybertruck)を、米国カリフォルニア州ロサンゼルスで初公開した。

テスラは2016年7月、今後の経営計画を示した「マスタープラン パート2」を発表した。その中で将来、電動ピックアップトラックを開発する意向を示していた。

今回、初公開されたサイバートラックとは、「サイバーパンク」(Cyberpunk)に由来するネーミングだ。サイバーパンクは1980年代、サイエンス・フィクション(SF)の新ジャンルとして登場し、映画『ブレードランナー』がサイバーパンクの先駆け的作品と言われている。

◆従来のピックアップトラックとは全く異なるデザイン

サイバートラックの開発のテーマは、「スポーツカーよりもパフォーマンスが高く、トラックよりも優れたユーティリティ」だ。サイバートラックは、トラックの実用性とスポーツカーの性能を備えた設計が特長になる。サイバートラックは、高い耐久性と汎用性、動力性能を持ち、オンロードでもオフロードでも優れた性能を発揮するように設計されている。

デザインは、従来のピックアップトラックとは全く異なり、非常に斬新だ。真横から見ると、三角形に見えるデザインとした。また、ヘッドライトとテールランプは、それぞれ横一列につながっている。

サイバートラックには、耐久性と乗員保護性能を追求した強固なボディシェルを導入する。すべてのコンポーネントには、高強度の冷間圧延ステンレス鋼を使用した。装甲ガラスも採用されており、優れた強度と耐久性を備えている。テスラによると、ボディはほぼ貫通不可能という。

◆初のトリプルモーター仕様は航続805km以上

サイバートラックには、シングルモーター+リアホイールドライブ、デュアルモーター+オールホイールドライブ、トリプルモーター+オールホイールドライブの3種類のEVパワートレインが設定される。このうち、3個のモーターを搭載するトリプルモーター+オールホイールドライブ仕様は、『モデルS』や『モデルX』など、テスラの既存の市販EVにはないサイバートラックだけのシステムだ。

シングルモーター+リアホイールドライブ仕様の場合、0~96km/h加速6.5秒以内、1回の充電での航続402km以上の性能を持つ。デュアルモーター+オールホイールドライブ仕様では、0~96km/h加速4.5秒以内、1回の充電での航続483km以上だ。トリプルモーター+オールホイールドライブ仕様の場合、0~96km/h加速2.9秒以内、1回の充電での航続805km以上の性能を発揮する。

充電は自宅をはじめ、最新のV3テクノロジーを含む1万4000か所以上のスーパーチャージャーネットワークが利用できる。EVユーザーの長距離走行を支援している。

◆17インチの大型タッチスクリーン

インテリアは、フロント3席、リア3席の最大6名乗車が可能だ。後席の下には、収納スペースを備えている。ダッシュボードには、ステアリングホイールと17インチの大型タッチスクリーンのみが配置されるシンプルなデザインだ。17インチの大型タッチスクリーンには、新開発のユーザーインターフェイスを備えている。

荷台には、ロック付きのカバーが装備されており、ツールボックスやスペアタイヤなどが積載できる。最大積載量は1587kgだ。

アダプティブエアサスペンションを採用した。サスペンションを上下に100mm動かして、車高を調整することが可能だ。このセルフレベリング機能により、乗降性を引き上げ、荷台への積載性も高めている。

I'm gonna tell my kids this is the first pick-up pic.twitter.com/RyNcYfIZ33— Tesla (@Tesla) November 23, 2019


70年代のウェッジシェイプな感じのスタイリングで
ブログ一覧 | 自動車業界あれこれ | 日記
Posted at 2019/11/24 18:17:54

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

関連記事

後が開いているとトラックっぽく見え ...
ウッkeyさん

Teslaがサイバートラックを発表 ...
ash♪さん

LA AUTO SHOW 2018 ...
もんちっち_♂さん

小型二人乗りEV(^^♪
Garage Kさん

トヨタの億車が霞んで見えますね
仁政さん

Model X75kWhモデルの航 ...
em90dさん

この記事へのコメント

コメントはありません。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「@みぃ助の姉 関東地方はここ数日続いてますからね…週末には雪が舞うかもなんて予報も一時あったけど降るのやら?」
何シテル?   12/05 23:49
初めまして。 インプレッサG4に代替を致しました~ 自分色に染めて行こうと思います 燃費を気にする割にアクセル踏んじゃうんですよ~ バトンに関し...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/12 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

ポケモンGO攻略まとめ  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/08/12 02:23:37
 
マギレコ攻略Wiki 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/08/12 02:22:57
 
Knight's & Magic 
カテゴリ:ナイツ&マジック
2018/01/03 15:06:50
 

愛車一覧

スバル インプレッサ G4 スバル インプレッサ G4
初の新車に代替をいたしました~ ターボからNAになりましたが、インプレッサはインプレッサ ...
スバル インプレッサハードトップセダン スバル インプレッサハードトップセダン
GC6を自らの事故で失った後、次の愛機を探している所コイツが浮上しました。 車重は10 ...
スバル インプレッサハードトップセダン スバル インプレッサハードトップセダン
初のマイカーです。NAという事とコズミックブルーマイカって色なのであまり回りにいない車な ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.