• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2021年07月08日

リヤの迫力がSUVじゃないよw

リヤの迫力がSUVじゃないよw 最高出力640psを発生するスーパーSUV! ポルシェジャパンが新型「カイエンターボGT」の予約受注を開始

ニュルでSUV最速の7分38秒9をマーク!

ポルシェジャパンは6月30日、プレミアムクーペSUVである「カイエンクーペ」のハイパフォーマンス版となる「カイエンターボGT」の予約受注を開始した。価格は27,250,000円(税込)で、右ハンドルのみの設定となる。

今回の「カイエンターボGT」では、パワーユニットに最高出力640ps、最大トルク850Nmを発生する4L V8ツインターボエンジンを搭載。これはカイエン ターボクーペの最高出力を90ps、最大トルクは80Nmも上回るもので、0-100km/h加速は3.3秒、最高速度は300km/h(14km/h増加)もの動力性能を誇る。さらに専用に特別に開発されたシャシーシステムとパフォーマンスタイヤが標準装備されたことで、ニュルブルクリンク北コースで7分38秒9のラップタイムをマーク。新たにSUV最速のレコードを記録している。

また、カイエンターボGTは、カイエンターボクーペと比べて車高が最大17mm低く設定。これに基づいてパッシブシャシーコンポーネントとアクティブコントロールシステムの両方が再設計されており、ハンドリングとパフォーマンスが最適化された。それらの間の完全な相互作用を実現するための専用のキャリブレーションも備えることで、ロールの安定性とロードホールディングがさらに向上し、高速コーナリングでのさらに正確なターンインを実現しているという。

専用開発された新しい22インチPirelli P Zero Corsaパフォーマンスタイヤは、ターボクーペと比較してフロントホイールは1インチ広く、ネガティブキャンバーは0.45度増加したことで接地面を拡大。さらに、ポルシェセラミックコンポジットブレーキ(PCCB)システムも標準装備されている。

ターボGTのV8ユニットは、クランクシャフト、コネクティングロッド、ピストン、タイミングチェーンドライブ、ねじり振動ダンパーなどの基本的なエレメントがターボ クーペのV8とは異なり、これらのコンポーネントは、640PSに増加した最高出力と向上したドライビングダイナミクスに合わせて設計。高速でシフトする8速ティプトロニックSとポルシェトラクションマネジメント(PTM)システムも変更され、トランスファーケースのウォータークーラーも追加されている。

中央にテールパイプを備えたスポーツエキゾーストシステムはカイエン ターボGT専用で、リアサイレンサーを含む車両中央からのエグゾーストシステムは、軽量で特に耐熱性に優れたチタン製を採用。センターサイレンサーを削除したことで、さらなる軽量化も実現している。

エクステリアには、フロント部にリップスポイラーと大型のサイドエアインテークを装備。流線型のルーフはカーボン製で、ブラックのホイールアーチエクステンションも装備される。一方ルーフスポイラーに縦方向に取り付けられたカーボンサイドプレートは、ターボのものより25mm大きいアダプティブ展開式リアスポイラーリップとされ、これにより最高速度でのダウンフォースが最大40kg増加するという。ターボインテリアは、トリム類に多用されたアルカンターラがトピック。8wayフロントスポーツシートと独立した2席のスポーツリアシートシステムも標準装備され、それぞれのシートにはGT特有のアルカンターラ パンチングシートセンターパネル、ネオジムまたはアークティックグレーのコントラストアクセント、およびヘッドレストの“turbo GT”ロゴが備わる。ステアリングホイールには、ポルシェのスポーツカーではおなじみとなる12時位置のイエローマーキングが付けられるなど、レーシーな内外装も特徴だ。

公式ページ https://www.porsche.com/japan/jp/models/cayenne/cayenne-models/


ターボのさらに上。ポルシェ カイエンターボGTが登場。V8ツインターボはついに640psへ到達

2021年6月30日、ポルシェジャパンはスポーティSUVの雄「カイエン」に、パワーアップされた4L V8 DOHCツインターボ(640ps/850Nm)搭載の「ターボGT」を新たにラインナップしたと発表。同日より予約注文が開始された。

最高速300km/hのパフォーマンスを発揮
ポルシェの名に恥じないスポーティな走りを提供するSUV カイエンに新たな仲間「カイエン ターボGT」グレードが加わった。名称に「クーペ」と入っていないものの、ボディはルーフを後端に向けて低くしていくカイエンクーペをベースとする。

カイエン ターボGTに搭載されるエンジンの排気量/シリンダー数こそ4L V8 DOHCツインターボと、ベースとなるクーペターボと同じだが、そのパフォーマンスは大幅に向上している。最高出力を90psアップの640ps、最大トルクを80Nmアップの850Nmとし、0→100km/h加速3.3秒(ベース比−0.6秒)、最高速度は300km/h(ベース比+14km/h)の実力の持ち主だ。

フォルムは、クーペ ターボと比べて車高を最大17mm低く設定されている。もちろん、走行性能の向上が目的で、併せてパッシブシャシーコンポーネントとアクティブコントロールシステムの両方の再設計も行われた。

装着されるタイヤは、専用に開発された22インチ「ピレリ Pゼロ コルサパフォーマンス」。クーペ ターボと比較してフロントホイールは1インチ大きく、ネガティブキャンバーは0.45度増加している。高い制動力を誇る、ポルシェセラミックコンポジットブレーキ(PCCB)も標準で装備される。

8速AT(ティプトロニックS)のトランスミッションとポルシェ トラクション マネジメント(PTM)システムも変更され、トランスファーケースにウォータークーラーも追加された。中央2本出しのスポーツエグゾーストシステムも専用のものだ。

独自色を演出するエクステリア&インテリア
エクステリアもターボGTならではの装いとなる。リップスポイラーや大型サイド クーリング エアインテーク、流線型のカーボンルーフ、ブラックのホイールアーチエクステンション、専用デザインの22インチホイールが他のモデルとの違いを強調する。

ルーフスポイラー両端に取り付けられたカーボンサイドプレートは、クーペ ターボのものより25mm大きい。アダプティブ展開式リアスポイラーとの効果により、ダウンフォースは最大で40kg増加するという。ボディカラーには、新色アークティックグレーカラーがオプションで設定されている。

インテリアでは、ベースモデルと同様フロントシートと独立した2席のリアシートによる4人乗りとなるが、そのいずれのシートがスポーツタイプとなり、またシート表皮には専用のアルカンターラ素材を標準で採用される。また、ヘッドレストには「turbo GT」ロゴがあしらわれる。

マルチファンクションスポーツステアリングには、おなじみの12時位置のイエローマーキングが付けられる。

インフォテインメントシステムも進化し、新しいオペレーティングロジックを備えた次世代ポルシェ コミュニケーション マネジメント(PCM)システムが装備される。これにより、iPhone(Apple CarPlay)やアンドロイド(Android Auto)といった一般的なスマートフォンとの接続が可能になった。

カイエン ターボGTの車両価格は2725万円(税込)。ハンドル位置は右仕様となり、6月30日より予約受付が開始されている。

ポルシェ カイエン ターボGT 主要諸元
●全長×全幅×全高:4942×1995×1636mm
●ホイールベース:2895mm
●車両重量:2220kg(DIN)
●エンジン:V8 DOHCツインターボ
●総排気量:3996cc
●最高出力:471kW(640ps)/6000rpm
●最大トルク:850Nm/2300−4500rpm
●トランスミッション:8速AT
●駆動方式:4WD
●燃料・タンク容量:プレミアム・90L
●WLTCモード燃費:−
●タイヤサイズ:前285/35ZR22・後315/30ZR22
●車両価格(税込):2725万円



打倒ランボルギーニ ウルス。640PSの「カイエンターボ GT」が絶妙の価格ポジションで国内上陸

「ポルシェ カイエンクーペ」の新たな最速グレード「カイエンターボ GT」が6月30日、日本に上陸した。高められた運動性能と日常の扱いやすさを兼ね備えたスーパーSUVをさっそく紹介しよう。

フロントに搭載する4リッターV8ツインターボユニットは、クランクシャフトドライブ、ターボチャージャー、ダイレクトインジェクションなどの大規模なアップグレードにより、カイエンシリーズの純内燃機関モデルとしては最強の640ps/850Nmを発生。これは「カイエンターボ クーペ」を90ps上回る値で、0-100km/h加速は3.3秒(0.6秒短縮)、最高速度は300km/h(14km/h増加)を達成する。ちなみに、プラグインハイブリッドの「カイエンターボS E-ハイブリッドクーペ」は680ps/900Nmを叩き出すが、重量増が仇となり0-100km/h3.8秒、最高速度295km/hにとどまる。

さらに、カイエンターボ GTは、専用のシャシーシステムと22インチ「ピレリ Pゼロ コルサ」パフォーマンスタイヤを標準装備。車高はターボクーペに比べ最大17mm低められたほか、3チャンバーエアサスペンションの剛性が15%向上し、キャンバー角も0.45度増やされた。こうしたセッティングの見直しによる戦闘力向上で、テストドライバーのラース・ケルンがステアリングを握ったターボ GTはニュルブルクリンク北コースを7分38秒9で周回し、新たな公式SUVレコードを打ち立てている。

また、中央にテールパイプを備えたチタンスポーツエグゾーストシステムやポルシェセラミックコンポジットブレーキ(PCCB)などもすべて標準。インテリアにも次世代のインフォテイメントシステム「PCM6.0」がポルシェで初めて奢られ、独立式の2座スポーツリアシートも相まって、スポーティで上質な空間となっている。

カイエンターボ GTの国内価格(税込)は2725万円。想定されるライバル達の価格とスペックは「ランボルギーニ ウルス」(650ps/850Nm,0-100km/h3.6秒)が約3068万円、「アストンマーチン DBX」(最高出力550ps、最大トルク700Nm、0-100km/h:4.5秒)2300万円となっており、パワーはウルスに劣るものの、加速はトップ、そしてやや安価とポルシェの絶妙なポジション取りが見て取れる。



ポルシェ 640psエンジン搭載の「カイエンターボGT」の予約受注を開始

ポルシェジャパンは2021年6月30日、傑出したドライビング・ダイナミクスと日常の使いやすさを兼ね備えた新型「カイエンターボGT」の予約受注を開始しました。

新型カイエンターボGTに搭載される4.0L V8ツインターボエンジンは最高出力640psを発生。最大トルクは850Nmで、0-100km/h加速タイムは3.3秒(0.6秒短縮)をマークし、最高速度は300km/h(14km/h増加)に達します。

さらにスポーティーなフォルムを備えた4シータークーペのカイエンターボGTには、モデル専用に特別に開発されたシャシーシステムとハイパフォーマンス・タイヤが標準装備されています。

ポルシェのテストドライバーであるラース・ケルンはカイエンターボGTのステアリングを握り、20.832kmのニュルブルクリンクのノルドシュライフェを7分38.9秒で一周し、新たな公式SUVレコードを打ち立てました。

新型カイエンターボGTは、カイエンターボ・クーペと比べて車高が最大17mm低く、そのためサスペンションは専用設計されており、ハンドリングとパフォーマンスを最適化しています。

その一例として、3チャンバー式エアサスペンションの剛性が最大15%向上し、ポルシェアクティブサスペンションマネジメント(PASM)のダンパー特性、パワーステアリングプラスおよびリヤアクスルも最適化されています。

ポルシェダイナミックシャシーコントロール(PDCC)アクティブ制御ロール安定化システムは、専用チューニングされ、その結果、ロールの安定性とロードホールディングがさらに向上し、高速コーナリングでの精確なターンインが実現しています。

専用開発された新しい22インチピレリPゼロ・コルサ・タイヤは、ターボクーペと比較してフロントホイールは1インチ広く、ネガティブキャンバーは0.45度増加。より大きな接地面を備えます。さらに、ポルシェセラミックコンポジットブレーキ(PCCB)システムも標準装備されています。

新型カイエンターボGTのツインターボV8エンジンは、ポルシェで最もパワフルな8気筒ユニットです。クランクシャフトドライブ、ターボチャージャー、直噴インジェクション、吸気システム、インタークーラーの面積などがすべてアップグレードされています。

つまりターボGT専用のV8エンジンは、クランクシャフト、コネクティングロッド、ピストン、タイミングチェーン駆動、ねじり振動ダンパーなどの基本的なパーツ類がターボ・ クーペのV8とは異なり、640psに増加した最高出力に合わせて設計されているわけです。

クイックシフトの8速ティプトロニックSとポルシェトラクションマネジメント(PTM)システムも専用チューニングされています。またトランスファーケースのウォータークーラーも追加されています。

中央にテールパイプを備えた標準装備のスポーツエグゾーストシステムは、カイエンターボGT専用です。リヤサイレンサーを含む車両中央からのエグゾーストシステムは、軽量で特に耐熱性に優れたチタン製で、センターサイレンサーを削除したことで、さらなる軽量化も実現しています。

エクステリアでは、ユニークなフロントビューを形成するスポイラーリップと大型サイドクーリングエアインテークを備えたGフロントエプロンを装備。流線型のカーボンルーフとブラックのホイールアーチエクステンションは、ネオジムの22インチGTデザイン・ホイールとともに、サイドビューを精悍に見せています。

ルーフスポイラーの縦方向に取り付けられたカーボンサイドプレートはGT専用です。これによって、最高速度でのダウンフォースが最大40kg増加。リヤビューは、印象的なカーボンディフューザーパネルが特長です。

インテリアは、充実した装備とアルカンターラ製トリムにより高い質感を備えています。シートはフロントが8ウェイ・スポーツシート、リヤは独立タイプの2席式スポーツシートを標準装備。

インフォテイメントでは、より性能を向上させ、新しいユーザーインターフェース、新しいオペレーティングロジックを備えた次世代ポルシェコミュニケーションマネジメント(PCM)システムがカイエンターボGTで初めて市場に投入されます。もちろんApple CarPlay、Android Autoに対応したシステムとなっています。



ポルシェ カイエン に「ターボGT」、640馬力ツインターボで最高速300km/h…欧州発表

ポルシェは6月30日、『カイエン・ターボGT』(Porsche Cayenne Turbo GT)を欧州で発表した。「カイエン」シリーズの内燃エンジン搭載車としては、最強モデルとなる。

◆0-100km/h加速は3.3秒

カイエン・ターボGTのベースは、「カイエン・ターボクーペ」だ。直噴4.0リットルV型8気筒ガソリンツインターボエンジンは、最大出力が90ps引き上げられ、640psを獲得する。最大トルクは86.7kgmと、8.2kgm上乗せされた。

クランクシャフトドライブ、ターボチャージャー、ダイレクトフューエルインジェクション、インダクションシステム、インタークーラーなどに大規模な変更が施された。V8エンジンは、クランクシャフト、コネクティングロッド、ピストン、タイミングチェーンドライブ、ねじり振動ダンパーなどがカイエンターボクーペのV8とは異なる。これらのコンポーネントは、640psに増加した最大出力と向上したドライビングダイナミクスに合わせて設計されているという。

このツインターボエンジンは、ポルシェで最もパワフルな8気筒ユニットだ。高速でシフトする8速「ティプトロニックS」と「ポルシェトラクションマネジメント(PTM)」システムも変更された。トランスファーケースのウォータークーラーも追加されている。これらの結果、カイエン・ターボGTは0~100km/h加速3.3秒と0.6秒短縮。最高速は14km/hプラスされ、300km/hに到達する。

◆専用開発されたシャシーシステム

カイエン・ターボGTには、専用開発されたシャシーシステムとパフォーマンスタイヤが標準装備される。車高は、カイエンターボクーペと比べて、最大17mm低い。これに基づいて、パッシブシャシーコンポーネントとアクティブコントロールシステムの両方が再設計されており、ハンドリングとパフォーマンスが最適化された。

また、それらの間の完全な相互作用を実現するための専用のキャリブレーションも備える。例えば、3チャンバーエアサスペンションの剛性が最大15%向上し、「ポルシェアクティブサスペンションマネジメント(PASM)」のダンパー特性、「パワーステアリングプラス」、リアアクスルも専用チューニングされた。「ポルシェダイナミックシャシーコントロール(PDCC)」アクティブ制御ロール安定化システムは、パフォーマンス指向の制御ソフトウェアで作動する。その結果、ロールの安定性とロードホールディングがさらに向上し、高速コーナリングではさらに精確なターンインを実現しているという。

「ポルシェトルクベクトリングシステム」は、これに合わせてより高いトルクバイアス比を可能にした。最適化されたフロントアクスルもハンドリングを改善する。専用開発された22インチのピレリ「P Zero Corsa」パフォーマンスタイヤは、カイエンターボクーペと比較してフロントホイールが1インチ広く、ネガティブキャンバーは0.45度増加して、大きな接地面を持つ。「ポルシェセラミックコンポジットブレーキ(PCCB)」システムも標準装備されている。

◆300km/hの最高速でのダウンフォースが最大40kg増加

エクステリアは、目立つスポイラーリップと大型サイドクーリングエアインテークを備えた専用フロントバンパーを装備する。流線型のカーボンルーフとブラックのホイールアーチエクステンション、ネオジムの22インチのGTデザインホイールも採用された。ルーフスポイラーに縦方向に取り付けられたカーボンサイドプレートは専用となる。

また、カイエン・ターボクーペよりも25mm大きいアダプティブ展開式リアスポイラーリップも専用装備した。これによって、300km/hの最高速でのダウンフォースが最大40kg増加するという。リアには、カーボン製ディフューザーパネルを装備した。オプションで、新しいアークティックグレーのボディカラーが選択できる。

中央にテールパイプを備えた標準装備のスポーツエグゾーストシステムは、カイエンターボGT専用だ。リアサイレンサーを含む車両中央からのエグゾーストシステムは、軽量で耐熱性に優れたチタン製とした。センターサイレンサーを削除したことで、さらなる軽量化も実現するという。

◆新世代のインフォテインメントシステムを初採用

インテリアは、アルカンターラを多用した。8方向に調整できるフロントスポーツシート、独立した2席のスポーツリアシートも標準装備される。それぞれのシートは、専用のアルカンターラパンチングシートセンターパネル、ネオジムまたはアークティックグレーのコントラストアクセント、ヘッドレストの「turbo GT」ロゴが備わる。マルチファンクションスポーツステアリングホイールには、12時位置にイエローマーキングが付く。トリムの仕様に応じて、アクセントストリップはマットブラック仕上げになる。

新世代の「ポルシェ・コミュニケーション・マネジメント(PCM)」システム、「PCM6.0」が初採用される。新しいユーザーインターフェースや、新しいオペレーティングロジックを導入した。従来からのApple 「CarPlay」に加えて、「Apple Music」と「Apple Podcasts」の統合も可能になった。さらに、インフォテインメントシステムは、グーグルの「Android Auto」にも対応。これによって、全ての一般的なスマートフォンを車載ディスプレイに統合することができる、としている。



新型ポルシェ カイエンターボGTの国内予約受注スタート。ノルトシュライフェのSUV最速ラップ樹立モデル!

Porsche Cayenne Turbo GT

ポルシェ カイエン ターボGT

最高出力640psを発揮する4.0V8ツインターボを搭載

ポルシェジャパンは、卓越したドライビングダイナミクスと日常の使いやすさを兼ね備えた「新型カイエン ターボGT」の予約受注を6月30日から、日本全国のポルシェ正規販売店にてスタートした。

常に最高の性能とハンドリングを実現するようセットアップされた新型カイエン ターボGTは、最高出力471kW(640ps)を発揮する4.0リッターV型8気筒ツインターボエンジンを搭載。カイエン ターボ クーペの最高出力を67kW(90ps)上回り、最大トルクは850Nm(80Nm増加)を実現した。

0-100km/h加速タイムは3.3秒(0.6秒短縮)、最高速度は300km/h(14km/h増加)をマーク。スポーティなフォルムを備えた4シータークーペのカイエン ターボGTには、専用開発されたシャシーシステムと、パフォーマンスタイヤが標準装備される。

ポルシェのテストドライバーであるラース・カーンは、このカイエン ターボGTのステアリングを握り、20.832kmのニュルブルクリンク・ノルトシュライフェを7分38.9秒で走行。新たな公式SUV記録を達成している。これによりカイエン ターボGTの優れたサーキット性能と、高い日常性の調和という総合コンセプトが証明されと言えるだろう。

カイエン ターボ クーペから17mmローダウン

新型カイエン ターボGTは、カイエン ターボ クーペと比較して車高を17mmローダウン。これに基づいて、パッシブシャシーコンポーネントとアクティブコントロールシステムが再設計され、ハンドリングとパフォーマンスが最適化された。また、双方の完全な相互作用を実現するために専用キャリブレーションも備えている。

一例として、3チャンバーエアサスペンションの剛性は最大15%向上。ポルシェアクティブサスペンションマネジメント(PASM)のダンパー特性、パワーステアリングプラス、リヤアクスルにも適合されている。

「ポルシェダイナミックシャシーコントロール(PDCC)」──アクティブ制御ロール安定化システムは、パフォーマンス指向の制御ソフトウェアで作動。その結果、ロールの安定性とロードホールディングがさらに向上し、高速コーナリングでのさらに精確なターンインが実現した。ポルシェトルクベクトリングシステムは、これに合わせてより高いトルクバイアス比が可能になっている。

包括的に最適化されたフロントアクスルもハンドリング改善に寄与。専用開発された新しい22インチ「ピレリ P Zero Corsa」パフォーマンスタイヤは、ターボ クーペと比較してフロントホイールが1インチ広く、ネガティブキャンバーも0.45度増加したことで接地面が拡大した。さらにポルシェセラミックコンポジットブレーキ(PCCB)システムも標準装備される。

専用のチタン製スポーツエキゾーストシステム

カイエン ターボGTに搭載されるツインターボエンジンは、ポルシェで最もパワフルな8気筒ユニットとなる。これを実現するために、クランクシャフトドライブ、ターボチャージャー、ダイレクトフューエルインジェクション、インダクションシステム、インタークーラーなどに大規模なアップグレードが行われた。

ターボGTのV8は、クランクシャフト、コネクティングロッド、ピストン、タイミングチェーンドライブ、ねじり振動ダンパーなどの基本的なエレメントは、ターボ クーペのV8とは異なった仕様を採用。これらのコンポーネントは471kW(640ps)に増強した最高出力と、大幅に進化したドライビングダイナミクスに合わせて設計された。

高速シフトが可能な8速ティプトロニックSと、ポルシェトラクションマネジメント(PTM)システムも変更。トランスファーケースのウォータークーラーも追加された。中央にテールパイプを備えた標準装備のスポーツエキゾーストシステムは、カイエン ターボGT専用となる。リヤサイレンサーを含む車両中央からのエキゾーストシステムは、軽量で特に耐熱性に優れたチタンを用いて製造された。センターサイレンサーが取り外されたことにより、さらなる軽量化も実現している。

エクステリアに採用されたカーボンエレメント

オプションとして新たにアークティックグレー(写真)をボディカラーに導入。その先進的なデザインと卓越した装備を通して、抜群のスポーツ性を強調する。フロントセクションには専用のスポイラーリップと、大型サイドクーリングエアインテークが採用された。

流線型のカーボンルーフとブラックのホイールアーチエクステンションは、ネオジムの22インチ GTデザインホイールとともにサイドビューを引き立てている。

カイエン ターボのデバイスより25mmも大きいアダプティブ展開式リヤスポイラーリップ、ルーフスポイラーに取り付けられたカーボンサイドプレートはターボGT専用。これらのエアロパーツにより、最高速度域でのダウンフォースは最大40kgも増加した。また、リヤセクションには印象的なカーボンディフューザーパネルも装着されている。

すべてのスマートフォンに対応するPCM6.0

インテリアにはアルカンターラを積極的に採用。8wayフロントスポーツシート、独立した2席のスポーツリヤシートシステムも標準装備される。それぞれのシートはGT専用のアルカンターラ・パンチングシートセンターパネル、ネオジム/アークティックグレーのコントラストアクセントを採用。ヘッドレストには“turbo GT”ロゴが入れられた。

マルチファンクション・スポーツステアリングホイールには、ポルシェのスポーツカーではおなじみとなった12時位置のイエローマーキングを配置。トリムの仕様に応じてアクセントストリップはマットブラック仕上げとなる。

向上した性能、新しいユーザーインターフェイス、カイエンの新しいオペレーティングロジックを備えた次世代「ポルシェコミュニケーションマネジメント(=PCM)6.0」システムが、このカイエン ターボGTから投入された。これまで同様、Apple CarPlayに対応すするだけでなく、Apple MusicとApple Podcastsへの統合も可能になっている。さらにインフォテインメントシステムにはAndroid Autoも含まれており、全ての一般的なスマートフォンをシステムに統合することができる。

【車両本体価格(税込)】

ポルシェ カイエン ターボGT(8速Tip-S/右ハンドル):2725万円


【問い合わせ】
ポルシェ カスタマーケアセンター
TEL 0120-846-911




ポルシェ カイエンターボGT、2725万円で予約受注開始…最高出力640psのモンスターSUV

ポルシェジャパンは、『カイエン』改良新型の高性能モデル『カイエン・ターボGT』(Porsche Cayenne Turbo GT)の予約受注を6月30日より開始した。

パワーユニットは、4リットルV8ツインターボエンジンを搭載する。クランクシャフトドライブ、ターボチャージャー、ダイレクトフューエルインジェクション、インダクションシステム、インタークーラーなどを大幅にアップグレード。『カイエン ターボクーペ』を遥かに上回る最高出力640ps(+90ps)/最大トルク850Nm(+80Nm)を発生。ターボGT用に最適化した8速ティプトロニックSとポルシェトラクションマネジメント(PTM)を組み合わせ、0-100km/h加速タイムは3.3秒(0.6秒短縮)、最高速度は300km/h(14km/h増加)に達する。

エクステリアでは、目を引くスポイラーリップと大型サイドクーリングエアインテークを備えたフロントエプロンにより、ユニークなフロントビューを演出。流線型のカーボンルーフとブラックのホイールアーチエクステンション、ネオジムの22インチGTデザインホイールがサイドビューを引き立てる。また、ターボのものより25mm大きいアダプティブ展開式リアスポイラーリップを装備。最高速度でのダウンフォースを最大40kg増加させる。

インテリアでは、8ウエイフロントスポーツシート、独立した2席のスポーツリアシートシステムを標準装備。各シートは、GT特有のアルカンターラ パンチングシートセンターパネル、ネオジムまたはアークティックグレーのコントラストアクセント、およびヘッドレストの「turbo GT」ロゴを備える。マルチファンクションスポーツステアリングホイールには、12時位置にイエローマーキングが付く。トリムの仕様に応じて、アクセントストリップはマットブラック仕上げとなる。

カイエンターボGTは8速ティプトロニックS/右ハンドルのみで、価格は2725万円。



ポルシェ、サーキット用セットアップを備えた高性能SUV『カイエンターボGT』の予約受注を開始

 6月30日、ポルシェジャパンは卓越したドライビングダイナミクスと日常の使いやすさを兼ね備えた新型『カイエンターボGT』の予約受注を、同日から日本全国のポルシェ正規販売店にて開始した。

 新型カイエンターボGTに搭載される4リッターV8ツインターボエンジンは最高出力640PSを発揮し、その優れた走行性能を実現するためのベースとなる。『カイエンターボクーペ』の最高出力を90PS上回るターボGTの最大トルクは850Nmを誇り、0-100km/h加速タイムは3.3秒をマークし、最高速度は300km/hに到達する。

 スポーティーなフォルムを備えた4シータークーペのカイエンターボGTには、モデル専用に特別開発されたシャシーシステムとパフォーマンスタイヤが標準装備され、ニュルブルクリンク・ノルドシュライフェでは、ポルシェテストドライバーであるラース・ケルンのドライブによって7分38秒9という新しい公式SUVレコードを打ち立てた。

 また、新型カイエンターボGTは、カイエンターボクーペと比べて車高が最大17mm低く設定されており、これに基づいてパッシブシャシーコンポーネントとアクティブコントロールシステムの両方が再設計され、ハンドリングとパフォーマンスがさらに最適化されている。

 抜群のスポーツ性を強調するエクステリアには多数のカーボンエレメントが使用され、ユニークなフロントビューを生み出すスポイラーリップと大型サイドクーリングエアインテークを備えることでGTモデル特有の外観を生み出し、流線型のカーボンルーフとブラックのホイールアーチエクステンションは、ネオジムの22インチGTデザインホイールとともにサイドビューを引き立てる。

 また、ルーフスポイラーに縦方向に取り付けられたカーボンサイドプレートは、カイエンターボのものより25mm大きいアダプティブ展開式リヤスポイラーリップと同様に、ターボGT特有の装備となる。この可変リヤスポイラーにより、最高速度でのダウンフォースが最大40kg増加するという。

 インテリアはアルカンターラが使用されることでスポーティさが強調され、そのほかにも8wayフロントスポーツシートや、独立した2席のスポーツリヤシートシステムも標準装備となる。それぞれのシートには、ターボGT特有のアルカンターラ・パンチングシートセンターパネルやコントラストアクセント、ヘッドレストに“turbo GT”ロゴが備えられる。

 マルチファンクション・スポーツステアリングホイールには、ポルシェスポーツカーおなじみの12時位置のイエローマーキングも施され、SUVながら本格的スポーツカーにも引けを取らない新型カイエンターボGT。予約受注は6月30日から開始されており、消費税込みのメーカー希望小売価格は2725万円だ。詳細はポルシェの公式ホームページ(https://www.porsche.com/japan/jp/models/cayenne/cayenne-models/cayenne-turbo-gt/#turbo_gt~open)まで。
ブログ一覧 | ポルシェ | 日記
Posted at 2021/07/08 23:31:37

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

後輪駆動をまさか後出しにしてくると ...
ウッkeyさん

911ターボとGRヤリスがこの点差 ...
ウッkeyさん

テックアートでもこういう擬装するん ...
ウッkeyさん

カイエン e-hybrid クーペ ...
nyonyonyoさん

このスペックでNAなんだよな…
ウッkeyさん

最近入手したマジョレットのレビュー ...
ゆっきー56さん

この記事へのコメント

コメントはありません。

おすすめアイテム

プロフィール

「ステアリングをどれくらい切った状態で加減速に入ったりするのか?それによるかな〜 http://cvw.jp/b/238718/45495748/
何シテル?   09/26 23:10
初めまして。 インプレッサG4に代替を致しました~ 自分色に染めて行こうと思います 燃費を気にする割にアクセル踏んじゃうんですよ~ バトンに関し...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2021/9 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

リンク・クリップ

ポケモンGO攻略まとめ  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/08/12 02:23:37
 
マギレコ攻略Wiki 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/08/12 02:22:57
 
Knight's & Magic 
カテゴリ:ナイツ&マジック
2018/01/03 15:06:50
 

愛車一覧

スバル インプレッサ G4 スバル インプレッサ G4
初の新車に代替をいたしました~ ターボからNAになりましたが、インプレッサはインプレッサ ...
スバル インプレッサハードトップセダン スバル インプレッサハードトップセダン
GC6を自らの事故で失った後、次の愛機を探している所コイツが浮上しました。 車重は10 ...
スバル インプレッサハードトップセダン スバル インプレッサハードトップセダン
初のマイカーです。NAという事とコズミックブルーマイカって色なのであまり回りにいない車な ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.