• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ウッkeyのブログ一覧

2018年12月19日 イイね!

流石にカーボンルーフだから値段も高いなぁ~でもスタイルとかはカッコいいんじゃないか

流石にカーボンルーフだから値段も高いなぁ~でもスタイルとかはカッコいいんじゃないか【ニュース】ダイハツがコペン クーペを200台限定で発売、Webサイトで希望者募集!

ダイハツは、軽スポーツカー「コペン クーペ」を200台限定で発売する。東京オートサロン 2019に市販予定車として出展し、2019年1月11日(金)から専用Webサイトで商談希望者の募集を開始する。

コペン クーペは、CFRP製ハードルーフを装着した本格クーペスタイル

今回発売する「コペン クーペ」は、東京オートサロン2016に出展したコンセプトカーを商品化したもの。「コペン セロ」をベースに、CFRP製ハードルーフ装着。エレガント&エモーショナルなデザインをテーマに、ルーフからトランク、リアエンドまでが一体となった流麗なエクステリアが特長となっている。

200台の限定車なのでモノグレードとなる。車体色はブリティッシュグリーンマイカ(内装はベージュ)とパールホワイトIII(同ブラック)。それぞてCVTとMTが設定され、MT車はフロントスーパーLSD付き。

リアウインドーは開閉式ガラスハッチとなり、荷物の出し入れが可能。MOMO製革巻きステアリングホイール(CVTはパドルシフト付き)やBBS製鍛造アルミホイールを標準装備する。また、世界初の曇りにくいガラス(防曇コート付きフロントガラス)を採用している。

税込み価格は、CVTが248万4000円、MTが250万5600円。応募は2019年1月11日(金)14時から2月11日(月)18時まで、特設Web応募ページで受け付け、200台を上回る応募があった場合は抽選となる。なお、納車は2019年4月以降を予定している。



ダイハツ「コペンクーペ」を200台限定で発表! 価格は248.4万円から

オートサロンで出展したコンセプトカーを商品化

 ダイハツは、2シーター軽スポーツカー『コペン クーペ』の発売を発表。2019年1月11日より専用ウェブサイトで商談希望者を募集し、生産および納車は2019年4月以降を予定している。ミッションはCVTと5速MT。ボディカラー&インテリアカラーは、ブリティッシュグリーンマイカ&ベージュインテリアとパールホワイトIII&ブラックインテリアの2タイプを設定する。価格は、CVTが248万4000円、5速MTは250万5600円。

『コペン クーペ』は、2016年に開催された東京オートサロンで出展したコンセプトカー(下の赤いボディのクルマ)が好評だったことから、ダイハツは商品化したという。 ベースとなったのはオープン2シーター軽スポーツカー『コペン セロ』。CFRP製のハードルーフを装着し、エレガント&エモーショナルなデザインをテーマに、ルーフからトランク、リヤエンドまでが一体となったデザインを採用したクーペモデルだ。

リヤガラスハッチを採用で利便性が向上セロSの専用アイテムの一部を標準装備

 コンセプトモデルのようなエアロパーツなどは採用されていないが、限定車はリヤのガラスに開閉機能が追加され、利便性が向上しているのが最大のトピックだろう。

 200台の限定車となり、グレードが1タイプで、ミッションは5速MTとCVT、ボディカラーはブリティッシュグリーンマイカ(ベージュインテリア)とパールホワイトIII(ブラックインテリア)の計4仕様とシンプルな設定になる。

 主要装備は、MOMO製革巻きステアリング(CVT車はパドルシフト付き)、BBS製鍛造アルミホイール、シリアルナンバー、フロントスーパーLSD(5速MT車)を標準装備。さらに世界初となる曇りにくいガラス(防曇コート付フロントガラス)「eXeview」を採用している。

 車両本体価格は、CVTが248万4000円(オープンボディのコペン セロは190万6200円)、5速MTは250万5600円(同192万7800円)とコペン セロに比べるとやはり高めだ。 しかし、メーカーオプションのBBS製ホイール(19万8720円)やスポーティグレードのコペン セロS専用のMOMO製ステアリング、5速MT車のメーカーオプションのLSD(3万2400円)が標準装備されていることを考慮すると、実質の価格差は約30万円高といったところだろう。

 商談の応募は、ダイハツのホームページ内にある特設WEBページにて行われる。応募期間は2019年1月11日14時~2月11日18時。なお、200台を上回る応募があったときは抽選となるそうだ。



【新車】ダイハツからコペン クーペが登場。200台限定でルーフはカーボン!

■東京オートサロンで初公開、ダイハツからコペン クーペが登場

2016年の東京オートサロンに参考出品されていたクーペスタイルのコペン(当時はコンセプトカー)がついに現実になります。

2019年の東京オートサロンにおいて、ダイハツは市販バージョンに仕上げたコペン クーペを展示することを発表。オートサロンの開幕に合わせて2019年1月11日よりインターネットの専用ページにおいて商談希望を受け付けることも発表しました。

市販されるクーペのベースに選ばれたのは丸目ヘッドライトの「コペン セロ」。そこにテールゲートとつながったCFRP製のハードルーフを装着することで単に屋根を固定したのとは一線を画す本格的なクーペスタイルを実現しているのが特徴です。

コペンの美点ともいえる実用的なトランクの使い勝手に影響はありそうですが、ガラスハッチは開閉式となり、荷物の出し入れはできるようになっています。また、世界初の装備として防曇コート付フロントガラスが標準装備となります。

走りの面では、MT車にスーパーLSDを標準装備。さらにMOMO製ステアリングやBBS製鍛造アルミホイールといったブランドアイテムによるクオリティアップも図られています。加えて、HKS製マフラーやサスペンションをディーラーオプションとして用意するなどチューニングについても考慮している点も注目でしょう。

ボディ×インテリアカラーは、ブリティッシュグリーンマイカ×ベージュ、パールホワイトIII×ブラック(2万1600円高)の2パターン。メーカー希望小売価格は、CVTが248万4000円、MTが250万5600円。販売台数は200台限定で、応募が上回った場合は抽選になるということです。

(山本晋也)


LSD付きだからなのかMTの方が車両価格高くなるのね
個人的には雨漏れとかが怖いからオープンカー好きじゃないんでコレは良いと思うよ
Posted at 2018/12/19 18:09:11 | コメント(0) | トラックバック(0) | 自動車業界あれこれ | 日記
2018年12月19日 イイね!

グランクーペだと7シリーズの上位車種感もあるかな?セダンのスタイリングが

グランクーペだと7シリーズの上位車種感もあるかな?セダンのスタイリングがBMW 8シリーズ・グランクーぺ 公道テスト目撃 後席2座/3座? エンジンは

徐々に判明しつつある全体像

今回目撃されたBMW 8シリーズ・グランクーペのテスト車両はカモフラージュが少なく、実車の全体像が容易に判断できるものとなっている。

全体的に既存のクーペやコンバーチブルを拡張したような形ではあるが、リアが2座なのか3座なのかは依然として不明である。

8シリーズ・グランクーペは6シリーズ・グランクーペの後継車種としてリリースされる予定で、ポルシェ・パナメーラやメルセデス・ベンツCLSと競合する。

英国の場合、320psを出力するディーゼルエンジンを搭載した840dと539psを出力するM850i xドライブがグランクーペのローンチ時に用意され、これらは他の8シリーズと同じである。

その後に600ps近くを出力する4.4ℓV8ツインターボエンジンを搭載するM8バージョンが投入されると見られる。グランクーペにM8コンペティションモデルが投入されるかは不明だ。

英国仕様の8シリーズ・クーペの840dは7万6000ポンド(1084万円)で販売されることから、8シリーズ・グランクーペの価格は最低でも8万ポンド(1141万円)になると推測する。

グランクーペは来年上半期に発表され、英国仕様は秋の終わりごろに販売が始まるだろう。


BMWネスってなんだ?──超ドレッシーなスーツに生まれ変わった新世代の8!

やっぱりこの路線で来たか!

改めてそう思わされたのが新型8シリーズ、実に19年ぶりに登場したBMWのフラッグシップクーペである。小沢はラッキーにも実車にいち早くリスボン郊外で乗ることが出来たのだ。

BMWにとって「8」は特別な存在だ。一時、中国のモーターショーで「9」が提案されたことがあったが、やはり8こそが現ラインナップにおけるトップオブトップ。BMWは偶数ネームモデルが2ドアであったり、華やかで挑戦的な車両だったりを意味するので、そういう意味でも相応しい。

そして今回最も注目すべきはある意味過去との大胆な決別だ。8シリーズの初代モデルは1990年から1999年までの長きにわたって作られたが、正直、BMWの象徴としてはさほどハマってなかったようにも見える。

最大のポイントはそのスーパーカーコンセプトだろう。ぶっちゃけ初代はある意味、ポルシェや下手するとフェラーリをも意識していたと思う。それは心臓部として選べたV12気筒エンジンもさることながら、なによりもボディデザイン。特にフロントのリトラクタブルヘッドライトと小さなキドニーグリルを見ればわかる。スバリ、初代はフェラーリに負けないレベルのBMWを目指したのではないか? と。

ところが乗ってみるとやはりトコトンBMW。独特のシルキースムーズなエンジンにトゲのない走り。BMWはスーパーカーの幻想に囚われすぎていたのかもしれない。

そこで肝心の2代目だが、見れば一目瞭然、どっからどうみてもザ・BMWだ。メチャクチャ薄っぺたいとはいえ横幅の約半分を占める低い一体型キドニーグリルに、ツリ目ヘッドライト。サイドウインドウ後端はハネ上がったホフマイスターキンクのデザイン処理。

一方で全体の凝縮感もハンパない。全長×全幅×全高は4855×1900×1345mm(日本仕様)は実は現行6シリーズより40mmも短く、25mm低い。弟分よりぶっちゃけ小さいのだ。

同時に放つエロさも今までにないレベルだ。ノーズは今までにないほど低く絞られ、キャビンも恐ろしく寝ていてルーフは印象的なダブルバブルデザイン。オマケに試乗モデルはオプションのカーボンルーフを備え、リアのヌメッとしたフェンダーラインもなかなか。BMWらしい象徴的ディテールを持ちつつ、イタリア車なセクシーさを盛り込んだという意味においては、初代を超えたとも言える。

結果、実用的にはラゲッジ容量こそ420リットルと余裕だが、リアシートは身長176cmの小沢が座ると頭が天井に付き、ヒザ回りもタイト。ぶっちゃけ中身よりスタイルであり、完全に走り優先の2 2ボディなのだ。

また標準でLEDヘッドライト、オプションで600M先まで照らせるレーザーライト付きアダプティブLEDが選べたり、インフォテインメントシステムも標準で10.25インチワイドモニター付きの最新型オペレーションシステム7.0や、従来から16%視野が拡大したヘッドアップディスプレイを備えたりするなどハイテクも山盛り。

まさにエロさと新しさを備えたハイエンドクーペなのある。

そしてさらに乗ってみるとこれまたやっぱりBMW風味だから面白い。確かにボディは耐久レーサーのM8やM8GTEと共同開発された、アルミとマグネシウムとカーボンプラスティックを組み合わせた複合マテリアルで、軽量高剛性で重心も低い。

エンジンも今回乗った「M850i xDrive Mパフォーマンス」はバルブトロニックと可変バルブタイミングのダブルVANOSを組み合わせた新開発の4.4LV8ツインスクロールターボを搭載し、ピークパワー&トルクは530hp&750Nmとハンパない。実際、0→100km/h加速は3.7秒とちょっとしたスーパーカーレベルだ。

よって一瞬レーシングカーはだしのゴリゴリの走り味かと思いきやトコトン滑らか。それもドライビングモードをEcoプロ、コンフォート、スポーツ、スポーツ と切り替えていっても硬めながらに滑らか。ステアリングもやっぱり同様で乗り心地もゴリゴリ感はほぼ皆無。まさにBMWのM3セダンを、さらに研ぎすませたような味わいなのである。メチャクチャ速いけどやっぱりBMW風味という。

しかもそれは前後トルクスプリット式フルタイム4WDやアダプティブMサスペンション、最新4WS機能のインテグラルアクティブステアリングという最新のハイテクアシストの恩恵を十分に受けている。テクノロジーを排した古典では決してないのだ。

やはり餅は餅屋というべきか、新型は見た目も中身もトコトンBMW流。超スタイリッシュでドレッシーだが、やっぱりバイエルン生まれのスーツなのである。

華麗に見えてもクソガンコ。BMWはこの生き方しかないのかもしれない。
Posted at 2018/12/19 17:56:01 | コメント(1) | トラックバック(0) | BMW | 日記
2018年12月19日 イイね!

各メーカーが昔は色んなレースに参戦していたんですから

各メーカーが昔は色んなレースに参戦していたんですから大メーカーに挑んだ名車!!! 50年ぶりに蘇ったダイハツのレーシングカーP5

 1960年代後半、トヨタや日産のレーシングカー、3L、V8のTOYOTA7や2L、直6の日産R380といった大排気量車を相手に、たった1.3Lという小排気量で挑んだ、ダイハツのレーシングカーが存在した。

 そのレーシングカーの名は、ダイハツP5。その伝説のレーシングカーが、レストアされ、滋賀県竜王町にあるダイハツテクニカルセンターで、約50年ぶりに走ったのだ。

 さて、P5のその走りはどうだったのか? ダイハツのレーシング活動とともに報告しよう。

文/ベストカー編集部


写真/西尾タクト


初出/ベストカー2018年12月26日号

■ダイハツのレーシングカー、P5が50年ぶりに走行!

 ダイハツといえば、まじめに軽自動車や小型車を作るメーカーという印象だが、かつて1960年代後半には、ポルシェやトヨタ、日産(プリンス)を相手にサーキットで奮戦した歴史があり、その主役がP5なのだ。

 ブォン、ブォン、ギュー、ボアアン。気持ちのいいレーシングサウンドが滋賀県竜王町にあるダイハツテクニカルセンターにこだました。小さなレーシングカーP5がお披露目され、俊敏な走りを見せ、多くの笑顔が溢れた。

 P5は本格レーシングカーで、鋼管パイプフレームに風洞実験によって得られた流麗なFRPボディを持ち、当時最強のポルシェ906にも似たシルエットが印象的だった。

 ミドシップに搭載するエンジンは1.3L、直列4気筒DOHC4バルブエンジンで、コンパーノの1Lエンジンをベースに開発。DOHC、しかも4バルブを持つレーシングエンジンは、当時ごくまれだった。



 R92A型と呼ばれた最高出力130psのダイハツオリジナルエンジンを搭載したP5は1967年第4回日本グランプリに出場するが、エンジントラブルで予選落ち。エンジンをR92B型とし、翌1968年の第5回日本グランプリに挑んだ。

 R92B型は140ps/8000rpm、13.0kgm/7000rpmのスペックとなり、最高速度は240km/h近くまで伸びたという。

 4台出走したP5は次々にトラブルに見舞われ脱落していくも、最後の1台が総合10位でチェッカーを受け、クラス優勝を果たした。

 トヨタ7、日産R380、ポルシェ906といった大排気量勢を相手の大健闘に富士スピードウェイに詰めかけた観衆は大声援を送ったという。黄色に赤の小さなレーシングカーが、必死に走る姿が"判官贔屓"を呼んだのだ。

 続く鈴鹿1000kmレースではトヨタ7、ポルシェ906に続く総合3位の成績を残した。「ハイパーコンパクト」と呼ばれたP5は軽量で空力に優れ、燃費がよかったことが好成績を生んだのだった。この思想は現在のダイハツのクルマ作りに脈々と受け継がれているのだ。

■待望のエンジンを入手し、レストアが完成する

 今回走ったP5は伊丹の倉庫に眠っていたものだが、残念ながらエンジンがなく、ボディだけのレストアが進められていたが、2018年8月23日に京都府綾部市の山本自動車からエンジンを譲り受け、ダイハツ技術研究会が、完全レストアにこぎつけたものだ。

 ダイハツ技術研究会は発足1970年、P5の成功から50年の節目にあたることからP5の走行にこだわり、10月10日に晴れの日を迎えることになった。

 もちろん本来の仕事ではなく就業時間を終えてからの活動で、困難も多かったというが、先人たちのチャレンジスピリットを再び学びたいという思いで約35人がR92B型エンジンと向き合い、充実の2カ月間を送ったという。

 今回、奥平総一郎社長もステアリングを握り、200mほどを加速した。「軽くて気持ちいい。もっと乗りたかった。今回P5のレストアを通してみんなの気持ちがひとつになったことがうれしい」とコメント。

 ダイハツ技術研究会は1964年の東京五輪の際にギリシャ・オリンピアから東京までの聖火コース約1万8000kmを走破したコンパーノ・ベルリーナのレストアを次の目標に活動を続けていくという。期待して待っていよう!

■ダイハツのレース活動を振り返る!

 ダイハツのレース活動は1965年船橋サーキットで行われた全日本自動車クラブ選手権へのコンパーノ・スパイダー参戦に始まる。

 次に空力面での不利を補うためにコンパーノ・ベルリーナをベースとし、フロントノーズを丸くし整流効果を上げたP1が登場する。

 翌1966年にはアヒルを思わせるユーモラスなボディの「ピー子ちゃん」ことP3が誕生。当時としては最先端の1.3L、DOHC16バルブエンジンを搭載する本格派だった。

 そしてP5誕生となるが1967年トヨタの傘下になることが決定、1969年6月の「富士1000kmレース」がワークス活動の最後となった。

■シャレードDe Tomaso 譲ってください!

 最後にお願いごとがひとつ。ダイハツは、過去の名車から学ぶ活動を進めているそうだが、現在、1984年2代目シャレードに設定されたデ・トマソ ターボを捜索中なのだが、なかなか見つからないらしい。

 安価で譲ってもいい! 庭先にある! という方はベストカー(下記アドレス)にご連絡ください。


minchu@kodansha-bc.jp



トヨタとの関係も今はある訳だから競合するような車種を投入するって事は無いんだろうけど、パッソとブーンでワンメイクレースとかヴィッツとかとフィットでハッチバックの草レースでもメーカー主導でやりませんかね~
ガチのレーシングカーは金が掛かりますからね(汗)


ダイハツ、1960年代のレーシングカー「P-5」を展示予定…東京オートサロン2019

ダイハツは、2019年1月11日から13日までの3日間、幕張メッセで開催される「東京オートサロン2019」に、軽自動車・小型乗用車の個性あふれるコンセプトカー9台に加え、市販予定車『コペンクーペ』や1960年代のレーシングカー「P-5」を出展する。

ダイハツブースは、「遊びゴコロをみんなのものに。」をテーマに、軽オープンスポーツカー「コペン」や、2018年に発売した軽乗用車『ミラトコット』、小型乗用車『トール』『ブーン』、軽商用車『ハイゼットトラック』などを、それぞれの持つ世界観を生かしながら、多方面にカスタマイズしたオリジナルバージョンを出展する。

中でも注目は200台限定の市販予定車として出展するコペン クーペ。CFRP製のハードルーフを装着した本格クーペスタイルで、オートサロン初日の1月11日から専用ウェブサイトで商談希望者の募集を開始する。また「コペン セロ スポーツプレミアム Ver.」は、メッシュ状のオリジナルフロントグリルやメッキ加飾を施し、新たな世界観を提案する。

P-5は、1968年の第3回日本グランプリレースに出場し、GP1クラスで優勝したレーシングカー。今年ダイハツ従業員の有志がレストアし、走行可能となった。レストア作業は、ベテランから若手までが一体となって実施。ダイハツならではの小さいクルマづくりへのチャレンジングスピリットと技術を継承することを目的に行われた。

そのほか、「ミラトコット・スポルザ Ver.」「ミラトコット・アクティブ Ver.」「ミラトコット・エレガント Ver.」、「トールカスタム・プレミアム Ver.」、「ムーブキャンバス初音ミクリミテッドパッケージ・ビーチクルージング Ver.」、「ハイゼットトラック・ジャンボカリフォルニア工務店 Ver.」「ハイゼットトラック・マルシェ Ver.」、「ブーンスタイル・エレガント Ver.」といったカスタムカーを展示する。
Posted at 2018/12/19 17:51:08 | コメント(0) | トラックバック(0) | 自動車業界あれこれ | 日記

プロフィール

「@いんすぽハイ いえいえ~そういうのを生業にしておりますのでwうちのG4なんて15インチを16インチにインチアップしたのにスタッドレスは特殊サイズの15なので履きこなしてますよ♪ショックに干渉してガリッた事があるのは内緒(滝汗)」
何シテル?   06/25 23:34
初めまして。 インプレッサG4に代替を致しました~ 自分色に染めて行こうと思います 燃費を気にする割にアクセル踏んじゃうんですよ~ バトンに関し...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/12 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

ポケモンGO攻略まとめ  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/08/12 02:23:37
 
マギレコ攻略Wiki 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/08/12 02:22:57
 
Knight's & Magic 
カテゴリ:ナイツ&マジック
2018/01/03 15:06:50
 

愛車一覧

スバル インプレッサ G4 スバル インプレッサ G4
初の新車に代替をいたしました~ ターボからNAになりましたが、インプレッサはインプレッサ ...
スバル インプレッサハードトップセダン スバル インプレッサハードトップセダン
GC6を自らの事故で失った後、次の愛機を探している所コイツが浮上しました。 車重は10 ...
スバル インプレッサハードトップセダン スバル インプレッサハードトップセダン
初のマイカーです。NAという事とコズミックブルーマイカって色なのであまり回りにいない車な ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.