• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2019年12月01日

絶対的な速さはGT4RSだろうけどTはエンジンも小さいけどバランス良いのかもね(軽量化もされているし)

絶対的な速さはGT4RSだろうけどTはエンジンも小さいけどバランス良いのかもね(軽量化もされているし) 【スクープ】史上最強の「ポルシェ・ケイマン」、「GT4RS」が“ニュル”で初テスト!

搭載する4Lフラットシックスのアウトプットは450㎰に!

ポルシェのミッドシップスポーツクーペ、「718ケイマン」の新たなバリエーションである「GT4RS」の開発車両がニュルブルクリンクで高速テストを開始した。

カメラが捉えたテスト車のフロントフードには、2つのエアダクトやサイドの大型インテークが確認。さらに、実際に機能しているかどうかは怪しいところだがリヤクォーターウインドーには冷却ダクトらしきものも見える。外装では、さらに「GT4」に通じるリップスポイラーやサイドスカート、ディフューザー、イエローのブレーキキャリパーも確認できた。

そのパワーユニットは、GT4が搭載する4Lフラットシックス自然吸気がベース。最高出力はGT4の420psに対し、GT4RSでは専用チューニングによって450ps程度まで高められているようだ。このアウトプットは、「911GT3」の弟分として十分以上であると同時に、ケイマン史上では最強スペックをとなる。そのワールドプレミアは、現段階で2021年半ばという説が有力視されている。



ポルシェ 718ケイマン に軽量バージョン、「T」…広州モーターショー2019

ポルシェは広州モーターショー2019に、『718 ケイマンT』(Porsche 718 Cayman T)を出展した。

◆1968年に登場した911Tがルーツ

「T」はポルシェのモデルでは、「ツーリング」を意味する。1968年にデビューした『911T』が原点だ。オリジナルの911Tは、軽量でクロスレシオのマニュアルトランスミッション、パフォーマンス向上のための機械式ディファレンシャルロックを装備した後輪駆動によって、当時としては強烈なドライビングプレジャーを実現していた。

最近のポルシェのラインナップでは、『911カレラ』にTが用意されたことがある。『718ケイマン』にTが設定されるのは、初めてだ。718ケイマンTは、軽量化を図るなどして、ピュアなドライビングプレジャーを追求したスポーツ仕様となる。

◆軽量化のためナビシステムは未装備

718ケイマンTのエクステリアは、ハイグロスのチタングレーで塗装された20インチのアルミホイールと、20mm車高を下げたPASMのスポーツシャシーが特長だ。

ドアミラーカバーはグレーで、両サイドのドアのストライプには、車名を示すロゴが配される。リアは、ブラッククロームメッキのツインテールパイプのスポーツエグゾーストを装備する。ボディカラーは、ブラック、インディアンレッド、レーシングイエロー、ホワイト、キャララホワイト、ディープブラック、GTシルバーメタリックを用意する。オプションの特別色として、ラバオレンジとマイアミブルーを設定する。

インテリアには、モードスイッチを備えた直径360mmのレザー製GTスポーツステアリングホイールを採用する。インストルメントパネルとセンターコンソールのトリムは、グロスブラックで仕上げられた。車名のロゴはメーターの文字盤や、ドアのエントリーストリップに配されている。シフトレバーはショートストロークとした。

スポーツシートには、ブラックのスポーツテックスが中央部に採用された。このスポーツシートは電動調整機構を備えており、ヘッドレストには「718」のロゴが刺繍されている。

ナビシステムを含むポルシェコミュニケーションマネジメント「PCM」は、軽量化のためにレスオプション化され、大容量の収納スペースに置き換えられた。ドアトリムには、赤いドアオープナーストラップを装備する。これらの軽量化により、車両重量はMTが1350kg、PDKが1380kgと、ベース車両の718ケイマンに対して、10kgの軽量化を果たしている。

◆0~100km/h加速4.7秒で最高速275km/h

718ケイマンTには、「スポーツクロノパッケージ」を標準装備する。ステアリングホイールのモードスイッチを使って、ノーマル、スポーツ、スポーツプラス、インディビジュアルの各ドライビングモードを切り替える。

スポーツとスポーツプラスでは、マニュアルトランスミッションのシフトダウンの際、自動的にレブマッチングが行われ、スポーティな特性を発揮する。スポーツプラスでは、「PASM」(ポルシェ・アクティブ・サスペンション・マネジメント)や「PADM」(ポルシェ・アクティブ・ドライブトレイン・マウント)、アダプティブボディポジショニング、デュアルクラッチトランスミッション「PDK」(ポルシェ・ドッペル・クップルング)が、よりスポーティな特性に変化する。

PADMシステムは、エンジンやギアボックスの振動を最小限に抑え、駆動ダイナミクスに影響を与える可能性のある動きを低減する。PDKでは、モードスイッチにローンチコントロール機能とスポーツレスポンスボタンが付く。

718ケイマンTのミッドシップには、2.0リットル水平対向4気筒ガソリンターボエンジンを搭載する。最大出力は300hp/7500rpm、最大トルクは38.8kgm/2150rpmを引き出す。動力性能に関しては、0~100km/h加速は6速MTが5.1秒、PDKが4.7秒だ。最高速は275km/hに到達する。
ブログ一覧 | ポルシェ | 日記
Posted at 2019/12/01 20:28:20

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

関連記事

やっぱり6気筒であるべきなのか?
ウッkeyさん

911Tよりは軽量になった恩恵を受 ...
ウッkeyさん

如何にも特別仕様車って感じだな
ウッkeyさん

718Cayman GT4
DORYさん

クラブスポーツが先に出ているから市 ...
ウッkeyさん

ポルシェ718ケイマンGT4が欲し ...
Rika (911supercars)さん

この記事へのコメント

コメントはありません。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「@まなひろ BG5のもシュラウド下側の固定って10mm二本止めでしたっけ?それなら大丈夫かな〜」
何シテル?   12/10 10:22
初めまして。 インプレッサG4に代替を致しました~ 自分色に染めて行こうと思います 燃費を気にする割にアクセル踏んじゃうんですよ~ バトンに関し...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/12 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

ポケモンGO攻略まとめ  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/08/12 02:23:37
 
マギレコ攻略Wiki 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/08/12 02:22:57
 
Knight's & Magic 
カテゴリ:ナイツ&マジック
2018/01/03 15:06:50
 

愛車一覧

スバル インプレッサ G4 スバル インプレッサ G4
初の新車に代替をいたしました~ ターボからNAになりましたが、インプレッサはインプレッサ ...
スバル インプレッサハードトップセダン スバル インプレッサハードトップセダン
GC6を自らの事故で失った後、次の愛機を探している所コイツが浮上しました。 車重は10 ...
スバル インプレッサハードトップセダン スバル インプレッサハードトップセダン
初のマイカーです。NAという事とコズミックブルーマイカって色なのであまり回りにいない車な ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.